車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月08日 イイね!
1/7日。七草がゆの朝。

パンをご飯を炊くごとく焼いている私だけれど、本当はご飯が好き。消化に良いからパンを焼いているだけで、ご飯はご飯でも粥が何より好き。玄米を毎日ちゃんと精米して、米からきちんと炊き上げる粥はそれだけで心躍る御馳走だ。

それに今日は正月明けということもあり、いろいろ具材がはいる。うちは七草全てじゃないけれど、いちおう七草がゆのつもり。入れたければスーパーに行けばちゃんとセットがある。七草それぞれに由来があり、総じて正月のお祝いで贅沢した胃や腸をいたわるのに良いとされている。

と、ちょうどそんな時に母親が体調を崩した。腸炎なんとか?だか、ま、具合が悪いらしい。自室でずっと横になっている。時折、水分をとったりして脱水症状にならないようにしている位。私が仕事中に、父が病院には連れて行ったらしく薬は処方してもらっていた。徐々に良くなるとは思うし、そこまで心配はしていないのだが。

いろいろ疲れが出たのかもしれない。正月、孫とあそんだり行事ごとも重なっていたからなぁ。わたしが1つ歳をとると、確実に父母も1つづつ歳をとる。抗えない、しかし非常に単純な事である。




今日は仕事だったがパス。幸いにも3連休。帳尻はあわせるし、またそのツケが来ればどこかの休みを潰せばいいだけ。それが、天気のいい、ロードスターやオートバイに好適な日和だったとしてもまったくかまわない。何を大切にすべきか、何を優先すべきか。明確ならば悩む必要も時間も全くない。

それは、かなり心理的に楽。私が辛いのは、どのベクトルか迷っている時だから。

私は料理はそこそこ得意だと自負している。毎食違うメニューだって、当分の間は労せずこなせる。ちゃんと鰹節を掻いて出汁をとり、洗い物に並行して次の昼・晩と食事の下ごしらえまで体は自然と動く。冷蔵庫の中は当然把握しており、朝刊のスーパーのチラシの確認にも余念がない。

洗濯物をして、干す。ちゃんと汚れは手洗いして、洗濯機も分別して回し、干すのも長く干しすぎない。クローゼットにかけるものはかけて、アイロンかけないものはきちんとたたむ。アイロンは、少し糊多めにパリッとかかっていると袖を通したときのやる気も一層出るというもの。

並行して家の掃除。母は横になっているから五月蠅い掃除機は御法度。化学ぞうきんと、ウエットタオルの大判のようなもので床を拭いていく。家の周りは少しでも手をぬくと落ち葉だらけ。毎日2回できればベター。玄関が土埃っぽいので掃いてからタイルにモップ掛け。玄関は家の顔だからな。

大切なのは、それらすべてを生き生きと楽しんで完璧になしえること。手前みそではあるが、なるほどプロの独身としてのスペックは、まぁまぁに備えていると思う。

しかしなんだか、違うと感じる。



母に粥をべつに作り、予め先に作っておける鍋料理にした。体にやさしく、あたたまり、翌日に雑炊も楽しめる。もっと早い時間に祖母には別に食事を用意せねばならぬ都合で買い物の時間が迫ってしまい、スープは手抜きした。豆乳ごま味噌仕立て、出汁はきちんととったが、ごまを擦る時間がなく市販の練りペーストに擦りごまで代用した。

父と男二人の食卓。ウマいにはウマいのだが、なんだか食事を楽しむというより、栄養を補給する場に近かった。寡黙に鍋をつつく。弱火のカセットコンロにかけた土鍋が、くつくつと音をたてているだけ。

…まだおかわの具材はあるよ…そうか…うん。



母が元気なら、喜んでくれたかな。
洗い物するだけで、ありがとうと言ってくれたかな。

ふと気がついたら、トイレに降りてきたついでに風呂掃除をしようとしていて、ついついきつく休んでおきなよと注意してしまった。

母は、家庭の花である。欠けると、とたんに生活のレベルが下がると思った。

とてもではないが、何かを楽しめると言う気分ではないな。
Posted at 2017/01/08 08:15:12 | トラックバック(0) | 食べる | 日記
2017年01月05日 イイね!
朝、家の近くの小高い丘に登り朝やけを楽しむ。

