• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ノイマイヤーのブログ一覧

2018年01月03日 イイね!

RAV4で帰省しました

RAV4で帰省しました新年あけましておめでとうございます。

本年は息子も遠出が出来るようになりつつあり
埼玉の祖母にもひ孫の顔を
見せられるようになればと思っています。

年末年始は2泊3日で奈良へ帰省しておりました。

私自身は20年以上に亘り
年末年始は父の実家の埼玉に居ましたが、
子供の頃から大変楽しみなイベントでした。
祖父母を始めとする親戚にあうのも楽しみですが、
道中の長距離ドライブも大変楽しみでした。

H11V、EP71に始まり、KAJC23、SR40G、RG1へと
家車が変わり続けても埼玉への帰省は
我が家の車の晴れ舞台でもありました。

さて、時代は流れ、家庭を持った私は一人ではなく
家族と共に帰省するようになりまして、
今回は初めて息子を連れての帰省となりました。

妻のミラココアは広いのですが
長距離にわたる高速走行は不向き、加えて夏タイヤのため
新品バッテリー+新品スタッドレスのRAV4で帰省することになりました。

子供がいると、旅行の荷物が膨れ上がります。
特に我が家は心配性なので
あれやこれやと荷物が増えてしまいます。

RAV4ショートの微かな積載性をフルに活かして
パンパン状態で帰省しました。
高速道路でもフルタイム4WD故か
強風の伊勢湾岸でも車高の割に安定感がありましたし、
名阪国道の急な上り坂もローギアードな2Lエンジンのおかげで
失速することなくグイグイ坂を登りました。

帰省先でも家車のDEデミオに
妹家族と父、RAV4に我が家3人と弟を乗せて二台で
初詣や初売りに出かけました。

世間一般的には私がアルファードでも買えば
皆喜んでくれるのでしょうが、
車好きの病気を長く患った私は普段使いの便利さから
コンパクトなRAV4が手放せなくなりつつあります。

帰りは親兄弟・親戚からお土産を貰い更にパンパン状態。
最初はたくさんの荷物を積む為にRrシートをタンブル格納しましたが、
思いのほかRrシートが立派で分厚い為、
タンブル格納の効果は期待外れでした。
これは左右とも倒して床面積を稼ぎたいときの方が有効でしょう。
我が家の荷物はシートバックを前に倒し、Rr足元スペースも使って
ガンガン荷物を積んだ方がたくさん積めました。

幾つかのモデルがRrシートを
安全性や座り心地を悪化させてまで
薄っぺらくしたくなる理由の一端が分かった気がします。
更に、2代目RAV4のRrシートは脱着可能なのですが、
積載性と座り心地を両立するこの機構が
採用された理由も今なら良くわかります。

子供の荷物は卒乳してオムツが取れたら
きっと徐々に減るでしょうから、
今後は子供が増えない限りRAV4で十分遠出できそうです。
(子供が増えたらスーツケースで実家へ発送ですね)

昨日帰宅しましたが、残りのお休みは
しばらく家族でゆっくり過ごしたいと思います。

皆様、本年もよろしくお願いいたします。
Posted at 2018/01/03 23:27:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | RAV4 | クルマ
2017年12月30日 イイね!

免許取得後、初めて親を乗せた車

免許取得後、初めて親を乗せた車ライトエースノアGメモリアルエディションは
親が2000年7月に購入した車だ。



当時はカローラ店がタウンエースノア、
ネッツ店がライトエースノアを取り扱っていたが、
私がFrバンパー意匠のフレンドリーさからライトエースを選択。
グレードは兼ねてから装備が魅力的に映っていた
特別仕様車Gメモリアルエディションを狙った。

初代バネットセレナFGと較べて実にトヨタらしく
枯れた技術を安く使って車を走らせながら
充実かつ豊富なアクセサリーで目を眩ませる。
当時としては実にいいチョイスだった。

我が家としては初めてのバックモニターつきカーナビに感動。
他にもティンテッドガラス、プライバシーガラス、フルトリム、
スライドドアのパワーウィンドゥ、用品カーテン、本革巻きステアリング、
時間調整間欠式ミストつきワイパー、電格ドアミラー、
マルチリフレクターヘッドライトなど、
装備・アクセサリーの豊富さは大変満足していた。



上でも書いたがメカニズムはレイアウト以外はうまく
ワンボックス時代の部品や他車の部品を流用している。
懸架系や燃料系はワンボックス時代の流用品が多いのでは無いか。
商用車系とうまく共存しようとしていた時代のミニバンだった。

