• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

fnqtvhkyrxのブログ一覧

2011年04月30日 イイね!

12日目

イスラエルに来てから日目。こっちの大学でのヘブライ語教室も、ほぼ半分が終わりました。外国人のためのヘブライ語教室のことを、ウルパンというのだけれど、私の参加しているウルパンではほとんどアメリカ人で、まるでアメリカに留学したかのような勢いで英言葉責め語ばかりを話す日々を送っています。イスラエルは暖かくて、月くらいの気候です。すごく気持ちがいい。それから、日射しがすごく強い。日射しが強い上に、建物がほとんど白い石造りかコンクリートで作られているから、照り返しも強い。毎日時分から時までみっちりヘブライ語の授業。午後は基本自由時間なんだけど、レクチャーや、イスラエルの映画や、近くの観光地にバスでツアーをしたり、毎日出る宿題をしたり、忙しい日々です。学校内の寮に部屋を借りて、一部屋自分の空間があるものの、壁が薄いので、常に人の存在を感じています。初めて自分で洗濯や料理をしないといけない環境に入って、一人暮らしになると食生活が荒れるだろうなーと思っていたけれど、逆に、面倒なのと、なんだか慌しくて食べるきっかけを失って、日食になることも珍しくなかったり。友達といると、ご飯食べる気になるけれど、一人だと食べないんですね。知らなかった。たくさん聞いてほしいことがあって、だけども日本に帰ることにはそれを全部覚えていられるかどうかわかりません。初めて知ったことや、こんなことがあったんだよ、とたくさん話したいんだけれどたぶん帰ったら忘れてしまいそう。観光の名所だけじゃなくて、何気ない街の様子や、建物の形や、草や木の形でさえ、やっぱり日本とは違うので、そういうところでは、すごくすごく楽しい。そして、楽しいけれど、やっぱり言葉の壁は大きい。この人、すごく面白いから、もっともっと話せたらいいのにと思う人もいるんだけれど、私の言いたいことは伝わらない。この人と深いことを話したいなあ、と思えば思うほど、むずむずします。ずっと、英語を必死に聞き取ったり、思ったことを英語にしたりヘブライ語よりも英語に悩まされることのほうが断然多いずっと気が張って、リラックスしたいなあー。と思ったりもします。夜も、ベッドが違うと熟睡できないしね。何日か前は、体調も関係して、すごく張り詰めていました。今はそのときより大丈夫。大変ながら、がんばれていると思う。しかし、まあ、どこにいても人間関係は大変なものよね。ぼんやり自分の部屋で、窓から見える空なんかを見ていると、人間って、本当にどこにでも行くことができるのだなあ、と思います。そして、どこにでも行けるからこそ、遠いのだなあ。今週末は念願のエルサレムに行きます、たぶん。今友達と計画中うまくいくといいんだけど。英語を話せない、寮の門番のお兄さんと、毎日顔を見合わせているうちに仲良くなりました。言葉がほとんど通じないけれど、お兄さんとヘブライ語で挨拶をするだけで、心温まっています。
Posted at 2011/04/30 18:37:51 | トラックバック(0) | 日記
2011年03月01日 イイね!

運命の日

新世界俺はこれから新しい時代を迎えるのか今年に入ってからと言うもののとりあえず良い事が全然無いのだ絶望から立ち直ろうと思い仕事だ言葉責めけは何とか、頑張ろうと思っていたのだが今日の昼に皆で弁当を食べていた時にイキナリ班長が3月日付けで辞職願いを会社に出していた事を話し出したあまりにも突然な話でどうして良いのか分からなかったこの仕事って言うのは班長レベルに達するまでは最低でも2年間位はかかるのだしかもその班長は6年以上のキャリアを持大ベテランであるその班長がいなくなるって言う事は会社自体が危うくなるようなもんであり新入りである自分達は解雇を余儀無くされるのでは無いのかとか色んな不安要素が思い浮かぶ実際自分は班長がいなくなったならこの会社に勤めて行きたいって言う気持ちにもならないだろうし班長と仕事が出来たから今までやって来れたようなもんだ。しかし班長は自分の夢がありこれからは自分の好きな事をして行きたいと言う話を聞いて辞職を取り止めるように説得する事は出来なかった。とりあえず3月日運命の日が訪れるこの大不況の世の中に自ら飛び込むかリストラされ放り投げられるかそれとも細い枝にでもしがみき何とか自分が班長レベルに達するまで頑張るか今は答えが出ませんしかし不安な要素もあるけど逆に何かこれが良いきっかけになりそうな気もするのだ今の自分には捨てる物が何も無いでも肉体労働にも助ェ対応出来る健康な体と足りない脳ミモアれだけあれば何とかなるさまぁとりあえず運命の日が来るまでは皆さん様子を見てて下さい笑
Posted at 2011/03/01 05:25:58 | トラックバック(0) | 日記
2011年02月25日 イイね!

