• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2017年02月02日 イイね!

下書き消えたみんカラ…とかね(備忘です)

お昼に下書きが消えました。
そういう時に限って残してない。

あー。
メッセの返信もまだだっていうのに。
何が言いたいかと言うと
しばらく滞留しております、(汗)

例えば…。
大まかにはエントリーを書く予定。

・質問あった
・食べ物の話

・プルームの範囲に残ってはいる。
・今出てるのは野生のキノコ&イノシシ
(補助的にツキノワグマ)
・プルーム範囲高原系の里山に出やすい。
・一般の食い物はもう出ない
・風評被害になるので更新自体を控える傾向
・なおそのデータは、穀物系は
原爆実験大ブームに及ばない。
(1950-60頃)

その辺りを、過去と今のソースを
はっつけてみたいと思います。
過去のは大体昔のエントリーに転がってます。

アメ車を日本人があまり買わないのと同じで
嗜好性があるので
結論を設けるつもりもそんなにないですが。

今月は色々ありそうです。
勿論、毎月何かあるんですけどね。
Posted at 2017/02/02 18:53:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | 食物汚染 | 日記
2016年03月07日 イイね!

(チェルノブイリの追証)今さらなデータ。(被爆の森を見て)

自分はかねてより、内部被爆は起きるし、
それがある程度以上になれば害はあるけど
でも日本では発生しない、と言ってきた。

だから安全派から見れば放射脳だろうし
危険派から見れば、(元々立場が違うけど)
裏切り者(笑)らしい。

それらはチェルノブイリ通りのデータ推移を辿りつつある。
(当たり前)
猿は内部被爆し(森でいきるからね。)


その一部のデータは、ナロジチに近づきつつある。


それは凄く当たり前のこと。


一方で、遺伝子が切れたニダは
意味がないこともまた実証されつつある。


弘前は汚染されてるニダか?


結局、人は猿でも猪でもない。
放射性物質が内分泌やホルモン系に
(恐らくマーカーとして)影響を与えることは
チェルノブイリでほぼ実証されており、
実はもっともその影響を受けるのは、
植物であると言うのも
共通の事である。


今回の福島は統計的な追証、追試によって
比較実験が行われており、

また、その避難地域の目安は
非常に正しかった、と言うことが
データ上からも実証された。


つまりは初期においての、飲み物、呼気、食べ物の
管理と排出をしっかりすれば、
後は、幅広く、食べ物が流通する日本では
あまり気にすることはない、と言うことであり、

そのための食物規制は日本では当初全数で、
そして途中からはサンプル調査で
かなり行われ、
汚染地域での除染は、極めて有効であった。

という、当たり前の結果である。
たら、れば、贅沢は、キリがないが

聞き分けのない、半島民のようなゴネ屋が
不可逆的に発生した以上、
納得や説得に数十年もかかるのであれば
説明が省かれるのはやむをえぬことでもある。

言葉を尽くそうが、実証しようが
スタートに戻ってゴネ直す、ゴネやさんは
放置して、ブーメランを投げさすに限るからね。
(避難地域について言えば、全く影響ないのに
避難させる方が余程問題だしね。)

だからどうとか、そうとか
それは自分は言う立場には実はなく
これからも傍観していくだけのことでもある。
(防寒(汗)を直しました22時過ぎ)

でも訳のわからない、政治的な情報に
惑わされて、右に行ったり左に行ったり
陰謀とか喚いてみたりするのは、
自分はごめんだし、
その為に情報、というのはあるし
得られるものだと思う。

事実は事実であり、冷徹かつ、誰の味方でもない。
但し惑わされ振り回され、
判断を誤るのは自分は遠慮被りたい。

その判断がなされる頃には
ゴネ屋もいつの間にか意見が変わってるけど、
それはそれでいつものこと。(苦笑)

もちろん、今回の実験データは学術的に貴重だが、
でもそれは、今そこにある危機には、
津波のデータと同じく全くもって役にはたたない。

その目線の違いを取り違えるから
学者はゴネ屋に取り込まれやすいけど
昔と違って実証が早い分、
万能な、自称天才はすぐボロを出してくれる。
Posted at 2016/03/07 19:53:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 食物汚染 | 日記
2014年01月20日 イイね!

