• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

B研spec-c_RA-Rのブログ一覧

2017年10月11日 イイね!

本庄サーキット☆デビュー トレイス走行会

本庄サーキット☆デビュー トレイス走行会10月6日(金) 
長野県のタイヤ屋さん『トレイス』主催の走行会に参加させて頂きました。
ご一緒させて頂いた皆様お疲れさまでした!



自分はこの日めでたく

 本庄サーキット☆デビュー

となりました!

予報は本州全域で雨確定の一日・・・ 

本庄走るの初めてって言ったのに最速クラスにエントリーされてる・・・


そんなこんなでしたが、経緯が長くなるので結果を書けば

『初めて走るコースでぶっ壊さず帰って来た』
『最速クラスで3本の内、雨の絡んだ2本でトップタイム』
『ほぼドライで3番手 44.082 が本庄自己ベストに』
『楽しかった』



何故突然本庄サーキットかと言いますと、

 「長野県の真ん中からだとサイタマって遠いよね」

と食指を伸ばすことはなかったのですが、
色々とご縁がありまして走ることにしちゃいました。

まず、
夏にADVAN AD08Rがまたワイヤー出たので、値上げ前にと4月に買い置きした ADVAN A052 に履き替えるべく近所のスタンドへ持ち込むと

 「こんなSタイヤ並みに硬いのうちの機械じゃムリ」 

と言われ、これまた近所で
走る系に強いタイヤ屋として『タイヤガーデン トレイス』さん
を紹介してもらいました。

通販したタイヤを持ち込むのは気が引けましたが、近所で走る系に強い店とは興味深い。
訪ねると確かにレーシング系フルードなどが店内に陳列された走る系の店で、早速店長から

10月に本庄で走行会やるから、出るってもんでしょ」

想定外でしたが、まったく興味ない訳でも無いし、

10月6日(金)
走行時間は 20分 x3本 で、クラスを3つに分けて各10台程度
計測付き12000円

「休み取れたら」 としておいて、出張や監査の都合を注視しながら考えることに。

初めてのコース&仲良しグループが出来上がってる走行会。
それでもボッチ野郎が参加するとして、空気読まずに独り勝手に楽しむ程度の自信はある(?)

とわ言え、
サイタマ遠いし通うことが無いなら、稀に出没する 「スポーツランドやまなし(SLy)」 のタイム削るのと、
12月にエントリーしている憧れの 「富士スピードウェイレーシングコース」 走行と、
”普段の通勤用 ” として履いたA052の無駄使いでは無いかと。


その翌日の晩、
”普段の通勤用 ” に就任したA052ってどんなもんかと、つい最近知り合った方達から教えてもらった峠道をドライブしていると・・・
その道を教えてくれたR33 GT-Rの方がタバコ吸ってるの発見。
走って駄弁ってしているとタイヤの話しになり、トレイスさんの話になり、

「本庄走行会毎回行ってるからB研君も行こう!」 という事に。

ボッチ参加じゃない・・・
別に、いっしょに走ったら楽しそうとか、関係無いんだからね!
とりま休みねじ込めるか & サーキットの場所を確認。

休みはなんとかなり、

場所は・・・ サイタマってよりグンマ じゃん!?

実家のある長野県東信地区からお気軽に高崎行ってましたが、それと距離的に変わらない。
中信地区の方々が遠征する走行会になるわけですが、実家に前泊できる自分にはむしろイージー。

それから峠でスバラシイ性能の一端を垣間見せたA052ですが、8月の外気温35度、強烈な日差しの中では通勤してるだけで

 溶ける ⇒ 寄る ⇒ これF1でお馴染みのブリスター???

こんなアホみたいに柔らかいウソラジアルは普段履き用なんて却下!
車検用ホイール + カチコチタイヤに交換。

 「A052の295サイズで普通に通勤してるよ」 by富士でお会いする白い戦闘機
って言葉を信じて買ったのに!!!! 

