車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月14日
納車後600Km
納車後600Km 一週間で600キロ超えちゃいました(笑)


はじめは、さいたま周辺 サスセッティング用(笑)MY 仮想峠コースで高、中、低速コーナーをかるーく攻めてみたり、近所徒歩圏でクルマじゃ滅多に通らないような、裏路地、ちょこまかした細い道にわざと入りこんでみたり、ストップ&Goがひたすら多い、都内の市街地をシフトチェンジを練習するためにひたすら走ってみたり。
狭い路地にちょっと迷い込んでしまってUターンとか切り返しにハマっても、オープンだとよく見えて苦にならない!ことがわかったり。そして、土曜日は、ちょっとロングに。房総を走ってきた。1日で一気に270キロ。初首都高、初高速道路。 NDでは初めて3桁km/hだした。食べたり、寄ったりする時間を除いても、8時間以上は運転したとおもうが、あまり疲れなかった。ほんと、このクルマ、超絶乗りやすくて、楽だ。ストレスがない。

車体が軽いのは、すべてに効いていて、すべてが良い。1500CCエンジンでも、街乗りでは  下のトルクがあるのもあって、するするっと前にでる。街乗りも、ワインディングも、 とにかく運転のすべてが、軽いということは絶大なメリットなんだなと痛感しております。それと、オープン。 渋滞にハマっても、そんなにきつくない。
いきなり首都高で渋滞くらったけど、頭上のビルを眺めたりしてるうちに、渋滞通過してしまう感じがする。
のろのろ走りでも屋根がないと、散歩気分になれるのだな。あと軽いからストップ&ゴーがあまり苦じゃない。


コーナーリング。
初、ワインディング走行。 これは意外だった。 一見、ロールが大きく、まったりした方向のロドの脚ではあるが、まずはこのクルマを乗りこなしたい。もっと、判りたい。それが楽しいと考えていたが、それがなにも、ワインディング走ってみたら、なにげに速い!!いろんなレビューとかみてても、ロールが大きくて怖いとか、ロールしてから曲がり始める、フロントの接地感がやや気迫、ふらふらするなどと書いているのを見かけたけど、え〜〜〜〜?本当?全然そんなことないよ? ていうか、この脚で、もはや即戦力なんだけど?
まあ、真夜中のガチ走り屋が後ろについたら、やはり道を譲りたくなるけど、、一人で走る分なら? バトルをしないなら、もう すでに満点と言っていいレベル。あと、直進性は、ものすごくいいし、全然ふらふらしないし、ステアリング切ればスパッと曲がる。アクラライン、手を離しても、ずーーーーーーっと 線と平行に走る。充分です。

というか、いままでのクルマのセッティングが、峠仕様だったからなあ。そういうのに慣れてきた感覚だから、ふつうの万人向け純正セッティングだと異様に乗りやすく感じちゃう僕独自の感想なのかな??

フロントの接地感が薄いんじゃない。それはアクセルオンで、荷重がリアにうつってるからでしょう。そういうときはアクセルをすこし戻したりすれば、柔らかいサスはすぐに荷重移動してくれて戻るよ。ブレーキングとアクセルだけで、コーナーリングの大半ができるのではってくらい、荷重移動で曲げやすい。コーナーのツッコミとか、ブレーキの抜き加減で、回頭の鋭さをどうにでもできる。高速コーナーなど、、安定重視で曲がりたいなら、直線でブレーキを早めにぬいてアンダー気味に進入。で、増速しながら、きつくなってきたら、ハンドルを切りたす。ハンドル切りたしでも無理目になったら、そこで加速をやめて脱出まで我慢。直線になったら、フルスロットル。タイト目のコーナーに入るときは、ややブレーキを残してステアリングをスパッと切りながら進入。そして、鼻先がむいたら、その曲がる勢いに乗せるように、早めにアクセルオン。アクセルで曲がりを調整。するするっとハンドルを直進状態に早めにフル加速へ。これなら、当分 いじる必要 本当にないなあ。。妥協とかではなく、このフィーリングいいんだもん、もったいなくてあまり替えたくないやー。NDノーマルは、気持ちのいいロールの仕方をする。荷重移動が前後左右手に取るようにわかる。このノーマル足、すんごくいい。ヒールアンドトーも、問題なかった。ブレーキ踏力が弱い街乗りモードでは、踏み込みが少ないとヒールアンドトーはやりにくいのは確かだけど、ヒールアンドトーがほんとうに必要になるような峠モードとかなら、ぜんぜん問題ない。ただしジムカーナなどで、1速も使いますっていう次元になると、このままでは、やりにくいかもしれない。。脚は、エイトくんと比べて妥協ポイントだとおもっていただけに、想定外なメリットで嬉しかった。

