• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

スレンダー軍曹のブログ一覧

2017年08月03日 イイね!

灼熱の鈴鹿リーダー ~Eカップ鈴鹿で大勝利だぜエイト?~

灼熱の鈴鹿リーダー ~Eカップ鈴鹿で大勝利だぜエイト?~こん○○は(^^♪
去る8/2…の真夏に鈴鹿を全開で走っちゃうという…ちょっぴり無茶なイベント「DELTA Presents エイトリアンカップ鈴鹿 3rd」に参加してまいりました。

先日箱根ターンパイクを走っただけで水温97度くらい逝ってしまってたうちのハチさん…真夏に鈴鹿なんて走ったら燃えちゃうんじゃないかって…とーっても心配しておりました。

この日の鈴鹿は前日の関東での大雨が嘘のような見事なぴーかん、気温もさくっと30度超え。

まさに灼熱の鈴鹿リーダー…(;´・ω・)
仕方ないので…某じょ○さん得意の必殺(?)ヒーター作戦をすることを決意しました。

という事で…今年2月ぶりの鈴鹿サーキットです。
今回のエイトリアンカップは、宮城から参加のきゅーさん、広島からアースさんらの超遠征組、長い眠りから復活したガトー少佐(笑)含め復活組、そしていつもの皆さま、このオフ会的なノリが楽しいです☆彡

恒例のラジオ体操をして

#真夏のラジオ体操…超暑かったんだぜww

素敵すぎるブリーフィングルームでドラミして…

#設備の破壊は…お金かかるから超気を付けてってご注意いただいたんだぜ(汗)


という事で、早速走り始めます。

ベストラップ:2分35秒974(LAP2)
BS RE-71R 265/35R18
気温:32度くらい
冷間:190kpa、減衰12段戻し

アタック1周目がベストでした。

気になってた水温ですが、ヒーター全開にしてアタック後は必ずクーリングという風に走って水温・油温とも最大100度程度に抑えることが出来ました。良かった良かった♪


ロガーの電池切れとか…
減衰設定し忘れたとか(固くしたかった)とか…
シケインの走りがあまりにも下手すぎるとか…

言いたいことは色々ありますが…

ちょっと溝がなくなってきたけど、ましゅ~さんの直伝お下がりRE-71Rが炸裂!

お陰様でMOREクラス…優勝!!

全体でも7位という好成績を収めることができました(^^)v


密かに…ショップ参加しているリアルテック号から10秒落ち以内で走る事も目標に置いてたのですが、それも取り敢えずクリアできました☆彡
鈴鹿はアウェイで走るのも2回目ということを考えたら、上出来です!!

ロガーデータがないので2月の初走行の時と何が良かったのかが具体的には分からないものの、夏のパワーダウンがあるにもかかわらず冬とタイム差が大してないので、おそらくシケイン以外は前回よりは良く走れたのではないか??
と思っておきます。
うー、ロガーデータがないと…アレコレ妄想できないので楽しさ半減ですね(TT;


それにしても…
エイトリアンカップに出てなかったら…鈴鹿を自分のクルマで走る事なんて絶対なかった思います。

鈴鹿をマイカーで全開で走る!

こんな素晴らしい機会を作ってくださった主催のエイトリアンさん、RTEのスタッフのみなさんに感謝感謝です。

今回も楽しい走行会をありがとうございました!
またよろしくお願いします。m(_ _)m

それにしても…今年走った国際サーキットが
SUZUKA→SUGO→SUZUKAって…どこのSuperGTですかっ!?ってくらい国際サーキットの梯子をしてますですww
そして…今度はほとんど走ったことのない富士にも足を踏み入れたいと思っております。
岡山国際は中々足を踏み入れるチャンスをつかめてませんが、来年夏のMFCTあたりで岡国デビューできたらと思っております。


≪おまけ#1≫
大勝利記念に…ビールを軽くと

鈴鹿川という日本酒をちょろっと頂きました(^^)/🍶
ちょっと甘いけど…ほのかに鈴鹿の味がします(笑)

