• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年08月09日

プリンス・ライトコーチ(B654型)に乗車して来ました!



先月、みん友のプリンス654さんが長年所有するプリンス・ライトコーチの車検を取得。
遂に公道復帰を果たしました。

っと言うことで、早速乗車してきました!

まず「ライトコーチって何?」ってカンジだと思うので簡単に説明を・・・。

ライトコーチはプリンス自動車工業製のマイクロバスで、
初代モデル(AQVH-1L型)は1958年3月にデビューしました。

1963年10月にフルモデル・チェンジし第2世代(B632-4型)となり、
1966年4月19日には第3世代(B654型)へとモデル・チェンジしました。

ただし、第3世代は第2世代からのキャリーオーバーが非常に多い為、
ビッグ・マイナーチェンジと捉えることも出来ます。

1966年8月1日の日産・プリンス合併後も生産が続けられ、
1958年3月のデビューから数えて丁度18年となる1976年3月に生産終了となりました。

日産との合併後、プリンス車は冷遇され次々とモデル廃止・統合の憂き目に遭いましたが、
ライトコーチはグロリア譲りの高級感溢れるアピアランスとルーミーで瀟洒な車内空間という
生来の魅力を武器に好調を維持しつつ、
時流に合わせてディーゼル・エンジンやダブル・タイヤ車を設定しながら
合併という激流の中でも輝きを失わず、10年という長いモデル・ライフを生き抜いてみせました。

---

1966年型プリンス・ライトコーチ(B654型)と1966年型プリンス グロリア・スーパー6(S41D-2型)


プリンス654さんのライトコーチは1966年型で、自分のグロリアと同年式です。

見ての通り、4連ヘッド・ランプ、フロント・グリル、バンパー、フロント・ウィンドウ形状などから
両車共通のイメージで仕上げられていることがわかります。

リヤ・ビューも瓜二つ


鍔付きのルーフ・エンド、キャッツアイ・テールライト、フラットデッキ・スタイル、
車体側面まで廻りこんだ三角断面のバンパー形状も共通したイメージで仕上げられています。

フラットデッキのプレス・ラインからテールライト廻りまでツートーン・カラーで
仕上げられている点も、プリンスらしい洒落たセンスが感じられます。

プレス・ラインに沿ったツートーン・カラーが施されています


ラップアラウンド・ウィンドウ、フラットデッキ・スタイル、ディープスカート・フェンダー等、
グロリアのイメージを引き継いだ威風堂々たるスタイリングが特徴です。

細いピラー、広大なグラスエリア、大きな開口部により車内は開放感に満ちています。

エンジンはグロリアやクリッパーと共通で、数多くのプリンス車に搭載された傑作エンジンである
G2型4気筒OHV1862ccで、トランス・ミッションは先進的なOD付5速コラム・マニュアルです。

タイヤはシングルのみの設定で、ダブル・タイヤ車やディーゼル・エンジンが
設定されたのは日産との合併後になってからでした。

当時(1963年10月時点)の国産最高級乗用車のデザインを応用したマイクロバス
と言うと、なかなか理解し難い感覚を抱かれるかと思われます。

レクサス・ディヴィジョンでは、トヨタ・ランドクルーザー200のフロントとリヤのデザインを
レクサスLSそっくりにしてレクサスLXとして販売していますが(日本未発売)、
グロリア顔のライトコーチは、レクサス・ディヴィジョンで
レクサスLS顔のトヨタ・コースターが売っているのと同じ、と言えばわかりやすいかと思います。

