• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

YOSSI1のブログ一覧

2018年01月22日 イイね!

レンジローバーヴェラールで雪道

レンジローバーヴェラールで雪道ヴェラールで初雪道。

オールシーズンタイヤでサイプもないので心配だったけど、意外に走れたのには驚いた。 さすがにスケートリンクのようなアイスバーンは5度くらいの斜度だと厳しいけど、 なんとか登っちゃう。
そして 雪道は普通のスタッドレスタイヤと同じくらいのトラクションだった。
また テレィンレスポンスは全般。 ヒルディセントコントロールは下り坂ですごく便利。 一部黒光してる、雪道の下でも メータパネルの表示 グリーンの表示と合わせて 微妙のブレーキコントロールで 等速で坂道を降りてくれる。 人間のコントロールでは4輪独立にできないから、
滑ってしまう局面でも安心して降りられる。
やはりレンジローバーだけのことはあって、都会的デザインで、ロードの走りもいいけど、ちゃんとオフやスノーも抜かりがない。

これなら 女神湖の上ののようなアイスバーン以外であれば、 普通に走れそうだ。 

イメージ先週走ったディスカバリーよりもトラクションがよく、コーナも安心して曲がれた。多分慣性の関係かもしれない。


スタッドレス買おうと思ったけど、一安心。交換とかめんどくさいもんね。

ヴェラールは都会的なイメージだけど、こういうところでもかっこいいな。

燃費 500km高速と雪遊びして リッター13k位だった。 財布にも優しい。


スキーで金曜仕事終わりからの連泊だったので、
途中で出会った鹿。塩化ナトリウム補充中。 



スキーは3.8kmのコース12本 さすがに疲れたよ。 一本あたり3分から5分で降りるから 降りては登っての繰り返し。 
テッペンのカフェで食べるカレーは美味しいのだ。 






このアイスバーン 止まるとおずり落ちる。。こわー









街道筋で




Posted at 2018/01/22 14:02:53 | コメント(0) | 日記
2018年01月15日 イイね!

ランドローバーディスカバリー

ランドローバーディスカバリーベラールを改良中の為 ランドローバーディスカバリーで軽井沢まで。

デザインは 今風でスッキリしてる。とにかくでかい。 7人乗りが大家族にいいかもしれない。
ディーゼルV6はトルクがあって、2トンを軽く超えるこの車を0−100 9秒台で引っ張る。体感的にはもっと早い感じがするが、測定すると70k位から、伸びが悪くなる感じだが、実用上全く問題なく、高速道路でも十分リードできる。

外部から聴く音は、ヴェラールに比較して、ディーゼル丸出し音で煩いが、中はとても静かで、ディーゼルと言われなければ気づかないレベル。 ロードノイズの遮音性もサルーンを上まわる感じで、ヴェラールより静か。
ただ、本当はやかましい、ディーゼル音を遮音してる関係で、 ウーンという、独特な篭り音が発生し、 タウンスピードだと、気になる。高速では気にならない。 負荷と回転数の関係だろうか?
またヒーティッットガラスは、目障りだ。 いらない。 

運動性はx5に近い感じで、巨体の割には良い。コーナも攻められる。基本アンダーステア。
内装もまあおしゃれだし、 エクステリアのデザインが好きで篭り音が気にならなければとってもいい車。
よくできてる。。

でも私的には 軽快さが欠けるし、篭り音がきになるのと、コーナでの振る舞いが、ヴェラールみたいに、スポーティではないので、所有は、無い感じ。
ただ静粛性に関してはこちらが上で、高速を流してる時は、景色もいいし気分がよろしい。
ヴェラール乗って思ったけど、こういうアイポイントが高い車もありだ。乗り心地も含めて、 スポーツカーでは味わえない良さがある。

オールシーズンタイヤでも 実用的なグリップがあった。




富岡の世界遺産行ってみたが、絹糸の製造工程はすごい。 アナログメカだけど、これで作っていたのというのは感動。
さらにはその機械がまだ隣町で現役ということ。 さらには トヨタ紡績はあるがこの機械は日産だった、 ワシマイヤーもそうだけど、糸と車は切っても切れない糸で繋がってるんだなーとつまらんギャグ。でも本当に関連がある。この工場の駆動元も初期は蒸気機関だった。 
糸と車 全く関係が無いようで、非常に関連が深い。確かにタカタもセーレンもそうだよなーと納得。


近くにあった ミシュランシェフのお蕎麦屋さん。 まあ普通に美味しかったな。




浅間山はプチっと噴火中。


 
Posted at 2018/01/15 10:44:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月05日 イイね!

