• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2014年11月04日 イイね!

「突沸」というキーワードと「悩み?」と「御嶽」の話。

■このエントリーは複雑怪奇で
分かりにくいと思います。
「そう言うエントリー」
なので、
あしからず、と言う事でお願いします。

と言うか、「アホの戯言」なので
妄想で片づけて頂いて結構です(笑)


*******************
■と言う訳で、小学生並みの知能?で、馬鹿でアホで
国益を損なう?!! と言う凄いブログを書いている「らしい」
ちょこばです。


■実際はそんな影響力は欠片もないのですが(苦笑)
書き辛い(本来)ナーバスな事も割と書いちゃう人なので
なかなか、困る時もあります。

実際、そういう訳の分かんないポジションで
書けるのが有難くって、
訳の分からん奴の現実逃避(苦笑)位
に思ってもらえれば
実際良かったりもするんですよね。

**************
■さて、今回のネタは、「突沸」です。
実は当ブログでは大量に出ているキーワード。

一言で言えばポイントは、
仕組みは一緒だって事
なんですよね。
って、ぶっちゃけてしまっていい・・・よね(苦笑)



*****************
■ほらほら、例えば火山学者の先生が「降灰予測」が出来た事
自分に関して言えば、
「大まかな」状況や「安心してしていいか悪いか」を予測できたのは
パラメータからおおよその、
内部状況を「仮定した」から、なんです(苦笑)
灰や、泥封や除染の大切さを、話せたのも
そう言うバックボーンがあるから、
とまで言うと
ちょっとカッコつけ過ぎでアサヒッてしまいますが

その辺りの、経験や知識の有無は
「放射脳」化するかどうかを分けた様な気
がします。

****************
■何のことかは、今回はちょっとボカします。
ある程度分かるように、「突沸」と御嶽山について載せておきますね。



***************
■ちなみに・・・本題から外れちゃいますけど(苦笑)
爆発の形は爆発の仕方と何が起こったかを
暗示しちゃうんですよ。




似てますねえ(苦笑)。
何故似てるか今回は
あんまり関係ないので割愛します。
ちなみに地熱資源(発電)と、原子力発電は
仕組みが似ているんですよ。





ただ、これは「引掛け」ですので
短絡しちゃ駄目です

短絡すれば放射脳化してしまいますからね。

ただ、多分…今度は大陸でおきて
PMばりに日本に降るから
楽しみに待っていて下さいね。

外国だから…いいよね。
中韓だったら体にいいよね^^
「日本の原発さえ」止めておけば
安全だよね^^


もちろん↑上記な状況に陥らない事を願いますが
**************************
■さて、実際には
2号機がちょっと危機一髪でした(苦笑)


「突沸」で当ブログを検索すると
例えばこんな結果

次のペーシは、こんな感じ

***************
■関連するエントリーで言えば
2011年04月06日
【検証】2号機で何が起きて、どんな事が最終的に起ったのか


2011年05月18日
14日における2号機の激動


*********************
■この辺りは凄く難しい部分があって、
当時の気象状況(爆弾低気圧)に救われた
面が凄くあって

でも、危機一髪なんて言えば
放射脳が騒ぐし、
まあ「高濃度の灰」は出た訳で^^;

ただ、それで人が死ぬかどうかは
また別問題
なんです

「なんで出たか分からない放射脳さん達が、
大爆発と勘違いして、
自滅しましたから結果オーライだけど」


なんてね。

***********************
■その辺りの行動はこんな所に反映されてます。

2013年03月23日
【2011/3/14AM2:12】私がちょこばになる前のお話【メールを送ってた】


一部再掲しておきますね。
(本エントリーはここまでです)。


**********************
2013年03月23日
【2011/3/14AM2:12】私がちょこばになる前のお話【メールを送ってた】

■ちょっと賢くなってきているとはいえ、放射脳は放射脳
いくら自分たちは「関東みんな死ぬ」といった放射脳とは違う
「ネオ放射脳だ」!!!と
威張ったところで、3/11-20の間、
彼らは右往左往で
日本が滅ぶとかほざいていたに過ぎません。
もちろん日本が滅んで欲しいから
願望を口にしていたのかもしれませんけど^^;


彼らは言うでしょう、
「一般の人も何をしたらいいのか分からなかった筈だ」
「政府を、体制側を疑おう」!!!!


