車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月19日 イイね!
今から20年程前、某量販店のスーパーな店がオープンし、オーディオイベントが開催されていました。当時は今の倍くらいハイエンドオーディオのスペースがありました。
大型ディスプレイボードには、ハイエンドスピーカー、アンプ、大口径ウーファーが大量にディスプレイされており、そのコア部には20バンド~からの大型イコライザーやチャンデバが装備されていました。
しかし皆がうまみを機材をいじり倒してしまい、そのディスプレイからはまともな音が出ていなかったのですが、知人(専門職)が調整し始めた途端、誰の耳にも分かるくらい調律されて行き、調整だけで人だかりが出来るというびっくり現象が起きていました。その光景と興奮は今でも鮮明に覚えています。
その後、その人は質問責めに遭い、一緒に居た自分まで質問されるという不思議な事が起きました(笑


その人が言うには、車で鳴らす場合は必ず中域を減らす事。
ドンシャリにするのではなく、波形を取った時に中域が少し下がっているくらいがちょうど良い。との事。
車の中は聴感上、金属音を強めるガラスが有ったり、中高域を強めるプラスチック素材が多い為、中域をフラットにすると低音と中音、中音と高音の際で波形には出ない聴感的なピークが出てしまい、聴き疲れする音が発生してしまうとか。

家のオーディオルーム、スタジオや学校の視聴覚室を作っている人も同様の事を言っていましたが、その上で「車は家より音を良く聴かせる要素が高い」と言っていました。
ルームチューニング者曰く「空間=ユニットの算出がし易い。吸音物と反射物の割合は、家と比べて車は完璧に近く、いじる必要はない程。」との事(本革シート除く)。

「ツィーターが主張してしまうのは繋がっていないだけ。無理にアッテネートしたり、存在感を消すめにツィーターの向きを耳から遠ざけたりするから繋がらなくなる。指向性は好みを楽しむ部分」との事。

スラント、バッフルに傾斜を付ける効果について。
傾斜を付ける事と音像を上げる事は無関係。どこに付けてもきちんと鳴らせば上がる。傾斜を付けるとスピード感が増す。ツィーターのスペーサーが斜めなのもその為。


だそうです。

斜めに向けるとスピード感が増す…


エアホッケーの原理(笑
Posted at 2017/01/19 11:56:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月10日 イイね!
はっとした事(RCAケーブル)なんとなく掛かっている気がするスピーカーのストレスを緩和してあげたい。

色々考えていると、ここみんカラで交流してくれた、まごころ有る方のブログを思い出しました。

赤白…  RCA… 

過去に得た情報達がオーバーラップして来たので、色々と繋がる点もあるかと思い改めてお邪魔して拝読。

やはり鍵は安価の赤白RCAケーブル?
そして大事な事が書かれていました。ヘッドとアンプの関係について「ローインビ―ダンスで出し、ハイインビ―ダンスで受ける」と。


自分の現在のラインケーブルは結構な値段がします。お恥ずかしながらお願い料も込められています。

昔オーディオメーカーに遊びに行った際、展示室のディスプレイ(対世間)の配線は高級品で彩られ、見えない箇所は赤白でした。
これで良いのかと聞いた時に「十分だよ」と、あっさり返された記憶があります。
そして、開発中のアンプを鳴らす為のラインケーブルも、視聴用機材のラインケーブルも「必ず」赤白でした。


高いケーブルに変えた際の感想は、SNが上がる。高域が綺麗に聴こえる。低域が増す。等など。

中高域を綺麗に聴かす為には「ハイ上がり」な特性にすれば良いと、よく聞きます。

そしてこんな事を聞いた事があります。
・ハイ上がりにするだけで「解像度が増した」と、表現される。高評価される。

・売る為にさ行を誇張したチューニングをする
(上級者はサ行が強いと失敗としています)

ついでに先日のブログから取り出すと
・ファイルタ―通すと臨場感があると表現される


オーディオメーカーのマイナーチェンジ時の常套手段のようで、特性を高域に振るだけで音質が上がったように例えられることが多いとか。


実は、開発者さんにデッキの事をあれこれ聞いた時に前出の「ロー出しハイ受け」という言葉が出ていました。

高級なケーブルはSNが上がる。逆に言えば赤白はSNが低いとなる。
という事は、ロー出しハイ受けには赤白の方が近い?

