• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2014年01月13日 イイね!

今日は久々セシウムの話だよ。

今の食品のセシウムの汚染レベル知ってますか?
答えはほぼゼロ(苦笑)
但し立ち入り禁止区域を荒らしてやがるイノブタとかは、食べちゃダメだよ。大増殖中らしいけどね(汗)
立入り禁止や、作付禁止、肥料とか色々あるけど、さすがは広島長崎でも復興しきった日本、旧ソ連の大体10倍位の勢いで下がっちゃったんですよね。
原発近くをうろつく野良牛さんの汚染もいい加減落ちてきた。

ですので今は、セシウムが健康に被害を及ぼすかもとされる0.数%以下の汚染が残るのみとなった。
当初放出量的にはぶっちゃけあと数十倍「定着」で、かなりやばかったけど日本は大したものなんだよね。

もうひとつの役割がセシウムにはあって、他のヤバイ核種が出た痕跡を示すマーカーの役割がある。代表が有名どころではストロンチウムですけど、これもガスの放出システム(仕組み)の問題で、マーカーとしての基準値の10%程度しかそういう類いが出てないんだよね。

桜総本家さんが四日市の事故でチンチンドンドン、ソーラー禁止、って叫べばいいのにっておっしゃってましたが(笑)、痴漢がいる、強姦魔がいるって思えば夜道は怖いし、お化けが出るかもって思えばトイレは怖い(苦笑)のとおんなじで、お化けがでないと思えば出ないんだ。

100%の化学論議をすればきっと日本はものを作らなくても、謝罪と賠償と在日支援と、コンフォートウーマンへの土下座で生きていける、専門家が考えればいい。高度な化学論議だってなるかもしれない(苦笑)

で、自信満々な方々は震災の時出てこないし、数字が落ちるともっと出てこない。自分も仮説の段階でぶっちゃけるのはリスキーではあるけど、そこまで都合がいい人にはなりたくない。

分かるのは数十年たたないと分からないと言って、広島、長崎の人の縁談をぶち壊した無責任野郎共は、責任を一切取らなかったってこと。あの時は仕方なかった、情報が足りなかった、間違っていた、とか言ってるけど、その場ではパワハラセクハラ、誹謗、中傷、価値観押付けをし続けて来たんだよね。

そのときの経験は今回確実に生きたと思う。あとね、どうも差別意識の強い地域は放射能に敏感に反応して放射脳になる確率が高かった気がする。所謂、部落問題、在日集落のある地域を内包するエリアは、どうもその気配があった。但し、データまではなかったのが残念です。

でさ、半減期を短くすれば問題解決、とか元自民かつ元民主が言ってる(笑)




まあ、半減期を短くすれば、エネルギーは物凄く湧くけど、その後も崩壊は続くんだけど(苦笑)、ま、みえなければ怖くないんだから、本質的には大間違いでもいいのかな?って思う。

ちなみに、野生汚染イノブタは、直ちに影響がある上に増殖力が猪の二倍だそうだ

結局、原発は元からなんだけど高度な化学論議でも、何でもなくて、政争と利権の為の票取りパンダにすぎなくなってる(苦笑)、で、民意が盛り上がれば、民意ニダ!、民意が盛り下がると、危険ニダ化学論議で、お前は間違いニダ。

結局、どっちでもいいんだけど、自分は究極不服でも何でも民意だよ。
但しその民意には民主支持同様、皮肉を言いまくられる位の責任を伴う。

実際、多くの人はその民意だってさじ加減を掴めない気がするからギャンブルに過ぎないんだよね。つまりは民意は間違う恐れがあるから、監視して選挙禁止するニダってなるのが左翼の論理だと思うと面白い。

たとえば東社会の秘密警察はスパイを捏造したんだけど、戦前の日本はその辺りをアカヒがうるさくいうんどけど、東社会にはだんまりなんだ。
今でも中韓が証拠や犯罪を捏造することにはだんまりなんだ。カッコつけるのはいいけど、一貫しないしできない、だから敢えて空元気でビビりまくりつつ、日本人は主張し続ける事が大事だと思います。
自信がありそうだからって騙される、だまされつづけるのは勝手ですけどね。

考えて騙されない、言うべきことは言う、詐欺は徹底して潰す。嘘はありがたい証拠として残して差し上げる、これを怖がる勢力は意外に多いのかも知れませんね。

皮肉にも自民も怖がってる節があるのがねぇ(笑)
ちなみに、居住禁止地域のイノブタはしっかり内部被曝してますがちっとも死にません。更に日本の食べ物は汚染すらもうほとんど出てきません。食物連鎖と、閉鎖循環さえなければ恐れるに足らないんです。

今までを見ると、びびりすぎで、「汚染イノブタ的な存在」を許し、それを駆逐しようとすると可哀想、命が、尊厳が、食べ物を保障しろ、弱いものいじめ反対とか、またマスコミが騒ぐかもしれません?

