• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しばゆうのブログ一覧

2016年01月04日 イイね!

走り初め

走り初めふと思い立って、久しぶりにマイカーで美浜サーキットを走りました。

トヨタ系連休の終盤の平日と言うことで、ものすごく混んでいました。
走行中のS2000がエンジンブローにより出火するというアクシデントもあり、自身の走行前に大変肝が冷える思いもしましたが、
走る気力が勝り、気がつけば調子に乗って3クールも走ってしまいました。

車を変えてからマイカーでサーキットにいくことは無いだろうと思っていましたが、(壊れたら大変だし^^;)すごく楽しかったです。
タイムはプレより遅いですが、それはそれでいいのです。
Posted at 2016/01/04 22:40:16 | コメント(3) | トラックバック(0) | サーキット走行 | 日記
2013年07月12日 イイね!

明日は、、、

明日は、、、私事でございますが、結納返しと嫁入り道具の搬入があります。

せっかくお誘い頂いた素敵な集まりですが、残念ながら参加できません。すいません(>_<)

暑い中ですが、みなさん是非楽しんできてください\(^o^)/



追伸

無事に結納返しも終わり、明日は入籍です。

独身最後の夜はプレリュードとともに。


しっとりと柔らかな風が吹き抜けるスカイラインは、真夏がすぐそこまで来ていることを感じさせます。

眼下に広がる蒲郡の夜景と、淡く見える夏の星座と、三河湾に低く上る赤い月がとてもきれいです。

低いギアで引っ張れば、エグゾーストはどんどん澄みわたり、車は伸びやかに次のコーナーを目指していきます。

本当にいい時間を過ごせました。もう15万キロを迎えましたが、プレリュードは本当にいい子です。



明日からは今日と違った景色を見ることになるのでしょうか。

守るべきものができてからも、車と過ごす時間はかけがえのないものですね。
Posted at 2013/07/12 21:10:32 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2013年01月27日 イイね!

スベルノスキーラリーに参加してきました!

1/26夜に行われたスベルノスキーラリーというイベントに参加してきました。

夜に閉鎖された林道を使って雪ドリ大会なんて、なんと胸が熱くなることか!

実は今年の夏くらいから去年のイベントの募集要項をみんカラ内で発見してからというもの、今年も行われるなら必ず参加するぞと意気込んでおりました。

元GT4乗りの血が騒ぎます。


そんなこんなで当日夜に現地集合

気温は‐7度の極寒の御岳山麓でしたが、

主催者のグループA万歳さんをはじめ、温かく受け入れていただきました。

ありがとうございました。



集合場所に集まるエボやインプ等々のハイパワー4WDに交じって、FFのプレリュード1台。(FFはもう一台クサラがいました。渋い!)

一緒に行った友人がSW20で参加するのをヒヨったためダブルエントリーとなりました。



途中でカメラの電池が切れて、コース全部を取りきれませんでしたが、

友人の運転する方はフルコースが撮影できたので雰囲気を楽しめていただけたら幸いです。

旧友同士の会話なので、暴言が飛び交いお聞き苦しい点があるかと思いますが、ワキャワキャした楽しい感じも感じ取っていただけるかと思います。

思い出したように「右強!」とか「左弱!」とか言ってるのは一応ナビのつもりです。

GoogleMapをペースノート代わり(横着ですが)とすることで、コーナーに対する心構えができて非常に良いです。

それでは動画をぺたぺた


ケーちゃん運転(ATTSあり)



しばゆう運転(ATTSカット)


途中、バーンで滑って前も後ろも雪壁に刺さってコースを封鎖した際はご迷惑をおかけいたしました。

そんなときにも優しくお声掛けいただき、復帰を手伝っていただいた参加者の皆様ありがとうございました。

おかげさまでリップ1枚という最小限の被害(裂けちゃった><)で無事に走行を終えることができました。

また、最終ターンにはレンタルでエボⅢを運転させていただくことができ、とても痛快な走りを体験できました。重ねてお礼申し上げます。



いやぁ、本当に本当に楽しかった!!

来年もまたぜひ参加させていただきますのでよろしくお願いいたします。


P.S.
来年はeroさん、ま~ぶるさんもいかがですか??
Posted at 2013/01/27 12:32:19 | コメント(6) | トラックバック(0) | サーキット走行 | 日記
2012年03月06日 イイね!

