• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2011年12月08日 イイね!

【不可逆性】2つの注意点【点滴が有効】

■予告通り頻度を落とします、
その前に勝手なアドバイスを。

セシウムの害はこちらのカテゴリーでどうぞ。
・セシウム内部被曝問題
・セシウムの毒性の盲点
・セシウム毒性実験

■放射能のせいだと刷り込まれていらっしゃる方も、
食事管理が大事なのはもう誰もが分かってきたと思います。
私はその辺、冷血なので怖くないって食べる人が、
数人パタパタ亡くなれ
ば、自然と皆さん怖がるかと思います。

どうせ心臓麻痺なんて、バラしてガイガー当てる訳じゃないので
変性が分かる訳ありません。

■統計の話で前にも触れたとおり0.01%が8倍などになっても
99.9%は死なないわけで、
放射線のせいだと騒いでもCTで放射線浴びるだけなので
そう言うバカ騒ぎはやめた方がいいと思います。

じゃあ、どうすればいいか?

低カリウムになる(筋肉融解)、というのが結局セシウムの毒の極地で
そこまで行かない状態では心電図異常(QT延長)ということが分かりました。

結局は電解質異常です


体調が悪い時はおとなしく病院に行って
気分が悪いので、
点滴を打ってくれといえばいいのです。


薬ではなく、ビタミン入りの生食程度ですが
血液バランスを整える役割がありますし、
その判断はお医者さんがなされるので確実です。

ただし、病状を偽るのは人として厳禁です。
点滴嫌いなお医者さんだったらあきらめましょう。

つまり病状を電解質異状による、気分悪化という事で
治療を受ければ、お医者さんは善意で治療してくれます。
自然と点滴となるでしょう。

病状を訴えるのが、患者としての仕事です。
病気を決めて、とりあえずの手を打つのがお医者さんの仕事です

「放射能で」という余計な枕詞を取ればいいだけのことです。
もっとも、信仰は邪魔しませんので「放射能~」と言いながら
死ぬのであれば、仕方ないかと

********
■もう一つ、心臓の変性は不可逆性です。
鞘髄系から壊変しますので、元には戻れない、と思います。


放射線と違ってDNAの補修も何も、
細胞が部分的にあるいは全体で死ぬのですから

セシウムを取り込むことは、
細胞レベルで、危険な状態を引き起こす、という事です。
(普通老衰や、死にかけの人がなる)

細胞は死ぬと毒を出します。
クラッシュ症候群と同じです。

***************
■いずれにしても、注意深く、
セシウムを避けていけば、半ばは逃れえます
半ばは・・・もう取り込んでいます。

結局はイオンサプライをしっかりして、
味噌や乳製品を産地に気をつけて有効に活用する。
後はお水に気をつける。



■恐ろしい事ではありますが、
でも、敵がわかっていれば、
ある程度、過度に恐れることは無いと言う事です。

晩酌の変わりに風呂上りのポカリ(イオンウォーターならなおいい)、
たまの粗食(一汁一菜)=休セシウムデー
かかりつけの医者

そんな単純な事が家族を救うかもしれません

■原発由来の毒化学物質については
死にかけたときは、遠からず死ぬ時なので、
死にかけないように知恵を絞る。

死にそうになってから、
元気そうな「反原発」鉢巻をした人たちに
「東電許せないよね」なんて言われるのは愚の極地です。

いい飯の種にされないように、
努力していく必要があると思います。
Posted at 2011/12/08 14:05:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | セシウムの毒性の盲点 | 日記
2011年12月05日 イイね!

【本当に知って欲しい事】セシウムの毒性の目次【生化学的な毒】

予告していたセシウムの毒性についての目次です
■挑発に挑発を重ね・・・^^;
セシウムをはじめとする物質について
少しは生化学的毒性について注目されていればいいと思います。

こいつ如きが言うのは正しいのか?
別の機序があるのではないのか?
大いに結構です。


■かと言って、チェルノブイリと完全に比較するのもどうかなんですよ。
原子炉飛び散っちゃったんですから、あっちは

■自分に出来るのは福島から飛び散った物を
出来る限り明らかとし、その作用を
今分かっている論文や、拙い知識とつなげて
不完全でも危険性を明らかにすることだけです

**************
【目次】

2011年11月27日
【どうしても知って欲しい可能性】セシウムの本当の害・前編【2011年だから分かる事】

<あらすじ>
・人の体には、8000bqもの放射性物質が体内にあります。
・なのに、チェルノブイリでは害が出ています。
・そこから浮かび上がってきたセシウムの害は?


