• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年07月16日

クイントインテグラVX+コルサ・ソフィア

●クイントインテグラVX
お店の店主の車。



某ハチマル誌にも掲載された個体だが、
タケヲ君が乗っているVXのドッペルさんだ。
ちょっと違うのはシフトレバーの形状。

タケヲ君の愛機がATであるのに対し、店主のそれはMT。

2015年の7月にクイントインテグラVXの
ATとMTを乗り比べた人って相当ラッキーだと言えるだろう。


プレスリリースを調べて見たが、
インテグラセダンは1986年10月24日デビューで
価格(大阪)はMT128.1万円でATは+7.5万円。
車重がMTが910kgでATは20kg重くなる。

簡単に試乗させてもらった。
乗り込んでE/Gをかけるまではタケヲ号と一緒だ。
クラッチを切り1速に入れる。
静々とATのVXは走り始める。
マイルドな動力性能はエンジンが同じなので
絶対的な速さは無いが、使用している回転域は
MTの方が高くなりがちだった。
意外と低速型の実用エンジンだからこそATでも
マッチングは良い
なぁと思った次第だが、
絶対的な速さ自体はMTの方が優れていた。

シフトタイミングを自分の意思で変えられる
利点を駆使すればまずまずの動力性能を持っているが、
インテグラ=全車DOHCの高性能車、のイメージよりも
スタイリッシュな実用車、のイメージが勝る。

・・・というよりも私の人生の
クイントインテグラの経験値がこの二台しか無いため、
実はDOHCエンジン搭載の経験が無いのだった(笑)。

思い起こせば、自身が運転したことのある
本格的なホンダのスポーツエンジン車って
バイト先の先輩のスポーツシビックのSiR、
高専同級生が乗っていたS2000、
そしてぽみゅさんのアスコットだけなのだ。

実家のステップワゴンは
2000ccDOHCのi-VTECだがごくごくマイルド。

数少ないホンダのNAスポーツエンジンは
怖いくらいにに速かった。(遠い目)

●コルサ ソフィア
これも店主のお気に入りの一台。



ジウジアーロデザインとの噂だが、
言われて見れば確かにショーカーとの関連性も垣間見られる。

この3世代目のコルサは初代からの独創的な縦置き二階建てFFから
コンベンショナルな横置きFFに変身を遂げ、一足速く登場した
スターレットと共通のP/Fとなり、スターレットのちょっと上級を謳った。

現代人の目から見ると、似て非なる車種を持つ無駄を感じそうだが
当時はこういったきめ細かい商品戦略を簡単にやってのけた。

外装は薄い灯火類がスターレットとは違う大人びた雰囲気を持っている。
差別化は徹底しており、スターレットには無い1500ガソリンのラインナップ、
ディーゼルもターボ化され、スターレットには無い6ライト構成(5ドアのみ)、
インパネもカローラクラスのデザインが与えられて差別化は徹底していた。
特に目玉になったのはリトラクタブルヘッドライトを持った「リトラ」系列だ。
当時は未来的で本当にかっこよく映った。

本来、ノーズを低くする為のリトラなのだが、
EL3#のフード高さは標準モデルと変わらない。
Frバンパーを分厚く作ることで
リトラのデザインを自然に見せている。
この辺りはうまく差別化しているなぁと感心してしまった。
フードを開けると、ラジエーターサポートは
ばっちりリトラに合わせて設計されていた。




このEL3#系だが、私の親戚がKE70カローラGLに代わり
モデル末期に大幅値引きでカローラII Windyに乗っており、
子供のころは良く乗せてもらった。
4速MTでステアリングは革のハンドルカバーが付けられていた。
確か1995年くらいまでは乗っていたように思う。

もう時効だが、利根川河川敷の誰もいない原っぱで
この車を動かしていいと親戚から言われた事があった。
*学生時代の私は喜び勇んで運転席に座り、シートベルトを締めてエンジンをかけた。
クラッチを踏んでギアを入れるところまでは出来たのだが、
半クラッチと言う繊細な操作を把握していなかった私は、ついぞこの車を
動かすことは出来なかった。
(その後、親戚の次の愛車であるハイラックスSSRで雪辱を果たすこととなった。
脳震盪を起こしそうになったが)

2000年代初頭、従姉がEL5#のスーパーWindyに乗っていた。
女性なのに珍しく4MT車を選んだので良く乗せてもらったものだが、
その時は、ものすごくぼんやりした乗り味だった事を覚えている。

乗り心地も柔らかいようでドシンと衝撃が来る、
加速は良いんだけど、後が続かない。
ステアリングインフォメーションが希薄・・・・などなど。

そのときの経験からか、タコIIと言う車種は何となくぼんやりした
中庸な車、という印象を持っていた。
特に5#系で余りにも積極的な原価改善活動を行った。
結果的に安さ以外の魅力が分かりにくい車になってしまい、
上記のような認識に繋がっていた。

2015年7月、私は生まれて初めてEL30を運転する機会に恵まれた。
コルサ ソフィアという1300の上位グレードでエンジンは2E。
かつて実家で保有していたスターレットと同じだ。
エンジンをかけると、調子よく一発始動。

脳内BGMは原田さん。(車種違うし全然ノーマルルーフだけど)

懐かしい塩ビのシフトノブを1速に入れそっと発進。
コルサはスッと発進した。
歩道を越えて本線合流したが、驚いた。
ものすごく加速が良い
73ps、12kgmなどという控えめなスペックをあざ笑うかのごとく加速。
2速にシフトアップしてホイールスピン(路面はウェット)。
私は850kgという車重を見落としていたようだ。

