• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

KOJI-1号-のブログ一覧

2017年11月21日 イイね!

トキメキ


古きに乗りて新しきを待つ。ライトウエイトFRスポーツというジャンル自体、過去の産物となってしまったか…?
最近は街行く車を見てもライトウエイトなFRスポーツどころか、手頃なスポーツタイプの車が無い!フェアレディZやスカイラインクーペ、GTRは大き過ぎて、手頃なスポーツカーって感じじゃないし…。トヨタの86やスバルのBRZも3ナンバーでボディは大きいし、そのクラスでもやっぱり価格が高い!良い車なのだろうけど、なかなか庶民には手が出ないよ。(^_^;)

先日、愛車のS15シルビアを走らせてた時、交差点で赤信号にかかり止まってると、学校から帰宅途中の男子中学生4~5人が、私の車を見るなり、「すげぇ~、カッコイイ~!」って、冷やかす風でもなく、純粋にスポーティな車に釘付けになったようです。クリア塗装が剥げて光を吸収してるようなボディの車なのに。
…でも、スーパーカーブームの頃、まだ免許も持てぬ子供だった私が、スーパーカーや国産スポーツカーを追いかけてた、あの時のように…。
最近では街を走る車にもスポーティな車を見る事がなくなりましたよね。シルビアのようなクーペボディをもつ車なんて少し前にはゴロゴロしてたのにね。

そう言えば、何年か前に岡山国際サーキットまでGTレースを観に行った時の事ですが、本線道路からサーキットの駐車場に入った時、お父さんの手にひかれた4歳ぐらいの男の子が、「また、カッコイイ車が来た!」なんて、私のシルビアを見て言ってたんですよね。更に、私の後ろに続いてたFD3SのRX7を見て「わぁ、こっちもっ!」って、目を輝かせながら興奮していました。小さな子供ながらに、スポーツタイプの車にときめいちゃってるのでしょうね。

最近では子供達の描く車の絵に変化が現れてきてるそうです。幼稚園等で「車の絵を描きなさい」なんて言われると、バスのような四角い車を描くのだそうです。車と言えば、「真四角な箱」の形しか思い浮かべられないのでしょう。

今や街で見かける車のほとんどが、実用的なミニバンばかり。いや、実用性が悪いというわけじゃなくて、なんていうか「そればかり」というのが問題に感じてしまう。
まだまだライトウエイトスポーツに乗りたい私は、新車購入から18年が経った現在も、正直な所、買い替えたい車というのが一台も無い。あちこち経年劣化でガタが出て修理代を捻出するのに四苦八苦してるけど、それでも、新しい車よりも修理しながらの現在の愛車を乗るという選択肢しかないです。

実用性とは関係なく、もっと遊んでても良いのじゃないの?…という若い世代の人も、何故かミニバンで落ち着いちゃってますよね。(^_^;)

現在は手頃なスポーツクーペが販売されてないから買いたいと思っても買えないもんね。今の子供達にはスポーツカー自体が、当時のスーパーカーみたいに幻の存在に感じるのかも。小さな小さな未来のドライバーさんにも大人になったら○○に乗りたい!っていうような夢を与える車作りって必要なんじゃないかなぁ?
勿論、そんな子供が実際に大人になって免許を取得する頃には、乗りたいと思ってた車は旧車的な存在になってると思うけど、それが切っ掛けで未来の車にも興味が持てるようになるんじゃないかな?…なぁ〜んてな。
Posted at 2017/11/21 16:23:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | つれづれなるままに | クルマ
2017年11月19日 イイね!

立前としての完成検査かな?

無資格検査は1979年から-第三者委調査で判明なんて見出しで昨日の新聞に日産自動車の無資格者による完成検査の記事がありましたが、メディアが騒ぐ不正の深刻さとは裏腹に、実際に不正が行われてた期間の日産車を乗り継いできて、そして現在も不正が行われてた期間に製造された日産車のユーザーである私の気持ちは凄く穏やかです。

…と言うのも,無資格者による完成検査であっても、これまで何1つ不具合を感じる事が無かったからです。逆に言えば、完成検査って本当に必要なの?って感じです。工場内でオートメーション化され製造されてる車に対して、完成検査で異常が見つかったとすれば、そのラインの何処かに異常があると考えなければならず、凄く大変な事になるのではないかと思います。

そのようにならない為にも、完成検査の前の製造段階で様々な検査が行なわれてるのが本来の在り方で、完成検査なんて言うのはザっと流し見する程度で終わらせてるんじゃないかなって思うわけです。そんな流し見と言う感じの検査に資格が必要とかどうでもよいのでは?って思うんだなぁ。
何処が大事で、何処が不要か…、現場はそれがハッキリと見えてるのだと思います。ど〜せ完成検査も会社の役員達が責任逃れじゃないが「ここまでシッカリしてます」ってアピール(何かあった時の為の逃げ道)の為に、本来必用のない工程を設けているんじゃ無いかと思うわけです。

