• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2012年03月31日 イイね!

【犯人はどれだ】福島盆地の再飛散を検討する。【疑惑は3者】



■福島の再飛散問題、武田教授等で取り上げられているが、
単純な問題では無い…かも知れない。
そんな「ちょこばスコープ」的(スクープじゃないです)
記事にちょっとお付合いください(笑)

相変わらず福島ではベクレルがいっぱい降る日があります。



■1号機からのパージや塩カル説なんかも唱えた事がありましたけど、
福島盆地に関しては再飛散が怪しい訳で・・・
何か共通事項がある、と思いまして・・・
調べてみる事にしました。

■まずはどこで測っているのか?
ここです。


■次に天気
最初に福島県の発表で目に付いたのが1月2日(400bq/㎡)



■後は武田教授によると2/15(300)

■そして3/15、21


■共通点は・・・
「西北西」「強風」「晴れ」「6-7℃」











■じゃあ、計測場所の西北西には何かある??

汚染じゃなさそうです。


■地図を探ると・・・ん??








■そこには運動公園、中州、ゴミ処理場
と言う、怪しげなものがそろっていました。

川+氾濫原=南相馬藍藻推定
運動公園=埃舞い上がる
ゴミ処理場・・・煙?と言うよりは排水?

すごく怪しいです・・・


■そこでリサイクルプラザを探りましたが
粗大ごみだけでした。ゴミ処理場の線は消えます。



■シンプルに田畑から舞い上がるのかもしれませんが
それにしても一日に400bq/㎡普通に再飛散する物なんでしょうか??

不安を煽る先生方が、東北は全滅じゃー
日本は皆殺しじゃーと叫んでいますが、福島では日常です^^;



そして10番目辺りの県の数カ月分の量が一日で降り注ぐ事が分かります。

■少なくとも川の合流点はよどみやすく、
中州とかができやすいので
どうも注意した方がよさそうです。

そう言えば渡良瀬遊水地で火事が起きたそうで
それなりのベクレルが飛んだのか知りませんが

水と泥の滞留は、セシウムの滞留である事は
以前より明らかです。


まずいのは滞留した泥を吹き飛ばすと、
藍藻などが湧いてようが湧いていまいが
特濃ベクレルさんがお空に飛ぶという事です。


状況証拠しかありませんが、果たして福島あるいは福島市の他の場所ではどうなのか
福島以外のデータものぞいてみたいと思うのでした

福島県による定時降下物環境放射能測定結果
Posted at 2012/03/31 00:16:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | 再飛散と言う悪夢 | 日記
2012年01月29日 イイね!

【モンテカルロさんより】今後の空中飛散の要注目【SECURITYTOKYOの紹介】

■ヨウ素が出たなのセシウムが空中にヤバイなの、
正直惑わされるのが面倒になる。

怖いのはあおられる事で
逆に感覚が麻痺する事だ。
狼少年現象と呼ぶ


そこで公平で真っ当で、当てになる空中サンプリングのサイトは無い物かと
思っていたら、モンテカルロさんで取り上げていたので紹介します^^
ちなみにコンタクトを取った事はないが
その化学分析には常にうなりをあげている。

2012年1月29日日曜日
SecurityTokyoによる、新宿の空中放射線量の研究測定



■今気になっているのはこの東京の飛散がどこから来るのか。
山からなのか?、原発からなのか?
はたまたゴミ処理場からなのか?
それとも車が運んでくるのか?

気にしつつ眺めていきたい。
粒子の状態も気になるんですけどね。
贅沢を言っちゃいけないですね^^;

都内における大気浮遊塵中の核反応生成物の捕集

■ちなみにこの捕集装置みたいな物の巨大版が
ゴミ処理場の煙突につくのなら言う事は無い。
漏れてるのがばれるから、嫌がるだろうけど、
ぜひ取り付けたいと思ってしまった。

1月27日20時

1月28日20時
ND ND 0.0010 ND 0.0014 北北西の風
風速2〜3m
■後ろがセシウム137
セシウム137の方が微妙に多いので原発由来だろう。
立米辺りなので分かりやすい。

1bqで約15億の原子量なので
1立米当たり150万個の15*10の5乗個でしかない
セシウム原子が漂っているということだ。

■但しセシウム1モル(気体22.4L分)は、6*10の23乗個
なので、
1/10の17乗分 モルしかないので
これが果たしてどういう影響を及ぼすかはいまだ不明である。
花粉で増えるのかどうかも謎。
ちょっとした実験が始まると思えばいいと思う。

■去年もなんだかんだで花粉に付着していたと思うので
深刻になりすぎる必要はないと考えています。
マスクをつけておけばとりあえずは問題ないでしょう。
ミストまで言われると分かりませんけどね。

むしろ原因が知りたいんだけどな・・・

追伸)一応普段の原発周り(運転30年後)に住んだような物なので
気にしないように
Posted at 2012/01/29 23:11:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 再飛散と言う悪夢 | 日記
2012年01月16日 イイね!

