• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2016年06月30日 イイね!

色々適当に…(ストレス過多につき)

月末でふらふらです。
ちょっと綱渡りの連続で疲れました…

さてドイツがイギリスを攻め立ててますが
実は下策です。

気付いているのか気づいていないふりを
しているのか知りませんが、
ドイツはそのうち何かやらかしますよ。

メルケルおばちゃんを早い事引きずり降ろさないと
ドイツ自体が瓦解するかもしれません。(他人事)
移民移民とやっていますが、ある日人間が限界を超えると
制御が効かなくなります。

自分も(事を構える前にわざと)
たまにやってますけどね

********
さて日本にとって
参院選より大事なのは多分これ。

参院選の後の大イベントです。


意外に中国に配慮した結論になって
大騒ぎになると推測します。

**********
この後に選挙すればよかったのに、といっても
解散が有りませんけど^^;

何だかんだで日本よりも
中国の方がもう車が売れます。
つまり、質の悪いローンで日本車メーカも
ちょっとずつ手を染めてますね。



日産なんかもうズブズブ
でも手を抜くと東風が独立します。
あーあ。

つまりは将来車も「スマホ化」するという未来が
暗示されています。


************
7月にはいれば一応ちょっとした楽しみが有ります。
頑張りたいものです。

そう言えば…イギリスのEU騒動も
漸くロシアが(日本でも)着目され出しました。


ゆさぶりがあるとすれば
この時機何処かの大国が軍事行動をする可能性が
少しあります。
普通に考えれば、中国が何処かの国に
(日本もやや危ないけど、
選挙前なので改憲されてもいやだろうなので
チョッカイどまりだと思います)
事変的に攻め込むとか。

その有無や方向性で、
中国の今のパワーバランスが出る、
かもしれません。

もちろん無いに越した事はありませんが、
また、その辺りは(特に中国で)
一種の権力闘争に
一定期間にはなると思います。

*******
自分は、残念ながらそこまで右ではないのですが
旧次世代、今でいう「日本のこころ」が
支持がちっとも集まっていません。

それらが支持を集めないと
自民党の右への「架装」
すら実装されないのですが…

皆口説き文句はカッコいいんですよ(苦笑)
と言う意味で死に票になるものの
『日本のこころ』に票が増えればいいんですが

田母神さんの逮捕は痛かったですね。
(この辺りは自民党は
本当に容赦ないなあと思います。
権力>国のリアリストではあるんですよね(苦笑))
Posted at 2016/06/30 21:17:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | 経済を考えよう | 日記
2016年06月28日 イイね!

バトルオブブリテン始まる

都知事については
興味はないけどまた考察しようかな…

*********
さて、離脱交渉と見せかけて条件を
吊り上げたいエゲレスに
メルケルおばちゃんが怒号を放つ。



ベルギーやスベインも狙ってますし(苦笑)
ドイツの一人勝ちを本当は皆
いまいましく思っていたりする。

本当は僅差での残留で
おねだり目的のメロン首相は
時間稼ぎに必死だったりして。


でも、国民投票に善も悪もあるの?
民主主義ってなに?
民意ってなに?

民意主義=ポヒュリズムでもある。
つまり、欧州は大義の名の下
民意を否定しつつある(苦笑)

勿論日本のマスコミも
正義の名の下民意をよく
否定していたりする

でもこれってよく見ると、
第三帝国最大時の勢力圏と敵によく似ている。
ロシアが先に敵に回ったけど。

イギリスが北海油田を抑えきれば、
エネルギーが高騰し、ヨーロッパはたちまち
危機に陥ったりする、ので、必死だ。

そうなるとロシアが儲かるしね。

エコエネルギー傾倒と、原発廃止でエネルギー高騰の
ハンデをドイツは背負いつつある。
ユーロを失ったドイツは滅びる運命なので
ここは頑張るしかない。

もう二つくらい移民によるテロが起きれば
一気に状況が悪化する。とかって
これは、Islam国とやらにはチャンス?

マスコミや経済界は、エゲレスは悪だっていうけど
見方次第ではある。

********************
で面白いのが
今のイギリスは年齢層が高いほど保守的
(日本は今の所
働き盛りが保守的で年齢が高いと、アカ紅い)


で、「民主党寄りの人員」が戸惑っている事だ。
(珍しく比較的冷静に民主主義を否定しているwww)

***********

具体的には国民投票の否定である。
(自分もある程度否定的だけどね)。
彼らはいつだってダブルスタンダードで
都合が悪ければ正義を持ち出し
都合がいいと民意を持ち出すwww。

ポピュリスト主義者ほどポピュリズムを
急に否定に走りやすい。

*****
イギリスのEU離脱はある意味で(経済的に)非現実的で


現実的には「離脱した方がいい国が離脱するリスク」を恐れている。
共同体と言うのは「空気読め集団」なので
民意を心配しなくても否定する。
俺は手を上げると何割が言うと
ドミノ倒しに全会一致が共同体だ。
要するに宗教に仕組みはよく似てる。



*********
結局は経済なき中央集権は財政上ありえず、
中央集権なき経済も、また国の分解を招く訳で
共同体に金が集まる以上
「共同体を牛耳る人間」に金と経費が集まる。



**************
実は戦国時代に
日本でそれをやった人達がいる。

織田信長の「楽市楽座」と
豊臣秀吉の折
後徳川幕府も江戸開府の時に
膨大なインフラ投資を投下して
関ヶ原の折に東海道の大名はほぼ徳川方についた。

「戦争」及び
「ブロック経済における自由」は
「覇権における重大要素」である。

*******
もっともその境界であるトルコやウクライナでは
当り前だけど戦争や紛争が起きやすい訳で
共同体のブロック化は
(境界で)昔から人を殺す物でもある
Posted at 2016/06/29 19:41:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 経済を考えよう | 日記
2016年06月28日 イイね!

EUの争乱の及ぼす影響と李克強


間違えて消したので簡単に

イギリスのもしは、円安崩壊詐欺を
崩壊させてしまった。(日本には痛い)

円高は中韓の息を吹き返させる。
低金利は、中国のジャンク債ばらまきを促進させる。
その事は李克強を一時的に復権させるだろう。

ポイントは共同体幻想にどれだけの人が気づけるか。
移民、植民人口を持つ共同体が出現したとき
周囲の国や民族は滅びてきた。
(中華的伸長)
EUには被植民圧力があり
それだけに安定したパイのもと奪いあいが続き
やがて動乱が起きるのは
古来からの繰り返しである。

習近平は有能が故日本に都合がいい。
胡キントウ→李克強ラインと、バカ鳩は連携している。
中華ブロックに日本は深入りすべきではない、

日本が目指すべきは
縮小均衡と、高収益、低コスト国防
かつ緩やかな自立には、今の状況は
望ましいとは言えないが

仮に李克強の復権が一時的に終わるのなら
悪くはない結果とも言える。
(期待しているものについては発言を控える。)

一度共同体ブロックに取り込まれると
国の間の収奪が発生し
アイデンティティーの不定形乱立
それに伴う強者と弱者が生まれる。

その事が島国においても不安定を招き
混乱を来すことを改めて学び、
ドイツにベッタリな
フランス的国家を発生させないよう
注意すべきである。

政治的にはともかく
中国のジャンク債バラ売りは
将来における世界的ショックを招き
その一因は世界各国の低金利、でもある。

基本的には日本と日本人は貧しくなるし
額面はともかく手取りが増えることはない。
結局は不労所得者を減らし(不労収入ではないが)
国の採算性を高め、
民族的自立を国の中央集権のもと
保った国しか、存続出来ないのは

今も昔もこれからも変わらないし
古くて新しい当り前の事なのだけど
その基本に立ち返って、
(危機管理の為)国際的感覚を持ちあわせた
日本人を増やせるかどうか、というと
あんまり自信はない。
Posted at 2016/06/28 23:07:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 中国は超大国になる | 日記
2016年06月27日 イイね!

皮膚科医から逃げ出した(苦笑)

蕁麻疹→発疹となって一週間、
通院は予定通りだし、
腫れやら痒みも治まってきたので
良かった良かったと思っていってきた。

ちなみに先週の診断は
よく判らないから、強力なステロイド膏薬と
(手や顔についたら即洗えと)
眠くなるアレロックを飲めと言うもので、
まぁ言わんとしていることも解らなくはないけど
眠たい(能率落ちる)、しかも肝心のステロイド塗ると痒い
なんか関節痛い?(風邪?)
ので、3日目位から頻度を落とした。
なんかヘルペスっぽいのいるし(ステロイドはダメ)
でも判断は皮膚科だろうしな。

なんて甘かった
と言うわけで、皮膚科突然キレる。
ちなみに上記は殆ど話せていない。
(キレる方が早かった)

なぜちゃんと塗らない、
言うことが聞けないのか?
もっと良くなる筈だ、
(布団屋の押し売りじゃないんだし、
だるいのにステロイドでシャキーンってなるわけないじゃん)
夜は塗らなかったのか?
(塗ると痒くなるんだから
夜は逆に寝ながら掻いちゃうよ…。)

いやあの原因も…。解らない、とかって仰って…。

原因は腫れが収まらないと判らないだろう(えっ)
エエエ!!(笑)

腫れ収まったら皮膚科来ないよね
と思ったが、よく解らないので、
もう少し聞くと、

慢性化したらどうする?
言うことが聞けないならもう来るな。
聞けないのか?
もう薬も出さないぞ(??)

と言われて、
腹が立つどころか
あ、チャンス!!!と思った自分はダメなやつ。
結構です、って笑顔で
逃げ帰ってきましたとさ。

大体かぶれなら、掻かなきゃゆっくり治るし
病気なら、ステロイドで誤魔化したって無駄だし、

見立てが当たっている→通院しなくても…。
見立てが外れている→通院無意味
ストレス→お前がストレスだわ。

それはともかく肘関節の中が痛いんだよね。
雨の時期だから敏感なんだろうけど

月末のくそ忙しい時に無駄な時間をとった気がした。
あ、勿論医者側の気持ちも解らないでもないけど、

なんなんだろねーって言われて出された薬
死ぬ気で塗らなきゃいけないなら
(しかも医者いわく副作用強くて
長期間塗れない薬なのに)
逃げるに如かず、
と言う不良患者の話でした(苦笑)

Posted at 2016/06/27 22:14:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | 体調不良 | 日記
2016年06月26日 イイね!

イギリスのEU離脱関係は日本も考えておかなきゃだよ

若者は、馬鹿者なんて言葉もありますけど
基本的には甘い年齢層ではあります。

理想は高いけど、交渉力ないし
責任転嫁するしね。

そんな人が地位を得たりすると
豹変して高圧的になるのもまた
なかなかの面白さがあります。

そうやって、訳のわからない
世代間闘争は続けられてきました。
年寄りをなじる理由も大体は同じです。
新しいものについていけないから、
とか思考力とは関係ないので
何ともなんですけどね。


ちなみに左巻き責任転嫁な若者が
理想の若者バイマスコミになる事はお約束です。
世間知らずがー、じゃなかった
世界平和、ピースボート、アホですか?
とかなって
泥仕合になるわけです。
思ってても言っちゃ駄目だよね。

年を取ると言うのは
保守的になることで


例えば
ある程度頑張って収入が上がると
どうしてもリストラターゲットになるのは
仕方ないのかなとは思います。
人事と金のパフォーマンスを無理やり数値化して
統計化すると、どうしてもなるんですよ。

それを大発見のように感じる脳筋とその傷を
直す争いはこれからも続くでしょう。

日本の場合は外国人の質が悪すぎると言う
実は素晴らしい点があります。

自分も例に漏れず、左巻き系で
左巻き系と外国人支援と言う名の
左巻き系の屑っぷりを目の当たりにして
深入りせずに、洗脳される前に
とっとと逃げて来ましたからね(苦笑)

名付けて理論系左巻き
現実を見てあっけなく転向現象です。
いつだってメンドクサイのは、
洗脳系です。ある時突然目覚めて
勧誘にはまるので分かりやすいですけどね。

ちなみに一度洗脳を受けると、
永久に洗脳を求めるようになるので面倒です。
そして、それは、団塊vsポスト団塊の様に
権力闘争の面もあるので
さらに厄介です。

故にある程度の責任と決断を背負うと
周りにある一番信頼できる
宗教に帰依したりはよくあることです。
自分は、昔からある日本の社の幾つかを
選びましたけど。

さて、権力闘争の面については
集団主義における陣取り合戦に
正義が結び付くからで
最大にして過半数に満たない一団は
大体不合理、或いは
非合理的な選択をする傾向があります。

泣く子は餅が一つ貰えますからね。

日本の場合は、世代間対立をある程度解消するために、
親世代の負担は受け入れ、代わりに子供を絞る
と言うのは、少し日本人らしい、と思われる
節があります。

但しそれは、経済的には縮小に
向かうと言うことでもあり、
だからこそ少数精鋭で技術の
パテントを確保しなければならないのですが
シャープ売却でも大した声が出ず
今頃から分かってた、とか言っている国家の
未来が暗いのは
当たり前、と認識すべきかもしれません。

何が言いたいかと言うと
イギリスのEU離脱の傾向には
一定の説得力があり
誤差の範囲内だけど、
離脱論を封殺しすぎて、過小評価した(暴発した)
と認識すべきだと言うことです。

昨今の沖縄問題の吐き違えをみると
日本も同じことは共同体ができれば
沖縄と北海道で起きるでしょうね。

本当はドイツこそバラバラの
領邦国家なのですが、近世の徹底した
帝国主義と、宗教的国家観
そして、敗北の繰り返しによる
固定イメージで、妙な一体感を持っています。

つまり情けを持たず徹底的に弾圧なりをして
自治を認めないことこそが、
国家における一体感を高めます。
中国製府のやり方は理論上最適です。
合理的で早晩経済はともかく
パワー的にはより一層強大化します。

歴史においては、力と服従は
繰り返せば一体感を強く生むことになります。
残念なことですが、
それは、真理に近いもので
多くの人はその魅力に抗うことは出来ない物です。

個においての慈悲が
集団においては命取りなのは
データ上はごくごく当たり前です。

少数精鋭での生き残りをかけるか
多数を狙って変節するかは
個の判断に任されることになりますし

少数精鋭も、ふとした裏切りで滅亡するのは
凄く当たり前の事で、
変節や裏切り、洗脳、被洗脳は
生き残りの戦略として、多くの人に
ちゃんと備わっていたりします。

全体最適を常にかけていないと
裏切りの頻発によって
リカバリーが難しくなります。

何せ、裏切りには快感があります。
人の心は脆いものです。
快感が増す人と、抵抗を持つ人がいて
快感が増す人に正義を与えると
才能が開花します。

さてそんな訳で、
イギリスはともかく、日本も
他人事じゃありませんが、
経済だけで言えば、イギリス何てことを
になっちゃいます。

つまりはヨーロッパにとっても日本がどうなろうと
金の方が大事だから、
日本より中国をとると言う簡単な話でした。
Posted at 2016/06/26 23:50:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未来を明るくする為に | 日記

プロフィール

「希望の党は、地方外国人参政権賛成に回りつつあるみたい。百合おばは、少しずつこうやって何時だってカメレオン(苦笑)背乗り希望の党はおかわり上手だね!」
何シテル?   10/07 20:19
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

【衆議院選挙2017】候補者を選ぼう (一部追加) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/06 21:56:10
車がないから京散歩その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/02 16:16:15
アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28

ファン

188 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.