車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月20日 イイね!
2016-2017 AZ-1で行く冬の日本海 まとめ旅日記 ⑤










I go to eat kanizukushi !








------- 2017/1/1 福井フェニックスホテル -------


皆さん、こんにちは!食レポ担当イーヨー先輩です(*^_^*)




いまだに元旦の出来事を書いているのもどうかと思うのですが(^^;取り合えずまとめ旅日記を書かないとぶーちゃんの記憶力が消失してしまうので(^^;旅日記が終わりましたらAZ-1やCARAの記事が出てくると思います(^^;


と言う訳でお正月一食めは朝食バイキングです!



焼き魚は固形燃料で焼いて頂くのでふんわり熱々でんまいっ!

バイキングの食材もおせちを意識したものが多くてそこはかとなくお正月気分が味わえるのもナイスでした♪

昨夜のごはんも美味しかったし、ちょっぴりお値段は張りますが福井フェニックスホテル、おススメです!



朝食バイキングでお腹一杯食べたら急いでチェックアウトして、福井市内を走っていたら路面電車が走っていました。



この福井鉄道は市内の約3.5kmだけが路面区間で、その他の約17kmは普通の電車の様に専用軌道を走っているみたいですね。

日本全国をAZ-1で走ってみたら意外と路面電車走っているのに気が付きましたよ(^^;



そして早朝の福井郊外を走っていたら山際から朝靄が立ち上がっているのが見えたので、寄り道してパチリ。





今日の第一目的地は、猫スポットとして有名な猫寺です。

元旦の朝にもかかわらず意外と多くの人が訪れていました。





正式な名称は御誕生寺と言い、福井県越前市庄田町にある曹洞宗の寺院です。




数十匹の捨て猫や傷病猫を保護・飼育しているのをテレビで紹介されて有名になりましたが、お寺では保護された猫たちの里親を探したり、無闇な繁殖を防ぐ為の避妊手術等を行っている為、募金箱があり猫ちゃんが番をしていました(^^


この日は雨上がりだった為かそんなにたくさんの猫ちゃんは居ませんでしたが、割と人慣れしていてナデナデさせてもらいました♪




至福の時間を満喫して京都へと向かいます。

お昼ごはんにはろぼこんさんに教えて頂いたソースかつ丼の名店、ヨーロッパ軒を目指したのですが、案の定元旦なので食べられず(←当たり前(^^;)ドライブを続けましょう。


敦賀を越えて若狭へとAZ-1を走らせて、三方五湖レインボーラインを目指します。

ここは日本海と三方五湖(みかたごこ)の景観を左右に見ながら梅丈岳(標高395m)に向かって走る全長11.24kmの有料道路で、日本屈指のリアス式海岸の入り組んだ地形を駆け抜けるワインディングは最高でした!




三方五湖はその名の通り五つの湖からなり、ラムサール条約にも登録されている若狭観光の中心となっていて、その素晴らしい景観は、TVのCMでも使われる程でした。





まぁこのCMは帰って来てから放送されていたので旅行中は景色良さそうなワインディングだから行っておくか位の気持ちだったんですけどね(^^;


日本海をバックにワインディングを駆け抜けるAZ-1をパチリ。





例によって三脚を使用した自動撮影ですが、撮影中雨が急に降り出して大変でしたよ(^^;


山を下りてしばらく走るとまた青空が見えましたが、今回の旅は本当にコロコロと天候が変わりやすくて写真を撮るのには大変でしたね(^^;






そして天橋立を見に行きましたが元旦のせいか結構道が混雑していたので、遠くから眺めるだけにしておきました。




お家の屋根の上に見えるのが阿蘇海でその先の林状の部分が天橋立ですね。

結構ウロウロしたのですが、うまく天橋立とAZ-1を入れて撮影できるポイントが無かったのでテキトーな写真になっちゃいました(^^;


さて、後は今夜のお宿へ向かいましょう。

本当は丹後半島を海沿いに走りたかったのですが、今夜は民宿に泊まる為18時までに着かないといけないので京都丹後鉄道に沿って走る国道482号線を北上します。



途中夕陽が綺麗に見えたので、2017年初めて沈む夕陽をパチリ。






逆光でAZ-1のルーフラインを浮かび上がらせてみましたが、こうして見るとやはりクーペのフォルムが精悍でイカしますね♪

やっぱりAZ-1カッコいいなぁ(親バカ)なんて遊んでいないで先を急ぎましょう(^^;

今夜のお宿は珍しく民宿を選びました。


鳴き砂温泉 やきち荘さんにお世話になります。


民宿だけあって、小さなちゃぶ台とテレビがポツンとあるだけのシンプルなお部屋です。



部屋に入るなりイーヨー先輩がフリーズしていました(^^;



窓際には『避難ロープ』がぶら下がっていましたが何かあっても助かる気がしません(笑)





取り合えず晩御飯までは時間があるので、気を取り直して源泉かけ流しの鳴き砂温泉でゆっくりと温まりましょう♪




HPより転載







そしてお待ちかねの元旦の晩御飯タイムです!

皆さんこんにちは♪食レポ担当のイーヨー先輩です(*^_^*)





ぶーちゃんが珍しく民宿に泊まったのは、コレが食べたかったからです。

そう、『カニ尽くし』です!





姿蟹ボイル1杯
背甲蟹ボイル1杯
蟹すき鍋
蟹刺し
焼き蟹
蟹味噌の甲羅焼き
蟹天ぷら

そして〆は蟹雑炊と、至高のカニ尽くしです!


冬の味覚の王様・松葉蟹をなんと『4杯』も使いお腹いっぱい蟹を堪能できるプランです!!最高かよ!!!


もちろん蟹だけではなく地元漁港で水揚げされた魚介類をお刺身で頂き、地元農家さんから毎朝仕入れている新鮮野菜でお鍋を堪能します♪


すんごい量でしたが、もちろんぶーちゃんと全部頂きました♪

お味はただ一言。








オッティモ!!



