車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2013年07月31日 イイね!
ジャッキについて。私にとって工具の中で一番使用頻度が高いであろうジャッキ。。。

新しいジャッキを買いたいのですが,悩み中です。

現状保有しているのは2基なんですが・・・。


①マサダ 850kg 油圧パンタジャッキ(タイトル画像)

<仕様>
・耐荷重:850kg
・本体重量:5.9kg
・最高位:381mm(揚程:381mm)
・最低位:121mm

 1家に1台!!と言ってもいいほど,これは便利と思います。
 私のほとんどの作業はコレで済みます。



②アストロプロダクツ 1.5tアルミフロアジャッキ

<仕様>
・耐荷重:1500kg
・本体重量:11kg
・最高位:375mm
・最低位:80mm

 フロアジャッキって何かと必要だよね。ということで買いました。
 フロアジャッキの中では軽いので,持ち運びもしやすくてよかったのですが・・・
 先端の車輪が回らなくなりました。
 ジャッキアップ回数は50回も行ってないと思います。あ~あ。。。(>_<)

 このテの1.5tアルミジャッキは他のメーカからも出ていますが,
 もう買わないですね。。。



 

というわけで,現状は①の油圧パンタしかまともに使えるジャッキが無いのですが,

パンタだけでは片側の車輪しか上げられないので,

車高調整するときなどに,スタビライザーが効いてしまって都合が悪いのです。

そこでジャッキの購入を考えているわけですが,なかなか決められない。(^-^;



***************************************************************************************


候補(1):マサダ 850kg 油圧パンタジャッキ

お値段:\10,000~\12,000

<仕様>
・耐荷重:850kg
・本体重量:5.9kg
・最高位:381mm(揚程:381mm)
・最低位:121mm

 コピーペースト間違いではないです。
 油圧パンタをもう1基買えば,両輪上げることも可能になります。
 ただ,片輪を上げきった状態で,反対側を上げると,ジャッキが車両左右方向に引張られます。
 ジャッキに無理な力が入るので,ジャッキの寿命が短くなるのと,危ないです。
 左右少しずつジャッキアップすればよいのですが・・・面倒臭い。。。(^o^;




候補(2):大自工業 油圧式ローダウン車専用ジャッキ 2トン

お値段:\4,000~\8,000

<仕様>
・耐荷重:2000kg
・本体重量:11kg
・最高位:330mm(揚程:250mm
・最低位:80mm

 ホームセンターにも売ってそうなジャッキ。スチール製ですがコンパクトなので軽い。
 安くていいのですが,メンテナンスで使っている人があまりいないのは
 ストローク(揚程)の少なさからなんですかね。
 材質はスチールですから,曲がったりは少ないでしょうけど。。。
 油圧シリンダが小さいでしょうから,壊れるんですかね。。。




候補(3):大自工業 2.5t ローダウンガレージジャッキ F-71

お値段:\11,000~\15,000

<仕様>
・耐荷重:2500kg
・本体重量:27.5kg
・最高位:470mm(揚程:370mm
・最低位:100mm

 今はコレかなぁ。。。と思ってます。
 スチール製で重いので,腰爆弾に気をつけないといけないですが,持てない重量ではないですね。
 アルミジャッキを買う気にならなくて・・・
 スチールで軽めで,ストロークもあるからいいかな。。。と。




候補(4):NOS 2t アルミガレージジャッキ

お値段:\17,000~\19,000

<仕様>
・耐荷重:2000kg
・本体重量:22kg
・最高位:495mm(揚程:405mm
・最低位:90mm

 以前のアルカン2tonジャッキが無くなり,今はこちらですね。
 これはけっこう使われている方が多いと思います。
 ただ・・・アルミってどうなの?と今は思ってしまうので,イマイチ買う気になれません。
 この軽さでこのストロークは魅力なんですが。。。




