車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2013年10月26日 イイね!
ギアが1つ上がると。。。本日は心配されていた台風も大したことはなく,午後はお天気にも恵まれたので,YZ東コースへ行ってきました。

午後はコースはドライコンディション。

但し,エスケープには水溜り。

何台か飛び込む方がいたのですが,正にスプラッシュマウンテンのような感じ。



写真は,ジュラシックパーク・ザ・ライドですが。。。(^o^;

非常に大きな水しぶきが上がり,コースが部分的にウェットになったりしていました。(笑)



はてさて,私はと言うと,最近いろいろと考えすぎだったので,

今回は力を抜いて,ただ楽しむために行ってきました。(^-^)



逆走アウトコースの1コーナーは,3速で行くとレッドゾーンギリギリになってしまうので,

とりあえず,今回は進入で4速に入れてみようとがんばってみました。



2速進入→3速進入に上げた時のような恐怖心はありませんでしたが,

やっぱり4速→3速のシフトダウンに慣れていない・・・。(^-^;

そして,どこで3速に落とすのがいいかまだ決めきれていない。。。

でも,4速にすると飛距離も伸びましたし,進入速度も 140km/h に到達しました。

(進入速度が140km/hになったのは,4速のおかげではなく,最終コーナーの立ち上がり方を変えたからですが。。。)

1コーナー振出し後,もっと踏んでいけるようにしたいですけどね。

それもまた,おいおい。。。



やっぱり,4速→3速のシフトダウンは,数をこなして身体に覚えさせるしかないですね。

グリップ含めて,高速サーキットに挑戦してみようかと思う今日この頃でした。。。
Posted at 2013/10/27 02:58:49 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドラテク修業 | 日記
2013年10月22日 イイね!
混油はNGですよね。。。先日,師匠のもとから帰る時の出来事。

ガソリンが残り1/3くらいだったので,師匠のお店から松本ICの間にあるガソリンスタンドで給油。

松本IC周辺ってセルフのスタンドって無いんですよね。

店員さんは若いにーちゃん。(多分バイト)

私「ハイオク満タン」(と言ったはず)

店員「満タンですね」

このやり取りの後,

店員「カッコイイ車ですね。何キロくらい出るんですか?

   メータたくさん付いてますね!カッコイイですね~!

   今,ガソリン添加剤のキャンペーンやってるんですけど,如何ですか?ペラペラペラ・・・


よくしゃべる方です。このとき,イヤな予感がしたんです。。。



給油完了後,

店員「レギュラー満タン入りました!」



私「・・・。」

私「レギュラー入れたの!?」


店員「はい,レギュラー満タンって言いましたよね?」

私「言ってないけど。」

店員「それでしたら,今ならガソリン添加剤で,


   レギュラーがハイオクになるものありますよ。」

私「・・・。」

私「もういい・・・。」




ここでゴネてもよかったかもしれません。(普通ならゴネるのかな)

でも,私がハイオク満タンって言った証拠もないんですよね。

「言った or 言わない」って一番嫌いなやりとりなので,もういいですと店を後にしました。



んで,師匠に電話。。。

私「ガソリンスタンドでレギュラー入れられちゃったんです。2/3くらい。

  エンジン回さず帰れば大丈夫でしょうか?(^-^;」


師匠「う~ん・・・ダメだよねぇ。。。ノーマル車ならいいけど,現車セッティングしてるから。

   6速の高速巡航領域って,燃料薄いから,ノッキング出ちゃうよ。

   そのまま帰っていいとは言えないから,うちに持ってくればガソリン抜くよ。。。」


私「スミマセン,お願いします。(ToT)」

師匠にも,「ガソリンスタンドに言うべきじゃないか?何なら私が・・・」

なんてことも言っていただきましたが,これは私のミスです。



そもそもガソリンスタンドの店員のレベルも NG なのですが,

本当にハイオクを入れているのか,ノズルの色でも確認できたはずです。

それをしなかった私にも落ち度はありました。




師匠のもとで,燃料ポンプのフタを開けてもらい,

スペックSの余った燃料ポンプを改造したガソリン抜きポンプで抜いてもらいました。

この作業,初めて見ましたが,非常に危険な作業なんですね・・・。

気化するガソリン,燃料ポンプの電源コード繋ぐときに飛ぶ火花・・・。

私「し・・・師匠,大丈夫ですか!?超危険な作業なんですけど・・・」(^o^;

師匠「う~ん,まぁ,こんなこと毎日やってるから。一応気をつけてるから大丈夫だよ。」



そんなこんなで,抜けました。

でも,結局上から抜けたのは2/3程度。

もともとは,1/3ハイオクが残っていたところに,2/3レギュラー給油→レギュラー濃度60%

レギュラー濃度60%のガソリンを2/3抜いて,ハイオクを2/3給油→レギュラー濃度20%

この程度であれば大丈夫ということで,帰りは大人しく帰りました。

レギュラー濃度20%のガソリンをできるだけ使ってから,

ハイオクを入れれば本当に安心できると思います。




今回,実は初めての混油でした。

これからはもう,できるだけセルフで入れます。(>_<)

