車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2013年08月25日 イイね!
探り探り。。。今週末の遠征は,家庭の事情により欠席しました。(´・ω・`)

代わりに,YZ東コースへ出かけてきました。

少し不思議なのですが,”コバルト家レギュレーション”では今週末の遠征はNGなのですが,YZに練習に行くのはOKだったのです。(意味不明)

4月以来ですが,逆走アウトコースを走ってきました。



初めてだった前回は,最終コーナーを2速でなく3速で立ち上がって

スピードをセーブするという”ヘタレ走法”でしたが,

2回目の今回は,2速で立ち上がって4速で振りましょう!という目標で行ったのでした。



しかし・・・思うようにはいかず。。。

後からデータを解析してわかりましたが,夏場のパワーダウンで,

①今回(8月),最終を2速で立ち上がって,3速シフトアップしてきた場合の進入速度と,

②前回(4月),最終を3速で立ち上がってきた場合の進入速度が・・・


 
 
一緒。。。(135km/h前後)(^o^;


 

最終コーナーの立ち上がりで10km/hも差があるのに,1コーナー進入するときの速度は一緒。。。(^o^;

夏場のパワーダウンってバカにできないんですね。



とりあえず,4速に上げて進入してみたものの・・・今度はシフトダウンがモタつく・・・

考えてみたら,ドリフト中の4速→3速→2速のシフトダウンってやったことないや。。。
(^-^;

(4速進入が初めてなんだから当たり前なのですが。。。)



結局,前回同様の3速で振り出すのがメインな練習になってしまいました。(^o^;

しかも,またおさらいするのに時間がかかり・・・

探り探りやっているうちに終わってしまいました。(^-^;


前回とあまり進歩のない動画をアップしておきます。



見た目ほとんど変わってない。。。(-。-;

1つ1つのコーナーを確認しながら振っているのがバレバレです。

ブツ切りの3つのコーナーという感じです。振り返すポイントが遅い。。。


1つ目と2つ目の間はアクセル抜いてブレーキ踏んでちゃダメ。

踏み切りでいって,もっと手前手前で振り返さないとね。。。

2つめと3つめの間で止まってますね。(^-^;

ここももっと早く返さないとね。。。


 

ちなみに,映像を
ご覧になってわかる通り,今回も2時間目は貸切でした。(^-^)v

天気予報があやしかったからですかね。。。



さて,少し間隔を詰めて練習しないとなかなか攻略が進みません。

なにぶん,事故らないように慎重に,探り探り攻略しているもので。。。(^o^;

集中して通ってみようかな。今年中には何とか形にしたいなぁ。。。
Posted at 2013/08/25 21:37:53 | コメント(5) | トラックバック(0) | ドラテク修業 | 日記
2013年08月19日 イイね!
俺はガレージが欲しい!!~カーポート vs ガレージ~家付きMyガレージへの道,第2回です。

第2回は,いきなり根底を覆すような話ですが。。。

「俺って本当にガレージが必要なの!?」

ということについて考えてみました。



車の保管の仕方としては,①青空駐車場②カーポート③ガレージの3つかと思います。

確かにガレージは憧れですが,それは本当に必要なのか?どれほど活用できるのか?

について考えました。

やはり,安い買い物ではありませんし,住宅ローン返済に追われて,

車遊びが出来なくなっては本末転倒です。

以上の3種類について,メリット&デメリットについて考えてみました。




その前に,”建蔽率(けんぺいりつ)”という言葉をご存知でしょうか。

Myホームを建てられたり,検討したことがある方はご存知と思います。

建蔽率とは,建設予定の土地のうち,建物を立ててよい面積の比率です。

建蔽率は土地の用途により異なりますが,だいたい30~80%の範囲の数字が多いようです。

例えば,建蔽率50%と言われている100m2の土地には,

50m2までしか建物を建ててはいけない
ことになります。


 
画像は,http://www.housing-messe.com/chishiki/building/index2.phpより参照させて頂きました。

ここで言う建物とは,”屋根及び柱若しくは壁を有するもの”であり,

屋根のあるものは建物とみなされます。

細かい話は省略しますが,建物を上空から眺めたときの面積が建築面積です。




①青空駐車場

 <メリット>
  ・建築物が全く無いため,最も安い車の保管方法
  ・駐車場部分は建物ではないため,建蔽率が稼げる(=必要最小限の土地で家が建てられる)