「FFのリアはトーOUT」は本当か?(最近考えていること その2)

さて、MEGANEMAN CUPからだいぶ時間がたちましたが、あの時から色々考えていることを書こうと思います。

間違ったことを書くのもいけませんので、私が愛読している教科書を参考に。。。

ただ、私の読解力の乏しさゆえ、教科書持参でも間違ったことがあるかもしれません。

興味がある方は是非、手にとって読まれることをお勧めします。(普通のカー雑誌が避ける技術的な解説が載っています)

さて本題です。

私がアライメント調整をとあるショップにお願いした際、「FFのリアはトーアウトにしないと曲がらない」といったようなアドバイスを受けました。

FFに乗るのは初めてだったため、そういうモンなのかと思いつつも、なんか引っかかりを感じたために結局純正よりちょっと緩めのトーインに仕上げてもらいました。

果たして本当にそうなのか。ちょっと教科書をあさってみました。



そのまえにおさらい。

車はどのようにしてコーナリングを開始し①、維持し②、収束するか③

その基本的メカニズムはこんな感じです。

①コーナリング開始
・前輪に舵角を与える
・前輪にスリップアングルが付き、タイヤの進行方向に対して横方向の力(横力)が発生する
・このうち、車両の方向に対して直角方向の分力がコーナリングフォース:CFとなり、進行方向後ろ向きの分力が走行抵抗となる
・フロントに発生したコーナリングフォースにより車両にヨーモーメントが発生し回頭を始める

②コーナリングの維持
・車両が回頭を始めると、車両自体は慣性にしたがってまっすぐ進みたいのに、後輪は回頭によってイン側へ切れ込もうとする。
・これにより後輪にもスリップアングルが付き、CFが発生
・前後のCFが等しく、またこれらの総和が遠心力と釣り合っているときに車両はコーナリングを維持できる

③コーナリングの収束
・コーナーを収束させるために前輪の舵角を減らす
・前輪のスリップアングルが減少し、それに伴ってCFも減少
・前輪のCF<後輪のCFとなり①とは逆方向のヨーモーメント発生
・車両の進行方向と後輪の進行方向が一致するに従い後輪のCFも減少
・コーナリングの収束


と、ざっくり書くとこんな感じ。

で、話を戻してリアトーの話。

上記の話から、車両旋回性能を上げるにはCFを多く発生させることが重要だと言うことがわかります。(車重を軽くして遠心力を小さくするという方法もあります)

基本的に、タイヤのグリップ限界を超えるちょっと前あたり(曖昧だなぁ^^;)まではスリップアングルとCF(ホントは横力だと思うけど割愛)は比例関係にあるそうです。

つまり、蛇角が多ければそれだけ多くのCFを発生できます。



余談ですが、ステアリング反力の基となるセルフアライニングトルクは、一定の舵角以上で急減少します。



このため、コーナリング中に「ステアリングが軽くなった!」となると旋回力が落ちたように感じ、ハンドルを戻したりしてしまいますが、

実際に最大CFが発生するスリップアングルはもう少し高い位置に存在します。

この領域をステアリング反力だけに頼らず感じ取れるセンスを磨けば、より高い次元のコーナリングが出来るのだと思います。


また脱線を、、、

ということでリアにトーアウトをつける=旋回時のリアのCFを減らすということになりかねません。

リアのCFが少ないということはフロントのCF>リアのCFという状況になりやすく、フロントの舵角を大きくとると途端にヨーモーメント発生→スピンという状況になってしまいます。

となると旋回を安定して維持するために取れる方法は一つ。

フロントのCFを減らさざるを得ません。これはつまり車両全体のCFを減らしてしまうことになるのです。

これはなんと勿体無い。



もちろん、リアにトーインをつけることでコーナリング開始時にヨーモーメントを発生させるのに大きな力がいるようになります。

それは感覚的にアンダーステアを感じさせるものかもしれません。

しかし、後輪には生憎、操舵機能がありません(除く4WS)

乗り手に違和感を感じさせず、かつ直進時に走行抵抗となったり、タイヤを偏磨耗
させない程度にトーインをつける。

これがセオリーなような気がした今日この頃です。

昔はFFのリアタイヤなんて無くてもいいと思っていた時期がありましたが、FFのリアタイヤってすごく大事な働きをしてるんです。

もうちょっと掘り下げて書きたかったのですが、長くなってしまったのでこの辺で。


P.S.