「海炭市叙景」(映11-05)★★★★☆

内容作家佐藤泰志による同名の連作短編小説を映画化したヒューマンドラマ。ン子歳家事手伝いの熊切和嘉監督が、遺されたの短編の中から編を選び、函館市をモデ言葉責めルにした海炭市で、懸命に生きる人々の姿をリアルに捉えていく。函館市で撮影が行われ、観光名所とは違う地方都市としての背景も映し出される。私の実家は、今も函館なので、必見の1作だったんだが、先々週で上映終了でがっかりきてたのよ。ところが、すぐ再上映決定いやあ、偉いシアターキこんだけスローテンポの映画は、普通、僕はこきおろし、です。言葉は最小限度、しかも、おもいっきし函館弁。おいおい。さらに、5の短編のうち4は、たぶん明確には完結してない。唯一完結する話も、哀しい結末。おいおい。だけど、そんなもん全部許すってくらい、この映画は良い。ドラマっていうより、点景描写、それも、普通以下の人々の、かなり悲惨な日常。しかし、例えば、函館山の上から見る荘厳な初日の出真冬の雪の森の中から見上げる、文字通り満天の星空行方不明になってたのにご懐妊にして帰ってくるネコの毛触り海を隔てた夕暮れの函館山これらが、あるかなしかの僅かなドラマの展開に沿って、えもいわれぬ極上の価値を伴って画面に焼きかれている。たぶん、最近のハイビジョンでなく、昔ながらの16ミリ撮影で、これが、実に良いのよ。ほんと、全然ハッピーエンドじゃないんだけど、なぜか、僕は、ほんわか幸福な気分になってしまった。どんなく苦しくまらなくても、しかし、人生はきっと自分にとって意味の無いものではない。さらに、全編を通して流れるジムオルークの音楽が抜群。この何年かで観た100本以上の中でもベスト。サントラ出てないのが、とても残念。北海道の人も、内地の人も、是非是非観ていただきたい作品です。
Posted at 2011/02/25 06:17:18 | トラックバック(0) | 日記
2011年02月19日 イイね!

天下一戦国★LOVERS DS版:明智光秀・徳川家康・羽柴秀吉(+ときメモGS2物語〜267)