大変美味しゅう御座いました。


・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*







[ハイタッチ!drive] 
2017年01月01日09:33 - 17:43、
248.01km 7時間5分、
バッジ20個を獲得、テリトリーポイント0ptを獲得


まだ後3日間も旅日記が続きますがよろしくお願いします(^^;

2017年02月13日 イイね!
2016-2017 AZ-1で行く冬の日本海 まとめ旅日記 ④







chirihama nagisa-driveway









------- 旅5日目 2016年大晦日 8:04 輪島朝市  -------






皆さん、こんにちは!みんな大好きイーヨー先輩です♪




 この日の輪島市は朝から雨模様の天気が残念でしたが、大晦日でも朝市が開かれていると言う事でホテルの朝食はキャンセルして、傘を差しながら1000年以上昔から続いている輪島朝市へと繰り出しました♪






新鮮な野菜・果物は周辺農家のおばちゃん、活きのいい魚貝・海草は漁師町の女衆が売りに来ていてあいにくの天気でも『買うてくだぁー』の呼び声が朝市に響きます(*^_^*)


ぶーちゃんは買う気もないのに左右の軒先をのぞき見しながら(^^; のんびり歩いていくと目的地の
『朝市さかば』が見えて来ました♪


このお店は前日の夜に食べたラーメン屋さんのおかみさんに教えて頂きました(^^


その日に採れた新鮮な海の幸、季節の魚を一品200円からとリーズナブルな価格設定で、刺身・焼き物で提供して頂けるうえに、なんと食べ歩き出来る様にお刺身を『串』に刺してもらう事も出来るんですよ!

しかも朝市で購入した魚を持ち込めば100円~のお値段でさばいてくれるみたいです!!凄いな朝市さかば(^^;



早速デラックス朝ご飯を頂いてみましょう!メニューも見ずに『おばちゃん、一番高いヤツ頂戴!』と注文したら、ぶーちゃんに怒られました(^^;


と言う訳でぶーちゃんが注文してくれた
『能登丼』を頂きましょう♪




能登丼とはその日仕入れたお刺身の漬けを山かけにした丼です(*^_^*)

本日の能登丼はハマチのお刺身でした♪


この
『能登丼』は昔からお箸は持ち帰っても良いと言うルールがあるみたい(手前の袋に入ったお箸)なのでお食事は立て掛けてある割り箸で頂きましょう。


さすが今朝捕れたてのお刺身、プリプリで
んまいっ!

能登汁は
『つるも』と言う海藻が入っていて、滑らかな食感が楽しめて身体が温まりますね!



店内は立ち呑み形式ではありますが、輪島のお酒(日本酒)、缶ビールも売られていて海の幸と共に楽しめるのでお酒の好きな方には堪らないかも♪

さすがに運転があるのでお酒はNG。と言う事で地元の輪島サイダーを頂きました
(^^




塩サイダーでしたが、ほんのり甘みがあって美味しかったですよ♪


朝から食べ過ぎてお腹いっぱいでお店を出たら『あられ』が降り出していました(^^;






大晦日は朝から色々とありますがコレも旅の醍醐味ですよ♪

以上、食レポ担当のイーヨー先輩でした(*^_^*)










-------  9:58  国道249号線 道下サンセットパーク  -------



あられ降る輪島を出発して、しばらくは国道を走り山間部を行きます。

海沿いの県道は途中未舗装路になっているみたいなので仕方がありません(^^;

再び日本海が見える門前町へとたどり着く頃には天気も回復してきました♪

浜辺にちょっぴり乗り入れてパチリ。





門前町と言えば途中にダートコースがありましたよ。




なんと輪島市営のダートトライアルコースなんですね!

JAF公認の第一種コースですが、日本海側は意外とモータースポーツシーンがありますね(^^;


その後はのんびりと海沿いを走りながら本日一番の目的地へ向かいます。




看板にも書かれている『なぎさドライブウェイ』です。

ここは日本でも珍しい砂浜を車で走れる所なんですよ!







すでに色々な車が砂浜を走っていました♪

四駆でなくても砂浜を走れる秘密は砂のきめの細かさにあるそうです。
砂一粒一粒が海水を含んで引き締まっている為、スタックしないんですね~。

もちろん自転車やバイク、大型観光バスでも走れるそうです(^^;


この場所の事を知った時『是非AZ-1で砂浜を走らなきゃ!』と思って楽しみにしていたんですよ♪






もちろんボディが錆びに弱いAZ-1で砂浜を走るのはちょっとアレですが、散々塩カルが撒かれた雪道走って来たのですから今更砂浜走るくらい変わりません(^^;

後でしっかりと下回りまで洗車してあげましょう♪



波打ち際でパチリ。






小さなチケットウィンドウを開けて潮風を頬に受けながら能登半島国定公園の雄大な波打ち際をゆったりと走るのは爽快です!




そしてこのなぎさドライブウェイは砂浜なのに本当に『道』なんですよ。

Yahoo!ナビでもこの通り。




全長が8kmもある為、どこまでも波打ち際を走る事が出来て最高でした!

まさに至福の砂浜ドライブを楽しめる『なぎさドライブウェイ』

皆様もチャンスがありましたら是非(*^_^*)





渚ドライブを満喫した後はしっかりと洗車をして、朝にろぼこんさんから連絡があって『せっかくそこにいるならココに寄ってみたら~』と教えて頂いたあそこへ向かいます。



そう、某お寺さんです(^^;


こちらのお寺さんにはナントAZ-1が3台所属しているそうです!


そのうちの一台はAZ-1生誕20周年ミーティングで拝見させて頂きました♪





ご住職さんが乗られているG6ジムカーナを中心にJAF戦を転戦されていた競技車両です!

お話を伺ったところ、さすがに経年劣化でラッピングが傷んでしまい現在はこの外観ではないそうでした。


他にもSilk Cut仕様のAZ-1や国内仕様のチャージカラーもあるそうです(^^;



これは昨年の岡山国際サーキットで行われたマツダファンフェスタに参加されたやつですね。なぜかろぼこんさんの運転で(^^;


年の瀬のお忙しい時に連絡もなしでお邪魔してしまいご迷惑おかけしました。
m(__)m

お話聞かせて頂きありがとうございました!




