• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

We love motorsports.のブログ一覧

2016年05月20日 イイね!

車の傷は心の傷

自分の車は、今どき当たり前ですが、リアシートを倒すことによって
さらに大きな荷物を積むことができます。
ベビーカーなど持っていても、片手で車内のシートを稼動できるなど、
自分が想像するより多くの層の方々に支持されているようです。

この後ろのスペースの両端に、なにかを埋め込んだり、
つや出し保護スプレーではもう消すことができない傷があります。






じつはこれは、人に貸したときにつけられました。
返却時ではなく後日気づいたので、
とても衝撃を受けました。

その衝撃とは、傷やその深さではなく、
貸した人から、車内を傷つけたことに関して何も
「申し出」がなかったからです。

せめて、
「荷物を出し入れする際に傷つけてしまった、ごめんなさい
の一言があれば、しかたない、で終わることもできました。

日本人はすぐ謝る、と責められることも多いのですが、
それで後々引っ張らないことを思えばすぐれた手段です。

今も、車内を掃除しているときなどに、
たまたまその傷が目に入るだけで、
苦しくなります。

苦しい思い出というのは忘れてしまうように
なっているそうですが、
この傷は、どうしても目に入ってしまうところにあります。

たいてい、大きな荷物を車内に持ち込む場合は、
不要なタオルや毛布で覆うなどして、
接触しないように注意するものですが、
そういう配慮すらなかったようです。


なぜこんなことになったのか。

それはある日、
「知人の引っ越し荷物を運ぶのに車を借りたい」
と、その人に呼び出され、
当時人の良い自分は都内まで出かけました。

それでもやはり不安なので同行したいとお願いしましたが、
うまく言いくるめられてしまいました。

振り返ると、あのとき最初から、呼び出されても
行かなければよかった、と今だに後悔しています。
当時の自分はそれだけ甘かったのです。

その後、もっと後悔することが起きました。

その人は違反を繰り返したのか無免許(免許を取得できない状態)で、
持っていた免許証はインターネットを通じて業者に金銭を支払って偽造し、
それがたまたま検問でひっかかって現行犯逮捕されたことです。

さらなる衝撃で頭をガツン!と殴られた気になりましたが、
冷静に考えると、そこで捕まってよかったのではないだろうか… と。
もしかしたら大きな事故を起こして
もっと多くの人に迷惑をかけた可能性もあるのです。

保険金など支払ってもらえる状態ではありません。
おわびしてすむものでもありません。

想像するだけで冷や汗が出ます。
車内の傷だけですんで奇跡でした。

その後はどんなに親しい間柄の人でも、
運転させたり貸すことはしていません。
「車を貸してくれ」と申し出る人もいません。
そんなリスクを背負うならレンタカーを借りるのが
普通の人の常識です。

その人がレンタカーを借りなかったのは、
おそらく免許証を持っていなかったからでしょう。


今はそういう依頼をするような知人にはご縁はありません。
悪い縁を断ち切れば、良い縁とつながるのは当たり前のことです。


ご自分の車を持っている方々全員にお願いしたいのは、
会社の同僚だから、知人だからと、「車を貸して」
という申し出には、気軽に応じないでください。


振込詐欺とかオレオレ詐欺が話題になって年月が経ちましたが、
もしかしたら、もっと身近なお知り合いや友だちという方々の中に、

借りたものを返さない人
人をだましても平然としていられる人
悪いことをしても謝らない人
友だちなんてうまく利用するもの、という考えの人


はいらっしゃいませんか。

付き合いだから、友だちだから、と呼び出されるまま
従っていると、その親切心が利用されて、振り回されて終わりです。
突き放すのも友情です。

馬乗りされてにらまれて、
息苦しい思いをしたことは今も忘れません。
500円玉を尻の穴へ突っ込むぞと、本人は冗談のつもりでも
言われてぞっとしたことは忘れません。
されたことは忘れたくても、一生忘れない、ということです。

こんな思いは自分だけでじゅうぶんです。


今振り返ると、とても恥ずかしいできごとでしたが、
自分ひとりで苦しむよりは、
教訓として事実として記録を残しておこうと
決心した次第です。
Posted at 2016/05/20 10:17:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと | クルマ
2016年03月06日 イイね!