ラッキーな事に「当時の体制」とは
「菅直人&枝野」
でございます(笑)
そしてそれをヨイショし続けたのが当時のメディアです。
もちろん疑ってましたが何か? 

**************************************
■そして断片的にでも分かると言う事は
まずは家族を優先しちゃうんですよ。

ラッパ吹いて、危険だ危険だみんな避難だ」
というアホ
はいません。
いや…一人だけいらっしゃったんだよね。
もうちょっと言葉を選ぶべきで、
そこを反省点に出来ればよかっただろうに
なーんて事を匂わしたせい
で疎遠になってしまいましたけどね…

もちろん「直撃を避ける」様に手を打つんです
汚くもなんともないし、
ラッパ吹けば風評被害だって言われるし

だから、黙って家族には「気をつける方法」を告げるんです。
「日本国民のみなさん、カリスマの僕に従っていれば
全ての危難を逃れ得るんです、さあちょこばに従おう!!」
なんて、確率の勝負の中でいうメリットがありません^^;


************************************
■自分は、日本じゃ無しに
「中韓の原発」が「もっと重大事故」を起こす

そう考えてます。

だから脱原発脳とは一線を画します。
日本の原発を停止しても何のメリットもない。
いくら北朝鮮でも、若狭の原発に
ミサイルを当てる腕はまだないですからね。

どうやって物資を買い占めずに、程よい備蓄と消費をするか
ガソリンも同様ですよね。

********
ちなみに北朝鮮の、韓国へのターゲットは
日本海側、の原発だと思ってます。
ソウル方面に比べてガードが薄いですからね。
ヘタレなので大丈夫だとは思ってますが
是非皆様、万が一には気をつけて…ね。


で、また差別脳が炸裂して、
難民が対馬に来て占拠するのかと思うと、頭が痛いです(笑)

2012年08月25日
【凄い不思議】何故、反原発派は韓国の原発を容認できるのか?


********************
■ちなみに放射脳の方が鼻高々な甲状腺がんのお話ですが
くどいですが
既に韓国女性の癌NO1は甲状腺がんです!!(2009年)


ま、浪江辺りは確率上がるってWHOが言ってるんですが
「体制側」とか妄想が炸裂してますからね。
2012年12月01日
【WHO】ゲ、1割も増えんの?【甲状腺がん】


2012年01月24日
【デマ】お隣の国にいけば普通ですよ【大人の甲状腺「がん」】


2013年01月29日
【再開の前に日本を整理】FPの恐ろしさを今こそ語ろう【そろそろ…続けます】

**************************



…そりゃ検査すれば、
しこりが出る子供だって出るって。
ま、「中韓様」の放射性物質のせいかもしれないけど
そんなこと知ったこっちゃない…。


放射脳の人達は、都合が悪くなると
この情報が信じられませんとか言ってソースの否定をした挙句
証明しろなんて言っちゃうんですよね^^;

(心の)母国の新聞なのに信じないと駄目じゃないかなあ?

ま、韓国の場合は癌の治療成績を上げるために
(甲状腺がん致死率はほぼゼロ)
無理やり見つけたと言うのもあります。
この記事が無ければごね放題だったのに残念残念


■場末なのでぶっちゃけを先に出して、ブーメランで彼らの首が落ちるのを
ちょこっと楽しみにしてみている自分に嫌気もさしますが
でも投げるのは自分じゃないんで、
「止めなかった」謝罪と賠償はご勘弁ください^^

*************************
■ちなみに今は結果が予想以上にいいので
悪い話題がバンバン出てきてます(笑)

なもんでちょこっと放射脳の方々が元気づいているのですが
学習せずにブーメランを天高く投げだしてますので
引き続き生温かく見守ろうと思います

Posted at 2014/11/04 21:53:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | シリーズ2号機 | 日記
2012年01月15日 イイね!

