• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2012年04月16日 イイね!

【若狭湾の実際のリスクは?】日本海側の津波の実態【太平洋とは型が違う】

■若狭湾の津波リスク、伝承とか40mとか独り歩きしてますが
何かどうにもいかがわしい。
(反原発原理派が主張する40mの割に伝承が少なすぎる)
気持ち悪い位データがありませんよね。

こう言う時大抵は
嘘に近いほらを吹いている事が多い。
だからあいつらって嫌い。
で、信じる方が馬鹿だって呟く。詐欺師そのもの。

********************************

■そこで分かる範囲でデータを探ってみる事にしました。
まずは鳥取県の資料

すると、マグニチュード7を超えるとやはり津波が起きる事が分かります。


高さは大体3m前後が最高です。
但し北海道南西沖、は超危険域です。
秋田以北は、頻度こそ低いですが、ややましな物の
最大規模は太平洋と大差ない事が分かります。



***********************************
若狭湾は意外にも能登半島の影響で津波の直撃は食らいにくい事が分かります。
これはフォッサマグナが、糸魚川から佐渡、秋田沖を経ることにも関係します。

■同様の資料は古いですが同じようにあります。
そして益田のように


島が沈んだという事が日本海側の地震の特徴と言えるでしょう。



■逆の例もあります。
松島のついとしてもてはやされた象潟(秋田)
これは江戸時代に地震で隆起して島が陸になりました。

***************************************
一方…東電の柏崎刈羽の耐震資料ですが、ちと甘い(笑)
1833は調査されているのに1804年の地震が無い。

また最新の研究で1833年の地震で輪島において津波が巨大化した事が記されています。

■あと三方五湖(若狭湾です)の沈澱成分でもほとんど
海水侵入の跡はありません。
伝承はどっちかと言えば琵琶湖の地滑りの誤り


*********************************
■いずれにしても…日本海側の津波のリスクは太平洋に比べるとベースが低い
当たり前ですよね…?

■唯津波ですから例外があります。
それが、松島と並び立つ象潟が島で無くなった^^;
象潟地震(1804)です。

この時は5mの津波がありました。


■もう一つの特殊事例が、大した事の無かった庄内津波(1833)が輪島で巨大化した事件です。
7-8mになりましたけど、富山湾が大きな影響を与えたと思われます。
****************************************
■このようにみると若狭湾の津波リスクは
むしろ非常に低い事が分かります。
少なくとも100年から150年は何も起きていませんし、
丹後地震の際もマイナス津波でした。

ただ、リアス式ですので、小さい津波でも
湾の一部だけ巨大化する可能性があります、
ですから、若狭湾自体で地震が起きれば可能性はない訳ではないが
言うほどそんなケースはない、と言う事が推察されます。

****************************************
■と、ここでいかがわしい方々の主張もしっかり検証しなくては。
これですね。
大飯原発のある若狭湾には、701年の大宝年間に40メートル超の大津波が押し寄せた.
原発と地震


『丹後一宮・籠神社の奥宮とされる真名井神社の境内に「波せき地蔵」がある。大宝年間の大津波はここまで来たと伝わる。電子地図によっても標高4~50メートル。もし事実な­らこの前の東日本大震災の津波よりも高い超巨大津波である。実は風土記残欠には大宝元年、若狭湾に面した「加佐郡凡海郷は一夜にして蒼海となった」とある。』


原子力安全・保安院が昨年の12月に出した報告書「若狭湾沿岸における天正地震による津波堆積物調査について」を見ると、若狭湾沿岸の創建年代の古い神社に聞き取り調査をしている。その中で、一番創建年代の古い神社が、気比神社だ。標高が2.64メートルだ。海岸から700メートルの距離だ。ただ、創建年代が702年だ。
なぜか、701年の大宝年間に起きたと伝わる40メートル超の大津波の翌年だ。


はい??気比神社の創建が702年。これ分社じゃね
あのさ、敦賀気比神宮(本社)を知らない訳??
保食神を祭っている、由緒正しき神宮を。
神功皇后までさかのぼる、あ、だまされちゃ駄目だけど
神功皇后は朝鮮から攻めてきたなんて韓国プロパガンダに騙されませぬよう。

【追記】本文では直ってますけど、問題の気比神社は本宮の事でした【追記終】

歴史 [編集]

当宮が史上に姿を現すのは『日本書紀』神功皇后摂政13年条の、皇后が誉田別命と武内宿禰を参拝せしめた記事であるが、かなり古くから鎮座していたのは確かであり、『気比宮社記』によれば、神代よりの鎮座で、当宮に行幸した仲哀天皇が自ら神前に三韓征伐を祈願し、征伐にあたっても皇后に玉妃命・武内宿禰を伴って当宮に戦勝を祈願させ、その時気比大神が玉妃命に神懸かりして勝利を予言したという。

そんな古い神社が本宮なのに本宮にそんな伝説はない^^;
敦賀ですけど…確かに一応創建は702年。
なんか変ですよね??


