車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2013年11月24日 イイね!
家付きMyガレージ その⑤~ガレージに必要な装備は?~家付きMyガレージへの道,第5回です。

第5回は,間取りについて書こうと思ったのですが,あまりに現実的な話になるので,もう少し”夢”なことを書こうと思います。

第5回は「ガレージに必要な装備は?」について述べてみようと思います。

私は,ショーガレージではなく,整備用のガレージとしてガレージを建設することにしました。

但し,同じ整備用ガレージと言っても,必要な設備は個人差が大きいと思います。

あくまで,私の場合を書こうと思います。



私の場合,基準となったのが,ロデックスタイルさんの設備でした。

大変失礼な言い方ですが,ロデックスタイルさんって,設備はあまり充実していないと思います。

ショップっぽいものは,2柱リフト,エンジンクレーン,溶接機,高速カッター,

あとは,最近増えたタイヤチェンジャーくらいでしょうか。

足回りが得意分野のはずなのに,4輪アライメントテスターも無いんですよ。


でも,ロデックスさんの仕事振りを見ていると,設備に頼らない理由があるように思えるんです。

あくまで私が感じたことですが,

全て,現地(サーキット)で調整(セットアップ)ができるようにするために

敢えて設備には頼らないようにしているのではないかと思います。

1/1000までわかる高精度な4輪アライメントテスターで調整したら,

もう糸を張ってなんていうローテクなアライメント調整はできません。

でも,実際は”コンマ台の調整”でも車は真っ直ぐ走るんです。

機材はシンプルですから,サーキットでも調整が可能です。

私もロデックスさんに,”コンマ台で調整”してもらったアライメントで走っています。

大切なのは,”精度の高さ”ではなく,”ドライバーに合わせて設定するアライメントの数値”なのです。

街乗り含めて,1/1000と1/10の精度の差を感じ取れたことはありません。


話が逸れましたが。。。

本業の方でも,設備に頼らない方がいるくらいですから,私もそれに習うことにしました。

そもそも,私なんて大した整備もできないですから,設備にお金をかけるよりは,

走るほうに専念しようと思ったのです。

なので,”必要最小限”のガレージ設備としようと思いました。

以下に,検討した設備を列挙します。



①リフト

 いきなり大物です。(笑)

 「ガレージと言えば!」という設備だと思います。憧れます。

 だいたい,こんな2柱リフトでリフト本体が50~70万円くらい。



 画像はhttps://www.google.co.jp/より参照。

 据付工事含めると80~100万くらいでしょうか。(正式な見積は取っていません)

 車高短車の憧れ,パンタリフトは本体が100~500万円くらい。



 据付工事はこちらはだいぶかかりそうですね。(地面を掘らないといけないから)

 据付工事込みで200~600万円くらいでしょうか。


 リフトって確かに憧れますが,仮に80万円の2柱リフトを設置したとして,

 私がどれだけ使うでしょうか。(^-^;

 近所には,\1,575/時間でリフトを貸してくれるところがあります。

 ここで80万円分リフトをレンタルするとしたら・・・508時間レンタルできます。

 連続でレンタルしたら21日間,4時間ずつレンタルしたとすれば127回。

 そこまでリフトを必要とする作業は私にはありません。(^-^;

 下回りの点検,オイル交換,マフラーなどのちょっとした部品交換くらいならば,

 使うときだけレンタルすればよいのです。

 そして,1.8m近く持ち上げると,車の天井高さは3m以上となります。

 通常の住宅の天井高さ(2.4m)では不可能なのですよね。

 なので,リフトを設置するお金+ガレージの天井を高くするお金 が必要なのです。

 この”ガレージの天井を高くするお金”だけでも100万円以上が必要で,

 とてもじゃないけど設置するという判断にはなりませんでした。(^-^;

 もちろん,設置した後も,リフトそのもののメンテナンスも必要ですから,

 私にとっては不要な設備という判断をしました。



②地下ピット

 「車を持ち上げるのが大変なら,自分が潜れば・・・」という発想。

 リフトと違い,駆動機器がありませんので,設置後はほぼメンテナンスフリーと思います。



 しかし,やっぱり地面を掘って,コンクリートで階段付きのピットを作るのはお金がかかります。

 こちらは見積を取りましたが,80万円でした。2柱リフトとほぼ同じ金額ですが,

 天井高さは稼ぐ必要がありませんから,2柱リフトより安くなる計算です。

 地下ピットは,ほぼメンテフリーなのはよいのですが,

 ●車の全長+階段分で6m程度の溝長さになる(長い!)
 
