• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2011年11月10日 イイね!

先述仮説の注意書き

■若干無理やりまとめました(苦笑)
先のエントリー。

■自分は比較的楽観派なので、そんなに見てあせる人はいないと思いますが、
趣旨を簡単に・・・

■実際は放射線の特性まで踏み込まないといけないのですが
とりあえず、崩壊のエネルギーと言う観点で
ラジウムホットスポットができる条件下で
セシウムホットスポットが成立しうるか
と言う仮定の成立を目指したものです。

■仮定は容易に成り立ちそうですが
その事がセシウムの体内ホットスポット
即成立をさすものではありません。
しかし、金属蛋白の特異性を持ってすれば、
カリウムは防御できるのに、
セシウムは防御できない訳が掴めるかもしれません。

■カリウムについて十分な資料が集まり
バックグラウンドが分かりやすくなっていますので
セシウム族の原子量での比較もできるようになりました。

■チェルノブイリを見れば分かるように、鉛毒の影響はあるにしろ
健康被害は大いに出ているように見受けられるところであり
それはバックグラウンドの内部被曝量を考えていくと
何らかの凝集が起きて体内ホットスポットが成立する、と言うのが
もっとも現実的なところである。

■体内ホットスポットはきわめてバイアスですが
それゆえにこの機序の成立が、放射性物質に対する障害の鍵になりますし
その部分には個人の資質、年齢の資質が大きく関わるはずです。

■逆にそんなバイアスがないとしたら、
今回の福一の事故程度で
あるいは発表どおりのチェルノブイリで
放射性物質で健康を崩す人間などほぼ皆無のはずです。
確かにバックグラウンドは大きな影響を及ぼすかもしれませんが
ちょっとやそこらで人間の放射能のお守りは乱れないはずです。
1秒に8000個の放射線を内部被曝して無傷なんですから

■そういった機序的な部分を無視して
人工放射性物質だから、人は処理できないとか
原爆と同じだから、私たちは敵し得ないとか
そんな「イデオロギーな話」ではないはずです。

■イデオロギーで物事解決するなら苦労はいりません。
はっきり言ってどんなに、賢く知恵のある方でも
イデオロギーに走るのは、思考の退化であり、
人でなくサルに近づこうとする行為です。
例えば、福島党首の頑迷さ等を見ると、
イデオロギーに固まった人間は、やがて自らの叡智を減らし出すのだろうなと
つくづく思うのでした。

TPPまでは呉越同舟か知りませんが(苦笑)
Posted at 2011/11/10 00:57:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 複合被爆メカニズム仮説 | 日記
2011年11月09日 イイね!

【仮説】ラジウムホットスポットがセシウムで容易に代替される訳【本命はセシウム134】

今日(11/9)の午前中
体内には8000ベクレルもの放射性物質があるということを強調しました。
そしてそんな程度は体は対応している、とも。

盾の話です

今日(11/9)の夜
今度はフェリチンホットスポットを強調しました。

癌を殺す代わりに、晩発的影響は免れまい、と

矛の話です

■そう一見矛盾です。
いいえ、「ほこたてです(笑)
最強の金属(放射能防御機構)を最強のドリル(体内ホットスポット)が割りに行く。
これが放射線障害における、複合被爆の本当の肝です。

■実は2011年11月09日
【敵は複合】ラジウム+セシウム+アスベスト?【11月9日のまとめ】

にはきちんと仕掛けがあります。

カリウム-セシウムの関係を、ラジウムを通じて結びつけるという事です。

■ポイントはこれ。
たった一つのラジウムで(多分ベータ抜きですね)
ラジウム226:4.871MEV
ラドン222:5.940
ポロニウム218:6.003
ポロニウム214:7.687
水銀210:半減期20年
単純計算では24.05MEVものエネルギーを発する事になります。

■多分ベータ崩壊を入れて26程度でしょう(すみません適当で)。
これでちょっと補正を入れていきます。

セシウム137、1つの崩壊で22倍
カリウム40、1つの崩壊で20倍


そして体内4000ベクレルとして(別に3000でもいいんですけど)
1グラムのフェリチンたんぱく質は、カリウム40全身分を凝縮しうる(しかもベクレルで)
仮に低めで4000ベクレルの凝集能力があります

計算上カリウム40の(結合)エネルギー換算で
1/20(補正)=0.05
(要はラジウム1つの破壊力はカリウム20個分)

