• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2012年01月31日 イイね!

【武田教授】年始に増えたのは1号機?【1号機に穴開いた(苦笑)説】

4号機とセシウム1月まとめ 
(武田教授)

面白いグラフが出てますね。


■何なんでしょう。しかし一方で、よく似たグラフがあるんです。
逆さにすると。



え、疑わしい??じゃあ並べてみましょう。

ほら!

・・・良くある・・・偶然の一致ですよね^^;
あはは・・・??


1号機駄々漏れ説有力?・・・
一番説明がつきそうなんですよね・・・

最近も怪しい動きが続いていて・・・ね






■いやいやきっと。思い込みでしょう・・・
こんな収束は勘弁です・・・。
偶然ですよね?・・・・
穴開いたりしてませんよね?

誰か確かめてきてくれないかな?
幾らなんでも偶然だと思うので・・・
ちょっと見て行こうと思います。

本当だったら・・・関東どうしましょうね。
(とりあえず大した事ないので
落ち着いてくださいね)

たまたまグラフが逆さにすると
何となく似ているだけですからね。
風向きもあるわけで、
そんな単純な話じゃないです。

そしてトンデモ説ですからねー!!!!
Posted at 2012/01/31 21:13:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | 年始に増えた?沈降量 | 日記
2012年01月10日 イイね!

【簡単なまとめ】セシウムが降った量の増えた事の一長一短【各種検証】

■基本訳の分からない自体の時は、
なるべく原子炉、原発説を検討するように配慮しています。
理由は、問題があるから、じゃなくて
原子炉由来なら、問題が収まれば大丈夫だからです。


しっかり検討すれば、ヨウ素の時のように
「テロ説」に行き着く場合もあります。
下水だけなんて、不自然でしたからね、医療用があんな特濃な訳ないですし。

***************
1)再飛散説・・・事実なら「最悪」
2012年01月07日
ヒドラジンはとりあえず白でした&さらりと書いてるけどその方がやばくない?


理由:再飛散であの濃さは、水系汚染→田畑濃縮を経て、
特濃パウダーが福島の表面を覆ったと言う事です。
パンに埃→特濃パン、
牧草に霧→特濃牛

・・・この説の皆さん、意味分かってらっしゃる?
セシウムのインフレが起きているって事なんですが・・・
原理的には矛盾はないけど否定したいなあ・・・


本当なら福島から移住検討したほうがいい、
濃縮は進みますから・・・
マジで。

意外にもモンテカルロさんはこの説。
2012年1月7日土曜日
福島で、空中降下物の放射能レベルが上がったこと


2011年12月27日
除染をしなかったので食物汚染が進みます、除染を否定した人は喜んでいい。

嫌がらせで、きつい事を書いた訳じゃありません
汚染が濃縮すればするほど、戦いは困難になります。
福島は盆地なので、
セシウム循環が他よりも激しさを増すかと思います・・・

********************
2)ミストサウナ説・・・悪くないですが、何かあったらよくない^^;
2012年01月09日
実際良く分かりませんが、原子炉の問題じゃない気がします。


私の希望。駄々漏れ説。
悪くはないんですが、炉の中で何かあったら、
その時は本当に心配の対象になります。

***********************
3)カレイド類似だけど、3号機冷却パイプ破損&なんか漏れてる
・・・良くはないけどその場限り

2012年01月09日
予告をかねた自分用の資料置き場+あらまし


炉の中じゃなくて外にミストサウナがあると言う説。
今更再臨界はちょっと難しいと思うんですが、
セシウムの素敵な霧がわいているという説、
ただ、福島原発の敷地周りが特に数字が上っていないので、
本当は乾式じゃないと説明がつかない、

理論上は無理がある。でも、とりあえずはその場限りじゃないのかな・・・

**********************
・とりあえずはよろしくない3択です。

一番無難に見える、再飛散が
実は一番良くない事
ちょっとこれを言っておきたいなと思いました。

原子炉晴朗なれど、再飛散多し、
今のところは確定、じゃないですけど、
特濃黄砂が盆地内で舞っている事の意味をまずは考えておいてください。

■解決策は、猛走峠さんのこのセリフ・・・です。
結局は「水系」が問題となります。

>相手は、霧? 雨? イオン化している?
から、
「広広域除染不可か?」と問われれば、
「いえ、それは違うと思います(キリッ)!!地表に接触したとき、あらゆる物体に、イオン化物質が結合してしまいますので。
地表にあるモノを削げば(フレコン除染)、それで十二分だと思います」
と答えますし、そう思ってますけどね。

************************
■相手はセシウムの特性であり、細胞内での働きです。(おまけが放射線)

残念ながらシーベルトは内部被曝ではあんまり役に立ちません。
たまにいまだにシーベルト換算を見ると、気楽でいいなあと思います。

Posted at 2012/01/10 09:29:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 年始に増えた?沈降量 | 日記
2012年01月09日 イイね!