候補(5)アルカン ARCAN 3.25t 低床ガレージジャッキ

お値段:\17,000~\18,000

<仕様>
・耐荷重:2948kg
・本体重量:47kg
・最高位:542mm(揚程:453mm
・最低位:89mm

 ガレージジャッキの中では軽いほうだと思いますが・・・
 47kgはさすがに持ち歩けないですね。
 ストロークなどは申し分ないのですが。。。



他にもいろいろありますけど,だいたい似たり寄ったりなので,

以上の中から選ぶことになりそうです。

どなたか,使用されている方いましたら,感想をお聞かせください。m(_ _)m
Posted at 2013/08/01 00:10:40 | コメント(11) | トラックバック(0) | 日々のつぶやき | 日記
2013年07月25日 イイね!
シーズン4号試乗記先日ロデックスタイルさんに伺った際,仮のエンジンセッティングが完了したシーズン4号に試乗させて頂きました。

興味があったのは,SRエンジンのヘッドO/Hの際に施工された”ビッグバルブ化”

NAPRECのハイレスポンスキットの中のスタンダードなものです。

詳細はこちら



そして,シーズン4号の仕様は以下とのこと。
・R35 GTR エアフロ
・ショートポートのサージタンク(メーカ未確認)
・NAPRECハイレスポンススタンダードkit
・東名プロカム260°(IN/OUT)
・エンジン腰下はノーマル
・東名B7652タービン(GTRSと同じらしい)
・アルトラックマニ
・パワーFC


 
私がやるとしても,現状タービン交換は考えていないので,そのまま仕様ではないですけど,

ロデックスさんのご好意により試乗させてもらいました。



①トルク特性の違い

 私の”究極のブーストアップ仕様”は300PSシーズン4号は412PS

 確かに100PS以上違うのですが,トルクの出方がずいぶん違いました

 ロデックスタイルさんでセッティングした車では珍しく,高回転寄りなセッティングでした。

 文章だけだと伝わりにくいので,トルクカーブのイメージを書きます。

 (当然ながら,シーズン4号のトルクカーブは私の体感です。実測値ではありません。)



 私のS15だと3000rpmからパワーバンドに入ります。

 シーズン4号だと,4500rpmくらいからパワーバンドに入ります。

 わずか1500rpmくらいの違いなのですが,これが非常に大きかったです。

 アクセルをベタっと踏んでも・・・

    ・・・あ・・・あれ?

    ・・・ま・・・まだ吹けない・・・

 というくらいの間がありました。(わかりにくいですよね。(^o^;)

 1500rpm下から吹けるって,こんなに違うのかと思いました。


 ただ,4500rpmから吹け出した後は7000rpmまでは一気に吹けます。

 4500rpm~7000rpmまでの吹ける時間は,私の車の2/3くらいの時間で吹けました。(これも体感)

 高回転はすばらしい伸び!甲高いイイ音!がしました。(^-^)b


 低回転で仕事しなかった分,高回転ではきっちり仕事をしていました。

 これはこれで気持ちいい仕様ですね。


②レスポンスの良さ

 パワーバンドの中でのレスポンスは抜群!でした。

 アクセル踏んだ瞬間に吹けます。NAみたい!!

 私のS15でもレスポンスは十分と思いますが,まだ上もあるんだね!と感動しました。

 これが”ハイレスポンスkit”の威力かぁ。。。

 吸排気バルブそれぞれが1mm大径化されるようですが,こんなに違うんですね。

 ただ,高回転でもエンジン燃焼室内に空気がよく入るならば,タービンは純正よりも

 もう少し大きなものを選んだほうが,よりハイレスポンスkitの良さが生かせそうです。




③総括

 現状のシーズン4号は割と高回転型のエンジン特性になっていました。

 これについては,ロデックスさんも満足していないようでしたが,

 今後,パーツを換えて,低回転域から吹けるエンジンにするようです。

 ただ,こういう仕様でも例えばグリップなどには向いているような気がしました。

 あまりに低回転から吹けると,パーシャルアクセルでのアクセルコントロールが

 シビアになりますから,このくらいだとパーシャル域のコントロールは楽かもしれません。

 一方で,ドリフトに使うのであれば,ある程度高回転を維持できる乗り方ができないと

 乗りこなせないような気がします。シフトを忙しく操作することになりそうです。




現状の私のS15を,ハイレスポンスkit化すると,きっと高回転はもっと気持ちよく

吹けてくれそうな予感がします。

というわけで,とても楽しい試乗会になりましたとさ。。。

ロデックスさん,ありがとうございました。m(_ _)m
Posted at 2013/07/26 01:03:52 | コメント(7) | トラックバック(0) | ロデックスタイル | 日記
2013年07月21日 イイね!
重たい宿題。昨日はおわらサーキットで行われた風間塾に参加してきました。

