• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2016年11月21日 イイね!

放射脳とトランプ脳(苦笑)

どこかで見た山本太郎的嘘つき。


別にトランプを応援はしないが(苦笑)
ヒラリーよりましだし、
何よりも放射脳ならぬ
トランプ脳を釣れる。

例えばこんなの。


朝貢ですか?


宗主国が丸わかり。


選挙結果を否定する
平和と民主な使徒達。


発狂コラムに自画自賛。


勿論、トランプはトランプで
取り巻きがイマイチ。




共和党の重鎮がちょっとヒラリーに
買収されぎみだったからね(苦笑)
倫理的には微妙なメンバーだ。


だからこそ安倍さんは早めに
まず会いに行った。


米軍も日本撤退の前に、
撤退する国が沢山あるし、そんなことしたら
服役軍人が大量に失職するから
出来っこない。

メキシコ国境にもフェンスは
既にあるしね(苦笑)

取り敢えずは
トランプ脳の炸裂を眺めておく。
たぶんもう少し先の欧州ではヤバイことが
続出するけど

ここらで
グローバリズムは一休憩しないと
大変なことが起きる、のは
実は歴史の繰り返し、なんだよね。
Posted at 2016/11/21 22:19:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 集団心理 | 日記
2016年10月18日 イイね!

【ポピュリズムの基本】反原発は、「お手軽」な戦略なんだよね。

農業県ではポピュリズムを作動させるのに
反原発は欠かせない。

「福島の作物が毒物だったらどうするニダ」という
人たちがなんと多かったことか、ね。

***********
勿論初期はわぁ(苦笑)と思うくらい
高かったのので、駄目だよーって言っていたけど
検査されるようになって、数値が下がりだしても
時間差で騒ぐ人は騒ぎまくった。

残念ながらインフラ関係は
人はすぐに慣れてしまう。

その仕組みの再現がどんなに難しくても


「あるんだから当たり前」ってほざくようになる。

*********
だから「インフラをばらして金を手にしよう」
と言うと一定数の人は必ず賛成する。
「コンクリートから人へ」
とはそう言う事だ。

「目の前のエサにつられるバカ募集中」
「それに反対するのか、馬鹿‼!」

さすがですねと言う人は現れる。

**********
つまり詐欺は低コストで効果的で
それを、例えばアップルのジョブスはNEXT 
の失敗から学んだといえる。



*********
そして彼はもともと冷酷なんだけど
更に変貌する。
派手なパフォーマンスとアイデアのパクリ。
そしてカリスマとして君臨したのは
記憶に新しい事だ。



でも、アップルのジョブスの発想であれば
誰しもが称賛を送り
そうでなければこんなものと言う。
アップルとジョブスが揃って
人は、はじめて斬新だと思うわけ。

**********
さて、新潟は農業県である。
福島県は「隣県」である。
尚新潟は一部ホットスポットがあるが
それによって福島県産の様に
価格が下落する事は無かった。

つまり風評の恐ろしさを
身をもって知ったことになる。



よって今回の争点が原発になったなら
エネルギー政策よりも自分の
おまんまになるのは当たり前。

新潟県民が全員鍋作ってるわけじゃないしね。

*********
電気のコストは今やロシアの数倍だが
(先日ロシアからの電力購入の話題がありましたね)

徐々に増した痛みは判らない。
まず痛みと我慢と思うと
患者は叫ぶ。

*********
ん、
「日本人としての心性があれば」なんとかなる??
それは…プロパガンダだよ(苦笑)


そんなものは…ない。
どこかの半島の様に
あからさまに「裏切って」逃げられると困るから
ちょっとの間、酔って騙されて頑張ってもらう
時間稼ぎで使う言葉なんだよね。

