• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Hikkaのブログ一覧

2014年01月04日 イイね!

ミラージュ '95-10広報資料

あけましておめでとうございます。

2013年は春の就活…4月中に無事決まりまして、5年次のすこしまったりした時間割に流されつつすごしているといよいよ半期終えてしまい、夏休み。
夏期休暇中は、北欧の森のイベント見学、カペラテ様のオフと楽しく過ごし、気づけば下半期でてんやわんや動いていると年越しか!といった具合です。

2014年は就職、秋田を離れることになります。概ね1人暮らしな寮生活も5年目で、新生活に対してはふぅーん位の感覚も無きにしも非ず、多分目茶目茶忙しい1年となりそうです。一方で遂に保管状態のミラゲを自分の判断・責任で動かせるようになる年である、ともいうことで非常に楽しみにしてます!ついに来た、という感じです。



'13は手元のパーツ装着と現状維持、でした。
今年からいよいよおカネを掛けられるようになるのでしたいことをしようかと思います。勤務地がどこになるのか、、、現状では全く見えないのでどーなるのか、、、

ところで、ミラージュ/ランサー関連で面白いモノを見つけました。



'95年10月版、CJ/CL/CK/CMデビュー時の広報資料を入手!
以前から横目に見つつも、タイミングを逃しており見守ることに徹していたブツですが、半額セールを機にカタログ入手する際に同時に購入しました。

読んで気づくのはGOLDCARトップニューカー速報のアレの解説はほぼコレの受け売りじゃないか!ということw 一方で、MF別冊の方は星島さんの考察も付加し、厚い中身になっているんだなぁということ。
以前それらの雑誌を読んで「この図のソースはどこなんだろうー」と気になり、テクニカルレビュー探そうかと考えていた位なのですが、見事この1冊に奇麗にまとまっていました。
如何せんGOLDCARトップの中身が、この広報資料によく一致しているので、これといった新しい発見は得られなかったのですが、物凄く読みやすいので重宝しております。

ブログ記事で資料のコトを書くのは久しぶりですが、資料集めはコツコツ進めており、実は密かにフォトギャラ等でUPしています。

ミラージュの書籍⑤
ミラージュの書籍⑥




Posted at 2014/01/04 20:05:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 書籍 | クルマ
2013年09月18日 イイね!

カペラテ様とのオフ

 9/16、みんカラの方でお世話になっているGFEPカペラZi-Rにお乗りのカペラテ様とお会い致しました。

 といいますのも、休暇を利用して松尾鉱山跡を訪れるとの事で以前からお話を伺っており、私の地元に程近いのでついでに是非お会いしましょう…なんてコメントでやり取りしていたのが実現した、という形でございます。
 予定ではアスピーテラインを一緒に流し、八幡平の観光をしながら所々クルマを止めて撮影…山頂レストハウスなり松尾鉱山跡なりで昼飯を食べながら雑談…みたいな感じだったのですが、ちょーど16日に台風直撃…大雨の中のオフ会となってしまいました。

  ひとまずは、家に寄っていただき、ミラージュと記念撮影をお願いさしてもらいました。


 90sカーオフっぽい見た目です、ミラージュでアスピーテラインを流せたらどれだけ楽しかったろうと…。
カペラテ様にもミラージュを少しばかり乗っていただきました。私もミラージュの初助手席でございましたw
 カペラのボンネットを開けてもらい、FS-ZEを眺めてみたり、一方でCJ4Aもお見せしたり、親車のMPVなんかも眺めながらアレやコレやで雑談していたら1時間程経ってしまい、、、、

大雨、そして初対面&今後の流れをどうしよーか…とちと緊張していたのもあり、普段クルマを見せていただく機会があれば、下回りまで撮影するハズなんですが、今回の場合、想像以上に写真が撮れてません!!惜しいことしてしまいましたorz