ピットには蓋が必要(車で乗っても大丈夫な蓋だとけっこう高価)
 
子供が落ちると危険(まぁ,リフトでも危険要素はあるのですが)
 
水が浸入すると,ポンプで汲み上げる必要有り
 
通常のジャッキ+リジットラックでクリーパーなどで潜ろうとすると,
  ピット部が段差となってしまい邪魔

 というようなデメリットもあり,やはり導入は見送りました。



③タイヤチェンジャー

 「これはひょっとしたら元が取れるのでは??」と思いました。



 年間30~40本のタイヤを消費していますから,タイヤ組換え費用もバカになりません。

 普段は近所のガソリンスタンドで,\750/本で組換えをさせてもらっています。

 年間40本組換えるとして,\750×40本 = \30,000

 あれれ。。。(^-^;

 タイヤチェンジャーって本体だけでも20万円程度します。

 年間40本組み換えても,回収するのに7年かかります。

 しかも,バランサーは無いし,廃タイヤはどこかで処理してもらわないといけません。

 近所のガソリンスタンドでチェンジャーを貸してもらえなくなったら,

 また考えることはあるかもしれませんが,こちらも不要と判断しました。



④エンジンクレーン

 エンジン降ろせないし,降ろしても何もできないので不要です。



 こういうことは,プロにお願いします。(^-^;



⑤エアコンプレッサー

 ①~④はボツにしましたが,これは導入します。



 本体は2万円程度からあります。

 タイヤのエア調整にはもちろん使えますし,

 何よりも,”エアツール”が使えるようになるのが魅力的です。

 エアインパクトレンチ,エアラチェット,サンダー類,ガレージジャッキ・・・

 エアブローもできますからね。



⑥溶接機&高速カッター

 これは,将来的には導入してもよいと思っています。




 高速カッターで切断,溶接機で溶接接合ができることで,工作の範囲は相当広がるからです。

 但し,今はまだ溶接のウデが無いので,どこかで修業してきます。(^-^;



⑦単相200V電源

 ⑥の溶接機を見据えてと,万が一電気自動車系に乗ったときのことを考え(あるかな?),

 ガレージには単相200V電源を装備します。

 実際,単相200Vであれば,3万円程度でコンセントは設けられますからね。



⑧換気扇

 ガレージには必須と思います。

 ガレージ内では基本的にエンジンはかけませんが,出入りのときはエンジンはかけますから

 換気扇は必要と思います。

 世の中には,こんな排気システムもありますが,お値段50万円程度。



 画像はhttp://www.safety-l.com/egwayout/より参照させて頂きました。

 ここまでの設備は,私には必要ありません。(^-^;



⑨収納スペース

 工具置き場,タイヤ置き場としてあればあるほどいいです。(笑)

 但し,モロに建築費用に関わってきます。(^-^;

 私は妻とのバトルの末,ガレージと繋がった5帖の置き場を確保しました。

 置き場としては十分と思います。



⑩工具類

 これも,あればあるほどよいのでしょうが,私にはまだそれほど必要ありません。

 今は車載工具レベルしかありませんが,ガレージもできることですし,

 ◆ツールBOX一式
 
ガレージジャッキ
 
リジットラック(ちゃんとしたもの)
 
トルクレンチ(持ってないのかよ・・・。)

 あたりを少しずつ揃えていこうと思います。




結局のところ,⑤エアコンプレッサー⑦単相200V電源⑧換気扇⑨収納スペース

ひとまず私のガレージに必要なものという結論になりました。

「コレあったほうがいいんじゃない??」というアドバイスは大歓迎致しますので,

ご意見ありましたらお願い致します。m(_ _)m



次回からは,ガレージハウスの間取り(←コレがけっこう大変)について書いていこうと思います。 
2013年11月16日 イイね!
ここまでは計算通り。本日,早速,車高調のリアスプリングを交換しました。