腸内細菌って大事なんだよ。【内部被ばくってむしろこっちかも、但しチェルノ限定】

■この世には100%の化学で分からない事が沢山ある。
だから面白いんだけどね。

**************
■震災直後、様々な体調不良の人が現れた。
ストレスだって声もあれば、放射脳だ----、
あ、放射能だ---って声もあった。


実際放射脳さん達は、物凄いストレスと風評被害を周りにもたらしたし、
続々と子供達が体調不良を起こし
彼らは見事に自己暗示に陥った^^;


*******************
■翻って、今は福島の人達は…普通に暮らしている。
あれ、と思うかもしれないけど事実で
まあ放射脳が30年後の呪いをせっせと書けているけど
正直意地悪で最低だと自分は思うし、

余計なストレスを与えた時点で正しい統計結果は出ないから
(負のプラセボ)、『研究』『証明』精神ではなく
己の欲望のみがあるんだろうなあと想像する。

******************
■だって、「放射能被害が無くてはいけない」
ってずいぶん切羽詰まっているじゃないですか(笑)

で、ストレスや風邪が喘息に悪いと言うのは
ぜんそく患者や家族にとって半ば常識だ。

***********************
■放射能症状として騒ぎたてたものも
殆どが何故か『アレルギー』症状だったのが面白い。

そもそもアトピーやアレルギーの起因には
腸内環境の言われがあって

どうやらそれが正しい事が、証明されつつある。

******************************
■腸内についてはセシウムは、『腸肝サイクル』下にある。


■人間の体は放射線でまずびくともしない筈だが、
腸内細菌はどうなんだろう?と言う興味がある。

■と言うのも原始的な細菌は、重金属(セシウム含む)が大好きで
放射性物質の重金属は多いから、


目印にして増殖するんじゃないかな?と言う推論を立てている。
(シアノバクテリアなんかは実際その兆候がある)

******************************
■もう一つは『藍藻毒』
チェルノブイリでは上水道の復旧が遅れた(ナロジチ地区)
塩素消毒は、アオコ等の藍藻には致命的で、
実はこのアオコ毒系をぶっ潰す為に塩素消毒はなされている。

その辺を細かく突っ込んだのはこちら
2013年04月24日
久々、セシウムと言うよりは、腸肝サイクルネタ


ちなみに藍藻毒は猛毒である。
発がん性もある(苦笑)

******************************
■元々この辺りのネタは将来へのチェック項目の抽出だから
文句だけの100%化学とかにデマと言われようが何だろうが
のんびり見ていく予定で、「別にそれに同意しろと言うつもり」はさらさらない。

いずれにしても、ストレスなのか、
それとも内部被ばく(大当たり、初期のみ)ついでの腸内細菌バランスの崩れなのか
というのは分かりようもないのだけど

震災直後風評被害もあって
牛乳忌避が非常に強かったし
おまけでヨーグルトが売れなくなった。


********************************
■その辺りはもう複合要因なので、今となっては
99.9%を占めたであろう『ストレス』に集約すると思うんですが
(放出量も基準をはるかに下回った)

何故腸内細菌のサイクルが崩れたのか?という要因の一つに
セシウムや上水道の整備、あと乳製品の忌避による
最近バランスの変化があるとすれば、
福島はいいチャンスになりえた、と思う。


*********************************
■という訳で、放射脳の方、特に親周りに、(要するに子供さん)に
『被ばく症状』が出たのは非常に、個人的には興味深かったし
『暗示以外』で気になったのは
「アレルギーが多い」ということだった。


**********************************
■『プラセボ』
『ストレス』は実際最強の薬≒毒として名高い。

衛生環境の良い日本では、このように
放射脳達の放射能被害は最小限であったし、
彼らが放射能被害と喧伝した御蔭で、
逆に白けてしまい
風評被害は随分と低くなった。


■逆を言えば、「かもしれない」ばかり言う
放射脳達は、非常に有害なのだが
その辺りも『ストレス』研究で有害性が明らかになるだろうし

もし福島でそういう不調の子供がいれば
やはり『ストレス』の影響が一番大きいと言う事だ
(既に内部被ばく量は殆どの人で平時と変わらない。)

