• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Sevensのブログ一覧

2017年11月12日 イイね!

まもなく冬季閉鎖

まもなく冬季閉鎖国道292号線 志賀草津道路(天狗山ゲート~渋峠)は11月15日13時から翌年の04月20日10時まで冬季閉鎖に入ります。

11日から雪で通行止めになったままなんですけどね。
通れないほど降ったわけでなし、面倒だからもう閉鎖しとけーってことでしょう(^^;







こちらは10月18日の志賀草津道路。
混雑してたから湯釜見物はまた次の機会に、と思ってたらまた見れずに年越しです。





毛無峠、破風岳。
万座道路も11日から閉鎖になっています。





小串硫黄鉱山跡へ続く道。
エメラルドグリーンに輝く笹が美しい。





お馴染みの倒れ鉄塔。





林道 湯沢線のゲート。
今年は道路整備による通行止めで結局一度も開放されていないような?
紅葉の季節も開きませんでしたね、閻魔橋からの紅葉は見れずじまいでした。





一部で話題?の置石。
車には関係ありませんが、バイクでゲート横をすり抜けることはできなくなったそうな。
ただまぁバイク乗りの人はバーの下を潜り抜けて進入しているようなので、効果のほどは??





オマケで同日、高峰高原のカラマツ林、黄金と言うにはちょっと色がくすんでますが見ごたえあり。

そういえば湯の丸高峰林道を通ったら結構デコボコになっておりまして・・・。
おそらくSUV車がちょっとした段差の手前でブレーキ、そこからアクセルを踏んで乗り越えて~とやってる内にエグれたのかと思いますが、あそこまで段差になってしまうと背の低いSUV車は腹打ちしてしまうのではないかと思います(^^;





そして11月、群馬県側は通行止めになったままなので、長野県側から雪の志賀草津道路へ。
黒々とした山に紅葉したカラマツが・・・まるでゴジラの背中のよう(^^;





まだスキー場はオープンしていないので除雪も含めて準備中と言う感じ。
10cmぐらいの雪の吹き溜まりがあったりしますので、夏タイヤではちょっときついかと。

私はスタッドレスで登っていますが、途中で夏タイヤの車と遭遇、最近は電子制御のおかげで無理しなければ雪でも走れたりするようです。

でもこの雪の降り始めの時期と言うのは違った意味で要注意、自分はともかく対向車がツーっと滑ってくるかもしれません、それがトラックとかだった日にはシャレになりませんから(^^;





ビクビクしながら安全運転で終点の渋峠に到着。
-8℃、吹雪いてます。

誰もいないかと思いきや、物好きな同好の士が数台来てましたw





何も見えないので蓮池まで戻り、北アルプスが見渡せるビューポイントへ。





帰りは碓氷峠の紅葉でもと目論みましたが、メチャ混みでゲンナリしてスルーw
めがね橋の辺りはもう紅葉は終わってる感じでした、それでも混雑してましたけど(^^;

Posted at 2017/11/14 19:13:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | ジムニー | クルマ
2017年10月29日 イイね!

黒部ダム

黒部ダム行ってみたかった場所の一つなのですが、自分の車で直接行ける場所ではないので、後回しにしていた黒部ダムへ。

直前にブラタモリでやってたってのもあるんですけどねw









まずはちょっと寄り道して鷹狩山展望台へ、雲海が出てました。

画面中央に見える橋みたいな構造物が大町ダム、その右手に雪を被った蓮華岳があり、その山の向こう側辺りに黒部ダムがあります。





まず大町アルペンラインで関電トンネル トロリーバス 扇沢駅へ。
駅周辺はまずまずの紅葉でした。





ダム周辺はその2週間ほど前が紅葉の盛りだったようです。





今回はWeb予約で切符を購入、支払いも済ませておきました。
現地で携帯から専用HPにアクセスしてバーコードを表示、それを提示して切符を発行してもらうのですが・・・便利なのか不便なのか微妙なところw

扇沢から大観峰までの往復で5,240円、当日券だと5,810円なので少しだけお得ですが、高いな(^^;

駅に入ると改札前には長蛇の列。
人混みが嫌いな私はこれを見て正直帰りたくなりましたが、前金で支払い済み(返金不可)なので諦めて列に並びホームへ移動。

いざバスに乗ろうとすると、すでに座席は満席で立ち乗りのお客さんも多数いる状態。
駅員さんに聞いてみると土日に比べればこれでもまだマシな状態なのだそうです(^^;

ホームで次の便を待つこともできるとのことなので、30分後に発車する次の便を待つことに。





ブラブラしながら時間を潰していると、次の改札待ちがすでにこんなに並んでる・・・。
たぶん7割から8割は中国からの団体客、バスに乗って途切れることなく次々と到着してました。