あおられない工夫

1年ほど前になってしまいますが、
半分冗談で、あの「赤ちゃんが乗ってます」
のパロディを製作してみました。

まだ自分は知識もなく試行錯誤で必死で作ったことを
覚えています。

最近ふと思い出して、実際に試作を貼ってみようと
思い立ちました。
別途、自分の筆で書いたタイプも製作しました。




どうも市販のシルバーマークでは「あおる」方々がいるらしい。
このマークを見たら少しはなごんでくださるかもしれない。
…という希望的観測ですが。

そしてこれを、

1. 切り取って使うことができるラベルタイプの用紙に印刷し、
2. ヒャッキンのマグネットシート(30×10cm)に貼り、
3. 上から透明テープを貼ります。

とりあえずの防水でも紫外線には耐える仕様ではないので
そのうち劣化しますが、そこは試作品の愛敬です。
こちらを例えば、親など年配の方々の車に貼ってみます。

実際に(わくわくしながら)車に貼りました。
大きさは10×10cm、軽自動車でこのくらいです。






大きな車のシートからはよく見ないとわからないかもしれませんが、
例えばスーパーの駐車場でも「お?」と目につけばいいなと
考えています。

ところが、後日、たまたまホームセンター行った際に
見つけたのがこちらです。




冷静に考えたら、このシート(はがきサイズ、それも2枚入り)に印刷して
マグネットシートに貼れば、もう完成です。
試作どころかずっと使用できます。
表面に貼るフィルムも入っているし、
耐水、耐光、強粘着で、便利なものがありますね…
カインズで348円でした。
Posted at 2016/03/06 09:23:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | DIY | 暮らし/家族
2016年01月19日 イイね!

1月17日(日)新春おもいっきり7時間耐久レース大会 富士スピードウェイ 

1月17日(日)は、静岡県の富士スピードウェイで、
第9回 新春 おもいっきり7時間耐久レース大会
が開催されました。

毎回撮影させていただいている、この
壮大なる非公認草レース
も、ついに9年目を迎えました。
次回10回大会も、きっと晴天でしょう。

じっさいに振り返ってみると、前日まで曇りや雨、雪だったのが
当日は晴れ、などつくづく強運に恵まれたシリーズだなと
感じます。

今回は、大会終了直後に小雨が降り出し、
ご存知のように翌日からは風雨と雪の荒れ模様でした。
万一それが1日ズレていたら、路面凍結の状態では
富士へ到着すらできなかったかもしれません。
参戦されたみなさまや関係者各位の強運に感謝です。





おもいっきり7時間耐久レース大会の詳細に関しましては
下記公式サイトをご参考ください。
ご参加方法、その他ご質問などございましたら
下記メールアドレスへお気軽にお問い合わせください。

富士スピードウェイ
新春 思いっきり7時間耐久レース
公式サイト

メールアドレス
onuma-p@natori-shi.com

その他走行会や耐久レースなどの情報満載の
大沼プランニングさんの公式サイト
ぜひご参考ください。


17日撮影したビデオです。
10分と長いですが、それぞれの7時間の闘いを
ごらんいただけます。

2016新春おもいっきり7時間耐久レース大会
Omoikkiri 7hours' Endurance Race 2016
Posted at 2016/01/19 21:05:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベントのご紹介 | クルマ
2016年01月02日 イイね!

新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。
今年は年賀状2種と、ゆるめな絵馬を製作してみました。
ぜんぶ自分のオリジナルです(ただし巡視船以外)







みなさまに幸運が舞い込みますように。
今年もよろしくお願いいたします。
Posted at 2016/01/02 12:43:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | ごあいさつ | 暮らし/家族
2015年12月03日 イイね!

2008年のモータースポーツ

雑誌や本を整理していたら、2008年のオートスポーツ誌と
スーパーGT(鈴鹿)の公式プログラムが出てきました。

現状は知りませんが、当時のGT300クラスでは、
レーシングドライバーさんたちが工面した
(またはビジネスで貯めた)資金で、参戦するチームがありました。











Posted at 2015/12/03 18:45:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ | スポーツ

プロフィール

「車の傷は心の傷 http://cvw.jp/b/952247/37915566/
何シテル?   05/20 10:17
車やバイクの写真/動画撮影その他雑用です。 モータースポーツに参加する/観るワクワク感を 広くお伝えします。 よろしくお願いします。 ウェブサイト ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット ホンダ フィット
エコカーに負けないよう大事にします

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.