簡単ですが,整備手帳にもまとめてあります。


リアスプリングを 4kg/mm25kg/mm2 にレート変更するわけですが,バネレートが上がる分,そのままだと車高も上がります。

バネレート(日本語ではばね定数)とは,以下の式で表されます。

F = kx

今回の場合は,Fが車輪1つにかかる荷重(kg)kがバネレートxは伸び(縮み)量(mm)です。

バネの組替えは,ある程度予測してやりたかったので,4kg/mm2 → 5kg/mm2 にしたとき,

どの程度車高が上がるか計算しました。

私のS15では,後軸重 = 610kg ですから(改造車検のため,実測しているのでほぼ正確),

後輪1輪あたりの荷重は 305kg です。

バネレート 4kg/mm2 では,305kg÷4 = 76mm

バネレート 5kg/mm2 では,305kg÷5 = 61mm

ですから,76mm - 61mm = 15mm そのままだと車高が上がる計算です。



4kg/mm2 バネのときは,柔らかいため,少しプリロードがかかっていました。

(但し,ヘルパー有りのため,プリロードとしては小さい。)

今回,伸びストロークはほぼ同じのほうがよいかと思い,ロアシート側で 15mm 下げました。

バラしてみて,バンプラバーが割れもせず無事であったことから,

縮み側ストロークは十分確保できていることが推定できたためです。



車高調ロアシートで 15mm 下げたら,車高も 15mm 下がり,

4kg/mm2 のときと同じ車高に一発でセットできました。(なんか満足。。。)



街乗りしてみました。

段差などではわずかに硬さを感じました。

確かに,1kg/mm2 のレートアップってこのくらいかな。という程度の硬さを・・・

それでも,フロント 7kg/mm2,リア 5kg/mm2 ですから,かなり乗り心地はよいほうだと思いますが。




さて,ここまでは計算通りですが,走らせたらどうでしょうかね??

近々テストしてみようと思います。(^-^)
Posted at 2013/11/16 23:10:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車高調変更 | 日記
2013年11月09日 イイね!
師匠からの小包。先日,ロデックス師匠から小包が届きました。

中身はバネ。

そうです,

フロント 7kg/mm2
リア4kg/mm2→5kg/mm2

のように,リアのみレートアップを試してみます。


F:7k/R:4kで使ってきましたが,少しリアが柔らかいと感じるようになったのです。

特にグリップのときには,リアに荷重が早く乗り過ぎて困ることもありました。

車高や減衰調整をしてきましたが,

「もうちょっと,バネレート高くてもよいかなぁ?」

と思うようになりました。

ドリフトのときなどは,リア荷重を作りやすくよかったのですが,

もう少しリアのレートアップしても,ドリフトでも問題ない気がしていました。




そんなとき,師匠から

「リアのバネレート変えたほうがよいかもしれないですよ?」

とメールが。

相変わらず,「なんでそんなことわかるの!?」というコメントが添えられていましたが・・・。(^o^;

私の走行レポートくらいしか情報はないと思うのですが,

何でそこまでわかるんでしょうか。。。(^-^;



というわけで,リア5kg/mm2のバネを入手しました。(^-^)

こちらも,自由長250mm+ヘルパーの,「リア足よく伸びますよ!」仕様。

もちろん,スプリングはお買い上げですが,レート違いは持っていても役に立つはずです。

こういった,細かなアフターケアがありがたいです♪(^-^)


近々,試してみようと思います。o(^-^)o

乗りこなせるか,ちょっと心配ですが・・・。
Posted at 2013/11/10 00:38:54 | コメント(6) | トラックバック(0) | 車高調変更 | 日記
2013年11月07日 イイね!
家付きMyガレージ その④~新築か?中古か?~家付きMyガレージへの道,第4回です。

