• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Qsのブログ一覧

2013年07月19日 イイね!

ZZフロントハブベアリング&EUROPAフロントハブベアリング交換

ZZフロントハブベアリング&EUROPAフロントハブベアリング交換トミーカイラZZのフロントハブベアリングを交換します。
きっかけは、オイル交換時のリフトUP、ハブを回して回り方やガタを確認しているとフロント左側にガタを感じます。。。ひとまず、全車輪を確認すると他は大丈夫そうです。。。
そして、左フロントを再度確認すると、、、「なんと・・・ガタが無い」・・・ほんの数分前に感じたガタは何???
とりあえず、オイル交換で様子見、、、数日後、再度確認すると、、、やはり出ます”ガタ”。
そのまま、場所特定のために色々確認していると、急にガタが無くなります???
そして気になるのは、「ハブにペイントしてあるマーク」。。。と言う事でハブベアリングを交換して見ることに。走行距離を考慮して、左右、ロアー側ボールジョイントとタイロッドエンドも用意します。

部品が揃ったところで作業開始、、、左側アップライトを取り外し各部点検していると、ロアーボールジョイントに”ガタ”が有ります。。。このガタの感じが最初に感じたハブのガタに似ています。。。しかも縦方向に、、、首フリ方向では有りません。縦であればリフトup後しばらくして急に無くなるのも・・・解る気が。
オーナーさん「思いつく節が有るようです」、その節も有るのでベアリングも、、、と言う事で改めて交換作業です。
作業としては、テーパーベアリングですが、プレスで抜く必要があります。そして、ベアリング組み付け前に、ロアーボールジョイントを交換しましょう。ボールジョイントはマイナス公差なのでアップライト側をバーナー等で十分に熱する必要があるからです。ボールジョイントが終わったらベアリングを組み付け、タイロッドを交換、アライメントを調整ですかね。
ガタは無くなり、ハンドリングも良くなってますね。。。

その、数日後、今度はEUROPAです。こちらは、ガタと言うよりグリスが溶けてオイル見たいになってます。交換後2年、結構、乗るし、その都度、高速道路使用なので、グリス換えでなく、ベアリングを交換する事に、取り外して改めて感じます、1960年代の設計だな~って。。。

ZZと同じリアミッドシップですが、ベアリングの大きさや数(※内外で2個、って意味じゃないですよ)が全然違いますね~、、、
やはり、この時代の車は定期点検、定期部品交換は必要ですね。
Posted at 2013/07/20 16:48:18 | トラックバック(0) | トミーカイラ | クルマ
2013年02月22日 イイね!

ZZ リアトラックロッド

ZZ リアトラックロッドトミーカイラZZのリア側トラックロッド延長kitを取り付けます。
高速でRの大きいコーナーなどで、ハンドルの切れ角とリアの動きのイメージがチョット違うな~、、、
と、言う経験ありますか・・・

MC前はこのロッドが短い為に、この傾向にあるようです。

取り付けは、標準のロッドを外し延長ロッドに交換ですが、付属ブラケットを取り付ける為にサブフレームに10mm程度の穴を開ける必要があります。
この時、注意するのはブラケットの底面が水平になる様にすること、、、ブラケットの上面と底面は平行でなかったので上面で合わせると穴位置が変わっちゃいます。。。

そして今回は、アップライト側のネジも交換です。

外す際、スルっと抜けず、、、よ~く見ると途中曲がってます、首下も膨らんでます。

場所が場所なだけに、私も含め点検のたびにレンチをあてて緩み確認する内に伸びてしまったのか・・・???
外す時はこの辺も確認した方が良いかな~。。。

Posted at 2013/02/22 19:54:00 | トラックバック(0) | トミーカイラ | クルマ
2013年02月14日 イイね!