2号機で何があったかを読み進めてみよう。

2012年01月14日17:22 事故調査委員会中間報告書を読んで(3)ーー「原子炉パラメータの深読み(2号機)」の読み直し

ありゃ珍しい。(けなしてるんじゃないですけど)
いい内容ですね。
パラメータなどを自分もずっと集めてますけど、いい検証資料になりそうです。


2号機についてはずっと追いかけてきました。
ある意味相棒です^^;
さて、答え合わせしましょう。
********************
2011年12月24日
プルーム傾向を読み解く

①3/14/22:00頃発生プルーム 正門3.2mSv(22:23)
【発生原因:風向変化、ポンプ停止】
被害地:「栃木、茨城県境」/さいたま(3/15/9:00/1.3μ)/東京(3/15/9:30/0.5μ)/
多摩11:30も一応、その影響と考えています。
【減少原因:ポンプ復活】
悪質度:相当悪い(-4)
救い:素早く通過(さいたま)

14日の2号機データの推移(官邸データによる)
日付:時間:圧力容器:水位:格納容器
3/14:10:30/56.5気圧/3800/4.6気圧
3/14/12:30/61.9気圧/2950/4.65気圧
3/14/13:25/冷却機能喪失を発表(対政府)
3/14/16:34/海水注水開始
3/14/17:12/74気圧/不明/不明
3/14/18:06/逃し安全弁開放し、水位-1500からー1100に回復?
(意味不明、開放したら水位下がる、逃し弁は、圧力容器?格納容器?格納容器か?)
3/14/18:22/水位-3700(16分で-2600減った)、圧力容器自体の損傷の恐れ
3/14/19:03/6.3気圧/水位?/4気圧
3/14/22:40/4.3/-700/4.3気圧
22:50格納容器、圧力異常上昇
3/14/23:54/6.5/??/7.5


【推論】
1)2号機は恐らく突沸、により一気に水位を失った
2)全炉心が露出、溶解(高圧水及び蒸気の為、もともとの温度が高かった)
3)一部は底にたまり、崩壊燃料大量かつ空焚きになった為再臨界始まる。

■再臨界の証拠が21時の中性子線と見てよいかと思います。

************
・さてさて、一方の放射線量はこんな感じです



*******************
ここで再び引用しましょう。

3/12の朝4時過ぎに、水源である復水貯蔵タンクの水位が低下していることに気付き、水源を、圧力抑制プール(S/C)に切り替えたそうです。S/Cを冷却するシステムが止まっていたため、水温が徐々に上昇しますが、その後、S/Cの水温と圧力を計測することなく、3/14の7時に146℃、12時30分に149.3℃になったとのこと。
S/Cの水温が上がると、RCIC系で原子炉から送られてくる水蒸気も十分には冷やされないので、冷却効率が低下し、原子炉の温度はあがり、水位は下がり、圧力が上がります。それが、「2.3/14正午から徐々に原子炉の水位が下がった」原因だったようです。
ーーーーーーーー
低下が顕著になった原子炉の水位の回復には、消防車による原子炉への注水が必要ですが、そのためには、原子炉の圧力を消防ポンプの吐出圧力以下にする必要があり、大気への圧力解放(ベント)が必要です。
**********
■RCICの弱点は水冷なので、冷却水の温度が上がると、そこに熱的限界があるようですね・・・
空冷に出来ればいいのに。要するに温度が上がって、70気圧でそれでも沸騰の激化が始まります。まあ、こんな状態では水は入れれない訳で・・・逃し安全弁を開放しますが、気圧が下がって水が沸騰すると言う悪循環で18時代に16分で2600mmも水位が下がります。

