• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2017年04月19日 イイね!

トランプは道化に徹していられるのか?それが未だ判らない

正直、安心しました。
予告攻撃は現代戦ではあり得ないことです。


今回の件
先に動いた方が負け、
トランプの取引であり茶番である
ゲームでしかない、
日和るにも程がある。

等々書いてきましたが、
それは即ち、トランプはピエロである、
という意味合いでもあります。

しかし、彼はレーガンではなく、
(レーガンは見事でした。)
ドナルドトランプです。
並みならぬ自尊心と、顕示欲があります。
そして、狂気も併せ持っています。

正直、演じきる、
こなしきるイメージが涌きません。
個人的にはこの勝負、
トランプの負け、という予感がします。

今回のオチによっては、
トランプの資質が問われる
(できれば杞憂であればいいのだけど)
確率が、2割くらいやはりあります。

本来は日本はそれに
備えなければいけないのですが…。

習近平をバカにする向きは
相変わらずなのですが
ここ数年でやはり相当修羅場を踏んでいます。

故に自分は習近平を恐れつつあります。
(賛同を求めているわけではありません)
取引は両刃の剣、と改めて思っています。

勿論、同意は少ないでしょうが
敢えて記載しておきます。
Posted at 2017/04/19 22:03:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | 中国は超大国になる | 日記
2017年04月12日 イイね!

【北朝鮮情勢】先に動いた方が負け

アメリカ軍は北朝鮮を攻撃できないと思う。
攻撃するとこういう流れになる。

1、アメリカが北朝鮮を攻撃(トマホーク)
2、援軍と称して瀋陽軍閥が北朝鮮に侵攻、韓国を窺う
3、韓国には大統領不在、
習近平は止めるかどうかを迫られる。

寧ろ北朝鮮内部でのクーデターを
画策していると思うんだけど、
このことに備えて、将軍様は
粛清に余念がなかった。

中華北朝鮮など
何のうまみもない(苦笑)

********
かつての日露戦争時のロシア的な動きを
中国はしているといえる。

アメリカがどうも、
日露、日清戦争時の日本だよね。
その時の戦費を考えると、そのメリットはない。

100年前と同じく半島戦力は
全く役に立たないし
瀋陽軍閥は
のちの張作霖軍閥みたいなもんだ。

となると…アメリカはまるで中国にプレゼントを
しようとしている様な物かもね。
裏付ける話も徐々に出て来た。


***********
と言うとアメリカに反発している様なんだけど
ちょっと違う。

自分は「日和るにも程がある」
と書いた。

シリア攻撃はわざとらしいし、


**********
当たり前なんだけど
シリアを攻撃すると中国が有利になる。

だって習近平来た時に、やっているという事は
脅した振りをしているだけ、って事になる。



************
何の為に??
一つは敵と味方を見分ける事。
(要するに風見鶏を探し出すため)





************
もう一つは習近平と同じ側の人間だとPRする為



正直習近平はメンツは少々減ったが
余りの大盤振る舞いに、寧ろ警戒をしたと思う。

**************
大事な事は憲法9条がある限り
日本は被害者か傍観者しか選べない。

この地政学的争いにおいて
全くの傍観者であり、
プレーヤーですらない。

今回の騒動で硬化するのはロシアだから
次は北方領土で何かをしてくるはずだ。

****
と言う訳で一連の騒動で分かったのは

2017年01月25日
トランプは交渉力低いし、習さんは器量がない


そしてトランプさんはヒトラー的ギャンブルをする…。
平気でベットしてくる。

尚彼はカジノを再生させるために
破産を多用した。
「大き過ぎてつぶせない」事を逆手に取ったんだよね。

皮肉な事にそれをした国家がある。
かつて栄華を誇った「清」である。


但し、清は「戦争には弱かった」
アメリカには軍事的優位がある。

***********
しかしながら、習近平はチェンバレンではない。

結果的には中国が超大国化し
中米露三国時代が到来しそうなのだが
これらは確率的不確定要素がある。

結果はどうあれ、
「その時歴史が動いた」的な
歴史的なディールになる、
可能性があるから
そう書いておく。


80%くらいは何にも変わんないと思うけどね。
(そしてケンポー9条があるから
日本は被害を受けても蚊帳の外
(ミディアムリスクノーリターン))
Posted at 2017/04/12 20:07:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 中国は超大国になる | 日記
2017年04月05日 イイね!

統一韓国利権と核と各国の思惑

もう三年も前

2014/03/05
【近未来】統一韓国に注意せよ。


で書いた通り、統一韓国には旨味がある。
朴おばさんは、そこで中国にすりよって
失脚した。

さて、統一韓国については
ちょくちょく取り上げている。


今度半島に極左大統領が誕生すれば、
あるいはなんて話もある。

北の核を持った、韓国がミサイルをどこに向けるかは
火を見るより明らかニダ(苦笑)

トランプはいきなり日和りはじめた。
中国にやってもらおうとしてるが、
借りでもつくる気なんだろうな。


この件に関しては、
オバマのせいも大きいんだけどね。

駐韓大使の件もちょっとこの辺りが絡んでいる。
寧ろこの、キューバ危機みたいな状況で
のんびりできる日本人は、悪くはない(苦笑)

だからこそ、将軍様はICBMが欲しいんだよね。
これがないと、アメリカは怖くも痒くもない。

この一連で
残念ながらとらんぷは、指揮官の器でなく
事前の予想通り
吠えて、脅迫するだけの、商売人であることが判明した。

(一方のレーガンは
結構無茶をやって失敗を起こし、
暗殺騒動を起こしている)

アメリカは火遊びはするが
それ以上はしない。
(中国に相談したら電撃作戦は不可能だ)
その抑止力は皮肉にも9条にもある。
(国民が赤すぎたりして)

あまり使えなければ、
日本もアメリカは守りませんよ♪
とも言ってるわけ。

つまり、気合いの話なんだけどね。
最後にかつての民主の気合いを、拝見しよう。
彼は、引退しもとの世界に戻った。


魔法は喋りすぎると…溶けたりするからね。
Posted at 2017/04/06 08:23:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | 中国は超大国になる | 日記
2017年01月06日 イイね!

正解は人を弛緩させる。

一昨日は酔っぱらっていた。
今朝見るとエントリーがあり、
誤字が多い(笑)

内容は却ってまとまってるけどね。
ここ数十年アメリカは
生産委託先を変えながら、
技術流出と愛国と、保護主義を繰り返してきた。
なのでトランプは別段いつものアメリカでもある。

ただし今回は同盟国ではなく
中国にその力を与え、
それを日本は見習った。

その結果は中国の超大国化であることは
言うまでもない、

TPPの頓挫で言えば
メキシコはマフィアの問題がある。
キューバも共産マフィアが
非常に強い。
皮肉にも、企業はそこで金を落とし
豊かになった人々はアメリカンドリームで
犯罪者ごと、アメリカにやって来る。

そして犯罪組織がまた育つ。
それらを弱体化させるために
麻薬やギャンブルの合法化が叫ばれる。

つまりはトランプの主張は
治安対策に近い。
類似例で言えば日本かな?
海に隔たれた半島の犯罪組織に
日本がどれだけ害を被っているか
考えるだけで明らかだし。

今の日本にもそれ(麻薬やギャンブルの合法化)
を真に受ける人は一部いて
相対的な次善策を、何故か夢と希望と
陰謀論に昇華させる。

そういう人達を手っ取り早く取り込むなら
ポピュリズムが有効で
そんなことをすると、
ウリの専売特許を邪魔するなと
マスコミも騒ぐ(苦笑)

結局は、それだけの事でもある。
なのでトランプの主張はあんな感じで、
いつものアメリカでもある。

ヤンキー魂も大和魂も似た要素はあるし
アメリカらしさと日本らしさも
似た意味合いを、持っている。
つまりはあってないもの、と言える。

傾向は絶対である訳がない。

それに対して、弱体化を狙う輩が
愛なの友情なの平等なの
叫びながら革命を呼び掛けるのは
これまた、御決まりの年中行事、と言うわけだ。

個々の意識を適度に高めること。
国に課せられた国民への掲揚で最も大事なことで
それをするには、少し過剰に煽るのは
常套手段でもある。

ただ、それに嵌まって
病的になるものは、重用できないし
反抗するものは、他の勢力の息がかかっている。
苦言を呈する有能なブレーンを集めるには
このやり方が最も早い。

正解には人を弛緩、堕落させる
効果もある。
だから安易に正解を口にすることは
憚られたりもする。

憲法を改正する、と言うことも
必ずしも正解、と言うわけではなく
国のことを考えて、国の役割を定義するために
近道な手段にすぎない。

だからこそ、アカヒをはじめとして
憲法改正に反対が並ぶ。
裏返せば、彼らの反対する意見は大抵正解だ。

と言うわけで、上手く回っているときは
少しくらい間違えてる方が良かったりする。
でも、それを成功事例に定義すれば、
それは悲劇の始まりにもなる。

勝って兜の緒を締めよ。
勝ちは6分が最も良い。

そのバランスは難しくて、
未だに勉強中なんだけどね(苦笑)

Posted at 2017/01/07 07:50:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 中国は超大国になる | 日記
2016年12月17日 イイね!

トランプのアメリカの基本方針が見えてきた。

2016年11月09日
どのみち国難ならトランプでよい。


の続きかな。
とりあえず今回の検証対象。

>その結果、フィリピンは中国に傾くが
それは予想の範疇である。

クリントンの残党潰しは続く。
そうなると、クリントン財団のスポンサーが敵となる
つまり中国資本はある程度ターゲットになる。

ここから先は、次期大統領の
ブレーンに委ねられることになる。

ロシアとトランプは相性が良さそうだ。
つまりは対露から対中に
シフトする可能性もある。
日米露が極東では、緩やかに
連合する可能性すらある。

ま、そんな上手くはいかないけれど、
国威を損なわないアメリカの軍事的プレゼンスの後退は
そんなところで、その為の日本の
地位保全の条件は、改憲、となってくる。

*********
***********
北方領土の話は
日米露連携の前に立ち消えた。



どうもトランプは商売人としてはシビアだ。
北方領土については非常に不満であるが…
(その辺りで釘を刺したのは
トランプであると思われる、
ロシアの借りを日本で返したといったところだ)



プーチンの立ち回りが見事で
シリア問題も恐らくプーチンの勝ちだ。

あとは…ポイントはロシア経済である。
ここに問題が起きる前に経済協力と
穏やかな同盟(あてにならん)をダシに
トランプを懐柔した。

プーチンの一人勝ちかな。
(残念ながら役者が違ったかな
外交も重宝も日本は2流だから
仕方がないけど)

**********
オバマはどうも中国にかなり懐柔されていたらしい。
想像以上にね…



オバマは最後まで
中国をパートナーとしていた。

クリントンおばちゃんは
もう少し政権に残るべきだったね。
日本にはいらないけど。

*****************
トランプの策略は二虎共食を装って
冷戦を太平洋に起こすことにある。



それには後ろ盾、と同盟関係が物を言う。
トランプはわざとドゥテルテ(フィリピン)を懐柔した感がある。

日本がそこで飲まないと、
火種は日本に移る。

**********
パワーバランスを台湾海峡に集約する。

アメリカの基本政策が明らかになったし
一連の動きはこれが外交であり
国際関係であることを明示する。

今回の北方領土は
北方領土を敢えて解決しなかったことが
功績と言える。

評価は難しいが、
外交力軍事バランスを考えると
日本の力の限界が見えてくるし

教条的な評価をすべきではない。

***
トランプは想像以上に現実的である。
解りやすいが一方的な味方ではない。
天秤主義なので、敵を作りやすく
その中で相手(敵)と共存するという
スタンスを色濃く持つ。

日本は
その事を肝に銘じるべきかもしれないね
Posted at 2016/12/17 13:19:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 中国は超大国になる | 日記

プロフィール

「こんばんは、そんな無能なら文科省なくしても大丈夫そう。
貧困解消省として再出発すりゃいいのに。」
何シテル?   06/23 21:41
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28
日勝峠よ永遠に・・・・・(´;ω;`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 14:57:29
名曲の風景25 Chasing Cars / Snow Patrol 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/25 08:00:47

ファン

189 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.