実際良く分かりませんが、原子炉の問題じゃない気がします。

この記事は、真実はいずれ、覆いかぶさってくることになるについて書いています。

■震災直後は充実していたパラメータは今は非常にスカスカになりました。
ある意味報道規制がここはかかっています。
正直良く分かりません・・・。圧力も温度も、参考にならないです。
山さんが指摘するようにヨウ素も出ていませんし、
大量に放射性物質が漏れ出るわけもちょっと判りません。
カバーが破けたとかね^^;あればちょっと別ですけどね。

■山さんが触れた排気系はいい見立てじゃないかと思います。
冬で逆転層が出て、遠くに飛ばし損ねたとかね。
少なくとも再飛散というのはないと思っています。
この冬は雪が多めなので飛散しづらいからです。
もっとも福島はあんまり雪が降るわけじゃないんですけどね。

***************
■そんな中で猛走峠さんの12月21日・・・
わかんない中なので、おもしろい感覚がありました。

■窒素パージについて自分は、薄く全国に拡散したいならどうぞ
という事をずっと言い続けていました
2011年07月14日
窒素パージ×3の破壊力が気になります


*******************
■実は、ちょっとだけ思っている事があります。
この付近、何かありましたよね。
そう冷温停止&収束です。
2011年12月16日
ベタだけと「収束」を心から・・・祝える人手を上げて^^;


■もしかすると、文字通り無理やり、冷えたんじゃないかと。
何がって、「金属容器や、配管」が。
水もかけまくって、冬将軍も来ましたよね。
金属は冷えると縮みます、縮みまくります。
余計な隙間が開いたんじゃないか?という考えがあります。

■そんな中をせっせと窒素で充填しているので、遮るものがなくなったわけです。
例えば、「フィルターなんか通らなくても、隙間から自由に出てこれるようになった」
冬は西風だから気づかなかっただけで、福島ルートに風が吹いてばれてしまった
(一部は、元旦の地震があるかもしれません)
なんてことも可能性としてはあります。

*****************
■そもそも、何の状態でセシウムが出てきているか
それがさっぱり判りません。
自分は「塩化セシウム」水溶液の蒸気と思ってますが
(イオン化した水蒸気の状態ですが、これが良くわかんないんですよねー)

■山さんの最新エントリーでは面白い事が書いてあります。
2012年01月08日
東日本震災の集まりに参加してきました

放射性物質は、原子の生成特性から単原子イオンになっているものがある。もちろん多原子だったり、粒子だったりもするが、希ガス系の大半はイオン化している。
イオン化しているものは、粒子の動きはしない。
水分子とくっつく。ということは水分ではなく水蒸気でもなく、飽和していない状態での動きになる。
しかも熱量を帯びているのだから、その移動範囲はさらに火山灰などとは異なるのは明白

結果、彼の理論では3/21日に磐田市で計測された0.4μの地表沈降に矛盾が生じることになる。
ちょっと画像見当たらないんで探してますんで・・・
代わりに4/2日の矢板北PAの値w当時はこんなおもちゃだったが今はサーベイでこれからはちょっとありえん機械で測定しますんでw

********************
■ちなみに自分が思っているのは、
飛行機雲などでもそうですけど、凝結する核があると
冷やせば水滴が出来るんです、
そもそも曇ってそんな存在ですよね?
そして水滴こそが、イオンが存在するのに最適な環境です。

放射性物質そのもの自体に崩壊熱という熱源がありますから
熱気球みたいな塊に近い物体
一言で言えば、湯気であったり、アロマデヒューザーであったり、
アロマの代わりがセシウムみたいな存在、

たぶん山さんが言っているのはそういう動きなんだと思います。

***********************
そうか?
■冬の浴室が一番わかりやすそうですね
夏どころじゃなく湧きますよね。(飽和水蒸気量の問題です)。

アロマならぬ放射性ミストが、
多分大量発生しちゃったというのが
一番ありそうです。
それが地震をきっかけに出てきたんじゃないのかな?

つまり冷やしすぎて、
噴出した蒸気即ち炉外で湯気が沸いていた

炉内で湯気になって、
その湯気が塩化セシウムをイオンで溶かし込む、(濃度激増!!)
そして出てくる。

これが一番ありえそうです。


************************
■だから、猛走峠さんの話も、
「湯気」が関連しているんじゃないのかな?なんて思います。
それが地べたからなのか、飛んできたのかは判りませんが

ミスト状の水滴が炉内で形成されて
セシウムを溶かしてから、
窒素に追い出されて出てくる


今は原子炉内が温度低めの
ミストサウナになっている、
これが一番説明が
付きやすいなと思っています。



***************
■なのでもうちょっと様子を見たいと思います。



Posted at 2012/01/09 01:09:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 年始に増えた?沈降量 | 日記

プロフィール

「こんばんは、そんな無能なら文科省なくしても大丈夫そう。
貧困解消省として再出発すりゃいいのに。」
何シテル?   06/23 21:41
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28
日勝峠よ永遠に・・・・・(´;ω;`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 14:57:29
名曲の風景25 Chasing Cars / Snow Patrol 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/25 08:00:47

ファン

189 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.