結果、その気は無かったのに初めてサーキット用タイヤというものを持ちましたが、本庄が意外近いと分かったので、朝ゆっくり出ても現地でタイヤ交換する余裕があるならありがたい。

さらに、
9月に高崎のカーステーションマルシェさんにマシンを預けて地味なところをいじってもらう予定があり、帰りに本庄サーキットを下見。
SLyよりはエスケープは広いし路面もサーキットっぽい(山梨を引き合いに出すと誰でも思う?)。
最終コーナー手前のS字?キンク?を頑張り過ぎて土手駆け上らなければ大破は無い?安全なコース。
ストップアンドゴーならうちの娘有利なレイアウト。
初めて走るド初心者でも後ろ気にしてばかりってことは無さそう。


ドリフト用レイアウトを使っている時間の見学だったのでラインは参考になりませんでしたが、
とても親切丁寧にスタッフの方が質問に答えてくれて好印象でした。


ということで、長くなりましたがエントリーすることに。
(締め切り間際からマイコプラズマ発症し、走行会直前まで死んでましたが治る前提で)



走行会の数日前。
トレイスさんで改めてご挨拶と、集まり具合や脚周りについて雑談。

その後ちょっと悩んだ末、6月にSLyで前後MX72ブレーキパッドにしたら微妙だったので、買っておいた旧型cc-Rgをフロントへ&エア抜き。
いつも通りテキトウに目盛り一つキャンバーを寝かせる。

9月にマルシェさん謹製の補強パーツをフロントに入れて以来、脚の反応が極めて好感触なので、
減衰調整を柔らかい側しか使っていなかったのを思い切って締め方向へ。

これが大正解っぽい。
今までは減衰を締めると脚より先にボディが「グギィ」となって、脚が戻った後「グギュ」っとなるのが気になって、
正直まったく締めて使う気が起らなかったのです。
これがリニアに荒れた路面を凄い速さで一生懸命捕らえる佳いバネの感触を台無しにしているようで、攻めると不満があっても街乗りからサーキットまでほぼ一緒のゆるゆる減衰にしてましたが・・・
むしろ街乗りでも中間設定で気持ち良いのを帰省ルートの峠にて既に実感。
エンジンとミッションのマウントを強化品にしたのは直ぐに違いがわかりますが、変なジオメトリ変化を引き締めて脚をうまく使えるようにする奴も入れたんだったと気づく。
もっと早く導入するべきでした、すじがね君。


実家へ一泊し、当日朝はゆっくり碓氷バイパスからグンマ入りし、妙義から高速でサイタマ入り。
長野のお店主催の遠征走行会なので12時からドラミ、13時から初心者クラス走行ですが、10時過ぎには到着。

トレイスの方に挨拶しゼッケン、ポンダーもらった際に重大告知が。

 「B研さんは○○さん(誘ってくれた速いR33GT-R)と同じ Cクラス だからね」

それは・・・一番速いクラス? ですよね?

 「○○さんとも話してこれで良いってことで」

本庄、走ったこと無いんですけどおぉ(*´Д`)

Cクラスは R34、R33、Z33、WRX STI(VAB)、ポルシェ911GT3、ランエボ、AE86(2台)、うちの子。
走り込んでる方や本庄ランカーだとか。
まったりタイヤ交換しようかと思ってたのに、早速ドキドキが心地良い感じに・・・。

そして予報通りの濃い雲が立ち込め、難しいコンディションの予感に脳が震えます。
フリー走行するつもりだったなら間違いなくお家から出ない日に変更するところですが・・・前払いしたら雨程度で返金されないところが走行会の難しさ。

12時近くになって○○さん筆頭のお仲間が到着。
早速エントリーの件を問えば

 「うん、大丈夫だ」

とシブい笑顔。

ドラミの後は自分がお願いしておいた完熟歩行をさせてもらえることに。

縁石アタッカーとしては凸凹の高さなどは当然として、他車を先行させるにもタイヤカス掃除してない所までは出て行きたくないので路肩もちゃんと見ます。
あまりこういう事ってしないのか、ほぼ全員が珍しがってコースを練り歩き、程無くしてAクラス走行開始に。


