• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2015年01月31日 イイね!

【結論的には?】いつもは隠れている「色んな勢力の色んな思惑」がある

昨日のが下書きになっていました。
後藤さんが殺害されたという情報がありますね。
二人とも亡くなったという仮定はこれから
かける内容は少し限定されると言うことになります。
それはともかく下書き解除しておきます。

■急ぎや寝ぼけて書くと文章があらくなります(苦笑)
済みません。

でも内容を手直しする癖がつくと
どうしても後から直してしまいたくなるので
(半分は面倒臭いので言い訳です)
そう言う事はしていません。

結論的には
「生温かく見護ろう」
理由は
「色んな勢力が色んな思惑で蠢いているから」
です。


自分は親米よりですが、
アメリカに油断するのは極めて危険で
これからもアメリカ寄りでいる為には
アメリカの諜報機関の悪癖を
一つ一つ解決に向け
つぶしていかなければなりません。


(盲目的な親米は破滅を招くので
親米を継続するためには
親米一辺倒は不可である、
という大きな矛盾があるんです。)

*******
■こういうタイムリーな話(人質事件)は時間と
タイミングが要求されます。

後から振り返って偉そうに
だから駄目なんだって言う方が楽ですし
リスクも負いません。

その場その場で確率の元、
推論の上意見を言うのは
危険だし、全然メリットはないんですよ。
(ブログじゃないとこんな事無理です)。

******
■イスラム国は膠着していますが、
それでいいのだと思います。

人をさらったり拘束して、
お金や物を要求する。

それはれっきとした脅迫
です。

*******
■そしてその裏にアメリカの変な諜報や
微妙な悪事があろうが無かろうが

だから「イスラム国」とやらが関係のない人を
巻き込む事が許されるのかどうか?


一方でその結果を色んな勢力が踏み絵に
しているという声もありましょうが
その手法は見え透いている
以上

堂々と論点を絞ればいい訳で
唯々諾々と「西欧メディアの意見」「左翼メディアの意見」に
従う必要はない
訳です。

************
■テロリストたちに対して交渉しない、のも大事ですが
交渉するスタンスで引きずりあげて
そしてじっくりと眺めてもらう。

これは意外に有効です。
「パイロットの生存」を餌にするなら
「パイロットの生存」を見せてくれ。


当然の事ですよね。

*********
■かつて日本は欧米の挑発に対し
困り果てた挙句憎悪すると言う手段を取りましたが
それこそ、「罠」
であった事を忘れてはなりません。

彼らは…「友好国」の中から
「次の敵を選ぶ」悪癖
があるのですから

憎悪に囚われず利用し続ける
大事な所は、その一点になります。

「味方の裏切りこそ」「消しがたい憎悪」を生む
だからこそ憎まれたければ
味方にならなくっちゃ…ね


逆を言えば「敵にするより味方のメリットが大きい」内は
味方と言う冷徹な原則こそが
国際ルールの悲しい現実
です。

**********
■だから親米国の多くは
敢えて仮想敵国を作り
その仮想敵国がアメリカと相容れない様に
工夫をしている
んですよね。

良くも悪くもその微妙なバランスと
アメリカ経済と軍事兵器使用動向によって
確率的に敵が設定されて
定期的に動乱が起きている


しかしその事によって動乱が予測、
或いは回避できる

この奇妙なバランスの元に戦後の「平和」
と言う物は維持されてきたというのは

覚えておかなくてはなりませんね。

********
■ただ、アメリカが凋落すれば
いずれそのルールは変わります。

ですがルールは変わっても
動乱自体は無くなりません。

ちなみにアメリカに向かって
そう言う事(アメリカ後)を警戒するのは
もっとも反米的と捉えられます。
(メンドクセーー)

異文化や異民族といった認識の違いは
常に軋轢を呼んでいる物であり

振動が構造体に応力の集中を与えるのと同じく
応力が一点に集中すれば必ずその場所は破断し
亀裂を生むのは、実に理系的な概念
なんですよ。

*********
■そして、相手が敵を作るのと同様
こちらも「相容れない敵」を、
「にこやかに」というのがばれない様に
「鬼の面をかぶって」
作る事が大事なんです。

(本気で怒ってはなりませんし、
また相手型も必死になって
耐えていらっしゃる例もあるでしょう。)

同盟国で言えば親米と従米は違います。
媚米はもっと違います。

それはあたかも挑発合戦の様で
「本気で怒った方」
が負けるんです。

**********
■今回は色んな勢力の色んな策動を
バラバラに示してみました。


・お金での見方(援助や石油)
・諜報戦略による見方
・脅迫方法による見方。
・テロリストへの交渉戦略に対する見方。
・相似案件を通じてテロリズムを助長したい勢力の見方。
・そして当事者の自らをギャンブルのネタにして売り込む見方
・逆に当事者をリクルートしようとする勢力の見方。
・また人の心の動かし方とその動かす天才の弱点。

「かわいそう」で誤魔化してもいいのですが
そこには欲望や思惑がうごめいていますね。
但しどれが善でどれが悪かと言われれば
どれも灰色、なんですよ。

**********
■さて、挑発合戦の結末は

振動が「ボルトや端部」を破壊するように
その弱い部分を狙い撃ちする事になります。

じゃあ、ボルトが可哀そうだからと言って
チタン製のボルトなんざを入れると、
何と本体がバリッと割れます。

本体が割れたからと言って、
溶接しようがパチ当てしようが
一度歪んだ部分は、より応力を集中し
割れやすくなるんですよ。

それはもう経験上での出来事ですから
じゃあ設計が悪いのかと言う話になりますが
結局は応力が集中するボルトを定期的に
検査して、弱ったら交換すると言う事が必要になる訳
です。

(それが定期修理、定修ですね)

***********
もちろん上記は喩え話、
実際の設計や検証はもっと細心ですが

■だからこそ、全体を破壊したい場合は
弱者(ボルト)を見つけてそこに大々的なテコ入れをしよう
なんていいます。

「ボルト」を丈夫にすれば全てうまく行くニダ。
とんでもない、
無理やり応力を(見た眼上)取り去っても
その応力がある以上、応力は消えないんです。


*********
■或いは社会のゆがみを直せば
全てうまく行くと嘘を言います。

それは意外にも左も右も、同じ事を言うんです。
あの「歪みを正せば全てはうまく行く」
そしてその「歪み」を拡大して
「ほら歪んでいる」

強調しているんですよね。

「革新的変革」も一見魅力的ですが
意外にもきめ細かい、配慮を定期的に続ける事
その「ゆがみ」を認識し、「容認」した上で
改善していく事、
その為にはリスクを冒すよりも最低限の労力で
保全していく事。


************
それがとても大事で
その為のバランスの不均等を無くすために

「ボルトを変えれば」に対して
「こっちのボルトも歪んでるぞ」とか
こっちの躯体はもっと歪んだぞ、とか

ボルトを隣国製にしたら
ボロボロだけどどうなってるとか
隣国製ボルトに生活保護を与えたけど
採算悪化しまくりじゃねーかとか

そう言う事を言わなくてはいけない今の時代は
これまた歪んでいたりするわけ、なんですよねえ(苦笑)


*************
■だからきめ細かい配慮と、改善を行うために
「不均等な応力の捏造」を
バランスさせる「応力の捏造」
でもってバランスさせるという状態は

未だに世界のバランスを司っていると言う
そういう問題点がありますが、
実は資本主義以上に、その欠点を打破する方法は
見つかっておらず、

応力が集中する範囲で、様々な歪みを解決する
破砕が起き、それが周りの人々を巻き込むのは
実は地震や気象災害と大差はありません。


それゆえに意図的に応力を高めて
応力の集中点で演習や戦争を行う
と言う悪癖を置いても
アメリカが平和を司ると言う不思議な現象
が起きます。

**********
■逆を言えば、応力を集中させない様に
バランスさせた上で、応力集中点のメンテを行う事
が紛争回避には欠かせず、


一見お花畑が応力集中点の歪さを増す役割があると言うのは
歴史上も明らかな事です。

つまりは、「理論上」右と左の適度な相殺の上に
バランスが成り立つべきなのですが


自民党はどちらかと言えば中道左派寄りの政策を取る事が多く
日本人はそれを右だと勘違いしているために
左回りで迷走しているのが現状と言えるのかもしれませんね。

******
とにかくも集団的自衛権の問題を提起しつつ
イスラム国の戦闘には巻き込まれない事が確定しました。
「代償と称して」ヨルダンに交渉もお任せできます。




意外と一番つまらなく思っているのは
アメリカだったりするかもしれません(苦笑)

生かせるのは
9条だろうがなんだろうが生かすのも
大事とも言えますね。
もちろん9条が役に立つのは
あくまで「遠い国」のお話。
「近くの国」がどうなのかと言うのは
これまた「別の問題」として
考えるべきかもしれませんね。
2015年01月31日 イイね!

マスコミ様や左翼様が実現したかったもの?

今回の騒動は日本側の意味は明らかなんだよね。

過激化、テロ、火病、これらの行動は、犯罪で
支持を失った、左側は
自作自演で地下に潜ろうとしていたりして。
或いは辺野古組でもいいや。

北朝鮮もそうだし、もしかしたら、
隣国人の過激組織も計画されていたりしてね。

テロによるジャーナリストの拉致監禁が、
政治犯の解放に繋がれば、
地下活動、テロ、反政府活動がすごくしやすくなるんだよ(*^^*)

だから必死だし、公安に捕まった同胞の解放に
光が指す。そしてそれは、テロリズムによる
右側言論封じ込めの為の道筋を作ることが出来るんだ。

中東で実績を作り、アメリカがーが通れば、
例えば辺野古でテロや自爆テロが可能になる。
成り済まし日本人も動員すればいい。

だってイスラム国の構成員はなりすましイスラム教徒、
そして、なりすましシリア人じゃないか?

可愛そうな不法在日や、自称琉球国民のために
世界中の有志テロリストが国内流入して、
アメリカガーを理由に沖縄で反米共闘をする。
日本人を拉致して金に変えて活動資金にする。

危なかったね。

いくらテロリストを捕まえても、拉致換金で、
あ、拉致監禁で取り戻せる社会のシステム作りは
テロ社会には欠かせない。

だから、イスラム国頑張れな人達は
アメリカガーを強調するんだ、
そして、テロやヤクザ、暴力組織、しばき隊に
同情的で、復讐は人の性であり、仕方ないと強調する。

殺し文句は可哀想、
そして、コンテキスト(お涙頂戴)の物語を語って
正当化する。

そして、正しい人だと誤解させる為に
極めて知能の高い人を通じて、洗脳の入口にする事が
かつての日本でも流行した。

だからかつては大学で過激派は量産されたんだよ。
相似から作る反体制テロの正当化。
一部の全共闘世代が安倍さんが岸の孫というだけで
拒否感を示すように、岸がー、アベガーといいながら、
テロを遂行して廃れたのが、

かつての日本でもいたテロリストで、ハイジャックのプロだった。
淀号、北朝鮮、かつても同じ様な戦いは常にあったことを
今一度思いだそう。

子供たちに、アメリカガーやニホンガーのテロ闘争を残さないためにね。
ちなみにテレビで
イスラム国の正式な入場証を貰ったことがある
ジャーナリストに取材していたよ。

マスコミがイスラム国や過激派の資金源の一部を為していることは
手を握ることで大いに可能なんだよ♪

尤も後藤さんがそうなのかは別として、
蛇の道は幾らでもある。

その可哀想話はニダー話かもしれないよ。
ほら連れていかれた飲み屋やキャバクラでも
不自然な可哀想身の上話を聞かされるのは
同じ論理だったりしてね(苦笑)
2015年01月30日 イイね!

日本とヨルダンの勝利&策士策に溺れると言う策【時間が経つと…】

日本とヨルダンは国際的に勝利した。
表れたのはトルコの二枚舌ぶり。
そして、日本の人質人脈の怪しさ。
そして、イスラム国というテロ組織の砂朝鮮ぶり。

これが民主党ならヨルダンに圧力をかけて
一大事になったはずだ。
民主は中国人の解放だけには熱心だったけどね。

自民はヨルダンに一任した。
日本人の人質よりもヨルダン人パイロットを優先して欲しいと。
その結果イスラム国は困っている。

彼らは捕虜の正当な管理ができない、
その生命の保証もできない。
だから焦って人質を金と換えようとする

捕虜虐待しているのは、反日ハリウッド映画ではなく
左翼や親韓派大好きのイスラム国だ、

時間が長引けば長引くほど
作ったイメージは地に落ちる。
とにかく人質の健在を明らかにという
戦略は、日本が北朝鮮と対峙する時に学んだノウハウだ。

左翼の人質強盗側善人説を
否定するのには非常に有効な方法なのだ。

アメリカがー、を叫ぶのはいいが、
そこには副作用がある。
叫ぶからには一応アメリカ以上ではなくては
ならなくて、欠点だらけの国だけど、

人のせいにだけにする癖のついた
人や組織はアメリカ以上にすらなれやしない。


自分は後藤さんと言う人はかなりの策士だと思う。
色々計算してどうなっても
自分は損しないように計算している、
と思うんだ。

細心にして、強気なギャンブラーだし、
人生においての組織や家族の「乗換」も上手で
例えば女性の心を掴むのも天才的に上手い、と思う。

イスラム国相手に渡り合って
今やギブ&テイクの関係を築きつつあると思う。

心を操作するのは、人を騙すのでも動かすのでもなく、
動かされたい人のココロのうちに入り込めば、
容易なことだ。

恐らく彼はその天才だ。

でも、動かし続けることは難しい。
操作させてくれる人に、人は本質的に惹かれやすいから、
とも言われている。
それこそ、騙すはずが守っていた(笑)なんてカップルを
見たりするとそう思う。

云わば嘘から出たまこと、というやつだ。

だから天才は欠点を持つ。
時間をかけると、その冷酷さが浮き彫りになる。
次のターゲットを見つけられるからこそ、
ジプシーの様に、色んな物を乗り換えてしまう。

ある意味器用だからこそ、安住ができない。

さて、正義や一方的な論理をかざすのは、
思ったより難しい。それには理由があって、
騙すのと同じく人には良心の呵責というものがあって

騙そうとすれば、そうじゃなくいたい気持ちがわくし、
逆に清く正しくいようとし過ぎれば、
人は黒い欲望に取り込まれてしまう。

この不安定なバランスから多くの人は逃れ得ないのが、
現実とも言える。

白い天使の一面と、裏に隠れた欲望は
多くの場合トランプの様に表裏一体だ、

素晴らしく正直で優しく、善良な人には
それだけの闇がある、その一端は肉親からかいま見えるし
女衒めいた過去があるとかないとか?
ウリストに帰依する前は、
どうしようもない闇を抱えていた匂いがする。

危うい人と言うのは、常人にはない魅力を放つ。
とはいっても、それが有効な人と無効な人がいる。

怪しい部分が多分にあるけど、
これだけの陰影を放つ存在はなかなかいない。
どういう運命が待っているか
知るよしもないのだけど、

その光に狂う人たちは、意外と出るだろうし、
担ごうとする人はもっと出ると思う。

勿論、無事に帰れたらだけど
そろそろ何か動きがあってもおかしくはない、と思うよ。
過ぎたる才能は彼を守るだろうか?

時間が経つにつれ、
色んな過去や能力がばれつつある。

過ぎたるは及ばざるが如し。
自戒しよう。
2015年01月30日 イイね!

【未確認情報】番外編と心理操作のお話をしてみよう。

この記事は、湯川遥菜さんがイスラム国に拘束された本当の原因が ヤ バ す ぎ る !!!? これもう後藤健二真っ黒だな…について書いています。

少し申し訳ないのだけど、トラックバックさせて頂きました。
(トラックバック先の記事について、論評とかはしないつもり)
何が言いたいかと言うと。

ちょっとした事実を振りかけてみる。
事実:シリア入国の段取りが不自然。



*********
後は想像に任せる
で終われれば自分は心理操作できるんだけど、しない(苦笑)
趣味じゃないからね。

どうでもいいんだけど…
「がんばれイスラム国」
=人質ビジネスバンザーイ。


なのも事実。




**********
■どうでもいいんだけど、もしももしもだよ、
人質ビジネスしそうな
左翼的メンバーが、グルだったら
なんて想像するなよ、絶対想像するなよ。

と言えば人は想像する(苦笑)





************
■たださ、こういう事はあまりしたくないんだ。
だって、「皆がそう思えばそれは世界的な事実」になる。
いわゆる放射脳的真実
になるんだ。

そうすれば、テロ組織
「イスラム国」はどう考えるだろう?
メンドクサイから、
証拠隠滅しようと思うんじゃないかな?

そしたら、「後藤さん」は帰ってこない
でもまあ誰も困らない、と思ってしまうかもしれないね。

だから、自分は「帰ってきて欲しい」と思うから
そういう悪質な心理操作はしない事にしてる。

*************
まだまだ彼(追記、人質の人)
が釣りあげてくれる物はあるかもしれないし
こーあんとかもそう思っている、かもしれないしさ。

*********
※本編は番外編なので、あんまり真に受けないでね。
2015年01月29日 イイね!

IPSの心筋シートのお話。


■小保方嬢の刑事告発の話は
どうやら内ゲバ完全決着を狙ったものみたい。
組織犯罪でES混入
(但しES混入で出ない結果が証明された)
という摩訶不思議な話を

小保方が盗んで混ぜた完全犯罪で
共著者は色香に全員惑わされたニダ
完全な犯罪には勝てません

盗んだニダなー
と言うどうでもいい話になってる。

*********
■さて、そんな「以前から存在が予測されていたSTAP」を何故
先行で色んな手を使ってまで偽証
しなければならないかと言うのは
IPSで明らかに押されているから
、でもある。
ただ、分野が違うんだけどなあ。

********
■で、IPSには癌化の可能性があるけど
極めて癌になりにくい細胞がある。
それは心筋だ。




厳密には全くない訳ではないが
心臓がんで死んじゃったってないよね?


***********
■つまり
チウニチ新聞みたいな
円高なら心臓が悪い子が助かったニダ
心臓が足りないニダ日本には

(アメリカの心臓は銃射殺の影響で
脳死者が多いんだけど…プラスカネ次第の社会だから)

そう言う戯言や「募金詐欺」がちょっとは減る、
かもしれないねえ。

今までは貯まった頃に
死んじゃうケースが散見されるから
おいしかったりして。
(不可思議な解散が結構ある)。


**********
■と言う訳でIPSの研究の中でもこれは
とびっきりのニュース
なんだよ。

ぶっちゃけ、イス…いや何でもない。

でも脳細胞とかも新生できれば、
なんて思っちゃうよね。
(但し脳細胞は腫瘍が湧きやすいけどね)

*********
■ちなみにSPRING8は
あの民主様の仕分けの標的になっていた。

みんなもう忘れて鳩山先生を
懐かしく思っているかもしれないけどね^^
日本軍の恨み(ねつ造)以外は早く忘れて
また韓流ブームでも
頑張っちゃおうよ。(皮肉)


Posted at 2015/01/29 19:20:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | IPSの話 | 日記

プロフィール

「@Nicolas Kenji さん、こんばんは。二人でモリカケ(妨害するニダ)、でしたっけ(笑)、偏向報道の王様ですよね。」
何シテル?   09/26 23:13
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/1 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

車がないから京散歩その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/02 16:16:15
アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28
日勝峠よ永遠に・・・・・(´;ω;`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 14:57:29

ファン

189 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.