車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月13日 イイね!
ラリー・オブ・嬬恋day3 観戦 & 祝☆TOYOTA WRC優勝!スノーラリーっていいですね~♪

「ゲレンデで会う男は3割増しで」 って昔の人は言ったそうですが、

スノーステージをぶっとばすマシンは3倍増しでカッコイイ!
雪が舞う中で直に見るラリーカーは輪をかけてカッコイイ!
そしてヴィッツ=海外名ヤリスのWRカーがお披露目された時に不覚にも
「ちょっと、カッコイイかも」
と思ってしまったが・・・WRC 2017#2 スウェーデン 
国際映像で20秒の余裕があるのに最終SSでもイケイケの優勝カッコイイ!


白い雪に映えるマシンを追っかけて、
2月5日 は 「ラリー・オブ・嬬恋」 day3 を観戦、
2月7日 は 「アライモータースポーツ八千穂レイク氷上走行会」 にエントリー
長野県東側にある実家を拠点とし、
新井敏弘選手を追っかけて遊びまわっている予定でしたが・・・

残念!無念!!

私が応援に行ったラリー最終日に、
新井敏弘選手がマシントラブルでリタイア!!!!

さらにその後、
2月7日の「アライモータースポーツ八千穂レイク氷上走行会」 は、
氷の状態が思わしくないそうで中止
。。。

それでも、先日御岳で同乗させて頂いたWAKOS☆PIAA☆BRIG☆YH86(猪股寿洋/大野靖春組)JN2クラス86の雄姿 (最終日まで生き残ってるか心配でしたが、後輪駆動1台しかいないということはもうクラス優勝確定してた?) を確認できました!

「本番ではクレバーに行く」 と宣言されてましたが本当におめでとうございます!!

http://kaz.ks-rally.com/?eid=856

ヤリスWRカーを彷彿とさせるCUSCOヴィッツや外国人選手も参加のジャパンスーパーラリーも面白いし、最終日らしく満身創痍のマシンが多かったりするのも良いです。

実質、雪壁に 「もふるコーナリング」 はテクの一つであり、
特にギャラリー前でいつもハッスルしてくれる新井選手のWRXは豪快に雪の土手を走って魅せてくれましたが・・・
この後、北軽井沢のグリーンプラザ軽井沢の敷地内での最終SSに姿を現すことはなかったです。
残念。 (めっちゃパーツ飛ばしてる瞬間!)
そしてスノーになっても 『開幕戦男』 がきたのが凄いですね!

※ 一部の参加車両のタイヤに関して異議が提出され、12日時点でも最終リザルトが出ていないようです


面白い出会いもアリでした。

『長野県を代表する ゆるキャラ にして 萌えキャラ = 諏訪姫』

がボデーサイドにでっかくおわします軽バンに遭遇。
ナンバーも例の数字なので直ぐに 『プラムレーシングチーム諏訪姫号』 のサポート車両か、物販の運搬車両と思って、偶然?ヘルメット入れに入っていた個人スポンサー特典タオルをダッシュボードに出してくっついていくことにしたのですが、
プラム関係者じゃない! それどころか、 信州人じゃない!?
超アクティブな御仁2名で遠征されてきておりました!

昼食後にグリーンプラザへ向かう途中でリエゾン中のJN6クラスマシンの先頭から数台とすれ違うという僥倖にあずかりまして、テンションあがってブンブンと手を振ったら2台ほど手を振り返してくれました~♪

ラリーってイイネ!


日付変わって氷上走行会の日は中止により1日暇。

そこで実家から10分ちょいの 「ENDLESSショールーム」 でブレーキパッドとローター、プライマリースプリングのお話しを伺いながらお茶を頂き帰路に着きました。

白樺湖・霧ヶ峰・諏訪湖経由となりますが、途中に八千穂と同じく氷上走行会を開催する女神湖があるので立ち寄ると、

あれ??? 氷の上に地味な業者クルマ達が入っていく!?
聞けば、中部電力の社員で雪上・氷上の運転に慣れていない転入・新入者の特訓だそうで。
嗚呼、会社経費で氷上走行会・・・いいなぁ!
帰りの 車山 → 霧ヶ峰 も雪少ないですね。

先月末のスベルノスキーパーティー(御岳雪上走行会)から雪まみれでしたが、
雪少な目だし氷上走行会できないほど暖かいのはちょっと物足りないです。
日頃の行いが良すぎたか!?