ドライでしたが走行開始からしばらくして雨粒が落ち始めます。
最近知り合った方が3台いるので応援。

初心者クラスはご多分に漏れず経験・マシン共に開きがある方々が混走するためカオス。


続いて安定のBクラスは微妙に雨。
降り具合を見ては空気圧どうしようか考えたり観戦したり。
タイヤ虐めるのは得意なので、ちょい濡れ程度なら夏の通勤でマシュマロみたいになるA052を作動させるのは難しくないと判断。
最近のF1やSUPERGTの予選前って気分。
 冷間F:1.70k R:1.75に設定ってことで。
減衰はF:30段分の10段戻し、R:15段戻し。 
SLyよりビッグブレーキングでも車高は上げず、減衰締めたのでタイヤのフェンダーへの干渉は軽減できる(かも)と判断。


デビュー戦となる、Cクラス#1
それなりの雨となり、ワイパーフル稼働で本庄デビュー♪
当面は水たまりは出来無さそうな、降り方次第ではすぐ危なくなりそうな回。

皆さんゆっくりインラップしてましたが、初めてのコースなので経験値を積みたいと思い、突っ込み重視で連続周回。
ついでに早目にタイヤ作動させ、雨で冷却は十分なのでクーリング無しで走り続ける。
ヘビーウェットになる前にバンカーのタイムを出す作戦。

だがしかし、デジスパイスⅢのラップタイム表示していたスマホが飛んできたのでコース脇で数秒停止。
その後は雨は強くならず、一部走行ラインの色がわずかに変わってきたのを確認してタイムを削りにいってみる。
外気温14度のちょい濡れ路面でも、ちょっと周回すればA052は十分にアスファルトに溶けて食い付く感触あり。
縦でも横でも安心して車重を預けられる感覚で、これまで使ったタイヤとは別物だなぁとか思ってタイム更新していると

 痛恨のダブルチェッカー(汗)

他のマシンが自分の後ろから続いて来ているのでまだイケると思いきや、入れ替わりでコースインして来たAクラスだったという。
大変失礼を致しました。

本庄の最終コーナー立ち上がるする時って「視線はハイビーム」だとかなり先を見てますので旗が視界に入らないと思います。。。
他にもダブルチェッカーした方とか一生懸命黒旗ふっても気付かない人も居ましたし。

戻ってお詫びをしたりしているとリザルトが配布され、
初めての本庄で最速クラス#1
リザルトは 望外のトップタイム! 46.203 
P 1 
です。


表によればCクラス全員が最終ラップでベストを出しているので、ずっと降っていたものの周回するほど路面が改善したという事でしょう。
猿の様に走り続けたこと、YOKOHAMAさんが良いタイヤを用意してくれたおかげで勝てました(笑)
半端なコンディションでは自己ベスト狙えないからと早目に戻った人もいたからですけど、雨の中で最多周回数を稼ぎ、コースアウトもせず遊べただけで十分と思っていたのでサプライズでした


ほぼドライとなったCクラス#2
たまに水滴が落ちて来るもこの日一番コンディションが良い回。

#1より明らかにやる気なスカイラインGT-R2台が並んでいるのでその後ろを走りたくなり、やっぱり連続アタックで追いかけました。
軽い動きで楽しそうなAE86をかわし、鬼がかってかっこいいスカイラインの〇〇テールに接近。

