車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年08月28日 イイね!
乗り越えて見えてくるもの。本日はYZサーキット(東コース)に行ってきました。

リハビリ開始です。(^o^;

サーキットスタッフの方にも,

「直りましたか~!よかったですね!!」

と温かく迎えてもらえました。(^-^)



クラッシュ後,何人の方から,

「クラッシュを経験して,学ぶこともありますよ。」

と言われていました。

慰めかと思っていましたが,確かに,クラッシュを経験してからいろいろと考え方が変わりだしています。



今日はコースは走らずに,パイロンコースで練習。

これまでの,スラロームとか8の字だけではなくて,”角度で止める練習”

YZ東コースだと,ドリフトするにもいろいろあります。

(以下,私自身まだまだ発展途上のため,レベルの低い話ですみませんがご容赦ください。。。)

3年前の動画です。↓



これは比較的安全な走り方。

1コーナー振ってブレーキで止めて,2コーナーへ振ってブレーキで止めて

3コーナーへ振って足りない距離をサイドで合わせる

1つずつ確認しながら走れるので安全なのですが,

3つのコーナーがブツ切りで,流れるような走りにならない。

そして,3コーナーが遅い。。。

これだと,ドリフトはできていてもあまりいい走りではありません。



グリップで走るときは,3コーナー手前まではアクセル踏んで加速してきます。

だから,ドリフトで走るときも3コーナーまではブレーキを踏まなくても走れるんです。

1コーナーは振るけれど,なるべく速度を落とさず浅く振って

2コーナーも浅く返して,なるべく速度を殺さずに

3コーナーで角度を大きくつけて減速する

そんな走り方が”勝てる”走り方なんじゃないかな?と思ってます。

だけど,↑コレが危ないのよ。。。(>_<) (←そして,まだ私はできません(ToT))



で,今までできなかったんですが,ロデックス師匠からも

「浅く→浅く→真横で減速って練習したいね」

と言われていました。

ホントは広~い駐車場でやりたいのですが,まずはできるところで・・・ということで。

1速ではありますが,浅く→浅く→深く返して減速→アウト側に寄せる

ってコースを作って練習してみました。


基礎練習って,

「高い車速で顔を出す苦手を,低い速度でも同じように発生させるコース作りができるか?」

というところが,効果的な基礎練習ができるか否かの分かれ道な気がします。

そして,作ったコースに慣れるんじゃなくて,ちゃんと狙いを定めて走ること。


一応,いろいろ考えてパイロン位置を調整して,”ミニ東コース”ができました。

ちゃんとしたコースは3速進入→2速シフトダウンですが(私のファイナル3.7なので),

ミニ東コースは1速オンリーです。

(タイトル写真はただのスラロームコースです。スミマセン。)

やっぱり,ちゃんとコースができたら,”できてないこと”がよく見えてきました。

今までは,1コーナーを1km/hでも高い車速で振ればいいと思っていました。

なので,1コーナーを振り出したら後は修正→修正・・・とやってるうちに,

気付いたら3コーナーが来て,対処してたら過ぎちゃいました。って感じ。(^o^;

そうではなくて,大事なのは3コーナーの振返し位置&角度&速度が毎回同じように

合わせられること。(しかも高い速度で)

そうすると,1コーナーなんて通過点。

1コーナーの振り出し速度なんかよりも(でも,これも大事だけど),

3コーナーに如何に同じように進入できるか,そのためには,

3コーナーを見越して,1コーナー,2コーナーを毎回同じところを同じように走れるか。


まだまだ1速でも精度が足りないと感じました。



自分の苦手を理解して,その苦手が出るような基礎練習コースを

考え出せるようになると,安全に上を目指せるのではないかと思いました。


車速が遅いときには慣性力が小さく,クルマが流される量が少ないので,

ついつい適当に走りがち
ですが,逆に感性を研ぎ澄ませて,小さな慣性力を

常に感じるようになれれば,ハイスピードコースを想定した低速コースも

作れるようになる気がします




今日は日曜日でしたが,天候があやしかったせいか,

パイロンコースを2時間専有走行できました。(^-^)v
Posted at 2016/08/28 16:35:20 | コメント(4) | トラックバック(0) | ドラテク修業 | 日記
2016年07月30日 イイね!
レンタルカート200分耐久。ひょんなことから,美浜サーキットでのレンタルカート耐久レースに誘われまして,みん友のたかやろうさんもお誘いして参加してきました。

