車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月24日 イイね!
SGリミは、楽子さんに最適 ロド歴2432日
突然 マツダのディーラーから電話が

「楽子さん、お元気ですか?」

と。


楽子:「えっ、どうしたの?」
宇部店:「最近、お店に来られないので・・・」
楽子:「特段、用事がないので」
宇部店:「ロードスターをおりられたのかと思いまして」
楽子:「大丈夫、30周年(2019年)までは、NBに乗るよ」
宇部店:「はい、又遊びに来て下さいね」
との、他愛もない会話でしたが、
後で、考えると
これって、もしかして生存確認??? いやだ、年は取りたくないね。
と、意味のない話題は、この辺にしておいて、
最近、考えている事は、車のグレードを表すRとかSとかの表示の意味です。

一般的に
RS:レーシングスポーツ・ロードセーリング:モータースポーツを意識した車
GT:グランドツーリング・グランツーリスモ:スポーツカー走りとセダンの快適性を備えた車
SSS:スーパースポーツセダン
Si:スポーツインジェクション
S:Sport スポーツ
C:Comfort コンフォート:手軽な価格
G:Generel ジェネラル:一般仕様
D:Diesel ディーゼルエンジン
L:Laxury 豪華、快適・Limited 特別仕様
X:未知なる・最先端装備
と、車のイメージを表して表記されることが多いと思います。

我が「広太朗号」のグレードは、SGリミテッドです。
SGリミテッドは、ロードスターに上質な内外装と高いスポーツ走行性能を併せ持つ限定車(カタログ表記)として、2002年11月30日から2003年3月31日に製造され、テンロクとテンハチの2種400台発売されました。志は高かったのですが、NCロードスター発売の足音が聞こえ始めたモデル末期の時期と、デミオの純正色=セリオンシルバーメタリックが地味で、てんこ盛りの装備(BOSEとナルディのステアリング、シフトノブ、紺色のクロス幌等)と走りのNR-A(テンハチは、RS)のお買い得モデルでしたが、売れ行きが芳しくなく、限定車の中で一番の不人気車でした。しかし、この不人気車が幸いして、手荒く乗られた車が少なく、今では程度の良いNR-A、RSグレードの車として購入する事が出来ます。特に中高年になるとこのセリオンシルバーメタリックが、地味な感じでなく、上質でエレガントな欧州車の色(アストンやポルシェにある色)で良い色だと思える様になり、NBのNR-AやRS購入をお考えの方には、ベストなグレードだと思います。SGリミ、お勧めですよ。

ここで、本題のグレード表意=SGリミテッドの意味ですが、
S:Sport スポーツ、
G:Gentle 上品
だと思います。



正しく、楽子さんの愛車に相応しい、
スポーティーで上品な
グレードです。


誰?

楽子さんのSGリミは、
スケベな元気爺の略と言うのは・・・


追伸:JAFデー オープンカーミーティングin周防大島に行くよ
    きのさん、トップブーツ持って行くから、会場で!
    鉄の掟(チームロドスタくんキャップ)勿論、会場で被りますよ!


Posted at 2017/04/24 11:39:57 | コメント(4) | トラックバック(0) | 楽子(ラッコ)日記 | 日記
2017年03月05日 イイね!
鉄の掟 ロド歴2382日

ろどすたクラブ
入会



今日(3月5日)のおはつのに参加し、えっぽこママより晴れてろどすたクラブ入会とろどすた帽子を頂きました。
その際、鉄の掟を厳守する事を誓いました。

鉄の掟
1、オフ会、イベント参加の際には、必ずこの帽子をかぶる事
1、旅行の際も必ず携帯し、必要に応じかぶる事
1、ブログアップの際、必ず帽子の写真を掲載する事
以上


守らない場合は、厳しいお仕置きで「あんな事やこんな事」をされます。
恐ろしい・・・ ブルブル


掟はこれで終わりと思いましたが、私には追加の掟が。

追加の鉄の掟
1、一年で1万キロ以上ロードスターに乗る事



追加の掟、守れない・・・・
お・し・お・きが・・・・・



今日の角島大橋


もちろん、晴れです!
Posted at 2017/03/05 18:57:30 | コメント(2) | トラックバック(0) | おはつの | 日記
2017年02月23日 イイね!
ゼロ! ロド歴2372日

2月に妻と一緒に!





2月4日 山口県立美術館へ「ポンペイ壁画展」を見に行きました。
一日で火山灰に埋もれた壁画、2000年経って今も綺麗に残された世界遺産の壁画が、地元山口で見られる機会は、二度とないと想い、妻と一緒に見てきました。その美しさは想像を絶する壁画ですが、イタリア人の感性で表現されているので、日本人の感性の私には、綺麗だ、立派だ、美しいと思えるだけで、その思想性・生活感等はよく分かりませんでした。
日本の仏画や寺院の天井画は、当時の日本人の考えた方や生活の有り様が、何となく理解できるのですが・・
まだ、未だ、西洋史と西洋思想の勉強が足りないと壁画を見ながら思いました。

2月12日は、我が家の恒例行事になっている阿知須のひなもんへに行ってきました。








今年は、何となく寂しい感じで参加者が減少している様子ですが、作品は益々出来が良くなり、見応えのある物が増加しています。
是非、来年も見に行きたい気持ちになりました。

2回とも、妻のインプで私が運転して行きました。
社有車(クラウン)と同じで移動するのは楽ですね。静かに、楽に、車の運転を楽しむと言うよりは、楽な移動手段って思います。
その点、ロードスターは、運転そのものを楽しむ車ですね。スムーズに荷重移動させて、出口でトラクションを掛けながら加速させ、より上手く運転出来る様になるにはどうするかと常に自問自答しながら運転しようと乗る度に思わせる車ですね。そして少し上手くなったと思える時には、思わず笑顔になれる。そんな運転を楽しむ車です。


現時点でのロードスターの今月の走行距離は?
ゼロ!

