車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月06日 イイね!
KENJIRO 「Through The Glasses」

94年発売。
恐らくはクラシックピアノでもやっていたのかと思うピアノの入り方が特徴で、綺麗な曲が多いです。
臨場感たっぷりのバラード、スピード感抜群の曲も音がぶつかり合う感じではなく、アレンジにもかなり力を入れている感じがします。
声が綺麗で歌唱力も有り、曲もマイナー感が無く完成度が高い。曲を活かすような録音がされています。
広いホールで聴いているような臨場感のあるアルバムです。






和栗卓也「思い出がせつない夜に」

94年
これは狭いホールで少ないマイクで録音した様な独特の音の入り方で、高音質とは言い難くもおススメのアルバムです。
「思い出がせつない夜に」というアルバムタイトルですが、同名の曲は無い。しかし、アルバムを通して聴いた時、このタイトルしかないと思います。
とにかく切ない詩が特徴で、歌詞を読むだけで一気に惹きこまれました。歌詞カードだけでも売れる。
落ち込んだ時、落ち込みたい時、更に落ち込める1枚。
歌詞カードを読みながら、暗い部屋でヘッドホンで聴きたいアルバムです。






Eric Clapton : Unplugged1992

この頃、アコースティックラボのボレロというスピーカーが欲しくて、当時横浜に有ったYAMAGIWAという電気店のオーディオルームに通っていました。
調律された部屋にいつもこのアルバムが流れていて、アコースティックギターの良い意味で嫌らしい鉄弦感が響いていて、結局ボレロは買いませんでしたが、このCDはすぐに買いました。
音も良いし、勿論曲も良いです。英語は分からないので歌詞は分かりません。






柴田淳 cover 70's

このアルバムではみんカラでも定番みたいですね。
カヴァーアルバムは、原曲の良さを消してでも自身の歌声を聴かす事に終始している感じが出てるものが多くて苦手なのですが、この人の唄い方は本当に曲を大切にしている感じがします。人の曲だからこそ、より丁寧に扱っている感じがします。
自身が曲よりも、更に楽器よりも前に出るというより、歌い手として一端を担っているという感じの唄い方は惚れ惚れします。
それに凄く高音質ですね。
Posted at 2016/11/06 11:17:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月28日 イイね!
スピーカーの値段某オーディオ機器製作会社社長から電話が。

君の好きなやつ1セット出てきたからあげるよ。送ろうか?

いいえ、行きます!!

画像は頂いた純国産のユニット。
サイズは13㎝以上16cm未満


縁有って20年以上前からの付き合いですが、過去には色々面白い遊びをさせてくれました。

自分がスピーカーのマグネットの大きさ云々、種類云々うんちくを言っていると、スピーカー用にカットされているマグネットを持って来て、特殊なボンドと機械で自分のスピーカーに圧着し、外してくれ、また変えて、と、色々なパターンで聴かせてくれました。

結果的に、ユニットを選ぶ際にあまりマグネットを気にしなくなりました(笑
技術者ならではの視聴方法を楽しませてくれました。



最近身辺整理をしているんだよ。今更エネルギッシュに新しい事に取り組む年齢でもないからさ。そうしたら君の好きなやつ出てきたから。

ゴミ箱には手書きのアンプの回路図等が大量に捨てられていました。


今はスピーカー作ってないんですか?

作っているよ。正確には作らせているね。もう完全な国産スピーカーは作れなくなってしまったよ。
さっきのあれはフレーム、ダンパー、ボイスコイルもブチルゴムのエッジもコーンも全て国産だったけど、今は景気が悪くてみんな作るのやめちゃったよ。


※因みに画像のスピーカーはジュラルミンボイスコイル採用。海外の名門の多くが採用するも、故障の多さから使われなくなったジュラルミンボイスコイル。対して日本製のジュラルミンボイスコイルは故障はほとんどない


景気悪いですか・・・

我々は音楽業界の煽りを受けるからね。
昔みたいにちょっとでも良さそうだったらCDデビューさせるみたいな風潮があれば、新しい音楽ジャンルがどんどん生まれるし、我々の仕事も活性化するんだけどね。
今はレコーディングも減っているから、ギターリスト等のミュージシャンも大変みたいだね。




では、今の主な仕事はなんですか?