---

前置きが長くなりましたが、それでは乗車編です。

7月31日、やたらとグズるステップをなだめつつプリンス654さんの家へ。

倉庫の中には、真新しいナンバー・プレートと車検ステッカーの貼られた
ライトコーチが佇んでいました。

少し長いクランキングの後、腹に響く轟音を立ててG2型エンジンが始動。

ヘッドランプ・リムを取り外している(錆びている為)ので、眼つきが怖い


グリルの上に 「P R I N C E 」のレターが入るのは
他のプリンス車とも共通する統一されたデザインです。

ウィンカーの位置は2代目(B632-4型)ではS4グロリアと同じくヘッド・ランプと
バンパーの間でしたが、3代目からはヘッド・ランプの上に移設されました。

この”眉毛”ウィンカーのデザインには、シェビー・トラックスの影響が感じられますが、
視認性向上の要求を満たす為の配置変更でもありました。

なお、ハザードは新車時から装着されていません(法的な義務付けは後年になってから)。

大きく湾曲したガラスを用いているので、外側からインナー・ピラーが
見えるのもグロリアと共通する点です。

「グォン・・・グォン・・・」と唸りながら動くライトコーチ


背が高い上に、この時代のクルマの例に漏れず最低地上高も大きいので
(当時は未舗装率が高く悪路や砂利道が多かった)寸法以上の迫力を湛えています。

乗り降りは車体中央左舷に設置された折戸式の乗降口から行います。
ドライバーの為の運転席ドアが設置されるのは、合併後のマイナー・チェンジ以降からでした。

このライトコーチは長期間、野外で物置として使われていた経緯から
ルーフ・パネルの傷みが激しいです。

身内では冗談めかして「オバケ」なんて呼んでましたが、ルーフ一面が
サビで迷彩塗装を施したみたいにまだらになっていて、実際オバケっぽいです。

車庫の中で鎮座している時は屋根は殆ど見えなかったのでそれほど気にしたことは
ありませんでしたが、こうやって外に出ると確かに傷みが目立ちます。

板金塗装、再メッキ等、やることは山積しているので、まだまだ”遊べる”クルマです。

特等席?の助手席からの視点


バスドアから乗車し整理券を取って、助手席に座って出発進行!

キャブオーバーで背が高く、しかもガラス面積が広大なのでなんとも不思議な乗車感覚です。

例えるなら走るガラスケース?

現代車のようなティンテッド・ガラスでは無いので上方向への視界も良好です。

ワイパーが逆ケンカ式というのも面白いです。

U字型に払拭するという特殊な方式の上、ブレードもガラス面積に対し明らかに
短いので、拭き残し面積がめちゃくちゃデカいです。

ちなみにウィンドウ・ウォッシャーはありません(こちらも新車時から無し)。

颯爽としたステアリング捌きで、ライトコーチの巨躯を軽やかに操るプリンス654さん


ステアリングはグロリアやスカイラインと変わらないサイズ(乗用車サイズ!)で、
高級感溢れる半月型ホーン・リングが備わっています。

当然ながらパワー・ステアリングでは無い(重ステ)ので、
据え切りはかなりの力仕事となります。

トランス・ミッションは先進のOD付5速!
当時、乗用車でも5速は極めて珍しく3速も数多くありました。

商用車としては日本初となる5速ミッションで、グロリア(OD付4速)よりも先進的です。

乗用車でもコラム廻りが剥き出しのクルマが多かったにも関わらず、
ライトコーチやクリッパーはコラムカバーを備えてスマートな外観とされています。

プリンスの徹底した高級志向、「商用車だから」という言い訳を盾にした
安易な妥協を許さない姿勢が強く感じられます。

運転席側の壁面には地図等を入れて置くのに便利なポケットが備えられています。

フロント・ウィンドシールドは2分割で、コーナーが大きく湾曲したパノラミック・タイプ


上方と側方に大きく湾曲したフロント・ウィンドシールドによって視界は極めて良好。

ボンネットの有無の違いはあれど、視界的にはグロリアと同じような感覚です。
ガラス越しに見える、補助ミラー付きの草履型ミラーが良いカンジです。

バック・ミラーの鏡は切りっ放し。
サンバイザーはバスの定番、濃いブルーのプラスティック製です。
これまた巨大なフロント・ウィンドシールドに対して控え目なサイズ。

ダッシュボード中央には、お洒落なjecoの時計が置かれています(当時のOP?)。

ちなみにこの時計、最初のうちは時間を合わせてもどんどんずれてしまっていたそうですが、
次第にずれが小さくなり、今では正確に作動しているそうです。

・・・電波時計か何かでしょうか?

