• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2012年04月25日 イイね!

【ハイブリッドとは別】北方領土にいる白い?ヒグマ【ヒグマとホッキョクグマは交配可能】

2012年04月24日
ヒグマが可哀そうな人達が大量出没??
の続きです。
原発に微妙に飽きたので
クマネタを続けてみたいと思います。

■前回さりげなくネタ振りした。

ポイントは一番下。

■北方領土を象徴?する様な変なクマ。
「通称:白いヒグマ」

2010年の話である。
北方領土で独自進化を遂げた!?国後島で発見された白いヒグマの全身画像が公開される









■恐すぎますよ…
ちなみにその前年のニュースはちょっとふざけていた^^;

白いヒグマ、国後島で撮影 日本側訪問団が成功


…オイッ^^;

■彼らなりの親日の表現ではないかと思われる。
日の丸を表現(嘘です)


***********************************
一方カナダのグリズリー(ヒグマ)とホッキョクグマの話
こちらは何気に有名になりつつありますが

■ちなみに大気の温暖化よりも海水の温暖化はやや深刻で
ホッキョクグマとグリズリーの相の子がいて、色々性質が混ざっているそうです。


このハイブリッドは白いヒグマ。
当然逆も混ざっているのもいると思います。
黒いホッキョクグマとか。

言っちゃあ悪いけど人種みたいなものなので難しいです。
人間も祖先は黒人説が強いですし…。

■ちなみに武田教授の手にかかるとこんな話になります。
生殖隔離
変な言い方をすれば純粋な白人が見れないのが悲しいとか
そんな話と大差ないのかもしれません。

ホッキョクグマも、元はヒグマなので、
ハイブリッドは血の戦略としては間違っていないと思います。
変な言い方、氷期と間氷期の間に
もしかしたら繰り返されてきた行事なのかもしれません。

*******************************
■何にせよ、北方領土のヒグマの話は
どうやらヒグマにはホッキョクグマの遺伝子が今も眠っていて
氷河期の際にはホッキョクグマとなって
対応するという戦略と考える方が
分かりやすいのかもしれませんね^^;

ちなみに白いハイブリッドは泳ぎは中途半端な模様。

********************************
■10年越しで鉄拳2他の時代がやってきたとも言えるのかもしれません





■将来はこんなのも…??


■ちなみにホッキョクグマも凶暴です
ホッキョクグマが同種のコグマを襲い、食べる

クマを信頼しすぎるとDQN熊に食べられてしまいます。
写真家・星野道夫さんは、最期はシロクマに食べられちゃったのですか?
(食べたのはロシアのヒグマです)

他にはこんな恐い話も・・・

そしてグリズリーマンのお話

■つまり…↓こうなったら手遅れです^^;
Posted at 2012/04/25 13:05:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | クマ話 | 日記
2012年04月24日 イイね!

ヒグマが可哀そうな人達が大量出没??

■私、昔は山をうろうろしてました。
言っておくけどヒグマだけはやばい^^;
テントの物とか取られたら終了です。…

もちろん会った事ないけどね。
あったらもうこの世にいないと思った方がいい^^;
ヒグマはそれ位警戒心の強い生き物です。
(ツキノワはなぜか見た事が何度かあるので間抜けているみたい)


***************************************
■で、ヒグマが札幌の街に出て射殺された。
体重130キロ…
(ツキノワは大体30~50キロが多い)
で、抗議が膨大に来たそうだ・・・。
ヒグマなのに・・・
ツキノワが里に下りると速攻殺されるのに…

■悲しい事に、一度里に下りた熊はまた降りてくる。
だから…運が良ければ捕獲で戻すけど、
130キロもあるヒグマは運べるもんじゃないし
麻酔効かなかったら…死ぬから基本射殺は仕方ないです。

「何も悪いことしてないクマなのに…」泣く女性も・・・民家近くのヒグマ射殺報道で、札幌市に「なぜ殺した!」と苦情殺到

*****************************************
■ヒグマはいっぱいいるから滅びないと思うけどね…
でもヒグマが減ったせいでエゾシカが威張り腐ってるから難しい…
札幌市の民家近くに2、3歳と思われるオスのヒグマが一頭出現し、北海道猟友会のハンターが
 猟銃で駆除した。この様子がテレビのニュースで流れたことがきっかけで、札幌市役所には100件を
 超える電話が入り、その大半は「なぜ殺した!」という苦情だった。