特色のない赤白はヘッドユニットやアンプの調整の幅を広げられ、アンプの良い所を出しやすい。徹底した裏方?
高級なケーブルは、少なからずケーブルに合わせた調整を余儀なくされる。つまり準主役に躍り出てしまっている?


SNの高さと良い音がイコールじゃない事は多くの名門スピーカーが証明しています。
これだけ技術が日進月歩の中、能率が低いままのスピーカーは数多くあります。


安い物が良いという安易な話ではなく、一番最初に作られた物こそが役割に沿って作られていたという事?


開発中の製品の試聴には、普通の特性のケーブルが最適。

他社製品に勝つ為の量販店に置かれているディスプレイと違い、ラインナップされているスピーカーの聴き比べを目的としたメーカー試聴室のケーブルも然り。



ここまでは机上の空論。

まずは赤白を入手。

ハードオフで2m×2で180円

後日取りつけ、調整。


安くて健全な遊びなので嫁も安心。
Posted at 2016/12/10 12:34:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月08日 イイね!
20年前に習ったデッドニング 20年以上前、メーカーの技術者さんに教えて貰う機会があり、未だにそのやり方でやっています。

当時は今程「デッドニング」と言っている人は多くなく、制震という言葉の方が主流だった気がします。

カーオーディオのインストーラーをやっている友人も何名かいるのですが、そのインストーラー達が「これをやったら良くなる」に対し、その開発者は「これをやってはいけない」という見解が多いです「これが原因」とか。
これは人間性もあるかもしれませんが、作っている側の人の「やってはいけない」は、中々重いです。

新しい車が発売されるとディーラーまで行き分解してデータを収集している人達です。


ヘッドユニット~アンプ~スピーカー 
バッテリー~ヘッド
バッテリー~アンプ

中継点が増える程音は劣化するから余計な物は付けないようにね

ノイズフィルターは電気処理したような音になっちゃうよ

なんかフィルター掛かった音だなぁ」と、よく言っていました。

当然、フィルターを通した音が好きな人も居るので、意図的に使っているメーカーも有るそうです。


金を掛けるなという人で、当時サウンドモニターのDAC入りのプリアンプ、サンスイのデッキ+チェンジャーを使っていましたが、
「お金有るんならいいけど、TRIOの5万とかので良いんじゃない?」と、ケンウッドの古称を持ち出して話していました。


自分のフロント、16cmウーファーの鳴り方がイマイチで訪ねた際、デッドニングの基礎知識を教えてくれました。

自車の原因はデッドニングのやり過ぎでした。
当時流行りの制振材でガッツリ固め、サービスホールはアルミ板で塞いでビス止め。エンクロージャーを作る勢いでやっていました。

20cm以下のほとんどはフリーエアのユニットだからここまでやる必要はないよ。エンクロージャーにしたい気持ちは分かるけど、君のドアの容量に合わせて作っている訳じゃないしね(笑)」

と、その場で剥がす事を進められ、「これを貼りな」と出してくれたのは、ブチルゴムの裏にアルミ箔(伸び防止)が貼ってあるシートでした。
貼り直して鳴らしてみるとスッキリ、ハイスピードで鳴り出しました。


デモカーを見せて貰うと、フロントは13cmのコアキシャルでした。

デッドニングはどれくらいやっているんですか?
「ほとんどやっていないよ。コアキシャルはフルレンジで鳴らしているからサービスホールは塞がなくて良いし」


では、ビビりはどうやって抑えるんですか?
「ビビっている所にこれを貼る」
(3~4mmのブチルの制振材)


それだけですか?
「うん、ボルボは元々鉄板がしっかりしているから貼らなくても良いくらい」


アレは(雑誌に出ている制震材)は使わないのですか?
「制振効果の高い材質、軽量化が言われているけど、振動は封じ込める必要はない。どうせ走り出せば車体全てが振動するんだし。
不快音を消す為と、振動リズムを整える為に重さで抑えるだけでいい」

