車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月27日 イイね!
画像ファイルの置き場を色々模索したのだけれど、"Cloudup"というサービスが直リンクのURLも取得しやすそうだし何かと捗りそうなので、ちょっと試験運用してみようと思う次第。

なお、Cloudupのサイトはこちら。ただし、何らかの不利益を被ったとしても私horanistは責任を負いかねます。←決まり文句




さて。

何時の間にやら梅の季節も過ぎ、ずいぶん暖かくなってきたようだ。花粉症は今年は誠に具合がよく、そんなことよりも引いた風邪が長引いて辛い毎日である。熱は?と聞かれて答えると99%「なんだ、微熱ですか・・・・・・」と言われるのだけれど私は健全な方たちよりかなり平熱が低い。いわゆる低体温症であり、立派ななよなよとした現代人である。微熱と言われるような熱でも、ぶっちゃけ相当キツイ。が、なかなか理解頂けないのが悲しいところだ。

勿論、その風邪を治すことが先決ではあるが暖かくなればオートバイにも乗りたくなると言う物だ。今日は新しいCloudupの試験運用も兼ねて先日行ったオートバイのメンテナンス記事を掲載しようと思う。

今や旧式にもなった私のZR-7であるが、非常によく出来たやつできちんと消耗品さえ交換しておけば大規模なOHも必要とせず2004年式の本機でもはや10年以上動いている事になる。

今回はメンテナンスと言うには非常に初歩的ではあるが、エンジンのスパークプラグ(点火プラグ)の交換をした。実は今まで、時折取り外して確認はしていたのだけれどプラグギャップを確認してあとはワイヤブラシで適当に磨いて戻していた。

だって、マニュアルにはそれで良いと書かれているから。

ただし、エンジンにとっては大変重要なパーツであるし、そんなに高い部品でもないので(※標準プラグの事であり、イジリウムプラグは除く)今回新しく交換した次第。調子のよいエンジンには「良いガス」「良い花火」「良い圧縮」といわれる位に大切な要素だ。



汚い写真でもうしわけない。ゼファー750や始祖であるザッパーもであるが、このZR-7は今や化石の様な2バルブエンジンである。お陰で極めて点火プラグの交換しやすいエンジンに仕上がっている。全くカブ位交換しやすい。

水冷エンジンで、かつカウルに囲まれているようなエンジンはともかく、こういったネイキッドスタイルのむき出しになっているエンジンの点火プラグは概ね奥まった窪みにある。と、走行中についつい小石などがよく転がり込む。で、点火プラグを無用意に取り外してしまうとプラグホールからシリンダーの中に入ってしまうと、大変大変大変面倒なことになる。

経験してるから言ってんですよ!!!

なので、私は車の洗車に使うブロワやパソコンなどのOA機器やカメラにつかうスプレー式のエアスプレーを使って慎重にプラグ周辺のゴミや小石を飛ばすようにしている。少しプラグのネジを緩めると、再度入念に吹いている。

あとは、すかさず新しい点火プラグにアンチシーズ(焼きつき防止)のグリスをネジ部に塗布して装着すればOK。手でプラグレンチを回して、私はトルクレンチを持っているので規定トルクで締める。かなり緩いトルクであるが、点火プラグのワッシャがつぶれれば良い。トルクレンチを持ってらっしゃらない方は、ちゃんと点火プラグが入っていた箱にどの程度締めればいいかイラスト付きで解説してある。何ら問題ないと思われる。



なお、ハズしたプラグがこれ。車体を前から見た順に並べてある。2番と3番のシリンダーは奥まっているせいもあり、湿気でかなり錆びている。焼け色は…こんなもんだと思うのですが。今回も標準指定の9番のプラグにした。

導通グリスをうっすら塗ってプラグキャップをとりつければ作業終了。

近いうちに新しくなった点火プラグで走りたいなと地図を眺める私である。
Posted at 2017/03/27 22:12:41 | トラックバック(0) | オートバイ | 日記
2017年03月02日 イイね!
いよいよ、画像ファイルをアップロードしているDropboxもpublicフォルダのサービス「公開リンク」を閉鎖する時限が迫って来た。目下数ギガバイトのスペースとファイルへの直リンクさえ許されていれば多少の有償は問題ないのであるが、なかなか引っ越し先が決まらない。

それほど、ドラッグ&ドロップと右クリックから直接アドレスがコピー出来る利便さに茲元甘えてた自身においてはどこも不便に感ずる。まぁ、そうはいっても、何か考えねばならないのであるが。



