• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年02月25日

カートで実車のトレーニング?

カートで実車のトレーニング? 「筑波の仮想練習走行(F1カート宮沢湖)」の続きです。

カート食わず嫌いの貴方も是非、この機会にカートを実車のトレーニングの一環として取り入れてみてください。

一般公道のトレーニング練習でフォローできない部分とは

■スピード感のトレーニング。
■ヘルメットを被って運転すること。

安価で身軽に、それらを補えるレンタルカートの存在は貴重ですよね。そして、コースによっては、対筑波サーキットの予習も出来るお得な特典があります。それは、フルブレーキからのヨーイングを利用したコーナリングの体験訓練。そして、フロント荷重のかけ方の意識の大きな練習が出来ます。

カートのスピード感は、実車のソレを凌駕しています。カートの速く素早い挙動変化に比べると、実車ではスローモーションに感じるほど、身体センサーの大いなる訓練になります。


さて、レンタルカートですが、走らせ方はカートの走らせ方をしません。

ここが大きなポイントです。

実車の練習を睨んだ走らせ方をします。そして、その偏った走らせ方のまま、タイムを詰めていくのを基本とします。

しかし、1人で走っていると・・・つまらん。本当に気合いが入りません。バトルができるよう、仲間と走られれば、サイドバイサイドの走りは、さらに大きな訓練にもなりますし、何よりワイワイガヤガヤ楽しいです。

3/6の村田杯、お気軽にご参加ください。対、筑波の練習になります。

宮沢湖の1コーナーと3コーナーは、ダンロップコーナー。3コーナーの立ち上がりは2ヘアピンの立ち上がり。4コーナーは、ダンロップと最終コーナー。最終コーナーは特別で、1コーナー、1ヘアピン、2ヘアピン、そして最終コーナーの擬似練習になります。

カートは、ブレーキがリアにしかありません。そしてサスが無くリジットです。

実車補習たるポイントのフロントタイヤに荷重をかける事。が、実車と機構が違う分、より意識をしてフロントタイヤに荷重をかけないといけないので、より練習になります。

右コーナーなら、左フロントタイヤ、左コーナーなら右フロントタイヤ。ここに荷重をかけて曲がる意識をするのですが、なんと、バイクのように人間の体重を荷重として利用します。もーー、体ごと荷重をかける意識をするので、体で覚える!ってヤツになり、カートで練習後の実車のドライブは「なんて楽で簡単なんでしょ・・・体が痛くない」と涙が出ます。

右周りの1コーナーは、アクセル全開で回られます。意識するのは、左フロントタイヤに自身の体重を乗せるように工夫すること。そして、そのスピードで回られる感覚を無意識に取り入れる事。

続く、2コーナー、3コーナーは、フロントタイヤ荷重をかけるのにプラスして、背中をシートに押して回りたい反対方向に体をよじり、「ヨー」を体で発生させます。2コーナーは、荷重ブレーキを唯一いれて曲がるコーナーなので、その操作もプラスして曲げて見ます。

4コーナーは、ラインの勉強になります。つづく、最終コーナーまでの最高速度を上げられるラインと走り方を模索します。ステアを少しでも切って曲がる行為は、カートでは減速を招いてしまう特性を考えます。

ラインを最短にすると、ステアを切り込んでショートカットで曲がれます。ステアを切らずに、真っ直ぐ走って4コーナーの手前で、フロントタイヤに荷重をかけて、ヨーを体で発生させて、一瞬で車の向きを変えても曲がれます。走り比べて選択をします。

さて

問題の最終コーナー。

ここは、大いなる練習になります。

■スピード感習得の練習。(実車の速度感覚は180キロからの突っ込み相当と言われています)
■ヨーイングの体験練習。(一般公道では無理なヨーで曲げる練習)
■フルブレーキングの体験練習。(速度感覚約180キロからの擬似練習になります)
■曲げるブレーキの体験練習。(ヨーを発生させる積極的な練習になります)
■フロント荷重を意識する体験練習。(ブレーキングゾーンの練習、ゾーンを縮める練習)
■カウンターの体験練習(素早いセルフカウンターの体験練習が出来ます)

コーナーの奥まで突っ込んで、フルブレーキと荷重ブレーキ、ステアと、背中回しの4点セットで、一気に向きを変えるのです。実際には、ベストタイムは伸びませんし、インが、がら空きになるので簡単に指されてしまいますが、この走り方の練習をしていると、実車で、筑波に対峙した時に、速度による恐怖心は、驚くくらい薄れていて、最終コーナーも速度による苦手意識もなくなりますし、低速コーナーの処理も難しくありません。

スピード感が遅く感じられ、ゾーン(余裕を持って周りを見られる事)が、驚くほど広く大きくなっているのに気付きます。


参考動画→こちら

↑先頭のカートが最終コーナーの回り方の練習をしています。フロント荷重が足りて居ないので、ヨーガ少ししか発生していないようです。

つづく
ブログ一覧 | 事前トレーニングの課題 | 日記
Posted at 2011/02/25 17:23:03

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

やっぱりうるさいなwww
cccpさん

BMW iDrive 2018年版 ...
トシ棒さん

湧水の里
梅三郎@FDNDさん

壊れた・・・パート3
れがりあさん

黒松内!粋な牧場オーナーさん☆彡2 ...
atrai 1さん

爆弾ハンバーグオフ at 鶴ヶ島
まあちゃ5518さん

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

【BMWPoleSitter/BMWポールシッター】 OnlyBMW車輌(NEWMINI)による走行会形式のタイムアタックレース※X3.X5.X6除く ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

BMWPoleSitter WebSite 
カテゴリ:ポールシッター本サイト
2011/01/28 12:38:52
 

ファン

12 人のファンがいます

過去のブログ

2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.