※確か振動リズムとか言ってた気がします


コアキシャルはサービスホールは塞がなくても良いと言いましたが、そうなるとフルレンジもサービスホールは塞がなくていいんですか?
2wayでも、13cmや17cmをウーファーではなく、フルレンジで鳴らしているネットワークも有りますよね?
「そうだね。フルレンジユニットをウーファーとして使用しているシステム、ウーファーをフルレンジで鳴らしているシステム、フルレンジ+スーパーツィーターも、全て商品名は2wayだね。
ウーファーの場合はサービスホールは塞ぐ。フルレンジユニットの場合は全部は塞がなかったりだね」





因みに画像のユニット二つは、見た目は同じなのですが型番も特性も違います。
左はウーファーで右はフルレンジ。
しかし、どっちもツィーターとセットで2wayとして売られていました。
左はウーファー6dbハイカット、ツィーター12dbローカットの2wayシステム
右はフルレンジ+スーパーツィーターの2wayシステム

となると、デッドニング方法は異なるという事…


昔のお話です。
Posted at 2016/12/08 20:14:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月28日 イイね!
スピーカーの値段某オーディオ機器製作会社社長から電話が。

君の好きなやつ1セット出てきたからあげるよ。送ろうか?

いいえ、行きます!!

画像は頂いた純国産のユニット。
サイズは14㎝前後。

カーボン系のコーンで、軽量で強靭。センターキャップはシルク。
高能率でアンプを選ばないスピーカーです。
音に癖はないのですが、鳴らし切るまでには苦労します。鳴れば最高の音。


縁有って20年以上前からの付き合いですが、過去には色々面白い遊びをさせてくれました。

自分がスピーカーのマグネットの大きさ云々、種類云々うんちくを言っていると、スピーカー用にカットされているマグネットを持って来て、専用のボンドと機械で自分のスピーカーに圧着し、外してくれ、また変えて、と、色々なパターンで聴かせてくれました。
結果的に、ユニットを選ぶ際にあまりマグネットを気にしなくなりました(笑

「ほら、ユニットにこうするだけでアメリカのウーファーみたいな重低音になるでしょ?」
と、簡単に低域の厚みを増したり、技術者ならではの視聴方法を楽しませてくれました。



最近身辺整理をしているんだよ。今更エネルギッシュに新しい事に取り組む年齢でもないからさ。そうしたら君の好きなやつ出てきたから。

ゴミ箱には手書きのアンプの回路図等が大量に捨てられていました。


今はスピーカー作ってないんですか?

作っているよ。正確には作らせているね。もう完全な国産スピーカーは作れなくなってしまったよ。
さっきのあれはフレーム、ダンパー、ボイスコイルもブチルゴムのエッジもコーンも全て国産だったけど、今は景気が悪くてみんな作るのやめちゃったよ。


※因みに画像のスピーカーはジュラルミンボイスコイル採用。海外の名門の多くが採用するも、故障の多さから使われなくなったジュラルミンボイスコイル。対して日本製のジュラルミンボイスコイルは故障はほとんどない


景気悪いですか・・・

我々は音楽業界の煽りを受けるからね。
昔みたいにちょっとでも良さそうだったらCDデビューさせるみたいな風潮があれば、新しい音楽ジャンルがどんどん生まれるし、我々の仕事も活性化するんだけどね。
今はレコーディングも減っているから、ギターリスト等のミュージシャンも大変みたいだね。




では、今の主な仕事はなんですか?

うん、オーディオは頼まれた物を海外で作って流すだけ。今は災害用スピーカーをやっている。
指向性を強くして、どれだけ遠くまで聞きやすい音を飛ばせるかっていう。



海外の工場で製造されている物ですが、値段設定の基準はなんですか?
例えば、同じ様なフレーム、コーン、エッジ等、作りも質感も大差なく見え、明らかに同じ工場で作ったと分かる物でも値段が倍、5倍、下手をするともっと違う場合があります。
見た目では分からない部分で値段が違ってるんですか?

