• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2012年02月05日 イイね!

南相馬のセシウムの内部被曝はいいのか悪いのか評価する。

内部被ばく量検査 受診の40%にセシウム 南相馬市「極めて少量」
福島県南相馬市は4日までに、ホールボディーカウンターによる市民の内部被ばく量検査結果を公表した。受診者5324人の約40%に当たる2161人から放射性セシウム137を検出。最高値は体重1キロ当たり110.7ベクレルで、市は「チェルノブイリ事故後のロシアなどの検査結果と比べても、内部被ばく量は極めて少ない」としている。

 小中学生は579人が受診。0ベクレル以上5ベクレル未満(0~5ベクレル)が22人、5~10ベクレルが127人、10~15ベクレルが54人、15~20ベクレルが11人、20~25ベクレルが3人、30~35ベクレルが1人。40ベクレル以上はいなかった。検出限界以下は361人。 

高校生以上は0~5ベクレルが305人、5~10ベクレルが最も多く973人など。50ベクレル以上は16人。2802人が検出限界以下となり、預託線量(摂取後50年で受けると推定される放射線量)が1ミリシーベルトを超えたのは1人だった。

 昨年8~12月に受診した小児8人の再検査結果も公表された。いずれも最初の検査より数値が減少するか検出限界以下となり、内部被ばくの恐れはほぼないという。
 検査は昨年9月26日~12月27日、同市原町区の市立総合病院で実施された。結果公表は2回目。検査を受けた住民は1月27日で1万人を超えた。

2012年02月05日日曜日

****************
東日本大震災:福島第1原発事故 1ミリシーベルト以上、4745人中1人 福島・南相馬市立病院で市民調査
◇内部被ばく「検出できず」6割
 福島県南相馬市立総合病院の坪倉正治医師らが行った高校生以上の市民の内部被ばく線量調査の結果、検出限界以下となった人が昨年9~12月の3カ月間で約1・6倍に増えていたことが分かった。また、大半が国の規制値の年間1ミリシーベルトを下回っていた。被ばく線量は時間の経過と共に低下する傾向がみられ、原発事故後の食事や空気、水などによる慢性的な内部被ばくがそれほど大きくない実態が浮かび上がった。

 調査は昨年7月11日から、南相馬市民や、一部伊達市民など計約1万人を対象に、内部被ばくを測定する「ホールボディーカウンター」を使って原発事故で放出された放射性物質セシウム137の被ばく線量を測定。このうち、昨年9月26日~12月27日までに測定した高校生以上の南相馬市民4745人分の詳細な解析をまとめた。

 その結果、内部被ばく線量が測定器の検出限界(1人あたり約250ベクレル=ベクレルは放射線を出す能力の強さ)を下回ったのは2802人(59・1%)。体重1キロあたり20ベクレル以上は169人(3・6%)、同50ベクレル以上は16人(0・34%)いた。

 体内に取り込まれた放射性物質は徐々に排出され、大人では3~4カ月で半減する。事故時に一度に被ばくしたと仮定して試算すると、年間1ミリシーベルト以上になるのは1人だった。

 残りの約5000人も、突出した数値を示す例はなく、ほぼ同じ傾向がみられるという。南相馬市の2日時点での空間線量は毎時0・1~2マイクロシーベルト。【河内敏康】

毎日新聞 2012年2月5日 東京朝刊

**************
・・・・ふーん・・・良かったねと言えばいいのかな。
当たり前のデータが出ただけじゃん・・・


チェルノブイリと比較にならないって言う話は当たり前であって
そんな事は前々から言ってきました。
2011年12月24日
「チェルノブイリを越えた、東日本はもう終わりが嘘」だと思う理由


