• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

foxwoodのブログ一覧

2017年10月07日 イイね!

BMW 320d M Sport初めての車検

BMW 320d M Sport初めての車検
速いもので、もう3年が過ぎて、今回が初めての車検です。総走行距離は36,648kmです。 年間走行距離は大体12,000km位ですね 
燃費が最高に良い時で17.2km 最悪で10.29km 平均燃費は13.2km位です。特にエコランを心掛けるような人種ではないので、とても経済的な車です。
月平均2回海外出張している事を考えれば、結構走っていると思う。



車を引き取り入庫してもらって、
送られてきた車検見積もりではリアのブレーキバッド(センサーまで残り1mm)とブレーキディスク(摩耗限度まで0.3mm) ですから、交換で合計8万円と書かれていた。 
BMWは 摩耗限度ってコンマmm単位で計測するのかよ?って思ったが、それよりもフロントの方が盛大にブレーキダスト撒き散らしてるけど、なんでリア交換なの? 
フロントは交換しなくてもいいの? という疑問のほうが 大きかったんですが、 
まあメカニックさんには、今まで何ら不満はありませんので、素直に交換をお願いしました。

ナビのアップデートをお願いしたら2年間アップデートというのがお得です。と進められたので「じゃぁ....それもお願いしやす。」......と
なんでも来年と再来年は¥4,725でアプデ出来ると... これが 〆て¥37,000
得してるのか?損してるのか?解らないようなお値段ですが、これで中央環状線山手トンネルが表示されるように成ると嬉しいな 
羽田側から首都高に乗ってトンネルに潜っても、ナビは地上の住宅地走ってるのよね 
それと新東名やら圏央道もここ数年で随分と整備されてきたしねぇ
最近の横浜青葉インターチェンジ・ ジャンクションから国道246への繋がりなんてタコ足配線(死語かしら)の様に成っちゃってるから、いつもの感じで出掛けたら、この間は入り口が判りませんでした...(^^;;;

USBメモリでサイトから地図データをダウンロードして..車のUSBジャックに差し込んで、etc ......自分でやれないこともないのですが、試しに音楽データを移植しようと手持ちのUSBメモリを車に使ってみようとしたら、USBシャックの収納スペースが狭いのとメモリの横幅形状が大きくて刺さらなかった....一気に萎えたなぁ   

それよりも買ってから直ぐに始まった助手席側の窓から聞こえてくるチリチリ音と最近始まった路面の荒れた所を走ると運転席側のドアから聞こえてくるカタカタと言う異音 

もうね... カタカタ音がする度に「駆け抜ける悲しみ」を味わうってどうなの...

我慢も限界に近づいたので、サービスにお願いしたら、運転席側のカタカタ音がしているときに、ドアロックピンを触ってみて下さい....と

「あら不思議 止まるじゃありませんか」 電話で伝えたら嬉しそうに「それでしたら直ぐに治せますっ!」
...だってさ...ちょっとイラッとしましたが、大人の対応で、「助手席のチリチリ音もよろしくおねがいしますね。」...と

(BMW ドア異音)ググってみたら、此の異音については2つとも、結構詳しく書いてあったので、ディーラーも理解しているんだと思う。

BMWの初めての車検が終わったて今日納車されてきた。 
いの一番に悪路走行テスト….「治ってる」...(^^/
出来るじゃありませんか! 我慢してないで、もっと早くお願いすればよかった。

国産車のミシミシ音には、「こんなもんだよね〜」と寛容なのだけれど、ドイツ車から異音がするのは、なんだか許されないような気がしちゃうのは、僕だけでしょうか?
Posted at 2017/10/07 16:25:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月28日 イイね!

Prima Series AP8.9bit

Audisonと言うイタリアのCarオーディオメーカーが有って、そこからPrima Series AP8.9bitと言うパワーアンプが出ている。

車の純正オーディオ・システムに対して専用ハーネスが用意されていて、改造しないで組み込むことが出来る。
何が優れているかというと、このアンプには8chアンプと9chデジタルプロセッサーが搭載されている。

純正ヘッドユニットからスピーカーに接続されているケーブルの間に専用ハーネスで割り込ませる形で接続する。
つまり純正ヘッドユニットは、そのまま使える。
その純正ヘッドユニットで再生した音楽信号を、AP8.9bitの中でデジタル信号に変換し、DSPでクルマに応じた補正を行ったあと、
パワーアンプで増幅してスピーカーを駆動するというわけ。