基本的に純正を維持していたがホイールカバーだけは
家族がガリガリにしてしまうことを懸念して
タダでもらったbBの純正ホイールカバーをつけていた。
意外と似合っていてお気に入りだった。

親の車だったし、免許も無かったので
親の運転でスーパーへの買い物やレジャーに付き添った。
その後、免許を取り初めて運転した家の車
という記念すべき車でもある。
仮免許練習中は張り紙をして近所を走り回ったり、
若葉マークを貼って夜の清滝峠に行ったのはいい思い出だった。
タイヤローテーションやエアクリ、プラグ、オイル交換にも挑戦し、
車を学ぶ上での良い教材にもなってくれた。

2007年にRG型ステップWGNに買い換えるまで7万kmほど乗ったはずだ。

当時は石を投げればノアに当たるといえるほど街にノアが溢れかえっていた。
帰省で高速道路を走ればノア・ノア・ノア。
今はもう廃車になったり輸出されたりでめっきり数が減ったものの、街で同型車を見かけると
家族で色んな所へ出かけた思い出が甦って懐かしさを感じる。

そんな理由から、前期好きの私としては珍しく後期型の方が好みなのだ。
Posted at 2017/12/30 22:56:36 | コメント(0) | 思い出話 | クルマレビュー
2017年12月21日 イイね!

2017年12月新舞子サンデー参加!

2017年12月新舞子サンデー参加!









12月17日に開催された新舞子サンデー参加しました。

会場が自宅から程近く、AMで確実に帰宅できる為、
私のような身分には敷居が低いイベントです。

当日は道中から雲行きが怪しくなり、吹雪に見舞われました。

極寒の中でも早朝から参加されている方には頭が下がる思いです。
私はAE92冬眠中のため足車で参加しました。

詳しい写真はコチラをご覧ください!


会場にはAE91とAE110が居るではありませんか!
車を止めてすぐ駆け寄ってしまいました。



2006年に自分がAE92を買った時は誰からも理解されませんでしたが、
ようやく時代がついてきたんじゃないか!と勝手に嬉しくなります。



私のGTは農協おじいちゃん仕様ですが、このシートクッションは羨望の眼差しを送ってしまいました。
暖かくなったら是非自分のGTとも並べていただきたいなと願っております。

マニアックな人たちのマニアックな集まりなので、こんなすごいカー用品も見せてもらいました。


来月も参加できるといいのですが。

私の近況ですが、急に寒くなり体調を崩しました。
元々肩こりが酷いのですが、PC作業中心の仕事の為
悪化して首が固まり、激しい頭痛に見舞われています。

今はラジオ体操して身体をほぐし、医者から処方されたロキソニンと胃薬飲んでます。
それでも痛い時があるので年末までに回復するか不安です。

皆様も御身体には十分気をつけてくださいね。
Posted at 2017/12/21 22:47:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月29日 イイね!

細かすぎて伝わらない名古屋モーターショー

細かすぎて伝わらない名古屋モーターショー









味わいがある旧い車を楽しんだ後は
やっぱり最新の車を勉強した方が良さそう、
と言うことで第20回名古屋モータショーへ行って来ました。

平日に行ったこともあり、家族連れや学生服を着た若者を良く見かけました。
高校生以下無料というのは若者向けのプロモーションとして妥当と言えます。

他に目に付いたのは中年男性が車の下を覗き込んで
何やらメモを取っていました。
自動車メーカーの調査員かもしれません。

右肩上がりの時代、日本のメーカーの技術者は
世界各地のモーターショーへ行き、
下回りを覗き込んでせっせと仕事をする傍ら
会場の雰囲気を微妙なものにしていたそうです。

名古屋モーターショーは実は東京よりも出展メーカーが多く、
日本初披露になるモデルもあるそうで、
メーカー関係の人らしき人を見かけました。

さて、素人の私もせっかくなので
最新の車をじっくり見てきました。
EVシフトとか自動運転とか
壮大なテーマを論じる力は無いので、
非常に狭いレンジに絞って各車を見てきました。

