• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ぽんきち7 改め たぼ7のブログ一覧

2012年02月23日 イイね!

車内のカスタマイズ

オーディオの機材はひと段落つきましたが、いまいち気に入らないのは助手席モニターとかAndroidナビとかの配置。
特に助手席モニターは、壁掛けテレビ用金具の長さが短いようで、FDの湾曲したダッシュボードにはとっても相性が悪く、徐々にあっち向いたり下に下がったりしてきます。

前の金具はこんなんでした。まあまあな出来だったとは思います。


今回買ったのはこれ。サンワサプライのCR-LA303というやつです。


前のやつは底面から液晶裏まで5cmぐらいしかありませんでしたが、今回のは10cm超えてます!!

今までより少しだけ上に設置してあげれば、乗り降りもたやすくなるかと。乗りにくいのは相変わらずなんですが(汗)

で、こういうものも買いました。

なんだかわかりますでしょうか?ミラーの裏(室内側)についてる三角のあれです。
以前のはみん友さんのところへツイーター付きで旅立っていきましたので、室内の赤に合うかどうかはわかりませんが、とりあえず買いました。
カーボン柄でなくてもよかったんですけど、この中古の出物って良品がほとんどないんですよ。

あとはどんな風に室内にモニタを配置していくかですが・・・もう衝動買いか?ってぐらいモニタを仕入れました。パチンコの神様のおかげですね(爆)

まずはこんなの。むき出しの4.3インチモニターです。

用途はあまり考えてませんでした・・・1枚2480円で超安かったので、思わず三枚購入(汗)FDのバイザーモニターが作れるかなと。
市販の汎用品は直線基調のバイザーなので、FDの屋根のうねうね形状にはほんとマッチしないようです。純正のバイザーは安く入手できるので、切った貼ったで加工したいなと思います。

で、次はこれ。9インチのモニタ!!

横に18.5インチあるのに、なぜ?という感じです。
とりあえずプロセッサー内蔵アンプの画面出力を映すものがほしかったのですが、先ほどの4.3インチでは恐らく文字がつぶれて見えません。

で、このモニタスタンドに合う最大の大きさのモニタを入手したわけです。

この例では2DIN部分を覆い隠すようにモニタを設置し、自由に開閉できます。
私のFDではこの金具を一番上段につけて、通常時はエアコン関係の部分が隠れ、操作が必要な時だけモニタを手前に倒す、といった使い方を想定しています。

2DIN部分の蓋にしちゃってもいいんですけど、これからいろいろつけていくことを考えると常時開けておきたいんですよね。少ないFDの設置スペースを確保です。

お金はあまりかかってませんが、細かいものをいっぱい買わなきゃなりません。
「またゴミ増えた!」と嫁にどやされる前に、とっとと車に移行していかなきゃな(汗)
Posted at 2012/02/23 18:08:36 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2012年02月20日 イイね!

オーディオ仮付け・・・さて、音は??

車が土曜日に帰って来て、待ちきれずに早速準備してあったカーオーディオの機材を仮付けしてみました。今回音が満足できるものであれば、きちんと見える部分も隠してあげたいと思います。

まずオーディオに欠かせない(笑)すのこでアンプ置き場を作ります。

以前と同じように赤いレザーを貼ります。

内張りの両面テープテストに使ったブチル両面を廃品利用します。

べたべたと貼っていきます。

両面テープはがして赤レザーをはりつけます。しわがでないようにかなりひっぱりますが、こればっかやってるので我ながらうまくなったと思います(笑)


アンプをでんと載せてみます。

赤地にシルバーのアンプ、見た目は何も文句ありません♪

スピーカーも交換します。

アウターバッフルからBOSCHMANNのスピーカーはずして、何の加工もせずにミッドを収められることがわかりました。


スピーカーの+-がわからん・・・とりあえずラベルとかの方向で2つのミッドに同じ極性でスピーカーケーブルをつけます。反対だったら後でクロスオーバーのところで逆にすればよいもんね。

ツイーターも同じくハンダづけ。

ごろごろ転がるので、30分ぐらいかかってしまった・・・。

いろいろ省略して、実際につけたところです。

あの大量の機材がこれで収まってしまいました。置き場所的には何も文句ないです♪

さて音出し・・・アンプの設定用モニタに適当なものが用意できてなかったので、とりあえずデフォルトで鳴らしてみます。音だけなので写真無しです(笑)

