車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月03日 イイね!
AMG GT への興味C43でのスポーツドライビングというのは、当然ながら純粋なスポーツカーとは異なりますし、BMWとも異なることは以前にも触れました。その違いというのは、技術的な云々というよりその根底にある思想の違いであるように思います。インプレで書いたESPの介入の仕方というだけでなく、普段の快適性との両立のさせ方、シャシー全体の剛性・セッティングにおけるバランスの取り方、ハンドリングに対する考え方。

BMWは日常領域から…それこそ交差点を曲がるレベルからスポーツを感じさせ、その延長線上にそのままスポーツドライビングの世界がある。メルセデスはスポーツドライビングをある意味別の世界として、自ら足を踏み入れた時にだけその世界を見せてくれる。そういう違いに感じます。AMGモデルではワイルドな(大袈裟ともいう)演出があり、パっと乗った時の雰囲気としては別物感が強いのですが、乗り心地に多少の固さがあったとしても普段の乗り味自体が本当の意味で乱暴かというとそうでもない。そして、ちょっと踏んでみるとどうももっと奥は深いらしいことが見えてくる…。

そうしてC43で新たな発見をするにつれてAMGの世界、特にAMG GTに興味を持ってきたのです。

AMG GTはSLSの後継とは言え、フェラーリやランボに対抗するようなスーパースポーツではなくその下のポジションです。ライバルは911、アウディR8、ジャガーFtype辺り。なんとなくの勝手なイメージで硬派なスポーツカーというよりは快適性・日常性と適度なスポーツ感の両立を狙ったGTだと思っていたのですが、実は相当本気のスポーツカーのようですね。

シャシーはSLSをベースとしていますが、そもそもこのシャシー自体がかなり凝った作り。純粋なモノコックではなくアルミニウム製のスペースフレームで、フロントセクションは一部にマグネシウムまで使われています。



バルクヘッド周辺はトラス形状と言っても良い複雑な構造です。衝突時はこのトラスの前までで衝撃吸収をするような設計に見えますね。ちなみにアウディR8も同様にアルミ製のスペースフレームですね。サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン、リアにマルチリンク。フロントはほぼSLSと同じハイマウントではない本当の(?)ダブルウィッシュボーンで、アクスル全体がとんでもなく剛性の高そうな造り。



アッパーアームはもう少し長さが欲しいようにも見えますが、それでもハイマウントタイプよりは長めです。リアも同じくダブルウィッシュボーンでこちらは新設計のようです。



エンジンは4LのV8ツインターボ、ボア x ストは83.0 x 92.0とかなりのロングストローク。このボア x ストはA45の直4と同じで、一部の設計やパーツを共有しているのでしょうね。コンロッド長が分かりませんが、ピストン形状を見る限りピストンピンをなるべく上に持って行きコンロッド長を稼いで連桿比を上げようという設計に見えます。



レイアウトはコンパクト化を狙って外側から吸気、バンク内へ排気するホットV。そしてドライサンプ。エンジン自体は完全にフロントアクスルの後方へ積まれるフロントミッド。エンジンカバーに見える黒い部分の下にあるのは水冷インタークーラーなどの補機類で、エンジン自体はその後方です。

トランスミッションは7速デュアルクラッチでトランスアクスル。GT-Rと違ってエンジンとはかなり太いトルクチューブで剛結されています。お陰でセンタートンネルがかなり大きく、この部分で剛性を稼げてもいるでしょうが室内への侵食は相当なもので、1940mmという全幅の割にポジション自体はかなりタイトです。



以前にも書きましたがトランスミッションはリアアクスルのやや後方へマウントされています。C7コルベットはトランスミッションをリアアクスルの前にマウントしていますが、AMG GTのホイールベースはコルベットの2710mmに対して2630mmとなっています。

重量配分は F 47 : R 53 となり、車重は1650kg。絶対的には重いですがサイズを考えれば軽いとすら言えるでしょう。何しろほぼ同じサイズのジャガー F type R はFR仕様でも1810kg、一回り小さなアストンマーチン ヴァンテージのV8仕様でも 1610kg。

実際に走らせてどうなのかが気になりますが、攻め込むと応えるクルマではあるようです。一方、普段使い、GT性能はというと、実はココがダメっぽいw。ちょっと意外ですが想像していたGTカーというよりはもっと本気のスポーツカー寄りのクルマのようです。



私は今までブログに書いてきたようにタイトな操縦性、一体感を求めるのでこのような大きなスポーツカーというのはあまり興味を持っていませんでした。ツーリングや緩いドライブにも充分使え、適度なサイズで踏めば素晴らしい操縦性を持つポルシェが一番求めるもの、私にとっての正解に近いことも分かりました。でも正解だけが楽しいわけじゃない。たまには寄り道も良いでしょうし、違う世界を感じてみるのも悪くない。