毎回,参加者の構成に応じてスケジュールは変わりますが,今回は以下のようでした。

8:30~9:00 慣熟歩行(初心者+希望者)
9:00~10:00 ドラミ+走行準備
10:00~12:00 走行(初心者同乗中心)
12:00~13:00 昼休み
13:00~17:00 走行
17:00~18:00 講評+閉会式

今回は,直前にキャンセルが出たらしく,8名での実施となりました。

おわら初心者の方も4名いましたが,教えてもらえる時間も多く,ちょっぴりお得な風間塾となりました。
(参加できなかった方,ゴメンナサイ)

私はというと。。。
午前中は①クルマのセット出し②魅せるシフト操作の練習
午後は②魅せるシフト操作の練習続き③クルマのセット出しその2④マイチャレ
という感じの流れにしてました。

結果としては,得られた技術もあり,今回も満足できましたが,

講師の風間先生からは特大の宿題をもらいました。

先に結論があった方が分かりやすいので,書いておきます。

走行終了後の風間先生の総括コメント。

「ドリフトとグリップと切り換えて運転することはできるようになってきていますが,

 クルマが乗りにくい。

 ドリフトとグリップとのセットアップを瞬時に切り替えられるようにしてください。」


要するに,セットアップがなってない。。。ということです。(-.-;

恥ずかしながら,言われてようやく気付いたというのが正直なところ。

「次回,マイチャレを挑むときには,『このセットアップで乗ってください』

 自信を持って言えるようなセットアップにしてください」


これは非常に重たい宿題です。。。
次回まであと2カ月ちょとしかありませんし。。。(^-^;



というわけで,当日朝に戻ってレビューをしてみます。

今回は以下のタイヤで臨みました。
a)中古(セット出し用)
 Fタイヤ:Pinso Tyres PS-91 255/40R17 ×2本
 Rタイヤ:Pinso Tyres PS-91 235/45R17 ×2本

b)新品(アタック用)
 Fタイヤ:ATR Sport 235/45R17 ×2本
 Rタイヤ:ATR Sport 235/45R17 ×2本

c)新品(ドリフトリア履き用)
 Rタイヤ:RADAR DimaxR8 235/45R17 ×2本 


①クルマのセット出し
 とりあえず,午前中はリアにはドリフト用のRADAR DimaxR8を履かせて,

 グリップでのセットアップをしました。

 エアは前後冷間2.2k,減衰はひとまず前20/25, 後ろ15/23のいつものセットでコースイン。

 とりあえず,へっぽこタイヤですんなり57.428が出たので,

 ATRに履き替えれば,もう少しイケるだろう・・・とドリフトに切り替え。

 (昨年の同時期ベストが57.611だったので。。。)

 後で考えると,このセットアップの詰めが甘すぎた。。。



②魅せるシフト操作の練習
 ドリフトは小技を増やすために,魅せるシフト操作の練習の特訓。

 風間先生は非常に多くのシフトアップ,ダウンをします。

 距離を伸ばしたり,クルマを止めたりと意味のあるシフトもありますが,

 魅せ技の要素が強いシフト操作もあります。

 今回はその魅せ技シフトを習得するのも目的でした。

 おわらで言えば,1コーナーに3速で進入して,2速にシフトダウン,

 踏み込んですぐさま3速シフトアップで2コーナーまで繋げていく練習をしたのでした。

 今回は8名だったので,予定外に午前中に風間先生に同乗してもらい,

 ご指導頂いたおかげで,昼過ぎには形になりました。(^_^)v

 どうしても必要な技ではないものの,できると,「お~なんかすごい。。。」という技なので。

 どうせなら,動画があるとわかりやすかったのですが,なぜかここだけ撮影できておりません。。。



 とりあえず,間に合わせの動画を貼っておきます。

 魅せるシフトはしてませんので悪しからず。。。(^-^;