対する日本の汚染地図は、1年物のセシウム134,137の合算です。
ちなみにチェルノブイリの色つきは、日本の場合薄い青の範囲の汚染となります
37k以上


とは言え、政府の信用度を考えると合算値でセシウム137は十分だと思います。
3年でどちらにしろ、約半分に減りますので(セシウム134は半減期2年+雨)
要するに、どんなに疑いの目で見ても
今の汚染の半分で、
やっとチェルノブイリの「3年後の地図」に対峙できる
と言う現状があるのです。

*************************
さて、面倒ですが、
体に含まれるカリウム40のバックグラウンドをおさらいしましょう。


サクッと言うと
60bq/kgのカリウム40があります。
他の元素についてはこちら


ただ、筋肉組織においてはカリウムとの比較になりますから
そちらと比較をいたしましょう。

************************
統計解析を出来るほどのデータではないですが、円グラフにして見やすくしましょう。

まずはバックデータから






■子供については、排出の速さが出ています。
セシウムより甲状腺障害でしょうか
30-35bqをどう見るかどうか。
カリウム40のバックグラウンド(60bq/kg)に対し、
1.5倍の負荷を有する子供が
0.2%(1000人に2人)
学校で一人くらいと言う数字ですね。
まあいいかそれくらい?でいいでしょうか?

体調不良はとりあえずクラスで一人くらいでしょうか・・・
2011年10月31日
チェルノブイリとの違い


1)除染は、初期が大事。今は、「残り」(食い物)
2)森が大事、森の除染が大事
3)セシウム?ストロンチウム?はすい臓機能を低下させる。
(すい臓がんと原発は昔からあやしまれている)。
4)ガンよりも心臓、脳梗塞、糖尿、免疫不全。
ちなみに糖尿は、多臓器不全の近道。

別に根拠なくギャースカ騒いでいる訳ではないんですよね。
そして心臓、脳梗塞、糖尿なんかは死因に書きやすいから、統計データなんて出ません。
甲状腺がんは誰もならない病気だから、
証明できたんです。
免疫不全は原因が分からないからストレスで済まされるでしょう。

言っておきますけど「クラスで一人」こんな人が現れたら大騒ぎですからね・・・
たったの2,3%だからしゃあない、でもいいんですけどね・・・
そんな風評がまた、農作物を売れなくします・・・

**********************
福島にはこんな現状がある訳で・・・

既に10ミリシーベルトとか被曝してますし・・・
2011年04月30日
【ぶっちゃけ手遅れ】20ミリの正当性【子供も20倍!強くなりました】


■つまり3月15日以降、外で遊んでいた子供たちは
既に5.5+4.2=9.7ミリシーベルト/hの総被曝が疑われます。
この数字+-2割が、彼らの近似値となるでしょう。
ここからは仮定ですが
■一言で言えば、これまでの間、ずっと福島市に在住し、
政府の話を間に受けて普通に暮らすと、
既に5ミリシーベルト
あと10.5ヶ月で4.2ミリシーベルト
この2ヶ月は全く取り返しが付きません。
■こうして事故開始から1年で10ミリシーベルト被曝児童という貴重なサンプルが得られます。
それも、数千人から数万人の単位で、いろんな年齢分布を持って。
既に原子力の専門家なぞ要らないのです。
いるのは放射線影響による医療の研究医です。治療医ではありませんよ。

**********************
■まあ、経験則どおりなんですね・・・。

2011年04月24日
言いづらいけどそんなもの

■昔聴いた色々な話、眉唾で聞いてました。
1)原発(煙突掃除)に関ると、がんで死ぬ仲間が気のせいか多い。
2)核燃料に関ると、肺疾患で65くらいで亡くなる人が多い

別に信じる必要は無くて、潜伏期が30年くらいだという話。
そもそも日本人の半分は癌だから何ともいえない。
でも、長寿が減るようで、75平均が70平均をちょっと割るという印象を抱くらしい。
要するに65位で死ぬ人が(葬式とか訃報とか)多いようだ。