****************
■さらにここで引用します。
16時34分頃、3号機の深読みの読み直しで紹介した、12Vバッテリーを10個つないだ電源で復旧させた制御盤で、SR弁の開操作を行ったが旨くいかず、試行錯誤を繰り返し、やっと19時3分になって0.63MPa gageにまで下がり、注水可能になった。=水がなくなった

ところが、19時20分頃、急遽調達していた千葉火力発電所および南横浜火力発電所の消防車がいずれも燃料切れで作動停止していたことが確認され、自衛消防隊が、タンクローリーから燃料を運搬し、19時57分に、やっと、連続注水が開始された、とのこと、です。
「3.3/14の18時に、原子炉の圧力が突然下がった」と
「5.3/14日の22時に原子炉の水位の回復」
の裏では、現場での必死の作業がありました。

18時から 21時まで、原子炉の水位が、測定不能のレベルにまで低下したので、明らかに燃料棒が完全に露出しました。しかし、20時からの連続注水で速やかに水位が回復したことから、少なくとも原子炉の底部が溶けることがなったことが明確です。


****************
福島の悲劇の原因です。悔しいけれど。
ベント部隊が安全弁を開いてベントに成功したとき、
ポンプ車の燃料が何と切れていたのです。

私の4月6日の分析では
圧力容器に穴が開いたのは16日
です。今回のこの方の読みは正しいでしょう。
4)海水大量投入するも、再臨界止まらず(冷えるのは上部のみ、燃料塊の内部で再臨界)
5)圧力容器の底に穴が開く【16日1:00頃】(水が落ちていくので、結果的にマイナス圧になる)
6)3時間後、3センチ圧の格納容器金属部分に穴が開く

これはJCO型臨界が14日の21時~16日の午前まで続いたことを示します。
(以降はメルトスルーしたので格納容器内で行われます)

2号機は露出燃料がどろどろの塊になって、再臨界を起こします。


*****************
ここで最後の引用をしましょう

消防車による連続注水開示後にも、原子炉の圧力が上がって、何回も注水ができなくなっています。そのたび毎に、減圧操作を行っています。
満足な注水ができずに、核燃料の高熱で原子炉と格納容器の壁が溶け、放射能が外部に漏れ出す最悪な事態に陥る可能性も考えた、所長は、待避用のバスの手配を指示し、準備したとのこと。
「4.3/14の深夜に原子炉の圧力が大きく振動」した時は、究極の緊張状態だったようです。3/15の1時以降は、原子炉圧力が0.6 MPa gage台で推移し、原子炉及び格納容器の破損には至りませんでした。
但し、3/15日の6時に、大きな衝撃音が聞こえ、S/C圧力が絶対圧でゼロになったことを聞き、2号機の格納容器で何らかの爆発が起きたと考え、7時頃には、必要な要員50名程度を残して、約650人が第2原発に待避した、とのこと。
ーーーーーーーー
報告書のp.232に、「結局、2号機については、S/CベントおよびD/Wベントの実施を試みたが、これらのベント機能が果たされることはなかったと考えられる」と書いてあります。しかし、実際に、ベントに依ると考えるしかない、原発正門の放射線量の急増が何回か記録に残っています。委員会の理解は間違っている、と考えます。

***********
委員会は何で間違えているんでしょう??


ベント系は宇都宮水戸を襲ったものですから、
(発表自体は)まあいいのではと思うのですが
CTBT核種に関連するからでしょうか???