あと、むしろ車高はというか、フェンダーの隙間はこのくらいあると、品がある。あまり走り屋とかスポコン臭したクルマで、例えば、英国庭園、バラ園のような場所では似合わない。ブリティッシュ系ライトウエイトの雰囲気、このげんこつ入りのフェンダーの隙間はむしろ由緒ただしい品のようなものさえ感じて、ぼく個人的には嫌じゃない。まあ僕だけかな?(^_^;)  さげても、あと1.5センチくらいでいいのではないかと。。帰りの渋滞のとき、旧式メルセデス 280Eだったかな??のおじさまが隣に並んで、「いい車だねえ」と窓越しに声をかけてもらえた。嬉しいです。なんていうか、そういう雰囲気、嗜好は残したい。
まあ、車高調いれたら、なんだかんだいって30は下げるとおもうけど、、それはそれで、かっこいいのは確かだし。



房総では、平均燃費は15キロ前後をキープしてた。
カタログ燃費17キロには達しないが、都市部街乗りのみで11.8~12キロ。カントリーロードや高速込みで、15キロといったところ。エイトのときの感覚だと、走っても走っても、ガソリン減らない印象がある。納車から2回スタンド行ったけど、エイトでの満タン給油一回分もトータルで入れてない。燃料代は、半額以下確定。これは助かる。
とはいえ。このガソリン代他、いろんな維持費の差額をローン代に充てロドを新車で買う計画を立てたので。浮いたからといって、前より他のおこずかいが増えるわけじゃないw


今回ナラシは1000キロ計画なので、もう、いまの縛りは5500 OKになってる。
もう5500回転までOKなら、大抵の場所は、足りる感じがする。
5500まで使うシーン、そんなにはない。1速で引っ張るときくらいか。

ナラシとはいえ、自分の中ではマイルドな加速をしてたつもりだけど、 じつはすでにピークで走ってしまっているのかも。。 数回、アクセルベタ踏みしてみたけど、あまり違わなかった(^_^;)

回さなくても、結構走るなあと感じていたから、では フルに踏んだらさぞかし速いのだろうとおもいきや?
もっと回し、踏んでみても、さほど違わなかった。。

ロータリーだと、とにかく下が薄い。その分、回すほどはっきりとパワーが湧いてくるので、回転とパワーがリンクしていたが、ロドの場合、下からけっこうトルクがあるので、回せばそのぶん速いってこともない。

それにしても、軽快に回るエンジン。けっこう高回転が気持ちがいい。クロロロロロ〜〜っていうか、フロロロロ〜〜っていうか。なんだろうなあ。VTECやRENESISのような雰囲気はないのだけど、なんかいい。シフトダウンのブリッピングがけっこう気持ちいい。シュンシュン回る。


日曜日は、天気が良く、昼のオープンツーリングは、帽子は必需品と痛感した。買っておいてよかった。
朝方はまだいいが、午後の日差しは、けっこう来る。直射日光に1日晒されることになるので、帽子がないと、辛い。これは辛いだろう。帽子は絶対必需品だ確かに。





あと、風。
発見なのだが、 屋根オープンでも窓を閉めれば、
屋根のあるクルマで、左右の窓を全開するより、感じる風はすくないかも。

いままでのクルマでは、排気音を聴きたくて、真冬でも、窓を全開にして乗っていた、ぼくだけど、
むしろオープンで窓を閉めたほうが、風が少ないくらいだ。

高速道路は、90キロが、NDロドでオープンにして走るなら、一番快適なスピードかもとおもった。





エイトクラッシュ前に、行った 木更津の歩道橋。。クラッシュの二週間前だったかな。
この日はとてもとくに嫌なことがない楽しかったドライブで。。クラッシュした日も事故の前まで楽しかったけど、その日は除外すれば、この景色が、エイトの最後の思い出って感じにぼくの中ではなっている。帰りに房総を離れる前に立ち寄った中之島大橋。エイトの思い出のラストシーンと言ってもいい。。。