Prima シリーズのテクノロジー (以下AudisonのWeb siteから抜粋)
=====================================================
今日、市場に出される95%の車には純正のオーディオ・ヴィジュアル・システムが装備されており、接続できるソースも多彩になって使いやすさは向上してきていると言えますが、各部品の品質が低いため音質が犠牲になっているものが多いです。一般的に、音質を向上させようとするとシステムに大掛かりに手を加える必要がでてきます。ソースユニットはダッシュボードに組み込まれており、タッチスクリーンやステアリング・コントロールから操作するようになっています。また、スピーカーのインストール位置も理想的なポジションではありません。

AudisonのR&Dチームは純正システムの音質アップグレードに焦点をしぼり、最新のbitプロセッサによってすばらしい結果を生み出しました。その原点は、このカテゴリでのリファレンスとなるBit Oneであり、その後、最新のテクノロジーを加えた革新的なbit Tuneの登場で、システムの主要なパラメータを検証し調整することが可能になりました。

また、TMD(Total Music Distortion)測定システムの導入でR&Dチームが純正システムのひずみを算出したところ、ほとんどの純正システムでは平均して90dBで20%のひずみがあることが判明しました。さらに解析を進めるとこのひずみの主な原因はスピーカーを駆動しているヘッドユニット内蔵アンプのパワー不足であることも明らかになりました。

純正システムのアップグレードと言えば、これまではまずスピーカーを交換することでしたが、この研究結果から純正システムの音質の向上にはアンプを追加して出力を増やすことが必要不可欠であるという結論に達しました。

純正システムにはさらに問題があります。スピーカーの物理的な限界を隠すためにソース側にイコライジング処理が施されているため、アップグレードで追加したアンプやスピーカーの音質向上効果が発揮されないことになります。この問題を解決するためにAudisonのR&DチームはDSPを内蔵したアンプのラインナップを導入することにしました。純正ソースのイコライジングをニュートラルな状態に戻し、周波数レスポンスをフラットにします。また、カーオーディオ・システムでは常に問題となる、スピーカー取付位置の不均衡による位相のずれもDSPによるタイムディレイで補正することができるようになります。
=====================================================

この内容にグラッと来てしまいました。
パソコンに調整用のソフトウェアをインストールして、調整パラメーターを俯瞰できるインターフェイスを使ってクロスオーバー、イコライザー、タイムアライメント。クロスオーバーポイントが弄れる 8Ch有るので、つまり 昨年導入した、FOCALのユニットを個別にコントロールしてこんなことが出来る。(位相のずれ)タイムアライメント調整ができる様になる事が一番の理由かなぁ

面白いのは、AP8.9bitのチューニングデータは、オーディソンのサイトにアップロードすることができて別のユーザーと共有できるコミュニティがあるのです。同じ車種のチューニングデータがあれば、参考にできますね。



と言う事で導入決定。
取付けと調整は以前FOCALを取り着けてもらったUNITED GROOVEさんにお願いすることに成りました。
アンプはトランクに設置してもらいますので、配線引き回しがちょっと大袈裟なことに成ります。
コントローラーユニットはどうしようかなぁ? コンソールの灰皿は使わないので、取り外してその部分に埋め込めないかなぁと思案中。



Prima AP8.9bitは35Wx8chアンプですので、各スピーカーに配線してもらいます。
1スピーカー1チャンネルです。
フロントドアで4チャンネル使用。
運転席と助手席座席下の其々のウーファーは出力を上げるためブリッジ接続(35Wx2で70W)にして貰います。
つまり4チャンネル使用します。計8チャンネルでドライブという事に成ります。

問題はこれを導入した後でLAYERED SOUND レイヤードサウンドと、どの様に調整組み合わせをするかという事。楽しいけど時間もかかるなぁ
Posted at 2017/02/28 22:11:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月24日 イイね!

R2よさようなら DEMIOいらっしゃい

嫁が街乗りや買い物で使っているR2がそろそろ変え時と言う事で、色々と試乗しました。
軽自動車からコンパクトカー Bセグメントへの実質格上げ買い替え選択です。
フォルクスワーゲン ポロ ブルーGT / Volkswagen Polo BlueGT
ミニペースマン クーパー D (これは僕が乗ってみたかったのでした ...笑)
スマート フォーフォー / smart forfour

結局最後に残ったのは
『Mazda2(日本名:マツダ デミオ)』ディーゼルです。



走りの味に拘りのある嫁が選んだのですから、デミオも随分と進化したのだと思います。
嫁曰く「走りに一番剛性感が有る」そうです。
マツダ 頑張ってるね

残念ながらヴィッツやノート、フィット、は最初から選択肢に入ってません。嫁曰く「ハイブリッドは嫌い」なんだそうです。???
理由は「ノタノタ走ってるのが多いから」...どうもプリウスに偏見が有るようで、一即多にしてしまっているようです..(^^;;;;

僕は車のセールスマンでは無いので、敢えて、その違いを説明する気は毛頭ありませんから、どうでもいい事なんですけれど、カワイイとかを盛り込んだ女性向けの車を全く求めていない、走りを重視した女性ユーザーが居ることだけは確かなようです。
Posted at 2016/12/24 04:59:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月19日 イイね!