2)では笑ってこういわれた、ずっと働いてなきゃ大丈夫だよ^^
二度三度来た位じゃ全然大丈夫^^

昔からこういう都市伝説はささやかれていた。
働いている人の感覚的な話としてね。

■ここで誤解して欲しくないのは、
これは内部被曝の話。
そして感覚的な話。
例えばプルトニウムは遠心分離機で比重により粉末を分離する
(※2)とは関係ない)
また、煙突には怪しげな微粒子がくっついているわけ、もちろんマスクをつけるけど
99.95%とかしか取りきれないわけで、
普通に原発で働いて
人が死ぬわけじゃありません。
念のため。

*************************
さ、高校生以上はどうだったんでしょう??


体のカリウムベースのバックグラウンドが倍以上になった人が
カリウム40のバックグラウンド(60bq/kg)
(50bq以上)0.5%
そこそこ被曝した人14%

*************************
■まあ、・・・少なかったでいいと思いますよ。
賠償の動きとかを見ると、黙殺せざるをえないと思います。

外部被曝量が5月にかけて非常に高かったことを忘れている人がいるようですが
結局はダブルで攻めているわけで、安全とは言いづらいなあと思います。

自給自足のチェルノブイリとどうやったら比較して勝利できるのか?
賛同は得られないと思いますが、ありえないと書いてきた身に
とっては当たり前のことです

********************************
■皆さんは被害がでないと思いますか?
自分は怪しいなあと思います。

それなりに死者ベースで0.1%~1%以下の被害と言うのは
やはりでると思うんですよね。
首都圏で最大0.1%と言う見立ても多分間違いないです。

大丈夫って言えば大丈夫でしょうけど、
これからも首都圏中心にジワジワと万単位の、死人がでると思います。
何せ3000万人もいますので0.03%で1万人

でもだからといって避難だとかどうかも的外れです。
当たり前の事が当たり前の様に起きています。

■結局は人の働きが余程の働きでなければ・・・
事態はあるべき統計データに収束するのでしょう。


例えそこに鍵があっても、
人は逆らえるものなどではないのかもしれませんね
最善の方法などは結局は思い上がりで
平均のポテンシャルが低ければ、
どうしようもないのかもしれません。

安全神話を信じていた?
国民が大多数ですから。
何だかんだと言っても事態は変わらない。
提言の多くも手遅れであり、既にタラレバとなってきました。
傍観者に戻った方がいいのかもしれません・・・。
Posted at 2012/02/05 23:32:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | セシウム内部被曝問題 | 日記
2011年12月09日 イイね!

【そうかそうか、えっ】敵は最大3倍います【セシウム族たち】

■眠い・・・洗濯物…
今日の夜は関東帰還日なはずなのだがたどり着けるのだろうか
(しばらく休むのはそこもあったのに)

■ちょっとしたアドバイスをもらいまして、セシウム135とセシウム137は最大で同数だよ。
そっかそっか・・・あ・・・


えーっと、セシウム134はセシウム133が中性子を獲得し・・・うんうん
あ、セシウム133が湧いてる(泣き)
つまりセシウム133も立派な核生成物
核生成物の約16.6%は何とセシウム・・・
謎が解けました。
ありがとうございます。


内訳:セシウム137(6.09)
セシウム133&134(6.77)
ヨウ素135(6.33*0.6≒3.8)(キセノン135を経る)


■セシウム137の2.5倍のお仲間がいますと・・・
バリウム中毒も、セシウムのお仲間的働きをするので
まあどんだけ少なく見積もっても倍は仲間がいるわけです・・・
マジかよおい・・・

余計な計算をしなくてもセシウムはあなたの身の回り二倍いる・・・
これでよさそうです。
いないわけがないんですよね。大体
そして半分はずっといなくなりません・・・流れていくのを待つだけです。
流れていくと海から戻ってきます。
セシウム133だし・・・安定同位体です。



後ウラン238も、やっぱり来ているんでしょう。当たり前だけど・・・

■つまりセシウムのPPMでも計ってみれば、
セシウムの定量化は出来ると言うことになります。
無理にベクレルで考える必要はない、いいアドバイスを頂いた物です。
ふにゃこさんありがとうございました。

■そう考えると明らかにセシウムがカドミウムみたいに、
生態濃縮されるか?

