• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2012年12月11日 イイね!

【官僚的当前の帰着点】過去の設計は普通でした【点検ミスでごまかし】

■破砕帯だったり、地層だったり、或いは
水脈の話などを、一生懸命特集してみた笹子トンネル

■実は…もう行政の終着点は見えているんです^^;

ホントは天井が薄いと言う、「技術的困難点」があるんですけど



1)設計は悪くない(過去の道路族は神様だ!!)
2)点検ミスっすよ(点検できない構造だけど…)
3)ネクスコの責任者首切っておしまい。
4)緊急点検、天井釣り型を通行止めにして対策工事が全国できます。


うん、これだけなんです^^;

******************************
■道路の基本設計は道路族の独壇場。
高速が通ると大金持ちですからね^^;
「基本設計が悪い」なんて
過去の大先輩をDISれる訳がない


■これで「人のせい」にできましたよね。
ネクスコの(担当者の)せいです。
業務上過失致死で送検と…。
で、ネクスコが勝手に金払えば解決です。

9人の方が亡くなられたので…
うん…
トンネル(掘り直しとかの)
改修工事より(下手すると)
安い訳なんです…



*******************************
■今の自分には、いいとも悪いとも何とも言えないんですけど
だから放ってあったと思うんですよね。

■でも、言いづらいんですけど
今回はたまたま「たった9人」で済んだと言うのは
ラッキーでした。これが渋滞時に発生したら、数百人だった筈。

■気になるのは「過去の過ちの直視がこうやって風化する事」です。
もちろん…「誰かが悪い」から「支払いが発生する」訳で
遺族を考えれば、
シンプルに「こいつが悪い」でいいとは思います。
それが一番救済されます。


でも…、その前提の引き継ぎはあったんだろうか?
「打音検査について、例年通りで」
過去に省きだしたのが誰か
ちゃんと突き止めたんだろうか??


*****************************
原因究明と責任(金の話)とはちょっと違うんですよね…
でも実際には責任(金の話)が先で
原因はおざなりにされている
様な気がします。

行政、民事、刑事、で
犯人を追及するのも大事なんですが
民事(金)の為に、
往々にして刑事や行政はゆがめられているし
それに対して
自分は違和感までは感じないんですが

洞爺丸とか、大川小学校とか見ると切なくなります。
多分今回のトンネルもスケープゴートで終わると思います。


■まあ、世の中そんなもんなんだけど…
でも、これって中華トンネルとかでも
管理側の責任で問題ない、
って意思表示に見えるんですよね


高速道路がねずみ講化してる気が
するんだけど…気のせいだよね。。
Posted at 2012/12/11 18:09:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 笹子トンネル事故話 | 日記
2012年12月05日 イイね!

ちょっと「まとめ」と、来週までブログ休みと言う話

■この3日くらい、トンネル事故の事を思いつくまま書いております。
悪気はないけど…感じが悪かったらごめんなさい(汗)

資料を固めて情報を出すので、
文章まで頭が、回っておりません。
一応考えられる原因とかは、
大体網羅できたと思います。
後出しにならないように、と言う意図もあります。

**************************
■困った事に
…出来てしまったトンネルは直し様がなくて
一方で最近のトンネルはマシンによる自動化もあって、
非常に出来がいいんです。

普段はトラブルがないのでいいのですが、
例えば、避難経路だとか、吊下げがおかしいとか
こういう事故の時には顕在化します。

****************************
■トラブルの処分のつけ方は
…残念ながらパターンがある場合が多いです。
今回の場合は、設計ではなく「施工が悪かった」
当時は「こういう設計だった」


で幕引きではないかと思います。

正直…それが良い事なのか、悪い事なのか
自分には判断がつきません。

そして何よりもその判断をするのが行政等ですが
決定プロセスは現場を知る人間とは限りませんので
ちょっとその判断がどうなるのかは、
とりあえず見守るしかないなと
思っています。
*******************************
■但し、失われた命と言うのは、戻ってこない訳で、
「誰かが責任を問わなければいけない」
と言うのはあります。