オーディオルームの音源を車に載せる。

自宅のオーディオルームの音源は既にPCオーディオに成っている訳ですが、全く同じ音源をiPodで持ち歩いてヘッドセットで聞いています。
同じようにCDからリッピングしたデジタル音源をAIFF非圧縮フォーマットでiPodに詰め込んで、BMWのiDrive USB オーディオインターフェイスに繋いでいます。これで、オーディオルームの音源が手軽に車で聞ける事になる。

大切なのは、非圧縮フォーマット AIFF もしくはWAVでiPodに入れるという事。非圧縮フォーマットと言うのは(録音された時の音そのままと言う事)
Macintosh AIFF (*.aif *.aiff) MicrosoftWave(*.wav) と言ってAIFFはMacでWAVEは主にWindowsで使われる無圧縮の音源の事です。
音質は下のように圧縮していくと死んでいきます。
AIFF = WAVE>AACやMP3

CDからリッピングすると言うのは、X Lossless Decoder(以下XLD)と言うリッピングソフトを使ってCD に入っている LPCM 16bit, 44.1 kHz サンプリングというフォーマットのデジタル音声をパソコン(僕の場合はMac)に録りこんでやる事です。
このXLDソフトの優れている所はCDの読み取りエラーが疑われる箇所は、何度でも繰り返して読み取りを行い、 正確で最良なデジタルデータを録り込む事が可能に成るのです。



なんだよ そんなの車のヘッドセットでCDを録音してやるのと同じですよと、仰るでしょうが、然にあらず!
XLDで取り込んだAIFFをiPodからUSBでBMWのiDrive USB オーディオインターフェイスに繋いだ方が音が良いのですね〜品位が違います。
間違っても、iPodのヘッドフォン・ジャックからは繋がないようにして下さいね



もう一つオーディオルームで編集したプレイリストがそのまま使えるのもとても便利 
BMWのセンター・コンソールのiDriveコントローラーでブラインドタッチでグリグリしながら選曲する訳ですが、iTunesのミュージックプレイリストを沢山作っておけば直感的な操作感で選曲出来ます。多分僕はiDriveコントローラーは選曲の為に一番使っていると思います。(笑)余談ですがステアリングに着いている音量コントロール±キーの間に有る。ゴム製のノブを回しても選曲できます。押し込むと決定。
もっともiPodには500曲以上入っているわけですから、プレイリストで仕分けされていないと、探しようがありません。



USBコードにはAudioquestのUSB Cinnamon 2を奢っている。
このコードは心線に1.25%の銀メッキを施したソリッドLGC(ロング・グレイン・カッパー)を使い、この導線を練り合わせたツイストケーブルです。不思議なもので、このコードと通常のアップルの白いUSBコードではまるっきり音が違います。一聴して判るのは音場が一気に広がって、高品質なHiFiサウンドが広がります。
まあ 値段から比較しても音が良くないと困るわけですが....(^^;;



ちなみにAudioquestのUSBケーブルは偽物が出回っていますので、購入にはご注意下さい。

Posted at 2016/09/19 07:03:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月15日 イイね!

FORCAL ES100K for BMWとLAYERED SOUND レイヤードサウンド組み合わせ調整

もう参りました。FORCAL ES100K for BMWは素晴らしいです。 これだけで十分に聞けます。
特に今まで不足していた中低域の音域が分厚く再現されます。歪の少ない情報量あふれる艶やかな中低音!
中低域から中高域150Hz~800Hzまでのベースからボーカルに至る帯域を量感を持って音楽再生するのはとても難しいのですが、フォーカルはその部分を見事に再生しています。
パッシブネットワークで信号を切って居ることが効いているのだと思いますが、基本的にスピーカーユニットが優秀なのだと思います。



これにLAYERED SOUND レイヤードサウンドを組み合わせるには、ちょっと難しい調整が必要になりました。
と言っても、聴感で試し聴きを行いながらアンプのパラメーターを弄る試行錯誤ですから、楽しみで在ることは確かです。

で最終的に行き着いたセッティングがこれ



LEVELは今までと同じ位置 
何故ならば、FORCAL ES100Kの能率は純正と変わらないからです。ココらへんのツマミの位置は大変に微妙で、ほんの少し動かすだけで、音圧が変わるので神経を使います。
ポイントは、LAYERED SOUND レイヤードサウンドの再生音が目立ち過ぎない位、そしてFOCALの音に没しない位のギリギリの所... これは試行錯誤して探すしかありません。二人で作業できれば能率が良いのですが...