≪おまけ#2≫
今回色んな方と駄弁りんぐしましたが…
いなとみさんと彗星さんとの

宇宙戦艦ヤマト2199の話が一番盛り上がりましたww


『ばかめ』と言ってやれ


くぅ~、沖田艦長、マジかっけー☆彡

まだ宇宙戦艦ヤマト2022(愛の戦士たち)は全然見れてないのですが…

初代ヤマトを見直した後…ヤマト2022に行きたいと思います。
…が、まだ冥王星あたりをうろついてるので…イスカンダルが超遠いですww

ちなみに…私は…

山本が好みですww

うぉ…鈴鹿と全然関係なくなってきたので…この辺で今日はおしまいです。
Posted at 2017/08/03 02:27:25 | コメント(12) | トラックバック(0) | その他サーキット | 日記
2017年07月22日 イイね!

GT6で鈴鹿のシミュレーションしてみたんだぜエイト(^^♪

GT6で鈴鹿のシミュレーションしてみたんだぜエイト(^^♪こん○○は!
来る8/2のエイトリアンカップ鈴鹿に向けて、GT6でシミュレーション(練習)を開始しました(^^♪

『シ、シミュレーションで完全に覚えているつもりなのに、Gがこんなにすごいなんて…』
という、このブログではお馴染みのシーンから今日はスタートです(笑)
#本当にこのシーン(劇場版ガンダムI)セイラさんは美しいんだぜ♪

前回2月のエイトリアンカップ鈴鹿が鈴鹿初体験だったわけですが、流石に初走行。反省点が沢山あったわけで、どんな風に走るとタイムが縮まりそうか超安全に試せるGT6で色々検証してみます。

取り敢えず走ってみますが、まずは2分35秒台が出ますが、中々35秒が切れない…
やっとこさ35秒を切れた動画がコチラ。

比較用に2月のエイトリアンカップの時の車載も合成しておきました。
一度GT6と実車の合成動画、作ってみたかったんですよね~( ´艸`)


GT6で試した感じ、如実にタイムに効いてくるのがS字から逆バンクのアクセル操作。ここでアンダー出しちゃうと、クルマの向きを回復させるのに結構な時間がかかってしまい、大きくロスする感じ。

前に実車で走った時はデグナーで減速しすぎたのですが、GT6で試したり他の人の動画を見た感じだと、デグナー1つ目は割と速度に乗っても大丈夫っぽい。二つ目もしっかり向きを変えることが出来ればボトムスピードは100km/h弱で行けそうな感じ。

後はヘアピンやスプーンなど割とハードブレーキする部分ではしっかり止めてクリップを取る事。

自分のレベルだと兎に角序盤のS字~逆バンクが肝。ここをイイ感じで抜けられたときはタイムが大きく伸びる傾向がありました。

S字コーナーがあるサーキットで普段走ったことないので、左右に切り返した時のクルマの挙動に慣れてなくてつい二つ目三つ目のコーナーでアンダーを出しやすいのが大きいと思いました。

それにしても…GT6も集中力が切れるとコースアウトしたり壁に激突したりの嵐…分かってはいるんですが、鈴鹿くらいのロングコースとなると、本当にまとめるのが難しい…(;´・ω・)

突然ですが、来月はSuperGTの鈴鹿1000㎞を観戦しに行くので、その前に鈴鹿を走ってその感触を持ったままプロのレースを見てきます(^^)/

この難コースをプロは長時間長距離、スペシャルなクルマでレースし続けるわけですから、考えられない集中力ですね。来月の鈴鹿三昧、今から超楽しみです。

っと、閑話休題。
本番のエイトリアンカップでは8月の真夏ってこともあり…
流石に経験値がめっちゃ少ない鈴鹿でもベスト更新は難しいと思うので、ベスト付近の2分35秒台に入れられるように頑張りたいと思います( ̄▽ ̄)v

≪おまけ≫
GT6でエイトセッティングで遊ぶ人向けにスレンダーがあれこれ吟味セッティングを晒しておきます。
タイヤはF/Rともコンフォートソフトです。


設定はマイエイトの後期設定ですが、前期の方はギア比を直すくらいでほぼ実車に近い性能になると思います。
このセッティングは本当に遅い(ゲームなのにTC2000でやっと7秒切れるくらい)し、やってても全く面白くなく…走ること自体が修行です(笑)

ハンコンはこんな感じのパイプキットに装着し、使わないときは畳んでおります。


ご参考になれば幸いです。
ではでは(^^)/
Posted at 2017/07/22 23:14:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月09日 イイね!