****************************
■結局は原発災害における最善の手は
最善を尽くして腹をくくる=天命を待つと言う事であり
それ以上でもそれ以下でもなく
それだけでほぼ乗り切れると言える。

『ラクトフェリン』や『ビール酵母』等が
既に高度被ばく時(福島の1000倍くらい)には
ラジカルスカベンジャーとして作用する事が判明しており

『スピルリナ』等の排出効果も、重金属取り込みから見ると
証明されているに等しい。

*****************************
■ただ、キレートのし過ぎは、体にとって毒でもあり
そういう意味では素人の生兵法は原発災害時
依然危険だと思われる。

ただ、その辺りの検証が進みつつあるだけでも
私達にとっては有意義であるし、

原子力を如何するかという問題は、
やっぱり長期的には残されたと思うし、
その点は日本人は多くが同意しているように思う。


*************************
■原子力にしろ、原子力災害の危険性や
実際の危険の有無については、何となく日本国民に伝わった様に思う。

『怖い』けれど、『脅されるほど怖いものでもない』事は分かったし
『怖くなくても物凄くめんどくさい』という事も分かったし
「安全神話なんてものは何についてもない」という事も分かった。

『カッコをつける人達』もちろん自分なんかも
『推論は出来るけど、結論付けられる訳が無くて』
『多分こうなる』が本当か嘘かは、
長い時間を経て確かめないといけない事も
分かったと思う。

******************************
■自信の程はと聞かれれば、結構あるんだけど
証明には時間がかかるし、それが研究発表等になって世に出るのには
もっと時間がかかると思う。

しかし、放射脳共の戯言を真に受けて
ストレスたっぷりで、偽装『放射能症状』を起こす事の
愚かさだけはもっと伝わったんじゃないかな?

■自分も、その辺りの読みははるかに悲観的で(苦笑)
実はその読みは「大外し」しているのだけど
(データもない頃の最初期の想定の1/10くらいだった)
『統計的には何も問題がない』という事が
悲観的な状態でも明らかだった訳で
あとはその想定が実際は1/10だから大丈夫
という根拠にもなった(笑)


■もっとも悲観主義者や、放射脳の人達は数万倍くらい外していたから
自分が相対的に正しいように思えたって言うのもある。(苦笑)
しかも正しい値の1/100の予想はいても
「その間の正しい予測ができた人」は…いなかったんだよね(笑)

*******************************
■もちろんいても、言わなかっただろうし
測る手段もろくに無かった&公開されていない訳で、
少ないデータで分かり次第(推定)データはとっとと修正した。

例えば、ハイパーレスキューが中途半端だったり
汚染水を東電が最初っから垂れ流したら、
自分にはもうちょっと有利だったかもしれない。
でも、そんな事は意味はないし、そういう悪い予想に比べて
良い結果があったから、オリンピックも来た訳で
自分はその辺りに不満はない(笑)


**********************************
■結局、「私が正しいぞ」あるいは
「お前は間違いだ」って奴は殆どがインチキだし
近似値でも、値は若干外していて、
(自分なんかも)よく見るとこまめに修正してる。


それを隠したってしょうがないし、
最初に甘い事書くと後が大変だから、
仕方ないんだけどね。

但し究極的には
近似値が正しいかどうかよりも
『結果が正しいかどうか』が大事だと思う。

そして『結果以上』に大事な物(安心とかストレスとか)があって
子供については意外にも母性と
その母親の心理的安定が大きそうなんだよね

変な言い方「肝っ玉母さん」の存在は、
もっと値が高かったとしても
(多分)軽微な放射能なんかぶっ飛ばすと言うのが面白い

その「副作用」として、
マスコミの不安扇動に対する耐性がついて
マスコミがさらに煽って「放射脳化」しているのが
凄く面白いと思っている。


****************************
■でもね、と続けたいけど…今はそれでいいと思ってたりする。
『全体から見れば』
どうも原発事故は『プラスの方が大きそう』だから
見守るべきだと思う。

でも苦しんでいる人達を見捨てたり、見なかったりすれば
放射脳とか、サヨクはそういう人達に入り込もうとする。
その手法は覚えておいた方がいいし、
その手法はこれからもちょっと書こうかなと思ったり。


**********************
■とにかくストレスでも何でも、「腸内環境を保つ」のは
災害時にこれから重視されるのかもしれない。
乳製品がすぐ腐る夏季とかに、どうするのかって言うのは
ちょっと考えた方がいいのかも。

フリーズドライの味噌汁とかかな?
意外と粉ミルク(クリープは駄目だよ)なんかもいいかなとは思っているが
その辺はまた今度考えようかなと思う。

という訳で、「ストレスは程々」に「腸内環境は大事」にね。
Posted at 2014/01/20 20:46:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | 食物汚染 | 日記
2014年01月13日 イイね!