因みに4日夕方に実家へ向かう際にはスバル・オン・アイスなるイベントがいつの間にやら募集され開催されていたようで、こんなマシンを運転できたようです。

なんかカッコイイ! 微妙に仕様が違ってますね! 新型インプ&BRZもいる!



本日、2月13日は月曜ですが、土曜にお仕事してたのでお休みなので、

録画でガッツリと WRC 2017#2 スウェーデン TOYOTAヤリスWRカー の雄姿を朝から堪能しました。
TOYOTAチームにとっては庭での試合のようなものですから好位置につけると良いなぁとは思っておりましたが、
久々に解説の方と共にドキドキしっぱなし胸が熱い優勝! 
最終パワーステージまできっちり攻めて最大の選手権ポイント奪取とは・・・
このステージのの最速マシンの証明以上に年間チャンピオンに向けても最高の展開でした。

シュコダの皮被ったワーゲンR5とヤれるマシンをSUBARUxTOYOTAで作るとか無いかな~
Posted at 2017/02/13 13:52:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 遠征 | クルマ
2017年02月10日 イイね!
注意喚起 SK車用品本舗というつ詐欺通販サイトラリー観戦のレポもなかなかあげられないのは、こんなことやってたからであります。


先日の八千穂レイク氷上走行会が中止となりヒマヒマしてたので、エンドレスショールームでお茶もらいながらお話を聞きまして、いよいよローター購入をせねばと思い腰をあげました。

帰宅して通販でネットで最安値を探すと
掲題の 『SK車用品本舗』 なるサイトが頭ひとつ程度安いので、
フリーのメールで支払い方法などについて問い合わせ。

というのも、電話番号の記載が無い、支払い方法説明に不備、それとやっぱり安過ぎかな?と気になったので、捨てアド利用。

翌日に返信来ないのでググると、
知恵袋サイトに詐欺でしょうかと相談 → 詐欺ですねと回答したものがありました(昨年末の書き込み)。
振り込んでも物が届かず、メールも返信無しとのこと。

さらにその翌日というタイミングで、当該サイトのURLに詐欺等の悪意あるサイトをブロックするセキュリティ発動。
(グーグルクローム)
スマホのブラウザ等では発動しない場合も有るようです。
ウィルス等は検知されず。

詐欺通販サイトの見分け方なんかはいっぱい解説してくれてるサイトがあるので譲りますが、
日本語が破綻しているわけでもなく、グーグル検索で上位に出てくる、価格設定も地味に安い程度。
そこそこ良くできてるなぁと感心しました。
子供が使いそうな個人宛てっぽいメアドとか、個人名義の振込先とかも詰めが甘いですけど。

皆さんも十分ご注意頂きたいと思います。
こんなドマイナーな品まで "扱ってる" ようですのでw












ツーピースローター高いよ!!!!

cc-Rg(2016までのモデル)は長野の冬だと夏場のサーキット全開より通勤・帰省の方がゴリゴリとローター削ってるよ!!!!

約40000円×2 + 分解工賃付きのローターが車検周期より先に交換時期くるとか切ないよ!!!!

ローター既に死にかけなのでわかってて雪山走行会とかスノーラリー観戦行ってますが、次のローター着けてからは冬はパッドをMX72と衣替えするマシンに…
Posted at 2017/02/10 17:31:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 買い物 貰い物 | 日記
2017年02月02日 イイね!
毒蝮走行会 初☆富士ショート & スベルノスキー 御岳雪上 の車載とか何故か投稿直前にブラウザが固まるB研RA-Rであります。


1月21日(土) 毒蝮走行会 富士ショートコース
1月27日(金) スベルノスキーパーティー 御岳雪上



別ジャンルのステージを1週間と空けず走り、
 【妥協と強行の連戦】
でしたが、 どちらも参加して良かったと心から思える良い経験をさせて頂きました。
お会いした皆様に心から感謝です!