箱根でスイカ早食いイベント(;´∀`A ~hakone8day~

箱根でスイカ早食いイベント(;´∀`A ~hakone8day~こん○○は!
先週の土曜日(7/8)は某エイトリアンさん主催の箱根8デイ(#hakone8day)が催され、ちょろっとお邪魔させていただきてきました。

いつものエイト祭とも箱根オフともまた違った皆さんやエイトが大集合。
Twitterという自分にとってはまだまだ未知なSNSがメインのオフ会だったのですが、ドレスアップ、街乗りメインの皆さんや、お馴染みサーキット族な皆さんが一堂に会す、中々珍しいイベントになりました♪

そんな中…この俺カー…

皆さんの個性的なエイトの前では…マヂ…ファミリーカーな感じ…A^^;
羽の一つも欲しくなってきます…え?

この日は素晴らしいピーカンだったものの…

残念ながら富士山は不発!
でも、暑い中みんなでバカやってる本当に楽しいイベントでした。

朝のラジオ体操に始まり…

#普通の箱根にいらしていたお客さんたちに絶対変な団体だと思われたと思う…A--;

お約束の…スイカ早食い…

#エイト祭に来たことない方は…何故に箱根でスイカ??って絶対思ったはず…

皆さん…超ガチでスイカむさぼり食べてますが…

自分とあやとぅーさんは…

まったり味わって食ってますたw
優勝は右側でガッツボーズしているm@sum@suさん!

ERCさんとリアルテックさんはデモカーを持ち込んでくださり、助手席同乗させてもらえるイベントも併設されており。
同乗枠はじゃんけんで決める必要があるほどの大人気でした!

自分も…超珍しくじゃんけんを勝ち抜き、ERCさんの20B搭載(3百数十馬力!!)のエイトに乗せてもらえることに。

感想は…こりゃエイトとは別物のクルマだな…でしたw
下からの怒涛のトルクでどこからでも加速するし…感覚的にTC1000なら3速4速だけで走れちゃいそうな感じ。
いやー、ちょっと自分の車にマネできそうもありませんが、こういう魔改造車はとっても面白かったです。
#ERCさん、同乗させていただきありがとうございましたm(_ _)m

嫁もリアルテック号に乗せてもらい、大満足(^^♪

足のバネレートはフロント20kg、リア18kgという超ハード仕様らしいですが、それでもレートの割には乗り心地が良かったとのこと。
自分もちょっと乗ってみたかったな。

箱根に来たら…

鉄板のかき揚げ蕎麦をいただき…

めっちゃ暑かったので…

ノンアルで我慢しつつ、乾杯です(^^)/🍻

エイト祭にはなかったイベント『イイね』コンテストもやっており、
YAGIさん号(ごめんなさい…写真無し)と美紅さん号が優勝!

#美紅さん号(右の赤いエイト)も…翌日のSAB長沼での写真です…
 駄弁りんぐばっかりで写真全然撮ってませんでしたm(_ _;)m


自分は…

この痛車の方にイイね貼らせていただきました。
RSの純正ホイールをすごくキレイに金色に塗装されているのがツボで感動しちゃいました(^^♪


箱根にほぼ一日みんなで集まって、のほほんと駄弁りんぐするイベントでしたが、ホント沢山の皆さんとコミュニケーション出来ました。
エイトリアンカップともまた違った感じで自分はとーっても楽しめました。(^^)/

主催のエイトリアンさん始め、スタッフ、RTEの皆さま、参加された皆様ありがとうございました。

また来年も開催されるとのことなので…来年こそは…

フルアーマーUCガンダムレベルのバージョンアップをしておきたいと思います!?(大嘘)
Posted at 2017/07/09 22:49:05 | コメント(4) | トラックバック(0) | RX-8 | 日記
2017年06月25日 イイね!