石垣島でフィット

石垣島でフィット石垣島で フィットレンタカー乗ってきました。 うーん 久々の国産車。 さすがホンダよく回るエンジン、軽いからか、チープなタイヤでも、ズリスリアンダーステアで曲がっていくコーナリング。 タイヤ外れそうだけど。。
いつもは聞かない唸り声を上げてるエンジン。 峠だと常に5000回転以上 セカンドのセカンドとしてはありかなーというかお買い物カーにはグット!小さいけど物がよく乗って。パラも乗せられちゃう。 すごいよ国産車。
でも全然走って楽しくない。 石垣島だからいいんだけど 狭いからね。 いい車乗っても宝の持ち腐れだし。
ドイツ車は古いslkを見ただけ。あとはみんな国産か一部フォードのピックアップ。
あとはサビが流石にひどい。
台風で海水の雨が降るんだろうな。 

それにしても パラ飛んで。 サップにカヌーにスノーケリング。鍾乳洞。 陸海空天気も良く楽しめました。
唯一下調べが甘かったのは この時期は風が強い強い。平均8mくらい そして天気も悪いらしい。 
水温もそれほど高くない。南なのにね。
だけど晴れが続くと水温も高くなってhuubのウエットからトライアスロン用のウエットに変えても泳げるくらいに海水温度が上がって、楽しめました。 期待した、サンゴはオニヒトデにやられてかわいそうなことに。それでも、再生の予兆が見えるエリアもあったり クマノミやウミヘビ サメの小さいのとか 大きなフグみたいな魚とか色々見れました、伊豆近海の海とも 沖縄の海とも違う様相。 さらにはマングローブがすごい。 海水でも生きてる神秘。
近くに寄っても逃げないカンムリワシ 空から見たマンタ! など。。自然満喫な正月でした。 過去形。。





鍾乳洞



庭にいるカンムリワシと部屋と部屋からの景色。





海の中 サンゴなどなど









マングローブ


パラで空から見た石垣とマンタ



夕陽



オルカのトイアスロンスーツ 2ミリはちと寒いかも。。 



hubはあったかい。



天候に恵まれ宿に食に恵まれよかったです。ソーキと石垣牛のお寿司うまかったあ!





Posted at 2018/01/05 14:49:33 | コメント(0) | 日記
2017年12月18日 イイね!

レンジ ヴェラールvs ボルボXC60 vsBMW X5

レンジ ヴェラールvs ボルボXC60 vsBMW X5ヴェラールとの比較試乗を兼ねて、付き合いのある評判のいいxc60とx3がなかったので x5にディラーで試乗してきた。

これはレンジローバー 完全なオールシーズンタイヤ。


まず xc60 第一印象
なんとなくパッと見、あっさりとしたマセラティ レバンテ風 新生ボルボのxcは、 押しが強いが、ゴテゴテ感がないデザインで、今時のsuvスタンダード的なデザイン。内装は相変わらずのハンマーヘッドがたで ダッシュが厚く圧迫感があるが、タブレットが付いていないので、好感が持てる。 縦型ディスプレイは意外に見やすいが、スイッチ類が少ないので、ややめんどくさい。360度カメラはこの手のカメラではかなりの高視野で見やすい。

座ってみて、シートはかなりいい。 amgシート並みだ。 内装は好き嫌い分かれるが、 許容範囲 クラスター周りその他のプラスチックは安っぽいがオプションでレザーにできるので、それで対応可能。 そういうオプションも意外にリーズナブルだ。



乗ってみて。
乗り味はすごくいい ヴェラールと似てる。ストロークをうまく使って、フリクションの少ないしなやかさがある。コンフォートだ。
さらに静粛性はヴェラールより上で2db位少ないと思われる。これはエンジンがガソリンということもあるが、タイヤがサマータイヤなので、ブロックノイズが少ないのも起因してるが、静粛性にかなり気を使って設計されてると思われる、シャシの剛性も高そうだ。 一方コーナの振る舞いは アンダーで前から砕ける感じで、スポーティーさに欠ける。 ほぼ同時にロールしてスポーツカー顔負けのドライビングプレジャーを味わえるヴェラールとはかなり異なる。またエンジンは回すと素晴らしく良く回ってガソリンらしいが低速ではターボラグが1秒はありそうなくらいラグがある。 だからこの上にscやハイブリットを設定してるのだろう。しかし2リッター254馬力というハイチューンエンジンは気持ちがいい。 なので scとターボのt6がおすすめだ。
ディーゼルも良いかもしれない。