約0.05グラムのラジウムホットスポットの場合、
全身のカリウム40を
凝縮しうる「性能」を持つのがフェリチンと、いえるわけです。

*******************************
■あ、揃いましたねと思うのは半分正解・・・
厳密には放射線による違いは重要なのですが
今回ははっきり分かっている結合エネルギーで考えます。
(こじ付けといえばこじつけです)

とにもかくにも、
崩壊エネルギーだけ考えると、
セシウム137=カリウム40
なーんだ心配ないじゃん!!!
セシウムのほうが弱いぜべいベー
と、安心派は言い出します。


半分しか正解でないのは
半減期がないからです・・・



***************
■勘のいい方は分かったはずです。
ベクレルマジック!!

■簡単に言うとこれ
2011年10月27日
はじけるBB弾(崩壊の正体)と内部被曝の危険性

■分かりにくくいうとこれ
2011年10月19日
【×60モデル】ベクレルを考えよう【改訂版】


そう、半減期の長さによって、
1ベクレル辺りの原子数の必要量が
全く変わってくる


***************
■半減期
カリウム40:12億3000年
ラジウム:半減期1600年
セシウム137:半減期30年

カリウム40VSセシウム137=4100万倍
(セシウム137は4100万分の1の原子量で、同じベクレル)
ラジウム226VSセシウム137=50倍
(セシウムは137は1/50の原子量で同じベクレル)


*****************
■カリウム40は0.012グラムが体内に存在します。
つまりほんの一つまみの、さらに一つまみのセシウム137を取り込むと・・・
体内バックグラウンドとして上昇が見られるようになります。

カリウム全体の0.012%(カリウム40)のさらに4100万で割りますと
カリウム全体の0.00000029%
(小数点の後、0が7個)が
セシウム137に置き換わると、
カリウム40分のバックグラウンドが倍になる。
体全体でも約50%バックグラウンドが上がる・・・


■同じ事をラジウム226に関して考えましょう。
ラジウム226の、
たった50分の1の原子量を、
フェリチンで取り込むと
計算上は、
ラジウム226の発する
アルファ線中心の崩壊エネルギーに
充当するエネルギー(ベータ、ガンマ)が
集中的に発せられる事になる。・・・

************************************


実際にはフェリチン小体の凝集度合いは、
セシウムは10の3乗程度
ラジウムは10の5乗程度
で100倍くらい違うという結果ですので

そこを補正すると、
ラジウム(1個)とセシウム(2個)が
転がっている時に
計算上セシウム137、とラジウム226
のフェリチンホットスポットにおける、
崩壊エネルギーの期待値はほぼ同じである、
と言えるでしょう。

とすると、フェリチンの状態にもよるので一概には言えませんが・・・
ラジウムの倍程度の原子数は
セシウム137は取り込まれると想像されますので

体内のフェリチンにおけるセシウムホットスポットは十分成立しうる
(もちろん計算上)と言う事です。

ですが最強の敵は実はセシウム134です。

******************
裏返せばセシウム134は
半減期2.06年
崩壊エネルギーは・・・2058.984 ± 0.327 MeV

(WIKI)

えっ!!!
セシウム137は・・・1.176MeV
1750倍!!!!!!!

ま、間違いです。(苦笑)
多分キロ表示で1.75倍でしょう。

陰電子崩壊時に、0.089~0.658MeV のβ線と、0.563~1.365MeV の複数のγ線を放射する


半減期だけで危険度はセシウム137の15倍に及びます。
さらにこいつはガンマ線を二本以上出すのです。
非常に不安定なエネルギーではありますが、
そのエネルギーは、このサイトで横着すると・・・

セシウム137の2.7倍です。
ですがウィキのキロバージョンをせいとすれば、約1.7倍


つまりウィキを正とすると
体内では約25倍!!!!!危険です。

(この辺りは後で確認します)
セシウム134
放射線エネルギー(100万電子ボルト) ベータ線, 0.0886(27.3%), 0.415(2.51%),0.658(70.2%);ガンマ線, 0.563(8.4%),0.569(15%),0.605(97.6%), 0.796(85.5%), 0.802(8.69%), 1.365(3.0%)他
セシウム134の崩壊エネルギーは大変に難しいのだ(それゆえに半分無視していた)


(間違いがあればそのうち直すが)
つまりラジウム原子量の12分の1で、
ラジウムホットスポットと同等の期待値で
崩壊エネルギーを放つ事ができるとなると。

(要するに半減期が長いほど、量が必要で見つかりにくい、
でも半減期が短いと破壊力がものすごく強力!!!!)