浮かび上がってきたのは
1)ベント成功時、消防車燃料が切れると言う事故があった
2)メルトスルーは、日本を更なる悲劇から救った


そういう話でした。現実としてメルトスルーする16日午前中までが
一つの放射線のピークとなったからです。
3号機も注水不全のあと、濃いプルームが柏等を襲いますので
実はメルトスルーは日本国民にとってはいい事だったと言えると思います。


つまりは岩盤、海に汚染が移行しました。^^
漁師さんには申し訳ないのですが、
本当にこれはラッキーなことであったと言えるでしょう。

************
1)2011年04月06日 【検証】2号機で何が起きて、どんな事が最終的に起ったのか
■今回も使用するのは官邸のデータと報告書です。(PDF148P)
http://www.kantei.go.jp/saigai/201104051900genpatsu.pdf(リンク切れ)
非常に興味深い、記述やデータが書かれており、私達も若干の想像が可能と言える物です。

では下で、分析と共に記載していますが、先に検証の結果から得られた【推論】を記載します。
【推論】
1)2号機は恐らく突沸、により一気に水位を失った
2)全炉心が露出、溶解(高圧水及び蒸気の為、もともとの温度が高かった)
3)一部は底にたまり、崩壊燃料大量かつ空焚きになった為再臨界始まる。
4)海水大量投入するも、再臨界止まらず(冷えるのは上部のみ、燃料塊の内部で再臨界)
5)圧力容器の底に穴が開く【16日1:00頃】(水が落ちていくので、結果的にマイナス圧になる)
6)3時間後、3センチ圧の格納容器金属部分に穴が開く
(メルトダウン、チャイナシンドローム発生)
7)コンクリート部分で核燃料受止める(厚が200+100センチ)
8)サプレッションルーム破壊時の亀裂や、或いは電気ケーブル/配管、ラック用のトレンチなどを経て
漏出、地震による亀裂から浸透、砕石を経て海に流入
9)汚染水は、再臨界の燃料の上に、原子炉の水が落下し流れたもの。と推定される

2)2011年05月18日 14日における2号機の激動
過去のエントリーよりデータを引っ張ります。
【読売14日報道に重要証拠?】3月15日の関東を襲った主成分【謎々は続く】

参考:
■14日の2号機データの推移(官邸データによる)
日付:時間:圧力容器:水位:格納容器
3/14:10:30/56.5気圧/3800/4.6気圧
3/14/12:30/61.9気圧/2950/4.65気圧
3/14/13:25/冷却機能喪失を発表(対政府)
3/14/16:34/海水注水開始
3/14/17:12/74気圧/不明/不明
3/14/18:06/逃し安全弁開放し、水位-1500からー1100に回復?
(意味不明、開放したら水位下がる、逃し弁は、圧力容器?格納容器?格納容器か?)
3/14/18:22/水位-3700(16分で-2600減った)、圧力容器自体の損傷の恐れ
3/14/19:03/6.3気圧/水位?/4気圧
3/14/22:40/4.3/-700/4.3気圧
22:50格納容器、圧力異常上昇
3/14/23:54/6.5/??/7.5

Posted at 2012/01/15 00:41:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | シリーズ2号機 | 日記
2011年11月02日 イイね!

【再臨界?】2号機騒動で思う事【それがどうした!!!】

■2号機にホウ素水注入、
馬鹿みたいにマスコミがたかりだしました・・・

でも、頼みの綱のパラメータはもう反応しません・・・
ご存知の通り
容器内に燃料なんてろくにないんです。
atmcの、原子炉の放射線情況
2号機の放射線量は1号機と違って落ち着いていますが・・・
センサーがどこにあって、どんな作動をしているかも良く分からないので、
逆に1号機くらい激しく放射線量が上下した方が安心です。
(デモ1号機のセンサーが壊れている可能性もあるんですよ)

そのあたりの疑問なんかは
謎の8月ヨウ素131カテゴリーで色々推論や仮説を立てています。

■様はもう、大本営発表を確かめる術はあんまりないんです。
事故当初とちがって、センサーもボロボロです。
2011年09月25日
実は簡単な、水素の作り方【説明しておきます】 他