日本に来てダムと山の観光かぁ、中国にもありそうだけどね(^^;





なんとかバスに乗って黒部ダムへ。

途中でかの有名な破砕帯を通過しますが、速度を落とすでもなく青い照明以外にスポットライトもないので、うっかりしていると見過ごすことに。
扇沢側とダム側から掘り進んだ貫通点も赤っぽい電飾の看板があるのみで味気ないことこの上なし。
もう少し見せる工夫があってもいいのになぁ(´・ω・`)





黒部ダム駅に到着し、まずは220段の地中階段をひたすら上ってダム展望台へ。
ここで腰を痛めましたw





続けてこれも同じぐらいの段数があると思われる野外階段を下ってダムの堰堤へ。
観光放水はもう終了していたので、放水口を激写(^^;





ダムから北を望むと白馬岳(中央付近の尖った山)が、その山頂直下に白馬山荘がうっすらと見えますね。





歩いてきた方向を振り返ると、ダム建設時に使われたクレーンの台座が、反対側の斜面にも同じ台座が今も鎮座しています。





ダム対岸の黒部ケーブルカーに乗り黒部平に、ケーブルカー自体は全て地中のトンネルの中なので割愛(^^;
黒部平庭園とその周辺を散策することができますが、腰を痛めて休み休み歩いてきたので時間がなく、そそくさと立山ロープウェイで大観峰へ。





大観峰からの後立山連峰、黒部湖と先ほどまでいた黒部平が見渡せます。

この大観峰駅は断崖絶壁にあるため、駅舎の外に出ることはできません。
しかもメインの屋上展望台は雪が降った為に冬季閉鎖となり、この日は売店横の展望テラスのみが解放されている状態でした。


残念ながら私の購入した切符は大観峰までですので、ここでUターンです。

室堂まで行きたいところですが、往復で+3,240円と移動に要する+1時間を考慮すると、時間的に扇沢まで戻ることができなくなります。

室堂から先はいつの日か富山側から訪れる時の楽しみに取っておきましょう。
あちら側は雪の大谷で有名ですから(^^)





気を取り直してロープウェイで黒部平へ。
運よく撮影に適した席を確保できたので、なんとか撮影することができました(^^;

動き始めがケーブルのテンションの関係で垂直落下ぽく怖かったですw
窓ガラスの汚れが残念でしたが、支柱のないロープウェイからの眺めをお楽しみください。





黒部ダムまで急いで戻るも遊覧船の最終便に間に合わず。
乗り場まで徒歩15分て・・・乗りたかったなぁ(^^;

Posted at 2017/10/30 00:04:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2017年10月19日 イイね!

Project CARS 2 今更ですが基礎練習

Project CARS 2 今更ですが基礎練習やる順番が逆なのは毎度のこと(^^;
今更ながら氷上走行の基礎練習ってことで、定常円旋回と8の字をやってみました。

スラロームもやりたかったんですが、パイロン(コーン)を好きな位置に設置できるようなシステムではないので省略。

コースはMercedes-Benz Driving Eventsのフルコース、タイヤは(ミディアム) Pirelli製P Zero Corsaを使っています。





最初は準備運動がてら大きな円を描きながらの定常円旋回。
コンクリートブロックですかね?こんなのにフロントから突っ込んだらバンパーもげますね(^^;

続いてコース上に設置されているコーンを使って定常円です。
このゲームでは接触して倒されたコーンは一定時間で消えるので、一本だけ残してぐるぐる回ってます。

最後は8の字。
ミューとタイヤのグリップ力の関係で思うように滑らず苦戦してますケド(^^;

もう少し滑ってくれれば小回りでクルッと回れそうなんですが、あと少しが足らず力業で回してます。
そのせいでちょっといびつな8の字になっていますがご容赦を。



ゲームでもここまで再現できるようになったんですね。

ゲームの世界で氷上走行の需要がどの程度あるのかは知りませんが、氷上走行は運転技術の向上にはもってこいです。

なんたって壊れても修理代を気にしなくていいし、当日早起きして行くのが大変なんてこともありません、好きな時間に好きなだけグルグルできます。

やりすぎると目が回って酔いますが、そこは現実の氷上走行でも同じですw

Posted at 2017/10/19 19:21:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 情報 | パソコン/インターネット
2017年10月14日 イイね!

Project CARS 2 正しいタイヤ選択?

