• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

はっち3のブログ一覧

2017年05月09日 イイね!

ボクスターS

ボクスターSに試乗してきた。 

0316boxterS03.jpg

    

青天の霹靂で書いたように、素のボクスターはエンジンのフィールが実に良くなかった。

  

冷静になって考えてみると、いままで乗ったボクスターはすべてS。

その印象を元にした期待と違っていたわけだ。

    

なのでボクスターSならエンジンの回り方が違うかも知れない・・

というわけで、良さそうな個体を探すと、豊中のオーラッシュにあった。

 

Orush.jpg

 

オーラッシュはポルシェを高く買い取ってくれる優良業者の一つだ。

経営母体は豊田通商で、売っているタマを見ると、他店に比べ安目な気がする。

というわけで中国道を一路大阪へ。
 

続きはこちら・・
 

Posted at 2017/05/09 20:12:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月12日 イイね!

青天の霹靂

オレの脳内にはクルマに関しての青写真があった。

030823502.jpg 

それはM235i をカミサンに乗せ、ボクスターを買うというプランだ。

  

カミサンのミニは、購入から11年で走行距離は8万キロ。

なので、そろそろだ。

     

ボクスターは2016年モデルからダウンサイジングのため4気筒に変更されている。

その影響だろうか、中古車市場では6気筒の濃い色の車が品薄状態。

     

走行距離が少ないウチに6気筒に載っておきたいというのは、ポルシェ好きなら当然だろう。

というわけで、日頃から密かに探索はしていたのだ。

     

試乗できそうなエリア、つまり兵庫県で絞り込むと候補は23台。

近場の個体を探すと・・

        

ポルシェ ボクスター2.7 PDK  (ホワイト)

走行距離は2万2千キロで588万円。

  

慣らしが終わっている距離なので、どんなものなのかを知るにはよい個体だ。

というわけで、早速見に行ってきた。

     

boxter04.jpg

ディーラーは湾岸線の西宮浜で下りるとすぐ。

 

boxter05.jpg

値段を聞いたら、これは売り物ではないという。(笑)

お客さんから整備で預かっている個体だという。

    

boxter06.jpg   

ターボなのでリアフェンダーの張り出しがナイス。

    

boxter01.jpg

お目当てのクルマ。暗いうえに逆光なので・・

     

boxter02.jpg

セールスの方いわく、中古車市場6気筒の濃い色の車は人気だという。

やっぱりね。

   

boxter03.jpg

内装は赤で、メーターが黄色というフェラーリちっくなコンビネーション。

実物は、華やかでお洒落な感じ。

   

エンジンをかけると、結構な音だ。

なんだか耕運機のようで、ちょっと厭な予感が・・

    

近場を10分ほど走っただけだったが、走り出すとエンジンのフィールが実に良くない。

     

265馬力のエンジンは、踏んでも、力強さが感じられないのだ。

そのうえ回り方も緻密さが感じられず、M235i のストレート6とは大違い。

      

トランスミッションも、速度が落ちるときにあまりスムースではない領域がある。

     

それと乗り心地も、M235i に比べると雑味が多い。

235i はテスラパープルプレートや、SEVとかでチューンしてある。

だが、それらを差し引いたとしても、余りよろしくないのだ。

       

ステアリングを切った感じとかブレーキのフィールとかは、チョイ乗りの範囲では問題なかった。

      

とにかく2005年に乗っていたボクスターSで抱いていたイメージとは全く別物。

街乗りの普段使いの速度領域で、このエンジンは、美味しいところが全くないのだ。

  

というわけで、なんだか割り切れない気分でディーラーを後にしたのだが・・

    

帰路のBMWは、エンジンが緻密で、そのうえチカラがある、実によいクルマだということを実感。

帰宅して、「どうだった?」と訊ねるカミサンにこのくだりを話すと、ご機嫌だった。(笑)

ミニが気に入ってるので、他のクルマは眼中にないようだ。

      

予想外の展開に、いまだ頭の中が整理できない状態 > 泣

  

          

Posted at 2017/04/12 18:05:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月09日 イイね!

デジタルサウンドプロセッサーを装着!


デジタルサウンドプロセッサーを装着!
 