久々に真空管アンプを組み立ててみた

久々に真空管アンプを組み立ててみたこん○○は!
みんカラでは殆ど需要がないであろう、オーディオ話を久しぶりに書きたいと思います。
今回はエレキットのTU-8200という真空管アンプの組み立て日記です。
#TU-8200でのボリューム交換ネタが意外とネットにないので、情報を探してる方の手助けになればと思います。

事の始まりは…
後輩『スレンダーさん、私も(比較的)ちゃんとしたオーディオで音楽聴きたいんですが、お勧めありますか?』

と相談を受けたので…

スレ『予算○○だったら、アンプなんて組み立てキットの真空管アンプ買ってきて作るのがお勧めよ~♪』

後輩『んじゃ、それ買ってくるんで
   スレンダーさん作ってくださーい(^^)/』


とめっさ明るく言われたので…久しぶりにハンダコテを握りました(笑)

#写真撮り忘れてイキナリ基盤が出来上がってますが…勿論一つ一つ取り付けましたです。

私が選定したのは、EKジャパン社のTU-8200という出力管に6L6GCを使ったシングルA級アンプです。

出力は定格8W+8Wですが、過去経験からA級シングルなら3Wも出てれば音量的には十分なので、8Wもあれば能率高めのSP(85db以上)で慣らせば10帖くらいまでの部屋なら十分です。

選定理由はこんな感じ。
・過去自分が購入したキットの後継機であること
 (音質だけなら10万円くらいのプリメインアンプに引けを取らない)
・キットに入っている安いボリュームは…きっと交換できるだろう
 (という甘い考え)

・(過去実績から)3結への改造も…きっと簡単だろう

後輩が購入し、直接拙宅に宅配してくれまして(笑)

箱を履けてみると

部品点数…多っ!?

(シングルアンプなのに前モデル(TU-879S)の1.5倍以上ありそうな感じでした。。。汗)

とはいえ、説明書通り組み立てれば10時間くらいのボリューム。

「まあ改造もVR交換くらいで
      すぐ終わるだろうw」


と言いつつ…結構な期間公私ともども忙しくて数カ月放置…
すまん…後輩よ…A-_-;;

回路図と取説みると…
『す、すげー、ジャンパーで
 UL、3結、5極の接続が選べるようになっておる…』


恐らく、過去のシングルアンプキットで上記に改造する人が(自分含めて)多かったのでしょうが、それを設計に入れてくれるなんて、EKジャパン様素敵過ぎる♪

このお陰で、ボリュームを質の良いモノに変えるのと、気になる人はカップリングコンデンサ変えるくらいのプチ改造で十分な感じです。
#一番音質に効くのは出力トランスだと思いますが、このキットには価格なりのモノがついてるようで一安心(^^♪

エレキットの最大の泣き所は…

このやっすいボリュームなのです。これをもちっと良いのにしてくれれば、普通はほぼ不満のない内容です。

と言うことで製作開始!

作り始めると、熱中してあーっという間にこうなります☆彡

こういう趣味は
作って楽しい♪
  鳴らして楽しい♪
    弄って楽しい♪
と3拍子揃ってて…クルマ遊びに通ずるところがあると思います(笑)

仕事終わりの深夜…寝る間も惜しんで結構ガンガンにビール飲みながら作っておりましたたところ…

基板間をつなげるコネクタ部分で

まさかの作業ミス…ぎゃー~~(爆)
ミスった場所が40か所はんだ付けする必要のある鬼門ポイントだったので…基盤から取り外すのに一苦労( ;∀;)
#やっぱり、酔っ払ってる時に精密作業はやっちゃダメです…orz

自分でミスっておいていうのもなんですが…
このTU-8200というキット、初心者の取り付け精度のばらつき対策として、基板間の取り付けなどは基本ソケット形式になっています。ですので…組み立てが簡単な反面、ミスった時のリカバリやちょっとした改造などは少々しにくい構造になってると思います。