毒蝮走行会で 【デジスパイスⅢ】 というGPSデータロガー無料体験をさせて頂きそのままお買い上げし、最大限活用するなら車載動画とくっつけて遊ぶことも可だったのでやってみようかと。

しかしながら、
デジスパのソフトと車載とを眺めてると平気で2晩くらい経ちます。
(使い慣れてないのもあり)
そこへ、
動画編集とかしたことなかったのでフリーソフトいくつか試したり、YouTubeってどうやってうpするんだっけ?なんてやってるうちに、仕事も速い皆様がレポしたり車載うpして下さっているのハシゴ。

「1/27 スベルノスキー(御岳)で86ラリーカーの助手席は最高のエンターテイメントだったなぁ・・・
真ん中位に何か映り込んでる!! (追いついちゃった回)
https://www.youtube.com/watch?v=BtpBJqdCXVY
∑( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!
 「定点カメラ回収してこなきゃ」 って帰り際に言わないでよ~~~超気になって作業どころじゃなかった!

さらに、
動画うpし始めて、じゃあブログでも・・・と書いてると、ブラウザが2度も固まりふて寝。。。
動画自体は4日前くらいから上げてました。
※ 走るの上達したい人は観ないでください!


まずは 毒蝮走行会
『富士ショート初コースインした人はこんな感じ 毒蝮走行会2017 #1』

サーキット行って目の前のマシンにスピンされる記録 3連チャン目・・・
3コーナーで滑らせたら 「WRCやりに来た奴がいる」 的なお言葉頂きましたw
車高がスノー仕様ラリーカーだったので重心が高過ぎ、タイヤ温まってきてG乗せてくと笑っちゃうようなオーバーアクションでしたが、初コースで事故ることも無く楽しく
#1 = 35.747 を記録。

で、
『富士ショート自己ベストの周 ログ付き 毒蝮走行会2017 #3』

#1 → #2 でタイムアップがコンマ4あったのはデジスパイス社長のデータから3コーナー後とバックストレート前後の処理のアドバイスを頂いたからから。
(でも、いきなり負けず嫌い選手権優勝マシンのデーターと重ねるのは人が悪いのでは!?)

デジスパイス イイネ!と (ツケで) お買い上げしてテンション↑↑♪
#2からさらにコンマ45削って
#3 = 34.879 (ぽんだー記録)

おうちで見直すと・・・何故これが???
ノーミスでまとめてる周ゼロに見える ・・・(鬱)
前後の周と比べたりしましたが、アタックライン気味に入って途中で止めてないのがこの周だけというのが大きい?
ギッコンバッタンと大きく荷重移動するので、クイックに曲げようとしたコーナーは攻めてる感が半端ナイ割りに、常時どこかのタイヤがトラクション抜けきってるからその後の加速悪いし、アクセルキツク踏むとフロントが逃げて戻してるのもバッチリ記録されておりツッコみどころ多いのに。
車高高いのは初めてのコースでも縁石アタックを安心してお試しできるという点ではアリだったかも?
タイヤが 245/40/R17 AD08R で、フロント1シーズン使用、リヤ2シーズンフロントに履いてズタズタにしたものを移植したもので、縁石とテールハッピーを楽しむマシンでした。

空気圧を#3ではリヤもフロントと同じ冷間1.7に落としましたが、それまでにセンターがずいぶん減りました。。。
Bコーナーはもう少し奥で減速するのを試してないのは何故なのかと、今更思ったり。

F1では
 「重心位置を1mm下げると、ラップタイムが0.3秒縮まる」
と言いますから、(国際格式コースのお話しです)

車高を35mm下げて新品245タイヤ組めば負けず嫌い組にも混じれる???(冗談です)