*****************************************
■で、701年は大宝律令制定、文武天皇の時代です。
もうちょっと記録が残っていてもいいのではないのでしょうか。

気比神宮概要: 気比神宮の創建は不詳ですが、はるか太古に伊奢沙別命(気比大神)が天筒の嶺に降臨したのが始まりと伝えられています。文武天皇の御代(697~707)、勅命により社殿が建立され、大宝2年(702)に仲哀天皇と神功皇后の分霊が勧請合祀されました。



もちろん海が荒れたから神功皇后の合祀があったとも言えますけれど
もうちょっとひねってみたいと思います。
津波の一つ覚えでは面白くありません。

********************************
活断層系の地震の場合、多くの場合、沈んだ伝説があります。
益田もそうですし、1600年前後の豊後地震も同様の伝説があります。

**************************************
■このように考えると、40mの大津波が若狭湾岸をくまなく襲っていれば
確実に敦賀気比神宮の被災が記録されるはずで、
存在したとしても極めて限定的で、山崩れに近い物ではなかったかと
想像されます。(例、島原大変肥後迷惑):雲仙が崩れて肥後に津波が来た…
しかし、これも堆積物からは怪しい。

*********************************************
■とはいえ701年の丹後地震はどのようなものだったのでしょう?
基本的には舞鶴系であると思った方がいいのかもしれません。
青野の噴砂と「丹波国地震三日」

そして冠島と言う島が舞鶴にあり
何海底遺跡が出ています

701年の地震で海中に没したと言われる
冠島伝説の本命です。
冠島とは。感動した開祖の祈祷・・・

歴史ロマンを手繰れば、あるいは気比神宮は元は冠島にあったのかもしれませんし、
地震で津波があった訳ではなく、地震で祭祀設備が
海中に没したと考えるとつじつまが合います。



2011年 7月23日 冠島ツアー

*********************************
■もっともまとめて、原発ごと海に沈む可能性もあるのですが(笑)
兎にも角にも40mの大津波は嘘っぽい事が分かって頂けるかと思います。

地震は津波に限らない、日本海側の地震は
島が良く海中に沈む…
どうも沈んだ事におののいて、
気比神宮に海の女神である神功皇后を祭った。
どうもこの辺りが、今分かる歴史の景色の限界と言えそうです。

*******************************
■ちなみに琵琶湖にもそんな遺跡が沢山があります。

つまりこの辺は津波が来るのではなく、
陸ごと沈むのです^^;
間違い:津波で沈んだ
正解?:陸ごと沈んだ

そんな訳で津波のリスクはどうやら嘘っぱちです。
まあ陸ごと沈む方が笑えないけどね^^;
Posted at 2012/04/16 20:28:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 津波の巨大化 | 日記
2011年09月28日 イイね!

【気持ち悪い】東大地震研究所のリンクが消えてる?【浜岡津波巨大化】

【気持ち悪い】東大地震研究所のリンクが消えてる?【浜岡津波巨大化】唖然呆然・・・

昨日のリンク、ちょっと手を抜いて、
リンクのあるブロゴスにしておいた。
リンク先を確認しなかった自分も悪い・・・
見に行こうとしたら
ブロゴスのページが1ページ減ってやがる・・・
4ページ目が消滅しているのだ・・・



東大地震研究所に飛んだ。
そんな発表は見当たらなかった。
元から掲載されていない?
(ブロゴスの画像は毎日の直リンクだった)
毎日のリーク?
消された??

発表を気長に待てば・・・いいんだよね?

2011年09月27日
【浜岡終了】東大発表、浜岡津波巨大化【菅首相唯一の功績】

問題のリンク:浜岡原発には津波集中と東大地震研究所発表 しかも30年以内に震度6強以上の地震発生確率84%
2011年09月26日11時07分


新聞記事は、毎日しかない・・・
あわてて魚拓を撮った。

やられた感が強い・・・
気持ち悪いのでもう少し注視してみたいと思います。・・・
********************************************+
静岡・浜岡原発:「津波集中」 東大地震研、海底地形分析

東海地震の震源域に位置する中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の前面の海域には、浅い海底が外洋に突き出すように広がり、津波のエネルギーが集中しやすい地形であることが、東京大地震研究所の都司(つじ)嘉宣(よしのぶ)准教授(地震学)の分析で分かった。

 浜岡原発の前面には、深さ200メートルより浅く、約20キロ沖まで舌状に広がる「御前崎海脚」と呼ばれる海底があり、その先は深さ500メートルまで急激に落ち込んでいる。また、御前崎海脚の両側も急に深くなっている。