2011年11月27日
【どうしても知って欲しい可能性】セシウムの本当の害・中編1【2011年だから分かる事】

<あらすじ>
・セシウムはどのようにして、どのような形態で吸収されるのか
・腸での吸収の体系は如何なる物か?
・セシウム自体の毒性は?
・体内におけるバックグラウンドは?

2011年11月27日
【どうしても知って欲しい可能性】セシウムの本当の害・中編2【2011年だから分かる事】

<あらすじ>
・セシウムは吸収時はほぼ無害、そして体内のたくさんの放射性物質。
・カリウムは全身にはなく、偏在している
・カリウム40の大半を引き受ける、心臓や筋肉は放射線に強い?
・東北大の野良牛研究から明らかになった「セシウム」の偏在箇所
・鉛の害の否定・・・的可能性

2011年11月27日
【どうしても知って欲しい可能性】セシウムの本当の害・後編1【2011年だから分かる事】

<あらすじ>
・東北大の野良牛研究のおさらいと「セシウム」の濃縮箇所
・代謝から明らかになった、細胞のイオンチャネルの「セシウム」と「カリウム」の区別
・細胞外2%のカリウムに対して溜まり始める「セシウム」
・細胞外疲労物質としてのカリウムイオンの存在と、誤認によるブラブラ病の可能性

2011年11月27日
【どうしても知って欲しい可能性】セシウムの本当の害・後編2【2011年だから分かる事】

・カリウムチャネルのおさらい(セシウムは25%程度しかカリウムチャネル系を突破できない)
・ブラブラ病の機序可能性のおさらい
・パッチクランプ法と、セシウムが及ぼす、遅延整流カリウム電流の阻害効果
・心電図と内向きカリウム電流(≒凝縮箇所の類似)
(・内向きカリウム電流もセシウムによるパッチクランプ法の電流阻害を受ける?)

2011年11月27日
【どうしても知って欲しい可能性】セシウムの本当の害・後編3【2011年だから分かる事】

<あらすじ>
・遅延整流カリウム電流=IKR(心電図)との関わり
・薬害QT延長とが及ぼす、IKR=遅延整流カリウム電流チャネル抑制(類似機序)
・QT延長病態(参考)
・明らかになったセシウムの害の可能性
1)細胞外のセシウム蓄積が、
遅延性カリウム電流を阻害することは、
パッチクランプ法として確立されており
2)セシウムはカリウムチャネルという選択透過性により細胞外に蓄積する。
3)薬害によって、遅延性カリウム電流が延長することにより
QT延長症という病気がある。
・平成18年頃に指摘された研究(最近分かってきた機序)

2011年11月27日
【どうしても知って欲しい可能性】セシウムの本当の害・まとめ【2011年だから分かる事】

・生化学的毒性の指摘
・物質の害の可能性
・まとめと本当の害
・セシウムの確保としてのフレコンバック除染のお願い。


2011年11月29日
【セシウムの毒性】QT延長を麻酔学から学ぶ【チャネル研究】

<あらすじ>
・事後整理
・内向きカリウムチャネル・・・セシウムの凝縮部位とほぼ一致
・カリウムチャネル・・・セシウムの進入をブロック
・遅延性カリウム電流を阻害(パッククランプ法)
意味合:IKRに作用し、QT延長
・QT延長パターンはIKR に対するLQT-2型に近い物

今現在、セシウムについて分かっている、
危険性は以下のものと推測しています。


弘(2型)さんが書いて下さったまとめ(一部加筆)
①経口摂取したセシウムは、
必須元素であるカリウムと
同じような挙動で体に取り込まれ、
血流によって全身を巡ります。

②心臓を動かす心筋、骨格筋(横紋筋)、
神経などを構成する細胞は
カリウムを多く必要とするので、
カリウムと共にセシウムも
これらの細胞のところに運ばれて行きます。