店員さんに入れてもらうときには,必ずノズルを確認します。

いい勉強になりました。。。(´o`;)トホホ
Posted at 2013/10/22 23:01:24 | コメント(11) | トラックバック(0) | トラブル事例&延命化 | 日記
2013年10月20日 イイね!
セットアップの理論と実践その④なんだかんだでその④です。

あまりシリーズものとして書く気はないのですが,やっぱり非常に奥の深い世界です。

先日,師匠のもとに伺った際,最近限界に感じていたことについて,悩みをぶつけてみました。

実際のところ,昨年のほうが,グリップでは思ったように車が動いてくれるという感じがあったのです。

いろいろと突き詰めていった結果,かなり大きなウェイトを占めそうなのが,タイヤサイズ変更でした。



グリップをしている方なら当たり前の話かもしれません。

昨年は,グリップでは主に ATR or Pinso の 255/40R17 を使っていました。

それが今年から ATR or Pinso の 235/45R17 を使うようになりました。

255→235への変更は,車高調の変更と合わせてだったので,少しわかりにくかったり,

今年は比較的ドリフトが多かったので,そこまでフロントタイヤは気にしていなかった

というのがあるかもしれません。




今年,セットアップをあれこれやってみて,

「イマイチ決まらないなぁ・・・」

と思っていました。

いいところまで来ていたのですが,グリップで昨年ほど思ったように走らない。

少し手詰まり感があったので,昨年のオンボードを見直してみると,

今年とは全然違って,ターンインでフロントのノーズがよく入っています。

今年のオンボードは,ターンインで車が曲がらず,あれこれ曲げようと苦戦をしていますが,

昨年のオンボードはそんなことない。

「やっぱタイヤかなぁ・・・。」

そう思っていたのです。



師匠に,

「ATR or Pinso の 235/45R17だと,このへんが限界かと思うんですよ。

 セットアップもやれることやりましたし・・・」


と言うと,

「俺はまだやれることあると思うよ。」

「何でしょうか??」

「タイヤのエア圧とか,トレッドとか・・・一番効くのはタイヤのエア圧かな」

このときもまだ半信半疑・・・。

私の考えは,

「タイヤってそもそもグリップを最大に発揮するエア圧は決まっていて,

 その数値はだいたい適正エア圧なんでしょ?」


というものでした。

「エア圧を規定値よりも高くする or 低くすることって,適正エア圧よりも

 グリップって下がるんじゃないの?」


そう思っていました。

このあたりで,師匠は私の顔色からどう思っているのかわかったのでしょうね。(^o^;

おもむろにエア調整をやりだして・・・

「このくらいなら乗ったら違いがわかると思うよ」

と言われるので,乗ってみることにしました。

一人で行こうとしたら,

「一緒に乗りましょう」

後から考えると,↑これが非常にありがたかったです。

一人だけではここまで気付けないだろうというレベルまで感じ取ることができました。(^-^)



調整したエア圧は秘密

「先入観があったらダメ」

確かにその通り。

特に私のような”頭でっかち”さんは余計に。。。(^o^;




テストコースに行き,走ってみました。

走ってみて,左右のエア圧が違うのはわかりました。

「どう?右と左で曲がり方違わない??」

確かにそうです。

切り込んでからのノーズが動き出すタイミング,

ターンイン後に更に切り足したときに車が更に曲がってくれるのか否か,

アクセルをどこから入れられるか・・・


上記が右回りと左回りで違います。



スピードを徐々に上げていくと,またその特性が変わってくる。

そして,ある程度のスピードまでいったときに,少し感じ取りにくくなりました。

そこで,師匠から

「エンブレ効かせないように,できるだけ高いギアで走って」

これが非常にありがたいアドバイスでした。

強いエンジンブレーキで誤魔化されてしまっていたのが,

ギアを上げるとまたタイヤの変化が感じ取れるようになりました。

実際に,私の悩んでいたブレーキングからターンインまでの特性は,

タイヤのエア圧でもかなり変化させることができる
と分かりました。




テストコースを2往復し,感じたままを師匠に伝えると,

「うん,そこまで感じられたのなら,エア圧見ていいよ」と。




答えあわせをしたときは,

「う~ん・・・こう来たかぁ・・・」

という意外なエア圧でした。



このエア圧調整の仕方は,師匠もこれまでやったことないような話しぶりでしたが,

タイヤのエア圧の違いを右と左で比べることにより,即座に違いを感じ取ることができます。

サーキットでも,エア圧調整のためにピットインしてからまた走り出すと,

意外と違いがよくわからなくなってしまったりするものです。

最初のエアのときは冷間からスタートですが,ピットインして調整したときは

温間からのスタートだったりしますしね。

その点,左右でエアを変えると,違いが感じ取りやすいです。



エア圧変更って,「適正エア圧」から外したらNGと思っていましたが,

「そもそも,適正エア圧って何?適正エア圧って誰が決めたの?