グランツーリスモか頭文字Dっぽい!!!!
ニヤニヤが止まらない♪


ストレートでじわーーーっと置いて行かれながら馬の数を想像しつつ、ブレーキングと最終セクターで地味に詰められないかと頑張る。
ずっと眺めていたかったのですが、いつまでもドライで走れるとは限らないのでクーリングにはお付き合いせずお先に失礼。
直線多いのとコース幅があるので、譲りやすさ等で言えば抜群の走りやすさで、他車と絡むストレスは少なくガンガンイケるミニサーキットでした。
タイヤとブレーキが怪しくなっていく様子を確認してからクーリングし、911のイイ音が来るのを待ってドップラー効果を堪能してみたりと、大変よく遊びました。。。
トラブル無くここでも最多周回を稼ぎ、
錚々たる面々の中でタイムは 3位。 44.082


#3は完全ウェットなのでこれが総合順位となり、また本庄デビュー戦での自己ベストとなりました。
次は完全ドライ、アタックライン使用、縁石アタック封印、最終コーナー立ち上がりの詰めでどんなタイムになるか試したいです。


完全ウェットの#3
出走しないでお帰りの準備の方もいらっしゃいましたが、ここぞとばかりに後輪駆動組は遊びに出るw

びしょ濡れのサーキットというのも初めてでワクワクしつつ、ちょっと限界試して嫌になったらすぐ戻るつもりで無給油。
水たまりを突っ切る状態では空気圧は上がらないだろうと、人肌程度に冷めたタイヤを街乗りレベルに調整。
減衰を弱くしたくても水浸しのマシンの下を覗き込むのは面倒なので変更無しでコースイン。
https://youtu.be/ClejsYPhIoo
だがしかし、ここではA052が面白いくらいに期待の斜め上!
豪快に水しぶきを上げながら2周もすればタイヤに熱が入って路面を掴んでいる感覚が出る上、排水性能度外視のモデルでは無いらしく、真面目に立て溝を3本掘ったオールラウンダーっぽい。
後輪駆動組がはしゃいでスピンしてるのを横目に、ちょっとのハイドロは気にせずAWDマシンらしくガンガン周回。
縁石は直線的に通過、もしくは車速が落ち切っているのだからとさらに内側を乗り越えても面白い。

途中、濡れた靴が滑ってクラッチミスったり、ガラスが曇ってきたのでエアコンを入れようとしてミスしたり。
ドライビングシューズとレーシンググローブには慣れないといけません。
それでも 「たーのしーい!」 となってきたところで、給油せず出てきたのに予想以上に踏めているため、コーナーで一瞬貧乏ランプ点いてました。
ピットインしてバタバタと給油し即コースへ復帰。
雨足は相変わらずでしたが給油後にベストタイムが出ました。

中速コーナーっぽくなる1コーナーでは、ドライの時と同様に全開にするとフロントがハイドロ起こして外に持って行かれましたが、
それでも一般道とはアスファルトが違うため、雨でも水捌け、グリップレベルが上であることを理解してしまえば雨も楽しめる?
雨でもサーキットを果敢に攻めるマシンって中継観ててもカッコイイし、実際自分で走ってみるとなかなかオツなものです♪
(いつも緊張感はコースインする前には持ってるんすが、毎度積むのを忘れるようです)

しかし、いつの間にかみんな居なくなってしまい
「またダブルチェッカー!?」
と不安になって、私がピットインした時点で走行会終了・・・
この回も最多周回数で SUBARU AWD本領発揮とYOKOHAMA(略)のお蔭でウェット回トップタイム 48.107


初の本庄サーキットで3回とも異なるコンディションを経験できいい勉強になりつつ、雨絡みの回は空気読まずにトップをゲット!
マシンのイジリが佳い方向に行っているのも確認でき、みんなが走ってるのをコース脇や真後ろから観れて楽しく走行できました。

サーキットで初めてお話ししたWRX STIの方にセッティング教えてもらったりクルマ談議も大興奮モノで、よい出会いもありました!
さらに地元への帰路は土砂降りで大変なツーリングでしたが、みんなでする反省会は楽しいです。

横川SAで仲良くみんな同じご飯を食べながら

「初めてで44秒0ってチートじゃないですか!?チーターッスよ!」

って言われても・・・出来るなら燃料とタイヤが減らないチートがいいなw

お誘い頂けて感謝感激でした。
そして、
屋根がいっぱいある本庄サーキット、スバラシイ!
Posted at 2017/10/12 00:50:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2017年08月25日 イイね!