ZZリアキャリパーO/H

トミーカイラZZのリアキャリパーをO/Hします。
ZZの場合、リア側ブレーキの方がつらいのか、減りますし、温度帯も高そうですネ。
今回は、パットが減りきった状態でピストンも大分飛び出した状況であったのでO/Hする事に・・・

作業としては、サイドブレーキ機構付きなのでチョット複雑?かな~。

奥の方に有るスナップリングを2箇所(大きさも微妙に違う)を脱着する必要が有り、更に組み付け時、スプリングを押し込んだ状態でスナップリングをはめます。。。この作業、SSTが有りますね~。

後は清掃、、、ブレーキダストやグリスで汚れてますのでこの機会に。。。

そして、動作確認しながらグリスが必要な箇所にグリスUPして。
エアー抜きですが真空で引っ張りながらペダルをゆっくり踏んで、、、と、、、
Posted at 2013/02/14 19:48:12 | トラックバック(0) | トミーカイラ | クルマ
2013年02月05日 イイね!

ZZリアサブフレーム補強プレート

ZZリアサブフレーム補強プレートトミーカイラZZのリアサブフレームの補強プレートです。
ZZをお乗りの方ならご存知の京都亀岡のお店の商品です。。。
現車に合わせて多少の調整は必要ですがとても良く考えられた商品かと思います。
手書きの取り付け説明書も付いていて作業終了時にあらためて確認すると親切な説明書になってま~す・・・

おおまかには、グリル、マフラー、エンジンマウント取り付けナットを外し、3個のプレートを仮付け溶接、一旦取り外して本付けした後サブフレームに溶接と言う流れになります。

キャブ付近、下側からの溶接作業と言う事になるので作業前に流れをイメージする必要がありますネ。
Posted at 2013/02/05 18:45:24 | トラックバック(0) | トミーカイラ | クルマ
2012年07月26日 イイね!

ZZ ドライブシャフトブーツ交換

トミーカイラZZの左内側ドライブシャフトブーツが切れてグリス飛び、、、
毎回走行後に洗車(エンジンルームも)するので早期発見、、、ひどく飛びちった状態ではないので助かりま~す(作業のテンションが違いますよね・・・)

ZZはミッドシップですが、元は日産FF車のエンジン&ミッション、FF車はハンドルを切った状態で前進&バックをするので、外側のブーツが切れるケースが多いかと、、、
この為か、ブーツも外側と内側ではチョット違います、外側の方が切れにくくなっていると思われます。
そのドライブシャフトをミッドシップのZZに使用しているので、内側の方が先に切れるのかも知れません、、、(特に左かも)。

と、なると右内側もそろそろ、、、内側を交換するのにドライブシャフトを取り外すので外側も一緒に、、、
と言う事で左右内外交換しま~す。

ミッション側で外すとオイルは出てしまうし、オイルシールも交換する事になるので、スライドジョイントはミッションに残し、ブーツバンドを外しの方法で行う事に、、、
※ベアリング側(長いシャフト側)はストッパーに大きなCリングを使用していますのでこれを外します)

で、外側のブーツも内側にずらして外す作戦でしたが、このシャフトの真ん中には”ダイナミックダンパー”なるゴムの物体が存在してこいつも外す必要が有ります、、、
こやつはバンドで止まっているのでバンドを外し隙間にすべり易くする物を注入して引きぬきます・・・ここでのpointとしてダイナミックダンパーは位置が決まってます、車両やエンジン形式によって長さが違いますので注意が必要です。。。

後は古いブーツを引き抜き、新しいブーツを入れて・・・


 
組む時に一つ、、、アップライトを軽く洗って状態の確認です。
ZZのリアアップライトは強い衝撃で割れるモノが有ると言う事を聞きます、アップライトはブレーキダストで汚れ易く確認しずらいのでこんな時に清掃して確認しておくと良いかな~と思って。
これは2型ってやつかな???


がんばって組むか明日(笑・・・
暑いのよ~。


Posted at 2012/07/26 18:58:42 | トラックバック(0) | トミーカイラ | クルマ

プロフィール

神奈川県で車好きが集まるショップを目指し最近openしたお店です。 箱根山の近くでアクセスが良い為、ドライブの帰りにひと休み・・・。車好きが集まれば、意外な発...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

ファン

4 人のファンがいます

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.