と言う非常にシンプルな話にまとめることが出来るのかもしれません。

だからソ連はチェルノブイリの
土地の一部を捨てたのでしょう。
除染ではなく、約半数の安定セシウムが
永遠に人を苦しめるからです。
つまり福島の汚染も半永久
25年経っても害が収まらないのは
考えてみれば当たり前の話です。

巨大な水俣病化&イタイイタイ病化決定です


除染が遅かったし・・・

■逆に言えば、放射能を恐れずに、
(子供は別で)
内部被曝対策をして
ローラー作戦で除染してしまえば
「セシウム中毒」の恐れは相当防げました。
今となっては後の祭りです。
詰めるだけで、大分良かったのに

除染も、線量を落とすとか言っているのは
まったく持って無駄です。
ちゃんと詰めなくてはいけないのに
振り回して散らしてるだけです。


(但しセシウム133が紛れているから永遠に再利用できない)

■放射能の恐怖を叫ぶ人間たちの一部は
もしかすると、除染や復興の邪魔を図ったのかもしれません。
どっちにしろ

リアル手遅れって事ですね・・・

■無理やり農業やって、どんどん毒土壌化。
信じられない・・・

参考
セシウムの毒性の盲点 ( 12 ) *
•セシウム毒性実験 ( 2 )

■畑→濃縮
人体→濃縮
つまり、セシウム4bqが限度って事。
見えないセシウム(133,135)が等倍量濃縮するから。
しかも崩壊後はお仲間のバリウム。
同じく中毒で、低カリウム血症だから
大して変わりがない。

チェルノブイリの被害に終わりはなく
福島も除染しなければ永久に終わりはない。
(捨てるところは捨てねばならない)




■除染は手遅れだ、意味がない、
それが福島さよなら宣言だった訳ですね・・・
この9ヶ月の遅れは痛いなあ・・・

世界中の原発を止めるくらいの意気込みじゃないと
お隣でドカーンって言うだけで
日本は確実に数十年以内に
全土がチェルノブイリ化するかもしれません。

■放射能よりよっぽど怖いです。
核分裂の15%がセシウムになる以上
セシウムを撲滅する=原発や原子力を極力止める
という事を考えていかないと、リアルチェルノブイリ化してしまいます。

■トンデモコペルニクスは知っていて
放射能と言う方が人が言うこと聞くから
とぼけてやがる疑いが濃くなりました(笑)

当面の敵は明らかにセシウムです
Posted at 2011/12/09 02:21:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | セシウム内部被曝問題 | 日記
2011年12月01日 イイね!

ICRP勧告ドラフトから見るセシウムの許容量と頻度

http://savechild.net/archives/9922.html
等では・・最近こんな絵が出回っている。


本当だろうか?
本当だと非常によくない。

10bq/日で、セシウムが十分体内に蓄積されると言うのだ。
1bqだとまあまし。多分大丈夫。

■きっとこんな計算根拠に基づくのだと思う。
セシウム137を毎日摂取し続けたときの蓄積量


毎日が危なくって、
休肝日ならぬ
休セシウム日が大事だと言う事が分かった


血液にある程度の濃度がコンスタントにあるときに
汚染が飛躍的に進む、その見解は正しかった。
でも、私が気にかけていた
血中30bq、よりもその数字ははるかに低い前提だった><
想定していた・・・50bqじゃ死んじゃう・・・