意外とイノブタそのものについても可哀想とか騒ぐ可能性もありますけどね。
2013年10月21日 イイね!

【汚染水の正体的な話】バレそうだからばらしちゃえ【セシウム以外の怖ーいお話】

■汚染水の正体…東電がばらしてますね


*************************
・ヒントはこちら
羅列しますね。

■セシウムが低いのにストロンチウムが一杯これ如何に?

■前にスクラバーの話をしたけど
塩水スクラバー化した原子炉によって
(吉田所長(故人)の決断)
人にとってヤバい物は大体地面に沈んで行った。

■そして不自然に、汚染水をため込む東電があります。

■で、私め=ちょこばは『流せる時に流せばいいのに』
と言ってましたよね。

■また、今の私達の食生活は、「ほぼ安全だ」って
自分が断言できた理由って何でしょうね?
A:(頑張って流してないから)
*****************************
■繰り返しますと…
セシウムはマーカーなんですよ。
ただの目印。
20000ベクレルとか体にあると
異常が出るという「目印」


セシウム自体の異常の想像は出来るけど
あくまで想像や推論で、
あるのは統計データだけです。

結局はどんなカクテルがどれだけの量
どのタイミングで、
どんな状態で流出したかがカギ
です。

*******************************
■で、自分は3/15から18日近辺のプルーム
だけは、とびきりヤバかったとこぼしてますよね。
「もう分かんないけど、あはは」と
おまけしてますけどね。

■今は交友のない、ある方が
とある機械で、探ろうとした時
『多分見つかんないけど頑張って』
(文字にするとひどい…><)
とエールを送っていたりします。

*****************************
■自分はギャンブラーですが負けず嫌いなので
勝算がないと、言いだしません。

そういう事を考えて、
安倍総理の汚染水のコントロールを
もう一度考えると、
なんか思い当たる事がありますよね。

「何でそんなに評価される発言だったのか?」
*********************************

■何故流すなら事態が落ち着く前で
流さないことに自分は不満を抱きつつ
それを見て「ほぼ安全」を自信を持って
言いだしたのか?

と考えると、結構ヤバい事に
気付けるかもしれません(苦笑)


**********************************
■とはいっても関係者じゃないから
情報公開が不完全である以上
自分は『推論の一つ』を言っているに過ぎません。
公開しなかったのは政府であり、東電ですからね^^;

え、ずるいって?
ずるいのは承知の上ですし。

その中のどれがヤバいのかはよく分からないけど
ヤバいから、プルトニウムを取り出すときの
再処理技術なる物がある訳です。

********************************
■原子力事故に関らず
あと原発をどうするかに関らず。
再処理技術は、そういった観点から
『必要な技術』
です。

むしろ医薬とか治療関係の為に
今後も必要
なんですよね。

それで持って
核燃料サイクルを実現するかどうかは放っておいて
のお話で分離固化の技術は
『必要な技術』
だったりします。

使えるか使えないかは放っておいてね(苦笑)

原発も持ってなければ、分かっていなければ
お隣のトンスル国民の様に
パニックを起こしておしまいです。

****************************
■原発をこの先大量に作らないからって
モネルやインコネルの切削や制作技術が
失われるのは意味がないってことです。

そういう総合的な観点に則って
方針と産業の再編を進めるのが大事だったりします。

*********************************
■まあ、ヤバい物がタンクに入っちゃったから
「ほぼ安全」って
笑えるでしょ^^;
ただ、漏れようが流れようが
全部ドバーって行く訳じゃないから
今現在『ほぼ安全』に変わりはない
訳ですよ。

いずれ「廃水処理」しなきゃどうなるかは、
誰が考えたってわかる訳
ですけどね。

まあ、除去難航してんだろうなあ。
(苦笑いしかできない)
*********************************
■ただ、こういう話をすると
やっぱり日本の原発は危険ニダ
韓国サマに技術を売り渡し
日本の原発は解体ニダニダ