みんカラ:週末モニターキャンペーン【GARMIN】

みんカラ:週末モニターキャンペーン【GARMIN】Q1. ドライブレコーダーを導入したいと思った動機を教えてください。
回答:事故記録だけでなく、峠の景色や野生動物との遭遇、サーキット走行などを振り返る記録として

Q2. ドライブレコーダーに求める機能・性能を教えてください。
回答:常時録画の安定性と高画質

最近は色んなメーカーが力入れていて成長著しいですね!
自分に必要な機能に絞って探しても目移りしてしまいます。


この記事は みんカラ:週末モニターキャンペーン【GARMIN】 について書いています。

※質問項目を変更、削除した場合、応募が無効となる可能性があります。
Posted at 2017/08/25 12:27:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | パーツ | タイアップ企画用
2017年05月27日 イイね!

浅間ヒルクライム2017へ

本日のイベント、実家の裏山=高峰高原で開催の浅間ヒルクライム!

合わせて昨日は夕方から長野県中信地区は雨が止む予報。晴れ間の先に入道雲あったけれど予報を信じて洗車 → 晩ご飯の頃には雷雨!!

ヘビーウェットのナイトドライブで東信地区の実家へ移動。
雨と霧の三才山有料道路をノロノロ走る車の後ろに付くくらいなら、雷雲の美ヶ原に突撃してクリアラップを取る!

入山~扉峠~長和町へ。


標高稼ぐと雨は弱く、完全に雲の中のでしたが野生のフレンズと大量の濡れた落ち葉にクリアしたらスルッと下山できました。

しかし、
下界は大雨。
予報通りに翌日は早朝から晴れるのか疑問な天気でしたが…

本日浅間ヒルクライム初日の7:00
寒いです!ジャンパー必須装備です。

が、
高峰高原は雲の向こうですが、一気に晴れ間のが広がって参りました♪

さて、勝手知ったる車坂峠で一日一度の爆裂加給を!

は参戦する方にお任せしまして、
皆様ご安全に。
Posted at 2017/05/27 07:12:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ
2017年05月24日 イイね!

F1モナコ&インディ500&ニュルブルクリンク24h+実家の裏山浅間ヒルクライム

F1モナコ&インディ500&ニュルブルクリンク24h+実家の裏山浅間ヒルクライム5月と言えば!
モータースポーツファンにとっては


「なんで盆と正月とクリスマスが同時に来るんだYO!」

というレベルの週末が待っております。

5月27日(土)~28日(日)

F1モナコGP & インディ500 & ニュルブルクリンク24h

そして今年も!
実家の裏山=長野県小諸市高峰高原(メイン会場は境界をちょい超えてグンマだけど)のお祭り
浅間ヒルクライム 
http://www.asama-hillclimb.com/

(ついでに今年もロードスター軽井沢ミーティングが被ってる・・・どっちか自重しないのか)

今年はSUBARU STI NBRchallenge応援装備高峰高原からライブ配信チェック!

https://sp.subaru.jp/nbr24h/
帰ったら全6チューナーフル稼働・HDD容量ギリギリの録画でF1・インディ・ニュルを視聴です。


昨年の週末は友人の結婚式とまで被っていたので、
「盆と正月とクリスマスと地元の祭りと結婚式参加が被りましたよ」
http://minkara.carview.co.jp/userid/902271/blog/37949148/

という感じでした。。。

今年は一応、浅間ヒルクライムを2日間観戦し、日曜午後からは昨年挙式した友人がめでたくご出産とのことで、お子様に拝謁予定。

浅間ヒルクライムは去年のブログをご覧頂ければ伝わるかと思いますが、チェリーパークライン(車坂峠)を封鎖して超レアスーパーカー・クラシックカーからラリーカーやらフォーミュラまでが、標高2000m、高峰高原アサマ2000スキー場へ駆け上がるイベント。
普段はお目に掛れないマシンがエキゾーストサウンドを響かせ異種混合のコラボシーンを提供してくれます。
ガチで駆け上る必要は無いので勝ち負けはオマケですが、逆にスタート順通りに帰って来ることも無いので、〇千万円クラスのスーパーカーをラリーカーがオーバーテイク!なんてのが観れたり!

