• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MaybeWinのブログ一覧

2013年11月22日 イイね!

ウォーターポンプ&オルタネータ交換

昨日は1か月毎の妊娠検診の日でした。

お腹の中の赤ちゃんは順調に育っていてエコーで見ても、もう全身は映らないので何だかちょっと寂しい感じが・・・(笑)
懸念していた頸管の長さも初期とほぼ変わらず問題無しという事で、まずは妊娠8か月目を無事にクリアできそうです。
しかしお腹の大きさが一気に目立つようになってきて、そろそろ赤ちゃんも外に出る最終段階に入りつつあるのかなという感じです。
妻も赤ちゃんも無事に生まれてくれる事を祈りながら残り1か月半ほどを過ごしていきます。



さて、来月中旬に車検満了を迎える我が家のエルグランド君ですが、夏にカムおよびクランクシールからのオイル漏れを修理する為にタイミングベルトを外すという大工事をしてまだ半年も経たないにも関わらず、先週木曜日からウォーターポンプからと思われる異音が大きくなってきました。
妻が電話で「変な音がし始めた!」と仕事中に連絡してきた前日に、私の運転で家族全員で病院に行く為に往復100km移動した際には全く異音は感じませんでした。

その異音を擬音で表すと・・・

“ウォ~~~~、ウォ~~ン、ウォ~~ン(回転数を上げると)”

これだけだと回転部分のどこだか分からないんですが、聴診器を補機類、各種ホースなどに当てて確認すると、ウォーターポンプ上部にあるサーモスタットから伸びるラジエターのロアホースで同じ音がアクセル開度に応じて同じ周期で聞こえてきました。パワステポンプも劣化していて常にウィ~~~という音が聞こえていてパワステフルードのリザーバータンクに繋がる2本のホースに聴診器を当てるとその異音が聞こえてくるので、フルードを動かす部分の異音はそれに関係するホースに音が伝わり易いのかもしれないです。

車検も近いし(というかもう受検しても大丈夫かも?)、急に音が大きくなってきているので大きなトラブルになる可能性もありそうだったので、翌日にはいつもの通販屋さんのmonotaroにウォーターポンプを発注しました。
(GMB製が一番安かったのですが、それでも8千円近く・・・(^^;))

商品は今週火曜日(19日)に到着しました。








いつものように「やろうと思ったら勢いがある時にやっちゃえ!」というポリシーの私なので、早速その日の夜に作業です。



時間はいつもの子供達が寝静まる頃の10時過ぎ・・・(^^;)

さすがにタイミングベルトを外すし、エンジンルームの狭いエルグランドを相手の作業なので、事前準備をしっかりと・・・。
工具を揃え、工具置き用、パーツ置き用、下に潜る際の背中当て用の3枚の大きな段ボールを広げ、クーラント抜き用の箱を持ってきて、現場用水銀灯をボンネットに固定して照明として・・・・。

しかし、どんなに準備してもこの狭いエンジンルームに手を入れていくのは毎回やはり面倒な気持ちになります(笑)



準備が終わって着手開始が大体10時半過ぎ。
まずは冷却水(クーラント)抜き取り・・・。



後はタイミングベルトに辿りつくまでひたすら邪魔な物を外していきます。
まずはラジエターアッパーホース



ラジエターとラジエターファンカバーを分離



下に潜ってロアホースを外し、ATFホース2本を外し



フリーになったラジエターを狭い隙間から抜き取り



続いてラジエターファンカバーを取り出して



一番邪魔なこの2つを外し終わると



一気に広大な(最初の状態から見れば(^^;))スペースが出現!



さらにラジエターファンを外して・・・のはずなんですが、ボヤっとしてて先にベルト類を外しちゃいました。
テンショナーを緩め、エアコン用、オルタ&ラジエターファン用の2本のベルトを外し









今回に限って最期のラジエターファンを外して



これであとはパワステベルトを外してクランクプーリーを外せばタイミングベルトまで一息です。

と、この辺りから一人撮影会が面倒になってちょっと写真が減ります(笑)

クランクボルトをセル回し法で外してプーリーを外し(^^;)

テンショナーのマウント2か所を外し

タイミングベルトカバーを上下2つ外してタイミングベルトを露出させ

ウォーターポンプを交換するにはタイミングベルトも外さなくちゃいけないので、夏に外したばかりなのにまた外し・・・

これがウォーターポンプ~~~!(^^)