【甲乙つけがたい】再飛散VS窒素パージ遠距離砲【疑い残る】

■2号機がいい温度になっているとか・・・
正直、温度計が正しいのか間違っているのかは知りませんが、
大抵は正しいんですよね・・・

パラメータを見てみると・・・
わかんない、やや2号機が高めですが
まあ、穴だらけなので、大丈夫でしょう・・・
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/images/12011612_table_summary-j.pdf

■ブツブツ言っている割に院長先生の情報は見ていたりします。
工作員とかはどうでもよくて・・・


■熊本でも舞っているなんてまたまた、と思いつつ天気図を覗いたら
・・・確かに素敵な東風の気象図


■どうやら、飛翔力を死の灰は増しているようです。
そうするとスカスカ説が生き返ってきました。
2012年01月09日
実際良く分かりませんが、原子炉の問題じゃない気がします。

1)恐らく、スカスカで、ドンドコ中の灰?がもれてきてる。たいした量じゃないけど
2)再飛散してる
3)ミストサウナみたいになって出てきてる。

・・・意外や意外、どれも本当なのかもしれません・・・
今更どうしようもないと言う意味では立派な収束です。

■そろそろ爆発よりも漏れが心配です。
窒素パージとはそういうことではあるんですけどね。
吸込むとアレルギーを起こす確率があるので吸わない事をお勧めします^^

■尚3号機のプール冷却ラインはとりあえずは落ち着きました。^^
3日間かけてストレーナを交換した甲斐がありましたね。
バイパスでも作ってエア抜き弁でもつけたんでしょうか?
なんにせよ良かったです^^


■4号機についてはとりあえず何もないようです。
傾いてもとりあえず崩れはしないかと思います。
すぐに燃料を取り出せないと言う事は線量もあるんでしょうが
個人的には「ごく一部でも燃料が無事ではない」のかなと思っています。
鞘が溶けちゃったとか・・・ね。
水蒸気爆発もしてるみたいだし。
Posted at 2012/01/16 21:38:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 再飛散と言う悪夢 | 日記
2012年01月15日 イイね!

「不毛な対立」と、「最適場所に情報が集まらない」話【おまけで再飛散の推定】

そういえば、飛散の原因が推論の一つがつきました。
凍結防止剤の可能性ではないかと思われます。
凍結防止剤は塩カルや塩化ナトリウムなので、水溶した場合非常に
親和性が高いはずです。車が猛烈に霧状に巻き上げますので、そのまま風が吹けば
上空に漂いますが盆地なのでその外には出ないはずです。
今後も冷えたときには引き続き多くのセシウムが上空を舞う可能性があります。
これなら畑でなくても可能ですし、アルカリ塩の水溶霧がその主成分ということで
分かりやすいかもしれませんし、沈降物自体で濃縮がかかります。
一つの仮説として面白いと思います。
それでなくても、いわきだけでなく、福一対応の素敵な車も東北道を走っています。
供給源はあるわけです。
*************

■トンデモコペルニクスこと武田教授
4号機とセシウムの基礎知識 (1) 薪とウラン(セシウム情報は末尾)

山さんは嫌ってますが、私は割りと大好きです。
その何というかばらつきっぷりが面白いし、間違えるときは思いっきり間違えるので
トンデモぷりが面白いのです^^
自分ごときも、少々間違えても(笑)発言していいよね、と思います。
プラント屋的視点がたまに見え隠れするのも気に入っています

■以下に引用を示しますが、いい事を仰っています。
根本が親原発でありながら、反対や、辞めたほうがいいという立場が
一番信用なるのですが、残念ながら今の日本は
反対→信仰→とにかく反対、これをカッコいいとみなす傾向が強いのが残念です。

なんと言うのか思いや、願いがあれば、
その時点で誰もが皆、工作員の訳です(笑)

工作員を求めて戦っている人も工作員
私もきっと工作員、反原発も工作員、推進も工作員。

「手のひらを太陽に調に言えば」
僕ら(私たち)は皆工作員
生きているから工作員、
ではないでしょうか(苦笑)
紛れもない日本の工作員です。



>福島のセシウムが急に増え、さらに福島第一原発の4号機が爆発したのではないかと心配されています。多くの人が心配しているのに、原子力関係者は事実や基礎的な考え方をほとんど公表していません。
このようなことは、今に始まったことではなく、これまでの原子力に共通して見られたことです。つまり、反原発の人たちが懸命に調べ、発信し、抗議をしていても、原発推進の人たちは「俺たちには殿様(政府)がついているから、彼らの相手にしなくても良い」という態度に終始したのです。
でも、これは反原発の人も同じでした。私は時に反原発の研究会などに行って、質問をすると「なんだ、こいつ! 原発側にいてケシカラン。そんな質問をしてどうなるのだ」という目で見られ、十分な答えをして貰ったことはありません。
「不毛な対立」というのはこういうのを言うのでしょう。お互いに自信に溢れ、自分たちの村に安住し、自分と異なる考えの人も立派な日本人であるということを認めようとはしないのです。
原発推進側は言葉使いは丁寧なのですが、慇懃無礼。反原発の方は、言葉使いは汚く、ののしるという感じです。私も反原発に近づきたくなかったのですが、その理由は「少し質問でもすると、ものすごい勢いで人格バッシングにあう」ということでした。
質問に答えてくれるよりも、レッテルを貼られ、バッシングを受けるので、質問がむなしく感じられました。でも、私たちが原発のことを考えたり、議論したりするのは、私たちの世代だけのことではありません。長く、日本の将来を左右することなのですから、少し、「俺が、俺が」というのを止めて「相手は?相手は?」という姿勢をとって欲しいものです。
*********

次は傍観者の強みでつぶやきましょう


■一方で情報が貴重であったりしますが、
残念ながらその解釈はなかなか難しい。折角いい情報なのに・・・

群馬県全域で土壌調査まとめ。太田市や館林市などで1000Bq/kgを超える数値も。

もうひとりは、葛飾区の女性。周辺で五十台二人。六十台一人。男性が突然死。一人は既往症かもしれないが、皆、廃棄物関連の仕事。茨城あたりの廃棄物をマスクなしで処理していたはずということ。ほかにもう一人五十代男性も、心筋梗塞で倒れ、一命は取り留めたが、復帰は不可能とのこと。こんなに立て続くのは考えられないと言います。

瓦礫焼却の問題は明らかなはずです。そう、職員の健康を損なうということ。
瓦礫運搬問題カテゴリに書きました。

引用)
バグフィルターだけではなく、
スクラバー(霧洗浄)
焼却灰
だから多くの飛散は阻止できる・・・が、=焼却場は汚れる

■自分は従業員の健康にしか言及できなかったけれど
あとは設備の汚染と、
でも
ゴミを燃やせば、あなたの街に原子炉が増える^^
下水処理場もすでに原子炉状態です。
この言葉を、瓦礫焼却と戦っている方々に
預けたいと思います。
自分本位の抗議活動では人の心は動きません。
まともな方のまともな意見が、抗議活動の立ち位置を変えれば
より多くの人の気持ちを動かすと思います。

**************
■沢山の人がバタバタいっている今こそがチャンスです。
どうぞ問題の本質を間違えずに、
切り込んで頂ければと思います。
阻止できなくても、決めた人の首にしっかり縄をかけることくらいはできるはずです。

***********
■さて、プロジェクト側はそこにしっかり注目できるでしょうか??
もう一つ、私のプルーム経路マップに関係する
②の部分で色々と出ているようですが

驚くほどでもない、といったら人が悪いのでしょう。
但し水を良く吸う、栄養豊富な土ほど汚染濃縮されますので
その傾向は継続して出ているようです。
皮肉を言えば、最適場所になれるかどうかだと思いますので
ぜひ幅広い視野をお持ち頂いてがんばっていただきたく存じます。


以下引用
下記は、群馬の土壌調査データですが、僕の講演会の後、土壌調査をおこなわれて、公表に同意された方のメールで集まった内容の集積です。調査が同一の学校内などで、何箇所も計測されていることもあり、全県の平均を出すのには、偏差が偏っていると思いますので。ただし、このエリアでこういう数値が出ているという目安になると思います。太田市や館林市などの汚染がひどい感じがします。地形的な検討が必要と思います。情報的に整理がつかない状態で僕のところにデータが送られてきましたが、ぼくも北陸講演で移動を重ねていて、こまかくこちらで整理することが難しいため、とりあえず、最低限の整理だけをして、ブログに載せておきます。
========================================================================

館林市加法師町(戸建て住宅地)
自宅南側
セシウム134  24.70Bq/kg
セシウム137  16.40Bq/kg
合算        41.10Bq/kg

検体1. 自宅 南側庭
セシウム134 488.52Bq/kg
セシウム137 606.64Bq/kg
合算     1095.16Bq/kg

検体2. 自宅 西側庭
セシウム134 155.02Bq/kg
セシウム137 198.61Bq/kg
合算    353.63Bq/kg

群馬県藤岡市岡之郷  

セシウム134   42.7Bq/kg
セシウム137   55.9Bq/kg
合算         98.6Bq/kg

群馬県佐波郡玉村町下之宮   庭
セシウム134    不検出
セシウム137    不検出

富岡市街中民家の庭
放射性セシウム(CS-134) 247.89Bq/kg
放射性セシウム(CS-137) 340.88Bq/kg
合算                588.77Bq/kg

(雨上がりに採取したので、1.3~1.4をかけて考えた方が良いと言われました。)

桐生市東久方町
セシウム134   328.56Bq/kg
セシウム137   447.93Bq/kg
合算        776.49Bq/kg

桐生市相生 庭
セシウム134    58.67Bq/kg
  〃  137    91.73Bq/kg
合算          150.4Bq/kg

桐生市菱町(山中)
セシウム134    69.98Bq/kg
  〃  137    82.35Bq/kg
合算       152.33Bq/kg

安中市秋間 庭
セシウム134    351Bq/kg
 〃   137    504Bq/kg
合算         855Bq/kg

高崎市箕郷町 花壇
CS-134:481.18Bq/kg
CS-137:603.69Bq/kg
セシウム合計1084.87bq/kg

高崎市八幡原町民家の庭
セシウム134  庭83.15Bq/Kg 
セシウム137  庭122.74Bq/Kg 

高崎市岩鼻町の土 烏川と井野川が合流しているところにある河川敷の畑
セシウム134  28.30Bq/Kg
セシウム137  42.76Bq/Kg

吉岡町大久保 関越道駒寄PA東 庭 11月20日採取
放射性セシウム134 50.90Bq/kg
放射性セシウム137 55.56Bq/kg

高崎市倉賀野町 民家庭土壌 
Cs134・・・92.21 
Cs137・・・130.99
合計・・・223.20

高崎市下中居町 庭土壌

Cs134・・・65.92
Cs137・・・88.36
合計・・・154.28

高崎市井野町 畑土壌

Cs134・・・30.63
Cs137・・・45.53
合計・・・76.16

高崎市上室田町 畑土壌

Cs134・・・171.09
Cs137・・・207.93
合計・・・379.02

高崎市昭和町 大豆畑の上
セシウム134  25.42Bq/kg
セシウム137  19.27Bq/kg
高崎市上佐野町 庭の土を平均して採取 
CS-134 75.2Bq/kg
CS-137 104.6Bq/kg

高崎市下佐野町 庭の土を平均して採取
CS-134 41 Bq/kg
CS-137 29.9Bq/kg

高崎市上佐野町 学校    
校庭中央部    
CS-134 49.4 Bq/kg
CS-137 68 Bq/kg

鉄棒前        
CS-134 37.7Bq/kg
CS-137 57.7Bq/kg

バスケットボールゴール下 
CS-134 12.5Bq/kg
CS-137 14.7 Bq/kg

トラックのコーナー(子供たちが通学の時に横切るあたり)
CS-134 35.6Bq/kg
CS-137 49.4 Bq/kg

高崎市浜尻
①校庭中央
Cs134が68.32Bq/kg 
Cs137が102.35Bq/kg
セシウム合算170.67Bq/kg

②サッカーゴール前 
Cs134が68.42Bq/kg
Cs137が95.89Bq/kg
合算164.31Bq/kg

③滑り台下 
Cs134が175.81Bq/kg 
Cs137が250.03Bq/kg
合算425.84Bq/kg

太田市南矢島町(家庭の庭土・花壇)
  セシウム134   809.56Bq/kg
セシウム137   630.13Bq/kg
セシウム合算  1439.69Bq/kg

太田市藤久良町(家庭の庭土・軒下)
  セシウム134   104.32Bq/kg
  セシウム137   148.6Bq/kg
  セシウム合算   252.92Bq/kg

太田市竜舞町(家庭の庭土)
  セシウム134   104.32Bq/kg
  セシウム137   148.6Bq/kg
  セシウム合算   526.13Bq/kg

太田市新井町(家庭の庭土・南面・落ち葉下の土)
  セシウム134   157Bq/kg
  セシウム137   181.52Bq/kg
  セシウム合算   338.52Bq/kg

館林市若宮町(家庭の庭土)
  セシウム134   449.45Bq/kg
  セシウム137   541.21Bq/kg
  セシウム合算   990.66Bq/kg

藤岡市
土壌の採取方法は同じ表面から5センチ、量はおよそ2.5kgの採取、
ゲルマニウム半導体検出器での測定です。
【1/3】塀の近く、震災以降そのまま、草を少し抜いた程度 
Cs134:35Bq/kg 
Cs137:41Bq/kg
【2/3】畑、震災当時草無し、5月ごろ一度数センチ表土を取去り、以降ビニールシートをかける 
Cs134:14Bq/kg
Cs137:18Bq/kg
【3/3】木と木の間、真ん中あたり、5月ごろ表土を一度取去る(草とその根も多く一緒にはがす感じ)
Cs134:6.0Bq/kg
Cs137:9.4Bq/kg

高崎市井野町 畑 
Cs134 33.48Bq/kg
Cs137 52.85Bq/kg 
セシウム合算86.33Bq/kg 


新潟県阿賀野市 自宅庭 
セシウム134 9.52Bq/kg
セシウム137 9.25Bq/kg
合算     18.77Bq/kg

新潟県阿賀野市 菜園
セシウム134 不検出
セシウム137 16.20Bq/kg
合算      16.20Bq/kg

長野県東御市
採取日時 2011.11.13 
セシウム134  不検出    
セシウム137  11.41Bq/kg  

Posted at 2012/01/15 19:06:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | 再飛散と言う悪夢 | 日記
2012年01月11日 イイね!

【ステップ2】フレコンバック除染=放棄地域の確定【飯館放棄必要】

フレコンバック除染は、能率無視である
とにかく紛らわしかろうが、ミミズが紛れていようが、
固めると言う事に意義がある。
先ほども書いたようにゴミ袋なのだ。
とりあえず入れて縛っておく。
あえて言えば見える化する事だ。

全ては消せない、しかし元は天から降ったものだ、
灰であれば片付ける。見えないからといって何故放置したのか?
溶け出す前に何故集めてくれなかった。


と言う「恨み言」があります。
何度かあきらめかけていますが、一日一日
フレコンバック除染の有効性は落ちています。
日々0.5%ずつ位、同じ量を集めた時に確保できる
セシウムのbq量が減っていくのです。
そしてその分は、水を通じて田畑に凝縮され、
食物流通を通じて、私達の体にしっかりプールされます。


*******************************
■全て片したいわけではない、
はっきり言って従来の汚染は全く無駄となるのは百も承知。
1月初っ端の、セシウム100Mbq飛散、

最悪の再飛散なのだろうか??
だとすれば、院長先生のツイート切り取りを見ると
こうなる。



■飯館は、すでに除染の効果がない。(すさまじい再飛散)
元々あそこは・・・真っ赤の地域




■塩に喩えてらっしゃるので、逆に分かりやすいです。
塩に喩える以上は溶けるという事、敵はイオン=液体である。

一粒と見るか148万と見るか、私は148万と見ます。
日本はソ連じゃないのです、捨てていいやと言える土地など限られています。

意地悪を言えば、その148万を測る機械があるわけで、
一粒が分からなくてもざっくり袋に突っ込む事はできるはずです。
わかんないなら根こそぎ、集めておいておけば
少なくとも再飛散も、溶出も最小限です。

■怖いのはセシウムの「循環」です。
「循環」したら減りません。


最も日本人は一億人いますので、ベクレルを1000bq+を義務付ければ(一日5bq)
1000億bqは確保できます。


******************************

■日本海中部地震のグレードアップ版が起きて、
日本海の原発が破壊される
例えば若狭湾の原発群のどれかが、火を噴いて
仮に停止中のほかの原発から退避して
燃料プールが大爆発・・・というのも