人手不測が問題で無資格者に完成検査をさせたとされてますが、本当に重要な工程ならば不正が行われてたのが38年前からだから、それまでの間に資格者を確保する事は出来たでしょう。必用のない検査だから資格者を確保せず38年前から無資格者に検査させていたって事でもあるんじゃないかなぁ?…って思うんだなぁ。

企業の本音と建前って事で、完成検査はきっと立前なんじゃないかと。



追伸
完成検査っていうのは、本来、国が行なうべき検査を各自動車メーカーが代行して行なってる検査なのですね。…となると、2年に1度毎の車検と同様に無意味な検査って印象が強いなぁ〜。
車検もその時の状態が良ければOKという検査ですから、安全に関しては殆ど意味を成しません。車検をパスしたら最低2年、『次の車検までは大丈夫ですよ』というお墨付の検査なら意味はあるけど、車検は車検の次の日に故障しても車検時に良ければ合格っていう検査ですから、ハッキリ言って無意味な検査です。
車検制度があれば車検を切っ掛けに車の買い替えが行なわれたり検討されるので、経済効果目的の検査制度でしかありません。
まぁ、車に無頓着な人は車検を切っ掛けにメンテナンスするっていう人も居ますので、安全に貢献してるとも言えますが、自分でシッカリメンテナンスして車の状態を把握出来てる人にとっては迷惑な検査ですよ。国の検査ってそういうもんかな。
Posted at 2017/11/19 17:11:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュースより | クルマ
2017年11月15日 イイね!

悲しき大人の事情


197●年、地元広島県の福山市で開催されたスーパーカーショーにて…。
真っ赤なボディに黒いオーバーフェンダー、そして大きなリアウイングスポイラーが特徴のランボルギーニ カウンタク!車体が台座に乗せられ、他のスーパーカーとは明らかに差別化された特別なスーパーカー。そうです…ランボルギーニ カウンタックLP500S。通称、ウルフカウンタックですね。
特別扱いされるのもそのはず。世界でたった1台と言われたあのカウンタックです。車を説明するプレートにはLP500Sのスペックが誇らしげに記載されていました。

スーパーカー小僧だった私は、どうしても運転席に座りたくて運転席に座る為のチケットを買ってもらって運転席に座りハンドルを握った時の写真です。世界でたった1台のランボルギーニカウンタックLP500Sの運転席に座った…。興奮気味に学校で自慢しました。

それから月日は流れ、スーパーカーブームが遠い遠い過去の歴史となった現在…、古いアルバムをめくったら衝撃の事実!このカウンタックはLP500Sぢゃない!
ウォルターウルフがランボルギーニ社に依頼して特別に造らせたLP500Sは1974年発表のコンセプトカー「ランボルギーニ ブラボー」のホイールが履かされておりLP400のホイールとは完全に異なります。写真に写るLP500Sのホイールは、なんとLP400のホイールそのものです。

当時の私は子供だったから車がカスタマイズされるなんて事は全く思ってなかったです。勿論、LP400にリアウイングがオプション設定されてるなんて思っても無かったし、フェンダーも後付けで取付けられるなんて思いもしなかった…。LP500Sに似せて、LP400をボディメイキングされたLP500SもどきのLP400。その運転席に座って喜ぶスーパーカー小僧の私。当時はLP500Sだと本気で信じ込んでたのになぁ〜。
あぁ、悲しき大人の事情。


更に…、私はスーパーカーの中でも、当時はポルシェ派でもありました。ターボなんて言葉の響きに憧れもありましたし、ランボルギーニやフェラーリとは違った造形美を持ってましたからねぇ。独特なスタイルにカッコイイ!なんて思ってました。そんなスーパーカーのポルシェにはロードカーである代表格の930ターボの他に、RSRターボや935、936と言ったサーキットを走る完全なレーシングカーもスーパーカーとして紹介されていました。

子供にサーキットを走る生粋のレーシングカーと一般公道を走る事の出来るスーパーカーの区別なんか出来るはずもありません。当時流行った漫画「サーキットの狼」では公道を走ってた車でサーキットを走り、生粋のレーシングマシーンと競い合ったりというシーンが沢山あったしね。
だから、スーパーカーはどんな車であれ、普通に購入出来て、普通に街を走る事が出来ると思ってました。そんな私はポルシェ カレラ RSRターボが凄く好きで、大人になったらポルシェRSRターボを買って乗る…という夢を抱いておりました。しかし、ポルシェ カレラ RSRターボって生粋のレーシングマシーンだったのねん。
あぁ、悲しき大人の事情。
Posted at 2017/11/15 15:52:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の知識 | クルマ
2017年11月13日 イイね!

S13シルビア~夜明けの峠より~


現在の車に乗り換える前の愛車だったS13シルビアです。夜通しワインディングロードを走り、夜が明けた頃に撮影した1枚です。まさに頭文字D的で純粋な走り屋ストーリー。恋人は車、悲しきロンリードライバー!