という妄想を新年早々しておりました・・・。本年もよろしくお願い致します。

Posted at 2017/01/03 14:27:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | Mercedes | 日記
2016年12月30日 イイね!
久々のボクスター自宅の改修工事に伴って友人に預かってもらっていたボクスターを3週間ぶりに取りに行き、久々に走らせました。

どこか寄り道して帰ろうと思ったのですが道路状況を見ると流石年末、伊豆・箱根方面はどこも混んでいるようなのでこれまた久しぶりに宮ヶ瀬ダムの方へ向かってみました。伊勢原から七沢温泉を通って清川村へ抜け、宮ヶ瀬を目指します。清川村まで来ればクルマも少なくなります。気温は10℃前後だったのですが、宮ヶ瀬へ登るワインディングはグリップがめちゃくちゃ低く、やたらPSMが効いてしまいました…。

宮ヶ瀬湖にもクルマは少な目。多少それっぽいバイクやクルマもいますが、まぁ時間も昼過ぎだったんでこんなものでしょうか。



それにしても空気が澄んでいて、いかにも関東の冬の晴れでした。そして低い気温のためエンジンはトルクが出ていて、実に気持ち良い音で回ります。今時の直噴NAでも酸素濃度の影響は大きいですね。そしてやっぱりコレだよなぁ…(´ー`) と、飛ばすでもなくゆっくりでもなく一人シミジミ気持ち良く流すドライブ。

ダムの方へ行こうかと思ったのですが、行ったところで何も無いのは分かっているので、クルマでは恐らく20年ぶり位にヤビツ峠へ抜けることにしました。ヤビツ峠は昨今のロードバイクブームの中、サイクリストの間ではタイムアタックで有名になってしまい、クルマでは行きにくかったんですね。何しろ自転車の数は多いわブラインドコーナーをど真ん中から飛び込んで来るわで、バイクですらちょっと恐かったんですね。数が増えればマナーが落ちるのは世の常で…。しかし季節外れのしかも年末、流石に少ないでしょう。

今日は宮ヶ瀬からなので、所謂裏ヤビツからのアプローチなんですが、いや想像以上にキツかった…。(・・;) 元々道が狭いのは分かっていました。



所々シングルトラック…と言うか基本的にシングルトラックで、たまにすれ違いが出来る譲り合いスペースがあると言う方が正しいでしょう。そんな狭さにも関わらず落ち葉や泥の流出が酷くたまにフロアに当たる程で、使える道幅はさらに狭くなっていました…。



所々徐行に近いレベルまで落とし、対向車が来ないことを願いながら進みます。幸い対向車も少なかったのですが、どうも急に寒くなってきて気温を見たら何と4°C…。ルーフを閉じて尚も進むと今度は路肩に雪が…。恐らく11月の雪がまだ溶けずに残っているのでしょう。



何台かすれ違いましたが何とかバックするような事態にはならずに済み、頂上を通過して表側へ出ました。ここまで来れば一安心。途中のパーキングで休憩。



今日は比較的空気が澄んでいたので、江ノ島、三浦半島の先には房総半島まで見えました。



さてここからは怒涛のダウンヒル!

…というわけにはもちろん行かず、のんびり下って帰ってきました。まぁこんな日もありますね。

明日は雪国へ出発です。
今年もお付き合い頂きありがとうございました。
皆様におかれましては良い年をお迎えください。
Posted at 2016/12/30 16:44:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2016年12月23日 イイね!
C43のフロントサスペンション981/991 系のポルシェでは、パーキングスピードレベルで大きくステアリングを切り込むとフロントのタイヤから「ボリボリ・・・」とタイヤが接地面で捩られ、引き摺られるような音と振動がします。人によってはサスペンションアームが振動するかのようなフィーリングまで感じるようです。通常のクルマではこのようなことは発生しませんが、これは所謂アッカーマン・ジオメトリーでセッティングされているためです。

アッカーマン・ジオメトリーでは、低速でスムーズにクルマを旋回させるために内側のタイヤと外側のタイヤの切れ角が異なり、内側の方がより大きく切れます。これは4輪の旋回円の中心を一致させ、内側と外側のトレッド=旋回円の中心からの距離の違い=回転半径の違いを吸収させるものです。



一方パーキングスピードを大きく超えてくるとコーナリングフォースはタイヤが全体的に微妙に横滑りしながら発生するようになり、旋回円の中心の一致はあまり大きな問題ではなくなります。ところが、アッカーマン・ジオメトリーでは転舵時にかなり大きなトーアウトが付いていることになります。そのためスピードが上がった時のステアリングの反応、フィーリングが落ちます。外乱による影響も強くなるはずです。レーシングカーでは低速時のスムーズさは全く不要なのでアッカーマン・ジオメトリーは取らず、ほぼ左右タイヤが平行に転舵するようなジオメトリー=アンチ・アッカーマンでセッティングされています。そして、981/991系のポルシェも同じくアンチ・アッカーマンでセッティングされており、そのためにパーキングスピードで「ボリボリ・・・」が出ます。

