車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月01日 イイね!
愛車と出会って11年!4月1日で愛車と出会って11年になります!
この1年の愛車との思い出を振り返ります!

■この1年でこんなパーツを付けました!
全く何もつけておりません´д` ;

■この1年でこんな整備をしました!
昨年車検整備をしたくらいですね。

■愛車のイイね!数(2017年04月01日時点)
345イイね!

■これからいじりたいところは・・・
脚回りが再びやれてきた。
エンジンからの白煙ももうちょい酷くなったら、、、

■愛車に一言
最近乗ってあげられなくてごめんなさい。
もう少し生活が落ち着いたらドライブしたいです。

>>愛車プロフィールはこちら
Posted at 2017/04/01 07:16:45 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月21日 イイね!
昨年ロシアに出張に行った際、
唯一と言っても過言ではない自由時間に立ち寄った
スーパーマーケットで購入した
お土産が役立つ日が来ました。




2017年3月17日 午前9時8分、長男が誕生しました。
3440g/510mmと比較的大き目の赤ちゃんです。

予定日より一週間遅れており、
医師からも不安になる発言があった中で
夫婦で不安になりながら、ひたすらに歩き続けた甲斐がありました。
当日の朝4時に陣痛が始まり、上記時刻に出産となりました。
私も出産に立ち会いました。出産後は胸が熱くなりました。

私は立ち会い後、別件を済ませながら病院に宿泊しました。
3時間ごとに、「ミルクorオムツor抱っこして」で妻と一緒に起きて
お世話をするお手伝いをしましたが、本当に大変です。
少しでも妻を楽にしてやらねばならんと心に誓った次第です。



たまたま歳の離れた弟が居り、親戚や友達の家庭の
赤ちゃんを抱っこする機会に恵まれていたので、
比較的慣れていたのは良かったです。

妻の両親も本当に喜んでくれ、自分の父も大喜びでした。
亡き母にわが子の顔を見せてやれなかった事は心残りですが、
たぶん、どっかで見ているような気もします。

今は2ストエンジンのように元気に泣きまくりですが、
いつか一緒にドライブが楽しめ、
成長したら酒が飲めるように大切に育てて行きたいと思います。

肝心の命名は悩みました。
周りから「過労羅くん」とか「羅武歩くん」にしないのか?
と説得されましたが、子供の名前で遊ぶつもりは毛頭無く
キラキラしてないトラディショナルな名前にしました。
画数はまぁそれなりです。
これで狙い通り家族全員のイニシャルがY.Yになりました(笑)
本人が気に入ってくれると良いのですが。

明日(もう今日か)には退院するので、RAV4で迎えにいきます。
ついにこのロシア土産(改)が役に立つ日が来ます。
先ほどチャイルドシートの設置も完了し、後は寝るだけです。



チャイルドシート、ベビーカーも
RAV4に載せられる事を基準に購入しましたが、
本当に笑っちゃうくらい荷物が載らん車です。
でも、しばらくこれで子育てに挑みます。
(普段は妻のミラココアが活躍しそうですが)

来週は別のビッグイベントが待ち構えているのですが、
それはまたの機会に。
Posted at 2017/03/21 00:34:46 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月19日 イイね!
先週会社の同期と偶然尺(メジャー)の話になったところ、

「そういえばさー、
 最近モノをよく失くしちゃってさー、
 せっかく買ったメジャー失くして家にあった
 ボロいメジャー使ってんだよ」

と言いながら、メジャーを指差しました。

そこには「パルサーメジャー」と書かれており、
100均のメジャーかなと思ったら
「NISSAN PULSER」の文字が!




パルサーのノベルティなのかなと思ったところ、


競合車の数値とパルサーの数値が記載されています。





例えばトランクルームの奥行き

パルサー 840mm
シャレード 600mm
シビック 610mm
カローラ 630mm
ミラージュ 690mm
ファミリア 720mm
スターレット 750mm