気分を害される方が居られるかも知れませんが、
あくまでも個人の小さな感想ということで
お目こぼし戴けましたら幸いです。
車は基本的に新旧洋邦問わず大好きです。


1.コンセプトカー編


正直、いかにもな感じのハリボテは興味がないです。
(ホンダ不夜城を除く)
ですが、今後のデザインスタディや市販予定車を
モディファイしたものは興味ありです。

●ダイハツ・DNトレック
スズキのイグニスにぶつける感じだろうか。
飽和しそうなBセグSUVの小さ目を狙う戦略はアリ。
初代ティグアンのような端正な顔立ちと
ラウンドさせたお尻はキュートで、個人的に好みの意匠。



グリル奥の赤い挿し色はお洒落だなと思う。
市販車でも実現すると面白そうなアイデアだ。



2.国産市販車/市販予定車編

真っ先に新車が見られるのが魅力です。
2年前東京モーターショーに行ったときにおじさんたちが
アルトワークスに乗り込むために列を作って順番待ちしていた

微笑ましい後継が思い出されます。
実際に市販されて街中でよく見かけるので
如何に潜在的な需要があったんだろうかと言うことですね。

●レクサスLS

11年ぶりのFMCを受けたLS。
端正な印象から急に「エモい」方向に行ってしまった。
本流のマジメな高級車というのはもう需要がないのだろうか。
みんながチャラくなる必要があるんだろうか、とも思ってしまう。

LS(セルシオ)というのはトヨタの実質的フラッグシップなのだから
持てる量産技術の粋を集めて作られているであろう事は想像に難くない。

車をパッと見て驚いた。
ドアサッシュとサイドガラスの段差が皆無なのだ。
80/90カーのフラッシュサーフェスとは次元が違う、
超フラッシュサーフェスを実現している。
これは風切り音には大変有効なのではないだろうか。

https://response.jp/article/2017/10/20/301319.html

ここで詳細な記事があるが、ガラスランの構造が新しい。
ここで気になるのは250km/hで走る可能性もあるLSでサイドガラスの
吸い出され性能はどうやって担保したのか
と言うことだ。
そこはまだ謎のままだったが、少なくともサイドビューは
最新の車だなと分かる凄みを感じた。





ドアを開けるとリベットの跡がある。
という事はドアがアルミ製なのだろう。
お金があるから軽量化も高価な材料置換が可能になる。



ベルトラインモールにも注目したい。
SUSなのは当たり前だとしても端末にエンドキャップが無く、
ツルンとした一枚もので出来ている。
一般的には一定断面のモールを切断して
黒いエンドキャップをかぶせて終わりにすることが多いが、
LSはさすがともいえる一体構造を採用していた。
しかも端末位置がドアギリギリだ。
どうしても製造公差や製造ばらつきを見込んでしまうが、
ここまでつめることが出来るのは、モール、ドアの
製造公差が高いか、品質管理として選別を行っているか、
建付け工程でしっかり合わせ込んでいるかだ。

ちなみにディーラーで確認した結果ISは黒エンドキャップ、GSはメッキエンドキャップで
LSは一体構造という明確なヒエラルキーがあった。

輸入車は比較的Frドア後端とRrドア前端が近いが、
(ドア板金から飛び出しているものもアリ)
トヨタもLSだから頑張れたところもあったのだろう。

一方でがっかりした部分もあった。
ドアインサイドハンドルの手触りだ。
パッと見は立派だが、手を掛けると裏面側が
肉抜きされている
ことが手触りで分かる。
あたかも安物のラジカセの取っ手の様だ。



以前も触れたが樹脂部品は意匠側に
ヒケを出さない為に板厚を極力薄く作りたい。
そのため、肉抜きされてスライド方向に
リブが立つのも理解できる。
しかし、車に乗る人が必ず触れる場所が
このような安っぽさで本当に良いのだろうか
と感じてしまった。
大衆車でそこまで要求する事は過剰かもしれないが、
これはレクサスであり、そのレクサスのフラッグシップなのだ。
台所事情と言うか作り手の言い訳が垣間見える時点で
フラッグシップとしては厳しい評価となる。

私は歩いてメルセデスのブースへ行き、Rrシートに座った。
そしてインサイドハンドルに手を掛けるとそこには
無粋な肉抜きの無いツルンとした手触りを提供してくれた。
これだ!と思った。



やっぱり手で触れるところの印象がいいというのは、
いいモノの条件ではないだろうか。

トヨタはLSの開発中、競合車をベンチマークしたはずなのだ。
あのトヨタがそこに気づかないはずは無いと思うのだが、
メルセデスのインサイドハンドルに気づいていながら
敢えて負けるような構造にしたのは何故なのだろうか。
コストで天秤に掛けるような安い車ではないはずなのだが。