Project CARS 2 正しいタイヤ選択?先日スタッドレスとスパイクのレビューをアップしましたが、現実の氷上走行と比較するとやはり違和感がある。

ということでゲームのパッチ(1.2.0.0)もリリースされたことですし、その辺りを検証しなおしてみました。





まずパッチリリース前のバージョンで問題だったのは、どんなに加減してブレーキを踏んでもステア入力が全てキャンセルされてしまい、ブレーキを残したままでは曲がることができない点でしたが、これはパッチによって改善され、より自然なフィーリングでブレーキを使えるようになりました。





氷上の場合は減速とステア操作を同時に行うのは凄く難しいことなのですが、ポンピングブレーキやブレーキの踏み方を加減することで、減速しつつ姿勢を作れるようになったのは、かなり重要な改善点かと思います。



次にタイヤの件。
検証してみるとやはりゲーム内のスタッドレスタイヤはグリップ力が高すぎるようです。




そこでオールテレーンタイヤで氷上コースを走ってみました。



動画はオールテレーン→スタッドレス→アイス(スパイク)タイヤの順にまとめてあります。
オールテレーン以外は先の動画の使いまわしですがご容赦を(^^;

どうでしょうか?
だんだんとスタッドレスで氷上を走行した時の感じに近づいてきましたが、まだ少しグリップ力が高すぎる気がします。



パイロンを目印に定常円旋回をしてみると、やはりオールテレーンでは回る速度が高すぎるようなので、もはやウィンタータイヤではなくなりますが(ミディアム) Pirelli製P Zero Corsaを履いてやってみました。





現実には夏タイヤで氷上など走れたもんじゃないはずですが、まぁゲームですし・・・(^^;





結局グリップ力を基準にタイヤを選ぶと、氷上は夏タイヤがリアルということになってしまいましたw

海外では事故防止の観点から現在でもスパイクタイヤが併売されています。
日本のようにスタッドレスで氷上走行をする方が、海外から見れば珍しいのかもしれません。

そう考えるとこのタイヤの設定も仕方ないのかな?、日本から見ると残念な設定ですけどねw
Posted at 2017/10/14 18:24:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 情報 | パソコン/インターネット
2017年10月08日 イイね!

紅葉の福島三大ラインと蔵王

紅葉の福島三大ラインと蔵王紅葉の福島三大ラインと蔵王エコーラインを走破してきました。

※福島三大ライン → 磐梯山ゴールドライン、磐梯吾妻レークライン、吾妻磐梯スカイライン








まずゴールドラインは山湖台からの猪苗代湖。
まだ時期が少し早いので、ゴールドラインとレークラインの紅葉はまだこれから。





日本の道100選の一つ吾妻磐梯スカイラインの旧土湯ゲート。
ようやく来れました、近いようで遠いので日帰りだとなかなか行くタイミングが(^^;





地元で言えば同じく活火山を通る志賀草津道路って感じでしょうか。





紅葉シーズン真っ盛りともなれば、かなりの渋滞を覚悟しなければならないようなので
敢えて早めの時期に来てみましたが、上の方は紅葉が見ごろでした。





一旦山を降りて蔵王町を目指して北上、蔵王エコーラインへ。
冬季閉鎖明けの雪の回廊が有名なので、一回は通ってみたいですね・・・混みそうだけど(^^;
こちらも紅葉が良い感じでした。







せっかくここまで来たんだしと540円払って蔵王ハイラインへ、距離は短いのですがまぁ御釜見物とセット料金みたいなものです。






山頂の駐車場からテクテクと歩いて御釜へ、前日雪が降ったらしく足元には積雪が。
この時期雪が降るとエコーラインが臨時通行止めになるので、行かれる場合は天候に要注意です。

当日の現地気温は2℃と真冬の氷上や雪山に比べれば天国のような気温ですが、風が強いので侮れません、そこそこ寒かったので冬用の上着を持ってきていてよかった(^^;

この日は雲が多く、なかなか御釜がいい色にならなかったのですが、雲の切れ間を狙ってエメラルドグリーンの御釜を一枚、耳が痛くなってきたので撤収w





米沢に立ち寄り前田慶次ゆかりの地を訪ねて後に南下、山形県道2号線を走り猪苗代湖へ。
写真は東鉢山七曲りから望む桧原湖、すすきもいい感じの季節になってきましたね。





「父上…月はいいなぁ 月がなければ おれなどとうに闇夜に迷い果てておった……」


というセリフに思いを馳せながら眺める中秋の名月・・・1日遅れの(^^;





猪苗代湖に映る月の道がきれいでした。


Posted at 2017/10/08 20:16:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジムニー | 旅行/地域

プロフィール

JB23W 9型に乗ってます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お友達

ファン

44 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
JB23Wの9型カスタムです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.