• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2011年12月16日 イイね!

【アルカローシス】セシウム療法(唖然)【癌撲滅】

■一つ前のエントリーで、塩化セシウムの摂取による
低カリウム血症と
アルドステロンなどのステロイドによる低カリウム血症
の類似を不思議がって、終わりました

■低カリウム血症の特徴は、
血液がアルカローシス(アルカリ性)になることです
そこで、塩化セシウムはもしやアルカリ性と思ったら・・・

セシウム療法というおっそろしいがん治療法がありました^^;
塩化セシウム怖い・・・
以下突っ込みは(※  ※)にて・・・

でも、カリウムの補給はとっても大事です、
下痢になろうがなんだろうが、
バナナでも食べて頑張りましょう^^

しかし、コロンブスの卵です・・・
******************
セシウム療法

しかし、最近、セシウムを使った療法が特にアメリカで使われだし、かなりの効果をあげることがわかってきました。末期でも約5割の完治が期待できるといわれています。そして、末期のがん性疼痛は2~3日で非常に軽減します。
しかも安価で、副作用はあっても下痢、口唇の周りの軽い痺れ、疲労感ほどです。
(※ちょ!!低カリウム血症じゃないですか・・・※)

しかし、(あるいは、それがゆえに)抗がん剤、放射線、手術しかがん治療には認めないオーソドックスな医学界からは敵視されています。
なぜなら、安く、安全で、非常に効果のある治療法は、抗がん剤でぼろ儲けをしている巨大製薬会社の利益と真っ向から対立するからです。
(※セシウムの害がばれるからじゃないですか・・・?※)
今からおよそ80年前、ドイツのオットー・ヴァーブルグは(1931年、1944年と2回ノーベル章受賞)がん細胞は正常な細胞とは違ったやりかたでエネルギーを得ていることを発見しました。
正常な細胞膜では酸素が自由に細胞内に入り、そこでブドウ糖を燃焼させエネルギーを産生します。
ところが、がん細胞では酸素が中に入れないのです。そのため、がん細胞は酸素のない状態で、発酵というプロセスでブドウ糖からエネルギーを作り出します。
その産物が乳酸です。この乳酸はDNA、RNAを破壊することにより、細胞の無節制な増殖を促します。
つまり、細胞をよりいっそうがん化させます。また、この乳酸はがんの時によく付随する痛みの原因にもなるのです。そして、細胞内の酸化に拍車をかけます。
ここで、非常に重要なポイントは、この発酵というエネルギー生産方法は細胞内がアルカリ性である健常細胞では起こりえないことです。
普通、健康な細胞は人体の各種の緩衝系の作用でpHが7.35~7.4という、ややアルカリ性の状態に保たれています。したがって、がん細胞を破壊するには細胞内をアルカリ性にしてやればいいということです。きわめて明快で単純な原理です。

そこで、自然界に存在するものの中でアルカリ性が最も強く、がん細胞に親和性のあるセシウム(ルビジウムもアルカリ性が強いのですが、セシウムのほうがより強い)を投与します。
セシウムと言えば、普通、放射性同位体のセシウム137を思い浮かべ、ウラニウムやラジウムと同様に危険な感じを一般の人は持ちやすいものです。
しかし、本来、セシウムは非常に安全な物質なのです。
塩化セシウムとして日に3gほどとります。がん細胞の中のpHが8以上になると、せいぜい数日の内にがん細胞は死滅します。このように、pHを高める療法なので、High pH Therapyともよびます。
(※どこが安全な方法ですか??
い、命がけです。PH8??
でも癌は治るのが笑える・・・※)


ただ、セシウムをとると、カリウムも一緒に細胞の中に取り込まれますので、体液中のカリウムが不足してくることがあります。
(※低カリウム血症※)

それを防ぐために、セシウム療法を行うときは常にカリウムを補わなければいけません。カリウムのサプリメントもとり、同時にカリウムを多く含んでいるバナナなどの果物を積極的に食べてもらいます。そして週に一度か、10日に一度は血液検査をして、カリウムの値をチェックしておかねばなりません。これさえ守っていれば、セシウム療法は安全な治療法です。


セシウム療法を行うときは、セシウムと一緒にDMSOという一種の有機溶剤を混ぜ、セシウムを一緒に混ぜて、それを皮膚の柔らかい部分(たとえば太ももの内側)にスプレーします。DMSOとともに効率よくセシウムが吸収されます。また、DMSOは血液脳関門を通過しますので、特に脳腫瘍転移にはDMSOとの併用がすすめられます。

数例の患者さんに使ってもらって、確かに非常に効果があると実感しましたのでここに紹介します。
しかし、現在、私のクリニックではこれを取り扱っておりません。
なぜなら、私のクリニックには入院施設がないからです。医師や看護婦が患者さんを常に観察できるところでないと、このセシウム療法には無理があります。
深刻な副作用はないのですが、よく胸焼けや下痢を訴えられることが多いのです。
(※いいえ、深刻な副作用です、
胸やけは心臓に負担がかかっていらっしゃる・・・
※)


患者さんは少しでもそういう副作用が出ると、自宅で行っている場合、非常に不安になり、続けることができないのです。
そして、結局、中途半端に終わってしまいがちなのです。
しかし、このセシウム療法を行っている病院は、日本にはおそらくないでしょう。ご自分でアメリカから購入して、知り合いの病院に頼む以外ありません。
インターネットで「セシウム」を検索しても、放射線のセシウムのことしかでてきません。
英語で「cesium cancer」として検索してください。


プロフィール

「こんばんは、そんな無能なら文科省なくしても大丈夫そう。
貧困解消省として再出発すりゃいいのに。」
何シテル?   06/23 21:41
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28
日勝峠よ永遠に・・・・・(´;ω;`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 14:57:29
名曲の風景25 Chasing Cars / Snow Patrol 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/25 08:00:47

ファン

189 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.