赤い色が濃ゆくなり、それが引いたり、青みがかったり。

それらが一通り落ち着くと、空の顔は少し面白みが無くなる。

と、そのとき!というテレビ番組仕立てではないが

かーっと光が差し始める。



良い日の出だった。

先に断っておくと、これは初日の出ではない。




元旦の朝は家の神棚や仏壇の明かりやお雑煮の準備に追われ、明るくなり始める頃には年始の挨拶がある。とても、寝ていたり外に居るわけにはいかない。

そこで、二日の朝にすこしだけ散歩にでかけて撮ったのが上の写真だ。肩に食い込む旧式の三脚は頑丈ではあるが不要であった。久しぶりに持ち出すと疲れるね。

元旦の日の出を、ありがたがる人は多い。手を合わせる人、今年の抱負を呟く人、各々。平成29年がまさに今から始まるのかと万感の思いの人も、夫々。

では、1月2日の日の出は無意味なのか?

そりゃそんなことはないだろう。365回(乃至は366回)の日の出があり日没があり、周りをぐるぐるされている太陽だって自身に比べればちっぽけなちっぽけな地球のちっぽけなちっぽけな人間が勝手に1年と言うサイクルを区切って特別有り難がっているだけだし、太陽自身がそんなことを思う分けが無い。

ならば365回の日の出を大切にしましょう。

と言いたいわけでもない。毎日散歩に行き毎日の日の出を(雨や曇りは別だろうけれど)拝むかただっていらっしゃるし、日没を特別な感情で眺めるかたもいらっしゃるだろう。それにとやかくいうつもりはない。ただ私が言いたいのは、1/365(一分の三六五)の大切さを説きたいわけでは無いと言う事。



私にとって平成29年1月2日の日の出は格別に素晴らしいものであった。特別な特別な、1/1(一分の一)だ。大切に、思った。

偶然何かのご縁で1月2日の日の出に触れる事が出来た。この1年、その本来は何でもない1月2日の日の出も、私にとっては大切な大切な日の出だったのだと感謝する気持ちを、この年の暮れまで持ち続けたいと思う。これは、願望である。

私と言うhoranist及びhoranistの名を使って今これを書いている私だって、もっともっともっと何でもない存在だ。その何でもないhoranistや私を、思ってくださっている方がここにも、また私の生きるコミュニティにも確かにある。その愛への感謝は、死ぬまで持ち続けたいと思う。これは、願望である。



このみんカラに登録して6年がたったそうだ。読者の皆さまに、心から嬉しい気持ちを伝えたい。ありがとうございます。本音で、ひとえに皆様のおかげですと本当に思っています。何の張りあいも楽しみもなければ、続いていません。

ただ、あまりに茲元のわたしの駄文は本件を含めて酷いと思う。何が言いたいのかわからない(もしくは、じつはからっぽ)物が多すぎる、病気か?とご指摘を幾つかも頂戴している。

文字を書く上で、なんらか読み手の方に役立つような事を発信したい気持ちは常にある。が、いまそうしたメディアとしての機能は低下の一方だろう。言うまでも無く。

それとは別に、画像ファイルを置いているサービスの内容見直しなどもあり、過去6年の記事のほとんどが画像ファイルのリンク切れをもうしばらくで起こす。その修正も含め、メディアであるべきものと、それ以外ときっちり編纂し直したいと思っています。

かなり時間がかかりそうで、時間があればしたいことは別にも山ほどある。オートバイにも乗りたいし、バンパーだって結局まだ洗えていない。だから、どうなるかはわからないけれど、ゆっくり確実にこの6年を無にしないためにも、やってゆきたい。これも、願望である。