 <デメリット>
  ・風雨,直射日光(紫外線),粉塵等に常に晒されている
  ・雨天時の車弄りは困難
  ・車弄りの途中(ジャッキアップしたままなど)で中断することができない



②カーポート

 <メリット>
  ・ガレージに比べれば安価(数十万円で設置可能
  ・雨天時にも車弄りは可能(但し,嵐の場合は除く)
  ・屋根があるため,風雨,直射日光(紫外線)等は多少しのぐことはできる

 <デメリット>
  ・屋根があるため,建築面積に含まれる
  ・車弄りの途中(ジャッキアップしたままなど)で中断することができない

  ※カーポートは,厳密には建物面積に含まれますが,実際にはそこまでうるさく言われないらしく,
   家を建てるときにはカーポート無しとしておき,後からコッソリ付ける方も多いようです。
   厳密にはNGですが,デメリットの1点目は無くなる場合もあるようです。


③ガレージ

 <メリット>
  ・天候に左右されず,車弄りが可能
  ・照明を設置しておけば,夜間でも車弄りは可能(但し,騒音等の配慮は必要)
  ・車を完全に覆うことができるため,風雨,直射日光(紫外線)等をしのぐことができ,
   車には最良の保管方法と言える
  ・人目に晒されず,完全に覆われているため,防犯上も良い
  ・車弄りの途中でも中断することが可能

 <デメリット>
  ・最も高価。(設置には数百万円必要
  ・建築面積に含まれるため,建蔽率を稼ぐことができず,通常の家と比べ,土地が余計に必要になる



メリット&デメリットは以上のようです。


青空駐車は論外なのですが,カーポートとは迷いました。

実際,現状は青空で整備することも多く,そこに屋根が付くのだから,少なくとも今よりは

よい環境になるわけですから,ガマンしようかな・・・とも思いました。



ただ,ガレージにすることで,チャレンジできる作業の幅は大きく広がります

なぜって,週末で作業が終わらなくてもよいからです。

普段,通勤には車は使いませんが,青空整備では,車は使わないにせよ,

車を元の状態に戻して,作業終了しなければなりません


ジャッキアップしてホイル外したまま,1週間放置することは,防犯上もよくありません。

ただ,これがガレージ内となると,車はどんな状態であってもよいのです。

ジャッキアップしてあろうが,キャリパーが外れていようが,ドアが無かろうが・・・



また,青空整備だと,作業途中である部品の破損に気が付いても,その部品を持っていなければ

仕方なく元に戻して,次の週末また同じところまでバラして交換しなければなりませんが,

ガレージだとその必要が無くなるのです。

車はバラしたまま放置して,週末までに部品を手配し,作業の続きをすればよいのです。

これはプライベーターにとってはとても大きなことです。




というわけで,やっぱり高くても,

「俺はガレージが欲しい!!」

と思ったのでした。。。
2013年08月18日 イイね!
セットアップの理論と実践その①タイトルはシリーズものっぽいですが,ひとまずシリーズは書きません。(^o^;

先日の風間塾にて,師匠より宿題を貰った”セットアップ能力を身につけなさい”について,理論と実践を始めました。


理論については,ロデックス師匠からヒアリング。

ただ,今までにも何度か教えてもらっているのですが,イマイチわからなかったのが実態。。。(^-^;

減衰力調整にしても,例えば,リアを硬くすれば粘ることもあるし,

硬くしすぎると突っ張ってすっぽ抜けることもあるし。。。

フロントの減衰を硬くすると,相対的にリアが柔らかくなりますし。。。



感覚でやるにしても,何せ次回の風間塾までには時間もないですし,

その間で弄って乗れる回数も限られていますし。。。



とりあえず,理論から勉強だろ!と思って勉強したわけです。

ですが・・・巷の雑誌って・・・セットアップの記事でわかりやすいものあります??(^-^;

正直,セットアップものって,記事を書かれている方が,きちんと理解されているのか少し疑問に思うところもあります。



そのため,ロデックス師匠に時間を作ってもらい,じっくりとヒアリングさせてもらいました。

師匠のセットアップ能力はすごいと思います。

ただ,師匠の場合,セットアップのためにやれることが素人の私から見ると多すぎて,

話を聞いても別次元すぎてわからない
こともあるのです。(^o^;

教え方の問題ではなく,レベルの差がありすぎるのです。。。

今までピンと来なかった部分を,何とかして理解するため,網羅的かつ体系的に理解できるよう,

ヒアリングシートも作成してヒアリングに臨んだのでした。(笑)