そして次の目的地へと向かいますが、途中でちょっぴり一休み。






今回のツーリングでは一休みのたびに日本海を眺める事が出来ましたがどこも素敵な表情を見せてくれました(*^_^*)




そしてさらに南下して福井県へと入り、やってきました東尋坊。





こちらではCARAに乗るはっちん。さんにお会いしました!




前日にみんカラでメッセージを頂いた時はビックリしましたよ(^^;

リトモさんのワイドボディキットを纏ったCARAイカしますね!




サイドのボディの凹み部分をブラックに塗装してアクセントが効いています。

このカラーリングも新鮮ですね!



右側のインタークーラー用エアインテークにはオリジナルのカバーが付けられて吸気効率もアップに貢献しています!




サイドミラーはマッドハウスさんのでは無くて、CBR750のミラーを流用されていました。アームの基部の形状が確かに少し異なっていて、一回り大きい感じですね♪




リアクォーター部にはカバーが付けられていました。

ここもブラック塗装がされています。




そしてサイドウィンカーは、現行マツダ車用のウィンカーに変えられていました。イカす!

リトモさんのワイドボディキットはサイドの形状が複雑なので、この形状のウィンカーもマッチしますね~♪




そして、リアのコンビネーションランプにも一工夫ありました。

上がブレーキランプ4灯で下のクリア部は外側がウィンカーで内側がバックランプとなっています。コレもイイですね!


このリトモキットはご自分で取り付け塗装されたそうですが、やはり色々と大変だった所があったそうです。

うちのT-ハウスのキットも大変でしたが、やはりアフターエアロパーツは取り付け大変ですよね(^^;


色々とお話を伺っていたら日が暮れてしまった為、ご自宅へお邪魔しました。




はっちん。さんは単車乗りでもあり『隼』に乗られていましたが、なんとこちらの隼は第1回隼改造コンテストで数百台の隼の中から見事優勝に選ばれたスーパー隼でした!




中でも一番驚いたのが、バックミラーが無いんですよ。




こりカウル左右に付けられたカメラによって、メーターの下に装着されたモニターに後方が映し出されるしくみに戦慄しました!すげぇ。


ガレージ内も色々と見せて頂きましてありがとうございましたm(__)m

また今年の秋くらいにお会いしましょう♪



この後は今夜の宿泊先である福井駅近くのホテルへと向かいます。


大晦日なので、ちょっぴり奮発して12000円也で泊まったら晩御飯に出てきた地もの会席がチョー美味しかったです♪




この『竹田の油揚げ陶板焼き』パリッとした表面の歯ごたえとフワッとした中の食感が絶妙でオッティモでした!




若狭鰈(かれい)の唐揚げも脂が乗ってて、またしてもオッティモです!

正直全く期待していなかったのですが、嬉しい誤算でした(*^_^*)


大晦日なので食後は部屋でテレビを見ながらのんびり過ごして、毎年恒例のどん兵衛で年越しそばを頂きました♪










[ハイタッチ!drive] 
2016年12月31日09:25 - 18:47、
205.80km 8時間28分、
2ハイタッチ、コレクション1個を獲得、バッジ21個を獲得、テリトリーポイント0ptを獲得


この日は2016年も最終日。

次回の元旦ツーリングは福井から京都へと向かいます。
2017年02月03日 イイね!
2016-2017 AZ-1で行く冬の日本海 まとめ旅日記 ③









nyanko-sensei with eeyore-senpai


















------- 旅4日目 2016/12/30 ルートイン糸魚川 -------



ビジネスホテルのルートイン・グループは基本的に温泉か大浴場が併設されているので、ドライブの疲れを取る為に足を延ばしてお風呂に入れるのと、無料朝食が付いていて部屋も割とお綺麗な所が多いのでツーリングの時は良くお世話になっています♪

無料朝食とは言ってもバイキング形式でお腹一杯食べられるので、いつもイーヨー先輩と2人分和食と洋食のお世話になります(^^;




そして朝食を食べながらスマホで天気予報を再度確認。

本日は糸魚川から能登半島までを走るので、広域天気予報で地域別の天気にも目を通します。ルートはこんな感じ。




予報では七尾や能登島の辺りまでは午前中曇り空や雨雪が一時的にありそうですが、能登半島の先の方は晴れ模様になりそうとの事でした。

明日は輪島の朝市を見たかったので、今日はちょっと頑張っていつもより少し多目の320km走行予定ですが頑張りましょう(^^/




糸魚川を出た時は小雪がぱらついていたのですが、少し走ったら青空が見えて来ましたが、この後はまた曇ったり晴れたりを繰り返し一日中気まぐれなお天気でした(^^;

まずは富山湾をぐるっと回って一路能登半島へと向かいます。




七尾の手前、氷見の辺りでは晦日なのにお花が咲いていました。

この辺りは少し暖かいのかな?


七尾市へ入り和倉温泉を抜けて能登島大橋を使って能登島へ渡ります。





能登島大橋は橋長1kmちょっとですが、この橋のお陰で島民の生活が大きく変わったとの事でした。

何よりも特筆すべきはこの橋の形が『かもめが大空に翼を広げた姿を表している。』と言う事ではないでしょうか!

そう、AZ-1同様『ガルウィング』と言う事ですよ!




と言う事でガルウィング・ブリッジを渡るAZ-1をタイマーでパチリ!




ガルウィングなの?

まぁ観光案内に書かれているんだからそうなんですよ、多分(^^;


でもこの橋のお陰で美術館や水族館、ゴルフ場などが能登島に造られて年間100万人の観光客が訪れる様になったそうですよ。


反対に島民は流出が進み廃屋もパラパラと見られました。





再び能登半島へ戻ってドライブを続けていたらランティスに乗るみん友のfuji323さんからみんカラにコメントを頂き、教えて頂いたのと鉄道七尾線の西岸駅へやってきました♪




なんでも以前ランティスでドライブでこの駅を訪れたらとても雰囲気が良かったとの事でした。

基本観光地とか調べたりしないでドライブしていて気に入った所で写真撮るだけの気まぐれ旅なので、この様なドライブ情報教えて頂けると本当に助かります(*^_^*)

無人駅なのでホームに入ってみると交換駅のせいか反対側にもホームがありました。



しかし、ホームを少し歩いているとアレ、さっきとは違う名前の駅名板が?