小振りなグローブ・ボックス


フラットで広大なダッシュボードの面積の割にグローブボックスは控え目なサイズ。

ただしこのグローブボックスは専ら書類入れで、真下には大容量のパーセルシェルフ(荷物棚)が
設置されているので、手廻り品や荷物の置き場所には全く困りません。

また、車体後部にもトランク・スペースがあります(猫の額程のサイズですが・・・)。

グローブ・ボックスのリッドには「Prince」のエンブレムが輝き、
手前には助手席用アシスト・グリップが備わります。

広大なダッシュ・ボードの窓側にはシボ加工の施されたクラッシュ・パッドが貼られ、
その境目にはS4グロリアやS5スカイラインの外装に用いられている細かなリブの刻まれた
クロームのモールディングが埋め込まれています。

大型キャブオーバー車ならではの広々としたレッグ・スペース


足元は広く、運転席と助手席の間には充分なスペースがあるので
大きなグラス・エリアと相俟って開放的で快適です。

が、運転席と助手席の間にはエンジンが置かれているので暑いです。

真ん中にストーブが置いてあるようなもんなので、夏場はツラいです。
反面、冬場は暖かくて良いかも?

トラぶった時は手の届く場所にエンジンがあるので、
原因追求や応急処置の点で有利だと思います。

あと、エンジンの唸り声や振動もダイレクトに伝わってきます。
さすがはプリンスG型シリーズ、音質は自分のグロリアのG7とそっくりでした。

足元中央のスリットは走行風を導入するベンチレーターで、
運転席側のペダルを足で操作して開閉します。

助手席側の足元にある銀色のお鍋みたいなのはダルマヒーターで、
中央にプリンスのマークが刻まれた純正品です。

ただ、このダルマヒーターだけでは車内を万遍なく暖めることは無理そうなので、
どうやって暖房を効かせていたのか気になるトコロです。

デフロスターのダクト


巨大なフロント・ガラスに対して、これまた能力不足を疑わずにはいられない
小さなデフロスターのダクト(しかも一対のみ)。

しかしながら単なる吹き出し口ではなく、わざわざ別体式のグリルでカバーして
見映えを良くするあたりはプリンスらしい芸の細かさが光るポイントでもあります。

しかし、なんか見覚えがあるな~・・・

あ、コレだ


そう、グロリアのボンネット・ダクト形状と良く似ているのだ。

こういった小さなパーツひとつからも、徹頭徹尾「グロリアのバス」を目指したことが伝わってきます。

---

今回は時間の都合上、短いドライブでしたがライトコーチに乗車でき感無量でした。

3年に渡る悲願が遂に叶いました。

車検付/ナンバー付の実働のライトコーチは現在の所、この1台のみでは無いかと思われます。

勿論、その存在を知られていない個体も在るかも知れません(願わくば在って欲しい)が、
そのサイズや用途故に個人所有の難しいマイクロバスでは多くを期待することは難しいです。

また、ライトコーチに関しては輸出が行われていたかどうかが不明なので、
やや大袈裟になりますが、日本国内で1台=世界で1台ということになります。

正規輸出で無くても、中古として輸出された可能性もあります。
広い世界のどこかで、半世紀前に造られたライトコーチが現存していることを願って止みません。

いずれにせよ、極めて希少な個体であることは確実です。

斯くの如し個体に身近に接することが出来る事を、
オーナーのプリンス654さんに感謝するばかりです。

次は秋、収穫を終えて聊かの時間が出来た頃合いに
グロリアとのランデヴー走行を企画しています。

今は亡きプリンス自動車が47年前に製造した2台のクルマが、
半世紀を経てこうして並ぶことに、ある種の特別な”何か”を感じ得ずには居られません。

ブログ一覧 | プリンス・ライトコーチ | クルマ
Posted at 2013/08/09 22:34:32

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

そば旬彩呑み処 やしお②
RS_梅千代さん

雑誌に載ったりしました(*´꒳`*)
ヨゴレさん

狙われてるアニキ・・・復活しました ...
まおうアニキさん

あれやこれやの冬休み2017 前編
hakkei_Nさん

早朝散歩、暗いさむい!
彰さんさん

今年もやってきましたよー!「東京オ ...
みんカラスタッフチームさん

この記事へのコメント

2013/08/10 01:01:38
余談です・・
「コーチ」=coach、と言う言葉の意味は、英国では長距離バス、客車になります。
ライトコーチ=light coach、ミニバス、といった感じでしょうか・・
英国英語では、長距離バス、馬車や列車などの客車=Coach、
ローカル乗り合いバス=Bus、になります。
ちなみに野球のコーチ、サッカーのコーチも同じスペルになります。
職業で、Coach Operatorは、(野球などの)コーチを動かす人、ではなくて、バス会社の社長、という意味です(^^)
コメントへの返答
2013/08/10 22:17:36
お疲れ様です。