2011年11月19日
ミリEQとモル、そして血中カリウム濃度

多分山さんの8でもヤバイ><
そして危険なのはベクミルクを毎日飲む子供であって、
意外にも、大人は食べたり食べなかったりで大丈夫そうだ・・・

*************************
■ソースを探る。ソースは重要だ。
エビデンスがなければ、デマッターと何が違うと言うのだ、
とシリアスな顔をして引っ張ってみましょう^^;

日本アイソトープ協会、出所は安心^^
ICRP Publication 111 日本語版ドラフト 特別公開のお知らせ




本当だった(泣)
10bqで、化学的毒性(QT延長)で
心臓が止まる危険性があるってこと??
いや、認めないぞ・・・
パッククランプ法成立条件の濃度が
分からないしね!!><

一つ濃縮工程で思い浮かぶ事があるが、
それはまた次回・・・


****************************
■そして希望もあった^^


日本の汚染の何と生ぬるい事。
チェルノブイリ以上など無理な事が分かって頂けるかと思う。
もちろんチェルノブイリ未満の被害ですよ^^
など何の慰めにも気休めにもならないけれどね・・・

そしてソ連崩壊に伴い、食品管理がおろそかになった
ベラルーシで被害が特に出たと言う傾向が分かる。
36bq以下は、
あくまでソ連の基準だったと言う事もあるだろう。

被害は出るけど、
その最大限の被害は読めてきた。
予想通り、この原発災害は
親が気をつけていればかなりの確率で防げる。

ただし循環系にセシウムが
入り込むとなかなか減らない。
「フレコン除染」などに否定的な人は
将来ベクレル野菜を
きっとほおばってくれると期待したい^^


********************
■福島中通在住は、予想範囲内だが
被害を食い止めるのが難しそうだ。
そもそも単身赴任、移住する経済的余裕がないから
福島に残ると言う選択が出るのがあると思う。
これから地産地消が進む予感もある。
つまり、食の選択の余地もやや低くなる。

「貧乏人は、放射能を食え」となるだろう。
そこにノボリなどを持った赤い人が絡む余地がある。
***************
■もう、気付いたと思う。

「福島県民」を賛成派も反対派も、
モルモットとして利用しようと思っているだけな事
本当はどうなったっていいのだ、
むしろ死んだ方がうれしそうな顔をする人が多いと思う。
(特に急進原発反対派の方々)

自分はそんな様相を物凄く腹立たしいなあと思う。
ただ部外者にはそこまでの力はないので、
福島中通に住む方々は、是非声を自ら上げてください。

3月4月がおとなしすぎて、なめられちゃいましたね・・・
もっとも危機感を持って脱出できる人は
もう脱出してしまったのだと思う。

残ったからには大丈夫と言う、
認知的不協和、
予想の範囲内とは言え、
やや悪い方向に予想がシフトした事は残念な事だった・・・。
*******************
教訓:

危険ライン:5~10bqを取り続ける事
頻度が低ければ安全なので、
できる限り「bqフリーDAY」を作る事
安全な偏食を織り交ぜるのも有りなのかもしれないです。
Posted at 2011/12/01 17:54:54 | コメント(0) | トラックバック(1) | セシウム内部被曝問題 | 日記
2011年11月24日 イイね!

【本当に要注意なセシウムの妊娠への害】奇形が一切存在しなかった・・・訳はない。

■シャム双生児の件、
何だかいかがわしい(あくまで感覚的)ので、ちょっと追記しておきます。
基本的には放射性物質の影響の場合ですと「水頭症」が多いはずです。
器用にシャム双生児で、死なないで生まれてくるとすれば・・・
セシウムじゃないんじゃない?と言う疑問はどうしてもあります。
水頭症じゃなくて、そんなレアケースから入るものなんでしょうか??
化学物質くさいと言うのが正直な気持ちです。