030823501.jpg

 

純正スピーカーラインから入力された信号を48KHz/28Bit(ハイレゾリューションオーディオ定義)にてデジタル処理しクロスオーバーやタイムアライメント、位相などをデジタル処理し、劇的な音場と音圧の違いを確実に体感することができる。

という謳い文句につられた・・(笑)

  

ハイローコンバーター・A/Dコンバーター・シグナルプロセッサー・D/Aコンバーター4chパワーアンプの機能をコンパクトに搭載しているというだけあって、目の覚めるようなサウンドになった。

一皮も2皮もむけたかのようで、音空間に楽器が漂うようになった。

  

特にパーカッション類の織りなすエフェクトが圧巻。

そのキレの良さはどうだろう。

音空間に鏤められ、舞うように消え去る様が手に取るようにわかるのだ。

  

アイドリングストップでエンジンが止まると、今までのサウンドとのあまりの違いに愕然とする。

 

というわけで、交差点や渋滞、カミサンの買い物の待ち時間が、気にならなくなった。

というか、音に酔いしれるため時間の経過を忘れてしまうのだ。 

  

安い買い物だった。^^V 


Posted at 2017/03/09 08:03:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月06日 イイね!

CODE PHANTOM

BREX CODE PHANTOMとは・・

0305CodePhantom02.jpg

車の様々な設定をコーディング、つまり変更することができる製品。

0305Studies04.jpg

購入したのは、六甲アイランドにある、BMWパーツ専門ショップスタディ神戸

  

0305Studies01.jpg

場所は、阪神高速湾岸線、六甲アイランド北ランプより約3分。

  

0305CodePhantom03.jpg

プラグを抜くときが、もの凄く堅かった・・

     

こうしたコーディングをする場合、ショップに頼むと1項目1万前後するはずです。

ですがこの「BREX CODE PHANTOM」ではスマホの設定項目を自分で選びセットするだけ。

なので、これはショップ泣かせの製品かもしれません。

   

0305CodePhantom.jpg

こういう状態で設定します。

  

作業はエンジンをかけず、イグニッションをオンにした状態で行います。

運転席のドアは開けておきます。

そうしないと10分ぐらいで電源OFFになるかもしれないからです。

     

これが設定できる内容

0302BMWCodeFantom.jpg

クリックで拡大表示 ↑

30項目以上のコーディングに対応    

 

これがあれば、自分で簡単に多くのコーディングを試すことができるわけです。

コーディング後に実際に使って不便を感じた場合、標準に戻したり設定値を調整することが手軽にできるのもナイスな点です。

    

アプリは無料ダウンロードできるのであらかじめインストールしておきます。

コーディングを行うアプリは、iOSとAndroid4.3以降に対応。

スマホの設定画面

codePhantom02.gif

ディライトの設定をすると・・

エンジンを掛けただけで、ヘッドライトがイカリング状にかなり明るく点灯するようになります。

    

それと、M235i では、リモコンキーでロックを掛けるとき、しばらくしてからもう一度ロックボタンを押さないと、ミラーを畳むことができないんですね。

「ドアミラー格納」を0秒に設定すると、リモコンキーでロックを掛けると同時に、ミラーも自動で畳まれるようになります。

   

codePhantom03.gif

  

ウィンド Washer を作動させると、ヘッドライトも同時に洗うのですが、このときに盛大に液が飛び散り、ボンネットがビショ濡れになるんですね。

夜間に雨上がり気味のアウトバーンで連続高速走行をするときには、ヘッドライトも同時に洗うという昨日は便利でしょう。

ですが神戸だとそういった状況は皆無なので、ヘッドライトは洗浄してくれない方がいいのです。

こうしたたぐいの設定もできるのは、ありがたいですね。

 

codePhantom04.gif

  

GPS連動時計補正も便利な機能です。

さらに、シートベルトのバックルを差し込むまで鳴り続ける警告音を、運転席と助手席ともに鳴らなくする。

などといった設定もできます。

   

codePhantom05.gif

 

iPhoneとブルートゥース接続をして、インストールしたアプリを起動すると、5分くらいで自動的にアップデートされます。

  

それぞれの設定で下記のような表示が100%になると設定終了となります。 

これが30秒から1分ほどかかります。

codePhantom01.gif

そのあと電源を完全にオフにしてから、カスタマイズを終了させます。

 

そして次の設定をするには、またクルマの電源をオンにしなければなりません。

というわけで、何項目かの設定を変更するとなると、結構な時間がかかります。

 

注意点としては、車両のトリップメーター、日付、時刻などがリセットされてしまいます。

   

設定の詳細は、こちらをご覧あれ!

    

4万円近くしますが、DVD・TVキャンセラー設定だけでも、ショップへ頼むと、2万くらいはかかりますからね。

それにこれなら何度でも設定変更が可能。

カスタマイズすることで、使い勝手を自分の好みに設定できるのは大きな魅力です。

そう考えると、リーズナブルな値段ではないでしょうか。

  

   

Posted at 2017/03/06 11:00:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月02日 イイね!

