• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2007年06月28日

無理が通れば道理引っ込む

無理が通れば道理引っ込む 先月の終わりごろから既に3回もエントリーに上げている行きがかり上、やはり節目節目には所感を書き残しておこうと思う。奈良の大淀病院に入院していた妊婦が脳内出血で亡くなった事案で、遺族の男性は病院と担当の医師を相手取って損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こし、その第1回口頭弁論が25日に開かれた。その話だ。

 外野に過ぎない僕なんかは、よく新聞なんかで見かける「訴状を読んでいないのでコメントは差し控える」とするべきなのかもしれない。報道を通じて知ることができるのは、所詮ハイライト(もしくはダイジェスト)に過ぎないからだ。
 それでもダイジェストを通じて見えてくるものもあるわけで、その前提と限界を弁えた上で、敢えて僕はこう結論付けたい。こんな訴訟は、起こさせるべきではなかったと。

 先日、たくぞう@GDBさんのエントリへのコメントにも記したけれども、僕は原告の代理人である石川寛俊弁護士の「罪(敢えて、こう断言する)」は重いと考えている。ネット上の検索で分かる範囲の情報ではあるが、同弁護士はスモン訴訟や薬害エイズ訴訟にも関わった経験を持つ、所謂「医療過誤」訴訟のエキスパートである。複数の本も出していて、まずはカルテの証拠保全をするようアドバイスまでしている。
 その石川弁護士が、本件訴訟においては、マスコミ向けにも大いに訴求点になるはずの有無を言わせぬ証拠である大淀病院のカルテ記載内容を楯にしている形跡がないのは、いかにも理不尽だ。

 カルテの記載内容に一定の信頼が置けることは、ネット上にそれが「流出」したことを同弁護士が公の席で「個人情報の流出だ」と問題視したことで、逆説的に担保されたと考えられる。そして、その内容についてはネット環境を持つ数多の医師や医療関係者が(まるで学会での症例研究さながらに)検討を加えている。
 タイムテーブルは『健康、病気なし、医師いらず』の「奈良の産科医 詳細2」に詳しいので割愛するが、原告側(と、何よりマスコミ)が問題視する「仮眠を取った」のは午前1時37分に脳に病変が起きたことをうかがわせるような症状が現れて「命を救うために一所懸命努力しなくてはいけない状態」になるよりも前、まだ通常の出産の過程にある時だ。
 確かに「急変」した時点(前出の神経内科医師の見立てでは脳出血が発生した時点)で大淀病院の担当医は子癇発作と診断しているのだけれども、その一方で13分後の午前1時50分には転送が必要だ(つまり大淀病院の体制で対応できるはにを超えている)と判断し、転院先の打診を始めているのである。

 僕は医療の門外漢だが、ここから読み取れるのは「精一杯の努力をしている医師の姿」であって、その逆ではありえない。そして、医事訴訟のエキスパートと思われる石川寛俊弁護士に、そのことが読み取れない筈がないのである。
 また、担当の産科医は午前1時37分に患者の状態を子癇発作によるものと「誤診」したあと直ちに(13分後内外)他院への搬送を決断し、その作業に着手している。
 この時点ですぐさま搬送先が見つかれば(患者の病状の深刻さを全く度外視すると)救命できた筈だとしても、受け入れ可能な病院が県内になく、午前4時30分ごろまでの3時間近くにわたって積極的治療を施せなかったことは、当該医師の責任で解決のつく範囲の事柄ではない
 有り体に言って、誤診であろうがなかろうが、搬送受け入れ先が見つからないことに変わりはなく、この点では「誤診」を患者死亡と関連付けるのは、僕は困難だと思う。