第3回ではガレージサイズについて述べました。

第4回は「新築か?中古か?」について述べてみようと思います。


実際には,第3回のガレージサイズを検討するのと同時並行で検討していた内容でした。



よく,「住宅の新築神話は日本だけ。海外は中古住宅を活用して・・・」なんて聞きます。

「大して欲しくもない住宅をわざわざ新築で買う必要あるの?」

と思いました。



車と家とでは違いますが,比較的わかりやすいので車で例えて話します。

私は,シルビアとセレナを持っています。

シルビアは中古で買いました。

新車で買えるときはまだ学生で,買うことができなかったのです。

中古で買うときは,とにかく程度重視。なので,選択肢を狭くしてしまう”色”は

限定せずに探しました。グレードも,スペックRは譲れなかったものの,

”純正ポップアップナビ”(←当時はメチャ憧れた)などのレア物も諦めました。

なので,「新車で買いたかったなぁ・・・。」と思ったわけです。



そこで,セレナは新車で買いました。

グレードや装備は一つ一つ考えて決めましたが,買った後に思ったのです。

「中古でよかったな・・・」と。

私なりに理解したことは,

「思い入れのない車は,新車で買うべきではない」

ということでした。

いろいろ拘ったところで,もともとそれほど好きな車でなければ,

大した満足感は得られない
からです。




というわけで,

「それほど欲しくない家なのに(但し,ガレージは欲しい),新築である必要あるの?」

「中古のほうが安上がりでないの?」

と思っていたわけです。



でも,いろいろ検討した結果,”注文住宅(新築)”という選択になりました。

第4回はこの「新築か?中古か?」で新築を選択した理由について述べようと思います。





前置きは長かったのですが,住宅の場合,クルマの新車・中古とは大きな違いがあります。

”似たような物件は多いようで実は無い!”ということです。

住宅に興味がなかった私は,

「家なんてどれも一緒じゃん!?」

と思っていたわけです。これって,半分正解,半分誤りです。

確かに,同じ家は作れます。同じ外観,同じ間取り,同じ内装・・・。

ただね,”建ってる場所が違う!”のです。

当たり前ですが,家って,土地とセットで初めて家なのです。


家の中にいるうちは,家の違いってそれほど感じないかもしれません。

但し,ひとたび家の外に出ると全然違うのです。

・家に面した道路が広いか
・日当たりがよいか(周囲に大きな建物があると日当たりは悪い)
・学校&会社まではどのくらいの距離か
・駅は近いか
・病院は近いか
・静かな場所か(近くに工場があってうるさいなど)
・災害には強い場所か(地震,津波,洪水など)


これって,実は家のことではなくて,”土地”のことなのです。

当初,ガレージばっかりに頭がいっていましたが,立地って非常に重要なのです。




以上のような理由から,中古物件と新築との長所・短所を考えてみようと思います。


①中古物件+キットガレージ

 当初一番有力と思っていた案です。

 「一戸建ての中古物件って,家になんてほとんど価値はない」

 そう言われていましたので,

 「じゃぁ,安い中古物件を買って,金額を抑えてキットガレージを作れば・・・」

 と考えました。


<メリット>

 ・自分に合う中古物件が見つかれば,うまくいけば安上がり


<デメリット>

 ・立地まで限定すると中古物件の数はかなり少ない

 ・おまけに,キットガレージを建てる,”余分な土地(広大な庭など)”のある物件を探す必要がある
  ↑これがなかなかない

 ・やっぱり,築10年以上の家って,状態はそれなり

 ・そもそも古い物件だと,耐震強度基準も緩い可能性があり,心配

 ・中古物件によっては,買ってからリフォームする必要があり,その費用に数百万円かかる場合もある



 というわけで,相当難しい案だということがよくわかりました。

 そもそも,キットガレージ建てるだけでも300~400万円かかる(基礎工事含む)んですよね。

 ちなみに,キットガレージってこんなやつです↓



 おまけに,そんなデカイキットガレージ建てられるような広い庭のある家は,

 田舎でないとなかなか出てこないんです。




②ガレージのある中古物件を探す

 基本的に無いです。(笑)

 そしてあったとしても当然クルマ停めるだけの必要最小限のガレージサイズです。

 運がよければ見つかるかもしれませんが,かなり難しいと思います。



③新築建売物件+キットガレージ

 新築にも,イチから設計する”注文住宅”と,既に出来上がっている状態で売る”建売”があります。

 決まったサイズ・間取りの家を大量生産するのが”建売”です。

 施主の希望に合わせて,イチから設計するのが”注文住宅”です。

 当然,”建売”のほうが安いです。家にもよりますが,1000万円以上の値差が出ます。



↑建売のイメージ。
 
<メリット>

 ・希望の立地で,安く新築を手に入れることができる。

 ・大きな土地をいくつかに分けて売るので,ご近所さんと入居時期が近かったり,

  年齢が近かったりして,ご近所付き合いが比較的気楽。

 ・中にはビルトインガレージ付きの物件もある


<デメリット>

 ・土地+建物をとにかく安く売る必要があるので,余分な土地は無い

  建てるとしてもカーポートが精一杯

 ・ビルトインガレージ付きでも,当然広さは最小限。整備はできません。

 ・間取り等は決められない


 新築を安く手に入れるには魅力的なのが建売ですが,やっぱりあくまで「普通の人」が対象

 そして,何よりも安さ重視ですから,余分な土地など一切ありません。

 バカでかいガレージが必要な人など普通はいませんから,やはり希望を叶えるには無理でした。

 