大抵の場合「考えなければならない」何かが
後から見ると欠落しているケースは多いです。

ですが、「過去に、良いもの、とされたもの」が覆される事は
日本においては大変まれです。
「システムの欠落」だったり「制度の欠陥」が隠されている訳ですが
否定されるケースは少なくて
「システムが完遂」されなかった下っ端の責任である


とされる事が多いように思います。

*********************************
■一方で日本の面白い所は
言われなくても新しい物は改善して直されているケースが多い、
と言うケースです。

「問題を感じた場合、問題が事故になる前に
往々にして解決しているケースは多い」と思います。

故に、大事故については
トカゲのしっぽ切りに終始するのかもしれません


*************************************
■日本は今、本当に便利な国です。
お金があれば、大抵の物は手に入りますし、
困る事は無くなりました。

一方で、不便を許せない、我慢できない
そういう動きがあるのかな、と思います。
80点じゃ我慢ならない、120点でもまだ足りない

たまに50点が出るともう喧々諤々といった雰囲気です。

************************************
■実際には「マイナスからのスタート」と言う物があるので
50点であっても、-70点からのスタートで
120点の出来かもしれない。

ですが、それが人に与えられたスタートであっても
点数を出した人が全責任を負うシステムになっている、と思います。
それがいいか悪いかは一口には言えませんし
点数を出した人が全責任を本当に負うのであれば
シンプルでいいのかもしれません。

*************************************
■ですが実際には「責任を取る人」が用意されて
石を投げられている印象がどうしてもあるんです。


その辺りは報道であったり政治であったり、
そういう物を生かして世論が
「あいつが悪い」
「これで手打ちだ」
ってなってしまいがちなので、
その前に出来るだけ、情報を集める必要がある様に思います。

*************************************
■特に今回のトンネル事故みたいなものは、
世論の3割くらいが同じ意見を持てば、その結論でFIX
されます。

実際そういう印象が正しいかどうか、と言う可能性を含めて
掘り下げてみたつもりです。

**************************************
■「マイナスからスタートしている」時点でシステムとしては欠陥なのですが
「システムが正の回転」を始める前には、
往々にして「マイナスからのスタート」と失敗があるように思います。

長い目で見る転換点、であったり
ちょっとした「革命的な出来事」
だったりします。

「現在」のきっかけを知るための貴重な教訓が隠されている
ケースが多いと思います。

****************************************
■失敗は成功の母とはよく言ったもので
成功の裏には、今回の笹子トンネルみたいな失敗作も沢山います。

現実においては「沢山の常識や、お叱りの意味」を知るチャンスでもあります。
苦労やリカバリーは「因果」や「タイミング」の重要性を教えてくれます。
取り除けない問題点は、その世界における「禁忌」を教えてくれます。

そうしない為にはどうすればいいか、
経験がない際に、最初のポイントで間違わない、
「無理ゲー」を作らない為
にはどうすればいいか?


*************************************
■正直自分勝手な考えなのですが、
その理(ことわり)を学ぶ事で、
自分の身を保つきっかけができればいいと思います。

言わば、危険の匂いを
かぎわける事でしょうか。
同時に残念ながら
そういう危険な時代が近付いている予感
があるんですよね。

もちろん平和で何事もないのが一番です。ですが
そうは行かない時代は
すぐそこにあると思います


*************************************
■そういう意味では、改善や良化を望みつつも
そんな世の中甘くない、と
何処か諦めて、生き残ろうとしている自分も感じます。

それが何故なのか、どうしてなのか?
良く分からないんですけど、ただの勘違いで
平和が長続きすればいいなとつくづく思うのでした。


■明日から公私ともに多忙です、
明日はともかく、月曜位まで更新はお休みする予定です。
とりあえず書きたい事は無理やり書いたつもりです。
時間がたって見直してあちゃーと言う事もある予感がしますが
仮説はがっつり作れたと思いますので、
推論に対し原因がどう考察され、結果的にどういう話になるのか
見守ってみたいと思います。
Posted at 2012/12/05 23:59:28 | コメント(0) | トラックバック(1) | 笹子トンネル事故話 | 日記
2012年12月05日 イイね!