水と放射能で水素+過酸化水素が出るって
言うのも、
実は体でも
一度に大量の放射能を浴びるとおんなじことが起きて、
ラジカルや活性酸素で、死んでしまうのが
急性放射線障害、と言う話で繋がります
水素が出てる限りは人は炉内に近づけない目安と
考えるのがいいのかもしれませんね



この情況は、ちょっとやそっとじゃもう変わらないんです。
よくも、悪くも^^;


■報道どおりとしたら、
「溶解した種火は燻るのか?」と言う私の疑問が解けるので
ゴメンなさい、全然動揺の対象になっていません。
2号機でそういった事(プチ再臨界)が
起きていても気にならなくて
1号機では今までだって同じじゃないのかと
逆に質問がしたい気分です。



■但し、可能性は極めて少ないのですが、
1) 仮に4号機以降での話であれば、えらいこっちゃです。
2) 1)を知っている煽り屋はここぞとばかりにデマをかけてくる可能性があります。
3) 炉内の再臨界で一番恐ろしいのは・・・「作業員退去」です。
今更キセノンが少々漏れたって怖くない、その天文学的倍数が漏れちゃったんだから。

■どうしても心配な人は、
にっこり有給を出して、3,4日、北東北の秋でもご覧下さい。
経済効果&リラックス&様子見&現実逃避

お金は東電あたりが出してくれれば、
言う事ないんですけどね(笑)

■でも、事象としては、「とんでもない事」です。
 「レベル7」が継続していますから、
少々の事では、動じる必要なんてない
ってだけの事です・・・
むしろ現場作業員の方がストレスで突然死するんじゃないかと心配です・・・

各種データには引続き注目していきたいですね。
まさか、地中のビンの話題をそらしたい訳じゃないだろうし・・・
Posted at 2011/11/02 10:39:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | シリーズ2号機 | 日記
2011年06月07日 イイね!

たまには感謝をしよう^^

今回は猛走峠さんのコメントへのお礼です。

その前に・・

ここまでブログを続けてこれたのは、
ひとえに良心的なパラメータを提供してくださった
官僚だとか、東電の職員のおかげです。
彼らの正確かつ真実を読み解く鍵となるパラメータがあったから
今ある程度の現実と向き合えています。


■世の中は官僚が悪い、東電が悪いですが
でも、全員すべてが悪いわけじゃなくて、上層部が一部腐っていても
一生懸命の人がいらっしゃった。

■警察も、自衛隊も頑張りましたよね。
マスコミは責任を政府と東電に押し付けて逃げようとしていますが
今回は一番マスコミがひどかったのではないでしょうか。
(もちろんマスコミにも頑張ってらっしゃる方がたくさんいらっしゃいました)

本当に感謝申し上げたいと思っています。


■猛走峠さんに2号機は危なかったとコメントをいただきました。
http://www.j-cast.com/2011/06/07097742.html?p=1
2号機「とてつもない事故」寸前だった 作業員に「ここから出るのは止めません」
2011/6/ 7 17:09
雲台さん(仮名)について、爆発が計算どおりに起きなかったのが誤算だと書いたんですよね。
私にとっては、圧力容器が破裂せずに、漏れたのは素晴らしかったです。
ある意味、一つの過程が実証されたというか
単に隠蔽されていただけなんですけど、それが明るみに出たのはいい事だったと思います^^

■そして吉田所長が作業員に出るのは止めないとおっしゃった。
(当初から噂としてはありましたね)
それが実証されつつあるようです。
不幸中の幸い。吉田所長が現場の崩落を食い止めたんです。
同時に逃げないで作業してくださった方たちに本当に感謝したいと思います。
日本は本当にラッキーでした。
そしてその情報を下さった事に深く感謝します。

■そして猛走峠さんが検証力を誉めてくださいましたが
私は、官僚や東電の良心派から頂いたデータを無駄にしないように
拙い知識をかき集めているだけです。

直観力や啓示に導かれているわけではなく、
猛走峠さんや他の方々に
ヒントを頂いたり、助言を頂いて、気づけるものに少しずつ気づいていっているだけです。

この場を借りて御礼申し上げます。(ペコリ)
Posted at 2011/06/07 23:55:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | シリーズ2号機 | 日記
2011年05月26日 イイね!