実はこの『湯乃鷺』と言う駅名はこの駅がモデルのアニメ内で登場する駅名なんですね。



駅の待合室にアニメのポスターが貼ってありました。後ろにAZ-1を入れてパチリ。



壁には大きなパネルがあります。コレも後ろにAZ-1を入れてパチリ。



待合室はこのアニメのポスターや原作マンガ、落書き帖などでいっぱいでした。
ドアの外にAZ-1を入れてパチリ。


あくまでもAZ-1とCARAのブログなので写真を撮る時は隙あらばAZ-1を写し込んでいきますよ(笑)


なんて遊んでいたら時刻表に記載のない列車が入線して来ました。



これは北陸新幹線開業に伴い造られた能登の観光列車みたいです。

能登の海をイメージした日本海ブルー(濃紺色)を基調とし、能登に広がる大地や実りをイメージしたえんじ色をアクセントにした外装デザインで、車内は能登の天然素材を使用していたり、伝統工芸品のミニギャラリーがあるそうです。



のんびりと休んだ西岸駅を後にして、七尾湾に沿って国道249号線を走ります。

さっきまでの曇り空が噓の様に晴れ間が見えてとても気持ち良く走れました♪



穏やかな七尾北湾を眺めながらパチリ。



ここからしばらくは日本海とはいえ穏やかな海を眺めながらのんびり走りました♪

能登半島は瓦屋根の家屋が多くて雰囲気の良いドライブが楽しめて最高でした!

桜も綺麗な所なのでまた春にも来てみたいなぁ(*^_^*)


ドライブを楽しみながら恋路温泉のある恋路海岸へ来てみたら、駐車場から平成17年に廃止となった能登線の恋路駅跡が残っているのが見えました。




 ↑ 小っちゃくAZ-1を入れてパチリ(笑)
右側を走るレールの先のトンネルは地元の酒造会社さんが酒蔵として使用しているそうです。

その酒造会社さんが廃線の跡地を手に入れてわざわざレールを引き直してトロッコを運営しているみたいです。こんな手作りの地域振興も良いですね♪



再び走り始めると、軒先に干し大根を見かけました。







瓦屋根の木造家屋の軒先につるされた干し大根。能登には日本の古き良き光景が今でも残っていました♪


少し走って珠洲市へ入ります。折角なので鵜飼海岸へ向かって見附島を眺めましょう。




通称『軍艦島』とも呼ばれる見附島ですが高さ28mもある珪藻泥岩で構成された奇岩です。

佐渡島から能登を訪れた弘法大師が初めて見つけた島なので見附島と呼ばれたとか。

さて、陽も落ち始めて来たので先を急ぎましょう。


リアス式海岸が続く海沿いはAZ-1で走ると本当に気持ちがいいです♪




夕暮れの日本海を眺めながらワインディングを走り続けます。


走り疲れたら缶コーヒーを飲みながら一息つきます。

ホットコーヒーで身体を温めながら、残照があたる雲が織りなす光景に目を奪われます。




この日も夕陽は見られませんでしたが、素晴らしい夕景を楽しむ事が出来ました♪



陽が落ちると一気に寒さが襲ってきます。

風も出て来て日本海の荒波が帰ってきました。




さすがに300kmを超えると冬の短い陽の出ている間には走り切れないですね(^^;


輪島の手前には白米千枚田(しろよねせんまいだ)と呼ばれる棚田があって、日本海に面した小さな田が重なり海岸まで続く絶景は国指定文化財名勝に指定され、奥能登を代表する観光スポットと言われていたのですが、明るいうちにたどり着けませんでした。


しかし、走っていたらイルミネーションで棚田がライティングされていました!


日本海から吹きすさぶ強風の中、三脚を立てて長時間露光でシャッターを開けたまま、AZ-1で棚田の上の国道を往復してパチリ。







ライトとテールランプは写っているはずですが、わざわざAZ-1で走って写す必要はなくない?と言うツッコミはナシで(^^;


ライブカメラは→コチラ


昼間はこんな感じ。
(写真 白米千枚田HPより)



水田一面あたりの面積は約18平方メートルと狭小で約4ヘクタールの範囲に1004枚の典型的な棚田風景が展開し、古くより「田植えしたのが九百九十九枚あとの一枚蓑の下」「越中富山は田どころなれど能登は一枚千枚田」等の古謡が唄い継がれているみたいですよ(^^



物凄く海風が寒かったですが(^^;無事に?千枚田も見れた所で今夜のホテルに向かいます。

昨日と同じルートイン・グループのビジネスホテルなので夕飯は食べて行きましょうと言う事で、国道沿いに見かけたラーメン屋さんに入りました。


観光客相手とかではない普通のラーメン屋さんだったので、イーヨー先輩のリクエストで味噌バターラーメンに餃子・ライスセットを注文してみました。





と言う訳でやっと出番がやってきました!食レポ担当のイーヨー先輩です(*^_^*)

まずは写真のラーメンをご覧下さい。ナルトが独特です!早速いただいてみましょう。

お味は完全にかまぼこですが(笑)意外と美味しいかも♪


デラックスな輪島塗のどんぶりに入った野菜味噌バターラーメンは太めの自家製麺で、練り込むのに海洋深層水を使った健康麺を売りにしているとメニューに書かれています。早速いただきましょう!


お味の方は、うん、とってもフツー!(笑)イヤ、美味しいですよ?(笑)

でもとても可もなく不可もなくフツーど真ん中のラーメンです!

餃子はパリッとしていて、んまい♪

ラーメンとライスを頂きながら餃子をつまむとコンビネーション最高でした!

コレでお値段930円はお値打ちかとわたくしイーヨー先輩は断言します!


ご年配のご夫婦でやられているラーメン屋さんでしたが、ぶーちゃんがこっそり写真撮っていたらわたくしイーヨー先輩も見つかってしまい(^^; 色々話しかけられてしまいましたが、明日輪島の朝市行くならここは行った方が良いよ~等教えて頂きました。ありがとうございます♪


『能登はやさしや土までも』って言われていますが、本当に能登の方々は親切でした。
(*^_^*)





ハイタッチ!drive
2016年12月30日09:23 - 18:38、
320.31km 8時間45分、
バッジ28個を獲得、テリトリーポイント0ptを獲得



この日泊まったルートイン輪島は温泉浴場があったので運転の疲れも癒せてグッスリでした♪


まとめ旅日記5日目は輪島の朝市へ行ってから福井市を目指します(^^/
2017年01月28日 イイね!
2016-2017 AZ-1で行く冬の日本海旅日記 ②






the elevated ridge used as a walkway between rice fields.













------- 2016/12/29 8:56 瀬波温泉近くの県民憩いの森 -------





ツーリング中は毎朝携帯のアラームで起こされたら、まずはすぐに天気予報を確認します。

朝から雨が降っている日は少し二度寝してのんびり出発したり、晴れていたら素早く用意をして出発したりと、その日の天候に合わせて多少計画を変える様にしています。


この日は昼過ぎまでは晴れのち曇り、夕方前から雨の予報だった為雨が降る前に今日の目的地の糸魚川へ着く様に計画を再考。早目に出発して天気が良い時間帯にツーリングを楽しむ様にします。



昨日は雪道に夕方は曇り空と天候があまり良くなかったので、今日は早目に出発して青空を楽しみましょう♪

温泉旅館を出発して近くにあった県民憩いの森で森林浴をしながら朝陽と木漏れ日ををパチリ。





この日は夕方前までの貴重な晴れ間を堪能したいので、次は近くの港に寄ってみましょう!

朝の港は気持ちがいいですね♪




ここ岩船港は36km沖に浮かぶ粟島へと向かうフェリーの発着場があります。
近くの鮮魚センターで売られている紅ズワイガニと鮭の味噌漬けはこちらの名物だそうです(^^

温泉宿の朝食でお腹いっぱいなのでこちらには寄らずにツーリングを続けます。



旅館の朝食は湯豆腐や温泉卵が美味しかったです♪



まずは国道345線を進んで神林地域を通ります。ここは東は越後山地、西は通称“お幕場”と呼ばれる美しい松林を経て日本海に面している、農業を中心としたのどかな田園地帯です。

そんな光景を望む為にあぜ道に乗り入れてパチリ。




遠くに見える越後山地は冠雪が見られますが平野部には雪は全く無くて快適に走る事が出来ました♪

のどかにあぜ道でイーヨー先輩と日向ぼっこしていたら白鳥の群れが次から次へと飛んで行くのが見られました。




この近くにあるお幕場大池公園には冬になると多くの白鳥が飛来するらしいので、多分そこの白鳥さんみたいですね♪

のどかな田園風景を満喫していたらのどが渇いたので近くの自販機コーナーへ向かいます。




『オロナミンC』の看板がステキすぎて迷わずここに決めました!

しかし肝心のオロCは売り切れでしたよ(^^;

仕方がないので久々にジャワティー買いました♪
たまに飲むと美味いんですよね~。


そして再び海沿いに走っていると、海を見渡せる『はまなすの丘』があったので寄り道します。

はまなすの群落が見れるのは6月ですが、代わりに沖合に油田の海上プラットフォームが見えました。




日本国内で唯一操業している岩船沖油ガス田ですね。

新潟県胎内市の沖合約4kmに位置する海洋油ガス田でプラットフォームの設置深度は36メートル程度ですが、採掘深度は約1,400から3,000mと中々深くから採っています。

核戦争が起きてMAD MAX的な時代が来たらまずここへ来ないと日本国内ではガソリンが手に入らないですね(^^;

近くにはスピードパーク新潟と言うカートコースもあるのでモータースポーツも意外と盛んみたいです。間瀬サーキットもありますしね♪


その後国道113号へ入って海沿いをのんびり走ります。

砂浜へ入れそうな脇道があったので慎重に乗り入れてパチリ。




この先はちょっぴり泥道になっていたので大事をとってここまでです。

砂浜は乗り入れる前に歩いて路面状況の確認は必須ですよ(^^;


この後は国道7号線に入り新潟市内へと乗り入れましたが、このバイパス凄いですね!

高速道路かと思うような2~3車線の信号機も無い道が新潟市内を横断していてビックリしました。

今まで旅行していてこんな交通環境が良い県庁所在地ありませんでしたよ。

きっと某田中さんの力なのかもしれませんが、新幹線も高速道路も一般国道でさえもこんなに整備されたインフラストラクチャーがある新潟県恐るべしですよ!すごいなぁ。


インターチェンジを降りて県庁横を通って海沿いの国道402号線へと入って再び海沿いを西進します。


途中でロータリー交差点を見かけたのでパチリ。




流石にちっちゃなラウンドアバウト内では写真が撮れなかったので看板で撮影です。

でも肝心のラウンドアバウトはなんかチカチカした警告看板やポールばっかりで物々しい感じでしたよ(^^;


本当は弥彦スカイラインを走りたかったのですが、残念ながら冬季閉鎖なので少し走って角田崎灯台のある佐渡弥彦国定公園の角田浜へ寄り道しました。


エメラルドグリーンの海をバックにパチリ。




いよいよ空も雲に覆われて少し雨の近い香りが漂ってきます。

そろそろ写真撮影も切り上げて糸魚川へ急ぎましょう(^^


と思っていた矢先に懐かしい所へ来たので寄り道しちゃいました。

日本海間瀬サーキットです♪




文字通り日本海に面した所にある間瀬サーキットはアップダウンやタイトコーナーを結ぶ全長約2kmのテクニカルサーキットです。

随分昔ですが、友達と耐久レースに参戦していましたが、関東からはかなり遠くて大変だった気がしますが、当時はまだ関東近郊ではそんなに耐久レースが開催されて無かったんでここまで来ていたんですよね(^^;


この日はフリー走行日だったのか写真を撮っていたらS2000がサーキットから出てきました♪


たしかこの近くはネズミ捕りを良くやっていた(当時)のを思い出して、この先はノロノロと走りましたよ(^^;