うん、オーディオは頼まれた物を海外で作って流すだけ。今は災害用スピーカーをやっている。
指向性を強くして、どれだけ遠くまで聞きやすい音を飛ばせるかっていう。



海外の工場で製造されている物ですが、値段設定の基準はなんですか?
例えば、同じ様なフレーム、コーン、エッジ等、作りも質感も大差なく見えるのに、明らかに同じ工場で作ったと分かる物でも、値段が倍、5倍、下手をするともっと違う場合があります。
見た目では分からない部分で値段が違ってるんですか?

海外で制作をする場合のメリットは安さなんだけど、コーンを紙からカーボン系にしたり、ケブラー製にしたりしても元が安いから大した差額にはならない。昔と違って、無駄にとは言わないけど、フレームやマグネットが豪華になったでしょ。安いから。
値段の基準は、各メーカーそれぞれの算出基準があって、利益を5割取るA社、7割取るB社、社内の経営方針によるね。
だから音と値段が一致しないケースがよくある。



例えば、北欧の有名スピーカーも今は海外生産になっていますが、一流メーカーは良い音鳴っています。それも原価自体はそんなに変わらない?

変わらないよ。音の違いは各メーカーのノウハウだね。海外に発注するものでも設計はメーカーでしているから良い音になる。
その上で、お客さんに与えられるであろう満足度を考慮して売価を決めていく。



そうなると、よく○○らしい音とか言いますが、大差無くなってしまいますね

スピーカーなんて同じメーカーでも十種十色だからね。
ホーム用ならバッフルの形状で音を作れる。車用なら付属ネットワークの特性で「○○らしい」を出しているかな。



今度日本のメーカーから超高いスピーカーが出るそうです。

高い材料を使うみたいだね。高い材料で小ロットだと当然高くなるよね


と、こんな会話をしてきました。
Posted at 2016/09/27 11:28:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月24日 イイね!
今日はツィーターの位置変更をしました。

車内環境もすこしずつ手を入れており、ツィーターを現在の位置に取り付けた時とはネットワークも変わっているのでセッティングをし直しました。

ツィーターとフルレンジ(ウーファー、ミッド)との関係は距離感が命なので、現在は「ギリギリ離れ気味になっていない」距離になっています。

耳に対し、フルレンジ、ツィーターとの距離はほぼ同じで無ければ時間差が出来てしまい、逆相となってしまいます。一応メジャーで距離を測定し、時間差が生じない位置を探ります。
スピーカー達との長年の付き合いの経験上、中抜けを避ける為にも、距離の誤差は自分の手のひらのスパン以内にとどめる様にしています。
メジャーを持ち出しておいてなんですが。

自分のフルレンジは、ツィーター無しで鳴らしても音は目の前まで上がるユニットなので、心がけているのはツィーターの距離感、孤立して鳴らないようにする事くらい。

メーカーが作ったディスプレイボードでツィーターが付近にセッティングされている事、コアキシャルのメリットを考えても、フルレンジと近い距離にツィーターが有る方が良い事は一目瞭然なのですが、中々そうはいかない車の世界。
しかし現在はTAが普及している事もあり、距離が離れていても正確にデジタルで調整出来るとか?

そのTAがない自分の場合、結局、ツィーターの位置を下げてフルレンジの5cm程上の無難な位置になりました。

良い具合に、フルレンジにツィーターが取り込まれた感じ。

ツィーター下げて音像上がる。広がり増す。

アナログセッティングの醍醐味。

Posted at 2016/09/24 19:49:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記
2016年09月11日 イイね!
腐れ縁のスピーカー 18歳で免許を取って24年。車は12台所有しましたが、2台目以降の車に共通しているのが旧体制のマックオーディオのスピーカーを付けている事です。
一般的には海の物とも山の物とも分からないような製品ですが、親の遺言のように使い続けています。