ハービーハンコックの処女航海とかを鳴らしてみます。
うぉ、いいかも。静寂時のノイズがPXA-H701に比べて全くありません。
これまで音楽の無音~無音間で一瞬ノイズが消えるのでアンプの問題ではなかったのですが、プロセッサが古くてコンデンサ容量抜けとかでノイズが取りきれなかったのかもしれませんね。

ただ前のBOSCHMANNがかなり能率が高かったので、結構ボリュームを大きくしないと中域が聞こえてきません。このスピーカー、かなりツイーターが受け持つ範囲が大きいですね。以前は4~5KHz程度でクロスさせてましたが、ツイーターからはシャリシャリといった音が聴こえる程度でした。
細かい音も聴きだせるので決して不快ではないですが、クロスオーバー側で-3dbもできますので、こちらの方がバランスがよいかもです。

さて問題はエヴァンゲリオンの残酷な天使のテーゼです。到底リファレンスとは言えないかもしれませんが、宇宙戦艦ヤマトのスキャット部分等を好んで聴く自分にとって、こういった音圧の高い女性ボーカルがビビることなく聴けるのが重要なんです。
鳴らしてみると・・・ん~、サブウーファーがうるさい(汗)ミッドとの繋がりもあまりよくないです。
ボリュームを大きくしてBOSCHMANNと同じぐらいの音圧にしようと思いましたが、今現在モニタがなくて調整が効かないため、満足できる音にはなってません。

でも音楽入力直前までのデジタル特有のノイズがなくなったのはとてもよいです。
あとはモニタちゃんと取り付けて、セッティング出してから本格的な評価ですね。
Posted at 2012/02/20 15:57:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2012年02月18日 イイね!

車検完了(涙)

R魔さんに頼んでいたFDの車検が完了しました♪

おー、わが愛しのFD♪昨日は雪降ってたのもありますがきちゃない(汗)
シートベルトの警告灯のバルブ切れとか何点か問題はありましたが、対応して頂いて無事乗車定員「2名」に変更完了です♪♪♪

で思ってたのとちょっと違ったのが、乗車定員変更すると必ず車検証に「改」がついてしまうと思っていたのですが、つきませんでした。
「改」がつくと最近の激安任意保険ではオンラインで更新できなかったり、会社によっては加入ができなかったりと面倒なんですが、それが無かったのがとても助かりました。


腹ペコ&風呂に入りたそうだったので、帰り道のGSで洗車&ふき取り&食べ放題に連れていきました。これからもよろしくな~。
Posted at 2012/02/18 12:39:14 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2012年02月15日 イイね!

スピーカーをじろじろ眺める

アンプに引き続き、スピーカーもじろじろ眺めます(笑)

メーカーはビートソニック。音楽関係はMUSEEというブランドで出しているみたいです。
カーオーディオの取り付けキットや、純正オーディオの変換コネクタとかで有名ですね。
このBSS140というスピーカーは13cmぐらいのセパレートスピーカーで、定価は85000円もしたそうです。ブランドはBeatSonic名義です。
しかし現在ラインナップされているMUSEE名義のMXS130という似たようなスピーカーは定価168000円・・・恐ろしい値段ですが、スペック的には大した違いは無いように見えます。だれか聴かせてくれないかなぁと。

さて近接して見てみます。ミッドレンジのスピーカーです。

AURAとかの凝った作りのモノに対して、ものすごーーーくスタンダードなポリプロピレンコーンのスピーカーです。一見紙にも見えます。何か特殊な加工してるんですかね?

裏面です。

なんてことない作りです。極端にマグネットもでかいわけでもないです。

クロスオーバーです。スケスケでどうだ!といわんばかりの主張です。

たぶんここでのチューニングが価格に反映されているのではないかと思われます。コンデンサはよいといわれているニチコンのものでした。
ツイーター接続端子が2つあり、片方が±0db、片方が-3dbになってます。ツイーターの音が強すぎる場合は-3dbに接続するんですね。

ツイーターです。

見たところ超安かったBOSCHMANNのツイーターと変らないようなドームツイーターです。

こういったスピーカーはスペックでは語りつくせない部分が値段に反映されているとよく聞きます。今回はマルチアンプではないので、クロスオーバー込みの本来のスピーカーの音を聴くことができるのでしょうね。

実際に車に取り付けたら、「温かみがある」とか「存在感」とかわけのわからない非科学的な評論をしてしまいそうですが、できるだけ皆に分かりやすい言葉で表現する努力をしたいと思います(汗)
Posted at 2012/02/15 15:40:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2012年02月15日 イイね!