 医療過誤訴訟に詳しい弁護士であるならば、少なくとも上記のような状況が確認できる以上、医師や病院の責任を問う訴訟は、思いとどまらせるべきだったのではないか。遺族と病院・医師の間に感情的な対立が生じていて話し合いのテーブルにつくことが困難になっているのならば、その仲立ちをすることが代理人に求められる第一の仕事じゃないのか。それで真実が明らかになればお仕舞いになった話しである。
 きちんと事実関係を整理し明らかにして、その上でなお過誤があるのならば損賠訴訟でも何でも起こせばいい。しかしこの案件に関する限りは、それこそ石川弁護士の得意とする「カルテ」が、医師にミスがなかったことを裏付けているように見えるし、それにも拘らず公訴提起に付き合った同弁護士の対応を僕は「罪」だと思う。

 しかしながら他方で、これは今後裁判の中で原告側が主張してくる可能性があると思われるのだが、仮に午前1時37分時点の臨床所見から「正しく」脳内出血と診断していたら、どうだったかと言う問題がある。
 ネット上で見る限りでは、臨床例の少なさや症状の類似性から「正しい」診断が非常に難しいことが指摘されており、また脳の深いところで起こった出血なので結局救命することはできなかっただろう(だからその可能性を論じても意味がない)とする医師の見解が大勢を占めるように思われる。

 そのことを敢えてひとまず棚上げした場合には、①大淀病院の脳外科医を緊急に呼び出して施療できた筈ではないか、②もっと早くに適切な搬送先を探せた筈ではないか、それらの可能性が潰えたのは医師の「誤診」に原因がある――と言う議論を持ち出せる。
 或いは――起こらなかったIFを云々しても始まらないが――上記のような状況展開があれば、遺族男性は「妻は助からなかったが、一所懸命努力していただいた結果なので仕方ない」と受け入れられたのかもしれない。

 僕が心配なのは、こういう理屈を持ち出してきた場合、もしかしたら裁判所はこの主張に(部分的にでも)理があると判断するかもしれないとの疑いを拭いきれないからだ。全体としては死亡との因果関係や医療ミスの不存在は認めつつも、子癇と「誤診」したことだけはペナルティを科してくるかも知れない。杞憂であればいいのだけれど、こういう理屈は技術的には多分成立しうるとも感じるからだ。

 僕の感覚では、これは医師や病院を被告にするのではなく、行政の不作為を問う訴訟を提起すべきケースだ。深夜に高次医療を提供できる病院施設に患者をスムーズに搬送できる体制作りを怠った自治体や、そのような状態を容認する国の医療行政の過誤をこそ問題として扱う視点を持たないで、なにが法曹か。
 スモンや薬害エイズの訴訟にまで関わった経験を持ちながら、個々の医師が対応できるレベルを超えたところで起きた問題を、医師個人や勤め先の病院に負わせてこと足れりとする姿勢では、過去の経歴が泣くというものだ。

 最後に、改めてもう一度メディアの責任にも言及しておきたい。
「18の病院が搬送を拒否」したなどと言うのは、個別の医師がミスをしたとかしないとかの微視的事象よりも、『社会の木鐸』にはよほど重大な問題だった筈だ。
 ひどいことを言うようだが、大淀病院事例は『所詮』気の毒な女性が一人亡くなった『だけのこと』に『過ぎない』。だが、県内18の病院が深夜の重症患者の搬送を受け入れることができず、県外に患者搬送をしなければならなかったと言う状況は、問題がこの事案で亡くなった女性一人に留まらない可能性があることを意味している。しかも、それが繰り返し発生する可能性を。
 ひと一人の悲しみを慮ることのできない冷血なジャーナリズムは不愉快だが、情緒のぬかるみに足を取られて近視眼に陥っているようでは役割が果たせない。駆け出しの記者がぬかるみにはまるのは仕方ないかもしれないが、それを監督する立場のベテランまでそれでは、全国紙の看板が泣く。