 ちなみに,YZではヨレヨレだった RADAR DimaxR8 ですが,おわらの車速域だと

 それほどヨレヨレ感は気にならず,またドリフトしたときの寿命も
体感ATR×2~3倍でした。

 車速域の低いところでは,コストパフォーマンスの高いタイヤです。



③クルマのセット出しその2
 リアを中古Pinsoに履き替えて,フロントに荷重が乗る前にロックしてしまっていたので,

 車高を10mm下げて走ってみました。

 しかし,ノーズが入らない。タイムも57.461

 前回データと比較すると,6コーナーが特に遅い

 自然に向きが変わる速度まで落とすとボトムスピードが落ちすぎる,

 かといってスピードを上げようとするとアンダー。

 そこからさらに頑張るとアンダーオーバー。。。


 ドライビングで対処しようと一生懸命頑張りましたが,結局タイムは出ませんでした。

 中古タイヤのPinsoも先日美浜で散々グリップで使い倒したタイヤ。

 ひょっとすると新品RADERのほうが喰ったかもしれません。

 しかし,この状態で風間先生に乗ってもらったら,出されたタイムは55.951

 いや,さすがでした。

 瞬時に曲がらないと判断したのか,サイドブレーキまで使ってとにかくクルマの
向きを変える。

 私はノーズが入らなければ我慢するしかないのですが,
こういった使い方もあるんですね。

 タイヤがタレた状態でもタイムを搾り出すところがさすがでした。



④マイチャレ
 勝つ見込みは全く無かったのですが,挑ませてもらいました。

 風間先生も,このときだけヘルメットを被って,「本気アタック」をしてくれました。

 新品ATR 前後235/45R17で出たタイムは55.716

 少し皮が剥けきれてない感じでしたが,さすが,やはり速いです。

 そして,私がアタックに向かうときに,ラックのトラブルが発生し,重ステに。。。(>_<)

 私,パワステの重ステ化は初めて体験しましたが,これは無理です。

 AE86などの重ステより重いでしょう。ヘアピンはハンドル切れません。マジで。

 30kgくらいのダンベル持ち上げるくらいの腕力は要ります。

 というわけで,結局私はアタックせずに終わりました。

 ラックの件は,現在原因調査中のため,原因がはっきりしたところでまたレポートしようと思います。





でも,マイチャレはちゃんとアタックできていても,1秒以上の差は付けられたと思います。

風間先生の奥様が言っていた言葉。

「外から見ていて,リズムが違う。。。」

少し見えてきたと思った風間先生の背中が,また遠く見えました。。。

この,”あと1秒”を詰めるのは,並大抵の努力では無理っぽいです。。。



というわけで,次回までにクルマのセットアップを勉強することになりました。

これまで,クルマのセットアップはほぼ全て風間先生にやってもらい,

私はエア圧で調整する程度でしたが,

「せっかく調整幅の広い車高調に変えたんだから,きちんと使いこなしなさい!」

という先生の声が聞こえたような気がしました。。。

乗りにくいクルマを乗りこなす技術も必要ですが,

それより前に乗りやすいクルマにセットアップできる技術・・・これのほうが大切ですね。




「なんかノーズが入らないなぁ。切り込むとアンダー出るんだよなぁ。。。」

こう感じたところで,ドライビングだけで解決しようとせずに,

セットアップでも解決しないとダメでしたね。

そして,そのセットアップ能力がないので,対処のしようがない。。。

あと2ヶ月,がんばれるだけがんばってみましょう。

そういえば,”今年のテーマは足回り”だったし。。。(^o^;



おわらって,低い車速域で慣性力があまり使えないのと,

旋回している時間が非常に長いので,”おわらスペシャル”ってあると思います。

”よく曲がるセッティング”を模索してみることにします。




風間先生&奥様,おわらサーキットの皆様,参加した皆様,お疲れ様でした。m(_ _)m
Posted at 2013/07/22 00:20:37 | コメント(8) | トラックバック(0) | ドラテク修業 | 日記
2013年07月15日 イイね!
ステアリングラック交換 【速報】先日,”ステアリングラック油漏れ。。。”を書きましたが・・・

今週末,師匠の下に伺い,ラック交換をしてきました。

まだ油が滲んでる程度ではありましたが,パンクの予兆はないようですし,ラックパンクパワステポンプ空打ちパワステポンプ破損・・・というパターンになった場合は,直さなかったことを後悔しそうなので,早めに交換することにしました。