だから、こんどはNDになって、生まれ変わったら、ここに行きたいと思っていた。
また、この場所に戻ってきた。今回の房総ドライブは、そういう意味もありました。

エイトは夕日で終わり、ロドは朝で始まる。 これから!を感じることができたよ。
ロドはすんごいいいクルマだけどエイトのことは忘れない。。。。。






アクアラインを渡り、木更津に、房総に上陸して、まず最初に立ち寄ったのが、ここ。
港の市場の中にある、食堂。

常連の おばちゃん おじちゃんが、数人わいわいくつろいでいて、ちょー緩い感じで
でも、すんごくよかった。オーダーに含まれてない、豆の煮込みや、ジャガイモや。
ごはんも大盛りでw
また、どこかで会いましょうとか おじちゃん 言ってくれたり。ああ、癒される。

朝からドライブなら、まずここに立ち寄って 飯食ってから、もいいね。
休日は 土曜じゃないとやってないけど。

ブログ一覧 | ND5RC ロドスタ | 日記
Posted at 2016/10/16 11:05:50

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/16 16:57:34
納車おめでとうございます。
ますます楽しめる相棒を手に入れたみたいですね♪NDロドでこれからの紅葉季節の山道を、屋根無しで楽しめるとは最高に羨ましいです‼
コメントへの返答
2016/10/16 21:48:06
ありがとうございます!
そうですね、紅葉など山道を流しにいきたいですねー。いままでとは、自分の志向がやや変わりましたが、まさにそういう感じです^^
2016/10/16 18:37:57
そうなんです!
帽子は何よりも一番いるんです〜。寒さのためだけでなくね。
後ろにつばがあるのは駄目だし、オープンカーに合う帽子ありますよね。
わたしは加えてサングラスが必須です。鼻だけ焼けてますw

世界一の歩道橋?
これからを感じさせるいいところですね。
エイトくんは登っていった感じで。

わたしも房総NDで気持ちよく走りたいな−!
コメントへの返答
2016/10/16 21:51:32
fmifmiさんも、朝活で 房総行きたいところですよね! 川崎までしたで行って、アクアラインだけの節約コースで (^^)

そうだ、世界一なんでしたっけ?
ここ。 

これから帽子が増えそうですよ。
これからも毛も薄くなるので、ちょうどいいやwww


2016/10/16 20:17:48
色々、諸々、あれやこれや、よかったですね!(決して手抜きコメントではありませんよw)

「ふつうの万人向け純正セッティングだと異様に乗りやすく感じちゃう僕独自の感想」←これはかなりあるかと思います。やはり、キミ号エイトは峠のクイックな曲がりに特化していましたからね。ドライブさせてもらった時にもそう思いました。
以前、僕がディーラーでNDを試乗した時は、「動きがマイルドで軽快」という感想を持ちました。いい意味でまさに万人向けで、いかにもなスポーツ感は無いですよね。でも、それが正解なわけですよね、ロードースターは。

コーナリングが思いのほか良かったとのことですが、それは、そうでしょうw
コーナーが速くたっていいじゃないか ロドだもの byみつを

ちゃんと操ればちゃんと速いってのは、いいクルマということですよね。
それがいいスポーツカーだと思います。

ちなみに試乗時には、1、2速でかなり引っぱってみたり、2速で加減速を繰り返してレッド手前まで回してみたり。
たしかに、上まで回しても劇的な加速はないものの、気持ちよさは充分以上に感じられました。
バランスの良いシャシーに、実用的なエンジン。それを上手く使いこなす面白さがありますね。また乗りたい。

コメントへの返答
2016/10/16 22:01:49
あのキミ号のなかでも、後半わりと、ノーマル的バランスに戻して、劇的に 自然さを取り戻した!とかおもってましたが、

もっと 普通のクルマからしたら、まだまだでしたよ(笑)

試乗したんですね!



僕は、ロドを手にしてはじめのころは
ああ、これじゃ 前の山ドライブみたいな走りは到底無理だろうなあとまっさきに感じたんですが、錯覚でしたね。やれば、あれれ、けっこういけるじゃんっていう。



たしかに! 
うえまで回したら、その分速いかというと
全くもって 期待を裏切る、渋いやつでしたw
トルクカーブみると、7000回転あたりって、3000回転くらいのトルクしかないんですよ
その辺なれて、シフト使いを もっとロド用につかいこなせば、気持ち良く走れるとおもいましたね。

僕もキジマ脚が 案外向いているのかも。
2016/10/16 20:41:44
NDとどんどん馴染んでいっていらっしゃるようで何よりです!