日本人には、そういう人も多いけど
大多数は「ちゃんと」裏切る。

******
民主主義はだから面白いし
だから使えなかったりする。

本当の恩義や、大切なものについて
多くの人は判りやしないし知ろうともしないし
知っても抹殺する。

「震災」があったからこそ
「普段ないものの大切さ」に
一時的に気付いた人が多かったけど
それが去れば「元の騙しやすい日本人」に
戻るのは仕方がない。

それらの騙しや妄想が
「ブランド」と言う思考の中心にあり
それを見抜けなくなった国は
ちゃんと没落して、最悪滅ぶ。

だからブランドには実績と伝統が本来必要だ。

人間の心は
人が思う以上に脆く、醜く、
そして利己的なものであることは
当たり前のことで

その事を忘れて新潟の選挙結果に
腹を立てる気にはなんかならないなあと思う。

だって、新潟で農家に親戚が一切いない人とか
少ないと思うよ?新潟コシヒカリが(風評基地外で)
原発コシヒカリになったら
大変なことになるしね。

つまり『脅迫』は功を奏したわけだ。

だって原発は作る時にこそ地元に金を落とすけど
メンテナンスで落とす費用は
人数も金額も知れているからね。

逆を言えば無駄が多い
「生活保護」みたいなものの方が
人は動きやすいといえるよね。
だって、その口利き業で恩義を売れるからね。
しかも従わなければ口利きしないなんて
割りのいい仕事だよね。

******

「建設からゴネ両班へ」
日本人はそれを受入れつつあるから
これからは明るくはないかもしれないね。

でも…それが民意なら
日本はそれまでの国って事でもあるんだしね。

人は努力よりも、
残念ながら周囲の風評でしか判断しない。
その当たり前の事が、
再認識されるのが、ある意味選挙だと思う。
Posted at 2016/10/18 19:56:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 集団心理 | 日記
2013年12月24日 イイね!

「悪」を規定してはいけない件【みんな「マスコミ」になっちゃ駄目だよ】

■最近、みんから運営が「悪」みたいな論調が目につきます。
割と最近は政治的な事も『個人的』に書いている『間借人』のちょこばとしては
ちょっと心配です。


■変な事言えば、「非国民」だって国民です(苦笑)
許容性、順応性、柔軟性を欠いてしまえば、
それは『サヨク化』と言う良くない現象なんです。

■こういうのは、困ったことに『本人』ではなく
『取り巻き』や『応援団』によく現れる症状です。
「反原発派」の「放射脳」みたいなものです。


■叩きやすいから「放射脳」をボッコボコに叩きますが
「放射脳」は「反原発派」の一部にしか過ぎません(苦笑)
とは言え、貴重な仲間だと思い込んだ
「反原発派」の多くは、「放射脳」を放置しました。


■あまつさえ
「放射脳にも言い分はある」
その結果、「「反原発派」って「放射脳」なんじゃん?」
と見事に多くの人に思われて、
「反原発派」=「放射脳を含む売国集団」な
イメージが定着して、

今の「結果的容認」

となっている訳です。

************************************
感情的には、「やや反原発より」
論理的には『容認』の要素を持つ

私にとってはブログを書くうえで、
非常にバランスしやすく、

幾つかのノウハウや実績に基づく『予言めいた』事を持って
『結果的』に『予想通りの結果』を演出して見せたのは
ブログを読んできた皆様には周知の通りかと
思います。

******************************
■つまり、冷静に分析しちゃいますと、意図している、していないにかかわらず
1.実は「分かりきった結果」を、
2.突込みどころを一部持って書き連ねて
3.預言者を装って、信用度を増し
4.意味の分からない反対派に恥をかかせてぶったたく

この一連の流れがある訳で、
専守防衛、紛争型(自衛権型)なブログの書き方をしている
(「修正」憲法9条的)とも『こじつけられ』ます(笑)

********************************
■放射能の場合は見えない、そして、集団心理が効きやすいので、
その効果を最大限に発揮した、と言う『心理学的アプローチ』が
ある事を私は、否定するつもりもありません。
変な言い方すれば、当時から『当たり前の事』を
当り前に書いただけ、と言うのがこのブログの本質です


*****************************
■残念ながら日本人には「喧嘩両成敗な傾向」があります。
喩え、相手が圧倒的に悪くとも
『いじめられている方にも非がある』と必ず言う奴
がいます。
敢えて言えば、『いじめられ方』を工夫しないと
やり込められる事になります。

■そこで危険なのが、『我に正義あり』『こいつらが悪だ』と
決めつける事です。

『勧善懲悪バイアス』と言われるもので
例外なく、『視野』が狭くなり、思考的柔軟性を失いやすくなります。

***************************
■困ったことにそうなった時、
最後に本当に味方してくれる人間、が最初に距離を置きます。
ちなみに自分は、その辺ドライなので
その中でも「ごく一部」にしか最後まで味方はしない…かな?
(実はその辺りには明確な自己基準があるけど内緒です)。