えっ
Posted at 2017/02/23 08:50:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 楽子(ラッコ)日記 | 日記
2017年01月01日 イイね!
謹賀新年 ロド歴2319日

明けましておめでとうございます。
旧年中は、色々お世話になりました。
今年も宜しくお願いします。



 昨年から通勤にロードスターを使わなくなり、乗る機会が少なくなりましたが、乗った時には今まで以上に濃厚な時間を過ごすことができました。今年は、ロードスターを通してお友達になった方々とのお付き合いをロードスターと過ごす時間以上に濃密にしたいと考えています。

今年も、皆さんが御健康に、お幸せに過ごされるようにお祈りいたします。
Posted at 2017/01/01 00:02:31 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月30日 イイね!
今年最後の決断 ロド歴2317日


カーグラフィック
1966年2月号





 表題の映像は、私が中学生の頃、初めて購入したカーグラフィック1966年2月号です。あれから50年、途中数年の中断がありましたが、私の側にいてくれたカー雑誌です。運転の楽しさや車の事は全てこの本で学び、私にとって「車のバイブル」でした。

中学の頃、年老いたら妻を助手席に乗せ2シーターオープンスポーツカーで高原を運転している自分を想像し、そんな人生を送りたいと考えて今まで頑張って来ました。私にとって人生の目標・夢の一つを与えてくれた本でもありました。また、小林編集長が、当時、厳格なテストと商業主義を排した「暮らしの手帳」の車版を目指して創刊されたカーグラフィックは、母が購入していた「暮らしの手帳」と共に私の人生に大きな影響(薬学を学ぶ事)を与えてくれました。

そんな、カーグラフィックですが、2017年2月号で定期購読を止めます。
小林編集長が背筋を伸ばして言われた「僕は、車の批評・評価でカーグラフィックから自動車会社の広告が無くなってもかまわない」の精神が、再びカーグラフィックに戻る時まで・・・・

さようなら
カーグラフィック

2017年2月号


最後のCGを購入し、定期購読を解約してきます。



追伸:2017年3月7日


創刊号が、55年後に復刻出版されました。
私が、CGを購入し始めたのが1966年2月号(創刊4年後)でした。途中、数年の中断は有りましたが、50年程、600冊以上購読していました。しかし、2017年2月号で購読を止めました。この号も購入するつもりは無かったのですが、復刻創刊号欲しさに購入しました。
今号購入により、図らずも55年の時を経たCGを比較することが出来、購入中止は、正解だなと確信しました。車版暮らしの手帖を目指された小林編集長の心意気が随所に鏤められた創刊号は、村山での高速テスト、ハンドリングテストと小林氏自身の計測によるデータと写真、まるで宝物の様に輝いています。それに比べ、最新号は、官能的な言葉を鏤め、自社テスト・計測もなし(フルテストが毎号の様に掲載されていた時期もあったが、現状フルテストはほぼ死語となっている)、データはカタログ値のみの悲しい状態です。創刊号と最新号との比較で、「徹底的なテストにもとづいた厳正中立な論評」と言うCGの評価は、現状を正しく表しているとは思えない事が、より鮮明になっています。(これが購読を止めた理由です。)
是非、多くの車好きな方に、創刊号(復刻版)の購入を勧めます。おまけに最新号との比較も出来、時の流れと雑誌の堕落ぶりも感じ取れます。
Posted at 2016/12/30 09:54:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | カーグラフィック(CG) | 日記
プロフィール
「一度は、見たい阿波踊り。
こちらは、日本一周の時に。」
何シテル?   04/10 18:39
第二の青春、真っ盛りの楽子(ラッコ) です。       Roadsterと妻と一緒に第二の青春しています。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
仲林工業 TT-9000(裏起毛) ボディカバー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/15 06:54:02
NB油圧計 油圧計のリニア化 
カテゴリ:パーツ 整備手帳
2014/06/01 12:43:48
ニーレックス 
カテゴリ:Roadster専門Shop
2013/11/12 12:19:15
 
お友達
             Roadster乗りの方
             社会常識のある方
         直接お会いしてお話が出来る方
          または、その可能性がある方
          (上記は必要十分条件です)
             先ずは、メール下さい。
110 人のお友達がいます
我が道を行くぶた我が道を行くぶた * e46hiroe46hiro *
noppo.noppo. * おとすけ@やっぱり虎ファン♪おとすけ@やっぱり虎ファン♪ *
仲林工業株式会社仲林工業株式会社 *みんカラ公認 mizuhomizuho
ファン
30 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター 広太朗号(NB6C SGリミテッド改) (マツダ ロードスター)
子供の頃の「夢」を実現するため、60歳前にロードスター(NB6 SGリミテッド 中身はN ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
(マツダ・ユーノス)Roadster乗りの全ての方に、私のBLOGを見て貰うため、ユーノ ...
スバル インプレッサ スバル インプレッサ
愛妻の車です。 同時に我が家のフォーマルカーで、初代レガシィツーリングワゴン ブライトン ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.