海外で製造する場合のメリットは安さなんだけど、コーンを紙からカーボン系にしたり、ケブラー製にしたりしても元が安いから大した差額にはならない。昔と違って、無駄にとは言わないけど、フレームやマグネットが豪華になったでしょ。安いから。
値段の基準は各メーカーそれぞれの算出基準があって、利益を5割取るA社、7割取るB社、社内の経営方針によるね。
だから音と値段が一致しないケースがよくある。



例えば、名門スピーカーの多くが国外生産になっていますが、やはり良い音で鳴っています。それも原価自体はそんなに変わらない?

変わらないよ。音の違いは各メーカーのノウハウだね。海外に発注するものでも設計はメーカーでしているから良い音になる。
その上で、お客さんに与えられるであろう満足度を考慮して売価を決めていく。



そうなると、よく○○らしい音とか言いますが、大差無くなってしまいますね

スピーカーなんて同じメーカーでも十種十色だからね。
ホーム用ならエンクロージャーの形状で音を作れる。車用なら付属ネットワークの特性で「○○らしい」を出しているかな。
実はラインナップで最も当たりが多いのはエントリーモデルなんだ。かんたんに鳴らないと駄目だから真剣に作っているよ。
最上級モデルは高級な取り付けがセットみたいなもんだから、カタログスペックさえ追えば良い。鳴らなきゃ取り付けのせいに出来るし。
だから開発にも時間は掛からない。



今度日本のメーカーから超高いスピーカーが出るそうです。

高い材料を使うみたいだね。高い材料で小ロットだと当然高くなるよね


と、こんな会話をしてきました。
Posted at 2016/09/27 11:28:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年01月14日 イイね!
 以前、国内外のメーカーからスピーカー制作を請け負っている、スピーカー制作会社の開発に立ち会う機会が有りました。

絶対音感を持っていて、耳に入った音を全て周波数で言える人達。
紹介してくれたオーディオメーカーの人は技術者たちを「スピーカー屋さん」と呼んでいました。

この時は海外メーカー、車種を特定した2wayスピーカーを開発しており、大詰めのネットワーク作りでした。
決定されている2種類のユニットを単体で鳴らし、あくまで聴感的に特性を調べていました。

開発者A:4000辺りかな?
開発者B:こっちも4000で鳴らせるね
A:じゃあ4000目指して鳴らしてみよう


その場でコンデンサーとコイルで4000をクロスポイントにしたネットワークを作り鳴らしてみました。

「やはり4000だね」と再確認し、13cm側のネットワークはいじらず、ゆっくりとツィーター側のコイルをほどいていきます。

「コンデンサーは4000にしているけど、コイルは解いているから4000では無くなってますよね?」と、質問。
「計算通りに行けば苦労しないよ。ましてや車なんて周波数特性をフラットにしちゃうとちゃんと鳴らないしね」との事。

その後再度鳴らし、フロントガラスの一点を指差し「この辺りの3000にピークが出てるね」と、ピーク補正を行っていました。

自分が今まで見てきた車載用のネットワークは計算通り、乗数表通りでしたし、ピーク補正まで行っているネットワークは見た事が有りませんでした。

ドア用になるであろうユニットは、有る程度ドアの容量も計算して作り、トランクに付けると予想されるスピーカーは大幅だけどトランクの容量を計算して作るとの事。

ここから幾つか質問をしました。

Q:やはり車用はそこまで計算して作っているんですか?
A:こんな依頼はほとんど無い。大半が4Ωの既製ユニットにロゴを入れるくらい

Q:では、車もホームも同じユニットで良いという事ですか?
A:家だとスピーカーから2mくらいは離れて聞くけど、車は離れても数十cm。だから同じで良いという事はないんだけどね・・・ 
車内は空気も少ないからトータルのコーン面積が大きくなると鳴りにくい。
(ホームユニットでは6畳=17㎝推奨が一般的)