というわけで、今年1年もこんな年始のスターを平気でしていしまうような私ですが、宜しくお願い申し上げます。
Posted at 2017/01/05 02:09:16 | トラックバック(0) | 日記
2016年12月31日 イイね!
今朝、出勤前に朝刊を読んでいると大判のチラシが数枚入っていて

「明日は初売り!」

「福袋!新春初売りセール!明日は10:00~」

の様な文字が並んでいて、あぁ明日はもう元旦なのかと、当たり前の事に少し驚いた。と言う事は、今年も今日で終わりなのか、とも。


もう、年内いっぱいは乗れないかと思っていたけれど、どうやら年末年始は穏やかな良いお天気だそう。窓から外をうかがっても、まぁそうそう天気も下りはしそうにない。というわけで、どうせお客様にあわけでもないし私服で、ついでだからロードスターに乗ってしまえと閃いた次第。我ながら冴えている。



おだやかな、冬の、陽だまりと言うに相応しそうな日和。ずいぶん遠くなってしまった六甲にも、等しく暖かさが降り注いでいるように見える。

寂しく片づけをしていると、なんだか急にバカバカしく思えるようになってきた。今年の事は今年のうちに、なんて奇麗事こそさっさと棚にもどしてしまい、どうせ年明けやっても同じかと昼過ぎに止めてしまった。ロードスターに乗りたかったから。その閃きに、重ねがさね我ながら冴えている。



混んでいる所には近づきたくなかったから、ガソリンスタンドにも行かなかったし、洗車なんてもともとする気も無い。碌な事がないと思うし、わざわざ今しなくてもいいことじゃないか。

…と言う風にならないために、今日出勤したつもりだったんだがな(苦笑)。ま、人間なかなか本質は変わらんようだ。



NHKの大河ドラマのおかげもあって、いつも以上に大坂城も賑わったかもしれない。

信繁が実際に言ったわけではなく三谷幸喜氏の脚本なのだろうけれど、最終回に信繁と家康が対峙するシーンがあった。

もう戦をする時代では無くなったと言う家康に信繁は「言われなくても分かっているわ。それでも私はおまえの首をとらねばならない」と言い放つ。

あの場面があって、本当に良いドラマだったな、と思った。

具体的に分析しているわけではないけれど、今年は多くの幸せがあった。辛いこともあったかもしれないけれど、それ以上の幸せがあり、相殺というわけではないが上手く包み隠してくれていた気がする。

けれど、冷静になれば、多くの幸せを追い求めることをやめ、今自分が置かれた小さな小さな世界にひきこもり傷を負わないように、つまり海原に漕ぎだすことを諦めたからだと思う。得るものは多いかもしれないが、そういう刺激の多い外洋は、もう良い。

それを、人生のフィールドが収縮していると、嘲笑う人がいる。そんなこと、言われなくてもわかっているわ。



ささやかな事でも、その1つ1つがきらめき、今年1年あぁ良かったなぁとロードスターのシートで思えた。願わくば、来年の今頃、同じように思えるかはまったく予想もつかないけれど、実現出来たらこの上ない。

そんな事を書いている間にも、もう今年もわずか。

皆さま良いお年を。私は、せっかくなので、早寝します。では。
Posted at 2016/12/31 22:38:49 | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2016年12月25日 イイね!
葬式はお寺さんに供養してもらうし、年始はまず神社に初詣に行くとか、普通な日本ではあるけれど。

それでも「メリークリスマス!」の言葉はなんだかとても魅力的に感じる。いろんな人の立場を越えて、その言葉が広がって、あぁそうねクリスマスね!と今日の一日を特別に感じる。



もはや1つの記号と取り扱っても良いと思う。何の根拠も無いけれど、聞いて言って、悪い気分になる人は居ないんじゃないかな。良くない思い出がある人はいらっしゃるかも、だけれどさ。誰もが幸せになれる挨拶だと思う。