車は一見Tommykaira M18Si に見えますが、普通のK'sでTommykaira仕様にしてました。良く言えばレプリカ、悪く言えばニセモノです。当時Tommykairaに凄く憧れ、本気でTommykairaを買おうと試みてたのですが、困難を極め、結局本物のTommykairaを買う事は出来ませんでした。

しかし、Tommykairaの思いが断ち切れなかった私は、少しずつTommykairaのパーツを購入してTommykaira仕様のS13シルビアへと変化していきました。そして、Tommykaira M18Si のデビュー間も無しの頃の仕様に外観だけはソックリに仕上げました。

外観はソックリでもエンジンフードを開けるとニセモノがモロバレです。本物のTommykairaは、グリーンの結晶塗装が施されたヘッドカバーがとなってますが、ノーマルエンジンの私の車は純正色のレッドのヘッドカバーです。エンジンフードを開けられたら、どうやっても誤魔化しきれなかったですね。(笑)

しかし、ターボモデルであるS13シルビアK'sを手に入れてから、それまでは単なるドレスアップ的な趣向だった車好きが、本格的な走りを追求する趣向の車好きに変わってしまいました。最初は車もTommykairaのジェントル的チューン指向でしたが、次第に見た目のスタイルはTommykairaのままではありますが、内容が一般的な走り屋君指向のチューンに変わってきました。
そして、大きな声じゃ言えませんが、若気の至りで夜な夜な峠に出没するようになってしまいました。この写真は、そんなヤンチャな頃に撮った夜明けの峠での1枚です。

この後、ジムカーナというモータースポーツに出会い、危険の伴う一般道ではなく、サーキット等のクローズドコースで健全な暴走族として現在に至ってます。この車から、本当の意味で走る楽しさというものを教わりました。
Posted at 2017/11/13 18:08:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドラテク | クルマ
2017年11月10日 イイね!

セルモーターが逝かれた

数日前から愛車S15シルビアAutechVersionのセルモーターに異常が感じられ、2〜3日前にはついにセルモーターが動かなくなりエンジンの始動が出来なくなってしまい…、でも、タマに動いてエンジンが始動出来たり…。頑張って18年も乗ってるとセルモーターまで逝かれてくるのねん。そして、本日、修理の為にディーラーへ入庫しました。

工場長の診断では、やっぱりセルモーターに問題があり、セルを回す時にセルのフライホイールが電磁石により手前に移動してスイッチが入る仕組みになってるそうで、そのフライホイールが手前に移動して来ない時があり、エンジンがかからなくなってしまったようです。

幸い入庫したディーラーの在庫にリビルド品のセルモーターがあったようで、即交換作業に取りかかれ半日入院で出来上がるみたいです。夜8時に退院予定です。更に、修理代も当初5万円以上の出費を覚悟しておりましたが、リビルド品の為に安く済み4万円でおつりがくるそうで胸を撫で下ろしています。

経年劣化の為に色々と手を入れなきゃならない箇所が多く、その為に少しずつ蓄えてたお金が容赦なく突如不測の事態で出費させられ、思うように手が入れられなくなってます。それにしても、日本の旧車イジメである旧車増税やめてくれないかなぁ〜。
旧車が環境に悪いと言うなら、増税でメンテナンスの邪魔をするのではなく、減税或いは免税でメンテナンスにシッカリお金が回せるようにして欲しいです。ベストコンディションを保つ事が出来れば、旧車もそれほど環境に悪いという事は無いのですから〜。
Posted at 2017/11/10 17:00:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | メンテナンス | クルマ

プロフィール

「トキメキ http://cvw.jp/b/895225/40741845/
何シテル?   11/21 16:23
広島県福山市の片田舎で、S15シルビアAutechVersionを転がしております。現在、訳有って某配達業社に就職し、合間で副業として広告を創ったりイラスト描い...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

NWB / 日本ワイパーブレード デザインワイパー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/27 22:22:53

お友達

【友達申請について】
お友達のお誘いは非常に嬉しいのですが、やはり1度も交流のない方というのは申し訳ありませんがご遠慮致します。単なる友達の数集めはしたくないのです。まずは、気軽にコメント下さい。友達申請はそれからね…。
12 人のお友達がいます
AUTOWAYAUTOWAY *みんカラ公認 ☆ことら☆☆ことら☆
すて☆るび夫すて☆るび夫みんカラ公認 たまろたまろ
時代おくれ時代おくれ かぴょかぴょ

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

日産 シルビア 日産 シルビア
R34スカイラインデビューと同時に開発発表されたR33スカイライン(4ドア)中古車ベース ...
日産 シルビア 日産 シルビア
2台目のマイカー。本当はトミーカイラM18Si-NAが欲しかったが、当時、こちらの地域で ...
スバル アルシオーネ スバル アルシオーネ
アルシオーネは当時3年落ちの中古車でも新社会人の私には高嶺の花でした。その為、購入の候補 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
AE92ならぬAE91レビンです。この形に惚れ込み、でも、税金の上がる1600ccはイヤ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.