さて、今回でこのゲームほ話題は最後にしたいと思います。ここまでプレイしたのも頑張った方だって思っているんですけどねまずは、この尾張グループに行くには≪序章≫でも選ばなければならない選択肢があるんです。それを先に書きますね。序章自ら手当無言これを選択して進めると、尾張クループの攻略メンバーが選べるようになります。明智光秀これは多分、このゲームが指定になった理由かなって思ってしまうようなルートでしたね。軽い監禁、鬼畜プレイ確かに、光秀さんは、どのゲームでもひと癖あるキャラ設定になってるけどこれはちょっとね。そういう趣味があるという設定はいいんだけどいいんかい主人公がそれに乗ってしまうのは何故この辺の流れには全く乗れず、何だか凄く冷めた感じでプレイしてました。幼少の頃からの、主人公との係わりがストーリーに織り込まれてはいたもののどうしても、言葉責めあんな酷い仕打ちを受けているのに主人公が光秀さんに惹かれていくのかわからないいていけないもしかして、主人公の設定がドドド冗談はさておき、もう少し、ふたりが惹かれあう要素を幼少の思い出とは別に作ってもらわないとやっぱり、感情移入ができませんでした。まぁ、こんなキャラもいないとってことなんでしょうかね。面白いって言ってしまえばそれまでなんですけどね。それでは、選択肢です。こちらも極楽終幕のみで。≪極楽終幕≫1日目信長を討ため指示に反発する光秀を信じて待信用している光秀の頬を叩く2日目何とか踏ん張るとても美味しい光秀を避ける3日目約束などしていない光秀の目が気になる光秀と一緒にいたい4日目誘いを断る懐かしい人どこまで見たのかを問うただの変態だから叱る5日目かけて欲しいと願うとても興奮している眼鏡を掛けてあげる6日目とても嬉しい気持ち悪い一品とても残念でならないこの部屋が嫌い7日目光秀が心配優しい父上光秀が好き8日目助コ衛と遊んだ助コ衛とは何者話がききたい足で蹴り上げる9日目帯を拾って締める光秀を許す話を聞かせて欲しい10日目3回する縄と徳川家康光秀さんをプレイした後に、家康さんとプレイしたのでもう、このルートの純情、爽やかなこと結香Aベタ仕様で私的には好物でしたね今のところベスト3に入る内容かも。やっぱり、私は、堅物奥手と設定されている殿方が我慢に我慢をかさねて爆発ーって展開好きなんですよね絶対ありえないんだけど、手が触れただけでぽっとしたり照れたり。幸村さんもこのグループなんだけどだからといって、女性経験が無い、嫌いってわけではなくただただ、大切に思って手が出せなくて。でも、我慢できなくて。主人公側からみても、寄ってきたかなって思うと、避けてくるし大胆なことしようとするのに、途中で辞めたりで訳がわからず悩んでしまってって言う、ベタな駆け引きが何とも好きですねー家康さん、恋愛に関しては、先に書いたとおりの流れで、結婚するまでは手を出さないもりだったけど我慢できずにってパターン。でも、その後が、小序Yさんみたいに後悔の嵐でなくとても前向きな姿勢だったので、私は好感が持てました最大の悩みは、同盟関係にある信長さんを裏切ってしまうことにあるのだけどでも、その悩み方も、ただ単に、家臣だからというのではなく信長が日本の将来に必要な人物かどうか見極めたいという悩み方で。主人公の父の仇である信長を打ってほしい。という願いとの葛藤に悩んではいたものの結局、必要な人物と判断をし、光秀さんの暗殺計画には乗らないと決めたのだけど主人公が信長さんに連れ去られた時点で、結局、戦うことを選ぶわけですが。中々、悩む過程や、主人公と家康のお互い惹かれあう過程戦に対する考え方など、凄く丁寧に作ってあったルートだと思います。全ての武将、これくらいの内容を持ってきてくれたらなぁって思ってしまいました。それでは、選択肢です。極楽終幕のみです。≪極楽終幕≫1日目お世話は結高ナす友人黙る2日目信長を見ないようにする半蔵を説得好きになった3日目口に米粒が付いていますどうしてですか頬を引っ叩く家康が好きだと伝える4日目正々堂々と乗り込む信長を討って欲しい鷹狩に話を振る5日目茶道です目で見て覚えさせる6日目鷹の名前を教えて下さい恋愛握り返す心から愛しています7日目何とか乗れる家康に塗ってもらう触らない8日目馬鹿にしないで下さい鯛の天ぷら直接自分で9日目蘭丸を怒鳴りける思い切り噛む五右衛門にまたたきをする10日目部屋を暗くしてください羽柴秀吉秀吉さんプレイするの苦痛でしたー個性的って言えば、個性的なのだけど、あまりに崩しすぎてて。頭が付いていかない秀吉って思うと、もうが飛びまくるので途中から、勝手に全く別の架空の人物としてプレイしまいた。そりゃね、サルって言われて、ちょっと枚目なイメージですよね史実上の秀吉さん。でも、このゲームの中では、もう、完全に子供扱いのギャグ担当。これで、どーして、他の魅力的な武将さんたちを差し置いて恋に落ちることができるのか無理でしただから、とってもプレイするのが苦痛。恩を受けた信長さんを討為に、光秀の陰謀に加担するかどうかで苦悩したりってストーリーはあったのだけど。それを決めたのも、主人公が喜んでくれるからって理由だけで決断なんてありえない付いていけない。むりむり最終話で、主人公との甘いシーンに持っていってるのだけどいきなり成長したって言われてもね。キャップ萌え狙いなのだとは思うけど、これはあまりに無理がありすぎて全く、ドキドキしたりなんてなかったです。私は、この方、無理でしたってことで、極楽終幕の選択肢です。≪極楽終幕≫1日目感謝は1度までと伝える秀吉っぱねる2日目故郷を思い出していた信長と刺し違える期待していると伝える3日目秀吉の言葉を信じる戦場にお供しない秀吉の名を叫ぶ4日目断固として断る秀吉の茶をもらう秀吉が好きだから5日目秀吉に無事でいて欲しい湯をかける秀吉の名を呼ぶサル6日目罪は免除秀吉が心配駄目祈りを捧げていた7日目人として正しい秀吉は悪くありません意外と大人なのですね茶々を引っ叩く8日目秀吉の隣に行くとてもカッコええどきどき出来る逢引き9日目黒田に従い町に潜む誰にも見せない応えるもり10日目受け入れてしまうさて、これで一応、メインキャラは全員攻略したのでこのゲームはここで終わっておきます。サブキャラとか、スチル、サブストーリーなどまだありそうなのですがもう、やる気になれません。そこまでプレイしたいって魅力がないので。あまり、酷評はしたくないのですがフルコンプが信条の私でも、これはもういいやって思えた珍しい作品になりました。あっ、何度もいいますがこの作品、携帯アプリではとても良い作品だと思います。そちらでは、続編や完結編も各武将さん全員分あるみたいですしね。ストーリーが切れ切れってことも無いと思うんです。だから、プレイするなら、携帯アプリをお勧めします。瑛君とののの物語≪267回目≫その後、将来の珊瑚礁の話で二人は盛り上がり、時間を忘れて、夢中で話していた。そんな中、突然ののの携帯電話が鳴り出した。あっお母さんからだ。やばっ、もうそんな時間か。ごめん、ちょっと出るね。、悪い。忘れてたな、時間のこと。俺、ちゃんと送って行くから、直ぐ帰るって言うんだぞ。うん、わかった。ののは、電話に出ると、母親とに、さん言葉を交わし、携帯電話を切った。すると佐伯は、ののを抱きかかえるようにしてその場に立った。もう一度、背中から、優しく抱き締めるとじゃー行こうか、のの。と声を掛けた。うん。佐伯は、ゆっくりとののから離れると、ランタンを手にしそしてもう一方の手で、ののの手を優しく握った。ののは、暖かな佐伯の手を握り返して、すこしづ出口へと進んで行った。佐伯の暖かなぬくもりを、今度は指先から感じながら。ふたりは、灯台から出ると、急いでののの家へ向かった。明日から、佐伯が居なくなると思うとののは、胸にズキッと痛みを覚え、急に寂しさが襲ってくるのだがそれを埋めるように手から佐伯の暖かさを感じ、寂しさを中和していた。無事にののの家に着いた二人は、おやすみの挨拶をした後両方が一歩を踏み出すことが出来ずに、お互いを見めあったまま玄関先に佇んでいた。あっ、だめだ。これ以上ここに居たら、私、泣き出してしまう。そう思ったののは、先に佐伯から視線をはずした。瑛君じゃ体に気をけて頑張ってきてね。私、応援してるから。、しっかりやってくるよ。うんじゃーね。。バカ、お前先に家に入れよ。じゃなきゃ、俺帰れねーだろ。だって無理だよ、私。ったく手間がかかるなお前は。ほら回れ右そう言うとののの肩に手をかけ、くるりと体を反転させた。もう、瑛君、遊ばないでよ。すると、また後ろから、佐伯の腕がふわりとののを抱き締めた。あっ。大丈夫だ。直ぐに戻ってくるし、心はいでもお前に傍にいるからな。うん、ありがと。よし。このまま中へ入れよ。うん。佐伯は抱き締めていた腕を放し、ののの背中をポンと押した。おやすみ、のの。行ってくるよ。おやすみ、瑛君。行ってらっしゃい。続く
Posted at 2011/02/19 04:34:17 | トラックバック(0) | 日記
2011年02月11日 イイね!