まあ、ミスったら秋葉へGOすればいいだけでございます(^^

今回ミスったのはLピンヘッダ取り付けなのですが、秋月か若松に行けば余裕で売ってますので大丈夫(^^)b

補修パーツ購入と交換するボリュームの選定のため…
久々に行ってきました。ラジオ会館内の『若松通商』


ボリュームの値段的にはこの辺が候補になると思います。
・東京光音2CP601 約2,500円 
・アルプス電気RK27 約850円 …大きさ的に入らないかも(汗

仕様はキットのボリュームが50kΩなので、同じものを買えば大丈夫。
交換するボリュームもお好みですがAカーブがお勧めだと思います。

今回は過去使ったこともあって、ノイズもギャングエラーも少なく耐久性バッチリな「東京光音2CP601」を大奮発!

#すっごく安くて性能が良いと噂のマルツR1610Gあたりを使ってみたかったのですが…

当たりはずれ結構あるらしいのと…外すととっかえひっかえの作業がめんどいので今回はパスしました。人柱的に流石に後輩のでは悪いので、そのうち自分のアンプで試してみたいです


ということで、今回のメインであるボリューム(VR)の交換手順です。
※ネットで調べたらTU-8200ではあまり事例を載せてくださってる方がいないのと、ハムが出て基盤利用を断念したという記事を見つけ…下調べせずボリュームを買ってきてしまったことに恐れおののく(滝汗)


この『切り取るな』とこれ見よがしに書かれているこの基盤を切り取ります。

個別に基板を作ってもかまいませんが、切り取った「VR取りつけ基盤」はそのまま使えるのでコレを使います。


サイズはあってませんが、VRをちょっと強引に差し込めばOK。

はんだ付け後余計な足は切り取りましょう。

切り取っちゃったこのVR取り付け様の基盤を、

こんな感じで結線します。

標準より大きなVRを入れると、この基盤に削り加工しないといけないのですが、

この削った部分に配線入っておりアース用のネジ付きスペーサーと短絡してしまうので、念のためビニールテープで絶縁しておきます。

こんな感じに収まります。

懺悔すると、この後火入れしたとき作業ミスもあり盛大にハム音が鳴り響きわたるは、ボリュームは全然効かないわ…大慌て(TT;
VRノーマル戻しやらなんやらで結構デバッグした結果…B電源周りが小さなゴミで短絡してた模様。
修正後はバッチリとクリアな音が鳴り響きました♪

このアンプとの組み合わせにDALIのZENSOR PICOを勧めたのですが、

後輩は素直にそれを購入。

手元にあるのでそれでテストしてもよかったのですが…普段聞いてるSPの音じゃないとセッティング含めた変化や良し悪しが判断つきにくいので…

長年使ってる手持ちのALR/JORDAN EntryS(インピーダンス8Ω/能率87db)で色々テストしました。

デバッグ後は何ら問題なし。ホッと一安心。

ということで、すこし人柱感のあった、TU-8200+東京高音2CP601(50kΩA)の組み合わせは全く問題ないという事で良かった良かった。
バリ音どころかホワイトノイズも殆どしない(左右独立FETリップルフィルターの恩恵かしら?)、この値段の真空管アンプとしては素晴らしいクリアさ。
やっぱりVRは絶対ちょっとだけ良いモノに変えた方がいいです。
労力が少ない割にアンプの実力アップ感半端無いので(^^)v


この手のアナログアンプは各素子が落ち着くまでエージングに数十時間くらい鳴らしたいところ。
エージングがてら手持ちのCDをいくつか聞いてみましたが、JAZZのピアノ中心のトリオとか、小編成の音楽の再生能力は本当に素晴らしい。
音像定位もVRの性能アップ効果も手伝い、ボーカルものは見事にセンターに音像が出ます。
この時点で…自分がこのアンプ欲しくなってきましたw

キット標準の6L6GC(ELECTRO-HARMONIX製)も十分良いと思いますが、このアンプには「アクティブオートバイアス調整機能」という素敵過ぎる機能が付いており、手動によるバイアス調整なしに、出力管をKT66、KT88、6550、EL34等に変更出来ちゃうのであります♪