 札幌市役所では、本州に生息するツキノワグマに比べてヒグマは比較にならないほど巨大で
 凶暴なため駆除してきたが、これからは山に追い返すなど別の対策を検討しなくてはいけない、と
 頭を抱えている。

 駆除されたヒグマは体長が135センチ、体重が120キロほどだった。2012年4月19日、里に降りて
 きたことが確認され、翌20日の午前6時ごろには民家から約20メートル離れた林の中にいた。
 人を怖がる様子はなく、このままでは住宅街に進入する心配があると判断し射殺した。

■2,3歳、で100キロオーバー、人怖がらない…
ヒグマを撃ち殺すのは命懸けな事を知らない人もいる様で。
ちなみにリスクが高いのは
定番の母子熊と若い熊(2-5歳)
逆にそれ以上のクマは人間から見えないように
暮らすケースが多いとされています。


***********************************
ネットでは有名ですけど折角なので、三毛別羆事件と福岡大の事件を張っときます。
三毛別羆事件(1915)

福岡大パーティー事件(1970)

■ちなみに今でも年に1人くらい殺されたり、ハンター返り討ちにあったりします。
なめたらいけないんです・・・、貨車にはねられても姿がないとか、ガクブルです…
ヒグマ研究室


■そして本州人はツキノワの駆除を叫ぶ・・・
イノシシ先に駆除してください…恐いよあいつら…
(ちなみにツキノワは四国…極めて少ない、九州…絶滅、中国…ほぼ絶滅、近畿…絶滅危惧
数が当然へってます。人に危害がない限りは生かしてあげたいものです)
Posted at 2012/04/24 01:17:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | クマ話 | 日記
2012年04月22日 イイね!

クマ牧場情報を集めてみた

■残念ながら去年のと年と10回くらい前を通ったのに
寄らなかったことが悔やまれてならないが…

どうもクマ牧場情報を漁っていると、
去年大きく経営が傾いたような気配が…
1000円高速廃止と、
福島の原発事故でどこ行っても人いなかったですからね…

それはともかく、問題のヒグマたち…
こいつらですか…


■噂によると日本のクマじゃないみたい(おい!!)
出てくるブログもヒグマばっかり…
ツキノワは・・・
ちなみにアラスカ産のヒグマさんはグリズリーなんて言われている。

要するに虐待というよりは「弱肉強食」だったようだ・・・・




■ちなみに阿仁にもクマ牧場があるみたいで
こちらはツキノワがごろごろしているようだ(さすがマタギの里)


是非一度行ってみようと思う。



■ちなみに大きさの差をもう一度覚えておいてください
今回は右のが逃げたという訳ですね…・
そして身元が確認できてないのですが…
何で確認できないの???
聞いちゃいけないとこですかね…

■そんな自分も野生はなかなか見れません。
目の前をもそもそ横断して行った時はあっけに取られましたけど、
虐めちゃいけないですけど、可愛がるほどでもない^^;
バランスがむつかしいです。

参考動画、ヒグマだと確実に殺られます。
もちろんツキノワでも同じ大きさの犬の破壊力があるのは当たり前です^^;


自分は可愛く感じますが、虐待とか云々とかの問題ではなく
人里に下りざるを得ないという難しい問題もある訳で
・・・でもヒグマは凶暴だからだめでしょ…。
(※北海道で聞いた話ではヒグマはキレやすいだけだそうですが。)

この動画背中を向けて逃げるよりはよほどマシな対応です。
何してたんだろ…
但しうかつに近寄ると危ないので真似しないでくださいね。
Posted at 2012/04/22 22:51:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | クマ話 | 日記

プロフィール

「@Nicolas Kenji さん、こんばんは。二人でモリカケ(妨害するニダ)、でしたっけ(笑)、偏向報道の王様ですよね。」
何シテル?   09/26 23:13
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

車がないから京散歩その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/02 16:16:15
アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28
日勝峠よ永遠に・・・・・(´;ω;`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 14:57:29

ファン

189 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.