強い雨が何度か降ってくれたものだから、ようやく道を覆っていた白い粉は少しずつではあるが側溝へ流れて行ってくれており、ちょっとだけ乗ることにした。

雨は春を迎えてくれるのか?気温も上がったり下がったりしながらも、上向き調子の様子で、体もほぐれていくのが良く分かる。

ロードスター自身も、関節のそれぞれがやや凝り固まっていた乗り出しも、徐々に柔らかくマイルドなそれになってきて、嬉しい。残念ながらトランスミッションの1速→2速は持病の様な渋さで、これはだましだまし付き合っていっても、良いだろう。



ロードスターに、ガソリンを注いでやるなんて、いつ振りだろうと思う。いつもオートバイは赤いノズルのレギュラー仕様なので、黄色いノズルをにぎるのが、少々嬉しいやら。

余談ではあるが、昭和シェルのハイオクタン価ガソリンであるV-Powerがその赤いノズルで給油されていCMを見てずいぶん違和感を覚えた。ノズルの色は法令で決まっているらしいが。



あ、どうでもいか…。



まだ、ちょっと明るかったのでスタンド近くのコンビニに立ち寄って、店先で淹れてくれるカップのコーヒーとチロルチョコを1つ買い駐車場で啜った。はしたないとか、ひもじく見えるとか、まぁ仰る通りに思うが、私の晩御飯はこれで十分。

ガレージに停めている間も全開にしているので、屋根を上げているスタイルというのは自分の目にも非常に珍しい。が、なかなかどうして、カッコいいじゃないか。

少し汚れたホイールとタイヤを拭う気力は残っていなかったが、そろそろ暖かいし、無理をしない範囲で乗っていけたらな、と思う。

ロードスターは、いつ乗っても、楽しい。

ガソリンスタンドへガソリンを入れに行って帰った。ただそれだけである。

ただ、それだけが、私には、とてもありがたい。
Posted at 2017/03/02 17:03:16 | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2017年02月12日 イイね!
口から内臓がでそうになりませんか?



この寒い冬も一番健気に働いてくれているのはナナハンのオートバイでも、ぬくぬくとガレージで寝ているロードスターは言うに及ばず、原付(ベンリィ CD125T)だ。

倉庫の整理をしていたら1L缶がいくつか出てきたのでまぁ交換しないよりは良かろうとオイルを換えることに。さっさとオイルパンのドレンボルトをハズしてドス黒くさらっさらになったオイルを抜く。わたしは念のため、出来るだけ抜けるように暫く放置している。

で、新しいガスケットをボルトに挿してレンチをかけて締めてゆく。あくまでガスケットがつぶれれば良い。アルミの雌ねじ側を舐めようものならとにかく面倒だから、と自分に言い聞かせながらクィックィッと締めてゆく。ちなみに、この時わたしはメガネレンチを使っていた。

詳しい人なら、なぜトルクレンチを使わないのかとお気づきかと思う。私も、当然そうすべきだと思うのだけれど私は普通のドレンボルトと交換するタイプの油温センサーをとりつけている。ボルトのお尻からハーネスが出ているので通常のトルクレンチが使えないと言うわけ。なので慎重にメガネレンチで締めていた。

と、その時だ。

メガネを握っていた右手が、クニュンと回ってしまった。

ちょっwwwwwwwww




口からでかけた内臓を飲み込みながら、私のi386にも及ばないオツムもフル回転。

なにが起こったのだ?考えられるのは二つ。
①ボルトが折れた
②アルミ製の雌ねじが舐めた
いずれも、ちょー面倒だ。①なら折れたボルトを回収せねばならない。②ならもっともっと面倒で、リコイルせねばならんだろうか、とか、とにかくとにかくちょっとしたパニックだ。

もし①ならボルトの頭がぽろっととれる(逆にねじが中に残るのが困る)ハズだ。が、そうじゃない。げっ、②かよ。うわーん、と既に涙顔。泣いていても仕方がないので、やむなくボルトを引っこ抜く。

と、へんな形に抜けた。結論から言うと、ボルトが折れたのだが…

センサー付きのボルトは、芯の部分にセンサーが入っている。このお陰で、ねじ部分は折れても、ボルトの頭がぽろっととれなかったというわけ。オツムもオーバーフローして演算出来なかったね。

ふ~、やれやれ^^;

ただし、油断は禁物。そろりそそりと、残ったねじを摘出。無事に上手く行った。

さて、この後どうるすか。このセンサーは結構な値段がする。もう油温計は諦め、ふつうのドレンボルトにすることに決めた。事が事だけに、近くの用品店に走る。標準的なサイズのドレンだし、なにかあるだろう、と。