この状態で外から回転部分を揺すったりしても特に違和感は無かったのですが、外して中のインペラ部分を動かしてみると確かに僅かなガタツキがありました。







なんだか錆も付いてたり・・・良いんだろうか・・・・(^^;)


で、古いガスケットをエンジンブロックからキレイにはがし取って滑らかにして、新しいウォーターポンプにガスケットを付けて(液体ガスケットも両面に)装着!
(思い切り写真を端折ってます)



タイミングベルトを戻す前にオルタネーターも交換!
中古品ですが、以前購入して取り付けしないまま保管してあったものです。
今回のウォーターポンプ異音が出始めた翌日、充電警告灯がバッテリー1晩外してもヒューズ類外しても何をしても消えなくなってしまってオルタネータが原因と想定してとりあえず交換しました。(やはり壊れ始めると一気に順次やって来るんでしょうね、クルマの部品の寿命って)



なんだか色合いの違う2つの物体が・・・(^^;)

ということで、あとはタイミングベルトを事前に記したマークに合わせて元に戻して張り調整して、カバーを付けて、プーリーを付けて・・・と、とにかく元に戻していきます。

最後に漏れが無い事を祈りつつ新しい冷却水をラジエターに入れていき・・・

更に祈りながらセルを回してエンジン始動・・・・・






(^^)

今回も何事も無く無事に掛かりました。
ついでにウォーターポンプからと睨んでいた異音も消え、充電警告灯も消えました(^-^)/

なんとか2回目のタイミングベルト外し作業も成功して一安心です。

E50エルグランドだけじゃなく、タイミングベルト交換をご希望の方、ベルト台プラスαの格安にて承ります(笑)

それにしても夏にタイミングベルトを外した時にウォーターポンプも交換しておけばよかった・・・・。
でもまあタイミングベルト交換の良い練習にはなりました(^^)


さて、最後にファンベルトとパワステベルトの張り調整をしている最中に雨が降り始め、約30分ほど気温一桁の夜空の下でずぶ濡れになりながら作業しました。
*作業完了は夜中の2時半・・・
まさに自分は変人、変態だと自覚しました(^^;)


車検まで、残るは下回りの錆穴の溶接と、底部全体の防錆塗装で完了です。
パワステポンプも余裕があれば交換してしまいます。
そろそろ車検日の予約もしておかないと・・・・。
Posted at 2013/11/22 17:14:19 | コメント(4) | トラックバック(0) | E50エルグランド | 日記
2013年07月12日 イイね!

全長式車高調&ヘッドライト交換

お疲れ様です。

と、つい挨拶してしまうくらいにまだもうちょっと忙しさに慣れない私です。


少しブログ更新の頻度が上がりかけているので、そろそろペースを掴み始めてきていると思いますが・・・。



さて、先日と言っても1週間ほど前にやった作業のご報告を。

内容は下記の2点。

①CM3君の車高調交換
②エルグランド君のヘッドライト交換



まずは①について。

いつものヤフオクで相場よりも低い金額で落としたクスコの全長式車高調(ゼロワゴン)。
早速、装着してみました。

全長式は未経験だったので、どんなものかと楽しみでした。



しかし・・・・プリロードを掛けない状態だと長さ調整のロアシートをかなり上げないと車高が下がり過ぎます。

という事で、装着翌日にはこれまで使ってきたAPEXiのスプリングに交換しました。
でも、そこは全長式・・・。
こんな感じでかなり簡単にバネ交換(^^)



だって、下の受け部分だけ外せばダンパーは車体に付けたままでバネを替えれます。



ということで、バネはクスコ製では無いんですが、良い感じになりました。
フロントは減衰固定なんですが、リアは減衰8段調整式なのでチョコチョコと替えて試している最中です。
車高は交換前と変更はなしです。





②エルグランド君の右ヘッドライト(ロービーム部分)がいつの間にか恐らく飛び石で小さく点状に割れてしまいました。すぐ下のフォグ部分はプラ製なんですが、ロービームはガラス製のレンズなので良い感じで割れちゃったようです。



表側は点状に穴が開いただけなんですが、内側は2cm×3cmくらいの楕円状に割れて内部にガラスが落ちてしまっていました。
良く見ると中には水が・・・・。レンズ表面は一面に水滴が付いてます。

