• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

NEOKUROの愛車 [マツダ ベリーサ]

? 発泡ウレタンキット 

イイね!
評価 : ★★★★他の商品のレビュー
2012年02月08日
カテゴリ : 補強パーツ > その他
Aピラー上部からサイドシル後部まで充填。
0発進やブレーキのトラクション増とフロア振動が制御されました。足が凄く動き粘る足になります。
余談ですがボディー剛性のお話しを…
日本車と欧州車の車体剛性感が違う理由は、それぞれの母国で使用されるスピードレンジが違うからです。
欧州の事故平均速度は日本に比べ高いので、乗員を守る意味で欧州車の方がクラッシャブルゾーンの剛性が高いです。
もう一つは、単純に速度に見合う各剛性の確保です。
その為に各部材が厚く、それが理由で結構車重あるんですね。
日本車と最も違う特徴としては鋼板の素材が違います。
考え方の違いでしょうが「車体を面で支える欧州車」・「線(柱)で支える日本車」とも言え、建築工法のRC造と木造みたいなもんですね。
よって日本車に筋違いや突っ張り棒を入れ、点と点を繋げた線を増やしても、面で支える剛性感には及ばないのですね。
一般道舗装面は常に㎜単位で凸凹しており、例えば、高速道路ジャンクションやサーキット等のキレイな入力下での定速旋回では、フィーリングが似てても、街中の走行では40キロ程度の直進走行でも、あらゆる方向から微入力があります。
その想定外の方向からの入力に対しては、やはり柱を増やしても追いつかず、面で支える事が合理的です。
この想定外入力に対しての欧州車のフィーリングが優れており、面で支える事による囲まれ感を感じ、しっかり感や安心感に繋がってます。
(なんか日本は想定外に弱いって、どこかで聞いた事ありますが…)
更に最近の日本車は、燃費と価格しか特長を見出だせなくなっており、新車が出て来る度に軽量化の一環として、見事に剛性ダウンしてますね。
車好きには少し淋しいですが、まぁ戦後の猿真似では無く、今やそれも立派な日本の個性なんでしょうね。

イイね!0件




おすすめアイテム

 
 

関連パーツピックアップ

to-box / モノコックバー

平均評価 :  ★★★★4.00
レビュー:10件

Tryforce company / Bodyeffect センターブレス

平均評価 :  ★★★★4.27
レビュー:15件

ARVOU / センタークロスバー

平均評価 :  ★★★★4.20
レビュー:10件

STI / サイドカウルバーセット

平均評価 :  ★★★3.60
レビュー:25件

J'S RACING / フロントモノコックフロアバー

平均評価 :  ★★★★4.18
レビュー:11件

MEIWA / Elford リアゲートダンパーステー

平均評価 :  ★★★★4.50
レビュー:18件

関連レビューピックアップ

マツダ(純正) 純正 フューエルフィラーデカール

評価: ★★★★

Surluster ゼロドロップ

評価: ★★★★★

PIAA LED DAY TIME RUNNING LAMP Deno-i1

評価: ★★★★★

INTEC ハイパフォーマンスLEDバルブ

評価: ★★★★★

AZZURRI PRODUCE ウインドキーパー

評価: ★★★★

PIAA スーパーグラファイト 替えゴム

評価: ★★★★★

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「アクセルペコペコは?ですがペダル可動部にCRCは体感できます」
何シテル?   11/21 13:30
宜しくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ベリーサ マツダ ベリーサ
2005年12月納車
その他 タミヤ DT-02 (その他 タミヤ)
実車では、車検・法規の存在が… これは、超超合法的にイメージ通りの鬼弄りが出来ます。 ツ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.