帽子は最近はハンチングを愛用しておりますが、キミさんのように図体がシャレオツでないので適当です…w

屋根オープンで窓を上げてれば、ホンのそよ風ですよね。マツダロードスター(特にNC以降?)はそこの設計がいいらしいですよ。前に雑誌でBMWミニのロードスターの記事見たら、ちょっとスピード上げると室内に暴風が吹き荒れると書いてありましたw
あれはクローズ状態とも、窓まで降ろしたフルオープン状態ともまた違った良さがありますよね~。不思議な静けさすら感じられて。
もうちょっと寒くなってヒーター入れたら、いわゆる「真冬に露天風呂入ってる感じ」ですよ。
コメントへの返答
2016/10/16 22:17:40
ハンチング帽もいいですね! 後ろにあたらないし、日よけになるし。自分も一つ買うとおもいます!

真冬に露天風呂状態、それは魅力的です!
だるやーさんは けっこう真冬にオープンで走られてますか?


なにげに、両窓しめて、オープン走行は定番になりそうです。

だるやーさんのはシートヒーター付いているやつだったか。。
シートヒーターは 欲しくなりそうな気がしてきました。もう遅いか。。


2016/10/16 21:10:42
すっかりロドスタリスト。虜ですね🎵
本当に良い相棒を手に入れられたんですね。
純正車高がカッコ良いってのは本当にそうですよねオトナになってくるとそう感じてくるものなんですよね。
僕はNAのまっさら純正売ってたら欲しいくらいです。でも内なるヤンチャ気質でシャコタンにしたくなるんだと思いますよ。

男はシャコタン。
シャコタンでは夏はウニ❗

コメントへの返答
2016/10/16 22:04:23
予想以上に、はまってしまいました〜!
もともと、こういうクルマが 本能的に好きだったのかもしれません!

NAのまっさら純正いいですよね。
僕も欲しいです。新車でNA 復刻してほしい。
NAは車高低いほうが似合うとおもいます。

色は、ブルーかまーさんのとおなじ色がいいな。
2016/10/16 21:48:22
大変参考になります! ほぼ私が感じてるのと同じですよ。

でも足回りは私の経験値が少なくてそこまで到達してませんのです(笑)

エンジン軽く回るし、マフワーの音も純正にしては頑張ってるなぁと思いますし^ ^
コメントへの返答
2016/10/16 22:09:04
コメントありがとうございます!

走り屋目線でみても、かなり良い脚のようです! 
当分このまま乗って、そのうち飽きたら、適当な車高調いれてみたいとおもってます。

マフラーの音、とても良いですよね!
純正らしく、静かは静かなんですが、なんていうか
粒だちがよくて、綺麗なトーンで、心地いい音ですね。 強いてかえるのなら、もうちょと乾いた高音の音にして、バイク感を出したいところです。

エルダリーさんは、おいおいマフラーやホイールなどを替えていく予定でしょうか。だとしたら、また参考にさせていただきます!

2016/10/16 23:44:11
急にバラ園、ちょっと笑ってしまいました。失礼。
サクライ王子とかサクライ皇太子が頭に浮かび。プリンス★櫻井ですね。

いえ、フェンダーの隙間問題。これね、なんでもかんでもすぐ車高短面一にしようとする業界がそもそも間違ってると思います、僕は。
かっこいいのはわかるし、ポリシーを持ってやるならいいけど。みんなやってるからとりあえず、みたいなのが多過ぎるな〜と。(ショップやチューナーのいいカモで、むしろカッコ悪かったり。)

カッコよく乗ってカッコよく走れば、フェンダーの隙間なんて勝手に埋まりますw

キジマスペック、なかなかいいと思います。
NDには特に合いそう。


さっき、「ロードースター」と書いてしまいました。
もっと労働して早くローンを返せと言ったわけではありません。単なる間違いです!
コメントへの返答
2016/10/17 09:16:40
そうですか ^^; 英国式庭園とか、訪ねるの結構好きなんですよ。箱根のホテル内のカフェとか、ああいうところに、スポコン車は合わないですよね。

キジマスペックは、ほとんど純正のまま車高だけ下げられるみたいなノリですよね。普通は車高さげると、ストロークなくなったりしがちだけど、キジマのは、ショックストロークとかもキチンと計算して開発してるだろうし。  
いまのところ、ODULAがテンダースプリング付き(直列で二個バネが並んでる)で16万台。それか、HKSが良さそう?とかおもってるんだけど、ここにきてキジマ脚試してみたい気持ちもちょっと。
NR-A用のビルシュタインも車高調なんですけど、Cリングで、自在にはセッティングしにくいので、それならキジマ?みたいな 

ちょっと観てみよう。
2016/10/17 00:01:33
ここの赤い橋はポケモンがいっぱいいるそうで💦
以前よりだいぶ近寄りがたいスポットになってしまいました(笑)

それはさておき、やはり車…
また違った楽しさがあっていいですね(*^^*)
こちらは直す楽しみと不安が入り交じって複雑な心境です(笑)
コメントへの返答
2016/10/17 09:20:19
ああ!ポケモンやってる人何人か観た気がします!なるほど そういう事か!