*****************
■やっと言いたい事が言えそうです。
実はセシウムに関しては
134の害が多大と想像しています。
セシウム134は5年程度でずいぶんと減るはずです(1/5)
10年で32分の1です。



別にそんなに危険かと言われれば、危険ではありませんが、
ほんのちょっとで大やけどする危険性がかなり否めません。
子供達にとっては大きなダメージになるでしょう。
(大人は大概、死なないと思う)
同時に5年くらいで、たくさん倒れる人が出てくるのは
セシウム134のホットスポットのせいと捉えると、
分かりやすいのかもしれません。

でもその頃には・・・見た目のセシウム134は減っているわけです
(一見低い量のセシウム137の害に見えると想像されます)。

■今回の計算は無理やりのこじつけも多いので
計算道理に事が運ぶと言うものではありません。
しかし、ラジウム温泉療法が可能であると言う事は
セシウム134集中放射線ホットスポットはより容易な条件です。
そして場所によっては10万ベクレルとか
平気で1平米に転がってます。

■難しい話ですが、ここ1,2年の食生活は確かに
将来に響く可能性が非常に強いものです。
ともすれば半減期が短いだけで陰に隠れがちなセシウム134、
しかしセシウム族で、凶暴なガンマ線という特徴は
決して無視できず、体内ホットスポットの可能性も非常に高く持っています。

■子供たちが持っている放射性物質防護の盾次第では
おそらく容易に突破してしまうでしょう。
こじ付けではあるのですが、
健康に害のないはずのセシウム(政府はそういっている)
には物凄い恐ろしい可能性がある事を分かって頂ければと思います。
そしてチェルノブイリの惨状の説明がついていきます。
(鉛毒の害は除去しないといけないですが)

それが統計データに反映されるかどうかは全く別の話し、としてね・・・
そういえばセシウム134はあまり話題に上りません。
話題に上るときには大変な事になっている可能性もまたあるわけです。
Posted at 2011/11/09 23:54:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 複合被爆メカニズム仮説 | 日記
2011年11月09日 イイね!

【敵は複合】ラジウム+セシウム+アスベスト?【11月9日のまとめ】

■世田谷ラジウム。
あのものすごい放射性物質はなぜ発せられたのか?
その答えの一つは放射平衡にあります。
簡単に言えば「崩壊祭り」です。
2011年10月14日
【ポロニウムを学ぼう!!】密閉ラジウムは超危険?【半減期とベクレル



■閉じ込められたラジウムは、1つ崩壊すると放射平衡の関係で
8つ、合計9つが連続崩壊していきます。(いわゆる崩壊祭)
もっともPB210は半減期が20年ですから、その分を差し引いて+5倍です
古い世田谷のビンは、MAXの9倍状態だったといえます。

■なぜラジウムが怖いのか、
その答えは放射平衡と、
そして岡山大学の中皮腫&フェリチン小体の研究に隠されていました。

要はフェリチン内部でラドンが逃げられず、
「崩壊祭り」が起きてしまうのです。

***********************************
■いずれ検算が必要ですが、岡山大学の解説を鵜呑みにしましょう。
(実はアルファ核種といえど崩壊には確率がある、というのは
弘(2型)さんが解説されていました。)

たった一つのラジウムで(多分ベータ抜きですね)
ラジウム226:4.871MEV
ラドン222:5.940
ポロニウム218:6.003
ポロニウム214:7.687
水銀210:半減期20年
単純計算では24.05MEVものエネルギーを発する事になります。


■セシウム137の崩壊エネルギーは

ご覧の通り最大1.17MEVとなりますので、こちらは数で勝負となるでしょう。
単純には言い難いのですが、約20倍で同じエネルギーをフェリチン内で発します。
(意外にガンマ線の割合が多いというのも、弘(2型)さんからですね)

***************************************
■たった、20倍のセシウムで、計算上はラジウムホットスポット
と同じパワーを持つわけですから
訳の分からないところにラジウムホットスポットを出現させない、
という鉄則を明らかにしてくれています。
もっとも、アスベスト(青石綿)+喫煙がほぼ必須条件ですから、
とりあえずラジウム+については、言うほど条件を満たす人はいないでしょう。
あった場合、肺がんとか中皮腫で人知れず勝手に死ぬと思います。