おそらく、チェリー店の営業マンがこれを片手にパルサーの
優位性をアピールするのに使用したメジャーなのでしょう。




室内幅もサニー、カローラはもちろん、
ブルーバードやギャランΣ、スカイラインを
凌ぐことがわかります。




室内長はさすがにスカイラインやアコードに負けていますが、
コンパクトカーの中ではぴか一の広さを誇っていたことが分かりました。

気になるのはこの中に出てくるパルサー、というのは
一体いつの時代のパルサーなのでしょうね。

このあたりの謎は識者の方が解き明かしてくださるでしょうか。

「こんな汚いメジャー本当に欲しいの?」
と聞かれましたが、恐らくみんカラなら楽しんでもらえるのではないかと思い、
同期に新品のメジャーをプレゼントする代わりに保護しました(笑)
Posted at 2017/03/19 14:36:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月12日 イイね!
故障しても見とれてしまう車通勤、レジャーの足に使用していた。
シトロエンのDSブランド頭出しのモデルだけあって
モダンなデザインと高級感あふれる装備を巧みにパッケージングしていた。競合車のミニと比べると圧倒的な数の少なさはこの種のモデルにとって大切なことで「誰も乗っていないから選ぶ」種類の車でもある。

内装はカウルが高く、独特の潜り込み感。
走らせると弾けるような加速とクイックなハンドリング。サスもシトロエンらしくなく締め上げられているのに、シートが良いので乗り心地は快適と言う変わった乗り味だった。

高速道路をクルーズコントロールに任せて走らせるのが心地よく感じ、近距離よりも長距離を得意とする。上り坂をものともせず、こもり音を伴いながら力強く加速する様子はBセグメントらしくない。一回、箱根をハイペースで走らせた際の印象はフロントヘビーでタイヤのグリップで曲げていく印象だった。

品質と言う面では国産車と比べてしまうと、低いレベルにある事は事実。特に5年で11万km以上乗ったので、最後はエンジンの調子が大変良くなかった。
6万kmほどでE/G吸気系にカーボンが堆積して出力低下と警告灯が点灯し、しばらく原因が掴めなかったが、分解清掃によって息を吹き返した。結局再び11万kmを迎える頃には再発傾向で、スロットル操作に対するレスポンスも新車時とは数段劣る状態だった。末期は全開加速するとバックミラーから黒煙が見えた。

新車購入時に5年間走行距離無制限の保証をつけたが、これが役に立った試しはほぼない。唯一、E/Gのアイドラプーリーのガラガラ音対策で交換してもらった程度で、それすらお客様相談センターと議論しなければ修理してもらえなかった。ほとんどのケースで「様子を見てください」と言われた。

どんなに故障しても、洗車後にコンビニの駐車場で自分の車を見たときの高揚感はピカ一だった。しかし、3回目の車検を通す前に、長年探している車が見つかり、手放すことにした。

耐久性が国産車と肩を並べるレベルでは無い事は百も承知だったが、さすがにE/Gに弱点があるというのは気持ちが滅入ってしまった。美人薄命ということか。

しかしタフネスさだけでDS3を切り捨てるのは勿体無い。DS3には人を惹き付ける魅力がある。私の使い方には合わなかっただけなのかも知れない。

この車が好きな方で週末しか乗らないようならネガは気にならないのではないか。例えばセカンドカーで10年6万kmくらいの走行距離なら買い替えまでの寿命を十分に全うするかも知れない。
Posted at 2017/03/12 20:35:16 | コメント(3) | シトロエン | クルマレビュー
2017年03月01日 イイね!
最近はニューモデルが出るたび、
3ナンバーである事に驚かなくなりました。



例えばマツダ・カペラ(GD系)が1987年にデビューした際、
全幅1690mmで5ナンバー枠に入るものでした。



1991年、カペラ後継として国際サイズのクロノスを
デビューさせた際、全幅が1770mmとなり、
3ナンバー枠になりました。
これが市場で大きな拒否反応がありました。
「でかくなってしまい、運転しにくい」
「立派になりすぎてしまった」
と、かつての小さくも上質なミドルセダンの支持者達から
歓迎されなかったという歴史があります。
似たような話は、アコードでもギャランでもありました。

例に挙げたカペラの場合、クロノスの不振を受けて
全幅1695mmのCG系カペラをデビューさせました。


その後最終型のGF系カペラに至るまでカペラは5ナンバー枠を堅持しました。



2002年のアテンザに世代交代すると、グローバル化対応の為
全幅1780mmとなり、再び3ナンバー化され、
これ以降はアテンザは3ナンバーとなり現代に至ります。

このような例は他にもあり、グローバル化を考えると
大柄な車体が求められ、日本市場独特の
5ナンバー枠のミドルセダンは絶滅危惧種となりました。

コンパクトカーとかスモールSUVと名乗る車たちが、
いとも簡単に全幅1700mmを超える例が多くなるにつれて
私たちの感覚は麻痺し、全長が短ければコンパクト、
車幅はまぁしょうがない、という風に何となく受け入れ始めています。