TNGAという考え方は徹底したベンチマークにより
世界最高レベル高性能な部品を広く流用して
安く使う考え方だったと記憶しているが、
「安く」だけしか達成しないのなら、
トヨタ車の総合的な競争力は上がらないだろう。

●三菱エクリプスクロス
色々あって、最後の純・三菱車になると噂されているが、
BセグSUVという試乗が真っ赤に染まったセグメントに
三菱も参入する事になった。

個人的にデザインは三菱らしいし適度にカッコいいと感じるし、
内装もどことなくNX風のタッチパッドを採用
(ただし、ブルッと振動はしない)するなど、
力が入っているなぁと感じる車だ。



細かいところに注目する趣旨から外れるので
これ以上の解説は控えて早速乗り込みたい。

ドアを開けるとヘミング部のエッジシールがきちんとある。


以前取り上げたランサーセディアでは省かれていて
当時の厳しい台所事情を感じたものだ。

室内空間も車格を考えれば十分リーズナブル。
デザイン重視と言う割りにはドアミラーも大きくて見やすい



パドルシフトが着いていたが、
ちゃんと金属特有の冷たい感触がある。



おぼろげな記憶ながら
初代アウトランダーからの流用かもしれない。
こういう部分に本物感があると嬉しくなった。
価格帯の違うNXですら樹脂塗装品なのだから。

この車の見所はミニカスキッパー以来?の
エクストラウインドゥつきのリアビューだ。
小型クーペSUVという意味ではヴェゼルよりもスタイルよりだが、
C-HRよりも小型でちょっと保守的な価値観の人でも
何とか着いて来れそうなところがちょうど良い。

レクサスRXやヴェルファイアが採用している
上ピボットのワイパーをRrスポイラーで隠す処理も採用されて
気合が入っている。



ただ、ワイパーが雪を掻いたあと、
バックドアガラスとスポイラーの間に段差があり、
いかにも雪が溜まりそうで、
後方視界がさえぎられそうなのが気になった。
一般的なワイパーなら横に流れていくが、
下にどんどん掻いた雪が溜まるのではないか



また、ライセンスガーニッシュの塗装面が
ざらざらのブツだらけだったことも日本では受け入れがたい品質だ。


分からないところで見栄えを切り捨てるのは許容できるが、
このように洗車時に触ったり見たりする場所の品質が悪いと落胆してしまう。
日本発売する前には品質を確保していただきたい。

個人的に好感が持てるので是非とも品質を上げて
再び愚直な車作りを我々ファンに見せて欲しい。

●スズキクロスビー

ジムニー1000、ワゴンRワイドなど、
スズキは軽拡幅系普通車を数多くリリースしてきた。
クロスビーもその一つだろう。
遠巻きにはFIAT 500Xにも見える。
アルトと決別したスイフト、ワゴンRから決別したソリオなど、
軽の影が見えない小型車は良作揃いだが、
クロスビーからは今のところ、
ハスラーを引きずってしまっているようにしか見えない。。

ハスラーも並べられていたので比較すると、
バックドアの水抜き穴がクロスビーだけ埋められている。



これはNV対策でゴム栓を追加しているのだが、
リッターカークラスでも採用している事は驚いた。
また、FRドアを開けるとインパネ脇にシルバー塗装の
オーナメントが着いていた。



これと言った機能を果たす部品では無いが、
ドアを開けたときだけ楽しめる演出は面白い。

室内空間も5人乗りになってRrシートスライドする
違いはあれど、さほど荷室も広くないので若干
中途半端な立ち位置に感じた。

●マツダCX-5
知人が「勿体無いFMC」と評したCX-5。
高級化が進んだが、デッキボードのストラップが
ステッチ入りの合皮になっていた。
個人的には切り欠きを入れて指を入れられるようにしたほうが
安くて合理的だが、小物が落ちてしまう懸念もある。
ストラップもナイロンのような材料ではなく
手触りの良い合皮を選ぶ当たりがうまいなと感じた。
ただ、十分な強度が与えられていないと破れ/ちぎれが発生するだろう。



●ホンダCR-V
北米ではいち早くFMCされたCR-V。
目玉はダウンサイジングターボとスポーツハイブリッドなのだが、
ホンダブースの目立つ位置のターンテーブルで展示されていた。
北米では台風の目玉のような売れ筋で言わば現代のアコードなのだ。