200分の耐久レース。

メンバーの平均体重でウェイト調整があったり,

給油もあったり(スタッフが給油),

ドライバー交代はピットイン時間が決められていて,

ピットが混乱しないレギュレーションだったり,

クルマはレンタルカートですが,ちゃんとしたレースでした。



チームも17チームもエントリーがあり,ガチなところからユルいところまで様々。

レンタルカートの個体差はあるものの,私のベストよりも2秒近く速いタイムを

出されている方もいて,スゴいな・・・というのが正直な感想。

普段のシルビアの「ハイパワー&ローグリップ」ではなくて,

レンタルカートは「ローパワー&ハイグリップ」

タイムを出す基本はシルビアもレンタルカートも一緒ですが,

”レンタルカートスペシャル”なテクニックも確実に存在するようです。



速い人の後ろを走ったり,同じチームの速い人の走りを見たり・・・

それだけでかなり勉強になりました。

車重の割にハイグリップなので,ヘアピンでも力任せにステアリングを切れば

ノーブレーキで曲がれるのですが,ステアリングが抵抗になってエンジン回転数が

ドロップし,立ち上がりでの吹け上がりが悪くなる。。。

かといって,進入でブレーキングしすぎれば遅い。

旋回状態でブレーキングすると,リアブレーキなので滑る。。。

縁石も使えるところは使うと距離が短くなりますが,挙動が乱れてしまう縁石は使えない。

その見極め。



同じチームの速い方から言われた一言,

「ステアリングは力入れて切っちゃダメなんですよ」

というのが印象的でした。(でも,重ステなんだけど)

ステアリングが抵抗にならないように,かつ,回転数はドロップさせないように,

それでいて,コースの最短ルートを走る。。。

レンタルカートの特殊な技術もありますが,シルビアでも応用できることはあり,

”引き出し”は確実に増える気がしました。

結果はまだまだ入賞すら届かない状態ですが,また機会があれば

参加してみたいと思います。




それでもやっぱり,腕は疲れたよ。。。パワステ欲しい。(笑)
Posted at 2016/07/31 11:08:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドラテク修業 | 日記
2016年07月24日 イイね!
先日の武者修行 その2ですが,実は続きがありました。

本当に久しぶりに,クラッシュをしました。

少し重い話になりますが,ご了承ください。

1,2,3と振り返していくのですが,

1コーナーでクリップを外し,

2コーナーでズレが大きくなり,

3コーナーの返しがかなり遅れ,リアから土手に突っ込みました。



自走はなんとかできましたが,リアバンパー×,トランク下部がちょっと凹み,

マフラー×,ナンバークシャクシャ・・・といった被害。

見たくない写真ですが,自分への戒めのために晒しておきましょう。。。



その後,ロデックスさんにS.O.S.

本当に忙しいときだったようです。それでも,電話して1時間後には

ロ:「今から行くから,待っててね」

ロデックスさん到着したとき,このシーンが頭に浮かびました。



頭文字Dでハチロクのエンジンブローしたとき,文太が引取りにきてくれるシーン。

このときは,エンジンブローなんですけど,

「正しい判断ができないときに,クルマを走らせた」

というところは反省点として同じ。


最近,私自身も攻める走りをしていたので,「やっぱりかぁ・・・」と

思われる方もいるかもしれませんが,ちょっと違うんです。


今回のクラッシュは正に不要なクラッシュ。

普段ならしなかったクラッシュでした。

原因は”気持ちの焦り”

もともとは,ロデックスさんの指導のもと,怖いと思うことはせず,

限界点を少しずつ引き上げてきました。

「常に自制心を持って走ること」

はずっと言われ続けてきましたし,それを実践してきたのですが・・・

ここ最近,大会で早く結果を出さなきゃいけないという焦りがありました。

やれることは全部やろうと,「武者修行」と思って今までとは違ったアプローチでの

走り込みをしようとしました。

7/20当日も,

「今日のうちに,エキスパートな方々と同じレベルの走りになるべく近付こう!!」

と気持ちが先走っていました。

クラッシュも最終ヒート。

最後に決めてやる!と無茶した結果,事故るという典型的なダメパターン。(>_<)

2つめの振り返しが遅れた時点で,普段ならやめていました。

そして,直前に引張り走行をしてもらっていたので,精神的にも疲れていたと思います。


そもそも,休憩無しで走ってちゃダメだし,

1つ目,2つ目とズレ込んだところで諦めるべきでした。



ロデックスさんに積車に積んでもらって帰るとき,あまり多くはロデックスさんも語らず,

ロ:「8/11(ロデックスタイルミーティングの日)までには,修理は絶対間に合わせるから!」

と。


ロ:「ノークラッシュ記録も,8年で終わっちゃったか。。。」

と言っていたロデックスさんは,寂しそうでした。。。



翌日,電話がかかってきまして,修理の内容を話した後に,

ロ:「今回の原因何だったと思う?」

と聞かれ,前述のような気持ちの焦りを話しました。

ロ:「いろんな人の話を聞くのはいいけれど,コバルト君と彼らは違うんだよ。

   ミサイル欲しいってなら,いくらでも用立ててあげるけど,彼らはそれが仕事だけど,

   コバルト君は違うでしょ?」

ロ:「俺が見てても事故しちゃうことはあるかもしれないけど,今回みたいに

   俺が見てないところで,誰かに何か言われて事故しても,

   それはやっぱり俺の責任なんだよ。少なくとも俺はそう思ってる。」

ロ:「今回,身体は何ともなかったからいいけど,もし何かあったらどうする?