さて、私はシトロエンDS3という車に乗っていました。
これもセグメントとしてはマーチやフィット、
ヴィッツのクラスなのですが、車幅は1720mmでした。

あらゆるモデルが車幅を拡大する傾向が続きながらも、
日本市場ではクラウンが
「タワーパーキングを考えると全幅1800mm以下でなければ」
と全幅1800mm以下を堅持していましたが、
これも時間の問題でタワーパーキング側が
対応してしまうのではないでしょうか。

ここに日本の道路の幅を調べた結果があります。

一般国道 5% 平均幅員7.8m
都道府県道 11% 平均幅員6.0m
市町村道 84% 平均幅員3.7m
資料:平成18年4月1日現在、「道路統計調査」国土交通省
※幅員は車道部のみ

ここでは8割の道路が幅員3.7m、すれ違う為には、
対向車が1850mm以下で無ければならないですし、
カーブを曲がる際もセンターラインをはみ出さないように
注意して運転する必要があります。
私の経験でも道路の車線幅が決まっているので、
車幅が狭い車の方がライントレースしやすく運転も容易だと感じます。
私の個人的な技量の問題もあると思いますが、
全幅1800mmクラスの車を運転する際は運転のしにくさを感じます。

この原因は、日々厳しくなる衝突安全性能と居住性の確保、
ワイドトレッドによる操縦安定性の確保なども理由もあり、
一つだけではないことは事実です、
特に歩行者保護等によって分厚くなりがちなサイドビューを
引き締める為に安易にタイヤサイズを大きくしてしまう、
という要因について考えました。

例えば初代カローラで12インチホイールだったものが、
FF化された1983年モデルで全車13インチ化。
現行型では16インチにまで大径化されています。




サイドビューの写真からタイヤと
ホイールアーチ~フード上面の厚さを
比率でまとめたものが下記です。
(素人の測定なので誤差あり)
数値が大さくなるほど、
タイヤに対してフロント部分の厚みが薄くなります。

1966年2.0 1974年2.2
1983年2.1 1991年2.5
2000年1.8 2013年1.6


1991年までのモデルではホイールが
12インチから14インチまで変化しつつ、
フード部分は相対的に薄くなりました。
ところが、以降のモデルでは
ホイールが14インチから16インチに変化しながらも、
フード部分が高くなり、分厚くなっています。
これはパッケージングが居住性重視の方向に進み、
キャビンフォワード化が進むと共に全高が引き上げられた上に、
歩行者保護性能を確保する為に、
カウルとフードが持ち上げられた結果、
ずんぐりむっくりとしたシルエットになったことが影響します。
ポップアップフードやフードエアバッグという手段もありますが、
コストに縛られた小型車では物理的な寸法で対応しなければならず、
伸びやかなプロポーションを得にくくなりました。

少しでも格好良く見せるために、
ホイールサイズを拡大しているのでは無いかと考えられます。

情緒的な理由だけでタイヤサイズが決められているのでしょうか。
こんどは逆に性能的な側面から考えてみたいと思います。

「古きをたずねて新しきを知る」の精神で
戦後の代表的乗用車を見てみましょう。
一例として1949年式
トョペットSD型小型乗用車の諸元表を確認しました。


タイヤサイズは5.00-16。旧表示のため、
現在流の表記では127/92-16という事になります。
タイヤ外形 233.68+406.4=φ640mmです。



続いて1955年式トョペットRS型クラウンは
6.40-15で外径はφ680mmです。

この時代は舗装率が低い為、道路の凹凸が多く、
最低地上高を確保し、走破性を確保する為に
タイヤ外径はそれなりのサイズが必要でした。
クラウンの場合、200mmが確保されており
現代のクロスオーバーSUVを超える数値を持っていました。



1962年式のRS40系クラウンでは、
道路網の発達に伴いタイヤが小径化されました。
7.00-13(φ657mm)、最低地上高は185mmです。
タイヤ外形を小さくするメリットは、同じ車幅なら
タイヤ切れ角を大きくでき、最小回転半径が小さくなります。
また、室内へのタイヤの張り出しが押さえられ、
フラットな室内空間を確保できます。
極端な例かも知れませんが、スバル360でも
わざわざ10インチタイヤを開発してまで小径化しています。



1967年式のMS50系クラウンではホイールは14インチになりました。
6.95-14、現代流に書けば
177/82-14(φ646mm)と若干外径が小さくなりました。
(注.1965年以降扁平率が92から82になりました)



この後、1979年式のMS100系クラウンでは
上級グレード向けにラジアルタイヤ185R14(φ659mm)が登場し、
幅広で外径が上がり始めました。
1987年デビューのGS130系クラウンでは、
ついにスタンダード以外のタイヤはラジアル化され、
最上級仕様の場合、205/65R15(φ648mm)が採用されています。
最低地上高は150mmとなりました。

1991年のJZS140系以降、徐々にタイヤサイズが低扁平化します。
(データ中にマジェスタを含む)

1991年(UZS141)215/65R15 φ661mm
1995年(UZS151)215/60R16 φ664mm
1999年(UZS171)215/60R16 φ664mm
2004年(UZS186)215/55R17 φ668mm
2009年(URS206)235/50R17 φ692mm
2012年(GRS214)225/45R18 φ660mm




現行型では相当な低扁平タイヤを履いていますが、
タイヤのバネ性を利用できない分、
乗り心地へと操縦性、デザインの両立が難しいことでしょう。
ついに最低地上高は法規ギリギリの135mmとなりました。

ボディサイズに余裕がある高級車のクラウンは
道路状況が良くなり、シャシー性能が高められるにつれて
大径ホイールを履きこなすようになったようです。

こと外径に関して言えば、1991年以降は
φ660mm近傍で落ち着いています。

次に乗用車系SUVとしてRAV4とRX(一部ハリアー含む)を見てみましょう。

1994年(SXA10)215/70R16 φ707mm
2000年(ACA21)235/60R16 φ688mm
2005年(ACA31)235/55R18 φ716mm

1997年(SXU10)215/70R16 φ707mm
2003年(ACU20)235/55R18 φ716mm
2009年(GGL10)235/55R19 φ741mm
2015年(AGL20)235/55R20 φ767mm



SUVということもあり大径のタイヤを履いています。
面白いのは車格が違う初代RAV4と
ハリアーの初代ではタイヤサイズが同一なのです。
ただ、そこからは大きく分かれていきます。
SUVの力強さとセダンのエレガントさを大径ホイールに求めたRXは
現行モデルでは20インチという領域に達しました。



次に近年流行している現代のスペシャルティ、
スモールSUVについて考えていきます。
このクラスでは車両寸法4.2m近傍と短い為に
実はRX以上に大径タイヤを選びがちです。

トップグレード用のホイールで
外径が大きい順に並べると


ジープ・レネゲード 215/60R17 φ690mm
トヨタ・C-HR    225/50R18 φ682
ホンダ・ヴェゼル  225/50R18 φ682mm
マツダ・CX-3    215/50R18 φ672mm
日産・ジューク   215/55R17 φ668mm
スズキ・エスクード 215/55R17 φ668mm
ルノー・キャプチャ 205/55R17 φ657mm


ということになり、どれもがクラウン級の
大きなタイヤを履いているという結果になりました。
上で意匠的バランスを取るために大径タイヤになった
と書いた全長4.4mm級のカローラさえも、
185/55R16(φ610mm)なのですから、
スモールSUVは相当大きいホイールを履いていることが分かります。
SUVゆえに大径ホイールを履いても違和感が無く、
車体の分厚さを緩和する方策として大径ホイールを
履く
ことが求められていると言えましょう。



ところで上に挙げた代表的なスモールSUVは
スモールと連呼しながら、全て日本での3ナンバー枠に
該当することに違和感を感じませんか?
全幅が1765mm(CX-3)~1805mm(レネゲード)のレンジに位置します。
スモールを名乗るならせめて1700mmを切って欲しい、
と感じる方は少なくないと思います。

この理由をスモールSUVに必要な性能から考えました。
スモールSUVを購入する層は従来のスペシャルティカーを購入する層、
ヤングファミリー層、アクティブシニア層など意外と多岐に渡ります。
スモールを名乗る上では、相応の取り回し性が要求され、
最小回転半径を確保する必要が出てきます。

ここでアッカーマンの式と言うものが登場します。

(引用はじまり)
アッカーマン理論曲線
車が旋回するときの操舵輪(通常は前輪)の切れ角を、
外側車輪より内側車輪で大きくすることにより、
前後の4車輪の回転中心が同一点となるようにした方式を、
考案者(英国)の名を取って
アッカーマンステアリング(Ackerman steering)と呼んでいます。
これによりタイヤの横滑りがないスムースな旋回が可能になります。
この方式における内側前輪の切れ角(α)と
外側前輪の切れ角(β)の関係を表すものがアッカーマン理論曲線です。
車のホイールベース:W と トレッド:T が決まれば、
アッカーマン理論曲線は下記のように表されます。

1/tanβ - 1/tanα = T/W

(引用終わり)


これはあくまでも低速走行の場合の話であり、
高速走行では内外輪が平行に切れる方が良いとも言われておりますが、
今回の考察に役立つ為、上記式を利用します。

最小回転半径は下記の式で求められます。

(引用はじまり)
最小回転半径:Rminは前輪の車軸中心から
後輪の車軸中心までの距離(ホイールベース):Wと、
外側前輪の最大切れ角:βmaxから以下のように計算できます。

Rmin = W/sin(βmax)

(引用終わり)

例えば、全長4275mm全幅1765mmのスモールSUVがあります。
仮にトレッドT:1525mm ホイールベースW:2570mmとします。
タイヤは215/50R18(φ672mm)最小回転半径は5.3m



ここから逆算すると、

α:39.57° β:29.01°です。

仮に左へのステアリング操作によって
キングピン軸周りにタイヤが操舵される時、
最も車体に接近するのは、Frホイールハウスのサイドメンバーです。



これはエンジンの両側で衝突エネルギーを吸収するボディ部材です。
特に左前輪の車軸後方が最も狭くなります。
それでも干渉しないようにFrサイドメンバーは避けねばなりませんから、
自ずとFrサイドメンバーとタイヤは間隔を開けるのですが、
円の中心からx軸に対し、角度θの直線が円周と交わる点の座標(x, y)は、
(rcosθ, rsinθ)と求められます。



タイヤ半径rは336mm、θはここではα≒40°ですので、

336×Sin40°=215mmと求まりました。
実際はキングピン軸で転舵したり、
タイヤ幅を考えねばなりませんが、ここでは無視します。
つまり、トレッド寸法が引かれるタイヤ幅中心~サイドメンバー間は
215mm必要になるのです。

しかし、
日本で「スモール」SUVを名乗るのならば5ナンバーであるべし!
という強い意志を持って今の1765mmの全幅を1700mmまで狭めたとします。

そうなると、トレッドが1525mm-65mm=1460mmになります。
プラットフォームは決まっているのでFrサイドメンバーは変わりません。
なので、先ほど215mmあったタイヤ~Frサイドメンバー間のクリアランスは
215-65/2=182.5mmとなります。

ステアリングを一杯にきった時の内輪側の切れ角が影響を受けます。
三角関数からα:40°→33°に減少します。
更に逆算すると最小回転半径は6.0mになりました。

3ナンバーだけど、最小回転半径5.3mになるか、
最小回転半径6.0mだけど、5ナンバーかを選べと聞かれると、
もし私が企画担当者なら前者を選ぶと思います。

或いは、5ナンバーかつ最小回転半径5.3mを死守しようとすると、
155/80R13、175/65R14、185/55R15あたりを選ばねばなりません。
スモールSUVとしては「どうかな・・・」というタイヤサイズです。

ですから作り手はいっその事、
1.7mを超える車幅を奢って幅広大径タイヤを履かせ、
最小回転半径を5.5m~5.2m程度にしておけば
「大きく見えますが最小回転半径は小型車並み」
「3ナンバーサイズですから堂々としていますし、
 大径ホイールはカッコいいですよね」
というセールストークに繋げるわけです。

P/Fは5ナンバー仕様ながら、諸事情で車幅1.7mを超えた車が
最小回転半径を稼いで取り回しの良さをアピールする例は
私が知る限り90年代からありました。(例えばルネッサとか)

上記の試算ではタイヤ外径を考えましたが、
外径だけではなく、幅も大きく影響します。
例えばプリウスPHVでも発生しています。
15インチの標準仕様は5.1mですが、
17インチを履くグレードは5.4mと大回りになっています。
こちらは外径は変わりませんがタイヤ幅拡大の影響で
トレッドが狭くなっているのが主要因です。

車幅の小さい車ではそれが顕著で
ヴィッツの場合も165/70R14なら4.5m、
オプションで195/50R16を選択すると5.6mに悪化します。
どちらもタイヤ外形は同等のため、
タイヤ幅が最小回転半径に影響しています。

本来はもっと細かい計算をしなければならないのですが、
私の能力のキャパの問題で、随分簡略化して考えました。

5ナンバーサイズのモデルではタイヤ幅やホイールサイズが
控えめの車が多いと思います。
それは前述のサイドメンバーとのクリアランスを守るためには
自ずと寸法が決まってしまう苦しさがあります。