 津波の速度は水深が深いほど速く、浅いほど遅い。都司准教授によると、海から陸に向かう津波は、海脚の中央に近いほど速度が遅くなる一方、中央から離れるほど速度が速く、津波の進む向きが中央方向に曲げられる。そのため、光が凸レンズを通過して焦点に集まるように、海脚の根元に当たる同原発周辺に津波のエネルギーが集中するという。

 中部電は東海、東南海、南海地震が連動した場合、同原発付近が高さ約8メートルの津波に襲われると想定。約1000億円の対策費をかけて、来年12月の完成を目標に海面から高さ18メートル、厚さ2メートル、全長1・6キロの防波壁の建設などを進めている。

 都司准教授は「浜岡原発は、地震だけでなく、津波の被害も受けやすい場所に立地している」と指摘している。【石塚孝志】

毎日新聞 2011年9月26日 東京朝刊

Posted at 2011/09/28 10:46:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 津波の巨大化 | 日記
2011年09月27日 イイね!

【浜岡終了】東大発表、浜岡津波巨大化【菅首相唯一の功績】

■もしかして、菅首相カムバックと言ったりするのだろうか?
ないない^^;

でも、褒めたことはあるんですよ(笑)

2011年05月09日
浜岡停止は英断か蛮勇か


■私の意見はこれ。
「菅首相に根回しが出来るわけないし、根回しを中途半端にしても無駄」
「とりあえず止めると言う要請はありでしょう」
「お金の事もあるので、まずは浜岡に限定すべきだし、現状はいい感じ」

冷たく言えば、「無理無駄はせず、独断で走るしかないでしょう?」
パフォーマー「菅直人」にしか出来ない仕事です。
誉めている訳じゃないんですけど、今回はいい方向に出ました。

*******************************
あ、褒めてない・・・
でもドジョウのヘタレを考えると、そのパフォーマンスは生きています。

とにも、かくにも浜岡の危険性には、
震災直後、まあそれ以前からもですがブログ書いてない
ともかく注目しています。

2011年04月16日
福島第一の双子、浜岡原発

■そんな浜岡はこの突き出た御前崎にある。

津波が大きくなりそうな地形・・・に見えるのはきっと目の錯覚だろう。
はっきし言って、原発OKな人も浜岡については、場所的に恐い。
危ないのは後20年後(貞観=仁和は20年後)、あと20年で南海から約90年、
三大地震の同時発生最低充電時間が満了する。
ましてや、東海単独で起きる可能性もあるし、東海地震の前震だって直下型なら油断ならない。
だから、今騒いでおかなくてはいけない。何も原発をすぐ壊す必要はない。
今、普通の原発容認派が動く事で、例え運転が止まらなくても防備がしっかりするはずだ。

********************************
そして津波の巨大化にも
異説を唱えてみていました

2011年05月20日
【異説】津波は何故巨大化したかその1【海底岬


貞観地震での津波のレンズ効果が東北大の箕浦教授に指摘されていたからです


しかし、自信がなかったのでこうも書きました

■そしてその津波は海底地形によってその方向をレンズのように集め、
集中して福島第一に押し寄せたのではないかと思います。
その為福島第一では超巨大津波となりました。
と言うのが今回の説です。

正直この説は仮説を超えません。
ただ海底地形は、津波に大きな影響を及ぼすことは間違いないようです。

********************************
■今回は東大が、その事をシュミレーションでほぼ実証し
浜岡には巨大津波が来ると言う事を教えてくれました。

浜岡原発には津波集中と東大地震研究所発表 しかも30年以内に震度6強以上の地震発生確率84%
2011年09月26日11時07分



****************************************
■と、言う訳で福島の人には大変申し訳ないのですが
日本全体にとっては非常に今回の事故
・・・ゴメンなさい
ラッキーなんです><

原発に関る津波についての学問がタブーではなくなった。
そのほか原発に関る学問がタブー視されなくなった。
首都&中京圏の壊滅の恐れが高い、浜岡原発を
パフォーマーの独断で止めて、
しかもラッキーなことに、熱交換器の破損及び
炉心塩水注入と言う、とんでもない事をしでかしたせいで
再起動できない^^;


福島だって、全放出量のたった2割しか日本には沈着していない
内半分くらいは福島が負った。

■だからこそ、福島の除染や健康を守る動きが
もっと高まって欲しいと思います。


【追記】
静岡・浜岡原発:「津波集中」 東大地震研、海底地形分析

東海地震の震源域に位置する中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の前面の海域には、浅い海底が外洋に突き出すように広がり、津波のエネルギーが集中しやすい地形であることが、東京大地震研究所の都司(つじ)嘉宣(よしのぶ)准教授(地震学)の分析で分かった。

 浜岡原発の前面には、深さ200メートルより浅く、約20キロ沖まで舌状に広がる「御前崎海脚」と呼ばれる海底があり、その先は深さ500メートルまで急激に落ち込んでいる。また、御前崎海脚の両側も急に深くなっている。