感心してしまうほど加速が良く伸びる。
4速に入ると、比較的低回転を維持したままトルクフルな走りを見せてくれる。

高速道路をハイスピードで走らせるシーンでは回転数が上がりそうだが、
市街地を元気に走らせるには十分な駆動力が出ている。

交差点を元気に曲がっても、145タイヤのグリップ力では
少し心許無い印象もあるが、楽しさと言う意味では申し分なし。
乗り心地は特筆すべき点は無いが、シンプルな車が楽しい、
という原理原則を今なお私たちに教えてくれる楽しい車だった。



ところでEL5#系のもっさり感はなんだったのかと言う話になる。
モデルチェンジを繰り返す中で、角を丸く、柔らかく、という方向に
振り過ぎてしまったのかもしれないな、と想像。
(新車を並べて乗ってみないと答えはでないが)

トヨタの傾向としてネガをつぶす代わりに魅力を均してしまう
フルモデルチェンジの悪癖がなせる業
だったのかも。
或いは私がEL5#に乗ったのは若かりし頃で、
今運転するとまた違った感想になるのかもしれない。
スタイリッシュなのはEL3#の方だと思うが。




現代のベーシックカーとコルサが最も異なるのは
軽との差別化がきちんと出来ている点だ。
走りが良いし、内装も良い。(デザインも質感も上)
個人的にこれからの登録車が軽との競合を考える上で
アピールすべきは安心感と走りの質の良さであると考えており、
コルサの時代はアピールが自然に出来ていたと感じる。

貴重な体験をさせていただいて感謝。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2015/07/16 23:55:02

イイね!0件



タグ

関連記事

車歴 その6
CALTO by T-Tuneさん

保存版・偉大なる“UP! DOWN ...
元Gureさん

保存版・偉大なる“UP! DOWN ...
元Gureさん

保存版・偉大なる“UP! DOW ...
元Gureさん

保存版・偉大なる“UP! DOWN ...
元Gureさん

おめでとうMINI・15周年。
イトケン(G)さん

この記事へのコメント

2015/07/17 03:44:56
おはようございます!
店主のコルサですね?
2E-LUのサウンド、久々に聞いてみたいものです(>_<)
しかし、EP71と比べると内装の見た目の質感も一気に上がりますねぇ?青内装・・・SEを思い出しますよ!
軽との差別化がきちんと出来ている点・・・ほんとおっしゃる通りですね。
今のベーシックカーは軽自動車以下の造りと装備でがっかりです(T_T)
コメントへの返答
2015/07/17 17:47:19
お疲れ様です。

ご指摘の通り、店主の愛車です。

個人的にEP71至上主義ですが、
事実としてEL30の方が内装は豪華ですね。
同じP/Fで差別化するにはこういうところで頑張らざるを得ないのも分かります。

今のベーシックカーは普通車の魅力を十分伝え切れていない。今のパッソやヴィッツのやり方を続ける限り、いつか軽に駆逐されてしまう危機感を持つべきだと思います。
2015/07/20 13:10:18
こんにちは
遅レスすみません。

EP71ベースで、ここまで差別化した商品を展開できて、しかもきちんと予定台数を計上していたのですから、当時は勢いがありましたね。

その昔、EL43に乗っていた時代、代車でEL51がよく来たものです。
乗り比べてみると、EL51の方がおっとりした感じで、乗り心地も良かったのですが、個人的な好みは、ダイレクト感&質感が遥かに勝るEL43の方でした。
おそらく、EL30との比較だとその印象差がより強くなるのではないかと想像するところです。
コメントへの返答
2015/07/20 22:41:35
コメントありがとうございます。

本当に差別化がうまいですね。
ELは膨らし粉感が無く、EPはみすぼらしさがない。
北米のEL、欧州のEPがなせる業ですね。

やはり50系はおっとり系だったんですね・・・。モデルチェンジしたからと言って全ての性能がよくなる訳ではないと言う残念な一例になってしまってます。きっと当時は当時なりの理由があったのでしょうが・・・。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@御池 お疲れ様です。遅くまで勤務すると変なテンションになりますね。私も数年前は終業後、夜な夜な301とか走ってました。最後は多治見に行ってしまって寝落ちしたり´д` ;」
何シテル?   11/18 22:00
ノイマイヤーと申します。 車に乗せると機嫌が良いと言われる赤ちゃんでした。 スーパーに行く度にSEGAのアウトランをやらせろを駄々をこねる幼稚園児でした...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

「高原の原宿」に行って来た。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/10 07:23:49
【HCR32】ルーフ補修計画① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/28 06:53:02
思い出のクルマをカタログで振り返る31(安全コロナ前期) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/15 06:19:56

お友達

1.基本的に自分からは申請しません。
2.お会いした方のみです。
59 人のお友達がいます
お杉お杉 * しばとらしばとら *
今津今津 * 画伯(多分) @チャライケペロペロ画伯(多分) @チャライケペロペロ
御池御池 どっこいショージどっこいショージ

ファン

94 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラ 白いカローラ⇒シローラ (トヨタ カローラ)
ヤフオクで発見し、不人気車ゆえにアホみたいな価格で購入。 大学院に入学したその日に登録。 ...
トヨタ RAV4 L トヨタ RAV4 L
長年探していた ①初代RAV4前期②ツインサンルーフ ③3ドア④4WD⑤5速MT という ...
シトロエン DS3 シトロエン DS3
ラテン系ホットハッチ(プレミアム風味)が欲しくて購入。 通勤用という位置づけだけど、シ ...
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
カローラで往復70kmのハイスピード通勤は過酷なので足グルマ購入を決意。 せっかくなら ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.