③これらの細胞には「カリウムチャネル」
というフィルターのような機能があり、
カリウムだけを選択的に取り込みます。
セシウムは必要ではないので取り込みません。
(15%~25%しか入れない)

④行き場を無くしたセシウムは
これらの細胞の外に溜まりはじめます。

⑤溜まったセシウムによって、
細胞へ伝わる信号(脳からの指令)や
細胞自身が組織として強調するための電気信号が
遮断されてしまいます。

⑥その結果、心臓麻痺や脳の機能障害などの
健康被害が生じる可能性が高くなる。

つまり、セシウムは放射性物質としての恐怖よりも、
化学物質として恐怖が強い。
そして子供の方が
セシウムの濃縮スピードが速くなる
(体が小さい、筋肉量が少ない)


これがセシウムから浮かび上がってきた
「どうしても知って欲しい」
「本当の害」の可能性です。

********************


Posted at 2011/12/05 00:23:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | セシウムの毒性の盲点 | 日記
2011年11月29日 イイね!

【セシウムの毒性】QT延長を麻酔学から学ぶ【チャネル研究】

一部セシウムの害のメカニズムを整理。

1)内向きカリウムチャネル・・・セシウムの凝縮部位とほぼ一致
(脳、心臓、筋肉、腎臓など上皮)
意味合:凝縮部位



2)カリウムチャネル・・・セシウムの進入をブロック
(ブロック率75%から85%)
→細胞外に蓄積
意味合:凝縮機構


3)遅延性カリウム電流を阻害(パッククランプ法)
意味合:IKRに作用し、QT延長



4)QT延長パターンはIKR に対するLQT-2型に近い物
■整理しただけなので内容は変わらない。
(内向きカリウムチャネルと遅延性カリウム電流は必ずしも同一ではない?)
分かりやすい資料があったので参考として添付。

麻酔集中治療とテクノロジー2007より

















Posted at 2011/11/29 02:36:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | セシウムの毒性の盲点 | 日記
2011年11月27日 イイね!

【どうしても知って欲しい可能性】セシウムの本当の害・まとめ【2011年だから分かる事】

チェルノブイリで出ている症状、
様々な物がありますが、心不全及び
神経症状の一部については
セシウムの持つ電流に対する
生化学的な毒性が影響している可能性があります。

そしてその殆どは、
放射線も関連する可能性は否みませんが
それ以上に「物質」としての害も強くあるのです


1)心不全
急性の心不全です。20歳,25歳,30歳での心不全は決して珍しくありません。
子供達が2歳、3歳、4歳にして急性心不全で死んで行くことを証明しています。

推定原因
セシウムによる、遅延性カリウム電流延長によるQT延長症状仮説
2011年11月16日
東北大モデル(牛)のポイント。と内向きカリウムチャネルの重要性

2011年11月18日
セシウム133の毒性の盲点とセシウムの与える悪影響【心臓編】


上記を見て
弘(2型)さんが書いて下さったまとめ(一部加筆)
①経口摂取したセシウムは、
必須元素であるカリウムと
同じような挙動で体に取り込まれ、
血流によって全身を巡ります。

②心臓を動かす心筋、骨格筋(横紋筋)、
神経などを構成する細胞は
カリウムを多く必要とするので、
カリウムと共にセシウムも
これらの細胞のところに運ばれて行きます。

③これらの細胞には「カリウムチャネル」
というフィルターのような機能があり、
カリウムだけを選択的に取り込みます。
セシウムは必要ではないので取り込みません。
(15%~25%しか入れない)

④行き場を無くしたセシウムは
これらの細胞の外に溜まりはじめます。

⑤溜まったセシウムによって、
細胞へ伝わる信号(脳からの指令)や
細胞自身が組織として強調するための電気信号が
遮断されてしまいます。

⑥その結果、心臓麻痺や脳の機能障害などの
健康被害が生じる可能性が高くなる。

つまり、セシウムは放射性物質としての恐怖よりも、
化学物質として恐怖が強い。
そして子供の方が
セシウムの濃縮スピードが速くなる
(体が小さい、筋肉量が少ない)

これがセシウムから浮かび上がってきた「本当の害」です。


だからこそ、セシウムの飛散源であり、
水への溶出源である
落ち葉をいち早く回収してもらい
(フレコンバック除染)
出来るだけ、水や農作物を経て
そういったセシウム族を
内部被曝しないように
ぜひお願いをしたいと思います。


Posted at 2011/11/27 21:54:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | セシウムの毒性の盲点 | 日記
2011年11月27日 イイね!