なるほど!ライトコーチの他にも
マツダ・ボンゴやトヨタ・ミニエースにも
3列シートの多人数乗用仕様の名前として
「コーチ」が用いられていましたが、
元々の意味がわかり疑問が氷解しました。

長距離バスと乗合バスでは種類が
違う扱いなのですね。
勉強になります。

大変為になるコメントありがとうございました!
2013/08/10 10:08:02
レポートから旧車独特のゆるやかな空気が感じられます
いいお友達をお持ちですね
コメントへの返答
2013/08/10 22:20:05
当日はかなり暑かったので、窓が固着して
風の入ってこない車内は決して快適とは
言い難い環境でしたが(笑)とても
楽しいひとときでした。
こんな変わり種を持ってる人もそうそう
居ないとは思います(笑)
2013/08/10 11:27:22
ライトコーチに関わるデータが不明なところが多く、ボディがどこで製造=架装されたかが気になります。


キャブオールエコー=シビリアンは『新日國工業(日産車体→現・オートワークス京都)』が架装、

トラックのクリッパーは、
キャブ部分が、現在はタンクローリー・粉粒バルク車製造の『昭和飛行機(村山工場の近隣、現在は日野自動車との関わりが強く、先代スーパードルフィンプロフィア&レンジャーのキャブ部分を生産、トレーラーローリー台車の車軸は日野製)』、
シャシー部分は、'73年からはクリッパー&ライトコーチ共に村山工場から離れ、日デ工(現・UDトラックス)本社の上尾工場で生産していました。

私がUDディーラーにて現場職工だった時に、アトラス&コンドル20系・時々シビリアンの車検整備もやりましたが…
トラックは、いすゞOEMに替わる直前モデルまでの足回りが、キャブオール系ではなく、クリッパー系の流れを強く感じ取れました。

現行シビリアンは、トラック系がいすゞOEMになる直前のアトラス&コンドル20がベースなので、プリンス系譜の足回りが活きています!(但し、いすゞへのシビリアンOEM・ジャーニーがあった絡みで、4WDはエルフのシャシーにシビリアンの車体を架装したもの、'04~07年に三菱からキャンター用5㍑DOHCディーゼル"4M50T"を調達した際は、駆動系・ブレーキ・後車軸がキャンター用を流用→いすゞへのシビリアンOEMジャーニーはガソリン車のみに、'07年三菱からの調達終了後に旧来の足回りに戻り復活、現在に至ります)
コメントへの返答
2013/08/10 22:34:00
お疲れ様です。

ライトコーチの車体製造担当は
東神自動車工業です。

検索しても会社のサイトが出てこないので
現在も存続しているかわかりませんが
平成に入ってからも消防車や救急車の
架装を行っていたようです。

クリッパーもライトコーチもエンジンと
シャシーはプリンスの内製で、キャビンや
ボディは外製という方式だったようですね。

村山工場の竣工後は乗用車を村山で、
トラック系は三鷹工場で生産するという
役割分担が行われました。
ただし、資料によっては村山工場の
完成後はエンジン生産を村山に集中させた
とあったり、いまいち当時の状況が
掴めません。

余談になりますが昭和飛行機と云えば
零式輸送機(DC3ライセンシー)ですね!
2013/08/11 20:31:12
47年前のバスが路上復帰するとは凄いですね!!

春に、この方の隣町でマイクロバスの廃車体を見かけましたので同じかと思っていましたら・・・。

画像を確認すると全然違いました・・・(^^ゞ

日産のエコーでした・・・。
コメントへの返答
2013/08/11 21:24:19
お疲れ様です!
しかも自力で整備して車検ですからね!
スゴイです!