続いて富士毒蝮走行会の6日後、御岳雪上ヒルクライムでは状況逆転
スベルノスキーパーティー2017初日

こちらでは脚が硬いので轍で跳ねたりシフトミスを誘発。。。
ちょっとのアクセルオフでは荷重移動が足りないし。


走行レポは前の記事の通り、
初日の上質な雪とちょっぴりアスファルトのミックスでグリップ感がある出だしでしたが、
コンディションが悪くなる傾向だったので道を覚えてない慎重地味走りの2走目がベストに。
アクセル抜くとこじゃないよ~!ってお言葉が聞こえてきそうなのにねw
『スペルノスキーパーティー2017 #2登り』


WRC 2017#1 モンテカルロ を視聴した直後の走行だったのですが、
WRカーがミックスステージでターマックタイヤだったのものあり地味走りしていたので、
自分も真似したつもり。

その後は86ラリーカーに追いついて特等席から見物させてもらったり、スタックしてたの救助するため牽引ワイヤー初仕事。
前を行くマシンがスピンする記録 4連チャン目 記録更新中
それからケーズファクトリーのお手伝いの方が助手席を希望されたので、
『ず~っとラリー談議しながら楽しくドライブ (しゃべるほうがメイン!?)』 ※長いです




その後に86ラリーカーに同乗させてもらったりして、グラベル脚だそうでしたが本当に佳く踏めること♪
翌週の選手権に向けて練習に来てるのに、隣で爆笑しててスイマセンでした!
滑らすの意識して遊びだしたのもその後のタイム短縮に繋がっていない理由かもしれません。

半日デジスパイスⅢを点けっぱなしにしましたが、
山の中のためか雪雲のためか、何かの拍子に大きくズレますがスタート地点を明確にしてやればコース補正でOK!
走行軌跡自体は綺麗なものでした。
軌跡からコースを自分で作る機能を活かせば、次回はスマホに通過タイムを表示できるかも?



さんざん遊びまわってました!のレポでしたが、

来週2月5日㈰ は 全日本ラリー選手権復活のスノーステージ
 ラリーオブツマゴイ 観戦 ※ 記事中の86がJN2クラスなので応援してきます
 
2月7日㈫は 去年見学した
 アライモータースポーツ(新井敏弘)氷上走行会 in 八千穂レイク


予定となっておりまして、
遊んでばかりとか言われても困るですが、

全てを1台でこなす、

まさに一家に一台 SUBARU WRX 

を最大限楽しむ所存。
(時間が許せばちゃんとセッティング変えて臨みたいところですが難しいです)
Posted at 2017/02/03 00:49:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | 走行会 | クルマ
2017年01月27日 イイね!
御岳スベルノスキーパーティー 初日参加

雪山から帰って参りましたの報告。

昨年に続き2回目の参加でしたが、また貴重な体験をした来ました~
デジスパイスⅢ も持って行きデータ取ってきました。

ついでに、
すぐ前を走るマシンがスピンする記録 4連チャン に更新。。。


先に、1月21日(土)の富士スピードウェイショートコース 初☆走行となった

 『毒蝮走行会』

の、
走る前までのレポ#0をあげましたが、
走行会の場で以前から大変興味はあったGPSデータロガー無償お試し体験に乗っかりその場で 「デジスパイスⅢ」 をお買い上げしたものの、

・ デジスパソフトが良くできてまして、ログを弄って眺めてるだけで時間が・・・
・1走目はお試しお遊びとして、2走目で成長してないの丸わかり
・ 3走目、データは嘘つかないけど ・ ・ ・ 何故それで自己ベスト??? 
 (それを考察するソフトなので早く使い慣れたいものです)
・よく考えたら動画編集ソフトの用意も無かったのでフリーのを物色・・・

と夜更かししてる間に 1月27日(金)

『御岳 スベルノスキーパーティー』

の日がやって参りました!
雪の峠を閉鎖したヒルクライムイベント(下りも頑張ってもいいけど)。

当日、超巨大霜柱?とか景色は凄いですが、風があまり無く先週のFSWよりずっと暖かい!!