スラリと身長の高い外国人モデルが傍らに立ち、
ポーズをとっていたが現車を見て驚いた。
ドアフレームが凹んでいるではないか。



体重をかけるような場所では無いはずだが、
ちょっと弱々しく見えてしまったのは残念だ。

●ホンダクラリティPHV
FCVだけだと思っていたクラリティにはPHVがあった。
現代イオニックのように3種類のパワーソースから
選べる戦略をとるのだろうか?
愛知県では比較的良く見かけるミライは見慣れてしまい、
プロポーションが野暮ったく見えるが
こちらはデビュー後、あまり見かけることがない車種なだけに、
2年前から変わらない見た目の割りに鮮度があった。

気になったのはRrサスに取り付けられた謎の部品だ。
Rrサスメンもアームもアルミ合金製で軽量化に腐心しているが、
このプレス部品をアーク溶接で組み立てた黒カチ塗装品は
何についているのか用途が思いつかなかった。



空力カバーなら下面の大きな長孔が不要だし、
船舶固縛フックとしてはLWRアームなんかで車重を支えたくないだろう。

マスダンパーにしては軽そうだし、わざわざバネ下重量が
重くなるような場所につけるかも疑わしい。

もしかするとアームのプロテクターなのかも知れないと予想した。
スカスカに感じるが悪路の岩石や
氷のヒットには耐えうるかもしれないが)

それも何だか違うような気がしてきてしまい
素人の私には皆目見当がつかなかった。
(ご存知の方、教えてください。もちろん秘密にしますので―笑)


3.輸入市販車/市販予定車編


輸入車は日本市場でも好調にセールスを伸ばしているのですが、
隣の国の市場が大きすぎてスルーされている感があります。
そういう意味では定番のブランドはVW以外は出展してくれていて
じっくり見ることが出来ました。
ラテン車から降りたものの、じっくり見てしまうのはラテン系なのです。

●ルノートゥインゴGT
待ってた。待ちわびた1台。現代の日野ルノー4CV
妻(MT免許取得済)のミラココア代替にこれはどうだ!と思っていた。
見た目が可愛く、軽から乗り換えても
ボディサイズが小さくて違和感が少ないだろうと思った。
UP!も好きな車でGTIが出ると言う噂もあるが、
きっとVW価格で手が出せないだろう。
実はディーラーで標準車を試乗済で、ギリギリ
チャイルドシートとベビーカーが搭載できる。



ただ、やっぱりペタンと座って足を投げ出すパッケージングと
クラッチペダルがねぇ・・・・。タコメーターも欲しかった
極小RHDのマイクロカーはどうしてもここが泣き所。
スバル360は許せても2017年の乗用車だと気になってしまう。

それでも展示車を外から見ていると顔がにやけてしまう。

●DS DS7クロスバック
いつか出ると思ったDSのSUV。
どことなく、「きれいなハリアー」感がある。
ほうれい線、フィンアルミ、DLOなど類似した要素があっても
遥かにハイセンス
美しくなってしまうのはシトロエンのなせる技だ。



スタイリングに文句なし。内装のエロさに文句なし。
そして灯火類も息を呑む美しさだ。
FrもRrも美しいが、Rrコンビランプはワイドな意匠で、
その全てがバックドア側に着いている。



一般的なRrコンビランプはボディ側とバックドア側に分かれて
分割線が入るのが一般的だ。
そうしなくては荷室の使用性が悪化してしまう。
DS7クロスバックはアウディQシリーズのアイデアを拝借して
バックドア側にRrコンビランプ全てを取り付け、
バックアップランプとウィンカーを
バンパーに別で取り付ける方式を採った

バックドアを開けると、Rrコンビランプを受ける広い面が見えるが、
アウディと較べるとクオーターパネルとランプハウジングパネルの
合わせ面が雑であることが気になってしまった。
下部のバンパーとの合わせは縮みフランジの線長対策で
切り欠きが入っているので穴が開いている



ネタもとのAUDIを確認すると、
きちんとエッジシール処理がされていた。



こういうところはマジメだなぁと感心した。
AUDIはスポットの打痕も無いが、
シーラー線の下にはレーザー溶接があるのかも知れない。

DS7クロスバックの場合、せめてシーラーを打って
ヘラや筆で綺麗に仕上げれば良いと思う
のだろうが、
変なところでコストを削るなあと感じてしまう。

他に個人的に感心したのはデッキボードだ。
デッキサイドトリムにバネ支持の突起があり、
デッキボードを操作する際にこの突起を乗り越えれば、
空いた状態を保持してくれる。