3時間程度のセットアップ講義の結果,何となく見えてきました。

サスペンションと車の動きがイメージできると理解し易いのではないかと思えました。

実際のところ,私のレベルで弄れるのは,

①タイヤのエア圧調整

②ショックアブソーバーの減衰力調整

③車高調整

④トレッド調整

⑤プリロード調整

くらいですから,やれることは限られています。




師匠の講義を受けて,昨日,美浜サーキットにて”実践”をしてきました。

丸一日,20分×5ヒートの間で弄っては走り・・・の繰り返し。

今回は,よく聞くセオリーにはとらわれず,車高調の調整範囲目一杯使って走ってみました。

前後の減衰力を,フロント最強,リア最弱なんてセッティングとか。。。

意外なセットが乗りやすかったりして,

「俺の感覚って合ってるの??」

と不安になり,途中,ロデックス師匠にも電話でアドバイスをもらいました。



3ヒート走ったところで,方向性が定まってきて,

前回のおわら仕様でのドアンダーの曲がらない仕様がかなり改善されたのを感じました。

実際に弄ったのは,車高と減衰力くらいです。

ただ,ロデックスタイル車高調の減衰力の調整幅は大きいため,

車高と減衰力だけでも車の特性はガラっと変わりました



タイムは48.052と振るいませんが,灼熱のサーキットコンディションですから何とも言えません。

確実にノーズの入りは良いし,フロントにもしっかり荷重がかけられるようになったことは確信できました。



ただ,それでは本当によいセットアップが出来たのかわからない。。。

そう思っていたところ,

「あ,そういえば今日はレッスンDAYだ。」

そうです。プロに乗ってもらって,感想を聞けばよいのです。(^-^)



というわけで,またレインボーカラーズの山本先生に乗っていただき,感想をお聞きしました。

先生は,6月にも乗ってもらっているので,”ドアンダー仕様”も経験済みなのです。感想は,

「以前よりも,フロントのスタビリティが大きく向上しました。前よりも乗り易い仕様になりましたね。」

と評価をして頂きました。

これはとてもうれしかったです。(*^-^*)

自分のセットアップの考え方や,車の挙動の感じ方が正しいという証明にもなったので。



ただ,ここでまたアドバイスが。。。

「フロントのスタビリティは向上したのですが,リアがまだ追従できていません。

 以前はアクセルオンで早めにリアがスライドしていってしまったのですが,

 今はその限界は上がったのですが,一番スライドして欲しくないポイントで

 スライドしてしまう
のです。その滑り出しのポイントを変更したほうがよいです。」


・・・と。

最初は??と思いましたが,最後には納得できました。

FRって,ターンインまでの特性を主にフロント側で決め,

クリップから立ち上がりの特性はリア側で決める


・・・という考え方なのだと今は理解しています。



また,山本先生からは,ドライバーが感じるべきこと,感じたことをメカニックに

伝える伝え方
の入口も教えてもらいました。



セットアップ能力については,もっともっと伸ばしていく余地はありそうです。

これまで運転だけで何とかしようと思っていましたが,車の性能ってドライビングだけで

引き出せるものだけではなく,セットアップで引き出していくこともできるんですね
。(当たり前ですが)

よい勉強になりましたし,これからの楽しみも増えました。



ひとまず,ある程度のセッティングが出来たので,師匠には喜びの報告をしておきました。(^-^)

次回の風間塾も,面白くなりそうです。(^-^)v
2013年08月16日 イイね!
ワインディング王国本日まで長野県に帰省をしておりました。

今回はシルビアで帰ったので,ワインディングで修行をしてきました。


やっぱり,本気で練習するなら,サーキットが良いと思います。

私もそう思って,これまでサーキットで練習をしてきました。

その考えは今でも変わりません。



一方で,ワインディングにはワインディング特有の技術がある

・・・ということを最近知りました。(頭文字Dではありませんが。。。)