どこかのレポートに書いてあったがレンジローバー ヴェラール」と並んで、「乗り心地・オブ・ザ・イヤー2017」これはそう思うが、 静粛性に関しては xc60の方がx5を含めても上を行く感じがした。



ただし致命的なのはパドルがない。さらにターボラグタイム
が長い。 なので走って面白くない。 Rデザインはあるが、内装はブラックで無骨だ。 エンジンは同じなのでt6rデザインはマスト。 
標準でパドルをつけてないメーカは、今やボルボくらいだろう。 そもそもパドルにこだわるのは 少数派なのだろうか?そうとは思えないのだが。。。 
謎だな。

ネガもあるが、総じていい車。 かなりいいと言っていい。コスパはレンジより高い。車両価格が2割程度安い。 ブランドにこだわらなければかなりお買い得だ。 ちょっと林道いくような人のセカンドカーや また奥方の車にいいかもしれない。ただし bmwもそうだけどこの手の車にサマータイヤは如何なものかと思う。 オールシーズンで いかなる道も面倒くさいタイヤ交換もせず、走破できて舗装路も使えるというのがsuvだとしたら、方向性間違ってる。?  

ただ コストもかけてて、とてもいい車なんだけど、 僕的には似合わない感じがした。  

x5 一昔前のsuvという感じがする。 内装も真っ黒だし。ゴテゴテしたエクステリアにディーゼルらしいエンジン。そしてハンドリングはいいが、 重さを感じてコーナは楽しめない。 でも重圧感はかなりあってやはり古典的な感じがして、世代の差を感じさせる。 ある意味ブランニューのx3が楽しみだ。大きさ的には x3レベルで十分だ。 



なのでx5は取り合うところもなくインプレは古典的で王道suvという感じ。 



 
ボルボの最近の目覚ましい進化には驚いた。 開発のトップが変わったのか。コスパは最高だった。 
ただ帰りに同じ道を走ってみて、 ヴェラールのスポーティなハンドリングは運転する楽しみを感じた、ただし やはりscとターボのツインチャージャー ガソリンだったら楽しいと思った、いかんせん、もっと楽しむにはパワーが足りない。 
もちろんエキゾースト音も然り。 確信犯的、良いところもあるが、スチールであの乗り味を再現している、新生ボルボはすごい。ある意味ボルボを見習うべきかもしれない。 レンジも、もう一歩だな。 
 
Posted at 2017/12/18 11:13:32 | コメント(1) | 日記
2017年12月04日 イイね!

久々明日飛んで

久々明日飛んで土曜は飛んで 日曜はアストンマーチンでチョイ走り。 やっぱいいね レスポンスが素晴らしい。とてもこの季節タイヤが温まらないと全開にできない。








センターコンソールに反射する景色が好きだなー db11からこういう、演出がなくなっちゃったのが寂しい。 








これ 土曜。


そして アストンの後は ちゃんりこで
軽い運動。 紅葉が綺麗だったなー この季節の 森の匂いがすごく好き。でも 野焼きの匂いなんてもっと好きかも。 




夕日が沈むのを見ながらの食事は最高です。
Posted at 2017/12/04 18:07:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ベントレー・ベンテイガ「V8モデル」 デザインの好みは別としても、2000万切りっていうのは良心的かもしれないが、これにパラ入れたり自転車突っ込んだりするのはどうかと思うが、そういう車なんだからそうすべきとしても。 もったえない。 」
何シテル?   01/18 19:03
YOSSI1です。よろしくお願いします。 バイク7台 車4台稼動中・・・ 合計2600馬力 1900KW 合計。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

電気自動車 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/12 17:50:26

お友達

ファン

50 人のファンがいます

愛車一覧

アストンマーティン V12ヴァンテージ アストンマーティン V12ヴァンテージ
ひと目惚  走る芸術みたいです。 色も角度で変わって綺麗。 走りは感性に沿って自然、限界 ...
アウディ A8 アウディ A8
とにかく静粛 フラット アジリティはこのクラス最強。 この車格にてスライドも自然。 通勤 ...
MV AGUSTA ブルターレ 1090RR MV AGUSTA ブルターレ 1090RR
モデファイした1090RR ビレットパーツとカーボンパーツに変更。 
AMG SL AMG SL
前期SL63も結構乗ったし、そろそろ買い替えかなーと思ってたのですが、現行SL350は試 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.