■なお海水中にはどれくらいあるのか・・・
CNICによれば、
外洋海水中には、1リットルあたり0.0033ベクレルが含まれる。
これを岡山大学の100万倍~1000万倍とすると、約3300~33000ベクレル/キロ
の割合でフェリチンには凝集される、という事です。


■もちろんフェリチンがそんな大量にあるわけはなく、
これはあくまで特殊例のたとえですが、
集中照射される細胞にとってはたまったものではありません。
1グラムのフェリチンたんぱく質は、カリウム40全身分を凝縮しうる(しかもベクレルで)
仮に低めで4000ベクレルの凝集能力があります

一方のカリウム40は1.3程度のエネルギーですから
18.5倍
計算上カリウム40のエネルギー換算で
1/18.5=0.054
約0.05グラムでラジウムホットスポットの場合、
全身のカリウム40を
凝縮しうる「性能」を持つのがフェリチンと、いえるわけです。


【追記】ここにはベクレル辺りの量が考慮されていません。
半減期によって量が異なるからです。
たとえばカリウム40は12億3000万年
ですがセシウム137は半減期30年
ラジウム226は1600年
カリウム40ならラジウムの原子量の77万倍
単純にいうと、セシウム137は
必要原子量は逆に・・・ラジウムの50分の1です。
ちなみにセシウム137はカリウム40のわずか4100万分の1で同じベクレルを生みます。【追記終】
*************************************
■別にこじ付けでも何でもいいんですが、
(あくまで性能を示したいだけです、そんな不気味な塊はできません)
凝集能力についてはそんな感じで、
アスベスト(青石綿)+喫煙は、フェリチン小体という塊を作りますので
飛び切り悪質になるわけです。

■だから、アスベスト飛散の恐れがある、
(要は宮古で除去されていなかった場合破砕で飛散)
ゴミの受け入れには大きなリスクがある
という思いに変わりはありません。

そして、日本ではこれから建築物の解体で。2020年ごろ
アスベストの飛散量が最大になるといわれています。
もちろん合法的に処分されれば安全ですが、
安全に処分されなかった解体現場近くは
アスベストの飛散に事欠かないわけです。

***********************************
■一方環境中のセシウム137は、今そこいらじゅうに転がっています。
落ち葉が粉々になって飛散して肺に入った・・・

何も苦労してラジウムを集めなくても、
アスベスト小体があれば、
あるいは既に形成されてしまった人は、
すぐホットスポットの材料がある
という現状を考えると関東の人口があれだけいれば
犠牲者が出ないわけはないのです。

■もう一つ述べたいのが、重金属の保持性能

フェリチンを解す事によって、カリウム的な動きではなく、
鉄、ラジウム的な動きへと変化します。
つまり生物的半減期が役に立たなくなる。

セシウム137などの害はこの辺りを如何に解析するかにかかるでしょう。

■おそらくアスベストによる、中皮腫の死者が
それを証明してくれると私は考えています。

その時に、
きっと社会が過剰反応すると私は踏んでいるのですが^^;

**********************************
ホットスポットは悪い事ばかりじゃありません。
■ラジウム温泉療法が、存在するとおり、これはがん細胞にも有効です。
実は、がん細胞にも有効=ホットスポット
は強調したい事で、その代表が甲状腺治療におけるヨウ素131
や骨転移に対するストロンチウム89であるわけで、
ホットスポットこそが、がんには有効であり、
晩発的影響」(要は今死ぬか30年後死ぬかという事)
については、
ラジウム温泉療法ですら広く認めている
リスクであるという事
をご理解いただければと存じます