ということで、これまたヤフオクで仕入れた中古品に交換。
実は前記型E50エルグランドのヘッドライトはロービームとフォグが2個セットで上下にくっ付いた形状なんですが、下のフォグ部分がプラ製と言う事で経年劣化で著しく黄ばんできます。これまで付いていた物は何度磨いても半月もしないで黄色くなって、しかも表面は艶がなくなりすりガラスみたいにザラザラになってしまってました。
なので、両方とも少しも良い状態にしようと思ってフォグもセットになった物が左右揃った商品を落札しました。両側で送料含んで5千円程度でした。

という説明が終わったところで、分解スタートです。

こんな感じにヘッドライトに隣接したウィンカー部分をフロント側に引っ張って引き出します。



そしてクリップ?を数か所外してグリルを外すとヘッドライトユニットの左右に上下3個ずつボルトが見えてきます。ナットではなくボルトの方です。





計6個のボルトを外して手前にライトユニットを引っ張ると無事に外れます。
新しい(と言っても中古ですが)のと並べてみると。



まあ同時期の同型車両の物を手に入れたので形状は同じでした。
ということで、今度はバルブ類を入れ替えて・・・







準備完了。
これを左右でやって逆の手順で装着します。
ということで、とっても簡単なヘッドライト交換ですが、やはりフォグ部分の黄ばみは新しい物にもあり、ちょっとガッカリでした。しかし、艶は明らかに新たに装着したものの方が良いので、まあ今回はこれで良しとします。

ちなみに外したヘッドライトの中身を見てみると・・・

水が結構溜まってました(^^;)





さて、ヘッドライトをちょっぴり一新したエルグランド君ですが、現在残ってる最大の問題はエンジンオイル漏れです。完全に滲みではなく漏れになっているので、漏れ止め剤の効果はあまり無いようです。
レベルゲージで週に何回も見ていますが、どんどん減っていくのが分かるという事はなく、本当に毎日1滴くらい漏れてる程度のようです。しかし放っておいても何も変わらないので、そろそろ自分で出来る所まで手を付ける事にします。





どこまで出来るかを推し量る為に非常に狭いエンジンルームの状態を改めて確認すると・・・



真正面に見えているシルバーの物体がインテークマニホールドなのですが、これを外さないとプラグ交換さえもまともにできない、非常にやっかいな車です。
プラグさえという事は、ヘッドカバーを外すなんて事をするには確実にこのマニホールドを外さないといけない訳で・・・。

実際に取り外す過程を想像しながら一番奥のボルトまで手を入れてみると、こんな感じに。



上から見ると完全に手探り状態という事が分かります。





インマニを固定しているボルト(計5本・・・何故か全て六角レンチで緩めなければなりません)を実際に緩めてみると無事に全部可能でした。さらにそれらを緩めた後にインマニを動かしてみると微妙に動いたのでその5本を外して、付属する配線、配管、スロットルワイヤーなどを外せば取り外しは出来るはずです。

ということで、本日、ヘッドカバーパッキンを2枚発注しました。
作業は初めての内容なので丸一日見ておいた方が良いと思いますから来週か再来週の日曜にしようと思います。


ということで、車に関する近況報告でした(^^)
Posted at 2013/07/12 16:22:39 | コメント(5) | トラックバック(0) | E50エルグランド | 日記
2013年03月25日 イイね!

メーター電球交換

昨日、今日とまた暖かい日が続いています。

一昨日の夜から昨日は少し冷たい風が吹き、外で遊んだり作業するにはちょっと厳しかったんですが、気になってた箇所の補修を実施しました。


まず・・・・

実はCM3君のフロントバンパーを冬の間に何度か路肩の雪山に擦ってしまったのと、ホイールを損壊させたあの事件もあった為、気付いてみたらバンパー左側が全体的に下がってる感じでした。
手でフロントリップの下を持って揺すってみると、左と比べて動きも多くなってました。
ヘッドライトとの境目の隙間も左より大きくなってたのと、さらにフォグライトもがたつきがあったので、久しぶりにバンパーを外して状況確認と補修をすることにしました。

しかし、バンパー外しは一昨年のフォグライトを装着した時以来、2回目なのですっかり方法を忘れていました。
そこでネットで検索してみると良い情報が・・・やはりダブルさんの記事はとても役に立ちます(^^)
いつもながら、有難う御座いました!
そして付けていたと思ってた“イイね”を付け忘れててごめんなさいでした。