そして、「放射脳」的人間が、往々にして取入りにやってきます。
(そうじゃない人もこっそりやってきてくださいますけどね)

*****************************
■さて、「反原発派」の波が去って…
「放射脳」はどこに行っちゃったんでしょうね?
「放射脳」でした、なんておっしゃる方は、
皮肉にも「放射脳」ではないんです。

騒ぐにいいだけ騒いで
『将来の事まで証明できるのか、オラァ』と
『焚きつけまくって』

(困ったことに、質問をするのは焚きつけられた人^^;)
そして、いなくなるんです…。

******************************
■今回は、あえてそういった「ゴネ屋的」「放射脳的」な話を
延々と連ねました。


放置して後からさもさもらしい顔で『ドヤ顔』をする方が
安上がりで、経済的ではあります。
単に、『負けないだけ』なら、自分は確実にそうします。


******************
■さて、そのように考えると、今は物凄く『サヨク系』が静かですよね。
簡単なことで、自分がしばしば使う『手』は
彼らや、マスコミが使う『追込み漁』的な手法だからです。

『勝てる』と思った瞬間、『嵩にかかる』と
『放射脳的野次馬』が湧いて、『放射脳的野次馬』は
追込漁をする格好の標的である

純粋な人間ほど、『放射脳』的洗脳に引っ掛かりやすく
その人数が全体の3割を超えるかどうかで、集団心理的
洗脳合戦における勝者が決定する。


この辺りは悲しい事ですが社会心理学上における
鉄則と言われるもので、この辺りを知った瞬間、
心理学を目指す多くの人は心理学に嫌悪感を覚え、
否定論者に変わります(笑)

****************************
■私が思うに、「結局は使い方と方向次第」なのですが、
『感情』より『論理』が上位にある『ブログ』では、
今回のテキサス親父の『署名促進運動』に『反対』の意を書かせて頂きました。

極論を言うと、署名その物は成立する確率の方が高いと思いますが
長い目で見て「分が悪い」んです。

日本人のある一定の数は良くも悪くも
『団塊の世代』が多く占めています。『団塊の世代』には
色んな人がいますが、『団塊の世代』としての意志を、曖昧に作って
『世代意志』を執行する傾向が集団的には伺えます。

つまりは『団塊の世代』の多様性に関らず、
『団塊の世代の良識派』を動かすのが一番の近道だと言う事を
少なくとも『マスコミ』は、知っている訳です。

*****************************
インターネットとマスコミのどちらを信用するか、
ボクシングの亀田戦
みたいなものです(笑)

第一ラウンドは売国民主を要するマスコミの圧勝でしたね。
第二ラウンドは、それをかさにきた民主とその支持層が、売国に暴走して
マスコミに赤っ恥をかかせました。
第三ラウンドは、原発事故で、扇動しまくった挙句、放射脳が大量に湧いて返り討ちでした。
第四ラウンドは、秘密保護法で今のところ五分五分かややマスコミ優勢
で、今は第5ラウンド(テキサスラウンド?)です。

************************
■もちろん、これは『余計な心配』です。
自分が大の苦手で、『余計な心配』が『決別』を招く事は多数。
『放置』して、信用を分捕る方が楽
なんですよ。

でもね、それがねえ…出来ないんです(笑)
不器用だし、地雷踏みだし、一見器用そうで
損得に敏いと言われる面がありつつ、
絶対的に自分に欠けている部分です。

■この辺は多分相性で、本能的にその部分が合う合わないを
試しているのかもしれませんが、
非合理的なので、普段は放置しています。

しかし今日はクリスマスイブ、
たまにはヤソめいた事を書いてもいいでしょう(汗)
自分にアーメンな予感がするけど書いちゃうぞ。

****************************
■もちろんこのエントリーこそが、
『放射脳的な』杞憂である可能性もあるし
それはそれで、ごめんなさいすればいいだけの話なんだけど
(そういう意味では、論理的には書くに値しないエントリーなんだ)

うーん何だろう、
この『時機は今じゃない』感が気になる。

もちろんこれは、『ちょこば』の個人的戯言。
意見を聴けとか強制的な要素は一切ありません。


書かなきゃいいのにと言って書くと、
ろくな事が起きない事が多いから書きたくないんだけどなあ…
じゃあ書かなきゃいいのにと言いつつ、
書くのもいつもお間抜けだと個人的には思う。

******************
■そういう意味じゃ(他人がどうのこうのじゃ無くて)
落ち着けって意見を下さる方がしばしばいる自分は
意外と幸せ者なの…かな?

Posted at 2013/12/24 10:24:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 集団心理 | 日記
2013年12月15日 イイね!