【破砕帯はどこだ】基本設計と、2次設計(施工設計)のお話【地形の突き合わせ】

■渦流さんのご意見は正しいと思う。
普通、「何でほっておいたのさ」って思うもの。

笹子トンネルで恐いのが
「誰が泥をかぶるか」って話なんだよね。

***************************
■そうすると設計と施工が分かれてると
凄くややこしい話になる。
設計が、政治家のコネの
現場を知らない東大出」なんかだともう大変。
出来ないよ、こんなのと言う図面が書いてあったりする^^;

でも現場見たことないから順番を知らないんだよね。



■アンカーボルト付のコンクリートを打てばいいじゃん。
いやあの…穴開いていたらコンクリート止まらないよ…。
基礎のアンカーボルトは、上向いてるから大丈夫であって、
セメントはドロドロでしょ??

************************
■設計は言う。特に分からない設計は。
図面通りに作れば大丈夫です。
いや作れねー・・・


だって基本設計は「施工図」じゃない、
基本設計は「トンネルの形」
大きさ、長さ、ルート、基本地層図に基づくコンサルタントな訳。
誰も、コンクリートの板ぶら下げるのに
ボルト差し込んで終わりなんて思わない訳。

ちなみに
日本シームレス地質図なんてのがあって
確かに笹子には断層がある。

******************************
■一応セオリー通りこの断層は直交させてる。
実績のある20号の新笹子トンネルの直上でね。
まあこんなのを見て安易に考えたっぽい…

でも、綺麗に割れてなかったらどうするの??
漏斗みたいな形でグシャグシャに割れていたら…??




漏斗の中に入ってるぐしゃぐしゃの石達=破砕帯だとすれば
分かりやすいと思う。
*********************************
■もう一度崩落位置を確認する。
この辺である。






*************************
■グーグルアースでアップにしよう…
排気設備と、ちょっとした外に出る部分がある。




****************************
■笹子トンネルは高低差50m、これで3次元化できる




国道20号のさらに下を走ってるのが分かると思う。
*********************************
■そして事故近辺で現れたのは
深いすり鉢状の谷…





*****************************
■この割れ目同士がどうつながっているか、それは分からない。
だけど…

この複雑な谷が、地下でつながっていれば




200mの破砕帯に近くの水が全て集中する
地下ダムみたいな事が発生しうる。


地下河川と言ってもいい
********************************
■それが毎分6000Lの地下河川だったと思われます。


で、水圧でコンクリを押し流したと…

*****************************
■ちなみに朗報もあります。
一つは、水の酸性度が弱そうな事。


温泉も中性と言った所です


■ただ、トンネルの上部は恐らく薄い。
だから振動が多い吊り下げに全く向かないケミカルアンカー
が用いられている。
(コンクリをうちぬいたりダメージを与えたりしたくない)。

****************************
■水の力って結構凄くて、
正直言って理屈じゃない。

逆にいえば、相模トラフ系の力はもちろんかかったと思う。
でもここは、活断層その物じゃない。


■だから、崩落するとか今すぐに地震が起きる可能性は
ない訳じゃないけれど薄いと
思う。

2,3年の内に、下手すれば1年以内に
松田国府津断層は動くと思うけど、
前から動く動くと言われてきた断層なので、
気にかけても仕方ない。

******************************
■要するに亡くなった人をダシに…色んな事実が分かるってことで
施工ミスじゃなしに、詳細設計ミスじゃなしに、
「基本設計ミス」が詰まってると言うお話で、
こういう事を防ぐ為に、トンネルマシンが
自動でトンネルを掘れるように進化した。

時代が変わる前の35年前の苦闘が刻まれていて
難しいけれど、こういう事故って防げないんですよね。
いつか、誰かがババを引く。

そして国の判断は「設計が正である」
救いようがないよね^^;

中華品質ならあっという間に崩壊するから
保証期間内なんですが…
Posted at 2012/12/05 21:03:03 | コメント(0) | トラックバック(1) | 笹子トンネル事故話 | 日記
2012年12月05日 イイね!