取り敢えず、テストがてら手持ちのKT88/Svetlana(右の大きい方)に変えて鳴らしてみると…

全然エージングしてない6L6GCに比べ、予想通り低音がパワフルになり中域も中々の伸びです。

JAZZやロックを聞くならやはり定番のKT88の方が良さそうです。

それにしても「アクティブオートバイアス調整機能」すごくよく出来てると思います。
一手間必要とは言え5万円ちょいで買えるアンプでこの音質と機能があれば満点だと思います。
羨ましい~~

久々にオーディオ弄りしてたので、書いてて楽しかったです。
そのうちサーキット走行の勧めならぬ…真空管アンプの勧めでも書いてみようかしら…ホントか?A^^;

それはさておき…
後輩の元に送るまで、もうちょっとこの素敵なアンプと楽しい時間を過ごしたいと思います。

<おまけ>
ちょっと前の真空管アンプ(市販品)は、偶にふたを開けて

出力管の経年変化に合わせて、定格に合うようにバイアス調整しないと性能が変わってしまうのであります…A-_-;
この写真のアンプ(TRV-35SE)は出力管差し替え可能なタイプではありますが、その際はバイアス調整する必要があり…簡単なんだけど自分の様な無精には面倒なのであります。
Posted at 2017/06/25 15:05:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記
2017年06月24日 イイね!

眼鏡なんて飾り…じゃないのよ涙 team六連星@TC1000走行会

眼鏡なんて飾り…じゃないのよ涙 team六連星@TC1000走行会こん○○は!
去る6/23にいつもお世話になっているteam六連星☆彡さんの(なんと)第80回目の走行会が行われ、はりきって参加してまいりました!
記念すべき今回の戦場はTC1000。
今回、ましゅ~さんに譲っていただいた265の71Rを投入、少なくとも41秒台、出来ればほぼベストに近いタイム(41秒5くらい)をこっそり狙っておったのですが…


”何シテル?”でネタ晴らししちゃったのですが、裸眼でサーキットに挑み見事に撃沈してまいりました。

ならば、真の商社…じゃなくて勝者にはなれたのか!?

ゼッケンも、

『君の為に8番にしてあげたお!』
と、とってもゲンが良さそうなゼッケン☆彡

…だったのですけどね…

  結果から行きますが…

42秒062…
 び…微妙だ…(;´・ω・)
  …何の価値もない裸眼ベストです(爆)
   …眼鏡してれば…というしょーもないタラレバが頭をよぎっちゃいます( ;∀;)

最中、れじさんから

『たかがメインカメラ(眼鏡)がやられただけだ』
という素敵すぎるコメに吹きましたが…


『眼鏡なんて飾りです!』
ってブログに書こうと思ってましたが…
                …無理でした(笑)

眼鏡してないだけでどんどん目が痛くなってきてしまい…涙目になって走るどこじゃなくなってきちゃいました。


こんなんになっちゃいましたが…果たして直るでしょうか??
明日眼鏡屋さんに凸予定ですw

閑話休題。
一応…当日ベストです。

1ヒート目:42秒062(LAP5)
BS POTENZA RE-71R 265/35R18
気温:26度くらい
冷間:200kpa、減衰8段戻し



いつもは減衰12段戻し(弱め)でずーっと走ってたのですが、今回ちょっと硬めでチャレンジ。
ただ…今回は視界の悪さに気を取られ…減衰調整の効果は良く分かりませんでした…A^^;

この後のヒートも使って減衰で走らせ方がどう変わるかとか色々試したかったのですが…

そんな事を試すテンションじゃなくなり、この後はオフ会モードに(^^

この日はいつもの皆さん他、サーキットに復帰されたあおさん(なんと青森から遠征!!)とのんびりお話しできて楽しかったです。
話してる間、あおさんが

『このサーキットを吹く風が気持ちいいよね』

キラーん☆彡

走りは冴えなくても、ガンネタで額に稲妻w

この時スレンダーの頭の中では

『この風…
 この肌触りこそサーキットよ( ̄▽ ̄)』

この言葉が真っ先に浮かんだのはやむを得ないでしょうw

私が言うとアホっぽいですが、あおさんが言うと詩的でとても格好良く思えるのはなぜかしら(笑)
↑というか私が妄想しただけであおさん…そうは言ってないw

今回プレミアム走行会という事で、ふるまわれたとうもろこし。

のんびりとトウモロコシにぱくついたのですが…これ、めっちゃ美味しかったです!!