こんなんしか無かった。ので、買った。

ただのドレンボルトに、高いよ!!マグネットなんぞ不要だ。

一時はリコイルまで心配したのに、実に現金なものだ。

まぁ紆余曲折ありつつも、無事にオイルを注ぐ事もでき、良かったよかった。

おしまい。

Posted at 2017/02/12 22:25:54 | トラックバック(0) | オートバイ | 日記
2017年02月05日 イイね!
日曜は雨か…。

来週末は、また天気が荒れるみたいなだ…。


さて、表題の件。

昔は、ではありませんよ。今の話です。




ロードスターのエアコンを、ここ数年かけた事がありません。

取り外す術がないので、とりつけたままです。

結局、家族もあまり乗らないのだけれど、もし乗ったときとか、使うかも。

出先で激しい荒天に遭遇して、どうしてもデフォッグしなければならない時とか。

あるかもしれないよなぁ、と思って。

車検の時にディーラーが何も言ってなかったから、その時はきっと動作したのでしょう。

その後は、知りません。




ダッシュボードの不細工なレーダー探知機だって。

旧い旧いDVD式のナビゲーションシステムだって。

まぁインストールしてあるから、使うかもしれないよなぁと思って。

ナビゲーションはもはや思い入れもあるし、外さないかな。

かろうじて、ダッシュボードからは外れているし。

ただし、レーダー探知機は本当に不細工な位置に居るわ。

もう、今後世話にもならないだろうしな。過去はありがたがったよ。

外さない理由を探すとしたら、その時の恩かな。だよな。




そこまで、そんな便利快適グッズがなければ、いけないんだろうか。

MT車も運転してみたくてロードスターはMTを選択した。

けれど、パワーステアリングやブレーキブースターはちゃんとあるのだ。

ABSや横滑り防止装置もあるけれど、ABSは実は動作してるの知らないんだよね^^;




今はあのサイドウインド、あれ上げるのが好きじゃない。

当然おろせば、冬は寒い。風は頬を容赦なく叩くだろう。

サイドウインドをきっちり上げて、ヒーターを強く効かせれば

冬も極楽なオープンエアを感じられることは、経験済みではある。

けれど、どうも、あの包まれたと言うか、快楽をそこまで享受する罪悪感というか、

寒いけど暖かいですよ、というなんだか都合が良すぎて後ろめたい気持ちがあるというか。

年末、乗った時は、もちろん全開だった。寒かった。




そんなこんな不便さが、今の私をオートバイに向かわせてしまう。

乗っていると、生きてる辛さを片時も忘れられず、不安にならない。

とことん面倒だな、わたし。


はーい、自覚してますよ^^;
Posted at 2017/02/05 01:42:21 | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2017年01月30日 イイね!
年が明けても公私(?)とも、なかなか忙しいうえに、どうも天候も宜しくない。雨が降っているだけなら良いものの、体の調子も一向に優れないし、だったら週明けの会議の資料でも眺めてコーヒーを淹れている方が幸せだし社会人としても正しいのかな、なんて自分に言い聞かせていた。

けれど、雨にうたれた泥がはねかえって汚れる一方のオートバイを見ていると、それはそれで如何なものかなと少々天気予報も気になりだした。幸いにも土曜が良さそうである。仕事も休みにしておいた。

マイナンバーのカードを交付してもらうために空けておいた。

通知は有るものの、まぁまだ日程に余裕はあるわいとタカをくくっていたら、交付窓口の予約がまぁなかなかとれぬ事。めちゃくちゃ先を指定せざるを得なく、もし万が一にダメになったらまた相当先まで待たねばならないのかと思うと気が重い。万全を期して1日空けておいたのだ。

ま、早めに帰って受取の時間に間に合えば問題ないでしょう。

と非常に都合のいい解釈をして出かけてしまう事にした。



さて、どこにいくか、だ。ちょうど朝刊をみていると、水仙が綺麗に群生している写真をみた。そういえば、淡路島にはいつもスルーしてしまっているが水仙ライン(国道76号線)という道もあるほど水仙郷があったなぁと思いだし行き先は決定だ。

バッテリーは充電機につないであったからセルは回るだろうし、キャブのガソリンさえ回ればエンジンはかかるだろうけれど、なにぶん久しぶりだからなぁ…目一杯スターター(チョーク)レバーを引いて静かにセルボタンを押す。

キュルキュルキュルキュル  ンゴゴゴゴゴゴ ゴォォォォォオオオオオオ

やれやれ^^;