その腐れ縁の老兵(スピーカー)と共闘して20年以上。長年連れ添った相棒です。
みんカラで恐ろしく高額で、凄そうな製品を見て、「俺たちゴールデンコンビでどこまで対抗出来るだろうか…」等と考えています。

旧マックオーディオは、マッケインさんという社長が監修し、日本で開発、製造されていたオーディオメーカー。
当時ドイツでの評価も非常に高く、日本のオートサウンドでも出る度「特選」を受賞していました。
特徴としては、車内環境を徹底的に考慮したネットワーク、斬新なパーツ選択等。
80年代後半の製品で、バイアンプ接続のネットワークを付属していました。

95年頃にアメリカ系の会社に売り、マッケインさんは山を買ってリタイヤ生活を送っていたそうです。
同時に日本での製造も終わりました。

有終の美では有りませんが、引退間際にデンマークで作らせた高級なシリーズが発売されましたが、良い音なだけで好きにはなれませんでした。

日本で制作を請け負っていた会社の社長も直後に引退しましたが、現在は〇ルトフォンジャパンの社長をしており、○AILASというスピーカー、真空管アンプを世に出してヒットさせました。
元々大手家電メーカーPのドイツ支社の社長をしていた方で、その当時にマッケインさんと知り合ったとか。

当時は、現地価格の2.5倍~4倍が日本定価というのが輸入カーオーディオの定価設定だったので、
ドイツへ行ってフルシステムを買って来る計画も立てていました。
ドイツ行きをやめた理由は、日本製であった為、値段がほぼ変わらない事実を知ったからです。

自分がマックオーディオを使い続けている理由は、長い付き合いで癖や特性を理解出来ているからです。
スピーカーの癖を理解出来ているし、計算式では算出出来ない数字でネットワークを組んだり、ケンカしやすい組み合わせも分かっているので、鍋やフライパンみたいに使えるようになりました。

音が好きなのは購入に至った最初の動機だったので勿論ですが、長年に渡って音楽にのめり込ませてくれたスピーカーです。

時折、最近の製品も実店舗でビクビクしながら視聴もしますが、「まだまだ若い連中(新しいスピーカー)にも負けてねぇ」と、虚勢を張りながら帰って来たりしています。

古い製品ですので入手は困難ですが、時折ヨーロッパでデッドストックが出て来るので、それを自分の残りの人生分ストックしています。
Posted at 2016/09/11 18:53:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記
2016年05月24日 イイね!
良音CD ネットやオーディオショップ推奨のCDを聞くと、非常に綺麗で何度も何度も手間を掛けてノイズを取り除いたような澄んだ音がします。

しかし何というか、噛み応えみたいなものが無いというか、乱暴さがないというか、物足りない感じが…

自分が音チェックで使用しているCDはブライアン・ブロンバーグの「WOOD」というCDです。

ややノイズも入り込んでいますが、空気感や躍動感、立体感は抜群です。おススメです。

アマゾンで視聴も出来ます。
Posted at 2016/05/24 19:50:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「トレードインスピーカーを使う http://cvw.jp/b/876521/38960836/
何シテル?   12/05 14:58
ハイレゾリューション、タイムアライメントとは一切縁のないオールド機器で、どアナログなカーオーディオを組んでます。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
ラーメン探訪まとめ 【神奈川県 横浜・川崎地区編】 (~2016年6月末) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/06 00:44:57
shooter7さんの三菱 デリカスペースギア 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/05/30 21:08:15
お友達
カーオーディオで音楽鑑賞が好きな方、色々教えてください。

最新装備についてはほぼ付いていけませんが。
9 人のお友達がいます
たかじんですたかじんです * 手紙バチ手紙バチ *
Surf&amp;ClimbingSurf&Climbing ZhaiZhai
C36AMGC36AMG まごころmusicまごころmusic
ファン
6 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ ランドクルーザー70 SHIBA (トヨタ ランドクルーザー70)
オーディオのみいじってます。 嫁に、ネットに出ているあらゆる車画像を見せ、「どれが良い ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.