サブアンポンさんは千葉の方ですし、房総は良く向かわれてますから詳しそう! 近年僕は房総をとても気に入ってるんですが、アクアラインにせよ、市川周りにせよ、どうしても帰る時間は渋滞に遭います、、あれがなければ。。
複雑ですよね とりま入庫して 次どうなるか知りたい、観たいですね!
2016/10/17 07:11:21
おはようございます(^^)ロードスターライフ楽しまれているみたいですね♪読んでいてNCロードスターよりNDロードスターの方が楽しさの引出しが多そうな感じがしました。あと…帽子は必需品かもしれませんね…自分も、今の時期はニット帽を被ってますよ!
コメントへの返答
2016/10/17 09:27:32
おはようございます!

NCは、エイトをすこしコンパクトにして屋根を取った感じで、軽いから、脚とかタイヤとかをいれたらエイトより速いスポーツカーな感じですかね。
マルコ☆さんも 将来は2.3リッターに積み替えたりすることがあるのだろうか。。
NDは、乗った感じがデミオとか新モデルの軽をオープンにした感じの、気軽さもあるクルマですね
ちょっと 離れたコンビニ迄とか 乗っちゃいます。
ニット帽も欲しいところです^^
2016/10/17 12:57:22
忙しくてご無沙汰しております☆

キミさん、ペース速すぎです(笑)
でもNDはもちろんですが、マツダロードスター’Sの価値は「どんな速度でも楽しい」ことですね。
自分はNA型で40キロで流しても気持ちよくて、それだけで良い価値観の広がりを与えてもらったと思いました。

あ、雪が舞った頃には足元暖房つけて、開けて走ってみてください。
雪景色で路面が凍ってなくて、の状態は関東ではそうそう無いでしょうけど、
オツなもんですよ☆
コメントへの返答
2016/10/17 17:00:45
こんにちは〜 ^^
はい(笑) 自覚しております。

マツダスカイプラン(残価設定型ローン)だと、月1000kmと1500kmのプランがあるのですが、自分が組んだ月1000キロ、軽く超えてしまいそうです。。(3年で返却することはほぼ、あり得ないのでどうでもいいですが)

真冬にオープンにするの、ちょっと楽しみです。
冬の温泉や、冬の外こたつ状態がどんなものか。
雪でゆっくり走るの楽しそうですね^^

NDになってから、スポーティーな走りも、もちろん楽しみますが。それ以上に、散策的なドライブ、、地図をみて、この道行ってみたいとか、そういう方向が強くなりました。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「一緒にラウンドしてる選手のパッドをみながら「入れ、入れ」って思えないで、「入るな!入るな!」っておもう人は自分のときにもうまくいきませんね、これは多くのゴルファーが言ってることです。とはゴルファー専門のコーチの話。 自分はやらないけど、へーって思った。」
何シテル?   12/07 20:03
桜井くん!の「君」を「キミ」と読んでキミです。本名ではないのです。 でも、キミと読んでもらってウエルカム。 峠走るのが大好きです。 1993年? ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
油温について、本当の考え方がわかりました。思いっきりオイルのプロから答えを頂きました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/24 10:39:20
オートレベライザーの初期化 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/22 15:11:46
サスペンションを中心に毎日がまわっている、国政久郎のブログ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/11 15:20:34
 
お友達
めんそーれー
25 人のお友達がいます
札幌まー札幌まー * galaxy2015galaxy2015
ナカトシナカトシ ジカルペッパージカルペッパー
TARETARE だるやーだるやー
ファン
25 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター ロド (マツダ ロードスター)
等身大のスポーツカー。 4つのタイヤがついたバイクみたいなクルマ。 惚れ込んで選びまし ...
マツダ RX-8 エイト君 (マツダ RX-8)
キミ号エイトを、ひと言で言えば 走り仕様です。 パーツ類はノーマルに近いが、ダメパーツは ...
トヨタ MR2 白エスダブ (トヨタ MR2)
すっかり AW11で、MR-2に惚れ込んだ僕は、就職した後、モデルチェンジした新型のMR ...
トヨタ MR2 蒼いエーダブ (トヨタ MR2)
青いAW11。5速MT。ノンパワステ。 ぼくが大学生のとき、友達から買った初めての愛車。 ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.