クレージーソルトのような隠し味のような演出がねえ。

■双頭などはウラン238などでも出現しますが・・・

■そもそも人間に奇形が生まれないならいいのですが、
どうせ報道されていない所で奇形の子達はザクザク生まれているわけです。

日常生活と化学物質を覗いてみましょうか。



ごらんのように今の世の中催奇形因子がごろごろあります。
つまり何も無くても奇形の可能性はある…と。
身も蓋もないんですけどね。



ちゃんと奇形のリスクは元々あります。
残念ながら。奇形が生まれたから、放射能、マネーとなる気持ちは分からなくもないですが
放射性物質じゃなくて化学物質だったり、遺伝子異常だったりもしますが、
低被曝被害を訴える会にかかるとなんでも放射性物質のせいになります。
美男・美人に生まれなかったのは放射性物質のせいなのか?
違うと思います。妄想は勝手ですが。

■そもそも奇形の発生は、微妙なさじ加減が必要なようです。
要は毒が強すぎると、生まれてこない・・・


■じゃあ、いつが一番危ないの?というと器官形成の時期だそうです。
いわば、臓器や脳などの形を作る時期です。


■以外にも人間は妊娠初期がもっとも危なく、
いわゆる安定期前が危険なようです。


■時期によって、奇形も影響が違ってくる。


■そんなこんな状況がありますので、
一口に放射性物質のせいで奇形が生まれるか
と、言えば、全くそんなことはないわけです。
もちろん否定する気はないんですし、今後水頭症などが増えるかもしれません。

■先のエントリーでセシウムの量によって奇形率が違う
M字型になったという話がありますが、
もし本当であれば、
恐らく、そんな現象が起きると言う事は、
放射性物質として、ではなく
化学物質として作用した
そんな可能性が強くなります。


要は中程度の濃度であれば、途中で流産してしまうと言う事です。
正常な子は生き残ると

低濃度であれば、「奇形」のまま生まれてきます。
高濃度であれば、正常な子にも「奇形」が生まれる影響を及ぼします。

■難しいのはどんな奇形なのか?が分からないと、
全く持って意味不明だということです。

■放射性物質によるブサイクの増加、とか、イケメンの現象 とあまり差がありません。
下手をすると「奇形が生まれてこれるくらい汚染が軽い」
と言う話もありえるという話でした。

■それでも、放射線で、云々かんぬん、
それはカリウム40などの放射線の影響はないの?と言う話になります。
比放射能が違う、なんて話もありますけど、
比放射能とて、崩壊の頻度を示す物ですから、
彼らの言い分を真に受けると、この世は奇形児しか生まれてきません。

■まあ、セシウムと奇形の関連付けは比較的されていますから、
奇形は出るでしょう。普通に考えて。
でも、それが「放射線内部被曝のせい」と考えると、大きな矛盾が出てきます。
アニメの見すぎでしょう。

■放射線じゃなきゃ、害じゃない?
そんな間抜けな事をいっているから、
安全派が「放射性物質」の「放射線」は安全です、と言った時に
ほんのわずかでも人は死ぬとか、宗教めいていきます。
しまいにはこの放射能が見えぬのかー」と叫びだします。
「裸の王様」じゃあるまいに・・

【追記】放射性物質があるのは事実だと思います、
猛走峠さんが、モンテカルロさんが測ってますからね。
問題はそれを取り込んだらコロッと死ぬわけじゃないということです【追記終】

■ちなみに母体と胎盤から母体及び胎児移行を測る事は可能です。
参考論文

■また、こちらの論文からは

■60年代の核実験ごときで、
胎盤におけるセシウム量が4倍にも増えた事
(このように胎盤セシウム濃縮は確定です)
胎盤に蓄積するのが当たり前な事




■そして、まずは、日本全国、1960年以上のフォールアウトがあったと考えるのが自然ですので
早産を心配する事、が浮かび上がります。

■問題がずれているのです。
奇形に価値があるのか?
放射線の害じゃなきゃ納得がいかないのか?