なかのひと

ブログ一覧 | 事件・事故 | 日記
Posted at 2007/06/28 19:30:13

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

こんにちは♪香香🐼
ハッピークロイツさん

イタリア街撮影オフ会
amggtsさん

LEXUS owner's mee ...
りらこりらさん

ボディガラスコーティング アークバ ...
倉地塗装さん

昭和のクルマを守る集い!前編
Hiro.sさん

CCJ ビーナスラインTRG
zero!さん

この記事へのコメント

2007/06/30 02:06:23
ちょっと感じたんですが、医師個人の責任を問うような訴訟や、報道はどうか、って気がします。
例の宝塚線で問題になったJRの教育制度もそうですが、ミスを問い詰めて個人の責任を深堀したところで何も解決しないどころか、真の問題が顕在化せずに水面下に潜ってしまって更に悪くなるんじゃないでしょうか。
事の本質は、惰眠さんが指摘されているような、搬送先問題、受け入れされない問題であって、そのシステムを根本的に考えるべきでしょうね。
こういった、個人の不注意や過失をカバーするシステムや、不注意やミスを起きにくくするシステムってアメリカは得意ですね。
逆にそれが個人の活力を削いでる面もあるとは思うのですが、今回の場合は素直に搬送システム(体制)を真剣に考え直すべきだと思います。
コメントへの返答
2007/07/02 11:38:44
確かに、何でもかんでも個人の責任に押し付けて制度的・構造的な問題についてほっかむりするのはマズいですよね。ただそれでも、個人の責めに帰すべき事例っていうのも中にはあると思うんです。

 JR西日本の例の事故は、最終的には社員教育制度や、社の組織・体質の問題に行き着く(=そこを根本的に改めない限り解決にならない)との結論が事故調査委員会の報告書でも示されましたけれど、だからと言って事故を起こした運転士(と、それを阻止できなかった相方の車掌)は無問責でいいかと言うと、それも違うと思うんです。
 本文で書いた奈良の病院の事例に関してはカルテの記載内容が「流出」した関係で多くの専門家による検討の目に晒された結果、個人の責任を問うのはおかしいとの声が上がり始めた経緯がありますので、ちょっと特殊な事例かもしれません。


>個人の不注意や過失をカバーするシステムや、不注意やミスを起きにくくするシステム

その際たるものは、マクドナルドのマニュアルかもしれないですね。
規格以上のものは決してできないけれども、遵守している限りは規格どおりのものがキチンと誰にでもできるという(笑)。

 ところで、僕が本文で書いたような行政訴訟は仮に提起したとしても、時間と金ばかりかかってまず勝ち目がないのが実際のようです。
 でも(結局はひとごとなのでこう書いちゃいますが)ほとんど八つ当たり的に『罪のない』医師を訴えて勝訴することなんかより、筋通して敗訴することの方が余程意味のあることだと僕なんかは思っちゃいます。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「そろそろ寝ないとなー。あした、絶対仕事が面倒くさいことになるの確定だから。」
何シテル?   09/17 23:51
曲面の綺麗な旧い車が好き、エレガンスのある車が好き。そんなこんなでユーノス500に乗りつづけ、もう……何年だ?  気がつけば屋根のない車まで併有。いつまで乗り...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

Automotive Design 
カテゴリ:新しい車関連
2003/08/09 00:21:12
 
All The Web 
カテゴリ:便利
2002/12/27 14:03:26
 
Hubble Space Telescope Public Pictures 
カテゴリ:科学・文化・芸術
2002/11/08 15:59:43
 

お友達

ファン

25 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
2005年10月、発作的に衝動買いしてしまいました。 いい車だなぁと思ってはいたものの所 ...
マツダ ユーノス500 マツダ ユーノス500
気が付けばデビューはもう19年前。 最新の車とは比べるべくもありません。 ガタガタゴトゴ ...
マツダ ランティス マツダ ランティス
俄かオーナー経験は僅か3週間で終わりましたが、とてもいい車です。 代車だったので、コンデ ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
例によって例のごとく、借り物の車での「パートタイム・オーナー」です。レンタルしたのは10 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.