「クロダイ」の件、安全と汚染されてないは別物だからね

現在福島県沿岸では、魚の漁は禁止されている。いわきの魚は、わざわざ遠出して安全な漁区からとってくるのだ。
一部タコイカはマーカーたる「セシウム」が検出されないから認められ出したけど、あれはネタの提供に過ぎない。

何故なら除染が進まない限り山野からセシウムは泥、すなわちコロイドで流れてくる。化学的に間違いであろうがなんだろうが、流れてきてミルフィーユの様に溜まっている。というわけで、底魚以外は、この泥封によって数値が落ち着きつつあるが、タラなんかは早々に移動したし、底魚を食っている食物連鎖の主は、ベクレル魚に育ってたまに移動してくる。



というわけで、見つかると放射脳が騒ぎ出すけど、一応100ベクレル以下が規制値だし大分全量検査が農産物中心にできるようになったので心配は無用だ。魚についてはサンプル調査だが、サンプルが出ればしばらく漁業規制は続くので、出てくることはいいことだったりする。

というのも、ストロンチウムは検査が難しいから、セシウムとの比が最大1対1(福島における放出はその比より遥かに小さかった)によって擬似管理されている。実際には汚染水タンクや地下水にストロンチウムは溜まりまくっており、、もしタンクが全部ぶち破れたら、セシウムは全くあてにならなくなるのだが(苦笑)、当初、諦めていたので、とりあえず流したらと言っていたもので、逆に言えば一昨年の夏からこのblogで安全といい、一昨年の春から自分が魚を食べられるのには、そういうからくりがある。

因みに魚は水分たっぷりなので、同じベクレルならお茶や米とは比べ物にならないくらい濃い、と言うのは事実であって、だから、当初の規制値が500だったときには怒ったし、100になってからは良しとした。
だって、今回の二匹目も400だからね。

500だと出回っちゃうんだ(苦笑)この差は物凄く大きい。

ついでだから、化学論議をあげておく。
高度な化学論議主義者達から説明があったことも、よく考えれば皆無だ(苦笑)、




ポイントは、体内にあり続けた場合でないと実効線量は測れない、それをキープしたのが、しかもクロダイ以上の約20000ベクレル/キロをキープし続けたのが、チェルノブイリの、ナロジチ地区であり、データはナロジチで検索すれば当ブログ内でもたくさん出てくるよ。

まあ、そんなわけで、こんなクロダイを頭からしっぼまで毎日食べ続けないと、ナロジチ地区すなわちチェルノブイリには近づけないし、しかも東電の痩せ我慢でヤバイものが大分地下に言って、組み上げまくったから(東電はやせ我慢がんばって)福島県沿岸での禁漁で事足りる。

プラス100ベクレル規制が割りとしっかりしてるし輸入が多い食生活だから、放射脳を一時叩きまくっていたという事情もある。

だから、今健康には特に影響もない除染に政府は力を入れている。表土をはぐ以上一時的に泥の汚染は上がるが、五年後十年後に泥封によって魚の数値が本格的に下がり出す。まあ、マーカーたるセシウムの数字が下がっても、玄人的には判別不能になるだけなんだけど、風評被害とはそういうものだし、放射脳の騒ぎは「嘘つき化学的狼少年」の空騒ぎのイメージがお陰さまでついたわけで、後は散発的になると思う。

そう言うぶっちゃけ話をかつての、カリスマたちは全く言わなくなった。説明がつかないのか、何なのか知らないけど、後出しで修正するのもいいんだけど、事故当初のあの自信満々はどこに消えたのか実は不思議で仕方ない。

健康被害や食生活の面では確かに安全になったけど、長期戦は続くんですよね。無くなったわけでも、解決したわけでも決してない。
言えるのは、危険を煽った放射脳では、何の役にも立たないし彼らがその素晴らしい、頭脳や100%な化学を披露されて有効な作用をすることも、振り替えれば存在しなかったってだけなんです。

