車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月29日 イイね!
マルイショットガンシェルショットガンシェル買いました(^^♪




果たして何を意味するのか?・・・汗)






違いますよ!




これを↑

↑こうしたかっただけです・・・汗)




Posted at 2017/04/29 14:35:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | GUN | 日記
2017年04月29日 イイね!
K-19K-19ソ連658型潜水艦であり、ソ連海軍最初の潜水艦発射弾道ミサイルを装備した原子力潜水艦である。
NATOコードネームホテルI級
同艦は様々な深刻な事故を経験しており、これらの事情から
ウィドウ・メーカーという不名誉なニックネームが付けられた。

事実に元づいた映画↓

1961年

ソ連は世界を2回壊滅できる核兵器を所有

米国には世界を10回壊滅させる核兵器が有った。
だが両国は核軍備を増強

米国は原子力潜水艦を出動させレニングラードとモスクワを
射程距離内に捉えた事態は一触即発

一方ソ連は原潜の開発は米国に遅れをとっていた。
K-19(原子力潜水艦)は開発が急務で有った。

建造と試運転
1958年10月17日に建造が始まり、1959年4月8日に進水する
伝統的にロシアの船舶は女性によって洗礼を施されることになっていたが、K-19に限ってはそれを行ったのは男性であった。
洗礼の当日、艦首にぶつけられたシャンパンの瓶は割れることなく跳ね返ってしまった。
このことは乗員には不吉な前兆として受け取られた。
同艦は1960年11月12日就航し、1961年4月30日に正式に艦名登録された。


原子炉事故
1961年7月4日、艦長ニコライ・ウラジミロヴィッチ・ザテエフ大佐の指揮下、グリーンランド付近の北大西洋上を航行していたとき、同艦は原子炉冷却システムにトラブルを起こし冷却水漏れ事故を起こした。
幾つかの故障が重なって長波無線システムが使用不能になり、同艦はモスクワに指示を仰ぐことはおろか救援の要請もできなかった。

技術士官と下士官以下8人からなる対策チームは、冷却システムの応急修理をするために高濃度放射線区域に長時間留まることを余儀なくされた。
全乗組員は高濃度の放射線被曝を受け、そして、修理班の1名を除く8人は、人間の致死量の10倍に達する放射線(約45シーベルト)の被曝により、1週間以内に死亡した。

ザテエフ艦長は乗員の反乱を警戒して、最も信頼できる部下に5丁の拳銃を配布し、それ以外の小火器は全て海中に投じるように命じた。

K-19は友軍のディーゼル潜水艦によって、同艦とのランデブーが可能となり、乗員が収容され、母港に曳航された。

破損した動力装置を除去して交換するために、2年の月日を費やさねばならなかった。

事故の原因は、同艦の建造期間中の初期の段階においてなされた修理の過程において、右舷の原子炉の主要冷却回路の中に溶接棒からの破片が落ちたためであった。K-19は「ヒロシマ」というあだ名を冠されて艦隊に戻ることになった。

退役

1991年6月4日、K-19は再度原子炉にトラブルが発生した。
艦に汚染や犠牲者は発生しなかったが、この事故は同艦の退役を決定的なものとさせ、同年同艦は30年に渡る現役を引退した。
1994年にはポリャルヌイの海軍工廠に移され、2002年3月に、ムルマンスクのネルパ艦船工廠に曳航された。
2003年10月に、廃艦が間近であることが当局によって発表されている。

↑記事:ウィキペディアK-19より
     映画の通りです。


K-19原子炉の冷却装置のトラブルは福島原発事故が潜水艦の中で起きた様なものです。


米国の原子力潜水艦、原子力空母大丈夫かな・・・汗)

おわり

Posted at 2017/04/29 11:51:33 | コメント(0) | 映画 | 日記
2017年04月27日 イイね!
花と竜花と竜

『花と竜』は、昭和27年(1952年)4月から翌28年(1953年)5月まで『読売新聞』に連載された
火野葦平の長編小説である。


舞台となった若松港に立つ火野葦平(1953年)

明治中期から太平洋戦争後の北九州を舞台に、著者の父である玉井金五郎(若松の仲士・玉井組組長)と妻のマンの夫婦が、裏切りやすれ違いを経験しながら家族の歴史を積み重ねていく大河小説である。

明治中期から昭和にかけて石炭が重要な燃料で石炭産業が盛んな時代。
筑豊の炭鉱で取れる石炭の積み出し港として若松が栄えていた。
石炭の荷役は「ごんぞう」と呼ばれる石炭仲士の収入源。