【政治家&コンサル】基本設計異常と脱原発利権【飛島は多分無罪】

この記事は、EXITについて書いています。

吊り下げにケミカルアンカー…
ありえねーだろと
言うのが、
現場の感覚です。

普通のアンカー…コンクリートの鉄筋から生やす
オールアンカー…コンクリートを傷める、けど中で押し開くアンカー
ケミカルアンカー…穴の中に
ケミカルセッターというカプセルにボルトを打ち込み
、接着剤で止める。

■つまり…
上向き…ケミカルアンカーが不均等
振動…ケミカルアンカー…不向き
おかしいんですよね。

で、あれば
何故板が皆くっついていたか?
振動を抑える為と考えるとつじつまが合う
でも…

だから打接点検したら、抜けるよね^^;
だから目視点検と。

■「基本設計がおかしい
としか思えないんです。
で、気になったのがこの文言
「設計通りでなく」つまり施工が悪いと


多分アンカーを生やせないほどの地下水で
で、厚みも十分とは言えなかった。
だからオールアンカーはコンクリを傷めるのではやせない。
ま、こんなトコ通しちゃったんだからそうなるわな





よく見ると20号は破砕帯をまたいで、
それから峠を越えてます。
避けてるんですよ。
でも高速道路はえいやと破砕帯を貫通してる。

まあ、20号と電車があるから、
通せる場所が限られていたとも言えます

*****************
■「基本設計はおかしくない」って強調してあります。
これ、施工側と設計確実にもめてます。

みなさん、こういうのを見ると、施工が悪い手抜きだ
って思って施工側を攻めるんですけど、
飛島側は堂々と、実績として出してるんですよね。

国内最長の破砕帯を貫通した、偉大なる施工だってね。

*****************************
■逃げ道も然り、
「(基本)設計おかしいだろ」
当然出たと思いますよ。

でもトンネル工事とかって、設計別なんだよね。
コンサルとか設計事務所とかが作っちゃう。

■そこに政治家の利権があったと言う訳
じゃあ自民党が悪い?でもちょっと待て
角栄、金丸は誰の師匠ですか?

ふっと思い浮かんだ人がいた。
(あくまで過去のポスター)


**************************
■脱原発は立派な利権、それは「100兆かかる」からだと思う。

ちなみにそこの利権は物凄い物があるんじゃないかな?
何で突然脱原発なのか?
そこに利権があるから(苦笑)と思ってる。
**************************
■邪推はさておいて、

トンネルをもうちょっと広く作って、ダクトを下から支えれば
問題は起きなかった筈。(1番目の回答)


まあ、そりゃそうだ。
***********************
■でも見て、通路は一方、余裕ないんだこのトンネル。
拝借するとよく分かる。


通路せまいし、かまぼこ円だから下から支えようとすると斜めになる^^;
トンネルの中で断面を変えるのはもちろん自殺行為。

**************************
■作られたのは1975年前後、オイルショックの時。
何が起きたか、物価の高騰、インフレーション

実際計画は多分、田中角栄の国土改造の時に
実施計画をしたはず。
(基本計画はそれ以前)。

つまり物資、人件費高騰の中
如何に安く物をつくか、をコスト削減で
こういう事が起きてきたという事。

施工の手抜き以前に、
基本計画に無理があった

と思う方が合理的だ。
**************************
■最近は何かあるとすぐ犯人探しで
「こいつが悪い」「あいつが悪い」
だから誰も過去のいわゆる「結果的過ち」を
明かさないし、改善しない。