【どうしても知って欲しい可能性】セシウムの本当の害・後編3【2011年だから分かる事】

■心筋、筋肉といった部分において、
濃縮部位、内向きカリウムチャネルの存在が重なっており
更に細胞外のセシウムが細胞の電位を
ブロックすることが分かってきたのです。

後はこれが心臓に関わっている事を示したいと思います。

**************
■その邪魔される電流は
遅延整流カリウム電流とも言われ、
心電図ではIKRと表現されます。

遅延性カリウム電流は大きな役割を心電図においてなしている

QT延長の原因の一つに
、「遅延性カリウム電流の延長」が列記されている


QT延長を促す病態にはこれだけあります(参考)


つまり、遅延性カリウム電流の延長は、
QT延長という心臓における心電図異常をもたらし
心不全の主な要因になる、という事です


*******************
■ここにセシウムは無害であるという、論拠は崩れました。
1)細胞外のセシウム蓄積が、
遅延性カリウム電流を阻害することは、
パッククランプ法として確立されており
2)セシウムはカリウムチャネルという選択透過性により細胞外に蓄積する。
3)薬害によって、遅延性カリウム電流が延長することにより
QT延長症という病気がある。


■QT延長についての害は、実は最近ようやく気付かれた物です。
チェルノブイリの頃はそこまでの研究はなされていませんでした。
なぜか?心臓病の薬はイオンチャネルの、促進や妨害によって
心電図、つまり心臓の電流異常を修正する物であったからです。
最近の研究によって
やっと明らかになってきた分野が
QT延長なのです


*********************
■ちなみに嘘と思う人は、これを見ればいいと思います。
医薬品によるQT延長の最新知見(H18)結局は医薬品副作用と同じ作用をセシウムが及ぼすと言うことであり
セシウムの蓄積は
医薬品副作用を、ものすごく起こしやすくなるんじゃないかな?と思いますが、
死因としては複合しますから、
セシウムの害って明確にはならないと思う。

面倒です。
この論文も、興味深い表現がありますね
キニジンに似た作用をセシウムは起こすと思われます。


イオンチャネルの異常、ですか、類似症状を起こすのでしょうね、
後心肝腎の疾患が、同様効果を促進する・・・

******************

■もう一つ、テイジンのお薬TMX67のプレゼン資料より



このようにカリウムチャネルの遮断などによるQT延長は
しばしば心停止などの突然死を招く物であり
薬の副作用を減らすために、様々な研究が進められています。

***********************
いずれにしてもQT延長は心臓病治療薬の
最先端にして重要分野です。
ここ10年の研究でやっと機序が分かってきた分野であり
そこには遅延性カリウム電流のブロックが
大きな原因として挙げられています。

遅延性カリウム電流のブロックはセシウムの起こす機序です
(パッククランプ法)


***********************
このようにして、チェルノブイリにおける、
心停止の頻発、については
セシウムが極めて怪しい役割を為しています。

セシウムが、蓄積しやすい部位には他に脳があると言われています。
内向きカリウムチャネル電流(遅延性カリウム電流)の阻害が
脳においても何らかの機序を為すなら、

それは脳におけるチェルノブイリの被害も
セシウムによる害であるという仮説に結びつくでしょう。

次でまとめます。
************************
Posted at 2011/11/27 21:43:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | セシウムの毒性の盲点 | 日記

プロフィール

「こんばんは、そんな無能なら文科省なくしても大丈夫そう。
貧困解消省として再出発すりゃいいのに。」
何シテル?   06/23 21:41
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28
日勝峠よ永遠に・・・・・(´;ω;`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 14:57:29
名曲の風景25 Chasing Cars / Snow Patrol 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/25 08:00:47

ファン

189 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.