深夜に慌てて作業したので写真を撮らずに一気にやってしまいましたが、
まずはバンパーのグラつきは左インナーフェンダーとの接続のリペットが外れていたのが大きな原因だったらしく、そこを予備リペットで補修してグラつきは治まりました。

・・・・が、フォグライトはフォグ本体の後部固定ステーが片側折れてましたので、穴を開けて針金で固定しました。

・・・・さらに・・・(TT)
レゾネーターの箱が入口、出口共に割れて破損してました・・・・。
そういうえば、最近、音が大きくなった気がしてたんですがそのせいだったんですね(^^;)

でも、レゾネーターといえばわざわざ外す方もいらっしゃいますし、ホンダ車は外した場合に低速トルクが細るというような噂も聞きますが私の通常の出勤時の走行条件では毎日何回もレッドゾーンまで回すような走り方で、音が大きくなった頃から感じてたパワーアップは割れてレゾネーター効果が下がったからかもしれないので、思い切って外すことにしました(^~^;)

ということで、バンパーを補修するだけのつもりがレゾネーター除去まで発展してしまいましたが、無事に下がり気味だったバンパーも良い感じの高さに戻せましたし、今朝走ったら良い感じの回転上昇だったので結果オーライという感じです。
4千回転以降の上がり方が良くなって、加速感も増しました。



*夕方に約1年ぶりにヘッドライト磨きもしました。
  ホルツのプラスチックコンパウンドを使ったんですが、
  普段透明に見えても磨きに使ったティッシュは黄色くなってしまいました。
  やはり結構な速さで自然に黄ばんでいきますね~。




さて、アコードワゴンの話は終わって、
昨日の日中にやったのは久しぶりにエルグランド君の工事です。

半月くらい前からメーターパネルの4WDの表示のうちリア側の表示が消えてしまって、二駆だと全く何も点灯せず、四駆にするとフロントだけが点灯してまるでFFのような感じになってました。
まあ、表示不良だけで特に走りには影響はないので、そのまま放置でも良かったんですが、うちの奥さんの乗る車なので出来れば直したいと思って中古品を探して手に入れました。

点灯不良なら電球だけ替えれば良いだろうと思うんですが、実はネット情報を調べるとそう簡単にはいかず、その部分だけはユニット交換のようになるという話でした。一度分解してみれば良いんですが、1,000円で安い中古品を見つけたのでとりあえず購入。



これを付け替えればいいや、距離数も11万キロ越えくらいの物らしいのでそれほど変わらないし・・・と思ったんですが、装着する前に今まで付けてた方をばらしてみる事に。



裏側を見てみると確かに問題の部分の裏側には電球が刺さってません。
問題部分はメーターパネルの中央下側付近です。



黄色○の部分が点灯しない状態でした。

良く見てみると、正面と裏側のそれぞれ右側にある小さいネジでこの部分のユニットが固定されているようです。



おもむろにネジを外してユニットを外して見ると・・・



裏側に電球交換ソケットがありました・・・

しかも電球はシフト表示や警告灯と同じ麦球です(^^;)



これなら最初から分解してれば中古を買わなくても済んだかも(^~^)
でも予備があるという事は精神衛生上良い事です(笑)

総走行距離数を出来れば変えたくなかったので、今まで使ってたのに新しめの電球を移植して車に戻すことに・・・・。





ちゃんと点灯してます(^^)



ちゃんとFRです(笑)





ちゃんと4WDです(^~^;)
  *ロック状態の4WD表示です



ということで、もし初期型E50のエルグランド(4WD)にお乗りの方でこの部分の不点灯があった場合は、こんな感じで直して下さいね。
修理費用は麦球一個、数十円でOKです(^^;)

Posted at 2013/03/25 13:18:15 | コメント(6) | トラックバック(0) | E50エルグランド | 日記
2012年10月11日 イイね!