ひ~~風が強い。ふわふわとリアブレーキを多用しながらのろのろと左を走る。まずはのんびり一周ではなく、目標の水仙郷を目指す。洲本ICまで高速で向かう。なかなかリッチなツーリングだ。

洲本ICで一般道におりて、市内を海まで走る。右に曲がれば水仙ラインだ。しばらく観光ホテルの間を抜け海沿いを走る。風はあるものの、海辺を走る快感というのは何にも代えがたい。あぁ、これだよこれ!と満足に南へ走ってゆく。

由良(ゆら)の集落を越えると、道はひょろひょろと山側へかけ上がってゆく。

さて、1つめの水仙郷が立川水仙郷だ。


今日は入り口で人が立って手を拱いている。

うーん…。

なんというか、水仙郷には違いはないのだろうが…。どうしても、頭をかすめるのは

探偵ナイトスクープ的な、何か。

ま、良いや。もうひとつ水仙郷は有ったはずだし、先に言ってみよう。手をふっている人に、する必要もなかったのだが無視をするのも少々悪いかなと思い軽く会釈をして通り過ぎた。

道はふたたび海岸まで降り、くねくね道も一休み。しばし、安堵する。

いやはや、久しぶりのオートバイは、何をするのも、ビビっちゃうね。すっかり初心者マークだ。

で、肝心の次の目的地である、黒岩水仙郷であるが…



なwwwwえwwwwちょwwww


メチャくちゃに混んでいる&車の大渋滞。交通整理してくれて、片側交互通行みたいになっている。一体なにごとか…。

一気に気が萎えてしまい…


ガードマンに停められている間に撮った1枚。というか、もうこれで良いや。どうせ、中もこんな感じでしょ。それに水仙なんて花のついたニラみたいなものでしょ。

今振り返ればぜんぜん違うと思うが、その時はそんな風に思って先に進んでしまった。ただ、実際にときどきニラと水仙の葉を間違えて食べてしまうニュースは後を絶たない。

さっそく既に目標達成したかどうかは限りなく黒に近いグレーではあるが、他に目的があって来たわけではないので、する事が無い。ありきたりであるが、今日は久しぶりのオートバイだし走りなれた海岸沿いを一周することにしよう。




途中の慶野の松原で、オートバイを止めて休憩する。ちなみに不気味なほど誰一人としていなかった。カラスが三羽ほど、よちよち歩いていただけ。浜まで松林を散策して、あまり広くない砂浜に腰かけて海をみながらぼーっとした。




思えば、この淡路島には悪い思い出が無い。

ロードスターのOASISミーティング、ロードスターで連なって走ったツーリング、またその縁でオートバイでも何度か淡路島を走った。どれもこれも、幸せにつつまれた思い出ばかりだ。

今日も、こうして柔らかな光につつまれ、青い空をながめ、透き通る海をそよぐ潮風を楽しみながら、年明け初めてオートバイに乗る事が出来た。あまり余裕の無い日々が繰り返されるけれど、無理のない範囲で、楽しんでいけたらな、と思った。




お土産は、これも定番の魚増さんで焼きアナゴを求める。いつも朝に予約してあるので長蛇の列を飛ばしてゲット。

自宅には宝塚TNの渋滞にも引っかからずに予定通り着。無事にマイナンバーカードも交付いただいて、オートバイを洗車した。

なんせ盛大に塩カルまみれだからね。本日は400キロほど。良いでしょう。
Posted at 2017/01/30 00:41:04 | トラックバック(0) | オートバイ | 日記
プロフィール
「@コロン☆ 住宅街や無かったらすっごい似合ってるけどね!」
何シテル?   03/30 07:35
全てを受け入れるスタンスですが、ウケが悪いです。 しかしながらその事についてはなかなか受け入れられぬ自己矛盾があります。 それがワタシです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
参拝のあとは、かんだやぶそば 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/24 20:15:00
平和のロードスター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/08 06:50:59
Phoenix2016 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/05 07:36:56
お友達
はじめまして!
112 人のお友達がいます
sightasighta * ヒロ@NCヒロ@NC *
にゅんいちにゅんいち * GOOUT !!GOOUT !! *
AutoWearAutoWear *みんカラ公認 オクトパス8オクトパス8 *
ファン
36 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
心のアクセルをあければ、ただそれだけで幸せが加速します♪
カワサキ ZR-7S カワサキ ZR-7S
紆余曲折の大型2輪です。今でも何で買っちゃったんだろうと思っています。 積算29,79 ...
ホンダ ベンリィ CD125T ホンダ ベンリィ CD125T
大事な大事な愛馬です。 運良く最終型(JA03)の極上レベルの個体に出会えたので大切に乗 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.