ロデックス師匠の走りを見ていて思うのです。

●初めてのコースへの適応力の高さ

●路面コンディションの的確な把握

●高低差への適応力の高さ

●車両感覚の正確さ

以上のようなものは,ワインディングで磨いたものもあるよな・・・と。



もちろん,サーキットだけでも身につけることもできると思いますが,

ワインディングという環境だからこそ,頻繁にかつある程度の緊張感の中で練習でき,

ある部分においては,サーキットよりも早く見に付く技術もあると思うのです。



そんなわけで,今回いい機会だったため,ワインディング修行をしたのでした。

最近,歳のせいか夜は目が見えにくいので,昼間のみの練習にしました。

できるだけ交通量の少ない時間帯のほうがリスクが少ないため,

早起きして日の出とともに走ったりもしました。

タイトル写真は走行終了後(AM 6:00)の写真です。



昼間にも走ってみましたが・・・

・コーナーが曲がり切れずに,対向車線にはみ出してくるミニバン

・インカットしてくるSUV

・幅狭道路で対向車線側にバンクしてくるバイク

など,お盆時期だからか,かなりの緊張感を持って走ることができました。(^o^;

むしろ・・・精神修行ですね。




長野県は本当にワインディングが多く,お盆休み期間中だけではとても走りきれる

量ではありませんでした。

特別”コレ”という技術が身についたわけではありませんでしたが,

”感覚”が磨かれていくのは実感できました。(^-^)

また,機会があればトレーニングしようと思います。




最後に・・・私は決してワインディングを推奨するわけではありません。

当然ながら,大きなリスクを伴います。

限界走行をするならば,絶対にサーキットにすべきです。

私は,常にマージンを持って(例えばブレーキならば,何かあったときにもう1踏みできるくらいの踏力で),

必ず対向車が来るという意識を持って,

決して欲張らない(また明日来ればいいや。という気持ちで)ようにしています。



 
夏休みもあと2日だなぁ。。。(^o^;
Posted at 2013/08/16 23:10:28 | コメント(4) | トラックバック(0) | ドラテク修業 | 日記
2013年08月07日 イイね!
俺はガレージが欲しい!!~序章~画像はhttp://www.misawa.co.jp/kodate/ziturei/owner100/index.htmlより参照しました。

”所さんの世田谷ベース”です。




長期連載ものとなりそうです。

突然ですが,Myホーム探しを始めました

もともと,Myホームなんて・・・と思っていたんです。

私も普通のサラリーマンですから,Myホームとなれば,「人生最大のお買い物」です。

ですが・・・全然欲しくなかったんですよね。

そもそも,あまり家にいることもないですし,もともと長男なので,実家に帰れば家はあります。

家だって維持費はかかりますから,あまり沢山持つものではありません。

(とは言っても,今のところ実家は私の持ち物ではないですが。)

「わざわざ借金してまで買う必要あるのかしら?」と思っていました。



今は社宅住まいです。

ただ,社宅も年齢制限がありますので,いつかは出て行かないといけません。

「Myホームねぇ。。。」ε-(ーдー)

そんなテンションだったわけです。




ですが,ガレージは欲しいのです。

今は車弄りは青空駐車場でやってます。

やっぱり,ガレージって憧れます。(人*´∀`)




ここしばらく,S15は師匠のもとに預けています。

車主体の生活をしているので,いざ車がないとヒマです。(笑)

というわけで,なんとなくMyホーム探しを始めてみたのですが・・・

これが意外に面白かったのです。実は今,かなり夢中です。(笑)

私としても,自分がここまで楽しめるとは思っていませんでした。




というわけで,Myホーム探し改め,”家付きMyガレージ探し”を始めました。

現在進行形なので,まだまだ終わりは見えませんが,

長期連載ものとして,書いてみようと思います。(^-^)


はたして,夢は実現するのでしょうか。。。(^o^;
プロフィール
「エキマニ更新! http://cvw.jp/b/867274/37971456/
何シテル?   05/29 21:12
ちょっとずつ更新していこうと思います。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2013/8 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
新規のお友達は,お会いしたことある方をベースにしたいと思います。但し,コメントし合える方は歓迎します。(^-^)

お友達になって以降,特に絡みのない方については,一旦お友達解消させて頂きますので,勝手ながらご了承ください。m(_ _)m
26 人のお友達がいます
wolf.stylewolf.style * たかやろうたかやろう
10261026 ハマのたかぽんハマのたかぽん
ちび7ちび7 DORYDORY
ファン
176 人のファンがいます
愛車一覧
日産 シルビア 日産 シルビア
S13, S14と乗って3台目のシルビアです。 ほぼフルノーマルの最終型を購入。 ウデ ...
日産 シルビア 日産 シルビア
2台目の愛車です。 H7年式の前期モデルでしたが,後期にして乗ってました。 ドリフト ...
PR
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
プライバシー
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.