さすがポルシェ。低速時よりスポーツ走行でのフィーリングを優先させているんだな。うーむ。

とか納得していたら、実はC43もアンチ・アッカーマン・ジオメトリーなのです。C43のフロントアクスル周りは通常モデルと全く異なるジオメトリーで、静的にもトレッドが広く大きくネガティブキャンバーが付けられているのが見た目で分かります。そしてさらに大きな違いがステアリング・ジオメトリーで、通常モデルがアッカーマン・ジオメトリーなのに対してC43はアンチ・アッカーマン・ジオメトリーなのです。

C43のステアリングフィールは街中を走っている限りではそれほど路面のフィールを伝えないように感じるのですが、ペースが上がるとC200よりもフィーリングが良くなり、正確性はさらに上なのです。ネガティブキャンバーの強いサスペンションのジオメトリ、このステアリング・ジオメトリーの違いも相まってスポーツ走行時のステアリングフィールが別モノになっていると思います。

そして、さらにまだ大きな違いがあり、フロントのアップライトが全然違うのです。一目見て分かるほどC43のアップライトはゴツい。初めて見た時、ウヘーって唸ってしまいました。


C200のアップライト



明らかにゴツいC43のアップライト

ゴツいだけではなく、アンチ・ロールバー・リンクの取付点も全く違い、もう本当にコンセプトから設計まで完全に別モノと言って良いでしょう。改めて画像を確認すると、ロアアームの形状、太さも全く違いますね。


C200


フロントサスペンションは全く別モノであることがよく分かる。

そしてダンパーはビルシュタインの別体タンク付き。ダンパー自体に応力はかからないはずのダブルウィッシュボーンですが、ダンパーの径がこれまた全く異なりかなり太い。



おそらくこの辺りはC63と共有部品も多いのでしょう。雑誌やインプレで揶揄されることも多いC43ですが、こういった違いを発見するにつれC43がただの3リッター版ではないなという思いを強くするのです。
Posted at 2016/12/23 09:14:29 | コメント(6) | トラックバック(0) | Mercedes | 日記
2016年12月18日 イイね!
C43 スタッドレスへC43にスタッドレスを組みました。朝晩は気温が5℃以下になることも多くなってきたので早めに変えたかったんですが、師走ともなると実家に帰ったりなんだかんだと忙しくて今になってしまいました・・・。

C43のタイヤサイズは F: 225/40R19, R: 255/35R19 となっており、C200とフロントは幅が同じでリアは245から255へ若干広く、インチアップされていてC250と同じサイズです。なのでC200で使っていたW204用のAMGホイールとミシュランXI3の組み合わせをそのまま流用です。標準の19インチからは18インチへのサイズダウンとなりますが、UK仕様のC43は標準が18インチでホイールもC200 AMG Lineと同じものが装着されているので、W204ホイールにC200の時と同様に10mmのスペーサーを組んで装着出来る・・・・・はずでした・・・汗


UK仕様のC43は標準が18インチ

しかし、よく考えたらフロントのブレーキは通常モデルとは違ってローター・キャリパーとも大型化されています。本当に問題ないのかな・・・と純正のホイールサイズを改めて確認すると・・・

C200 AMG Line
F : 7.5J x 18 ET44
R : 8.5J x 18 ET49

に対して

C43
F : 7.5J x 19 ET33
R : 8.5J x 19 ET52

・・・!? 何ですって? フロントのインセットが10mm以上違う??

組もうとしていたW204 AMGスポーツパッケージプラスのホイールは

F : 7.5J x 18 ET47
R : 8.5J x 18 ET54

C200ではこれに前後共10mmのスペーサーを組んでF : ET37, R : ET44相当でフィッティングしていたわけですが、しかしET37ではC43標準のET33には4mm足りないことに・・・。日本でC43 18インチ標準仕様を目にすることはまずないと思いますが、AMG Lineとは違うホイールなのか・・・!? もしかしたら同じでスペーサーを使っているのか!? うーん・・・想定外。