マイクロは物置として使われているので
結構見かけますが、ほとんどは
トヨタコースター/日産シビリアンですね。

パークウェイ/ライトバスもそうそう
お目にかかれませんね~。

エコーも珍しいですね!
2013/08/12 19:46:22
このバスは10年前位に赤平のイベントで拝見しました♪

その時は仮ナンバーエントリーでしたが、中にも乗らせてもらいました。

路上復帰おめでたいですね♪


オレはその時RS56前期でエントリーしてました、懐かしい(笑

北海道で長年旧車を維持するのはホント大変ですよねー

自分もそのうち必ず国産旧車に戻るで、絡ませてもらいます♪

ハチマキは確かケツはリーフでしたよね。

シャコタン狂の自分としては、気になる所です(笑




コメントへの返答
2013/08/12 23:47:21
はじめまして!

赤平のイベントもすっかり昔のことに
なってしまい、寂しいですね。
またいつか再会されると良いのですが・・。

RS56、もしかしてライトグレーの
シングルピックでしょうか?
だとしたら拝見したことがあります。

北海道だと冬の間は乗れないですし、
1960年代となるとなかなか大変ですよね。

どこかでお会いできるのを楽しみにしています♪

ハチマキはリーフですよ~。
内地の人みたいにベッタベタにはする
勇気はとてもありませんが・・・(笑)
2013/08/26 19:52:47
ライトコーチ すごーいの一言です。
維持大変でしょうね。オーナーさんのご苦労を考えると頭が下がります。
コメントへの返答
2013/08/26 23:17:12
お疲れ様です!

すごいですよね、いろいろブッとんでます。

維持は大変そうに見えますが、オーナーは
コレを足に使ってます(笑)
2014/06/25 15:32:05
中京車体工業の森と申します。弊社の社歴に、「昭和37年プリンスのライトコーチ中型バスを受注、量産開始」とあり、検索していたら、このページにたどり着きました。詳しいことはわかりませんが、当時生産に関わっていたようです。
コメントへの返答
2014/06/25 21:52:51
はじめまして、コメントありがとうございます。

貴社のサイトを拝見させて頂きましたが、
ライトコーチをはじめとしプリンス自動車との
関係が深かったようですね。
大変興味深い内容でした。

プリンス系の資料では架装メーカーとして
東神自動車工業の名前が挙げられて
いましたが、多種多様な仕様があったので
複数の委託先があったのでしょうね。

貴重な情報ありがとうございました。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「新年の御挨拶 http://cvw.jp/b/949539/37112248/
何シテル?   01/03 23:27
戰前から昭和40年代頃迄の自動車を趣味として居ります。 2輪・3輪・4輪、國産車/外國車の何れも興味の対象です。 此の他の趣味としては、艦艇及び航空機が在り...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

どれにしようかな~かみさまの~いう・・・。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/02 18:19:28
岡山、木造駅舎探訪 その④ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/08 20:22:00
ぴったりサイズで大きなゆとり カローラ30(さんまる) をdemy氏に強引に勧めてみるの巻 (爆 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/13 01:04:54

お友達

戰前から昭和40年代頃迄の自動車を趣味として居ります。

2輪・3輪・4輪、國産車/外國車の何れも興味の対象です。

此の他の趣味としては、艦艇及び航空機が在ります。

思想信条は保守ですので不得手な方は御注意下さい。
135 人のお友達がいます
1ベイカー111ベイカー11 * kotaro110kotaro110 *
compagnocompagno * 千里千里 *
JR120XEJR120XE MLpoloMLpolo

ファン

87 人のファンがいます

愛車一覧

プリンス グロリア Super6 1966 プリンス グロリア・スーパー6 (プリンス グロリア Super6)
1966(昭和41)年型 プリンス グロリア・スーパー6 型式:S41D-2型 初度登 ...
ホンダ ドリーム CB750 FOUR ホンダ ドリームCB750four (ホンダ ドリーム CB750 FOUR)
1971年型 ホンダ ドリームCB750four(K1型中期) 初度登録年月 昭和46 ...
スバル レックス 1974 スバル レックス・カスタムL (スバル レックス)
1974年型 スバル レックス2ドア・カスタムL(K22型) 初度登録年月:昭和49年 ...
ヤマハ RZ250 1980 YAMAHA RZ250 (ヤマハ RZ250)
1980年型 ヤマハRZ250(4L3) 初期型、詳細年式不明(1980.1~1981 ...

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる