車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月07日 イイね!
2016第三戦-結果TJRT
軽耐久第三戦(最終戦)

これが終わると二月のKCOC総会という飲み会(誰が先に意識不明になるか行方不明になるかという野蛮なレース)という耐久レースの他は開幕戦まで長~いインターバルに入ります。






ピット設営とスタートグリッド



1時間目 後半、空気圧が思った以上に上がってスーパー(テール)ハッピー。




2時間目 空気圧を調整したが本人の好みで真っ当なハッピーセット。




3時間目 D-Forceさんとの接触後、次男が「クルマが直線で真っ直ぐ走らなくなった」と戦意喪失して15分早くPITINしたのが少し悔やまれます。だがこれも耐久レース。
ダート経験3回目という経験の少なさが露見したようです。
「オヤジさんのように多少の不都合をゴリ押しして散るより良い。異常を感じ取れる感覚が大事」と年輩の他チーム員さんが慰めていました。
若干トーアウトになったもののナックル・ハブに異常無しとして空気圧再調整後5分早く4時間目のドライバーへ交代。
AGOBACさんの隙を逃さない華麗なオーバーテイクは大変勉強になったようです。



4時間目 真っ直ぐ走り辛いがダートなので特に修正せず。
ハッピーセットをレギュラーセットに。
「今日はオフィシャルの日」と言っていたヤツが1時間半で寒さに挫け積載車に着替えを取りに行くと行ったまま帰ってこない。偵察を出したら暖房つけて爆睡中。



5時間目 粛々と周回をこなす人。
ひさびさに聞いた転倒の音。ピット前より再スタート。
後塵の憂いが無くなった。
まさるマジック発動。速いチームでも転倒があって29・28周止まりなのに何故か30周。




6時間目 最終ドライバー。
オフィシャルカーでバックで走って行った先に本日2台目の転倒。
やったぜタナボタ!
二度目の再スタート。
転倒したチームは気の毒だが、他力本願?でもこんな面白い展開になるから耐久レースはやめられない。




ゴール・入賞車両再車検。



お片付け。?我がチーム員が一人増えている。
大遅刻なのでピットから積車までの最終ドライバーを任命。



3位TJRT 全チーム員集合。走ったのは6人です。
2位AGOBAC
1位トップ勘”



犬率の高い軽耐久


2チームの自滅は大きなタナボタでした。
ポイント争いも「ぷよぷよ」さんが転倒するまで食い下がってきていたのでヒヤヒヤでした。


2016シリーズ(勝手に)暫定ポイント。
来年はゼッケンNo2に返り咲き?
関連情報URL : http://www.kcoc.net/
2016年11月05日 イイね!
2016 第三戦前日ニューエンジンYAMAHA製


というのは置いといて、結局前日に最終整備をするいつものTJRT。

今回のお題は落ちないバンパー。




昼にりんご屋さんに着いたらすでに縮んだ個所の板金は終わり、内部の塗装も終了していた。外装は塗装しない。






いつもの細工。今回はこれにさらに追加措置をして「落ちないバンパー」とする。



新しいのの型取りをしようとしたら、本当の取付穴はどれだ?



提供車達



ひとまず完了



7時前に積込終了した。

関連情報URL : http://www.kcoc.net/
2016年10月19日 イイね!
アニメ映画:レッドタートルと聲の形病院の帰りに見たかった「レッドタートル:ある島の物語」と「聲の形」を見た。
「聲の形」は時間調整のおまけ。








「レッドタートル」は余計な言葉は一切無く、したがって会話も無い。
それでも充分に心象は伝わり、この物語を鑑賞するにあたってなんの支障もなかった。
これほどじっくりと物語の世界へ引き込まれる映画であるのに、観客は俺を含めてたったの二人。
なんとももったいないことだ。
おそらく、この観客の少なさは従来のジブリの映画を期待すると足下をすくわれるのと、子供向けでない為だろう。
画面は全体にトーンを抑えていて薄暗い。
しかも星の夜や薄暮のシーンが多い。
クッキリとしたコントラストの明るい南国の映像を期待するなら、しっかりと裏切られるだろう。
見終わったあとの、このもどかしい感じ(良い意味で)は何なのだろう・・・





話は変わって「聲の形」。
学校が休みなのか何なのか、中高生ばかりの中で爺さん一人で浮いていた。
レディースデーなので40代ぐらいまでのお姉様方もちらほら。アニメ世代なのだろう。
だが「元祖アニメ世代」の俺としては、やはり見ておかなければ、と思い見てみた。

オープニングにThe Who の「 My Generation」がいきなり流れてきた。

まさか?と思ったので、少し驚いた。
隣りに座っていた高校生らしき女の子は「牛ナントカのこの曲少し古くさい感じがいいね」などと知ったかぶりをしていた。
「これは1965年のThe Whoの曲だよ」言ってやりたかったが、不審な呆け老人だと思われると困るので、飲み込んだ。

途中バッハのInvention No. 1 C majorが流れた。

ピアノ教室で頭を小突かれ、手を指揮棒で叩かれながら弾いた練習曲だ。
幼い頃の一種のトラウマ。

最後のピアノの音は音楽を担当した牛尾氏のインタビューどおり、
「木製のハンマーが動く音、消音フェルトが擦れる音、ペダルがきしむ音、鍵盤と爪があたる音」
がリアルに聞こえていた。




二つの映画を見比べた感想は、時が過ぎても色あせないだろう「レッドタートル」に一票!
Posted at 2016/10/19 19:20:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | つれづれ | 日記
2016年10月10日 イイね!
軽耐久:番外編10月9日
えーと、正式名称は、
「第20回関東学生対抗軽自動車6時間耐久レース:5時間耐久OB戦」
という学生レース前日に開催される前座戦でして、翌日エントリーしている学連チームの学生がオフィシャルをおこない、現役の羨望の眼差し(冷ややかな視線)を受けながら走行します。
パドックにはオフィシャル外の各大学生がピットクルーとして諸先輩方を上げ膳据え膳で奉仕し、雨でぬかるんでいるピットでのドライバー交代の際、レーシングシューズが汚れるから、と背負って差し上げレース車両へといなざうのです。

我がチームはKCOCチームのためOB戦への一般参加であり、当然そのような殊勝な後輩連もいない訳で、昨年と異なり影武者(スタート前リタイアチーム)も雇えず4人だけ(後半3人)の寂しいピットとなります。

開会式。グリッド待機とグリッド&フォーメイションスタート。
昨年同様ドクターカーはKOOBのお医者さんのクルマ。





1時間目。4番手を走るもNo50とNo99の同チームによる執拗なブロックを受け、プレッシャーをかけるも抜くに抜けず、イライラが募るヘンペル君。空いたインを差そうとするとわざと?前に被さり何度が土手に乗り上げそうになっててしまう。(これは走行妨害だろう?)
「とっちらかったNo99をやっと抜けたので中指立ててやりました!!」
ピットインするヘンペル君をお迎えに行く。学連ルールでチーム員が2名以上で迎え、歩いてピットまで誘導しなければならない。ピットアウト時も同様。




2時間目Inoueさん。
「おかま掘られた~。マフラー逝ってない?」とチーム員に報告しながらピットへ。
この後、難民配給所(参加者無料の食事テント)でフルコースを食し、お仕事をしに帰りました。




3時間目。私めがまたヤッツケてしまったようで。

足回りとかエンジン・ミッションとか重要な部分では無いのでダメージは些細ではありますが、貴重な走行時間を25分程浪費してしまいました。
3時間目も40分程過ぎた頃、「どこかで見たようなバンパーが落ちているな~」と思いながら2週目「俺のではないか!!!!」。
冨士でも似たような事があったような、無かったような。
気がついてから1週スルーして後、5~10分早めの強制ピットイン(オフィシャル指示)。
非常に拾いにくい場所(8コーナー直後のストレート始まり左側)にあってリタイヤかと思ったのですが有難くも拾ってもらえ、再出走できました。
私個人としては学連OB戦を走るのは実は初めてでして、オフィシャルや走った事のある人達からは様子を聞いていたのですが、いろいろ思った以上(マナーの悪さ&下手さ)でした。

前日「ヒビの入っているヘッドライトを交換しておこうか」という話もあったのですが、「どうせ壊れるから」という事で放置。不幸中の幸いでした。

走りながら観察したところ、走行妨害は概ね故意ではなく前しか見えていないのと、すべての操作タイミングが1or2テンポ遅いので、コーナー侵入でブレーキロックして真っ直ぐ行きインを空けてしまう。さらにあわててステアリングを大きく切るも、タイミングがずれているのと舵角がフルロック状態なのでコーナー出口付近で失速しながらインへ入って来る。
コーナー出口でこちらが加速している場面で後ろに下がってくるのです。
KCOCレースのつもりでいると当然オカマを掘ってしまう。

後方から迫る車両が見えていないので大変アブナイ。
私はヘンペル君のように優しくないので、1~2回プレッシャーを掛けた後、ラインを譲らず強引にこじ開けます。または出口で被さってくるクルマのリアタイヤのあたりをイン側からそっと押してあげます。

故意に妨害される例としては、圧倒的なスピード差で迫って来るクルマの前でラインを塞いで走ります。フラフラと前を走られるのでイライラしてきます。

おかげで非常にダーティな走り方をしてしまいました。
KCOCに出場しているチームと絡んだときは1・2回遊んだあとに気持ち良くパスできます。
もしKCOC戦でそんなダーティな抜き方をすれば烈火のごとく怒り狂い猛烈な追走に会い、仕返しを受けます。または抗議が提出されます。
学連OB戦では強引にパスしたクルマは抜かれたあと追走できないようで、ドンドン離れていきます。
強引に当たってしまった2チームから抗議が出るかと思いましたが、それも無い。
こんな情況が常態のようです。

今回、多少は学習出来たので来年は大丈夫でしょう。
(痴呆がこれ以上進まなければ・・・)


4時間半め。nabeonです。走行時間をロストしたので45分程走ってもらいました。天候も回復。
拾い喰いしてきたようです。
11位から何処まで挽回できるか?


この間に専修OBさん巻き添え喰らって不運なクラッシュ




最終はまたヘンペル君。No50をロックオン。
フィニッシュと結果。2人の頑張りで6位まで復帰しました。



入賞車両再車検と表彰式。
パドックアウトはスタック渋滞。
2016年10月08日 イイね!
軽耐久番外編-前日明日は番外編の全日本学生自動車連盟関東支部による「第20回関東学生対抗軽自動車6時間耐久レース」のOB戦です。
本来であれば学連に加盟している自動車部のOBでないとエントリー出来ないのですが、そこはオープン参加という抜け道があるのです。

ということで足回りを新しくして、前回レースでたまった土ホコリを掃除して、ゼッケンを付け替えて、オイルを交換して、おやつのリンゴを食べて一丁上がり!

今日の準備はレースクイーン(将来の予定)の生暖かい見守りのなか、無事完了いたしました。








関連情報URL : http://www.kcoc.net/
プロフィール
「これいいな http://www.autoby.jp/_ct/17018105

何シテル?   12/03 19:03
POKIさんの将来の夢  小学校:ピアニスト   中学校:お医者さん    高校 :ミュージシャンorバイクレーサー     大学 :研究者orヨット乞...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
白馬の乗馬 
カテゴリ:乗馬
2014/03/08 23:28:45
 
長男のHP 
カテゴリ:CLIMBING
2012/10/23 13:57:34
 
軽自動車オフロード倶楽部 
カテゴリ:耐久レース
2010/10/09 13:36:28
 
お友達
変なジーサンですが、よろしくお願いします。
84 人のお友達がいます
メカ沢メカ沢 * 夏体長夏体長 *
太田哲也ドライビングレッスン事務局太田哲也ドライビングレッスン事務局 * 鉄仮面鉄仮面 *
幻影幻影 井尻薫井尻薫
ファン
31 人のファンがいます
愛車一覧
スバル BRZ BRZ-RA (スバル BRZ)
新しいオモチャ。 ボチボチと弄ります。
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
二人の息子の運転練習車両です。 これでダートラに出ていました。 息子達がよってたかって痛 ...
日産 エクストレイルハイブリッド 日産 エクストレイルハイブリッド
マーチの入れ替え車両。 人間の感性に逆らう、運転していると酔いそうになるクルマ。(このク ...
日産 セレナ 日産 セレナ
家族輸送用の車両。 現在(H24.10)、HT81の替わりに長男のもとへ。 移動用の足 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.