④新築注文住宅

 これは一番高いですが,基本的に何でもできます。(注文なので当たり前ですが・・・。)

 そして,建てるメーカによっては,ビルトインガレージを意外と安く建てることができます

 私も驚いたのですが,キットガレージを建てるよりも,安く建てることも可能です。

 実際,私の家でビルトインガレージにかかるお金は電動シャッター仕様で
400万円程度と言われています。

 これは,キットガレージと同程度の金額です。(むしろ安いかも)


<メリット>

 ・設計次第では,キットガレージと同等の金額で建てることが可能

 ・家と一体化させることができるため,リビングからクルマを眺めるなんてことも可能

 ・キットガレージと違い,ガレージ内の断熱,コンセント設置等も可能


<デメリット>

 ・それでもやっぱり,建売と比べると家そのものは高い

 ・メーカによっては,ビルトインガレージにするだけで価格が跳ね上がるところもあり,

  施工できるメーカは限られる



 
 あれこれ検討した結果,結局希望を叶えるには新築注文住宅が一番よいと判断しました。 


 (というか,新築注文住宅以外は無理だった。。。)
 

 私はもともと,家付きガレージが欲しかったので,ガレージ中心の設
計をしました。

 高いと言われるビルトインガレージを安くする方法はあれこれ考えました。

 (但し,土地の条件によっては,同じサイズのビルトインガレージでも,どうしても高くなって
しまうことはあります。)




長くなりましたので,今回はこのへんで。。。

次回はビルトインガレージの設計上の工夫について述べてみようと思います。
2013年11月03日 イイね!
スピードが大事!本日,制限速度40km/hの道路で16km/hオーバーで捕まったコバルトです。

こんばんは。(´o`;)


さて,先週に引き続き,今週もYZ東コースへ行ってきました。

4速に慣れることと,もっとスピードを上げるために。。。

月末にD1地方選があるから(?)か,先週・今週と上手い方々が何台か。

やっぱり,上手い人は上手いですね。(当たり前か。)

1コーナーの進入速度は同じくらいだと思いますが,

そこからダラダラ減速している私に対して,

上手い方は1コーナーから3つ目のコーナーまでが抜群に速いですね。

ブレーキで減速するというよりも,角度つけて失速させたり,

アクセルで止めたりしてるんですよね。

このへん,まだまだ全然できてないなぁ。。。



ひとまず,50分×2枠の間,ひたすら走りました。

おかげで,4速ドリフトはだいぶ身体が覚えてくれました。

速度も少し上がりましたが,外からの映像だと大して速くなっているようには見えませんね。

まだまだだなぁ。。。(´・ω・`)

ぶつからないように,土手に上らないように,少しずつ速度を上げていこうと思います。
Posted at 2013/11/03 23:13:14 | コメント(6) | トラックバック(0) | ドラテク修業 | 日記
プロフィール
「迷い。 http://cvw.jp/b/867274/38134940/
何シテル?   06/28 23:52
ちょっとずつ更新していこうと思います。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2013/11 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
お友達
新規のお友達は,お会いしたことある方をベースにしたいと思います。但し,コメントし合える方は歓迎します。(^-^)

お友達になって以降,特に絡みのない方については,一旦お友達解消させて頂きますので,勝手ながらご了承ください。m(_ _)m
26 人のお友達がいます
taroshun-taroshun- * たかやろうたかやろう
DORYDORY 10261026
wolf.stylewolf.style ハマのたかぽんハマのたかぽん
ファン
176 人のファンがいます
愛車一覧
日産 シルビア 日産 シルビア
S13, S14と乗って3台目のシルビアです。 ほぼフルノーマルの最終型を購入。 ウデ ...
日産 シルビア 日産 シルビア
2台目の愛車です。 H7年式の前期モデルでしたが,後期にして乗ってました。 ドリフト ...
PR
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
プライバシー
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.