もう月初めにあらかた判っていたことだけれどロードスターに乗れる時間も無く今年は暮れそうだ。なんとかカラッと乾いた冬の晴れ間に乗りたくて一抹の望みはあったのだけれど浮いては沈んだ。お陰さまでぬくぬくと過ごすロードスターは、それはそれでありなのかもしれない。

相変わらずガレージの前を掃くと、吐き出したガムがアスファルトにへばりついていた。冷たい冬だからぺりっと剥がれるかなと思ったが予想を反してニュッと残ってしまった。本来なら、あぁロードスターが踏みつける前に気がついて良かったなぁと思う所だ。けど、私はその残った跡を見て、全然穏やかな気持ちに慣れず、結局いつまでたっても大人に成れないままだなぁと落ち着いてから残念に思った。

年末だからと言ってばたばたすることも無いだろう。今年も色んなことがあったなぁと振り返ることも特にしない。なるようになり、なるようにして、そのうち年が越しそうだ。だから成長しないのだろうね。



とは言う物の、もうじきにこの2016年もおしまい。平成も29年は間もなくだ。

みなさま、本当にありがとうございました。新年も、宜しくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

そして、メリークリスマス!
Posted at 2016/12/25 06:30:09 | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2016年12月15日 イイね!
ひと雨ごとに、冬が近づいてくる。大阪近郊のわりに冷え込みが厳しい我が家の近くは少し山側に入れば道も凍てつきはじめる。

しかしながら、もともとそういう土地柄にも関わらず心構えをしないドライバーやライダーが多いので意外にも寒冷地より前倒しに白い粉が路面に撒かれ始めるのは早い。無理はない、別に雪がすごく降るわけでもなんでもないのだから。

けれど、さすがに“積もるほど”撒かれたワインディングを、駆けていく元気はもう無い。

年末年始は暦の都合でゆっくり出来そうにない。にもかかわらず立派に“年末進行”なんて古臭い言葉は残っており、もはや真っただ中に突入している。先週の週末は天気も良かったし、もしかすると年内最後の「良い日」だったかもしれないけれど、没になってしまった。

春の訪れは、まだまだ先に思える。けれど、幸いにも私に残された楽しみはそれだけではない。




しっかりすぎる程に充電されているバッテリーで、勢いよくセルフスターターは重いエンジンを目覚めさせる。そろりとロードスターをガレージから外の光に晒してやる。どんより重く曇った空には、あまりパネルの汚さは目立たない模様。

ガレージの床を掃く。

ついでにガレージの前の道も落ち葉を掃く。

ついでのついでに、お隣の前の落ち葉も掃いておく。

床にモップをかけ、またロードスターに戻ってもらう。



私にとって、嬉しい嬉しいロードスターとの時間。

傍目には家の前の落ち葉を掃除しているのと変わらないし、実際限りなく近い。

けれど、ロードスターが居てくれているのだから、これは私なりのロードスター活動なんだ。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
Posted at 2016/12/15 03:40:37 | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「オリンパスのデジカメ見ながら「ズイコウはくもり易いからなぁ~」なんて、そんな時代じゃないですから!」
何シテル?   01/17 22:27
全てを受け入れるスタンスですが、ウケが悪いです。 しかしながらその事についてはなかなか受け入れられぬ自己矛盾があります。 それがワタシです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
平和のロードスター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/08 06:50:59
Phoenix2016 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/05 07:36:56
危なかった~(^-^; 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/05 07:32:27
お友達
はじめまして!
111 人のお友達がいます
noppo.noppo. * どんみみどんみみ *
sightasighta * ヒロ@NCヒロ@NC *
GOOUT !!GOOUT !! * 道☆星道☆星 *
ファン
34 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
心のアクセルをあければ、ただそれだけで幸せが加速します♪
カワサキ ZR-7S カワサキ ZR-7S
紆余曲折の大型2輪です。今でも何で買っちゃったんだろうと思っています。 積算29,79 ...
ホンダ ベンリィ CD125T ホンダ ベンリィ CD125T
大事な大事な愛馬です。 運良く最終型(JA03)の極上レベルの個体に出会えたので大切に乗 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.