ばっかじゃないの?
健康な子供たちが、倒れる事
健康で生まれてくる子が早産で、死亡してしまう事、
あるいは搬送に手間取り、
低酸素で脳障害などを負ってしまう事
その方が余程リスキーな事です。

そんなわけで野良妊婦はやめましょうね。
そのうち医療崩壊がますます進んで、
草っぱらで生むような
日本になるかもしれませんけど


Posted at 2011/11/24 19:51:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | セシウム内部被曝問題 | 日記
2011年11月24日 イイね!

【胎盤に集まる】セシウムは奇形のもと【これも多分放射能じゃない?かな】

2011年11月24日
郡山市の妊婦の胎内に「連結性双生児(シャム兄弟)」の可能性


だと・・・、
生まれるのかどうかは知りません。
枯葉剤かもしれないし(もののたとえ)、一応確率はもとよりゼロじゃない。

2011年06月23日
ラジウムホットスポットは生態防御反応の可能性(癌防衛機構)

で触れたとおり、胎盤にあるフェリチンはがん細胞と一緒なので
セシウムを引き寄せる恐れが強いです。

>■また、胎盤や胎児の細胞は、
当然フェリチンを溜め込みやすいことは言うまでもありません。
胎盤のフェリチンは、酸性フェリチンであり、がん細胞の持つフェリチンと同じものです。
胎児が、セシウムなどで奇形を起こす確率が飛躍的に増す事
そのほか放射性物質が、成長の微妙な狂いを与え、双頭の生き物などを生み出しかねないこと
これも説明がつく事になります。


他に低量被爆と先天性異常
みたいな事もあるやら無いやら?
M字型
セシウム自体に害があるなら、想像がつきます

微量・・・セシウム・・・有害
一定量・・・放射性セシウム・・・体が気付く
過量・・・放射性セシウム・・・手遅れ


なんて可能性もあります。

でも、普通に考えて
セシウムの吸収には時間がかかる、ことだと思う。
チェルノブイリは初期には、大量に空中に飛び散っていたわけで
その後、じわじわ吸収していった。
量によって違うのではなく、
時期によって違うのだから
ちょっと前の体内蓄積量ピーク」こそが、
危険の可能性がもっとも高い
のかもしれないし、
汚染地域のほうが食料には気を使っている・・・のかもしれない。

いずれにしてもある程度の量があった方が奇形が少ないなら
一定量汚染を持続すべき??
そこのバランスが、非常に難しいところです。
まあ、いずれにしろ奇形が出るのは仕方ない事で
それがセシウムによるものかどうかは、
実験動物のような扱いをしなければ分からない事です。

原発による影響である事は否定しませんが、
放射性による物かどうかは、まだ、確定とはいえません。

政治が絡むからこそ、こういったデータの精査は
改めてしていく必要があるでしょう。
土地の汚染と被害が正比例するなら、
別にこんな悩む必要はないのですから。

医師の狂言の可能性もないわけではないですし、
遺伝的な要因がないともいえません。
あるいはデマを飛ばして否定するのもありえます。

とりあえずはあせらずにみていきたいと思います。
平穏無事なときでも奇形児は、全くいないわけでもありませんし
原発のせいであれば、それなりに数が出るはず。

■まあ、時期が4月ですか・・・、
授かりものとはいえ大胆としか言いよう無いけど。
【追記】福島中通限定です、実際難しい話なんだけど
チェルノブイリの実例を考えると
リスキーではあるんじゃないかな。【追記終】
Posted at 2011/11/24 17:49:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | セシウム内部被曝問題 | 日記

プロフィール

「@黒猫ライダー AGITΩ さん、こんばんは。民進党らしさが出ていて、むしろ安心できます。本人はかつて、在日中国国籍と仰ってるので、台湾籍はそんなにこだわらなくていいと思うんですけど(笑)」
何シテル?   07/20 21:00
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

車がないから京散歩その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/02 16:16:15
アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28
日勝峠よ永遠に・・・・・(´;ω;`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 14:57:29

ファン

189 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.