(人は自分と同じと考えがち)鸚鵡返しで釣れる怖さと悲しさ

一時期、原発推進派の工作員はお金をもらって、と言う反原発派の妄想に随分笑わせてもらった(笑)

それこそ、熊本の院長センセが何故かその洗脳に引っ掛かって、放射脳になって自滅した(苦笑)、

人間て相手も同じだと思いがちなんだけど、実際には違って、朝鮮の人は朝鮮的だし、日本人もDQNはDQNなのは言うまでもない。
ネットの人格は別に作れるから、例えばネットのチョコバと現実のチョコバは、ちょっと違う。もちろんネット上では恥ずかしい姿を晒しているのは言うまでもない。(汗)

でね。工作員て騒いでいるから、何でそんな暇人な発送ができるのか考えてみたんだけど、どうも左翼な組織は結構律儀に金を払うみたい(笑)


で、迂闊に喋って怒られたりするみたい(笑)
実際には、どうなんだか知らないんだけど(メーデーとかはただだしね)、とりあえずこいつ何者だと思った時は、相手の人格を想定して鸚鵡返しするのは、心理学的に有りな手法だ。そうすると鏡を見たゴリラみたいに勝手に怒り出す。ちゃんと本性を表してくれる。

後は、しっかり記録をとる。これを繰り返す事によっていわばある程度
行動や思考形式を読むことができる。
そして面白いことに、人はあくまで自分を基準に判断するんだ。
だから、訳のわからない国や組織を相手にする時は、ゲーム理論が最適と言われている。

だから日本は右傾化ではなく、ワケわからんと言うことでゲーム理論を展開したに過ぎないんだけど、見事に隣国とその応援団は火病しちゃった(苦笑)。

テキサス親父さんにも、もう彼らは火病を隠せない。

心配は大事なんだけど、心配だからと言って人を支配しようとしてはいけないんだ。逆に言えば、支配しようと思ったら心配しているふりをすればいい。だから、放射脳な人達は、左翼の大きなターゲットになるのは、心理学的にも裏付けがあることだ。

自分は性格がよくないからつい取り上げてしまうけど、100%の化学的裏付けがあるなら、のんびり構えていればいいし、何にもあせる必要はない。間違える対抗者がいるから信望が集まるんだから、自分ならそうする(笑)

だから自分のブログじゃ、大体の結論は事故以前から出ているからあせる必要はない。になる。

でもね、皆がそうじゃない。むしろ大多数は集団心理や集団不安に非常に弱い。自分も呑まれる時がないとは自信がない(苦笑)
集団パニック時はそう言う頭目を皆が求めるし、支配欲に勝てなかった人達は、祭り上げられて自滅した人が多い。

0ベクレルなの、安心の食べ物なの、みんな自信満々なのに結局商売のでき損ないで終わったし、未だに全品放射能検査済なんてタグがついてるけど、みんな見ているのは、福島県産かどうか、なんてふざけた話だよね?

自分の場合もまだまだ、ビビりだなと正直に思う。どんなに危なくなっても統計的にほぼ安全だって頭では強がってブログでは断言していてもいても、気持ちではやっぱり怖がっていたしその本質は変わらない。

心配する事慎重になること、それは決して悪い事じゃない。でもね、心配を押し付けて人を支配しようとしてはいけないし、支配しようとしている人には、心配は支配の楔にしかすぎない。

勿論本気で心配してくれる人もいるし、本気で心配しても、支配しようとしている人だと思われることもある。ただ、この辺りは簡単なことで、信頼には信義をもって応えていればそれが実績になって、自分を守ってくれるようになる。