というスパイが大量に湧きます。
もしくは、短絡ルーピーさんでもいいんですけどね。

ま、なんも考えずに道路に混ぜた
南トンスルランドでは怪しげな疾患も多いそうですが(苦笑)
知ったこっちゃありません。


杜撰なかの国で放射能の害を立証できない以上
日本で出来る訳がないというゆえんです。


*********************************
■逆を言えば今回は
Fukushimaの奇跡であり、競馬でいえば
予想の範囲内ですけど万馬券に近い物
です。

思い切った賭けを組み合せたから
「ほぼ最良の結果」が出た
訳で
逆を言えば、同じ事をするのは、当時の状況としては
結構リスキーでもあります。
ただ、どうしようもない時の
『スタンダード』になりうるテストケース
として名を残すでしょう。

**********************************
■同時に自分など、足元にも及ばない賢い人は
何の役割を果たしたんでしょう??
(注:自分も果たしてないんですけどね)

緊急時重大時は、
結局時間も選択肢もありません。
よって知能が高ければ
計算能力が高ければ、
リスクばかり計算してしまって
判断能力が遅れるんですよね。

よって経験と決断力の方が幅を利かせます。
しかしどちらを選択しても
マスコミが「振り返ってみればー」
とゴネて潰しにきます。

ちなみにマスコミは扇動と洗脳以外
何もできやしませんし
世論扇動をした
民主党はただの売国政党でした。


****************************
■そんなこんなで緊急時のカリスマとやらも
生き残るのは凄く難しいです。

何せとにかく「瞬間的なひらめき」が
ヒットするのは
たまたま、だからです(苦笑)

自分みたいな「のらりくらり」
負けないように賭けている人達だけが生き残ります。

***********************************
■喩えをとてつもなく
思いっきりカッコよくしてしまえば
明治維新の生き残りみたいなもんです。
小粒ばっかり生き残ってって言われますけど
小粒だから生き残るんですよね。


********************************
■という訳でかなり…小粒な私は、
何となく生き残って、折角なので

「能力者の皆様」に馬鹿なのアホなの
言われつつ
毒を吐いている
訳ですが、

「能力者」VS「小粒」で
何か生まれるかというと大差ないんですよね(笑)

現場の地道な作業こそが
本当はその奇蹟を形作っている

そこは、自分は小粒ながら
嘘ついちゃいけないと思います。

*******************************
『僕は能力者だ!!
みんな僕のお花畑についておいでよ!!!』
『うぉぉぉオー』


残念ながら99.999%偽物です。
それゆえにキリストやらモーゼの奇跡とやらが
2000年以上語り継がれている訳です。

*********************************
■弘法様伝説が、1000年以上ある訳です。
あと2000年すれば『DAISAKU』伝説が
出来ている可能性もあるんですよ。

もちろん続いていて信者がいれば、
というお話ですけどね。

■そして失敗すれば『ルーピー』の一人として
(社会的に)殺処分されます。

ま、いいじゃないですか?
北の楽園が、信じられていた時代もありましたし
教科書にコメの収量が日本より北が高いって
載っていた時代もあったんですから(笑)


**************************
そんな訳で汚染水の話。
今更は流せないから…頑張ってね^^/!!

(実際には再処理プラントの小さいのと
廃水処理を併設するしかないかなあと思います。)

漏らしたとしても、
被害が出るほどの統計的被害は出ませんので
方針を決めるのは結構ですし
漏れたって、気に障るだけで、大した事はありません。
但し、地道に何百年かかろうが、そういう浄化処理は必要です。
風評被害でも何でもなく、それは必要なことであって
『何もなかった』って誤魔化すからそうなるんだけどね。

危険だからとにかく運転停止!!は物凄く賢くないし(放射脳)
安全だからとにかく再稼働!!もあんまり賢くない。(甘いよね)
だから今、中途半端な状態だったりする
というお話でした


ま、能力者に期待しましょ。(本気で期待はしてますけどね)
「祈祷とか手かざし」とか有効かもしれませんよ。
あと太陽光で浄化できたりしてね。(皮肉)
2013年04月07日 イイね!

