• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2006年08月18日

D.キーン『昨日の戦地から』

D.キーン『昨日の戦地から』 最近ちょっと宗旨替えをして、これまで忌避してきたネット通販を時々利用している。本屋で注文して届くのを待ち、再度店を訪れる手間を厭うからなのだが、amazonの宅配は実にありがたい。今回は、日本の古典文学研究者としても名高いドナルド・キーンの本を買った。『昨日の戦地から―米軍日本語将校が見た終戦直後のアジア』という、中央公論新社から最近刊行された書籍である。

 手元に届いてからまだ日が浅いので現時点では読みかけなのだけれども、キーンを初めとする日本語に堪能な若いインテリたちが占領統治下の日本(や、敗戦まで日本の勢力圏だった地域)で見聞してきた事柄が書簡としてしたためられている。

 非常に興味深い内容である。であると同時に、どんよりと気持ちが重くなってくる。なぜならば、61年前の大体今ぐらいの時期、キーンらが指摘したダメな部分が今の今に至るまで改まりもせずに残っていることを感じずにいられないからだ。

 キーンら青年将校の記録では、敗戦直後、東条英機は庶民の間で極めて不人気だったとなっている。いわく無能ゆえに日本全土を焦土と成す戦争を指導し、あまつさえ占領当局に逮捕されそうになるとサムライにあるまじきことに短銃自殺を図りこれに失敗、誠に持って見苦しい、恥を知れというものだ。
 このことを日本に詳しい通訳将校たちは苦々しく思っている。戦争のはじめのころ、彼の内閣を熱烈に支持した自分たちのことを、日本の庶民はまったく埒外においている。戦争責任は、登場に被せて済むというものではない。自分自身の問題として受け止めるようになれなければ明日への進歩はない、と。

 最近田原総一郎などは、明治はデモクラシーの時代だっただの戦前日本は暗黒時代じゃなかっただのと本を書いてぶち上げているが、その論に乗って言えば日華事変から太平洋戦争大敗北までの道程、国を滅ぼした責めは(一億総懺悔的な十把一絡げな「逃避」ではなく)日本の国に生まれ育った全ての個人が、己の負うべき責めと理解し向き合わねばならぬと言うことでもある。
 「あの頃は別に悪くなかったんだ」、「だから戦前回帰の志向は間違いじゃないんだ」的な結論を引き出すのは、大間違いだ。
 それは既に、米英を筆頭とする国際社会から断罪され「更生しろ」と指弾されたありようなのである。



 その当日には敢えて記事を起こさなかったが、現職の内閣総理大臣の靖国神社参拝についても、この際触れておこうと思う。
 大阪高裁が憲法違反であると判断した違法行為を、堂々と「再犯」する遵法意識の低さに不愉快さを禁じえない。

 今更言うまでもないことだが、日本は三権分立の体制をとっており、立法・司法・行政はそれぞれ独立であるとともに同格である。ゆえに司法の判断を、行政や立法は無視してはならない。
 中韓が難癖をつけるのなんのと内閣総理大臣閣下は問題の論点ずらしや矮小化に必死だが、これはそんな話ではない。行政府の長が、司法の判断を蹂躙したという点において、日本の政治システムのありよう自体に対する重大な挑戦なのである。

 ダラダラ書き綴っても詮無いが、これだけは記録しておかないといけない。
 14日の記事で僕は、ゲーリングの「国民にむかって、われわれは攻撃されかかっているのだと煽り、平和主義者に対しては、愛国心が欠けていると非難すればよいのです」との言葉を引用した。
 いま、永田町や平河町の一部は、しきりにこの調子のプロパガンダを打っている。北朝鮮に狙われている、中国は脅威だ、韓国は反日的である、ロシアは約束を守らない……。そうして「脅威を未然に取り除くためには敵基地を先制攻撃することも検討課題としなければならない」。

 分かり易すぎてうんざりなのだが、こうした言葉の背景にあるのは、要するに『もう一度日本に正規の国軍を、できれば核武装した正規軍を置きたい』という意識だ。正直なところ、僕は個人的に非武装中立論など実現不可能な絵空事であると思うし、仮想敵国などと言う安易なオブジェクトを設定せずとも現実に軍事的脅威にさらされる可能性がある以上、そのカウンター・メジャーとして軍事力を保持しておくのは寧ろ当然であるとさえ考えている。

 しかしこれは、正面切ってその必要性を議論するべき事柄であり、いじめられっ子がナイフをポケットに忍ばせるように「やられるのが怖いから持ち歩く」なんて臆病な理屈の果てに実現するようなものでは断じてない。
 それ以前に、「あいつらがおっかないから」論を裏打ちするための挑発策だか知らぬが、靖国神社が主張する先の大戦観や極東軍事裁判についての評価を日本の政治が肯定ないしは容認しているとのサインを出すことは、中韓や東南アジア諸国との間でハレーションを起こすだけでは済まない大問題につながる可能性を内包していることをきちんと踏まえないといけない。

 第二次大戦における日本の振舞いを正当化するということは即ち「ファシズムとの戦い」を行いこれを打ち破ったとする連合国側(=現国際連合)のロジックに真っ向対立するのと同義なのだ。
 いま合衆国は靖国の問題を「日本の国内問題」として静観してくれてはいるが、その一方で大統領専用機にまで乗せてやった人物に議会演説はさせないという外交上のサインを送ってもいる。
 「先の戦争で日本は正しかった」との主張は、逆返しで言えば「アメリカを初めとする連合国が間違っていた」と宣言するのと同じ意味を持つ。先の大戦後の国際秩序をスタート地点から否定する。