図々しくも2本もいただいちゃいました。ごちそうさまでした。m(_ _)m

スーパーラップもあったんですがね…メタメタでしたさ。

じゃんけんですか?

つい…自転車もらって帰っちゃおうかな…と妄想してみたんですがね…

。 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン;

ぜんぶ眼鏡のせいだ(八つ当たり)

これで…通算打率0.117(17打数2安打)
2割バッターへの道は果てしなく遠い(;^_^A

実は…地獄だったのは帰り道。
前の車のプレートが見えないのはおろか…距離感がつかみにくく、目が痛くて涙ボロボロ。。。
無事に家にたどり着いたときには、本当にヘトヘトでへたり込んでしまいました。
眼鏡…今度からは絶対予備持っていこう。。。シャレにならないです…A^^;

とまあそんなわけで、自分的にはちょっとしたハプニングもあり、走りとじゃんけん(力説)はちょっとしょっぱかったですが、お陰様でとっても楽しく一日を過ごさせていただきました。

次回こそは大勝利目指して…

牛の夢でも見ようと思います( ̄▽ ̄)v

最後になりますが、六連星の皆さま、80回の記念開催おめでとうございました!
六連星さんの走行会のお陰で、自分みたいな初心者でも『サーキットって楽しい♪』って思えたのを今でも思い出します。
今後もお世話になりますので、是非ともよろしくお願いいたします。
今後もじゃんけん大会…しっかり盛り上げていきますよ!!

ご一緒頂いた皆様、楽しい時間をありがとうございました。
また一緒に遊んで下さいませ。ではでは!
Posted at 2017/06/24 21:02:45 | コメント(12) | トラックバック(0) | TC1000 | 日記

プロフィール

「あ...あれれ??
タイヤが食わないのか..,路面がダスティなのか😭

@筑波で彗星さんとお茶会🍵」
何シテル?   08/23 16:28
こんにちは。スレンダーと申します。 HNは初代ガンダムのスレンダー軍曹から取っています。 ※スレンダー軍曹については以下動画を参照の事(笑)  http:...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

【サーキット走行の勧めⅡ:第1話】今シーズンの目標設定をしてみようじゃなイカ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/02 22:49:32
今年ゲットしたい走りのための三種の神器 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/06 23:25:16
自分にできることをしよう!『電話お願い手帳』ってご存知ですか? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/07 09:27:12

お友達

RX-8やクルマ、サーキット走行も興味のある方、是非お友達になっていただけませんか?
よろしくお願いいたします。

※お友達はいつでも大募集なのですが、ブログでのやりとりや自己紹介等なにもなく、いきなり『よろしくおねがいします』だと…おじさんはちょっとキツイです。A^^;

215 人のお友達がいます
【ほり】【ほり】 * cosmo8cosmo8 *
とっ様とっ様 * 3亀3亀 *
クリ@Kuriクリ@Kuri * 黒蜂71号車黒蜂71号車 *

ファン

99 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-8 ハチ (マツダ RX-8)
2009年9月、ネットで青いエイトRSの写真をみて一目惚れ。 ストリートで普通に運転した ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) 大佐 (フィアット フィアット500 (ハッチバック))
チンク乗りの皆様、こんにちは。 チンクの魅力に夫婦そろってハマっておりましたが… 50 ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) チンクたん (フィアット フィアット500 (ハッチバック))
2013年7月21日、故有ってチンクたんとお別れすることになりました。 2年弱、とっても ...
トヨタ アルテッツァ トヨタ アルテッツァ
2000年以前で、お手軽でNA・FRのクルマといったらアルテッツァくらいしかなく、その志 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.