それならサイドメンバーの幅方向の位置を
内側に寄せればいいじゃん、
と言いたくなりますが搭載エンジンが
4気筒だったりすると、苦しいですね。



その意味ではレスシリンダー化が進展して
2気筒や3気筒が普通になれば、
タイヤ切れ角が大きくなって
最小回転半径は小さくなる可能性はあります。
既に縦置きエンジンのクラウンのような車の
最小回転半径が小さいのは
サイドメンバーの配置に自由度があるからです。

それでも、本来は真直ぐ通したいサイドメンバーを
わざとホイールが近いところは断面を細くしたり、
涙ぐましい努力をしている例も散見されます。
断面が細くなった部分は元々エンジンが
ある為つぶれ難いと割り切っているのか、
内部にパッチを入れて断面を補っているのでしょう。

かつてはタイヤ外形が小さくなった方が
客室内を広く取れて、低くスマートに出来た時代がありました。
いつしか自動車を取り巻く環境が変わり、
変えられない部分、変えざるを得ない部分が混ざり合い
タイヤサイズは再び拡大傾向にあります。

ところが、自動車が高度に情報化して
自動運転端末化するような時代の日本では、
ホイールは小径化するのではないでしょうか。
それは居住性を小回り性能を考えると過度に大径化する必要がなく、
路面状況も改善されている為、乗り心地と
高速道路で120km/h出せるだけのタイヤサイズで事足りるからです。
個人所有する時代でもないのでスタイリッシュである必要もありません。
町の景観を邪魔しないデザインであればよいのです。
積雪地域だけはロードクリアランスから大径タイヤが残るでしょう。

私のような人間からすればゾッとするような世界です。
しかし、その様なシナリオを辿る可能性も無きにしも非ず・・・。
そう考えると、現代のデザインの為の大径化はある意味で贅沢な事だと
後世の輸送機器研究家から指摘されるようになる日が来るのかもしれません。

もちろん、タイヤサイズが大きくなる理由、
車幅が広くなる理由はこれだけでは無いでしょう。

しかし、もし技術革新があり、Frサイドメンバー間隔を狭く、
フードをもっと低く出来るなら、ピラーを強く出来るなら、
使い勝手や居住性を守りつつ車幅はもっと狭く出来るでしょう。

過度な幅広大径タイヤを選ぶ必要も無くなり、
再びスマートな小型車に再会できるかもしれません。
自動運転化、端末化に至る前段階として、
自らの手で楽しく運転できる自動車が
再び、無理のないスタイルをまとう日が来れば、胸が熱くなることでしょう。

以上、3ナンバーサイズの車を無理やり5ナンバーサイズに
狭めたらどうなるんだろう、という興味から発展して考えてみました。
Posted at 2017/03/01 23:27:07 | コメント(5) | トラックバック(0) | 調べてみた | 日記
プロフィール
「@御池 いつも感じるモアパワーが解消されて素晴らしいでしょうなぁ。とろいハイメカも味ですけどスポーツツインカムは良いですね^ - ^」
何シテル?   04/19 00:13
ノイマイヤーと申します。 車に乗せると機嫌が良いと言われる赤ちゃんでした。 スーパーに行く度にSEGAのアウトランをやらせろを駄々をこねる幼稚園児でした...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
マークII プライベート・エディションのカタログ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/18 03:55:13
北名古屋市 昭和日常博物館に行ってました!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/13 23:43:49
マツダ ファミリア  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/02 07:43:45
お友達
1.基本的に自分からは申請しません。
2.お会いした方のみです。
59 人のお友達がいます
今津今津 しばとらしばとら
あい てんしょんあい てんしょん 埼玉のいが埼玉のいが
oku_nbc-rtoku_nbc-rt ヨッコイしょーいちヨッコイしょーいち
ファン
84 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ カローラ 白いカローラ⇒シローラ (トヨタ カローラ)
ヤフオクで発見し、不人気車ゆえにアホみたいな価格で購入。 大学院に入学したその日に登録。 ...
トヨタ RAV4 L トヨタ RAV4 L
長年探していた ①初代RAV4前期②ツインサンルーフ ③3ドア④4WD⑤5速MT という ...
シトロエン DS3 シトロエン DS3
ラテン系ホットハッチ(プレミアム風味)が欲しくて購入。 通勤用という位置づけだけど、シ ...
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
カローラで往復70kmのハイスピード通勤は過酷なので足グルマ購入を決意。 せっかくなら ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.