【FPの恐ろしさの番外編】定理と出鱈目の狭間に未来がある【微生物学】

■ブログを読んでいる人は気付いているかもしれない。
放射性物質を毒としてみるか、マーカーとして見るかで
実は評価軸がごろっと違う。

■毒としてみる時はどこまでも科学的判断に沿うべきだと思う。
故に、福島は紛れも無く安全だ。
短期核種の瞬発力と言う面で、甲状腺がんの発生が疑われる
(そのメインはヨウ素135の影響力次第だ)
だが、繰り返すように、甲状腺がんは
2009年韓国の女性ガンNO1で、生存率は99.5%
この時点で、何が起きようとゴネ屋として処理できるだろうし
処理すべき状況だと思う。(苦笑)
セシウムは食品規制が行われた以上、議論にすら値しない。

■故に危険だと喚けば喚くほど、彼らの首は絞まるのだけど
そこに自分が介在する訳でもないし、止める義理も無いと言えばない。

■しかしマーカーとしてみれば、未だに見えていない原因があれば
特定条件化でリスクとして作動する。
今回はその論理としてモネラ界といわれる微生物界への
悪影響の可能性を考えてみた。


*******
■その例として、あからさまにいかがわしい(笑)
チェルノブイリの支援組織の主張を
まあ、正しいと言う可能性が無きにしも非ず、
とさせて頂いた。それなりの理由もあるし。

■証明されていない可能性を、
出鱈目と片付けることは非常に簡単で容易だ。
理論だった理論があれば、間違いなく
疑義をはさめば全てはでたらめに出来る。

また出鱈目を真理として
全てに押し付けようとするから厄介なのだが
実は出鱈目こそが、大事な時もある。

*******
■間違った出鱈目が、なぜか自分の知っている常識や
正しい定理に勝る、と言う違和感は
常に養っておかなくてはいけない、と言うのも、またあるし、

このブログは、所詮は一次資料に基づく2次的な推論を述べ
それに対する、答え合わせを行っているだけなので
信用についてはそんなに心配していない。

あえていえば、自分を否定して、一次資料も否定できるなら
あなたは天才だね^^と言う意地悪はチョコットこめられていたりして。

********
■実は出鱈目?が通用する特定条件と言うのは
非常に貴重で、そこにはイノベーションが常に隠れている。

発明や、画期的発見、ノーベル賞、薬効
こういったものは、結局出鱈目の科学的解明、であったりするからだ。
だからノーベル賞が授与される訳で、
当たり前の事を当たり前に、理論だてることに
画期的な価値はまるで無い。

■だから、出鱈目を押し付ける気はないし、出鱈目を否定する気もない^^;
これは未来へのネタだから、もし正しければ生きている間に
何故出鱈目が、エラーにならないのかが解明されるかもしれない。
されないで、そのままで腐るかもしれない。
或いは違う論理で類似動向が解明され、何故出鱈目かがわかるかもしれない。

■出鱈目にはでたらめなりの大きな魅力がある。
但し、それを押し付ければ、宗教となり迫害となる。
所詮は特殊な条件下で成り立ったN=1の奇跡にしか過ぎないからだ。

*************
■故に、例えば今、新型インフルが騒がれだしたが
これは、バクテリアやウイルスの遺伝子交換の可能性が高まっているともいえるし
それとも単純に、期待通りそろそろ出現の時期だっただけとも言える。

恐らくは後者であり、折角だからお隣の国に
起源を主張して頂きたい(笑)

■ただ、見えないからといって、今の人たちは

この辺の微生物をあまりに軽視しているなあとは思う。

**********
■例えば狂ったように叫ぶ低線量被曝の根拠は
そのほとんどの証拠とされるものが、シャーレの上の細胞実験である。
実際には人間の細胞の一つが、分裂しないことはなんら影響が無い。
例えば2008年のバイスタンダーの論文


これを良く見れば、
人には影響ないことが、
単細胞生物にとっては致命的なことが分かる。
そして単細胞生物にはその分裂を止める仕組みは無い。

***********
■そもそもIPSだって、単細胞までリセットして、
更に多細胞への 復元性とガン化のリスクを押さえるという
そういう作業で、そこにはレトロウイルスの力だって借りている。

特定条件化における出鱈目の有用化を
論理だてて解明、実証したから、ノーベル賞である訳だ、
臨床医であれば出鱈目だの一言で終わる話だ。

故に、単細胞と私たちの間の壁を特定条件化で
安全に取り除くことがバイオ工学である訳で
一歩間違えばリスキーなのは、
これから遺伝子組換え作物が実証してくれる。

何故なら、微生物の変異スピードは恐ろしいくらい速く
耐性化と遺伝子交換能力が併走でき尚且つ確率的に発生するからだ。
京大チームが寝ずに実験するスピードよりもよほど速い。

***********
■つまり放射能の本当の恐ろしさは
人間や自分の子供を損なうのではなくて
見えないところで私たちを支えている、
細菌類や菌類(キノコ等)の世界を大きく変えてしまう
「かも知れない」と言うことにある


■幸いにして今の日本は、食生活が多彩で、自給率が低いし
変な作物は出荷されない。つまり福島に住んでもなんら影響は無い。
その証拠は内部被曝量(マーカー)である。
仮に微生物がアオコ毒の産生の上食物連鎖しても
それをほとんど取込んでませんよと言う事であるからだ。

■自分の言う福島の安全はそういったデータや衛生学に基づいて判断している、が
じゃあ、大陸は一体どうなんだろう?
毒を地下に流し、化学薬品まみれで、黄砂には放射性物質、
微生物界は過酷な条件下で、生存スピード、休眠性能
毒物の取込みとエネルギー化、遺伝子交換による進化
これを競ってやしませんか??


**********
■故に、新型インフルが、来るべき物が来る時期に
発生しただけならその事を大いに歓迎する。
もう何年も予想されてきたことで、なんら恐れることではない。

しかし中国のウイルスが環境激変で、進化のスピード加速であるならば
これは大いなる警鐘だ。

***********
まあ、ウイルスはいい。しかし、
腸内にはバクテリアや大腸菌が共生していて、
彼らは原始的故に、DNAを交換できる。
バクテリアなどの原核生物は、核ではなくDNAをそのまま
保有し、死んでもそのDNAは取り込まれ流用される。

故に未知の毒素が、共生菌に取り込まれれば
O-157の様な悲劇
がまた繰り返さないとも限らない。

***************
■将来、ナロジチと福島の差異は、衛生学と
食生活や、腸内環境における
遅効性の毒を案じさせてくれる
結果となるだろう。


その結果放射能は恐れなくても良くなると思う。
でも・・・内部被曝量は、一つのマーカーになるかもしれない。
その一つの可能性が微生物のもつ毒なのかどうか


***********
■その場合、「風の谷のナウシカの腐海」は
体内にあるわけで

大腸炎の安倍総理は、腐海の中が大変だと考えると分かりやすい(笑)

**********
■何度も繰り返すように、放射能の問題は環境問題というよりは公害問題である。
相対的なもので、日本だけの問題ではまるで無い。
それだけに、日本では衛生環境も、プロバイオティクスも
万全ゆえに、影響は出辛いし、福島の健康被害だって明確なものは出ないだろう。
(少なくとも人間に関して言えば、証明は不能レベル)

しかし矮小化すれば、世界の食べ物が、微生物が
弱毒をもち、地域の生き物を損ね、
長い目で見て人の命を縮めるかも知れない。
地球にとってはその方がいいのかもしれないなあと思うし

今の推論は現在のところ推定で、
出鱈目と呼ぶにふさわしい。


********
だから福島で被害が出ないことは、見えない敵と世界が
私たちの暮らしや寿命に大きく関わっているという事と
イコールなわけで、手放しには喜べない。


だから
増設も難しく
立ち枯れていく日本の原発は怖くもないし
今更核廃棄物を恐れても総量は大差ないわけで
融合炉の研究がてら
運転は大いに容認する根拠だが、
中韓、特に中国の原発大増設は
非常に恐ろしいのだ


それに触れない反原発など、
どんなきれいごとを並べようと
髪の毛ほどの重みも無い
売国奴の、環境破壊者の
「戯言」に過ぎない。


*************
■たとえ推論が出鱈目であっても、人間界よりはむしろ
微生物界が危ないし、毒化しかねないのは事実に近いだろう。
放射能の安全性に関わらず、バイオハザードへの言及は重要で
今後中国の微生物界が、中国の経済以上に人間の
寿命や盛衰を握るのは多分想像の世界ではなくなってくる
と、言えるのかなと想像する。

日本人の寿命が長いのにはそれなりの理由があって
今後も発言を変えて、信者を募集する放射脳に
惑わされないことは切に希望する^^;

今更、実は大したことはなかったとか、見かけるたびに
失笑する。あんなに汚染された許せないって言ってたのに。

*************
■福島は問題は無いけど大したことではあるのだ^^;
放射性物質をマーカーとして考えれば、何度も「おいおい」とは思う。

そして、県民の安全はともかく、「バイオ」実験場と化している
福島には同情を禁じえない。公害学や、水処理排ガス処理の
常識や定理が、マーカーとしての放射性物質に証明されるのは
うれしいけれど

■その恨みのマグマは、一定の人たちを歪ませ、狂わせると思う。
歪んだり狂ったりしているのはお隣とその不法移民で十分だ。

既にアオコのような毒を撒き散らしている訳で
気付いてからでは非常に厄介なのは
放射能と変わり無いのかなと思う

リスクをゼロには出来ないが、減らした方がいいのも同じだし
明確に害は無いけれど、
数が多いと良くないことが「何故か」多いのも
関西での経験上は似ている様な(笑)

******
まあいうほど悪い人達ではない。
伝手でろくでもないのが一杯渡ってくるだけでね。

定理だけでは駄目だし、
出鱈目が主になってはいけない。

そしていつだって、哲学的真理はシンプルで無責任だ(笑)
ブログ上では、チョコットだけ
無責任になりきらないよう努力したい。

************
故に害があるかないかに関わらず、
ほどほどにしておいた方
がいいものはあるし

原発も、放射能も、敵国との友好促進も
同盟国との、過度の障壁緩和(TPP)も
多分同様だと思う。

それはゼロにすることではなく、
野放しをやめると言うことだ


ゼロ運動や、促進、
或いはシンパ獲得のために
安全や、危険を己の了見で結論付け
定理と、出鱈目に分けることはおかしいと思う。

********
■個人的には
出鱈目は出鱈目で放っておけばいい。
やがて自分を含め大恥をかくだけだ。
その出鱈目がもし他の人に本当に害を及ぼすなら
追求する必要もあると思うけど、

それを狩る必要はないし、
程々に自粛できればそれでいいと思う。
出鱈目の具現化の瞬間だけは、出鱈目理論の発案者しか
見る事が出来ないからだ。

奇跡が年中起きたら奇跡じゃない訳で(笑)
その辺りをかっこよく言えば、
科学的探究心というのかもしれない。

*******
福島は「暮らすには安全」だ、
しかし「事態は深刻」でもある。


言葉にするのはとても簡単で、しかし証明するのは凄く難しい。
でも、人生とか、日本の暮らしだって同じじゃないかと思う、
地球温暖化詐欺をはじめとする環境問題もそう。

「深刻な事態に暮らす安全」こそ、結局は人生だったりする。
その裏には膨大な人たちが頑張っていて、
感謝と手助けと兵站と資金が必要
だと言う事は変わらない。

単純で、矛盾していて、気持ち次第
ただ、人によっては程々が違う。
日本は悪で、中韓は正義が「程々だ」という馬鹿が多すぎる。
それは程々じゃない、
ただの馬鹿としか表現のしようが無い。
何を持って中韓が安全だと断言できる??


*************
■つまり、安全と危険は並存するし、
どちらか一方に統一されることは決してない。

安全と事故が、そこにはあるだけで、
危険とは所詮、恐怖と空想だ。

その「付合い方が問われた」のが、今回の事故で
今後も問われ続けると思うし、恐れる気持ちを
無くしてはいけない、が連呼は慎むべきで

それを叫ぶような方の一部が、人には
人の考えを真っ向から否定するのも、
不思議としばしば見られたのが、今回の事故の不思議にも思えた。


もちろん自分を含め、「程々は難しい」と言うことかもしれない、
立場とはなかなか難しいもので、
「恐怖と空想」は不可欠だが、呑まれてはいけない。
特にコントロールできる立場の人間は、
出来ない立場の人間を想起しづらい。


恐らく問題はそこにあると推察する、
2013年04月05日 イイね!

【お腹から防衛?】今の日本にはもう関係ないけど、放射能への備え一応考えよう【万一に備えて】

■今の日本人は割とプロバイオティクスしてるので
防御済と考えた方がいいのかも。

***********************
■よってこれは例えば、10年後くらいに…

北朝鮮が「黒鉛炉動かした揚句自爆」したとか
中国の新型炉が「ポポポポーン」を起こしたとか
おなじみ古里原発が、やっぱり事故起こしたとか


そういう異常事態
あ、一個だけ通常事態が…^^;
おなじみの故障らしいですので…


**************************
■冗談はさておいて、将来万が一の緊急事態に、
使える手段を考えておこう。
と言うネタです。

今飲めとは一言も言ってませんので
注意してくださいませ


1)何はともあれラクトフェリン(法医研お墨付き)
2011年10月04日
ラクトフェリンも効果あるって【また法医研だった】


ヒドロキシラジカルに対するラジカルスカベンジャー能

*****************************
2)(ビール酵母:法医研特許済)
2011年09月30日
【エビオス奇譚その②】その後どうなっているのか【薬剤研究は?】


2011年09月30日
【エビオス錠奇譚】ビール酵母の凄い力【但しマウス対象^^;】


メタロチオネイン系の後亜鉛系で、こちらは金属捕集の要素が強いです。
体の中に入った物を奪うんでしょうね。
スーパーオキシド系ラジカルスカベンジャー能があります

*************************************
3)スピルリナ(本エントリーですね)アオコさんの仲間、スピルリナの錠剤です。
DICさんならまず安心でしょう。
上の2つに比べれば「気休め」ですが
(機序不明なので)

腸肝サイクルに湧いた、藍藻系悪玉菌(肝臓毒、神経毒を作る可能性)
の競合者でもある様ですし

暗所で水素を作る作用がありますので、水素の還元で
硫化物があれば硫化水素に、酸素があれば水に変換し
排出してくれる効果はありそうです。

目的:腸肝サイクル維持、悪玉菌との競合

*************************************
4)そのほか発酵食品、お味噌は塩化セシウム=塩化ナトリウム効果がありますし
納豆菌は、ナットウキナーゼとか言う、血栓溶解作用や、後腐敗菌を
やっつける効果があるそうです。
まあ事故時に入手できるかは謎


***********************************
5)水及び、「野菜ジュース」(ビタミンC)、カルピスとか(乳酸飲料)

被曝した後はちょっと牛乳系が信用無くなりますので
乳酸菌がギュッと詰まったと言えばカルピスかなあと。
水割りできるし(笑)

野菜ジュースはビタミンCの補給。
野菜が安心かどうか少し時間がかかります。
野菜の栄養までは無茶と言うものかも…

**********************************
いかんせん、腸肝サイクルで「できるだけ」食い止めることと
ラジカルスカベンジャーを投入する
(別に放射性物質外でも有効)



腸自体を保護する事、(乳酸菌の投与)
腸環境の悪化に、対抗馬を出す事(毒素菌vsスピルリナ)
発酵分含有食品(味噌等の摂取)
ラジカルスカベンジャーの投入(ラクトフェリン、ビール酵母)
もやしかカイワレ辺りの摂取(おなかの掃除)

セットでも買っとく。


*****************************
■凄い平凡なんですよね^^;
なんか普段の自分よりも健康的だったりして(笑)

ちなみにこういう時は漬物は控えめで。


実際漬物好きな東北各県はガンになる確率が高いし、寿命も短い。
(トップは青森)

*****************************
■後はナロジチにならない、おだてられない。
支援者なんて所詮は害が出るのを楽しみにしてる訳で
支援者が害が出て欲しいから、
出る様に誘導してたり
、してね。

ある意味害が出る様に培養され
誘導された人達

なんですよね。


体内バックグラウンド比2倍以上ですから
(60KGの人で7000ベクレル体にある)


ラジカル的には「ハイストレスである」事は間違いない、と思います。

****************************
■その仮定に立てば、以下の様な仮説が浮かびます。
とりあえずこんな感じ(あってるかどうかは今後のお楽しみ)



取込むと言うよりは、対抗馬を送り込む に近いかもしれません。
菌の正体も分からないEMとやらを飲むのは、
本気お勧めしません。(そもそも食品じゃない)
スピルリナはDICさんを安全性に関しては信じましょうか