当然、峠をまるっと使用するので入場時間ならぬ公道封鎖時間をよく確認して行く必要がありますし、それなりの標高なので朝の内は肌寒く、昼には紫外線にご注意。
土曜はナンバー付き参加車両のパレードランに紛れて登れたら最高!!



ここで話は変りますが、
ちょこっと色気を出してカーボンシートを全面に貼って復活させたリップスポイラーですが外しました。

スポーツランドやまなしを走行してキャリパーに熱が入りカラーチェンジしたのがリップスポイラーがクーリングに影響したからではないか?

というのと、

峠走っててコーナリング中に着地してバンパーに砂利をすくい上げて飛び石傷だらけになっていたり、バンパーの端っこが外れたりする


ことと、
(写真は前回記事の『母の日配送』 時にFTR先輩と諏訪大社下春付近の足湯がある床屋さん~霧の駅まで走行した時)

その後、ちょこっとリップが垂れ下がった状態で実家の駐車場入り口の段差にゴリッとやって留め具がだいぶ壊れてビニール紐で吊る羽目になった

ことによります。

冬まで200km/hから飛び込むコーナーとか走る予定無いので(冬には有るってこと♡)、
車高上げて重心高くするよりリップスポイラー外して気兼ね無く縁石アタックする所存。

5/21深夜に、せっかくリップ外したので久しぶりに悪路なうちの裏山=高ボッチに登ったら


無駄にチャレンジャーなフレンズ達多数に遭遇。
こちらに戦意はございません。。。


『アロンソ効果』で注目度↑↑のインディも、ファンの多い代役JBも気になりますが、
WRX STI 3連覇達成なるかも気になります!

非常にテンション上がる週末ですが、
浅間ヒルクライム観戦予定の方、峠入り口は 【小諸警察署】 のちょい上となっております。
何卒色々お気を付けてお越しください。
Posted at 2017/05/25 00:49:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ
2017年05月14日 イイね!

諏訪湖・霧ヶ峰経由の母の日配送してきます

諏訪湖・霧ヶ峰経由の母の日配送してきます今朝目覚めた瞬間、

はっ!!!!(゜ロ゜)!!!!

母の日のプレゼントの配送先の指定、実家にするの忘れたんじゃない!?

今ヤマトサンからブツを受け取りましたので、
諏訪湖・霧ヶ峰経由の日帰り配達にでます。

ヴィーナスでガリガリ擦ったリップスポイラー外したり洗車して、F1観ながらシチューでも作ろうかと思ってたのに!

土日の昼の霧ヶ峰はどれくらいぶりだろう?
天気はまぁまぁだし、良しとします♪
Posted at 2017/05/14 12:27:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「本庄サーキット☆デビュー トレイス走行会 http://cvw.jp/b/902271/40565122/
何シテル?   10/12 00:50
  ~ B研spec-c_RA-R ~            愛車 SUBARU IMPREZA WRX STI spec-c typeRA-R...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

ラジエーターホース交換 ~① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/21 15:26:48
リコール対応とFSWテスト結果 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/18 22:49:26
プライベートレッスン。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/12 23:29:54

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI typeRA-R (スバル インプレッサ WRX STI)
2011年3月 震災を機に「人間何時死ぬか分からん」と思い立つ 同年4月 GDB ST ...
スバル インプレッサ スバル インプレッサ
ずっと走ろう STIと走ろう

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.