HPF(ハイパスフィルター)はあまり下まで出さずに、写真を見ていただくと解りますが400Hzの目盛と1000Hzの中間位で感覚的には,600Hz~700Hzくらいかなぁ〜目盛的には600Hz~700Hzですが、聴感上では900Hz位です。
あまり下げると、FORCALの綺麗な中低域に掛かって来ます。美味しい所が消えてドンシャリ傾向に成るので、それが好きな人は良いかもしれません。

TRBLEは+4dBアップ ここが一番 大切な見つけたポイントでHPFの位置と連動しています。キラキラと輝く音の余韻がフロントウィンドウに展開します。

このセッティングは、CDをリッピングした無圧縮音源(AIFF)を入れたiPodをUSBで繋いで再生しているので、CDをBMWのHDDに取り込んで再生した場合は、若干派手な音になる傾向に成りますがまあ十分に聞けますよ。



今回FORCAL ES100KをBMW 320dにインストールして感じたのは、フォーカルはネットワークも含めて、まじめに音作りをしてこのセットをマーケットに出してきているなぁと言うことです。
最近の純正カーオーディオは積んであるアンプの中で、スピーカーユニットの音域と音質調整まで整えて出してきているので、ポン着けでユニットを交換しても、アンプ側で信号が弄って有るので音がバラバラに成ってしまうのです。その辺りを実車に搭載して念入りに調整しているんだなぁと感じた。
まぁ スピーカーユニットの素材が良くて優秀なスピーカーだから出来るという部分もあるのですが...

FORCAL ES100K for BMWとLAYERED SOUND レイヤードサウンドを組み合わせている人は少ないかと思いますが、居らっしゃったら是非参考にされて下さいませ。
極上の車載音響環境に包まれることが出来ます。

フォーカルの指定販売特約店で府中に有るUNITED GROOVE (ユナイテッド・グルーヴ)さんで取り付けて頂きました。 とても丁重な仕事で安心できました。見て下さい↓このキッチリとした配線と取付施工 素晴らしい!



それともう一つ...日頃から気になっている大切なことを...
必要以上の過剰なデッドニングは音響環境が崩れますので、お金を掛けてまでやる必要はありません。 ドアパネルの隙間を全部塞いでいる様なデッドニング施工の写真を見ますが、ドアを締めた時の排圧が変わったり、ドアの開閉音も変わってしまいます。車のシーリングは全て計算されて居ますので(ドアの開閉音まで)ヤラないほうが無難だと思います。過剰なデッドニングを施して、音が良くなるって...保証はありません。何故ならば、窓ガラスが居りてくる隙間や、ドアの最下部に開いている水抜きの穴は塞いでいないでしょう?塞いだらエライ事に成ります。 ドアパネルをあたかもスピーカーBOXの様にするために、デッドニング云々を言うのは可笑しいと言うことです。デッドニングはあくまでも、共振防止ぐらいで、程々が宜しいでしょう。
あとスピーカーユニットの背面に吸音材を沢山入れ過ぎると、音が死にます。 
少なくとも、オリジナルのアンプでスピーカーを変えるくらいのチューニングであれば、デッドニングの必要はありません。
Posted at 2016/09/15 21:01:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「BMW 320d M Sport初めての車検 http://cvw.jp/b/907078/40540888/
何シテル?   10/07 16:25
foxwoodです。よろしくお願いします。 EZ30のフィールが大好きで GT30からB4 DBAーBLEと乗り継いできましたが、 EZ30を搭載した...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
長いこと乗ってきた スバル・レガシィB4 3.0 spec.Bですが、ついに走行距離62 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
SUBARU R2 typSからの乗り換えです。 マツダも頑張ってるなぁ 内装等もとても ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
B4 3.0R spec.Bです。 殆どノーマルで乗ってるんですが、ほぼ満足ですね ...
スバル R2 スバル R2
SUBARUは2002年ごろから かつてアルファロメオに籍を置いていた、アンドレアス・ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.