年末強く感じたのは、西の人は未だに福島というだけで、一定数が偏見だらけなんですよね。関心もないから情報も古いし、食いたくない人に食えというタイプではないのでどうでもいいんですが、そういう意味では劇的な改善が望めない以上、今年は景気のためにも福一の話題は出なくなって行くんですが、未だに福島の人たちはそれなりに、風評被害と規制地区と、ただ早すぎれば偏見を招きかねない。

イノブタや猪サルクマ、イヌネコも被害も有ります。


というわけで、困ったことに、こういうネタを書くと騒ぐのは放射脳系です。奇形だなんだとデマを流すわけです。


あ、これ、バカッター系デマです。なので短くわかりやすくだと

安全です。で終わっちゃうんですよね。

統計的には計算に要素を付け加えてモデルを作って、実績との誤差を探ります。そこにこそ統計にでない大事な事実が有りますからね。
ですが大事な事実は、統計的には大きな影響を及ぼさないがゆえに、モデルとの差として統計解析をかけて、データを充実させていく、ただコストと時間を考えないといけない、それが研究と言われるものです。

因みに大事な事実は、飯の種であることが多いのでニュースにはなりにくいし、触れるときは曖昧になるので、そこにマスコミ様の情報操作の余地が出てくるんでしょうね?

だって、画期的新技術の大半はマスコミ止まりじゃないですか?エコ狂いが食らいついたソーラーも今の状態では土をコンクリートで固めてパネルつけただけで熱的にはヒートアイランドを増やすつもりかなあと。電気代も上がるしね。

あ、シラン系ガスから水素が沸いて危険だからチンチンドンドンで禁止かぁ?
あの事故の本質は…3日位前に予測は書いたけど、分かりやすい二次ソースがあればまた触れてみます。悲しい事故だけどこれで手順がしっかりするから、亡くなったかたの犠牲が無にはならないとは思っています。
Posted at 2014/01/13 22:00:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 食物汚染 | 日記
2013年06月06日 イイね!

【経緯とこれから】福島の漁業の今を探ろう

■ある程度書いて確認したら消えてしまいました。
エラーですって。
たまにみんカラはそういうのがあります。面白くはないですね。

■今回書くのは漁業の話なので、非常に手間がかかっていたのですが
そういう時に限って消える物です。
最初書いた時よりもとげのある文章に
なるかもしれませんがご容赦くださいませ。

***********************
■さてさて、復興の呼び声はかかっていますが
一向に民生に回ってきません。

そろそろ、何もなしで騙すのが限界というのか
幻想が宿ると失望が生まれて反動が来ます。
ならば、過度に幻想を抱いたり夢想しなければいいのにと思うのですが
人間という物はそういった感情から逃れられない人が多いのかもしれません。


**************************
■こんな調子だとまた、声だけ上げて、
今度は自民がどうのこうのという声が増えるかと思いますし
自民も反省(ポーズ)が足りないようなので
多分参院選挙大勝できないんじゃないでしょうか


意外と民主票伸びると思いますよ。
自民党はアグネス児童ポルノ法案とか
2013年03月15日
【共通点はダブルスタンダード】これがゴネ屋のテクニック。【韓国の生臭坊主】

ちょっと欲張りすぎてます。

*****************************
■憲法改正も条文の問題であるという事を伝えなくては
勝てる物も勝てません。
日本国憲法を捨てるとか、独自憲法とか戯言はやめた方がいいと思います。
まずシンプルに9条を一部改編する。
国土防衛に対しての武力行使の定義をシンプルに強化する。

独自憲法なの何なのはその後です。
9条を変えても平和が保たれる、この実績を築かない限り
変更できる物も出来なくなりますが、

もう忘れてしまったのかなあ^^;
民主主義とは正しいとか、方向そのものよりも
民意の誘導が一番大事である筈なのですが…
***************************
■さて、漁業もあたかも、もう元に戻ったかのような認識ですが
福島の漁業はまだ元に戻ったとは言い難い状況
です。

実際どうなのか、と言えば、随分と報道関係が規制されていたりします。


アカヒさんがその辺り熱心なのですが


まだ試験操業にしか過ぎないというのが現状です。


■また風評被害の面はどうしても否めないのもまた現状で
将来買い叩いて高く売る気なのかイオンが援助している
という事になっています。



■ただ、とは言う物のきちんと危ない地域を避けて操業している訳
検体からは、以前の様な高い数値は出て来なくなっている
これもまたお伝えしておかなくてはいけません。


■但し、大丈夫な地域まで行って漁をするという形ですので
採算面では非常に良くない、
また水揚げ地が福島と言うだけで風評被害がありますので
その点はむしろ福島産は、数値管理もされていてお得
(故にイオンが買い付けている)
というのが今の福島の漁業の現状です。



********************************
■ここで、放射性物質の移動についておさらいしましょう。
2013年04月25日
水と豊かな泥と微生物社会が日本を救った件


セシウム等は栄養塩として海に移動します。


そしてコロイドや泥は基本的に海やダムの底に沈みます。




**********************************
■よって、上流からの移動を如何に減らすか(除染)という事が
非常に重要な事が分かって頂けるかと思います。

2013年05月09日
【30センチまでの吸着率】除染は何故有効か、その2


そして表土をめくるという事で、一部表土が流出しますがそれは海底の
放射性物質濃度を弱めるという事にも寄与します。


***********************************
■この泥に関する事や、プランクトンを通じての沈殿は
既にデータの世界でも、フクシマのケースでも実証済みです






■元々チェルノブイリでも同様の知見がありましたので
厳密には今更な話ではあります。
**************************************
■さて、実際に福島の海ではどういう事が起きたのか
検証をする必要があります。

2011年、数多くの魚が高い数値を示し
事実上の全面禁漁が続きました。




***************************************
■2012年になって、タコイカなどの影響の出にくい魚、
遠方で泥が沈殿しにくい沖合、で試験操業が始まった。



*****************************************
■では実際の海における放射線量の推移はどうだったのか?


このグラフは対数ですので、2011年はやはり高い状態であったと思った方がいいです。
この辺りも初期から予想された状態であったと思います。
2011年11月09日
日本の命運を握るのは海洋汚染

数値が落ち着いてきたのは2012年の夏ごろです。
この頃自分も「ほぼ安全」宣言
を出してみたりしました。

2012年07月04日
【魚とか】そろそろ危険を呼び掛ける「バランス」の考慮が必要【農作物とか】


2012年08月22日
「ほぼ安全宣言」の持つ様々な意味と、底魚汚染の進捗


*****************************************
■重要なのは、政府や原発系の機関は、こういう数値を
しっかりモニタリングしてきていたという事で


あと、三陸沖が汚染とか妄言が飛び交っていましたが
実際に汚染されたのはどちらかと言えば銚子沖
です。
後は戻りガツオの経路を通って、
「マーカーとしてのセシウム」
は移動した事が分かっています。



■拡大するとよく分かりますね。


黒潮と親潮がぶつかりながら、日本から主には引き離す方向で
拡散して行った事が分かります。


*******************************
■一方の海における沈殿状況を見てみましょう。
当初の「汚染水」被害は、フクシマの南部を中心に起きた事が分かります。


■現在は水系の問題で、南相馬沖が汚染の中心に変わっています。
理由は南相馬の上流に飯館村がある、という事です。


2012年06月29日
【魚より怖い事】浜通りの漁業で致命的なのは採算不可な事【漁師死ねって叫べば?】

そして何よりの問題点は、イメージ先行で採算ベースではないという事でしょう。


*******************************
2011-12年の汚染水型(直接放出)から、
徐々にセシウム沈殿物型に
変化しつつあって、
結果として底魚以外は安全になってきている
そして懸念のある場所以外で漁を行っている。


というのは、漁区の問題からも、実際の魚の推移からも
データからも裏付けられていると言えるでしょう。


*********************************
■繰り返しますが、福島で取れる魚は管理がちゃんとできていて安心です。
しかし漁業の採算が取れる状況とは程遠いです。

>1、漁業の採算性が悪化している。
>ブッチャケ
沿岸漁業は厳しい。
燃料の高騰(軽油)
卸価格の下落。

ここが解消されない限り、
漁師の採算は何一つ改善されません。

この問題は全国的なネックでもあります。
********************************
■ただ、泥は上流から引き続き流れてきますし
除染に伴って『きれいな泥』も流れてくるようになりました。