 
 とりあえず、

 そろそろ行きましょうとの流れで、出発。
 私はおなじみワゴンRで出動し、先導さしていただきました。

 天候不順も不順で、アスピーテラインも大荒れで、滝のように法面から流れ出る排水と不規則に向きの変わる風、そして濃霧と…ある意味「走り応え」が出てしまいました。松尾鉱山まではほぼスルーという状況…当たり前ですが絶景もガスがかかって何も見えず…
 松尾鉱山跡も御在所スノーシェルター抜けたところで突然現れる体育館なんて素晴らしいのですが、ガスがかかって絶妙に見えず…しかしキリの中、フワッと浮かんで見える煙突はアレはアレでよかったかも。
 アパート群も天気悪い&ガスであんま見えない…のでふらーっと眺めて終わり…。残念です。

 昼飯はアスピーテラインを下って、松尾八幡平ビジターセンターにて。雑談しながら…

 昼食後は持ってきたモーターファン別冊すべてシリーズや、カタログ、GOLDCARトップ新車通信簿なんか眺めながら、ワゴンRの車内で雑談…時が経つのも忘れてしまいました。

 その後、互いのクルマを乗ってみよう!てな感じで乗り比べ(?)というか試乗会。
 
 ワゴンRのクラッチが…!なんて話をしながら、カペラテ様がビジターセンター敷地内をワゴンR試乗、私はカペラをビジターセンター-なかやま荘の間を2往復させていただきました。

 
 教習所で、GF8Pを横目に見つつもAT車だったが故に運転できなかった…という未練が個人的に残っておりまして、今回、ソレをGFEP Zi-R、それも5MT車を運転させていただくことにより昇華させることができ非常に貴重な体験をさせていただいたなぁ…と思っています。

 ちょっと固めな感じがするドアの閉まり具合にドア開口部回りのしっかり感を感じつつポジション合わせ、スタート。

 ミートポイントの浅い車ばかり乗っているせいか、深めのところでつながるクラッチペダルと感触の固めなシフトに戸惑い、エンストをこきこきしてしまいただただ申し訳なかったですが汗、雨の中結構ガツガツ運転させていただいてしまいました。

 FS-ZEはカペラテ様もおっしゃっていた通り、かつて言われたマツダノイズとは…これ?と感じるちょっとガサッとした音質が特徴的で、2-3000rpmから唸るよう結構勇ましい音をさせていたのが印象的です。なかなかの音圧に、結構な回し切ってるだろうとタコをのぞくと5000rpm位で、えっ!と。
 私的にはコレがツボで実用域からの「まわしてるぞー!」という感じが楽しくてなりませんでした。ちょっと踏み込んだときのヴォォォォン…という唸りが気持よくて、3-4速間をちこまかシフトしていた気がします。一方で7000rpmから始まるレッドゾーンが示す、性能曲線を見る限りFS-DEから大きく進化した??「伸び」を感じて見たかったのですが、天気が悪すぎ今回はセーブ。



 ステアリングの感触は、微舵では不感帯のように感触が薄くて、一方切り込んでいくと、手応えを感じられるゾーンがふと始まり、切り込むにつれてジワジワ反力が出てくる感触が独特で、なんとなーく家車のMPVとの共通項が見え隠れした部分でした。
足は結構硬め?駐車場でグルーッとターンしたときもロール感があまりありませんでした。昔ウチにあったプリメーラの、継ぎ目とかでゴツゴツする感じとはちょっと違って、角が取れた感じのショックとコツコツ感が共存するフシギな感じ(完全なる私感です)
 ブレーキペダルは、遊びのような感触のなかに薄ら効始めのポイントが見え隠れしていて、踏み込んでいくと、ストロークに依って効きが強まってくる感触が独特でした。
 何かの雑誌で「良し悪しとは違うマツダ独特の感触」と書かれていた気がしましたが、なんとなーくそれを感じた気がしました(ところどころにMPVとの感触的な共通点が見え隠れしたあたり) この味のようなモノは乗り慣れてくるとクセになってくるのかなぁと思いました。