今回の震災が想定内だったということは
想定内だといえると思います。


■そんなの起きないとは言わせませんよ?
と、かっこよく言いたいのですが、
残念ながら言い訳が効かないと言う意味合いです^^;

■起きる、起きないではなく、起きた時どうするか、
特に初期においてはフレコン除染の有効性は明らかでしょう。
除染の体系化と簡易化、そして健康への配慮は
今後備えるべき「想定内」です。
燃料プールがそこにあり、環日本海の原発群が存在する限り
原発事故の可能性はゼロにはなりません。

■消費税5%でぶつぶつ言う私達が
例えば、5%のセシウムの確保をぶつぶつ言うのは、おかしい気がします。
残り95%がとかそんな問題はどうでもいい。
あえて言えば側溝なんて汚くていいんです。

それくらい割り切ってできる所からやっていかないと、
ずーっと循環してしまいます。
しかも供給源は山の水。

***************
■もう一つ裏の手があります。ダムを作って底を掘りまくります。
そして、三段ダムにして沈砂設備とし、底に土を捨てまくって沈殿させるのです。

前からチョコチョコ触れている砂防ダムのでかいやつです。
とにかく山水を沈殿させて、セシウム汚泥を落とし込みます。

浪江などのやばいところは、
割り切って福一と同じく飛散防止樹脂を撒きまわります。
(再飛散防止)

ゼネコンを使うのはとにかくここで、
砂防ダムを作らせまくるのです。
使うコンクリートにはセシウム土砂で十分です。

■狙いは沈殿封印です。
福島改造計画でブルトーザーでならしまくるような芸当ができないなら
とにかく人が入れない、エリアを最小限定め、水系、飛散系を封じ込め
住めないエリアで食い止め、住めるエリアにはできるだけ降りてこないようにする
ここができないと福島中通などは盆地なのですから、
使えない、死んだ土地がどんどん広がっていきます。

■水溶分はそれでもどうしようもないのですが、
山の恵み=汚染泥の訳で
「もののけ姫」の「たたりがみ」みたいになっていますので、
遠慮願うしかありません。

■山さんが「放射性物質を取らない、
新陳代謝を浴してセシウムなどの排出を」といっていますが
人間だって、土地だって同じです。

摂取しない、
変なものを取り入れない
排出を促進する

これを怠れば土地だって死ぬのです


■人間の除染や、放射性物質にどれだけうるさくとも
農地の汚染?防止は誰も気にかけていません。
但し、放っておけば田畑の濃縮は確実に進みますし
進んでいます。









■今の汚染は、恐らくは塩化セシウムです。
それこそ塩と一緒です。

水を土でこしとって行きます。

****************
■意地悪を言えば、塩が一粒、量が少なすぎて取れない、
塩が30000粒、量が多すぎて取れない。

土地は、捨てればいい。
人は、立ち入り禁止にすればいい。

もしもそういう事を言っている方々のお住まいが
何らかの事態によって汚染された時
私は同じ事を言うとは到底思えないのです。

あるいは、中国や韓国の原発であれば、
その時は、とあるブログが福島を褒めたように
「私達の家は汚染されましたが、よくできました^^」と仰って頂けると思います。

アジアを見渡せば、
福島の問題はちっとも他人事じゃないのです・・・
大事なのは「明日はわが身」の心で臨む事です。

************

とあるブログ↓
2012年01月10日07:00 事故調査委員会中間報告書を読んで(2)ーー「原子炉パラメータの深読み(3号機)」の読み直し
>3/13日9時10分の原子炉圧力の急激な低下と、原発正門での放射線強度のピークが何故起きたか、この報告書で良く理解できました。現場の方々は、パニックにならずに、冷静に良く処理できました。

感想)
「よくやってます」、プールは爆発したけれど・・・
現場スタッフにはどうしようもなかったと思います
Posted at 2012/01/11 13:46:24 | コメント(1) | トラックバック(1) | 再飛散と言う悪夢 | 日記

プロフィール

「こんばんは、そんな無能なら文科省なくしても大丈夫そう。
貧困解消省として再出発すりゃいいのに。」
何シテル?   06/23 21:41
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28
日勝峠よ永遠に・・・・・(´;ω;`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 14:57:29
名曲の風景25 Chasing Cars / Snow Patrol 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/25 08:00:47

ファン

189 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.