 津波の速度は水深が深いほど速く、浅いほど遅い。都司准教授によると、海から陸に向かう津波は、海脚の中央に近いほど速度が遅くなる一方、中央から離れるほど速度が速く、津波の進む向きが中央方向に曲げられる。そのため、光が凸レンズを通過して焦点に集まるように、海脚の根元に当たる同原発周辺に津波のエネルギーが集中するという。

 中部電は東海、東南海、南海地震が連動した場合、同原発付近が高さ約8メートルの津波に襲われると想定。約1000億円の対策費をかけて、来年12月の完成を目標に海面から高さ18メートル、厚さ2メートル、全長1・6キロの防波壁の建設などを進めている。

 都司准教授は「浜岡原発は、地震だけでなく、津波の被害も受けやすい場所に立地している」と指摘している。【石塚孝志】

毎日新聞 2011年9月26日 東京朝刊

Posted at 2011/09/27 11:11:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | 津波の巨大化 | 日記
2011年08月10日 イイね!

大震災の津波は南極の氷河を粉砕していたらしい

津波が南極の氷河を粉砕していた模様をNASAが捉えたそうです。
凄いパワーですよね・・・
当該のサイトはこちら



凄いの一言です。
もしかして・・・この地震は温暖化のせいだったりして!!(笑)
ま、地震兵器などと真剣に言っている人もいますからね・・・
冗談は程ほどにしておきましょう。
Posted at 2011/08/10 16:15:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | 津波の巨大化 | 日記
2011年07月26日 イイね!

福井に津波の可能性(当たり前と言えば当たり前)

■風光明媚なリアス式、
基本的には津波が危ない所である事はいうまでもない。

そして、リアス式と言う事は、沈降地形であると言う事でもある
要するに地殻変動が起きた結果引きずりこまれているのだ。

極端に言えば、湾そのものが、地殻変動によるものか
あるいは沈降地形による物かと思ったほうがいい。

穏やかな海だからこそ、防備が甘い。
故に津波は湾に被害をもたらすと言える。

福井と山口の沿岸、大津波の可能性と学者指摘

防災学者の河田恵昭・関西大教授は26日、内閣府原子力委員会で、福井県の若狭湾と山口県の瀬戸内海沿岸が大津波に襲われる恐れがあることを指摘、両地域の原子力発電所の津波対策の充実と、過去の津波被害の詳細な調査を求めた。
 両地域はこれまで、太平洋側ほどの大津波は考慮しなくていいと考えられていた。若狭湾沿岸には日本原子力発電の敦賀原発と関西電力の美浜、大飯、高浜の各原発、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」があり、山口県の瀬戸内海沿岸では中国電力が上関原発を計画している。
 河田教授は、〈1〉1586年の「天正大地震」の際、若狭湾沿岸が津波に襲われて多数の死者が出た〈2〉100年―150年周期で発生する巨大地震「南海地震」では、津波が山口県の瀬戸内海沿岸に到達することがある――などの最近の知見を紹介。「最悪のシナリオを考え、津波対策に万全を期す必要がある」と訴えた。
(2011年7月26日19時39分 読売新聞)

そもそも、海が穏やかなのに過疎地であると言う事は
何らかのリスクがあるからです。
極端に言えば解体途中で津波が来ても
十分被害が出るかもしれません。

安全神話=リスクを想定すらしない=一番危険
この単純な事実が今回実証されただけです。


大事なのはペーパーテストにひと夏をかける事ではなくて、
対策が必要かどうか、
対策した場合元が取れるかどうか
元が取れない場合、損切りできるかどうか

逆にいくらあれば対策がきちんとできるのか、
そういう事を理路整然と検討していく事だとは思います。

「セールス手法に基づいてまず結論を決めましょう、」
なんて事を言っているからいつまでも結論が出ないで、うじゃうじゃになります。
5W1Hを整理する、この単純な事をしようとしないのは、
非常につまらないことではないのかなと思っています。

どうも・・・景気の暴落が近づいています。
信用不安というのは難しい物で
中米(欧)同時不況が起きた時に一体何が起きるかは非常に未知数です。

私事で恐縮ではありますが
今一度、原発などのかっこいい事ばかりではなく、
身の回りの最悪のシナリオも考えておこうと
心配をしだしている次第です。(苦笑)
Posted at 2011/07/26 22:03:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 津波の巨大化 | 日記

プロフィール

「@Nicolas Kenji さん、こんばんは。
バリバリ売国する人の方が、が正解でしょうね。
そういえば埋蔵金(笑)って、聞かなくなりましたね?」
何シテル?   09/11 19:58
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

車がないから京散歩その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/02 16:16:15
アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28
日勝峠よ永遠に・・・・・(´;ω;`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 14:57:29

ファン

189 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.