   俺はコバルト君の嫁さんとチビちゃんに顔向けできないよ。

   もし,入院なんてことになったら,会社にだって困る人いっぱいいるでしょ?」


そう言われて,私もハッ!とするところがありました。

結果を出すことに焦るばかりで,自分の家族や協力してくれる人のことを忘れ,

また,クルマとの対話も忘れ,リミットを外してしまった・・・
と。

ロ:「もう一度,次回の大会に向けて,何をすればいいか考えてみて。

   正しいメニューが組めるならいいけれど,それができないなら次回出るのは止めて欲しい。」




自分なりに冷静になって振り返りをしました。そして,今までのアプローチの仕方に

今回の反省を踏まえて,

「自分のリミットは外さない。リミットの範囲内で,リミットを高める練習をひたすらやる。」


「常に集中力を切らさず走る。切れたら休む。」

ということを決意したのでした。


その旨,ロデックスさんに伝えたところ,

ロ:「焦る気持ちは分かるけれど,しっかり自分の足元を見て,

  少しずつでも止まらず前進出来るように私も協力するから,一緒にがんばろう。

  今回を経験に冷静な判断力を付けて下さい。


と。



自分の迷いに巻き込んでしまったクルマとロデックスさん,

そして家族含めた私の周りの人たちには本当に申し訳なかったと思います。

クラッシュは残念ですが,一回り成長して復活できるようにしたいと思います。
Posted at 2016/07/24 22:58:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドラテク修業 | 日記
2016年07月20日 イイね!
武者修行 その2武者修行のその2です。

先週,平日休みを取ってYZに行ってきました。

MJ styleさんの走行会。

D1SLにも出場している三好選手もいて,

いろいろアドバイスも頂きました。

参加者7台くらいで,1日フリー走行な感じでした。



練習したのは,角度をつけて減速させる練習。

1コーナーから3コーナーまでは減速してくる区間なのですが,

ブレーキで減速するとイマイチな走り。

ブレーキではなくて,角度をつけて減速していけると良い感じ。

それがなかなか難しい。。。



グリップで走ってみたり,視線に気をつけたりして探りながら,

三好選手の助手席に乗せてもらって,走り方を参考にさせてもらったり,

最後には先導してもらって,車速を感じました。



三好選手と比べると,2~3コーナーの振り返しが遅いですね。。。

少し,感覚を掴むことができました。

上手い人と一緒に走るのは,とても勉強になりました。(^-^)
Posted at 2016/07/24 13:21:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドラテク修業 | 日記
2016年07月16日 イイね!
武者修行 その1【武者修行】
 武士が諸国を遍歴して武士として必要な知識・技能・精神力を獲得して己の資質を高めようとした行為。

・・・と言うと,大袈裟ですが・・・。

大会等にチャレンジするにあたり,

やっぱりいろんな人の走りを見たり,

いろんな考え方を吸収する必要があるなぁ

・・・と思うようになりました。

その第1弾・・・と言うと,やっぱり大袈裟ですが・・・。

先日,たにぐち自動車さんの練習会に参加してきました。



場所は奥伊吹スキー場の駐車場。

かなり広い駐車場なので,パイロンコースもそこそこ大きなものが作れます。

”キレのある振返し”に挑戦してみました。


1速8の字で感覚をつかみ,2速で同じ動きをする練習。

今までは,振返しのときはステアリングで返していましたが,

リアタイヤの空転量を調整すると,ステアリング+アクセルで返せる

ようになり,少し”キレ”が出た気がします。



そして,振り返した後は,「ナックル使って走るってこんな感じかな?」というのが

少し分かったような気がします。

馬力的に,リアタイヤを空転させられる量にも限界があるので,

ドリフト中はやっぱり遅いなぁ・・・と思いますが,

コースによっては使えるところもあるかもしれません。



走行会ってなかなか行ったことなかったですが,割と楽しむことはできました。(^-^)
Posted at 2016/07/23 20:54:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドラテク修業 | 日記
プロフィール
「乗り越えて見えてくるもの。 http://cvw.jp/b/867274/38457772/
何シテル?   08/28 16:35
ちょっとずつ更新していこうと思います。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/8 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
新規のお友達は,お会いしたことある方をベースにしたいと思います。
こちらからお友達にお誘いすることはほぼありませんが,コメントし合える方は歓迎します。(^-^)

お友達になって以降,特に絡みのない方については,一旦お友達解消させて頂きますので,勝手ながらご了承ください。m(_ _)m
29 人のお友達がいます
wolf.stylewolf.style * DORYDORY *
しみ~しみ~ * ハマのたかぽんハマのたかぽん
種梨☆武道種梨☆武道 たかやろうたかやろう
ファン
179 人のファンがいます
愛車一覧
日産 シルビア 日産 シルビア
S13, S14と乗って3台目のシルビアです。 ほぼフルノーマルの最終型を購入。 ウデ ...
日産 シルビア 日産 シルビア
2台目の愛車です。 H7年式の前期モデルでしたが,後期にして乗ってました。 ドリフト ...
PR
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
プライバシー
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.