色が合わない(><)

この間の日曜日、
うちの奥さんの乗るエルグランド君を遅ればせながらHID化しました。



物はいつものヤフオク出品物(^^;)
まあ価格が下の中といったところの商品。



特に難しい事もなく両側30分ほどで装着し終わったんですが、夜になって点灯させてみると・・・・





下のフォグと色が・・・

あ・わ・な・い・・・・(TT)


まあ、HIDなんかにしなければ全く発生しない問題なので、嫌ならハロゲンに戻せって事なんでしょうけれど、明るさを体験してしまっちゃ、後戻りは難しいのがHID化のデメリット(?)

ということで、一昨日の仕事帰りにホームセンターで購入した品々。




①フォグ用のH3、高効率ハロゲンバルブ
②コーナーランプ用のT20、高効率バルブ
③ポジション用のT10、高効率バルブ

以上三点を子供達を寝かした後に早速交換しました。








③のポジションバルブはヘッドライトの中にあるんですが、交換してみたのは良いけれど、明らかにハイ/ローのHIDの色と合わなかったので、かなり暗いバルブだけど前から付けていたLEDのタイプに戻しました。

ということで、フォグとコーナーランプだけを交換したのですが・・・・







やっぱり、合わない・・・(TT)



嫌なら全てハロゲンに戻せって事なんですが・・・(^^;)




ということで、HIDにしてみたうちの初代型エルグランドですが、フォグまでHIDにするとはた迷惑な車になりそうなので、とりあえずはこの状態でライト関係は完了です。


しかし、ハロゲンの照明色っていうのは電球色なのが当たり前なんですね~。
T10、T20は電球そのものなので、青くバルブを塗ってても真っ白にはならないんだなあと改めて実感(^^;)
Posted at 2012/10/11 15:26:24 | コメント(8) | トラックバック(0) | E50エルグランド | 日記
2012年08月04日 イイね!

エル君のリア足


ここ4ヶ月ほどの間にうちのエルグランド君の後ろバネが
RSRのTi2000からHKSの車高調に替わりました。

同時にショックも純正からタナベの減衰4段調整のに替えました。



目的は当然、乗り心地の改善と車高調整可能にする事だったのですが、
大きな段差での“ドスンッ”というリアのみで発生でする衝撃が以前緩和されません(TT)

減衰を1~4まで全てで何度も同じ段差箇所を試走してみるんですが、
大して変わり映えせず・・・・
あえて言えば、強めの減衰にするとゴツン感が出て、弱い減衰にするとバネっぽい“ブルルンッ”っていうのが混ざったような感じが強くなります。
でも基本的に“ドスンッ”は変わりません。


また、車高も最大限上げても前に付けていたTi2000のダウンサスと大差はありません。
車高を落とす方向ではなく、上げる方向に期待してたので、この車高調に拘る理由も無くなりました。
でも、走った時の安定感、ドッシリ感はHKSの車高調のほうが高く感じます。


しかし、何よりも大事なのは乗り心地なので、時々しか出会う事のない大きい段差でも、あまり酷い衝撃が来ないようにしたいです。

ということで、もう一度ダウンサスに戻すか、純正のバネ(思いっきり車高が上がりますが)に戻して最初の乗り心地を確認してみるか悩んでいる最中です(-_-;)




通勤車のCM3君は車高も乗り心地も完全に良い感じにハマッて今が最高なんですが・・・



Posted at 2012/08/04 17:01:48 | コメント(4) | トラックバック(0) | E50エルグランド | 日記

プロフィール

「きたきた! http://cvw.jp/b/950065/40643550/
何シテル?   10/30 02:25
北海道在住のMaybeWinです。自動車と馬、写真、そしてママと子供達が大好きな6児のパパです(^^)どうぞ、よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

バンシュウノタビ ~ナショナルスタヂアム イチョウナミキ~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/11/30 11:52:31
一日防除でした・・・(^^; 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/17 08:00:46
絶景かな絶景かな… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/18 15:27:28

ファン

23 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ アコードワゴン ホンダ アコードワゴン
平成22年12月に125,000km越の車輌を購入しました。 所有中のエルグランドの燃費 ...
メルセデス・ベンツ Vクラス メルセデス・ベンツ Vクラス
入手年月日2017年2月1日 入手価格ヤフオク約9万円(リサイクル料込)。 215000 ...
日産 セレナ 日産 セレナ
家族車で2回目のC25セレナです。 やはりこの型のセレナに戻ってきました。 小さい子がシ ...
ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
2013年12月に約85,000㎞走行の中古車で購入。 ヤフオクにて17万円で落札。 機 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.