****************************
■正直スピルリナ系はまだ機序が足りないです。
一応ちゃんとしたサプリなので、
いざという時には、みたいな感じですかね?
何よりも、プラセボ効果の方が大きいのかも

つまりは整腸作用なので、
ストレス対策=大震災時には応用が利く
それをメインに考えてみました。
何よりもきれいな水環境が大事ですから。


逆を言えば、誰かしら、ギャースカワースカ
騒いでも誰も犠牲者が出て来ないって言うのは、
そういう事(ある程度分かっていて対策している)です。

■ちなみにマーカーとしての放射性物質の解釈になると
「何らかを○○倍濃縮している」と言うのが被曝量の意味になります。
猛走峠さんの絵をお借りすれば…

いきなり、ミジンコに行くんじゃなしに
そこに至るまでに、藍藻等の濃縮機能があるから
「目立つ」と言う事です。


*******************************
■それに、マスコミはなかなか触れませんけど、
有史以来バシバシ動きまくっている、原発がご近所の
活断層は日本よりも強力なんですから、ね






********************************
反面教師(ナロジチ)があるから安心できる。
凄い罪深い気持ちにもなったりします。

原発反対派が
「除染は無駄だ」って騒いだのも
深い意味があったんですねえ…。

ちなみに土に「EM等」(≒窒素同定)を撒くと
土地の放射能の移行率が上がる筈です。
バクテリアの捕食が食物連鎖のスタートになる訳ですから
より取り込みやすくなる・・・と言う事ですか。
ナロジチの被曝量を見ると相当な
「成果」(被ばく方向)があった事が伺えます。

物質除染はとりあえず、フレコンバックが
結果的には大正解だったと言う訳です。


これからも一部の、宗教の様な
反原発派の逆を実施すれば
大きな成果があげられるのかもしれません。

 


しかし、1、2年前は盛んに叫んでましたね
何もせず、土地を放棄してあきらめよ、みんな死ぬ
騙されてたまるかって…
そこに、不法移民を住みつかせる気だったんだろうけどさ。

NHKやテレビアカヒが
チェルノブイリを物凄く深刻に報道するに留まらず
福島の風評被害を広める様な報道を行うのには
不法占拠の促進等
もしかしたら、
それなりの意味があるのかもしれませんね。^^;
2013年04月05日 イイね!

スピルリナ話と、「バイスタンダーとホルミシスの違い」

■ちょっとしたご質問を頂きました。
正直に言うと…、ちょっと書きすぎたのかなと思ったり。

ホルミシス派…なのかなあ?
コメント返答にはホルミシス派と書いてみたんですが
違和感を感じたので、ちょっと補足しておきます。

**************************
■自分は厳密には「ホルミシス派」ではなく「バイスタンダー派」です。

★ホルミシス…放射線が体にいい、細胞にいい
★バイスタンダー…放射能に対して体が対策をする

***************************
■但し、これには穴があります。
放射能によって、
「他の生き物」や「化学物質」がどうにかなるのは防げない
と言う事
です。

■その一つが「藍藻」だったりします。


■彼らは何せ、一番古くからいる原生生物
なのでまだまだ謎が多いんですよね

*****************************
■被曝量は比べ物になりませんが
原爆の際には、チフスみたいな症状や、血便なども出たと言う話もありますしね。

放射線そのものよりも、プロバイオティクスに関る話なのかどうか。
細かい所は…まだよく分からないようです。

**************************
■ちなみにそんなスピルリナ
が持つ薬効があるのではと言われている成分が

フィコシアニン」と言います。
こちらのページなどでは夢の様な成果が紹介されています。

******************************
■でも大体は、アオコ族の毒を打ち消すような効果だったりします。
肝臓の保護効果とか。


■後こちらのPDFでは
フィコシアニン量≒アオコ族のデータがあります。


*******************************
■そこにどうも、セシウムの腸肝システム
(腸における菌類共生のシステムかも)
が関わっている様で



スピルリナは今のところ素直で毒を出さないし
分解もしやすい希有な種と言う事が分かります。

と言っても盲目的に効く、とは思いませんし
日本の場合、発酵食品(納豆など)も多いので
そんなにメンテナンスはいらないかと思います。
(飲みたい人はどうぞ)

一般の藍藻は進化して毒を出したり、
少々の事では消化できなくなっているので
ライバルの少ない強塩性の熱帯湖でのみ生きているとか。


**********************************
後スピルリナ族は暗所適温で水素を産生するとか
酸化防止作用は水素還元かなあと思うが論文金取るので省略。

ちなみにその水素産生は、
燃料電池関連の水素生産でちょっと注目されていたりする。

フランスかどっかの水素水が
酸化防止の神の水とされてみる様に、
ちょっとそんな性質はあるの…かもしれない。



*********************************
■放射能以外でも人間がお世話になるかも、なんてお話でした。

プロフィール

「こんばんは、そんな無能なら文科省なくしても大丈夫そう。
貧困解消省として再出発すりゃいいのに。」
何シテル?   06/23 21:41
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28
日勝峠よ永遠に・・・・・(´;ω;`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 14:57:29
名曲の風景25 Chasing Cars / Snow Patrol 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/25 08:00:47

ファン

189 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.