 適正エア圧って本当にグリップが最大になるところなの?」


と改めて問いかけてみれば,明確な答えは持っていませんでした。(^-^;

「適正エア圧が最大グリップとなるところのはず」

と先入観で決め付けてしまっていたのだなと思いました。



タイヤ1本1本のグリップをしっかり引き出すことも大切ですが,

前後のグリップバランスを最適化するために,

敢えてどちらかのグリップを下げることも場合によってはアリ
なんだな

・・・と思いました。

ドリフトでリアの限界を下げるために使うことはありましたが,程度は違うものの

グリップでも同じようなことをすることに意味があることが理解できました。

また,新しいタイヤの特性を瞬時に掴むのに,左右異なるエア圧で試してみるなど,

実践で使えるセットアップ方法を教えてもらえました。



「また,”いいこと”教えちゃったね。」

と師匠。はい。私も非常に”いいこと”だと実感しました。(*^-^*)

F1やGT選手権でも,タイヤのエア圧設定ってトップシークレットな内容です。

やっぱり,トップシークレットなだけに,セットアップの選択肢として非常に大きいんですね。

まだまだ,セットアップの理論と実践は続きそうです。(^-^)
2013年10月17日 イイね!
ハブベアリング破損先日の風間塾の後,ハブヘアリング破損に気付き,交換をしました。

今回は,経緯から書いておこうと思います。

私のシルビアは走行 126,000km です。

ハブベアリングは中古で買ったときから無交換でした。

中古購入時は走行 30,000km 程度でしたから,恐らく新車のときから交換していなかったと思います。



音が出だしたのは,2ヶ月前の 124,000km を超えたあたりからだったと思います。

何となく,「ロードノイズが大きい気がするなぁ。。。」と思っていました。

ただ,サーキット走行後のタイヤで高速道路を走行していたときでしたから,

タイヤのせいかと思っていました。

フラットスポットが出来たり,タイヤカスが付着していると,ロードノイズ大きいときありますから。



そのまま2回ほどサーキット走行をしました。

風間塾に向かう高速でもけっこう音はしていました。

そのときは,初めて TRIANGLE TR968 を履いたときだったので,

「タイヤのロードノイズかなぁ?」

とも思いましたが,

「ひょっとしてハブベアリングかも。。。」

と薄々は感付いていたものの,素直に認められなかったんだと思います。



風間塾終了後に,助手席側の窓を開けて走行していたときに確信しました。

壁のあるところを走行したとき,反射音が

バキバキッ! バキッ! バキンバキン!!

と異様な音。歩行者の方で,振り向かれる方もいたくらいの異音でした。

というわけで,そのままロデックスタイルさんに入庫したわけです。




先日,修理も完了し,壊れたハブベアリングを見てきました。

ハブベアリングは,車輪が転がるために必要なベアリングです。

役目は,ミニ四駆の車軸についているベアリングと同じです。

内輪を外したところが比較的イメージしやすいと思います。↓


 
シルビアは,1輪あたり2個の玉軸受が使われています。


違う車種のものですが,ハブの断面図を示しておきます。


 
玉軸受が,内側と外側に一つずつあるのがわかりますか。(図中4番)


今回破損したのは,左前輪の内側のベアリング。

ハブを外したときには,”ころ”がバラバラと飛び出してきたそうです。

内輪の写真がこちら↓



内輪がころと接触する部分(転送面)が剥離し,虫食いのようになっています。

走行距離が嵩んだことにより,転送面の表面が疲労剥離する,フレーキングという破損形態です。

12万km越えで発生していますから,寿命を全うしたと言ってよいでしょう。



外輪の写真がこちら↓



こちらもころと接触する部分(転送面)が内輪同様に剥離しています。



ころの保持器がこちら↓



正常なものが左側。今回破損したベアリングの保持器が右側です。

保持器の材質は金属ではなく樹脂でした。

左側はころを保持できていますが,右側は摩耗してしまい,ころを保持できる状態ではありません

破損のメカニズムとしては,内輪または外輪の表面が剥離し,剥離した金属がグリスに混入。

それがヤスリのようになって保持器を摩耗させ,保持器がころを保持できなくなり

ベアリングとしての機能を失ったようです。




ハブベアリングそのものは消耗品ですから,走行距離が嵩むと避けられないトラブルですね。

今回は左前輪のみの破損でしたが,他も同様の距離走っているので,4輪全て交換しました。


交換後はロードノイズも小さく(当たり前),快適になりました。(^-^)