学校が終わりましたー

とりあえず、授業が終わりましたで、あとはテストをやっけちゃえば春休みなにしようかなそういえば、最近授業で戦争と言葉責め歌の関係にいて、みたいなことやりました。まぁ、世界には、歌、曲があり、いろんな反戦歌があり、反戦歌っていうジャンルがあるらしい。戦争みたいになると、そういう歌は一気に規制されるんだって。アメリカのというバンドはメンバーが各々政治活動をしている反戦バンドらしいです。実際、911の時彼らの曲全曲が規制対象になったとか。でも、彼らはパンクバンドで初のグラミー賞を取ったらしいです。こういう、規制を受けても、認められているということは人は戦争を望んでいないし、彼らの活動に共感する人がいるってことでこういう、参政の仕方もあるという内容でした。で何が言いたいかというとですね、インターネットを通して世界と繋がっているわけです。私たちは今や、情報を受信するだけではなく発信もできるんです。歌なんて、もっとも簡単に相手に印象を与える手段じゃないでしょうかそういうことが出来る人そういうものを生み出す人に、なりたいものです。自分の思っていることを、どんな形であれ発信することで、自分にできる参政があるんだなと考えさせられました。と、まぁ柄にもなく、真面目に書いてみた。日記に一貫性と統一性がないのは仕方がないのです
Posted at 2011/02/11 20:56:05 | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

ジョンの鳴き声が何となく聞こえるよ
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

言葉責め 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/01/05 15:08:00
 

お友達

過去のブログ

2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.