ネットはそう言う意味じゃ積み重ねやすい。幸い自分のブログは今のところあんまり消されたりはしていないみたい。消してないしね。
この辺りは本当に縛りで、ひょっとしたら、大間違いを書いて恥ずかしい思いをする確率も結構あるし、そう言うリスキーなエントリーも転がってる。

自分はそれでいいかなと思っているし、そう思うようにもなっている。
結果的に、今の日本は幸いブログで予想したことと、大差なく推移していてくれているけど、やっぱり人を支配しようとする事に自分はあんまり魅力を感じない。

ともかくも、文章を紡ぐなかで考えをまとめて、実際の現実でどのように支配するか(仕事などでは必要だからね)自分の好き嫌いはさておいて、実績や積み重ねの中で、段取りや根回しをするのがどうも一番有効だし、近道だと思う。

日本人はそう言う意味ではよくも悪くも保守的で、集団心理的な部分は否めないから、支配力を過信せず、急がば廻れで実績を積んで、信用をもって根回しをして、但し嘘をついたり無茶をしない事が大事なんだと思う。

そう言う意味では、反原発派とか、放射脳、民主党なんかは最高の反面教師だよね。有り難く学習させて頂いております(苦笑)

信頼には信義をもって応える。損もするけど、抜けるところはいい意味で手を抜きつつ、特に現実では愚直にしたいなと思います。たまにいい人ぶりすぎて、黒い怨念みたいなのに飲まれそうになりますが(苦笑)呑まれて火病る隣国一派を数多く見ると、一緒にはなりたかないと心底思います(笑)

但しDQN返しもたまには必要になるのがこの世の悲しいところ、これも信頼を積んで、絡むのはDQNに違いないと、もっと思って貰えるよう、現実では頑張りたいですね。ネットでは相変わらず大人げないと思いますけどね(おい、(汗))
Posted at 2013/12/15 23:57:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 集団心理 | 日記
2011年10月03日 イイね!

異常時には個人でない時が危ないということ

■原発パニック・・・
その折には随分と「集団ベッタリ派」と「一匹狼派」、「家長派」「愛他行動派」
と色々に分かれました。

■昨日のNHKでも、仙台名取のユリアゲ地区の(変換でないので手抜き)
避難の緩慢さや、人間の心理について書いていましたが
どうも人間は集団になると判断を放棄しがちです。

■実は昨日、嵐の前に(気象的には午前しかもたないのはわかってた)
山に久々に入ってきました。
山の中は秋と冬が同時にありました。

■雨が降り出せば、へたすりゃ雪
しかも、山的に2から3日荒れてもおかしくありません。
なので、雨が降り出す前に、おお急ぎで下ったのですが
(実際みぞれで縦走者はヘロヘロになってました)

登ってくる集団の多いこと。


■予定を立てた以上、変更は効かない。
装備ぴかぴかの、ご年配の集団が登ってきます。
すれ違うのも大変(笑)
と、言うか・・・これから登るの???



■私はその後、どうにか難を逃れ
ふもとの温泉でのんびりしていたのですが
くちびる紫な縦走組が、みぞれが…とつぶやきながら、
その後何組も下りてきていました。

■ツアーかもしれませんが、
山登るなら天気図は見ておいて下さい・・・
自己責任かつ必要時には撤退することもとても大事なのです。

■何より人は集団になると意思決定について、
盲従的になるようです。
でも責任ある人は、物凄く大変だと思います。
私と同じ判断で山を下りた4人パーティーのリーダーは
「一晩中眠れなかった」そうです。


折角ですので余計な事を言いますと、
盲従するならトコトン盲従で・・・

後からあーだ、こーだがあると思うと、
正直山では私はパーティーを組むことの
意義をあまり感じないことが多いです。

(組まないと危険な山も沢山ありますので誤解なきよう)
Posted at 2011/10/03 12:23:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 集団心理 | 日記

プロフィール

「こんばんは、そんな無能なら文科省なくしても大丈夫そう。
貧困解消省として再出発すりゃいいのに。」
何シテル?   06/23 21:41
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28
日勝峠よ永遠に・・・・・(´;ω;`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 14:57:29
名曲の風景25 Chasing Cars / Snow Patrol 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/25 08:00:47

ファン

189 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.