例によって、
タイヤ以外は富士スピードウェイショートコースを走ったそのままの状態です。。。
スタッドレス内減りしないように & 外輪にどっかり荷重るほどグリップしないので、
キャンバー角度付けてたのを戻したかったのですがそのまま。。。
雪上で面積稼ぐならキャンバー0で良いかと思ったのですが。

(金)の午後、(土)、(日)のイベントですが、
去年は日曜に県外ナンバーさんで盛況だったので、
地元民は空いてそうな平日日帰り参加にしてお邪魔にならないようにしてみました。


この日、自分が1番乗り!

すでに地元ラリー屋 《ケーズファクトリー》 さんのお二人がベストなコンディションをプロデュースして下さってました。

主催者様、他参加者様(4名4台)は関東から、
遅れて全日本ラリーJN2クラス参戦86で走り込みに来られたモノホンな方。
これで全員。

雪は多くは無いけど質は上々。

雪壁は去年より作れたけど掘れたところはアスファルトだったりアイスだったりする。

側溝が出てる所にはパイロンが目印、イン巻きしちゃダメ。


去年は飛び入り参加でしたが、今回は現地でバタバタせず直ぐに主催者様のNSXのお尻を眺める雪完熟走行。


この後から本番で、
見た目で判断されたのか、自分が先頭スタートのご指名を受けました。。。

3本目に1度 JN2 86の後ろからスタートしましたが、高速コーナーは常人離れしてても低速コーナーではかきむしるばかりであまり進まずすぐに追いついてしまったため、テクを拝見してゴールした後、登りは自分が、下りはJN2 86が先頭としました。

遊びではなく最後の追い込みで本気走りしているのでサポートも。

持ってて良かった My牽引ワイヤー の初仕事はラリーカーの救出!
その後、残り数百mなら切り返すより 《鬼バックでゴールまで走る》 方が速い!とガンガン後退していく姿は既にSS競技中のよう。

台数が少ないため無休憩だと9本くらい走れたようです。

自分はKsの方と楽しいお話ししながら遅い昼食したり、
助手席を希望されたので6走目で、
「絶対恐いと思いますよ!こいつ分かってネェ!降ろせー!とか叫ぶことになるかもしれませんよ!?」
と前置きしたうえで、楽しくお話ししながらドリドリさせてもらいました ♪
苦手意識丸出しのアウトバンク手前で気持ちで負けてるのがちょっと恥ずかしかったですが、振りっ返しが楽しそうなS字で記憶に残ってるコーナーはちゃんと攻めて、いい感じですね~とのお言葉をもらえました。

86ラリーカーに同乗もさせていただきました!
リアルでレースゲームみたいでしたよ!の言葉通りの飛び込みですが、
やっぱり姿勢づくりがしっかりしてるから 「これならイケる!」 と確信をもって助手席にいられるのが面白い!
(同じYOKOHAMA  IG50)
低速セクションではちょっと真似しても、100km/h近く出てるセクションから低速コーナーに向かうときに逆算して遠くから姿勢作って飛び込む姿はだただた惚れますね~
ご武運を! (日曜に嬬恋観戦予定)

昼過ぎから雪が舞って寒くなった山の中でも、コンパクトボデーに高機能なデジスパイスはちゃんと仕事してまして、こんな感じになりました。
グロナス受信に対応した 「Ⅲ」 は木に囲まれた「スポーツランドやまなし」や峠もOKかな?っという話だったのでテスト。

社長、バッチリでした。
ロープウェイまでのヒルクライムデータをグーグルアースさんにポイ!

最終走行の戻り(下り)で、圧雪が磨かれて難しくなっていると分かっていながら振り出して遊んでスピン → 切り返ししてる箇所。
画像の通りバッチリ記録せれてますw
昨年も合わせて唯一のスピン。

因みに、線が2本なのは登りと下りで一緒になってるからで、セクターは作れても記録の切り方がまだわかりません。。。

この回は最後の走行ですが、トップスピード : 89.36km/h 
「去年はあったバンプが無くなってます」 と聞いても序盤は躊躇し踏み切れてない上に、路面が悪くなる方向だったので後半戦は微妙に慎重っぽいから。。。


それと今回は事前に 「チェッカーの目印が欲しいです」 と要望してまして、頂上付近に設置してもらえました!

昔は計測があって「ラリー」を名乗っていたイベントですが、今は辞めてしまいました。
とりあえずスタート・ゴールの基準があればドラレコの映像に付いてるタイムスタンプでアバウトには分かります。
デジスパイスでの計測は・・・ 使い方覚えて後日頑張ります。。。

スタートがテキトウなのでおよそのヒルクライムのタイムとなりますが、
#1  7:42
#2  5:27 (雪を踏みしめるようなグリップ感あり)
#3  5:52 (走行中にDCCD弄ろうとか余計な事をする)
#4  6:16 (86ラリーカーに追いつく)
#5  5:51 (ラリーカーの真似しちゃイケナイと自制しようとする)
#6  5:58 (Ksの方とおしゃべりしながら)あまりタイム変わらず!?
#7  6:01 (トップスピードは記録するも路面に自信なし)

コンディション変化が肝になるので単純比較は意味がないですが、
内容を振り返りながらタイムを見ると納得したりクエスチョンだったりと面白いです。

しかし、
ドラレコの動画だと車内でワシワシとカウンター当て楽しんでるのがなかなか伝わってこないのが残念です。

来年も都合が付けば参加したいと思います。






Posted at 2017/01/28 04:02:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | 走行会 | クルマ
2017年01月24日 イイね!
毒蝮走行会 富士ショートコース初走行 #0

1月21日(土) 毒蝮走行会
 in 富士スピードウェイ ショートコース

初めてのコースを無事に、楽しく、走り切る事が出来ました!
たくさんの収穫も有りました!

主催Peri提督様、お誘いを下さったYU2様、
コースの内外でお世話になった皆様のお蔭です。
サーキットにも走行会というものにもまだ慣れてないもので、
何かとお気遣い頂いたり、帰り際にいろいろお伺いしてうっかり長々とお引止めしてしまったりして申し訳ありませんでした。

カッコイイマシンがズラリ、うっかり自分走るの忘れてギャラリーしちゃいそうでした~
しかも有名人のWRXが揃ってガンガン走るとなれば胸熱♪でした!

この後、またまた長文になりますw


この度の走行会は自分にとって初めてや慣れない事が一杯で、
何から書いていいやら。。。

《前々日》
まず当日が長野県内雪予報になり、早朝に高速が使えなくなったりしたら切ないので万全を期して前日の内に雪国脱出を計画。

そこで、富士スピードウェイにほど近い須走IC近辺の温泉ホテル【天恵】に予約。
露天風呂+水着で温泉プールもアリ!?となれば、レーシングスーツ仕舞ってある箱に海パンも入っているのでとりあえず一緒にバッグへ。
極寒の中でキャンバー調整した時以来治らない背中の痛みをサーキット前に湯治できるかも? 

現地でスタッドレスからボロボロネオバに交換するためジャッキとか積んでおく。
帰りに天気が急変しても良い様にアルミスコップや燃料など大荷物もいっしょに。
前週からタイヤは積載済み。

《前日》
退社後に意気揚々と出発。

早く着きそうだったので御坂から有料道路を使わず下道を選択すると、山中湖付近からホテルまでこの日は雪が降ったようで・・・
毒蝮走行会2017 まさかのスタッドレス組大勝利???

ちらっとそんな事を考えながら雪と塩カルの峠をクリアしチェックイン。
まずはローストビーフ丼を食す。

うっかり缶ワイン(赤)を風呂前に半分、風呂上りに残りを飲んだところ、

海パン履いて風呂でさんざんストレッチしたりミストサウナで伸びてたのが効いたらしく、寝る前にYU2さんの車載動画でイメトレでもと思った頃に

頭ぐわんぐわん → 真夜中にスッキリ覚醒!

出先で晩酌とか慣れない事は控えるべきだと思いました。
(当日にはすっかり忘れてましたが背中は治ってました)

《当日 走行前》
寝付くのが遅かったのに合わせて遅めのアラームで起床。
風は強いが地元ほど寒く無いのが有難い。

朝焼けの富士山にサムズアップしながらズルンズルンの凍結路に繰り出しご機嫌だったのもつかの間、
何故かナビの画面が進んでいない。
樹海が近いの???

再起動させたりしてタイムロス。
凍結路でタイヤ路肩に落とした人に声を掛けたりしてたら富士ゲート入りは7:30くらい。

FSWは本コースの見学に1度だけ来てましたが、その時は大いに迷子になったり、どこまで見学者はクルマを進めて良いやらウロウロしまくったため、今回も不安になりながら侵入。

Peri提督の親切な手引きに救われ到着すると、すぐにYU2さんが声を掛けて下さって初めましての挨拶。
 『今日は 何とかなりそうかも・・・』
と、内心とても心強かったです!

正直、『初めてのコースをアタックして事故る』 とか、『雪山仕様の車高にハイグリップ履いてコーナリングしてトッチラカル』 とかは特別心配していませんでした。

・迷子になって辿り着かない!
・知り合いもおらず、誰が仕切ってるのかも分からない!
・施設等の勝手が(コースイン前の待機とかエアとか水とか)よくわからない!
・走行会の暗黙ルールとか知らない!

などなどが問題と思ってました。
ですが、毒蝮走行会ではその辺は全部クリアにしてもらった上で楽しませて頂きました。
進行も親切、クラス分けが細かいのも有難いですし、

初心者にもやさしい走行会だったと思います。



失敗したのはやはり予定より遅くFSW入りしたこと。
雪国から下山して来たもので、荷物は多いし塩カルまみれで軽くでも洗車してやらないとゼッケンもくっ付かない始末。

さらにアルミの除雪スコップも強風ですっ飛んでくのに辟易しながら、いそいそとスタッドレスから履き替え。

それと、予約していたピットの番号が掲げてある柱の左側に陣取ったのですが、
右側が正しかったことにミーティングから戻る際にふと気付きまして・・・
笑って済ませて下さいましたが、早速大変失礼致しました。。。

バタバタして結局、完熟歩行の時間をとれなかったのが切なかったです。
Bグループが戻ってくる頃になんとか準備を終え、今回かな~り期待していた無料貸し出しの 
 『GPSデータロガー デジスパイス』
 (#2の後で(ツケで)お買い上げ ♪)

を装着。
思ったよりずっと小さいし軽くてびっくりしつつペタリ。

あとは初心者らしく 早めにメット被って心の準備 してました。
(タイヤ交換と少ない水で頑固な塩カル落として一休みしたくなっただけかも)



走行会の話なのに走行の話までいって無いですが、

走行後は友人宅で後泊したり、とりとめも無く書きながら自分の車載確認したり、ちょっとWRC録画観てたりしてしまったので、

走った感想は次回になりますw

ご一緒された皆様、遅くなりましたがお疲れさまでした!

後泊の友人宅にて、
「諸般の事情」により最速決定戦優勝賞品を纏うワタクシ
↓↓↓


本当にありがとうございました!
















Posted at 2017/01/25 00:04:24 | コメント(3) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
プロフィール
「ラリー・オブ・嬬恋day3 観戦 & 祝☆TOYOTA WRC優勝! http://cvw.jp/b/902271/39312690/
何シテル?   02/13 13:52
  ~ B研spec-c_RA-R ~            愛車 SUBARU IMPREZA WRX STI spec-c typeRA-R...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
2ピースブレーキローター(フロント)の交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/09 07:07:44
ENDLESS BRAKE PADS MX72(前後とも) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/08 07:44:44
9.5jホイール+255タイヤのツラ具合 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/04 18:56:05
ファン
9 人のファンがいます
愛車一覧
スバル インプレッサ WRX STI 嫁 (スバル インプレッサ WRX STI)
2011年3月 震災を機に「人間何時死ぬか分からん」と思い立つ 同年4月 GDB ST ...
スバル インプレッサ スバル インプレッサ
ずっと走ろう STIと走ろう
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.