日本人の悪いくせですよね。


何か赤い先生に指導された学級会みたい。


*************************
■洞爺丸関係や大川小学校でも追及した通り
偶然にまさかが重なった時に、
経験は役に立たなくなる瞬間がある。

マニュアルを当初守ったから死んだ」が発生する。

「子供が正しかった」
んじゃなくて「想定外だから大人も子供も関係なかった」
「でも大人はマニュアルに沿って行動が遅れた」
「マニュアルじゃなく大人が悪い」

巧妙ですよね^^;
でもだから、責任者が悪い、当事者が悪い
これじゃ良くなる訳がない。

そこには赤いアンタッチャブルがあって、
良く見ると弱い者いじめになってるんだよね。

**********************************
■失敗はシステム改善のいいチャンスなのに
失敗は賠償のチャンス、取り囲むチャンス
ゴネるチャンスに変えられてしまってる。

■今の日本は何もしない人が偉くて


何もせずにゴネた方が、頑張った人よりも
多くもらえるようになりつつある。

**********************
姉歯は経歴詐称でばれたけど
意外と基本設計は、入札とかないんだよね。

政治家…アンタッチャブル
設計コンサル…アンタッチャブル

ここ(基本計画)で談合されたら
、どうしようもなくて
それを人知で乗り切ってきたのが
日本と言う訳。


■もっとルーツを大事にすれば
見えてくる物があると思う
パチンコ屋さんみたいに新装開店もいいけどさ。

************************
■そして事故に遭われた方のご冥福を願いつつも
敢えて言っておくと

トンネルマシン以前、本当に沢山の人が
インフラや道路の為に、亡くなったと言う事
安全は守り続けなければ、容易に私達を襲う事

そんな単純な事が分からなくなりつつある日本人

■自分だって流れに流れて、
たまたま現場で見聞きして、
色んな人に教えてもらっただけですが、
そういう事を日本人は蔑み過ぎで技術が伝わってない。

凄く勿体ない。
***************************
■まあ通行止めにしてしっかり改善するしかないと思う。
ちなみに新笹子トンネル(国道20号)はしっかりしてる模様。
破砕帯を避けてトンネルを掘るのがベストと言う証拠だよね。
http://www.zenken.com/kikkansi/vol_56/07/zk_vol56_07_16_18.pdf

そうなると、不適切個所の掘り直しが
出てくるからトンネル会社の株が上がる。

■マスコミに騙されちゃ
開通前、会計検査院が施行不良指摘 笹子トンネル
2012.12.3 00:48

駄目だよ
Posted at 2012/12/05 10:39:06 | コメント(1) | トラックバック(1) | 笹子トンネル事故話 | 日記
2012年12月04日 イイね!

【一応原発ネタ回帰?への一歩】破砕帯を科学しよう【不思議色々】

■本エントリーは推論、推理エントリーなのですごく長いです。
どっちかと言えば原子力と言うよりは地質ネタです。
****************************
ヤフー知恵袋で、こんなのが出てました。

笹子トンネル事故について…

■まともな答えは一番下でしょうね。
一番上は^^;まあいいや。

要はさ…「通行止めの責任をだれが取れたの」です。
補強も何も改造すれば簡単に下からの補強は取れますけど
じゃあ道幅は足りるの?と言う事です。
中央道や東名は基本「国防」道路でもあります。



興味深いのは2つ目の回答、↑

私が気にかけた
天井部のコンクリートの心配↓が出ています。


4つ目の回答(一番下)は破砕帯についてを重視していると言えるでしょうね。


*****************
■と言う訳で、どうやらやはり、今回の事故の要因は
破砕帯と水に焦点は絞られそうですね。
で、破砕帯って何?大飯原発でギャーギャー騒いでましたが
元は黒部の太陽なんかで有名になった物です。
透水層であり、活断層の「痕」でもあります

それが生きてるか死んでるかなんて全然分かりませんが
幅だとか深さで、属している断層の活動時期は分かるんですよね。

で、破砕帯の詳しい知識を得る為にサイトを探してみました。
7.破砕帯と変質帯

■フィリピン海プレート(伊豆半島)等の応力で形成された活断層、
と言うのが今回の笹子の破砕帯と言えるでしょうね。


で説明が続きます。

******************************
■で、難工事とされた丹那トンネルで20m
中央構造線で100mだそうです。まあ笹子は斜めにぶっちぎってますけど200m
ふーん…


つまり笹子の破砕層は異常にでかいと言う事が分かるかと。

■次に破砕帯の性質

粘土によって水の流れが相当に変わると言う事です。

水が大量に吹いたと言う事は、
明らかに北側の谷は透水していると言う事でもあります。
また鉱泉が付近にあると言う事は、水圧は相当のものである証拠です。

**********************************
■現実その透水性はしばしば大きな問題となったと言うのはご存じの通り。


■で、面白いのは変質帯、断層は深さにもよりますが様々な
熱応力を受けます。で、そこに熱水が入ってくると
鉱山、鉱床が形成されるんですよね。


■つまり破砕帯を調べればどんな性質でと言うのは一応分かります。
当然笹子トンネルもそのようなデータがあった筈です。

***********************************
■甲斐の隠し金山として有名な黒川金山も
笹子と同じ山系の北の大菩薩の更に北で、
熱水が破砕帯を通じてできた鉱床、の様です。


富士山と破砕帯の組み合わせが鉱物資源を呼ぶ
と言えるのかもしれません。

■この辺りのデータ次第では、
相模トラフ系の断層のあり方や認識が
恐らく変わるでしょうし、笹子トンネルの災害は
事故の原因に関らず、
過去における造山活動と断層の形成に関っています。

***********************
■現実に笹子近辺の岩盤の強さが
周囲を上回るようになって、
結果として松田国府津断層や、伊勢原断層という
周囲の柔らかい部分を割る様に断層が形成されるようになった
と考えると、ひずみによる煎餅の割れ方は

なかなかに複雑な形を形成します。


**************************
トンネル災害で出た犠牲を無にしない為にも、
断層や破砕帯の研究を通じて、
前向きに地殻構造の探究は必要かと思います。


甲斐における「国中と郡内」の境であり
武田勝頼が、小山田信茂に裏切られた舞台ともされる
笹子峠は、地質上も重要なポイントと言えるでしょう。

**************************
■結果的にはアンカーすっぽ抜けで終わりになると思うんですけど


破砕帯と水の役割を考えれば、
手軽に手抜きと断定していい物じゃないと思います。
当時はトンネルマシンなんてないんですからね。


**************************
■今は交誼は無いですが
とある方に
確か伊勢原方面の
井戸水の放射性物質の異常を教えて頂いた事がありました。
逆にいえばまだまだ相模トラフはエネルギーをためる
余裕があると言う事で

溜まればたまるほど地震は巨大化します

**************************
■まあぶっちゃけ、若狭の原発群なんかよりも
浜岡&相模トラフ系の方が怖いんですよね^^;

そんなこんなで笹子トンネルの件は、
非常に興味深くもあり、また、難しさも感じます。
************************
■同時に日本地質学会のHPでは

自然放射線で見る境の様にも見えます
(大菩薩は熱水のせいか?自然放射線が高い)




■右下に斜めなのが笹子峠及び笹子トンネルです


*****************************
■断層帯と重ね合わすと、笹子は恐らく特殊な意味合いを
持つ地質学的に重要な場所と想像されるのでした。





つまり伊豆半島本体が裂けている場所と言えるかもしれませんね。
伊豆半島本体は極めて固いので、ぶつかる縁(笹子峠)で大規模な
割れが出た。
地上部の境が伊勢原断層、地下(海底プレート)の割れが相模トラフ
で、薄い縁を割っている(笹子峠)と考えるのが一番
合理的と言えるかと思います。

逆にいえば、物凄い応力のかかる山じゃないのかなあ??


■↓の様な仮説が成り立つ、と言う訳
Posted at 2012/12/04 20:34:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 笹子トンネル事故話 | 日記

プロフィール

「希望の党は、地方外国人参政権賛成に回りつつあるみたい。百合おばは、少しずつこうやって何時だってカメレオン(苦笑)背乗り希望の党はおかわり上手だね!」
何シテル?   10/07 20:19
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

【衆議院選挙2017】候補者を選ぼう (一部追加) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/06 21:56:10
車がないから京散歩その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/02 16:16:15
アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28

ファン

188 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.