その後に曇り空の下を走っていたら、雲の切れ間から陽が射していた所があったので、海辺のパーキングにAZ-1を停めて白波立つ日本海をパチリ。




再び国道402号を走りながら日本海を眺めていたら柏崎刈羽原発が見えてきました。





日本型の原発は冷却水の必要性から海沿いに造られているので、国道402号線もここだけは海から離れて内陸を走ります。

柏崎刈羽原発は1号機から7号機までの7基を合わせると世界最大の発電量を誇るのですが、福島第一原発の事故後運転を停止している為現在の発電量は0kwです。


発電していないとはいえ、流石に発電所の周りは警備が厳重で驚きました。

柵の内側にはほぼ数メートル毎に監視カメラが建っていて、侵入者が分かる様に木々も広い範囲で伐採されていました。




道の横には放射線量計がありましたが、なんとなく不気味なのでそそくさと退散します(^^;


そしてこの辺りの道はほぼまっすぐに走っているのですが、高低差があるので坂道が多く、登坂に入った途端に対向車線を降りて来るトラックの後ろからトヨタBBが追い越しを掛ける為こちらの車線にはみ出してきたのですが、どう考えても追い抜く前にこちらと正面衝突するタイミングなのでホーンを鳴らしまくったのですが構わず追い越しを掛けて来て『MAD MAXか!』と恐怖しながらぶつかる直前でブレーキを踏んで路肩に逃げて避けましたがまさかこんな所でリアルチキンランをするとは思いませんでしたよ(゜o゜)

本当に怖かったですorz


そんな目に合ったのでまだ13時過ぎでしたが、予定を変更して近くの柏崎I.Cから北陸自動車道に乗ってさっさと今日の宿泊地の糸魚川へと向かいました。

基本的には一般道でツーリングを楽しもうと思っていたのですが、危険な目に合った時はたとえ助かっても次にまたピンチを招く事がままある為(旅に出た時の過去経験から)さっさとホテルへ向かいます。

もう少ししたら天気予報通りならば雨も降って来そうですしね。


ゆっくりと北陸自動車道を走って糸魚川I.Cを降りて、糸魚川駅近くのビジネスホテルへと向かいます。


駅前の道からホテルへと向かう脇道へ入ったら、1週間前に起きた大規模火災の跡に遭遇しました。




なんの被害も見られなかった駅前通りを曲がった途端に急に目に飛び込んで来た光景に唖然としました。

一面の焼け野原は死者が出なかったのが奇跡的な程酷い光景でした。


しかし、電線、水道やガスなどのインフラの工事や現場検証、がれきの撤去が急ピッチで進んでいる光景は迅速な対応を行っている事を感じました。




この写真はお巡りさんの手信号による交差点での停止中に撮影したものです。

たった一軒のお店からの火災が姫川おろしと言う強い南風にあおられて乾燥していた建物に延焼して大火の基準となる33,000m2を超える約40,000m2を焼失して単一出火の火災としては過去20年間で最大の火災となってしまいましたが、被災地の方々の一日も早い復興を願ってやみません。


ルートイン糸魚川と言うビジネスホテルを予約していたので、出発前にホテルの無事を確認したらここは被害を免れたと言う事でしたが、被災者の人や工事関係者が宿泊するのであればキャンセルしようと思っていたのですが、むしろキャンセル続きでガラガラと言う事でしたので予定通り宿泊する事にしました。


しかしまだ3時前なのでさすがに時間を持て余してしまうのと、さっきのチキンラン事件があったせいで気分転換の為に糸魚川駅まで歩いて片道約1時間の汽車旅をする事にします。



ここ糸魚川駅から長野県松本駅までを結ぶ大糸線に乗る事にします。

南小谷駅までの35.3kmは非電化区間でディーゼル気動車が山間を走っていて雪景色が楽しめそうなので気分転換には良いかもしれません♪




これは帰り道の南小谷からの切符ですね。

沿線は雪景色が見られて旅情満点で良い雰囲気でしたよ♪



南小谷駅から松本駅までは電車になるので、ここ南小谷駅で折り返し列車に乗ってまた糸魚川駅まで戻りましたが、山岳区間用にエンジン出力を330psまで強化したキハ120-300番台の振動と揺れに任せて帰り道はウトウトしちゃいました(^^;





そして糸魚川駅に戻った後は天気予報通りに雨が降ってきてしまっていたので、ろぼこんさんに教えて頂いた『氷見きときと寿司』の糸魚川店へ行って来ました!

氷見きときと寿司→こちらをクリック





スピン寿司の為かお値段はどれもリーズナブルでしたが美味しかったです!

さすがに板前さんが目の前にいるカウンター席なので写真はこれしか撮れませんでしたが(^^; のどぐろやえんがわが絶品でした♪

イーヨー先輩はイカの新鮮な甘さやあなごに舌鼓を打っていました(^^


チキンラン事件でちょっとアレでしたが汽車旅に美味しいお寿司で良い気分転換が出来ました(^^;

今日はあんまり走りませんでしたがとにかく事故無く、トラブル無く着けて良かったです。




[ハイタッチ!drive] 

2016年12月29日8:43 - 14:44、
233.46km 6時間01分、
バッジ10個を獲得、テリトリーポイント0ptを獲得


次回はいよいよ能登半島へと入ります。続きもお楽しみに♪
2017年01月26日 イイね!
2016-2017 AZ-1で行く冬の日本海旅日記 ①







at the start of touring.







12月27日火曜日20:00 自宅駐車場を出発して日本海ツーリングをスタートしました。

まずは進路を北へ取って山形県酒田市から日本海側を南下していくルートを選びます。これは以前東北一周ツーリングで酒田市までは走っていた為、その続きとなる様にコース設定を行います。




走行距離約2400km、8泊9日の旅の始まりです!


まずは少し距離を稼ぐ為に仕事が終わった後にすぐに出発。北上して200kmほど走って白河I.C近くのビジネスホテル『プレミアイン白河』にチェックイン。




このホテルはまだ比較的新しくて綺麗なホテルなのに3900円で朝食付きとリーズナブルでした♪





朝7時から朝食OKだったので7時前に起床して7:15には朝食開始。いつも通りイーヨー先輩と2人分の朝食バイキングを頂きました(^^;

早くも外は粉雪が少しチラついていましたが、今日は豪雪地帯である月山越えを予定しているので少々の事では動じませんよ!


朝食後には部屋へと戻って交通状況を確認します。


本日のルートはこんな感じ。




東北道から山形道へと入って酒田市を目指します。

予定走行距離は350km超ですが、朝食後に部屋で確認した天気予報では山形は雪模様。そこへ山形在住AZ-1ドライバーの桜霞さんから市内の積雪状況と『月山は乗用車では厳しいかも』と言う月山をよく知るロードスタードライバーのお父様からの情報が!

月山のライブカメラ情報を教えて頂いたので見てみると・・・・・






凍結路面やんorz



おまけに高速道路情報を見てみたら蔵王の辺りで凍結路面によるスリップ事故で通行止め区間が・・・・・


出発前から大ピンチですよ(^^;


取り合えず何かあった時の為に会津廻りの迂回ルートを構築して、行ける処まで行ってみる事に。冬の北海道を一周したノウハウで突破を試みます!

もちろんチェーンやスコップ、牽引フックに予備バッテリーと準備も万端です(^^b

まぁダメだったらダメでそれも今後の経験になりますからね♪


予備計画も立て終わった所で8時過ぎにチェックアウト。いよいよツーリングスタートです!





早速AZ-1が凍ってましたよ(^^;


前夜のうちに給油しておいたのでそのまま白河I.C.から東北道へ。

途中SAで通行止め区間の情報を確認しながら北上します。


すると宮城県に入った所で山形道の事故区間通行止めが解除されました!

ナイスタイミングとばかりに東北道から山形道へと入ると途端に雪景色となりました。






走行車線にはほぼ積雪がないので、こちらをのんびりと走りながら雪道に身体を慣らしていきます。




途中のP.A.ではこまめに進行方向の規制情報を確認します。

雪道は舐めたらえらい目に合いますから慎重にね(^^;





頼りになる除雪車隊も大活躍してくれていました♪




そうそう、雪道を走るにはこちらのHPの情報がタメになりましたよ(*^_^*)





そして月山I.Cで高速を降りてから、いよいよ最難関の月山越えに挑みます!


国道112号線の月山花笠ラインはもう既に積雪で真っ白です。


所々吹雪になっている所もあり涙目です(> <)






慎重にゆっくり走っていたら地元の車にバンバンあおられます(^^;

路側帯がある所へ出た時に逃げ込んで後ろの車を先に行かせましょう。

車列に全部抜かれた所で最後尾にくっついてまた走り始めたら、数台前のアコードがフラフラ滑って左の雪壁に突っ込みました(゜o゜)


幸い車のダメージは無かったみたいなのですが、いくらスタッドレスとは言え滑る時は滑りますからね。


少し走った所にチェーン脱着所があったので、大事をとってチェーンを後輪に装着です。






雪国に来たな!と実感せずにはいられない程の降雪と寒さの中、チェーンを付ける前と付けた後にそれぞれ数分ずつブレーキロックとリリースの感覚をトレーニング。

凍結路面の感触を身体に思い出させます。

ABSの無い車体は自分で何とかしないといけませんが、それこそがAZ-1に乗る醍醐味の一つですからね♪


そして身体もほぐれた所で再び峠越えに挑みます!


しばらく走っていると急にノロノロと走っている車列に追いつきました。






ああ、コレあかんヤツや・・・・



車列の先頭はトラックでしたが、地元のトラックがゆっくりと走っている時は大抵かなり路面状態が悪い(滑りやすい)事が経験的に多かったので、車間距離を取ってゆっくりと付いていきます。


先程まであれだけAZ-1を煽っていた地元ナンバーの乗用車達もおとなしくノロノロ運転に付き合っていますからね。


無事に峠を越えて下りに入ってからは更に車列のスピードが落ちましたが、きっとこれが適正スピード。ツインリンクもてぎのアクティブセーフティでインストラクターが低μ路では荷重移動やタイヤグリップではなく『滑らない適正スピード』こそが大切なんだと教えてくれました。


無事に山形自動車道の湯殿山I.Cまでたどり着き、前を行く車はみんな高速へと向かいましたが、このまま六十里越街道に入ってさらに積雪の山道を進みます。


時間はちょうど正午過ぎ。お昼ごはんを食べにアニキに教えてもらった手打ちそばのお店へと向かいます。


こんな天気でやっているのか分かりませんが、取り合えずナビ通りに進んでみると雪原の真ん中にポツンとありました。






お昼なのに雪雲のせいでかなり暗いし左に停まっている車は従業員さんの車なのか停めっぱなしな感じで、他に車が一台も停まっていないのでお店やっているのか不安になります(^^;






駐車場は除雪されていないので、バックで入りましたよ(^^;

写真撮る為に先輩置いたらすぐに頭に積もっちゃう位雪が降ってて積雪量も半端ないですがとりあえずお店に向かいます。






ホントに営業中?



取り合えず足首まで雪に埋まりながら玄関へ向かいます。







やってた!



とにかく寒いのでまずは中に入りましょう。

しかし凄い寒くて吹雪いていたのに良くこんな写真撮ってたな俺(^^;





このお店は近くにあった築150年と言う旧家を移築してあるだけあってとても雰囲気が良かったですが、お店には誰もいなくてお店の人を呼んでみたらやっと出て来て、こんな天気の中よく来たねと驚かれましたが営業している方も凄いと思いますよ(^^;



当然お客さんは他にいないのでイーヨー先輩と二人きりです。




お店の中は暖房が効いていてそんなに寒くなかったので、温かいお蕎麦ではなくてざるそばをたのみます。

この手打ち蕎麦屋さんは地元朝日地域産そば粉100%の挽きたて・打ちたて・茹でたての三たて十割蕎麦を出してくれます♪






雪見障子から雪景色を眺めながらそば茶を頂き、束の間の休憩時間を楽しみます。





折角なので天ざるを頼みましたが、お塩で頂く舞茸天最高でした!

左下にちょっぴり写っていますが、大根おろしはお蕎麦と一緒に頂くのがこちら流。

のど越しも良くて美味しいお蕎麦を頂きました♪


手打ち蕎麦の大梵字さん。詳しくはコチラをクリック



〆に蕎麦湯を頂き身体も温まった所で再び雪道へ挑みます!






もう外は軽い吹雪ですが(^^; 負けずに出発です!






で、ゆっくりと山道を降りて行き鶴岡市へ入って平地に出たら雪も止んで雲間から青空が見えてきました♪






無事に雪の峠越えをする事が出来て一安心です(*^_^*)


ここから日本海側に向かう国道7号線を走る頃には雪が全くなくなりました。


これからしばらくは安心して走れそうです(^^




由良温泉の近くで初日本海を見る事が出来ました。

瓦屋根が美しい由良の町と沖合に浮かぶ白山島をバックにAZ-1をパチリ。






今回のツーリングではこんな写真がたびたび出てきますが、三脚にカメラを固定して、5秒毎に自動でシャッターが切れるインターバルタイマーと言うレリーズを使用して撮影しています。


すなわちカメラを作動しっぱなしにしてAZ-1に乗ってカメラに写る所まで行ってまた戻って来るだけですが、デジカメなのでAZ-1が写っていない写真がたくさん撮れても後で消しちゃえばいいので簡単に撮影できます。

まぁAZ-1で移動している間にカメラ盗られちゃうリスクはありますが(^^; そこは見つかりにくい様にうまく隠した所に三脚とカメラはセットしています。

最悪盗られても良い様に撮影データは直ぐにPCにバックアップする様にしていますし、デジカメは中古なら2万円位で買えそうな旧型なのでまぁいいかなと(^^;



去年の四国ツーリングから導入しましたが、これでAZ-1の走行写真が撮影できる様になったので今回は割とバンバン撮影しています(*^_^*)




これからはしばらく日本海に沿って国道7号線を西進していきます。


一桁国道ともなれば大概トンネルを通って最短距離を通る様に作られているのですが、トンネルがある所ではたまに海沿い旧道が残っているので、そんな時はのんびり旧道を走ります。


海沿いギリギリを走る旧道は日本海の荒ぶる光景を垣間見せてくれます。


三瀬漁港近くの旧道でパチリ。






白波立つ岩礁のある光景は正にイメージ通りの日本海ですね~





そして冬の日本海と言えば分厚い雲に覆われた暗いイメージもありますね。


そんな雰囲気でパチリ。





ここはあつみ温泉近くの海岸だったかな?


だんだんと陽が落ちて来て、夕闇が迫ってきます。



夕陽を浴びて反射するAZ-1のボディをパチリ。





勝木交差点から国道7号線と別れて、日本海へと沈む夕陽が見えると言われている国道345号線を走ります。この国道345号線は日本海夕陽ラインの別名も持っています。


日本海夕陽ラインの夕景をパチリ。







残念ながら夕陽は雲の中で沈んでしまい夕陽は見られませんでした(^^;

また後日に期待しましょう。



陽が落ちた後はお腹も空いてきたのでさっさと旅館へと向かいます(^^;


今夜お世話になるのは明治37年開湯、新潟県瀬波温泉の老舗旅館 大和屋さんにお世話になります。





新潟県は昔から日本でも数少ない油田がある地域で、この瀬波温泉ももともとは油田を掘っていたら温泉が出たので温泉街になったと言う事でした。





イーヨー先輩は温泉まんじゅうが気に入ったみたいです♪


夕食前にひと風呂浴びてきましたが、源泉かけ流しの古い味わいの湯舟は温度もちょうど良くて最高でした!





旅館HPより


ここの温泉旅館は歴史ある旅館なので雰囲気は良いのですが全体的に設備が古風で女性受けはイマイチかもしれませんが、2食付き10000円なのに部屋食と御大尽でした(^^;

地元で採れたお魚を使った料理はどれも美味しくてイーヨー先輩も大満足でしたよ♪(もちろん写真以外にも後から色々出てきました)
お鍋は地元の牛肉を使ったミニ牛鍋でコレも美味しかったです♪♪





今日は走行距離365km。前半は高速道路だったので距離の割には疲れはないのですが、何よりも無事に月山越えが出来てホッとしました(^^;

やはり雪道は緊張しますからね。



ハイドラでの走行ルートはこんな感じ。



ハイタッチ!drive
2016年12月28日08:18 - 17:03、
365.18km 8時間18分、
2ハイタッチ、バッジ57個を獲得、テリトリーポイント0ptを獲得




まとめ旅日記②では、新潟県を横断して糸魚川へと向かいます(*^_^*)
プロフィール
「@ちゃんぷ♪ さん、スピーカーボードじゃなくてボックスじゃないですか(^^;こんなデカイの付いてるAZ-1見たことないですよ(^^b」
何シテル?   02/15 22:40
ロバのEeyore(イーヨー)といいます。 このブログはAZ-1&CARAの事をメインに書いていきたいと思います。 お見苦しい点も多々あるかと思いま...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
更新情報 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 20:15:47
自作 LEDテールランプ ver.2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/22 21:44:37
TRAP 特注インナードアノブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/12 19:52:28
お友達
一部お友達限定閲覧可のブログを書きはじめる関係で、お友達申請はお会いした方限定でお願いいたします。

大変申し訳ありませんが、2016年8月以降はそれ以降にお会いした方以外からのお友達申請はご遠慮させていただきます。





116 人のお友達がいます
はなちゃん ぷうちゃんはなちゃん ぷうちゃん * ロボ部長ロボ部長 *
ike180ike180 * す~太す~太 *
ちゃんぷ♪ちゃんぷ♪ * りょー@りょー@ *
ファン
78 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ AZ-1 1号機 M2 1015B (マツダ AZ-1)
2000年春にアニキのお店で購入。 まだ当時は手に入ったMADHOUSEさんのタイプⅠ ...
その他 その他 イーヨー先輩 (その他 その他)
クマのプーさんに出てくる仲間のロバのイーヨーです。 イギリス生まれですが、現在は浦安在住 ...
スズキ キャラ 5号機 初めてのCARA (スズキ キャラ)
『いや~CARAまだ乗った事なかったから欲しかったんだよね♪』 と言ったらみんなに怒られ ...
マツダ AZ-1 6号機 旧6483さん号 (マツダ AZ-1)
サーキット仕様に仕上げていく予定ですが、27年1月まで車検があるので、それまでは街乗りメ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.