これで更に12万km・・・走れるかな?(笑)
Posted at 2013/10/17 23:00:08 | コメント(4) | トラックバック(0) | トラブル事例&延命化 | 日記
2013年10月15日 イイね!
シーズン号化 早や2年。。。昨日,ロデックスタイルさんに車検で預けていたシルビアを引き取りに行ってきました。

早いもので,シーズン号化してから2年経ちました。

もう2年かぁ・・・と思いつつも,密度の濃い2年だったと思います。

そういえば,本格的にグリップに取組んだのも,シーズン号化してからでした。

次の2年も,自分で満足のできる2年にしたいと思います。(^-^)v



さて,今回も車を引き取りに行っただけでしたが,

ロデックスさんの お・も・て・な・し を受けてきました。



内容が全然違うのと,全部いっぺんに書くと長くなるので,今回は次回以降の目次とします。



(1)破損したハブベアリングの観察

 毎回,壊れた(壊した?)部品を見せて頂いておりますが,

 ロデックスさんも毎度毎度きちんと残しておいてくれます。

 (ロデックスさん,いつもありがとうございます。)

 貴重な勉強材料なので,今回も観察して帰ってきました。



(2)風間塾反省会

 こちらは1本のネタで書くほどはないので,今回で終了にしますが,

 先日の風間塾の反省会をして頂きました。

 今回は,ドラテクというよりも,メンタル&セットアップについて

 アドバイスを頂きました。セットアップは後述するとして,メンタルは,

 「少し肩に力が入りすぎているんじゃないの?」

 ということ。運転しているときに肩の力が入りすぎているわけではなくて(笑),

 取組み姿勢についてでした。

 「結果を求めるあまり,視野が狭くなってしまっていませんか?」

 そういった内容でした。

 実際に,私自身も「スランプだなぁ。」と思っているところはありました。

 そこをきちんと見抜いてしまうあたりがさすがでした。。。

 解決方法は意外にも

 「他の人の走り方を見てごらん。」

 ということでした。

 「他の人の走りを見て,どうすればその人の走りが改善するか。

  それを考えてみると,自分のレベルアップに繋がるよ。」


 最初はピンと来なかったのですが,具体的な話をされたとき,私も感じるものがありました。

 「他の人の走りを観察する」

 自分なりに理解できたように実践してみようと思います。(^-^)



(3)セットアップの理論と実践その④

 7月の風間塾の宿題であった”セットアップ”について,2ヶ月取組んできたわけですが,

 自分でもハマっているというか,手詰まり感がありました。

 その悩みをぶつけてみましたが,

 「俺ならまだやれることあるよ。」

 というわけで,今回はタイヤのエア圧調整をテストコースでの実践を含めて教えていただきました。

 エア圧の調整はこれまでもやってきたつもりでしたが,今回これが一番の収穫になりました。(^-^)v



(4)帰り際のハプニング

 これは,このネタを書いたときに読んでください。



(5)GCG GTX3071Rタービン体感(現車セッティング前)

 迎えに来て頂いたときに,助手席体験させてもらいました。

 相当デカいタービンで,現車セッティングもしていないのに,街乗りが普通。。。

 3000rpm以下でもノーマルタービンと変わらないピックアップの良さ。

 コレ,現車セッティングしたらどうなるんだろう?





というわけで,今回も楽しい1日になりましたとさ。(^-^)

ロデックスさん,ありがとうございました。
Posted at 2013/10/15 22:54:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | ロデックスタイル | 日記
プロフィール
「結果はイマイチでしたが。。。 http://cvw.jp/b/867274/38797811/
何シテル?   11/03 22:33
ちょっとずつ更新していこうと思います。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2013/10 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
お友達
新規のお友達は,お会いしたことある方をベースにしたいと思います。
こちらからお友達にお誘いすることはほぼありませんが,コメントし合える方は歓迎します。(^-^)

お友達になって以降,特に絡みのない方については,一旦お友達解消させて頂きますので,勝手ながらご了承ください。m(_ _)m
30 人のお友達がいます
たかやろうたかやろう * wolf.stylewolf.style *
種梨☆武道種梨☆武道 10261026
ぺんたろーぺんたろー ちび7ちび7
ファン
181 人のファンがいます
愛車一覧
日産 シルビア 日産 シルビア
S13, S14と乗って3台目のシルビアです。 ほぼフルノーマルの最終型を購入。 ウデ ...
日産 シルビア 日産 シルビア
2台目の愛車です。 H7年式の前期モデルでしたが,後期にして乗ってました。 ドリフト ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.