         『日本任侠伝 花と龍』
日露戦争後、仕事を求めて玉井(高倉健)が彦島の山尾組の詰め所「ごんぞう小屋」に来る。
ごんぞう達は酒と喧嘩、博打の毎日だが仲間意識は強い。

サイコロ博打場で玉井(高倉健)に一目惚れしたサイコロ振りのお京(藤純子)が玉井に登り龍と花の刺青を彫らせて欲しいと願う。

若松のヤクザ伊崎組が石炭貨物船の荷役請負の利権をめぐり山尾組を潰そうと玉井達と対立し、邪魔な玉井を殺そうと伊崎が呼びつける。



丸腰で出向いた玉井に伊崎組が襲いかかるが
其の場に居合わせたお京がピストルで玉井を援護する(^^♪



『日本侠客伝 花と龍』 1969年

  • 玉井金五郎:高倉健
  • マン:星由里子
  • お京:藤純子
  • 大田新之助:二谷英明

    北九州若松を舞台にした映画。
    方言も今と殆んど同じで親しみを感じる映画です(^^♪ 
  • 高倉健 花と龍





  • 筑豊中間出身の高倉健

    これもまた親しみが有る・・・汗)


    Posted at 2017/04/27 18:10:22 | コメント(1) | 映画 | 日記
    2017年04月26日 イイね!
    無駄に豪華JR東日本の
    豪華寝台列車四季島


    全席スイートで超豪華が売りらしい

    高級ホテルを思わせる演出も惨め(^^♪

    シャレた和室?

    自慢のヒノキ風呂
    列車で風呂入って何処が良いの?


    豪華にしたいのは解るが無駄な事!

    JR東日本は旅の楽しさが解って無い。

    ある人は温泉旅行で列車に乗り
    ある人は産地の食を求めて列車の旅
    豪華列車に乗らなくても旅先に本物が待っています(^^♪




    これを買って好きな列車に乗り
    車窓を眺めながら酒を飲む旅が良い(^^♪
    で、温泉地で地元の温泉風呂に入る・・・汗)
    旅先で美味しい酒と美味い食べ物
    これ以上の豪華な旅は無いと思います(^^♪


    おわり




    Posted at 2017/04/26 18:12:02 | コメント(1) | 日記 | 日記
    2017年04月25日 イイね!
    今週末から大型連休TVもラジオも今の話題は大型連休。
    休み無しで働く人もいるのにと思いながら聞いてます。
    で、
    「お出かけ前は愛車の点検忘れずに(^^♪」







    JAFのお世話にならないように
    日常点検は大事です。


    おわり


    Posted at 2017/04/25 18:32:07 | コメント(1) | 日記 | 日記
    プロフィール
    「マルイショットガンシェル http://cvw.jp/b/970744/39681620/
    何シテル?   04/29 14:35
    主な趣味。 【オーディオ】 スピーカー:ALTEC-A7、JBL4312A、ALTEC「DIG」  アンプ:パワーアンプ:マッキントッシュMC7300  ...
    みんカラ新規会員登録
    ユーザー内検索
    << 2017/4 >>
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    お友達
    いきなりのお友達お誘いはお断りします。

    が!そうでない場合も有ります(^^♪

    基本的にコメントで交流、知り合いになってからと思っています。

    49 人のお友達がいます
    利根川の天然水利根川の天然水 * ショウキショウキ *
    KONIKONI * cc_buttercc_butter *
    TEINTEIN *みんカラ公認 なっつマンなっつマン *
    ファン
    48 人のファンがいます
    愛車一覧
    マツダ ファミリアS-ワゴン 愛妻号 (マツダ ファミリアS-ワゴン)
    愛妻用の「愛妻号」マツダファミリアSワゴン・スポルト20(AT) (某電気メーカーの洗濯 ...
    スズキ ジムニー 酒パワー号 (スズキ ジムニー)
    ランクルBJ70を諸事情で手放したものの、再び四駆が欲しくなりJB23を購入。 ジムニ ...
    マツダ ロードスター 白い貴婦人 (マツダ ロードスター)
    ダットサンロードスター2000「白い貴婦人」から名前を頂いてマツダロードスター「白い貴婦 ...
    トヨタ ランドクルーザー70 巡洋艦 (トヨタ ランドクルーザー70)
    頑丈な車です。 流石!世界のランクル、 21年間、大した故障も無く(約34万キロ)走りま ...
    QRコード
    QRコード
    このブログを携帯でご覧になれます
    ヘルプ利用規約サイトマップ
    ©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.