いずれミルフィーユの様に、そこを覆い尽くして、
海を再生させるかと思います。

また、魚をとらない事で生態系が回復します。
それは太平洋沿岸全体にいい影響を及ぼすでしょう。
福島沖は元々遠浅で、魚の産卵にも影響を及ぼす土地です。

それゆえに津波の巨大化もあった訳なのですけどね…

***********************************
■いずれにしても、ようやく、数値も落ち着いて
風評被害も収まりつつある、
とは思います。
一方で、過去の数字はやはり高い物でしたし
それだけの汚染水の流出はやむを得ない処置であった
という事もまた裏返しです。

■しまいには地下水まで文句をつけてますが^^;
個人的には、
それはまったくもって意味のない事だと思います。



***********************************
■風評被害の怖いのは迷信化すると
人は安易に考えを変えないという事です。

後は底魚だって移動はします。
タラとかヒラメは回遊力が高いという事もあります


*******************************
■あと、時がたてばたつほど、汚染水の放流は難しくなります。
濃度が順調に下がってくる訳ですから当たり前
の事です。

個人的には漁区の調整の上、しっかり管理して
当然燃料補償などを見た上で
引き続き、あまり福島沖ではない
太平洋の魚をいわきなどに水揚げするスタイルが
安全で信頼を得やすい道だと思います。

長期的に見れば、むしろ海を休ませるという意味では
悪くないのかな、とすら思います。

**********************************
■ただ、全国的に魚は風評被害を受けた訳で
どこまでを補償するのかという事や援助するのかという事を
きちんとしないといけないですし、

いつまでも東電だけに保障させるのではなく
部分的で政府が主導となって
計画的な補助をするというのも大切だと思います。

■同時に港湾の維持管理にも目を向けなければ
そろそろ港湾の老朽化も進んできています。

******************************
■色々なわだかまりや感情というのは今後もあると思いますが
しかし、お隣の売春婦の様に
「「人のせい」ばかりにして努力をしない輩」が増えない様に

そろそろ自立への道を探って頂かないといけないですし、
その為にも、責任の追及は別問題として
今回の事故についても
敗北史観をクリアにしないといけないという問題
もあります。

*****************************
■為替を下げるというアベノミクスは
労働単価を国際的に下げるというちょっと裏の手でもあります。
実はそれ以上でもそれ以下でもなく

その辺りで勝手に幻滅したりされると
また売国奴さん達が元気づきます。
(もちろん自民にも色々いるんですが^^;)

そういう中で日本の産業構造をどの様に維持するのか
維持する金を貿易か金融から稼ぎだして
その一方で為替が過度に高くならないにはどうするか
という事は相反するジレンマと
して考えないといけない事
です。

結局は未来への希望であったり
高齢出産が危ない等の強調し過ぎによる少子化の促進を止めることだったり
親日国民を取込む意味での、「選ばれた移民」制度の構築であったり
(中韓系移民は不要)
そういう物を考えないといけない時期に来ています。

******************************
■何処かの国民みたいに
誰かのせいにしてばかりになってはいけません。

とはいっても汚染や事故の状況は
それなりに重大ではありましたが
「日本」であったからこそ沢山の問題から逃れる事が
たまたまできたという事を忘れてはいけない
とも思うのです。
(責任うんぬんは現実社会でするべき事で、
自分はやっぱり技術面やデータ面からのアプローチが
好きなんですよね…)

漁業についてもバランスをみながら、
徐々に戻していく細心の努力が必要です。

それをどうするのかは国民の選択と
政治の決める話なんですが

とりあえず復興ムードばかりが先行していますが
実情をまとめている所すら少ないので
気まぐれでまとめてみました


******************************

■さすがにもう「福島の海がー」とか言う人は
出ないと思うんですが

あと10年くらいかければ、資源量の回復した
豊かな海が戻ってくると
思いますので、
長い目で楽しみに待ちたいと思います。

こう言った事が書ける位まで
落ち着いてきたのはうれしい事だと思います。
Posted at 2013/06/06 21:12:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | 食物汚染 | 日記

プロフィール

「@黒猫ライダー AGITΩ さん、こんばんは。民進党らしさが出ていて、むしろ安心できます。本人はかつて、在日中国国籍と仰ってるので、台湾籍はそんなにこだわらなくていいと思うんですけど(笑)」
何シテル?   07/20 21:00
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

車がないから京散歩その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/02 16:16:15
アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28
日勝峠よ永遠に・・・・・(´;ω;`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 14:57:29

ファン

189 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.