今日のブログではちょっと乱暴な書き方をしてしまいましたが、FFのリアトーを0もしくはアウトにしても走り方によっては有利になる場合があります。

例えばミニサーキットなどでタイトコーナーばかりが続く場合、旋回を維持しなければいけない時間はほんの僅かです。

つまり上記の①~③の間の②の状態が極端に少なく、ヨーモーメントをすばやく立ち上げ、出口ですばやく舵角を戻すようなコーナーではとても有利に働くとおもいます。

また、フロントのCFを減らす方法は舵角を減らすだけではありません。

FFの特徴はなんと言っても舵取りタイヤと駆動タイヤが同一なこと。タイヤに駆動力を与えればCFのキャパシティーを喰う事ができ、スピンを抑制したり旋回を収束できたりします。これはFFの特徴です。

つまり、クルっと回ってドカンと飛び出す走り方。(加速による荷重移動でホイールスピンが起きるのでそんなにうまくはいきませんが)

ero師匠がコーナー出口でFRのごとく早くアクセルを開くことができるのにはそんな秘密があったのです(え?ホントはトー0だった??^^;)

またこれとは逆に、ヨーモーメントの不足を感じた際、後輪だけに制動力をかけて(サイドブレーキ等)後輪のCFを減少させる方法もあります。

これがイソボン師匠の「必殺!アンダー殺し!」

これもトータルのCFは下がりますが、低速のコーナーでは有効な手段かとおもいます。

ようは何がいいたいかというと、その人がその場所を走って一番速いセッティングがその人にあったセッティングということ。

頭でいくら考えても、答えは出ませんので、実践が何よりということです。

ただ、FFのリアはトーアウトだという一方的な意見があまりに多かったため、ちょっと考えてしまった次第でございます。

いろんなセッティングを試し、自分のスタイルに合ったアライメントを見つけたいものです。


Posted at 2012/03/06 23:16:18 | コメント(9) | トラックバック(0) | ちょっと工学っぽい話 | 日記
2012年02月28日 イイね!

新しいおもちゃ

新しいおもちゃ後輩からタダ同然で引き取ってきたバイク。

YAMAHA SRV250ルネッサ

SOHC Vツインのかわいいやつです。

車のオフはバイクのオン!ってことで、今年の夏はこいつで遊びます。



ただでさえマイナーなバイクなのに、さらに魔改造を施します。

その名もVブースト化

ツインキャブ下流のインテークマニホールドを連結し、1気筒当たりのキャブを2基掛けとすることで、高回転域での混合気の量を増幅させるのが目的です。


でも普通にマニホールドをつなぐだけじゃおもろくないなぁ。

ということで、ちょっと研究中。

やはり常時連結してると、低回転域でかぶりやすくなったりアイドリングが不安定になるらしい。

ふむふむ。

じゃぁこんなのはどうだろう。



たとえば、低回転域では普通の1キャブ/1気筒

でも、5000rpmを過ぎたら、2キャブ/1気筒、、、とかね。

あれ、これなんかに似てない??(笑)



ホンダイズムここにあり。

これが完成したら、SRV界(そんなのあるんか?)でもパイオニアになれるでしょう。

回転数によるスイッチングはこんないいものを見つけました。

わくわく。

じゃぁ、このシステムの名前も

V-Twin Engine carburetors Connection system

ということで。。。


P.S.

電磁弁のアイデアがまったくナッシング。

なにか電気を掛けたら弁が開くような安価なバルブないですかねぇ。

それもφ12~16位の小型ので気密性のあるヤツ。


Posted at 2012/02/28 23:57:02 | コメント(5) | トラックバック(0) | バイクの話 | 日記

プロフィール

「@tricycleさんちなみにリアのサスアームが一式あまってるのですが、外段取りようにいかがでしょうか?eroさんも欲しがっていましたが、、、(^^;」
何シテル?   01/14 19:22
永遠の愛車と決めていたセリカを手放し、 DIYの礎となったプレリュードも手放しましたが、 新たな愛車としてケイマンを迎えることになりました。 今後もよろし...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

NSXエンジン降ろしメンテ+α 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/04 14:59:50
さすが・・・^^ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/02/25 08:48:54
帰って来た金◯・・・2♡♡♡ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/12/26 12:35:30

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
よろしくお願いします.
ポルシェ ケイマン ポルシェ ケイマン
86を買うために貯めたお金でなぜか中古のこいつを買ってしまいました。

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.