この後MF別冊カペラのすべてをしきりに読み始める自分がいたのであった…爆


その後試乗を終えてからもカペラ車内で上記のような話を暫くしており、親からの怒り電話がかかってくるまでまたしても雑談、ついつい時が経つのも忘れ、16時頃解散。

アスピーテラインドライブオフ、になるはずが雑談オフになってしまい申し訳なかったです汗  でも久々に時計を気にせず雑談でき大変楽しい時間を過ごさせていただきました。

今回はどうもありがとうございました!!またいつかお会いしましょう!(なんて実は10月頭に東京に行く用があるのですがヒソヒソ)



では!








 


  
Posted at 2013/09/18 01:07:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | 活動 | クルマ
2013年09月02日 イイね!

ノスタルジックカーフェスタ2013in北欧の杜<ギャラン編>

ブログ更新はお久しぶりです。フォトギャラは幾度か更新していましたが・・・

帰省直前に豪雨でエライことなったりミラフォと行事が被ったりで大変な夏期休暇のスタートでした

成人式も先日出席してベロベロになってきた所でした。


このローペースはTwitterの楽さたるや!構成も順番も考えず思いついた順に呟いていけばよいという身軽さが段々人をダメにしていくようなww(全て私が悪い)

TWILOGへのリンクがこのブログの右側、リンク・クリップのトコロにありますので、もしやっておられる方がいたら是非フォローを!メーカー問わず90S国産車ネタをひっさげてのらーりとやってます。

先日、北欧の杜にてノスタルジックカーフェスタ2013in北欧の杜、という事でせっかく近場なので行ってみるか!と行ってまいりました。

会場にはミラゲで駆けつけて、駐車場を少しでも賑やかにできれば、、、駐車場にいたCE9ASNDFことエボⅡRSの隣にでもおいてRSアピールできれば…というのが本意でしたがそれは叶わず、親のLW3WのMPVでの出動です。

それでは、

見てきたモノをレポートしていきたいと思います。グレード判別とか資料かき集めて頑張ってみましたが、間違い等あれば指摘していただければ、、、と思います。



コチラ、takafumi23様のE39ASNPF、前期ギャランVR-4 サンルーフ付でランプが中期~の物に交換されているのが特徴です!



見つけた瞬間顔がニヤけていくのが自分でもわかりました。

E30系ギャランの実物を見るのなんて多分



近所の中古車屋で見つけたE33AのVZ以来だし、



やっぱ気になるから調べちゃうし


ホンット偶然なんですが、前日の夜中にふと思い立って例のE39Aの発売直前の菅生テストの動画とか見ちゃってるわけでして


フレームアウトしちゃいましたが、丁度目線ぐらいの高さから見ると逆スラントした顔なんて超カッコいいし

その会場でのE39Aの映え方というものは私にとっては特別なモノとなっていました。



ACTIVE FOURを象徴するセンターデフ+ビスカスカップリングのフルタイム4WDのアピール



ACTIVE FOURを象徴する車速・操舵力感応式4WSのアピールと4G32以来のDOHC(程近くして4G61も)、DOHC16VI/Cターボ ECI-MULTIのアピール

こんなのTLVNEOの後期VR-4のミニカーのタンポ印刷でしか見たことなかったで!!(感動





前期純正A/Wとグレイスシルバーの車体色の組合せはまさにイメージの中のE39Aに合致!



交換されたガーニッシュとバイザー、そして4WSのステッカーの隣にあるCOTY受賞祝のステッカーに目を奪われつつ、ベロチューせんばかりの勢いで写真撮っていたら、それを見かねてか??