Q:窓を開けた時の方が良く聞こえてしまうケースですね
A:そう

Q:時々ドアでは13cmがベストという意見を聞きますが、室内の空気量との関係はありますか?
A:13が推奨される理由は、ドアの容量、奥行き、いわゆる取りつけ性だと思う。空気量で言えば、余程大きな車じゃないと17cmを4つとかはどうかな

Q:以前、10cmのコアキシャル+20㎝のウーファー1本のシステムしか組まない職人さんがいました
A:凄く面白いね。

Q:車もエンクロージャー化して鳴らした方が良いですか?
A:フリーエアーのスピーカーならむしろ作る必要はないかな。3ウェイの真ん中は別室が必要だけど

Q:日本には世界に誇れるスピーカーが少ないですが、技術が無いんですか?
A:日本では優秀な技術者は入口(ヘッドユニット等)に回されてしまう事が多い

Q:日本の音は個性が少ない気がします
A:海外では開発責任者の一存で「この音」と、決めてしまう傾向が強くて、日本では携わっている人達みんなの意見を尊重しながら作ってしまう。だから反対意見の出にくい個性の無い音になってしまう。

Q:ここにある古いスピーカー等を見て聴いてみると、新しい物に拘らなくても良い気がして来ます
A:聴感的な音の良さと解像度はイコールではないからね。画素数みたいに、解像度って良い音に直結しないから。
でも、ネットワーク等に使われているパーツ類は日進月歩だから、素子は新しくて良い物に変えていく方が絶対に良い。


Q:アルミダイキャストフレームの方が良いですか?
A:鉄でも十分なものは作れる。

Q:良い音を出すスピーカーを作る上で最も重要なものはなんですか?
A:ボンド技術

Q:ならば日本のスピーカー制作の技術は世界一なのでは?
A:技術はね。それに日本のスピーカーはパワーを掛けなくても鳴るものが多いね。そういう優秀さはある。
携帯電話のスピーカーは小さいのに良い音してるでしょ? 今、良い技術者は携帯電話等のスピーカーの開発に引っ張りだこで、オーディオからどんどん離れている。


Q:上手なスピーカーの選び方ってありますか?
A:迷ったら能率の高いものを。能率とレスポンスは比例するし、純正アンプでも鳴るし。
レスポンスを犠牲にしてまで重いコーンのユニットは選ばない事。レスポンスの悪いスピーカーは幾らパワー掛けたところでスピードは出ない。


Q:スピーカーを作る上で拘っている事は?
A:10万で売られるスピーカーは、5万の倍の音が出なくてはならないと思っている。



びっくりしたケースでは、 某国内メーカーのスピーカー開発っぽいものに立ち会った時です。
某国のスピーカー工場から送られて来た数種類のコーン、フレーム、マグネットを皆で回して
・こっちの色のコーンの方がウケる
・このフレームなら予算内でイケる
・ツイーターはロゴを入れると20円高くなる
等、非常にあっさりしていて驚きでした。音に関しては運任せなのかと。
定価設定も原価から割り出すのではなく、4~5万だとライバルが多いから10万にする等。

しかし、出来た製品のカタログを見ると、厳選したパーツで出来上がった2wayスピーカー、その他諸々が書かれてました。

アンプでも、海外の競技用アンプは表記の倍くらいパワーを入れてしまうケースが有りましたが、酷い例では、「300wと書いてあるけど、全然そんなパワーは無い。ケースが大きいからそれくらい書いても良いだろう」と、そんな製品もありました。

全て昔の話です。
Posted at 2015/11/03 19:01:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記
プロフィール
ハイレゾリューション、タイムアライメントとは一切縁のないオールド機器と古い知識で、どアナログなカーオーディオを組んでます。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ブログカテゴリー
お友達
20世紀のオーディオは結構ついていけます
10 人のお友達がいます
たかじんですたかじんです * Surf&amp;ClimbingSurf&Climbing
手紙バチ手紙バチ ZhaiZhai
C36AMGC36AMG G&amp;ラディG&ラディ
ファン
12 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ ランドクルーザー70 トヨタ ランドクルーザー70
オーディオのみいじってます。 嫁に、ネットに出ているあらゆる車画像を見せ、「どれが良い ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.