ホルミシスとラジウム
NPO法人日本代替療法学協会 理事長 根本 正男

放射線の影響
 このように放射線による身体への影響とはどのようなことがあるのでしょうか。
 放射線の障害については、急性効果と晩発効果とがあります。
 急性効果は、一度に大量の放射線を浴びたとき、数週間以内に現れてきます。
 身体には通常、放射線に対する防護機構がそなわっており、少量の放射線では細胞レベルの破壊は修復されたり健康な細胞に置き換わられたりと保護されています。
 しかし、一度に大量の放射線を浴びると修復や防護機構が細胞の破壊に追いつかず、細胞組織や臓器等に障害が現れてきます。
 臨床記録では放射線量の障害は50ミリシーベルトに達しない場合には障害はみられず、200~250ミリシーベルトの照射でも、急性効果があるという臨床知見はありませんでした。
 しかし、この4~5倍の値である1シーベルトでは、放射線障害の自覚症状が現れ、吐き気や倦怠感があり、死亡至るまでの症例は多くありませんでした。
 2~3シーベルトでは生殖器官が侵せれ、4シーベルト浴びると半数の人が死亡し、5シーベルト浴びると白内障にかかり、10シーベルト以上ではほとんどが死亡したとのことです。
 しかしその反面、現代医療では癌等の治療には放射線を局所に60シーベルトも照射し利用されているのです。 放射線を浴びてもしばらく症状が現れない、すなわち潜伏期間がある場合を晩発効果と呼んでいます。 主な障害としては、不妊、癌、白内障、寿命短縮などがあります。
 発癌の潜伏期間は被曝にもよりますが、およそ10~30年といわれております。


■つまり晩発的影響が今回の震災で見られる事は、ごくごく当たり前の事であり
いまさら論ずるまでもありません

「直ちに影響がない」はまさに金言。
なので、これが「放射能てんでんこ」だという人は、まあ逃げてください
でも「あと30年でがんで死ぬ」、うんそんなに悪くない(笑)

********************************
■さて、話を戻しましょう。
要は肺のフェリチン小体でなくて、フェリチンが集まる事はあるのですか?
という事がフェリチンを用いた体内のホットスポットでは必要な事です。


■そのケースが癌です。
フェリチンは癌の一つの腫瘍マーカーの走りです。
2011年06月23日
ラジウムホットスポットは生態防御反応の可能性(癌防衛機構)

代表格が、CEAですが、AFP(アルファ・フェト・プロテイン)も、フェリチンも
名前にフェトとか、フェリとかあるように、フェラス、つまり鉄に関係する蛋白
です。急成長する組織は大量の鉄分を必要とするので、鉄を蓄える蛋白質を
沢山用意するのです。 

すべての癌ではありませんが、
がん細胞は急成長するために大量の鉄分を必要とするので、
(酸性)フェリチンを溜め込むのです。

■同様にフェリチンを必要とするのが胎児や子供の細胞です。
その為、生まれながらにして、やはり福島では、また関東でも
やや、リスクを負うことは避けられないでしょう。

癌に効く、
癌が治る、
癌が治療できる

放射線は
晩発的影響から逃れ得ない事は
治験的にも明らかです。

CTスキャンだって、晩発的影響は当たり前ですがあります。

いわば、薬としての放射線は、
晩発的な副作用=害を生みます。
当たり前の事です。

■そしてがん細胞とは、
不老不死で、未分化(若返った)細胞であり
その危険性は「IPS細胞」からも明らかです。

■医療とのかかわりから見れば、
放射線の晩発的影響は明らかであり
その害は子供たちに集中します。

■そして晩発的影響のある、
体内ホットスポット形成を受けた
集団がいたとしたら、その害の一方で、
年寄りは下手すると生き延びてしまいます。

■これは癌に限った影響ですが
当たり前の論理です。
そしてその風景はチェルノブイリでも
見られたものでしょう。
(避難地域に住む年寄りが元気で、子供たちが死んでいく)

■つまりもう一つの謎は、チェルノブイリと比べて
症状がきつい範囲はどこかという問題点です。
今の日本は度合いの問題です。
私はチェルノブイリよりははるかに「まし」だと捉えています。

どこまでがましなのか、
どこからが晩発的影響から逃れ得ないのか
その線引きはまだ引かれておらず、
そこに議論の余地があるだけなのです。

****************************************
Posted at 2011/11/09 20:38:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 複合被爆メカニズム仮説 | 日記

プロフィール

「@Nicolas Kenji さん、こんばんは。「民主主義とはなにか」じゃなくて「反日パヨクの発狂は誰か」に置き換えるとすごくぴったり来ますね。」
何シテル?   11/19 00:32
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

【衆議院選挙2017】候補者を選ぼう (一部追加) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/06 21:56:10
車がないから京散歩その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/02 16:16:15
アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28

ファン

188 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.