「エンジン見てみます??」とtakafumi23様に声を掛けられ、さらには始動までしていただいてしまいました。



すかさず「CJ所有してるんですー!」とこちらも勝手にアピールしてたり

そしたら

「もう1台見てみます??」

「えっ!?」



当日会場に来られていたお仲間さんのじゅんさく様の中期VR-4も!!見させていただきました。

快くボンネットを開けていただき、









ジロジロジロジロさせていただきました。

takafumi23様、じゅんさく様のどちらの車とも、4WSのメカ類とかロッドとか見えたらいいなーとか思いつつ車体裏もバシャバシャ激写してしまいましたことをここでご報告させていただきます汗

ちょっとクルマ見せていただく機会があるととにかく車体裏撮影してEPCDATAでパーツリスト画像集めて見比べながら…というのは習性です

やっぱり向ってエンジンが右側にあるころのFFベース三菱車はキラキラしてるなぁ…

そう、たまたまブックオフで「三菱自動車全開」という、1988年の書籍を見つけちゃって(これまた表紙がE38/39AのVR-4RSのカタログ写真) これを眺めていたら感じてしまった次第であります

ウチの子はFTO・ディアマンテに次いで搭載方向が反転しております、一斉切り替えができちゃった全盛期だった頃のモデル…そこから暗黒期へ…色々想うことありました。

イベントでは200枚以上撮影してきましたし、駐車場で見かけたやつも結構撮ってるし、家に戻ってからCJ4Aの撮影会もしてるので画像大量にありますが、ひとまずここで区切りを

ウチのCJ4AもRSではありますが、競技に出る事はないと思いますので、キレイに維持して、この様にイベントとかに出ちゃって三菱好きの変な子供に絡まれたいというのが夢ですねw

では!


追記;

今、近所の解体屋に珍しくミラージュ/ランサー系が転がっていて

通りすがりのチェックではどーやらCK2AかCM2AのVIEサルーンorエクストラくさいのですが、、、

チェックしてこよーかと考えています。

ついでに近くにはBGファミリア(BG3S)やらJW3のトゥデイやら興味深いのも転がっていたのでついでに偵察したい

プラス

95年か96年か知りませんが、三菱テクニカルレビューでミラージュ/ランサーが解説されてる号がありましたら教えてください!探してます!






Posted at 2013/09/02 03:03:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | 活動 | クルマ
2013年03月06日 イイね!

春休み突入につき

春休み突入しました、早いことに4年次修了と…困りましたねぇ…。

ひとまず閉寮に伴い実家に強制的に返されるワケで長期休暇はド田舎で過ごさなければならないという。しかしながらミラージュに触れる時間はたっぷり与えられましたので心置きなくベタベタ触り、ちょくちょくやり残していた事に手を付けて…。

本日は、エンジンルームを掃除いたしました。

とやかく言うより画像で進捗を公開…

BEFORE


AFTER


日の当て方で補正かけてるだろ…との突っ込みも有り難くお受けするとして、ひとまず真っ黒だったバルクヘッドはスコーティアホワイトに、MIVECの化粧板やらホース類にツヤが若干戻っていたり、表面に白い腐食が見られたヘッドも若干奇麗になっていることをお察しいただければ幸い…といったところ。
まだやる事は大量に残されております汗
ストラットタワーとバルクヘッドをつなぐ補強板回りの入り組んだところやヒューズBOX回りの入り組んだ箇所も不十分といったところでしょうorz 



それにしてもパッと見の印象は随分変わるものですなぁ



市内、解体屋巡りでミラージュ/ランサーの両タマがあれば・・・と思索中 この前のCJ2AアスティZ並のものがいれば本当にありがたいのですが・・・。


Posted at 2013/03/06 17:27:09 | コメント(3) | トラックバック(0) | ミラージュあれこれ | 日記
2013年02月09日 イイね!