 靖国神社と言う、明治時代に設置された「神社の形をした政治装置」の存在を、昭和の大戦を経たいま肯定するということは、心情的な事柄とは別に、そうした要素――対米政策にも関わる国益上の問題点――も併せ持っている。この点に目をつぶる、或いは気づかぬ振りをするとすれば許しがたい欺瞞であるし、それこそ亡国の徒の誹りを免れ得まい。

 否、詭弁と開き直りで立法府たる議会を蔑ろにし、理解できぬからとの理由で司法の判断を無視した行政の長は、すでにれっきとした亡国の徒である。
ブログ一覧 | 芸能・文化 | 日記
Posted at 2006/08/18 12:26:56

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

屋上の遊園地
どどまいやさん

みんカラオープンミーティング<OP ...
ゆ ん ★さん

ロータリーのオフ会
梅三郎@FDNDさん

清水寺 灯参道
風雅堂さん

第五回 KS VELLFIRE全国 ...
makoto@88さん

ウイッシュ サイドステップ ワンオ ...
倉地塗装さん

この記事へのコメント

2006/08/19 11:32:43
今の日本は旧来の法律は大枠のみ、足りない部分は常識で補う世の中から、米国流の何でも法律(判例も含む)で決める世の中へ移行しようとしており、法律と国民の意識がどっち付かずの状態なのを良い事に自分の都合の良い解釈を振り回しているのが小泉時代の特徴ではないでしょうか。一見論理的に判断しているようにみえて上辺だけの言い訳でしかない。
総理個人としては既に失う物のない任期末の状況であってももう少し立場を考えて行動して欲しいです。せめて任期末に大統領専用車を自ら洗車したクリントンのように害のない行動を(笑)
コメントへの返答
2006/08/22 00:26:04
現総理の言葉の空虚なことといったらありませんね、まったく。
任期最初の年なんかは、僕もウッカリ(今となってはそうとしか言えない…)この人支持してたりしちゃったものですけど段々本性が見えてくるにつけ腹の立つことしきりです。

ホント、やぁ~めた!で済んじゃう人は楽でいいですわ。
2006/08/22 01:02:08
前半は難しいところですが、例えば会社が倒産した時に、一般社員も胸に手を当てて、「あの交通費を不正請求したのが良くなかったかなぁ」とか「私用電話がちょっと多かったかなあ」とか反省するかも知れませんが(笑)、直接的に責めを負うべきはやはり経営者と、経営方針を立案した部署なんだろうと思います。
戦前で言えば、戦争方向に持っていった歴代閣僚や、参謀本部、軍令部、右翼、マスコミ等でしょうか。

後半については、遊就館で映画「私たちは忘れない!」を観て、確かに感じましたが、欧米列強の圧迫に対する自存自衛の戦争だったと主張している訳です。
なので、惰眠さん仰るとおり、中韓よりもむしろ英米ロ蘭などの方とフリクションを起こす可能性大です。
あの大戦を自由主義国対ファシズムと位置付け、ヒトラー、ムッソリーニ、東条が悪かったとするロジックにした訳ですから、それに異を唱えるのであれば、そのようにアメリカに物申すところから始めないといけません。
その一方で、アメリカ様に付いていきさえすれば日本は良くなり、そうする事で世界は安泰である、と言う世界観しか持てないのですから、まあ、この程度の国の代表しか持ち得ない国なのだと思うしかないのでしょう。
未だに支持率が不支持率を上回っているのですから。
コメントへの返答
2006/08/24 15:20:15
確かに微妙なところだと思います。アメリカの若いインテリにとっては、形のうえだけだったにしろ議院内閣制を布いている以上、有権者国民がまるで他人事のように振る舞うことに相当の違和感があったことでしょうから。
いずれにせよ一連の対応を巡って感じられてならないのは、甚だしい幼児性です。
事の本質から目を背け、または目を逸らさせようとするなどもってのほかだと思っています。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「そろそろ寝ないとなー。あした、絶対仕事が面倒くさいことになるの確定だから。」
何シテル?   09/17 23:51
曲面の綺麗な旧い車が好き、エレガンスのある車が好き。そんなこんなでユーノス500に乗りつづけ、もう……何年だ?  気がつけば屋根のない車まで併有。いつまで乗り...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

Automotive Design 
カテゴリ:新しい車関連
2003/08/09 00:21:12
 
All The Web 
カテゴリ:便利
2002/12/27 14:03:26
 
Hubble Space Telescope Public Pictures 
カテゴリ:科学・文化・芸術
2002/11/08 15:59:43
 

ファン

25 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
2005年10月、発作的に衝動買いしてしまいました。 いい車だなぁと思ってはいたものの所 ...
マツダ ユーノス500 マツダ ユーノス500
気が付けばデビューはもう19年前。 最新の車とは比べるべくもありません。 ガタガタゴトゴ ...
マツダ ランティス マツダ ランティス
俄かオーナー経験は僅か3週間で終わりましたが、とてもいい車です。 代車だったので、コンデ ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
例によって例のごとく、借り物の車での「パートタイム・オーナー」です。レンタルしたのは10 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.