【お詫び】いつの間にか公開されてたWSPEEDI【油断】

【お詫び】いつの間にか公開されてたWSPEEDI【油断】今回はお詫び編です。
パラメータ狂いをやめたとたんこのザマ

■何たる事だろうか・・・
いつの間にか、WSPEEDIの
「過去の物が公開されていた」
見てびっくりなすさまじい結果。
大変申し訳ない。
見た記憶はあるような無いような。
というか見たけれどエントリーにするのを
忘れたのかもしれない。

■全然気付かなかった事が恥ずかしいです。
ごめんなさい。節穴というやつですね
情報隠蔽に敗れ去った自分が口惜しい。
あんなに毎日情報集めてるのに、何も言わないんですから
自分の目は節穴でした。

■ハイ、こんな感じですって。
でも若干ずれがあるような気がします。


■あと3月15日のWSPEEDIも出てた。
これは前に何処かで見たんですが探していた物。
これこれ。(アップロード)

■自説の裏づけができました。ありがとうございます・・・
若干実際とは異なったようです。
ホットスポットは松戸付近ですからね。
21日前後のドライベントが
茨城をかなり汚染しているような気がします。
首都圏は15日ばかりですが、茨城や福島はそうでもなさそうです。
後北茨城は完全にプルームの通り道のようですね。
何れじっくりとまた検証する必要もあるでしょう。

ちなみに自説はこちら。詳しくはカテゴリー、シリーズ3月15日をご覧下さいね。


■ところで・・・【追記】1号機です【追記終】


計器の異常ですよね。いつの間にか200SV対応になっているし。
こんなに大きく育って。
容器内じゃなくS/Cでやって下さい。1号機は比較的圧力容器はしっかりしていますから
とりあえずは大丈夫だと思います。

温度も比較的コントロールできていて、上部圧力が15気圧を超えただけです。


ただ、心配なのが、圧力計の数字が正しいとすると、
穴から物凄い勢いで、水が押し出されている、
つまり水が減っていっているという事なんですよね。
【追記】でも穴は小さいのだと思います。だから高圧なのでしょう。
圧が上がっているという事は若干水が増えている可能性も若干ありますし
中で湧いている水素や酸素の仕業かもしれません。
でも0.5気圧で安定しているという事は、
入れた分だけ水が漏れているバランスの状態かと思います。
ただ、再臨界のような放射線量増大の割には温度変化が小さいですね。
【追記終】
その辺りがバランスが取れていればいいのですが、バランスが悪くなると、
アンパン状の燃料が露出する心配があるのかもしれません。
とりあえずは誤作動だと思って、
心の底で、ああ、JCO臨界かと思っていただければ良いかと思います。
もっとも放射線で、水素と酸素がザクザク湧いているとは思いますが。

水が殆どなくなれば、圧力は下がるはずですので
(もしそんなことが起きれば格納容器の爆発の危機ですが)とりあえずは様子見です。
しかし、後ろを見ると数字に異常が出る。まるで、もぐら叩きみたいですね・・・
Posted at 2011/05/26 17:58:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | シリーズ2号機 | 日記

プロフィール

「@Nicolas Kenji さん、こんばんは。二人でモリカケ(妨害するニダ)、でしたっけ(笑)、偏向報道の王様ですよね。」
何シテル?   09/26 23:13
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

車がないから京散歩その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/02 16:16:15
アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28
日勝峠よ永遠に・・・・・(´;ω;`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 14:57:29

ファン

189 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.