後期猫耳をお試し



後期の鳥居スポイラーを入手する機会に恵まれ、うちに一本嫁いできました。

前期スポイラーを取り付けした際、鳥居もいいなーとかホザいていた私、現状のアスティバンパーとの相性はどうだろうか、前期外装と後期スポの組み合わせはどうであろうか、はたまた「前後期折衷仕様」もアリなのではないか、という模索を行おうという考えwの元、少しばかり試しに装着してみました。

ボルト、ピン穴位置一切は同じなのでボルトオンで簡単に装着できますので・・・しかしウィンドウ側台座は両面テープ固定、そのためお試し装着の段階では接着せず。そのため若干ウィンドウ側台座が浮いているという哀れな状態ですが、そこはご了承ください。





後ろからならかなり好み・・・後ろへなだらかに下がっていくルーフをより強調する感じ、ロングルーフ形状のハッチバックとの相性はいいかも 両サイドが「猫耳」のごとく張り出した感じもまた可愛いじゃないですか爆

しかし、現段階での装着は見送り…



といいますのも、前期成分が現状では強すぎて違和感を感じてしまうこと、アスティバンパーの張り出しとの釣り合いがイマイチとれてないこと…など、いざ車庫の外に出して佇まいをチェックして見たところ、どうもしっくり来なかった…。

ハイマウントの配線のみ処理。とりあえず、猫耳のとがった部分も塗装剥がれが見つかり哀れなので補修してあげましょう。



しかし、この個体は



コアサポが後期と同一品と思われ、比較的後期マルチリフレクタの装着がやりやすい仕様になっております故、後期外装という選択肢もまたアリ…前期外装のパーツが序所に揃いづらくなりつつあることを思えば選択肢としては多いにアリなのではと思っているのですが…また、外装と内装の前後期が統一されないという問題もでてくるわけですが・・・フェンダー側はマルチリフレクタ装着の場合、おそらくウィンカー側のソケットが干渉しそう(後期フェンダー観察より)、、、で加工は必要と思われますが・・・

ひとまず、不可逆な加工はなるべくしない範囲内でも様々な外見バリエーションは作れそうなので選択肢の一つとして、導入。

最終目標は前期純正外装、純正Fバンパー装着は変わりありませんが、それまでの過程でちょいちょい遊んで行くのも面白いかなぁと思いました。

競技でCJに乗っておられる方々からしたら、ユルいなぁーと思われるかもわかりません…が汗汗





Posted at 2013/02/09 16:15:41 | コメント(4) | トラックバック(0) | ミラージュあれこれ | 日記

プロフィール

「6月より名古屋配属、住処は東海市に構えることになりました 初回登録が大府市のミラージュは里帰りするかのよう」
何シテル?   05/31 07:32
Hikkaと申します。 生まれて間もなく「回転物」に興味を持ち始め、それがきっかけで車の「タイヤ」に興味を持ち、そこから発展して「車好き」になり、小学生のある...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

Twilog(CJ4AMNDH@HikaruYuzawa) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/14 13:19:29
 
Der Golfstrom 
カテゴリ:自身のブログ
2010/11/28 17:29:40
 

お友達

平成生まれの方、ミラージュ乗りの方、ミラージュ好きの方、軽自動車好きの方、友達登録お願いします!
54 人のお友達がいます
cuscocusco *みんカラ公認 ピカットさんピカットさん *
smv@7bsmv@7b * @まーくん@まーくん
しょうた@あきたしょうた@あきた ちゃんりゅー@L70Vちゃんりゅー@L70V

ファン

20 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ミラージュハッチバック 三菱 ミラージュハッチバック
かねてからの願いであったミラージュRSの所有…譲渡という形で、18歳夏、ついにその願いが ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
2006年10月納車。ヴィヴィオに代わる母親のクルマとして納車されましたが、いかんせんペ ...
三菱 ミニキャブトラック 三菱 ミニキャブトラック
トゥデイの前に祖母が乗っていて、乗り換えを機に幼き日の自分が譲り受け、ナンバー切った状態 ...
スバル ヴィヴィオ スバル ヴィヴィオ
B型のRX-R 4WDです。自分が生まれて間もないころにL50ミラに代わる母親のクルマと ...

過去のブログ

2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.