ET33のホイールでもキャリパーとの隙間はこの程度

もちろん、装着するホイールのスポーク内側の形状・厚みの問題もあるのでインセットだけが装着の可否を決めるわけではありませんが、C200の時のクリアランスを考えれば確実に干渉しそうな予感・・・。というわけで交換直前に15mmのスペーサーとロングボルトを発注、何とか間に合いました。(在庫があって良かった)スペーサーはC200と同様JAMEXのスペーサーで、ロングボルトはメルセデス純正です。正直、ハブ剛性の低下が気になるのでここまでのサイズのスペーサー(ロングボルト)は出来れば入れたくないのですが、そのためだけに新たにホイールを買い直すような出費は厳しく・・・やむを得ないところです。実際に組んだところ、どうやらスポークの厚みは比較的薄いデザインだったようで、47mm-15mm=32mm でインセットは1mmしか変わらないはずなのに、キャリパーとの隙間はむしろ標準の19インチより広がりました。


ホイールのトータルオフセットはフロントはほぼ純正と同じ、リアは8mm外へ出た計算

そんなこんなでスタッドレスを組んだC43、やはり19インチはオーバーサイズであることを実感。エアボリュームが増したことでハーシュネスは減りダンピングも良くなり、過渡特性も穏やかに・・・てこれはXI3の特性のような気もしますが、基本設計は18インチでマッチングが取れている気がします。夏タイヤも出来れば18インチにしたいところ。この辺りはいずれまた書こうと思います。

さて、私にとってBG5レガシィ以来17年ぶりの4WDです。年末に妻の実家へ帰るのが楽しみになってきました。
Posted at 2016/12/18 15:29:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | Mercedes | 日記
2016年11月22日 イイね!
981ボクスターの開放感アメリカでカマロ・SSコンバーチブル、オーストラリアでE250カブリオレに乗って、あらためてオープンカーというクルマの魅力を見直しているこの頃ですが、こういう4シーターカブリオレと比べると、ボクスターはその開放感において一歩譲る感じは否めません。

一番の理由はAピラーが倒れており、フロントウインドウの上部はかなり頭に近いこと。それに加えて後ろはエンジンベイのため壁がそびえており、ロールバーもすぐ後ろにあります。さらにはウエストラインが高め(というかドラポジが低め)なので、より一層開放感をスポイルしています。



この開放感という点では、今までで一番良かったのはミニのコンバーチブルです。ピラーが立っている上にドライバーから遠いため、頭上の開放感は素晴らしかったですね。もちろんこういう開放感は現代のクルマと比較すれば衝突対策が緩い古いクルマの方が良いのは当然で、例えばNAロードスターなんてウエストラインが低いこともあって開放感が高いクルマでした。そういう視点では古いアメ車やブリティッシュロードスターはもっと凄かったんでしょうね。


Aピラーが立っていてドライバーから遠く、開放感が高いミニ


ピラーは倒れているが、高さが低いので意外に開放感が高いカマロ。もちろん4シーターで後方の開放感が高いのもポイント。それはそうと、カマロってカッコ良いね。


さて981ボクスターですが、もう一つ開放感をスポイルしていると思うのはサンバイザーです。このサンバイザー、バイザーの機能としては適切な大きさなのですが、オープン時にウインドウフレームからかなりハミ出すような大きさなのですね。



これがディフレクターの役割を果たしているのかもしれませんが、開放感を考えると今ひとつ。それが嫌でたまに眩しくもないのにウインドウ側へ折っていることもある位なのですが、本当ならNAロードスターのように折り畳み式にして欲しいくらいです。NAロドは幌のラッチ操作の都合上折り畳み式だったんですが、上方視界を遮らず良かったんですよね。(背の高いドライバーは折り畳んだあの厚みが邪魔だったようですけどね。あと確かシリーズ2で簡易な一枚物になってしまいました。)


折り畳み式で良かったNAロードスター。(画像はネット上のものを拝借)

サンバイザーを外してしまうことも考えたけど、やはり無いのは不便なこともあるし冬の西日になると危険ですらある。バニティミラーなんか要らないから、こういうところに気を遣って欲しかった・・・。ボクスターでもNAロドのような折り畳み式にならないものか・・・。
Posted at 2016/11/22 18:27:52 | コメント(3) | トラックバック(0) | Porsche | 日記
プロフィール
「熊本・奥阿蘇は雪です。しかも暴風で吹雪…(^_^;)」
何シテル?   01/20 17:27
10年以上続けていた2輪レース活動を休止し、のんびりとバイク/クルマ生活を楽しんでます。今はやる方ではなく観る方に変わりましたが、モータースポーツは2輪・4輪問...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ファン
69 人のファンがいます
愛車一覧
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
ボクスター 2.7 レーシングイエロー 主な仕様: ・MT ・スポーツシャシー ・ス ...
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
Mercedes AMG C43 4MATIC Sedan Obsidian Black ...
ドゥカティ 848EVO ドゥカティ 848EVO
レースをやらなくなってから2年ほど経ちますが、メインで乗っているバイクはR1200GS。 ...
BMW R1200GS BMW R1200GS
'09 BMW R1200GS。アドベンチャーのホイールや各種パーツが組んである限定車。 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.