大変便利そうだが部品点数と仕入先でのASSY工数が
増えることを嫌うので恐らく真似するメーカーは無いだろう。

●ジャガーEペース
ついにジャガーもスモールSUVに参入。
伸びやかだったFペースと較べると実車を見ても
ずんぐりむっくりちんちくりんな感じは否めずで残念。



ベルトラインを低く出来なかったのが敗因か。
サッコプレートを使うなどしてドアの厚みを緩和する
方策も合ったと思うのだが。

やっぱりこのクラスはマカンの圧勝だなぁと
買えもしないのに思った次第。

●まとめ
今年は東京へはいけなかったが、終日楽しむことが出来た。
東京と較べると家族連れが多く、アットホームな雰囲気は好感が持て、
二年後はわが子と来れたら楽しいだろうなと思う。
Posted at 2017/11/29 22:50:22 | コメント(3) | トラックバック(0) | 新車 | 日記
2017年11月22日 イイね!

2017年11月新舞子サンデー参加!

2017年11月新舞子サンデー参加!11月19日に新舞子で行われた新舞子サンデーに行ってきました。
今回は90年代の並びを作るためにAE92はお休みでSXA10Gで参加しました。

一応前日に片付けて洗車してワックス掛けたのですが、
元々汚い車なのであんまり綺麗にならず、
会場を汚していたのですが、
それでも注目してくださる方も居られ厚く感謝申し上げます。

会場で見かけた刺さり車は下記をご覧ください。

刺さり車


いつも書いてますが
このイベントの良いところは異種格闘技戦であるところです。
私は新旧洋邦問わず車が好きですが本当に色んなジャンルの車が集まります。











今回は少々車が少なめだったのが残念ですが
普段見られない車をねっとりと見せていただき、大変脳が活性化しました。
街でサラッと見かけるのとはやっぱり違いまして、
怒られずにじっくり見られるのはイベントの良いところです。

いつものように後半は顔なじみのメンバーと話し込んでました。
かけがえのない楽しい時間です。


お昼からは妻と育児を交代する約束だったので
早々に帰宅して息子と遊びました。

お出かけもある程度できるので一緒に妻のココアを洗車しにいき、
おむつとミルクを買いに行った後、家で一緒に遊びました。

8ヶ月になり、ハイハイで何処へでも行ってしまいます。
つかの間であろう息子の4WD時代を楽しんでます。
既に重たくなってきましたが、遊んであげられるだけ
遊んであげたいと思っています。自分もそうしてもらったのですから。



さて当日、皆さんの車を見て個人的に
注目したことがあるので折を見てまとめたいと思います。

また参加できたときはよろしくお願いします。
Posted at 2017/11/22 22:05:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ワンオフ?なPHVを見掛けました。ナンバー付いていて結構使用感ありました。」
何シテル?   01/22 20:26
ノイマイヤーと申します。 車に乗せると機嫌が良いと言われる赤ちゃんでした。 スーパーに行く度にSEGAのアウトランをやらせろを駄々をこねる幼稚園児でした...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

第23回東京モーターショー、いすゞ扱いGMのリーフレット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/15 23:27:01
祝 30周年‼︎ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/21 06:52:25
思い出のクルマをカタログで振り返る31(安全コロナ前期) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/15 06:19:56

お友達

1.基本的に自分からは申請しません。
2.お会いした方のみです。
59 人のお友達がいます
しばとらしばとら * 埼玉のいが埼玉のいが *
御池御池 * お杉お杉 *
ちゃんりゅー@初心者ジムブレ乗りちゃんりゅー@初心者ジムブレ乗り * 画伯(多分) @チャライケペロペロ画伯(多分) @チャライケペロペロ *

ファン

97 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラ 白いカローラ⇒シローラ (トヨタ カローラ)
ヤフオクで発見し、不人気車ゆえにアホみたいな価格で購入。 大学院に入学したその日に登録。 ...
トヨタ RAV4 L トヨタ RAV4 L
長年探していた ①初代RAV4前期②ツインサンルーフ ③3ドア④4WD⑤5速MT という ...
シトロエン DS3 シトロエン DS3
ラテン系ホットハッチ(プレミアム風味)が欲しくて購入。 通勤用という位置づけだけど、シ ...
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
カローラで往復70kmのハイスピード通勤は過酷なので足グルマ購入を決意。 せっかくなら ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.