M235i その後

M235iインプレッションを書いてから約二ヶ月。

0228235Front.jpg

オドメーターは1万5千キロに・・

0301M235meter.jpg    

クルマというのは、チョイ乗りでは分からないことも少なくない。

つきあってみて、始めて分かる部分というのがあるわけだ。

    

この間娘とチビが1ヶ月半ほど我が家に滞在していた。

なのでその間、チャイルドシートは載せたまま。

   

こういうケースだと、C6のような4ドアと比べると不便に感じる。

なぜなら、後席専用のドアがないため、乗り降りの際は前席を前へ倒さなければならないからね。

 

前席を倒すためのレバーはシートへのビルトイン度が高く、デザイン的にシートと一体化されたデザインになっている。

とはいえ、このクルマが全く初めての人は、シートを前へ倒すときに、どうすれば良いのかがわからないのだけどね。

  

0301M235Seat01.jpg

レバーを右側へ引っ張ると、右(前)へ倒れる。

レバーの下には、前席シートを前後移動させるためのスイッチが付いている。

便利な電動タイプ。

      

乗り降りの際に、上の写真のようにショルダー部分のレバーを引くわけだ。

手を掛けたところにレバーがあるというのは、よくできている。       

 

これは、チョイノリではなかなか気づきにくい点だ。

       

0212shosei.jpg

前席の背もたれを倒し気味にすると嫌がるチビ。

観光バスのような見晴らしのよさはないからなあ・・ごめんね。

           

後席はスペース的にも悪くないレベルの広さだ。

さらに、娘はどちらかというと小柄なので、全く問題なし。

      

やはりイザというときに4人乗車ができるクルマは便利だ。

とはいえカミサンのミニが4人乗りでのため、2台のこうした立ち位置が被ってしまっている。

    

ゆえに、オレとしては2座のクルマが脳裏にチラチラするわけだ。(笑)

      

0228235RearSide.jpg

マッシブなサイドビューは筋肉質な造形のため躍動感の高いデザインだ。

ホイールのデザインもマッチョ系。(笑)

リアのディスクがこれだけ大きいのは、326PS というパワーゆえだろう。

    

  

よく出来たシート

 

シートは、フランス車のような柔らかさはないけれど、座り心地はいい。

固めだけれど、沈み込むことのデメリットを排除した作りだ。

    

足回りは、路面の状態を正直に伝えるタイプだが、乗り心地が悪いとは感じないのが不思議。

つい先日も、カミサンが「このシートいいわね」って言ってたくらいだからね。

   

    

圧倒的なトルク感

  

交差点からのスタートダッシュは実に軽い。

アクセルを軽く踏むだけで、周囲の車を遥か後方へ置き去りにすることができる。

   

だが、BMWが誇るストレート6エンジンの魅力はそれだけではない。

 

450N・m という太いトルクが 1300回転から沸き上がるのだ。

街中の使い勝手で大きくモノをいうのは低速トルク。

 

車両重量は1530kg。

なので、馬力加重の面でもたった 4.7Kg の負担で済んでいるのだ。

     

ゆえに4人フル乗車で、なおかつ急な上り勾配であろうと、クルマの重さを感じることはない。

 

セーターを着せたエンジンで走る車だ。

といえば、イメージしやすいかも知れない。

なんて言ってるウチに、そろそろ初回点検だなあ・・

    

続く・・

 

   

関連記事

 

M235i・試乗記その2

M235i・試乗記その1

 

Posted at 2017/03/02 16:47:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ボクスターS http://cvw.jp/b/871938/39748601/
何シテル?   05/09 20:12
はっち3です。よろしくお願いします。ブログも鋭意更新しています。 車歴:ホンダZ・シビックヨシムラチューン・フィアットX1-9・アウディ100・ポルシェ9...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

アクセスカウンター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/12 17:49:11
 

ファン

23 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ クーペ BMW 2シリーズ クーペ
シトロエンC6が10万キロを超え、メンテナス費用などを含め買い換えることになったのがM2 ...
ミニ MINI Convertible ミニ MINI Convertible
2006年にカミサンへ誕生日プレゼントをした車。今でも気に入って大事に乗ってくれています ...
シトロエン C6 シトロエン C6
日本に一台しかない色です。
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
銀座へ引っ越してからは乗る機会がないうえ、駐車場が確保できず、少ない走行距離で手放すこと ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.