今回の修理は,入替え品に何を使うか・・・がポイントでした。

リビルト品にけっこうな確率でハズレがあることから,今回は避けることにしました。

かと言って,新品はおいそれと手が出ない(12万円程度)。。。

・・・というわけで,ある程度のリスクは覚悟の上で,師匠に良品中古を探してもらうことにしました。

結局,切れ角アップしていないS14 NAオートマ 6万kmから取った中古ラックになりました。



取替作業の詳細については,私がステアリングラックについて,

あまり理解ができていないため,後日書くことにします。(^o^;



週末は富山に遠征のため,師匠も

「やっぱり中古だから,取付後にできるだけ走行して,

 パワステオイルが漏れないことを確認しておこう。」

と言ってくれ,”テストコース”をハシゴしました。



本題とは逸れますが,ここでのレクチャーが大変参考になりました。

”テストコース”ならではの走り方,初見でもある程度のペースで走る走り方を

ついでに教えてもらいました。(^-^)

カーブミラーの使い方,コーナーのRの予測の仕方,ターンイン~出口が見えるまでの余力の残し方・・・

少し特殊な技術でもありましたが,ほぼサーキットオンリーな私にとっては

非常に参考になりました。

これは,よいトレーニングになりますね。

ちなみに・・・師匠は普段使っているテストコースを,”できるだけ覚えないように”

しているんだそうです。(  ̄O ̄)



100km超の試走をし,パワステオイル漏れが無いことを確認し,作業終了となりました。

どうか再発しませんように。(-人-)

そういえば,最近気付いたのですが,ステアリングラックの油漏れって,

目視点検ならリフトアップせずとも見れるんですね。(車高が高いからかもしれませんが。(^o^;)




師匠の下での出来事はまだありますが,それはまた後日。。。
Posted at 2013/07/15 23:49:37 | コメント(7) | トラックバック(0) | トラブル事例&延命化 | 日記
2013年07月09日 イイね!
もういいや。これで。。。大したネタではございません。

最近,身体がシンドイので,軽めなネタでお願いします。(^o^;

月日の経つのは早いものです。

以前に,”カーテシーランプ”を書きました。

出来の悪いDIYのカーテシーランプを作り直すことに決めたわけですが・・・

結局なんだかんだでかなり後回しにされ・・・構想も練られず・・・

気付けば10ヶ月が経過していました。(^o^;



部屋に放置されたドア内張りが邪魔なので,やっつけ仕事で完成させました。

そもそも,きれいにやり直すという最初のコンセプトはどこへやら。



他車種のカーテシーランプを流用しようと思いましたが,考えるのが面倒になり,

困ったときのエーモン工業!で完成しました。。。(^o^;



やっぱり,後付け感はありますが,内張りも少しキレイになったので,

まぁ,こんなもんで良しとします。(^-^;


 

そういえば・・・ブレーキのER34化ネタも放置してしまってますね・・・。

再開しよう。。。
Posted at 2013/07/09 23:36:33 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日々のつぶやき | 日記
プロフィール
「今できること,できないこと。 http://cvw.jp/b/867274/38584740/
何シテル?   09/22 20:29
ちょっとずつ更新していこうと思います。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2013/7 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
新規のお友達は,お会いしたことある方をベースにしたいと思います。
こちらからお友達にお誘いすることはほぼありませんが,コメントし合える方は歓迎します。(^-^)

お友達になって以降,特に絡みのない方については,一旦お友達解消させて頂きますので,勝手ながらご了承ください。m(_ _)m
30 人のお友達がいます
しみ~しみ~ * DORYDORY *
wolf.stylewolf.style * ぺんたろーぺんたろー
10261026 赤ゴー赤ゴー
ファン
178 人のファンがいます
愛車一覧
日産 シルビア 日産 シルビア
S13, S14と乗って3台目のシルビアです。 ほぼフルノーマルの最終型を購入。 ウデ ...
日産 シルビア 日産 シルビア
2台目の愛車です。 H7年式の前期モデルでしたが,後期にして乗ってました。 ドリフト ...
PR
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
プライバシー
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.