アンプをじろじろ眺める

車って、あっても面倒くさくてなかなかいじらないんですが、無ければ無いでいじりたくなります。存在することで「いつでもいじれるよな」と勝手に自分を安心させ、いなくなった時にその想いのよりどころが無くなるのではないかと。彼女と同じですね(笑)

さて車につける機材として5.1chデコーダ内蔵のアンプAUTOSONIK AA.6900を入手しました。AUTOSONIKはフェラーリ等のヨーロッパのメーカーにカーオーディオを提供しているイタリアのメーカーらしいです。1965年設立というかなりの老舗でして、日本製に比べてごちゃごちゃした機能はつけず、音と外見で勝負という印象を受けました。イタリア製というのが故障は?謎の動きをする?とかいろいろ気になりますが、総じてネットでの評価は音質面で高いようです。
アメリカ製のAURAとはまた違う、シャープ&シンプルな美しさを持っていますので、まずは外見だけ比較してみました。

AURA MR4150Qと並べました。

でかいですね~。でも1個だけで済むのと、別途PXA-H701が不要(復活するかも 汗)なので置き場所の自由度が非常に上がります。

端子部です。

AA.6900は普通の外部アンプとしても使用できます。ただし6ch持ってるアンプのうち、外部アンプとして使用できるのは5ch(4ch+サブウーファー)だけという、微妙な仕様です。

AUTOSONIKのアンプは、この面がとても美しくみえると思います。

SOUNDSTREAMの中身が同じアンプとは色が違うんです。あちらはゴールド、こちらはシルバーです。個人的にはシルバーの方が渋くて好きです。

操作するためのリモコンとかです。

PXA-H701のようにカーオーディオもどきの豪華なインタフェースを持ってないのですが、別途モニタに設定画面等を表示し、このリモコンで操作します。よく中古屋で売られている同一製品は、赤外線の受光部及びリモコンが欠品していることが多いそうです。リモコンは薄くて邪魔にならないとは思いますが、耐久性に一抹の不安を感じますので、別途入手してあるマランツの学習リモコンも併用しようかなと思っています。

最初は妥協の延長で購入したこのアンプですが、眺めたり磨いたりしているうちに愛着がわいてきました。というか、マイナーなAURAのコレクションから脱却しようとしてるのに、もっとマイナーなAUTOSONIKを集め始めそうな自分が怖いです・・・(汗)
Posted at 2012/02/15 10:05:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[パーツ] #RX-7 R100 SKY ミラノレッド×ホワイトステッチ http://minkara.carview.co.jp/userid/901566/car/761677/8541775/parts.aspx
何シテル?   06/23 15:29
FD3Sに乗ってます。 やっとエンジンかからない病などを直して、サブの軽ハコも手に入れて、ガンガンいく予定です(笑)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/2 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829   

リンク・クリップ

純正HID用変換ハーネス作成(H4→D2R) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/27 22:59:59
FD スピードメーターの修理。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/18 11:43:12
メーター埋め込み 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/18 11:42:54

お友達

車種問いません。
のんびりまったりお願いします♪
22 人のお友達がいます
Mars☆Mars☆ * Moto&#39;s RS4Moto's RS4
dramsukodramsuko Hkz 改め 「やま」Hkz 改め 「やま」
エンゲルバーグエンゲルバーグ SSTKSSTK

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-7 ツインテール7号 (マツダ RX-7)
フロントスポイラー:FEED Ver2R(変更予定) サイドステップ:FEED→売りま ...
三菱 ミニキャブバン 三菱 ミニキャブバン
FDやら書籍やらを実家に運んだりする、トランポ目的で買いました。8万円で(笑) 内装・ ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
初めて買った車です。 ・2by2でマニュアルでTバー、望みどおりでした ・ウオーターイン ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる